未分類
美容
転職

生活費が足りない時の対処法は?原因からまず起こすべき行動を解説!

賃貸

予想外の出費で生活費が足りなくなってしまうことってありますよね。

貯金で対応できる場合であれば良いのですが、貯金が無かったり定期預金や満期型保険で貯金をしている方は、すぐにお金を引き出すのは難しいと思います。

この記事では、生活費が足りなくなった場合に取るべき行動や利用できる公的制度、借入する場合のおすすめカードローンについて解説していきます!

生活費が足りない時にまず起こすべき3つの行動

①固定費を見直す

生活費が足りない場合はまず固定費を見直しましょう。

固定費とは毎月一定額かかっている支出・費用のことを指します。具体的には水道光熱費や、スマホ・光回線などの通信費、保険料や自動車の維持費用などが該当しますね。

固定費は毎月払っているお金だからこそ、少しの節約で大きな効果が期待できます。

例えば月々の固定費を10,000円減らせたとしましょう。

月10,000円は年間で見ると120,000円、それが5年続けば640,000円、さらに10年で1,200,000万円と、長期的に見れば見るほど大きな効果が得られている事を実感できます。

固定費でかかっている部分は必要なものだと割り切っている方も多いと思いますが、一度見直してみると無駄な支払いが見つかるかもしれませんね。

②食費を削減する

おそらく生活費に困った時に一番最初に減らそうとするのが食費でしょう。お腹が空くのを我慢するだけで生活費が浮くというのもお手軽に感じますよね。

ただし極端に量を減らして空腹に耐えるというのは思考・判断能力が低下し、仕事に悪い影響が出る可能性があるのであまりおすすめできません。

外食を控える、なるべく自炊をするというのはよく言われるところですが、そうは言っても働き盛り世代のひとり暮らしは自炊に使う時間もなかなか取れないものです。

休みの日にまとまった保存の効く自作惣菜などを作り貯めしておくなど、時短かつ節約になる方法を実践してみましょう。

③交通費を節約する

交通費は基本的にほぼ毎日かかるものですから、食費の次に即効性のある節約と言えます。

特に職場への通勤手段が節約できればかなりの効果が期待できますよね。

電車やバスの場合は歩く距離を増やして、駅や停留所を最寄りから1~2つほど離れたところから利用してみる・降りてみるなどの方法があります。

往復で200円ほどの節約になれば、22日出勤するとして4,400円の節約になりますね。

自動車の場合、ガソリン代は車自体の燃費に左右されるので節約は難しいと思われがちです。

しかし急ブレーキ・急アクセルを控え、回転数があまり上がらないように意識して運転するだけで燃費はリッターあたり1~2キロ平気で変わってきます。

都会など渋滞の多い地域ではなかなか難しいかもしれませんが、心掛けひとつでガソリン代は節約できるということを覚えておきましょう。

収入の少なさが原因のときにとるべき3つの行動

タブレットと新聞

①物を売る

足りない収入を補う手段として有効なのは、物を売ることです。

不要な物や使っていないけど価値が高いもの、昔集めていたマンガや飽きてしまったゲームソフトなど、意外と身の回りに売れるものはあります。

物を売る際に利用できる手段は、主に3つ挙げられます。

  • 買取店やリサイクルショップなどの店舗で売る
  • メルカリ・ラクマなどのフリマアプリで売る
  • ヤフオクなどのオークションサイトで売る

リサイクルショップなどの店舗で売却する場合、本当に価値のある物ならそれなりの値段がついたりするのですが、不用品などの場合ほとんどタダ同然で引き取られてしまうことが多いです。

メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどのオークションサイトであれば、写真を撮って出品登録する必要はありますが、それさえしてしまえば売れるのを待つだけなので意外と手間はかかりません

不用品でも自分で値段を決めて出品できるので、10円や20円で買いたたかれるなんてことも避けられますね。

スマホでアプリを使って管理できるのも魅力なので、一度試してみてはいかがでしょうか?

②日払いバイトで働く

収入を得るという意味でもっとも即金性が高いのは日払いバイトで働くことです。日払いであればその日に給料が支払われるので、少なくとも数千円を1日で手にすることができます。

主に倉庫作業やデータ入力、コールセンターなどが日払いに対応している場合が多いですね。

日払いのバイトを探す時は、求人サイトなどで即日払いの募集を探しましょう。もし働きたいバイトがなかった場合は週払いで探すと選択肢が増えるのでおすすめです。

ただし会社員の方だと副業をするということになってしまいますよね。

副業禁止の会社の場合、バレたらトラブルになってしまうかもしれません。

場合によっては多少のリスクがあるかもしれませんが、日払いで給料をもらうというのも有効な手段ですね。

③投資を始める

投資を始めてみるという選択肢もあります。

投資は長期的に見て資産が増えるというものなので即金性は低いのですが、うまく回せれば資産形成ができるので、将来的にもメリットは大きいです。

世の中には投資で生活している投資家やトレーダーと呼ばれる人達もいるので、安定した資産運用ができれば年金に頼らず暮らしていける可能性も出てきますよね。

今時は株式やFX、仮想通貨なども少額から取引ができるのとスマホでの管理が可能なので、意外と手軽に始めることができます。

ただし注意するべきなのが、投資はお金を使ってお金を稼ぐという考えなので必ず初期費用というものがかかってきます

さらに運用利益が投資金額を下回る元本割れや、初期費用を失ってしまうというリスクが付きまとってしまうので、ある程度の専門知識や情報が必要です。

そもそも今現在生活費に困っているのに投資に回す資金が用意できるのかという問題もありますし、お金を大きく増やそうと思ってハイリスクハイリターンな運用をして資金をさらに失う怖さもあります。

初心者を狙った悪質な投資詐欺のようなものも必ず存在しているので、投資に挑戦する場合はきちんと事前準備を整えることが大切です。

原因別!生活費が足りない時の対処法

結婚式やお葬式で現金がなくなった場合

結婚式やお葬式など、いつ訪れるか予測できない出費がありますよね。この場合、突発的な支出で一時的に金欠になっている状態なので、有効な手段としてはお金を借りることだと言えます。

なぜなら参列者側の立場から日程に干渉することができないので、節約や物販・日雇いバイトなどで対応するには時間が足りない場合が多いからです。

親や友人・知人を頼れるのであれば一時的にお金を借りる、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用するのも有効ですね。

突発的な出費で生活費が足りなくなった場合は一時的にお金を借りてやり過ごすのが良いでしょう。

毎月の給料日前に生活費が足りなくなる場合

お金が足りなくなる事態が毎月発生するのであれば、家計簿をつけてお金の動きを把握しましょう。

もしこの状態で借金をしてしまうと返済でさらに生活が苦しくなり、さらにお金を借りるというループに陥ってしまう可能性が高いです。

まずは家計簿をつけて1ヶ月の間のお金の流れを確認し、どう節約していけば毎月の生活費に余裕ができるのかを考えてみる必要があります。

どうしても生活費を削減できない場合は、副業で収入を増やす手段を検討してみましょう。

たまたま今月だけ生活費が足りなかった場合

普段は問題なくやりくりできているのに、今月だけ足りなくなってしまった場合は、今月だけ足りなかった原因を究明することが重要です。

原因がわからなければ来月以降も同じことをすると生活費が足りなくなってしまうので注意しましょう。

たまたま出費が多かった、たまたま収入が少なかったなどが原因であれば、一時的にお金を借りるのも有効な手段です。

もし今後も生活費が足りなくなることがありそうなら、お金を借りるより節約や収入を増やす方向で手を打つのがおすすめですね。

生活費が足りない一人暮らしの場合の3つの対処法

対処法

①家族に仕送りを頼む

学生や社会人生活がまだ間もない場合、どうしても収入は少なめになってしまうので、家族に仕送りを頼むのもひとつの手だと言えます。

もし逆に家族に仕送りをしている場合は、事情を話して金額を減らすのもやむを得ないですよね。

頼れる人がいる場合、どうしても生活費が足りない時は相談してみるのが良いでしょう。

②なるべく自炊する

一人暮らしとなると、一人分をわざわざ作るのが面倒、食器を洗うのが大変といった理由でついつい外食やコンビニ飯で済ませてしまいがちですよね。

1食平均500円~1,000円ほどかかる外食は、自炊と比べるとかなりコストがかかりますよね。

休日など時間のある時に保存の効く自作惣菜を作り置きして、平日の時間がない時は解凍してすぐに食べれるようにしておくと時短かつ節約になります。

できれば昼食も弁当を作って持っていくとかなりのコストカットになるので、ぜひ挑戦してみてください。

③副業をする

根本的に収入が足りない場合、副業を検討してみるのも良いでしょう。

主な副業としては以下の3つがあります。

  • パート・アルバイト
  • クラウドソーシング
  • 投資

パート・アルバイトは就業時間外や休日に働くことになります。

仕事が終わった後にシフトが入れられる飲食店などでバイトをすると、まかないで食費が節約できる可能性もありますね。

クラウドソーシングは作業を委託したい企業と仕事を受けたい人をマッチングさせてくれるサービスです。

中には専門的な知識や技能を求められる仕事もありますが、誰でも簡単にできる作業の募集も多いので、自宅で内職的に副業をしたい人におすすめですね。

投資は高額な資金が必要というイメージが多いですが、株式やFXは意外と5,000円~10,000円程度の少ない金額からでも始めることができます

副業禁止の会社に勤めている場合でも、投資は個人の自由なので問題ありません。

ただし投資の場合はお金が減るリスクもあるので、きちんと事前に知識を付けてから挑みましょう。

生活費が足りない単身赴任の場合の3つの対処法

①家族に相談する

単身赴任の場合、自分と家族で単純に生活費が2倍かかってしまいますよね。

通帳を奥さんに預けてお小遣いを貰っているという男性の方も多いかと思いますが、生活費が足りない旨を伝えてお小遣いを増やしてもらえないか相談してみましょう。

奥さんが専業主婦の場合、単身赴任が終わるまで一時的にパートやアルバイトをしてもらえたら余裕ができるかもしれませんね。

単身赴任は家族にとって大きな問題なので、きちんと話し合って乗り越えましょう。

②会社に相談する

単身赴任は長期出張や転勤など、会社の都合で発生するケースが多いと思います。

給料を上げるのは難しいかもしれませんが、手当を増やす、家賃の負担をしてもらうなどの対応をしてもらえないか相談してみるのもひとつの手です。

実際に私が以前勤めていた会社で単身赴任をしていた上司が、会社と交渉して家族と会うために自宅に帰る際の交通費を会社に負担してもらえるようになったという事例があります。

単身赴任で生活費が足りない場合、会社に相談することで解決が望めるかもしれません。

③家計簿をつける

一般的に単身赴任をするのは男性が多いですよね。

男性の場合、家計簿をつけて収入と支出のバランスを確認するという作業はやらない人がほとんどだと思います。

家計簿をつけることでお金の流れを把握し、気付いていなかった無駄な出費を発見できる可能性がありますよね。

一度家計簿をつけて生活を見直すことで効率的に節約し、生活費の不足を改善できるかもしれません。

生活費が足りない時は公的制度の利用も検討する

①国民年金保険料の免除・納付猶予

低所得等で国民年金保険料を収めるのが難しい場合、所定の手続きをすることで保険料の免除・納付猶予を受けられる場合があります。

ただし免除・納付猶予を受けている期間があると、満額納付している場合と比べると将来的に受け取れる年金額は少なくなるというデメリットも。

保険料の追納という制度もあり、一度免除・納付猶予を受けた後に余裕ができたら追加で保険料を納めることも可能です。

その場合、払うはずだった保険料を追加納付することで、将来的な年金額の減少分を補うことができます。

免除・納付猶予の手続きは、住民登録をしている市町村役所の国民年金担当窓口で行うことができるので、国民年金保険料が生活費を圧迫している場合は検討してみましょう。

②新型コロナウイルスに関係する貸付・助成金

新型コロナウイルスによる影響で収入が減少し生活費が足りなくなった場合は、公的機関が行っている各種助成金に申し込むことを検討してみましょう。

具体的な制度としては

  • 「緊急小口資金」
  • 「総合支援資金」
  • 「小学校休業等対応助成金」

などが該当します。

新型コロナウイルスによって休業・失業などにより収入が著しく減少した場合に、一時的に現金を貸付してもらえるのが緊急小口資金です。

同様に収入の減少により、生活を立て直すための資金を最長3ヶ月の間借り入れることができるのが総合支援資金になります。

注意しなければならないのは、どちらの制度もあくまで貸付なので、最終的には返済しなければなりません。ただし金利は無利子もしくは1.5%とかなりの低金利での貸付のため、借金を検討している方は一度申し込んでみるのがおすすめです。

小学校休業等対応助成金は、新型コロナウイルスの影響により小学校が休校となってしまい、仕事を休まなければいけなくなったことで収入が減少した方向けの助成金です。

働けない期間の間の収入を、1日あたり15,000円を限度に補填してもらえます。

他にも新型コロナウイルスに関する貸付・助成金制度は各自治体ごと行っている場合もあるので、一度調べてみると良いでしょう。

③母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付制度は、離婚や死別によって母子家庭・父子家庭となった未成年の子供を持つ保護者を対象とした貸付制度です。

住宅資金や修学資金、引っ越し資金など、幅広い貸付を行っています。

もちろん生活資金の貸付もあり、貸付期間は状況や用途によって変わるのですが、最大で7年間、年間252万円を限度に貸付をしてもらうことが可能です。

金利も無利子・もしくは1.0%とかなりの低金利なので、ひとり親になったことで生活費が足りなくなった場合は、役所の福祉担当窓口に相談してみることをおすすめします。

④年金担保貸付

年金受給者の方で生活時が足りない場合は、独立行政法人福祉医療機構が実施している年金担保貸付を利用することができます。

年金は基本的に2ヶ月に一度しか支給されないので、場合によっては生活費が底をついてしまうこともあり得ますよね。

年金担保貸付は、年金の受給権を福祉医療機構に担保することで、一時的に現金を借り入れることができる制度です。

そもそもの生活費が足りない場合は、収入を増やすことや節約を考えなければなりませんが、冠婚葬祭などで一時的に現金が足りないのであれば年金担保貸付の利用がおすすめですね。

⑤生活保護

生活費が足りない理由が精神的・肉体的なダメージによって働くことが困難になってしまったことが原因の場合、生活保護を受けるというのもひとつの手です。

生活保護は事情があって働くことができず、生活することが困難になった人を保護するための制度で、食費や住宅費など、生きるために必要な最低限の現金を毎月支給してもらえます。

基本的には自立を促す制度なので、働けない原因が解決したら求職して社会復帰することが前提となっていますね。

国に生活のすべてを賄ってもらうことになるので、制度を利用する条件はかなり厳しめに設定されていますが、本当に必要だと感じた場合は生活保護を考えてはいかがでしょうか。

生活費が足りないときはカードローンも使える

「アコム」なら30日間利息無料

アコム

金利(実質年率) 3.00%~18.00%
無利息期間 初回契約時から30日間
契約限度額 1万円~800万円
学生の利用 可能
申し込み条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方

アコムは24時間365日借入可能な振込キャッシングサービスや、カードローンのカードにクレジット機能を付けられたり、審査スピードが早いなど、大手企業ならではのサービスレベルの高さが特徴です。

初回利用時の30日間無利息期間サービスや、返済に困った時に返済額を一時的に減額できるサポートなども用意されているので、カードローン初心者の方へのサポートが手厚くなっています。

審査通過率が約50%と高水準で、アプリを利用すれば申し込みから融資、その後の返済までをすべてWebで完結できる便利さが最大の特徴ですね。

さらに初回利用から30日間の無利息期間が設定されており、初めての利用であれば実際には表示されている金利よりも低金利で借入することができます。

\初回なら30日間利息無料!/

低金利で人気のJ.Score

J.Score AIスコア・レンディング キャンペーン

金利 0.8%~15.0%
最大借入限度額 1,000万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
即日融資 可能

J.Scoreは国内初のAIスコア・レンディングという、まったく新しいフリーキャッシングサービスを提供している企業です。

本人の信用能力をスコア化し、点数に応じて融資限度額や金利が決まるという審査方法を採用しており、その金利は0.8%~15.0%と他社と比べても飛び抜けて低く設定されています。

無利息期間はありませんが、そもそも金利が低いのであまり気になりませんよね。

基本的にWebのみでサービスを展開しており、実際の店舗がないのでインターネットが苦手な方は申込時に少し苦労するかもしれませんが、それを踏まえても魅力的なカードローンと言えますね。

\最短1時間で即日融資可能/

銀行で借りたい人は三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 4.0%~14.5%
最大借入限度額 800万円
Web完結 一部可能
無利息期間 無し
即日融資 不可

消費者金融に抵抗があり、銀行でお金を借りたい場合は三井住友銀行カードローンがおすすめです。

メガバンクならではの安心感と低金利が魅力で、三井住友銀行の口座を持っている場合はWebで申し込みが完結し、現在使っているキャッシュカードで借入できるようになるのが特徴ですね。

銀行ローンのデメリットとして審査~融資までに数日かかってしまうことが挙げられるのですが、三井住友銀行カードローンの場合は最短翌日に融資が受けられるので、お急ぎの場合でも対応可能なのが嬉しいですよね。

メガバンクとしては珍しく、三井住友銀行の口座がない方でも利用できるので、幅広く利用者を受け付けていることもポイントです。

\最短1時間で即日融資可能/

生活費が足りないと、離婚の原因に…?

離婚の原因として真っ先に思い付くものとして、不倫などの不貞行為、家庭内暴力、家庭内不和などが挙げられますよね。

これらの他に、生活費不足による将来への不安が離婚の原因になってしまうことも少なくありません。

離婚をすることで世帯としての収入が減ったとしても、トータルで見ると生活が楽になるケースも存在します。

生活費不足での離婚はあり得る

生活費が足りなくても、家族仲良く暮らしていければそれでいいという考え方もあると思います。

しかし、家族みんなが同じ考え方だとは限りませんよね。

一般的に男性より女性の方が平均収入は低いため、夫婦共働きだったとしても必ずしも世帯収入が2倍になるとは限りません

しかし生活費の中に含まれる食費、自動車の維持費、交通費、生命保険や交際費などが2人分になることで、世帯での支出は倍以上になってしまうケースが多いと言えます。

また扶養に該当する配偶者の所得が高いと配偶者控除などが受けられず、所得が低いと控除は受けられるけれども生活費が足りないという負の連鎖も起こり得ますよね。

さらに子供がいた場合、上述した母子父子寡婦福祉資金貸付制度のように、ひとり親を支援する制度も存在するため、シングルマザーやファザーの方がかえって生活が楽になる可能性もあります。

生活費が足りないことが離婚の原因になることは十分に考えられるのです。

家族で話し合いをしよう

生活費不足を改善するためには、家族での話し合いが必要不可欠です。

節約にしろ、収入を増やすにしろ、家族で協力しなければ実行することはできません。

また借入を検討する場合であっても、家族に無断で申し込んでしまえば新たなトラブルの火種になりかねませんよね。

定期的に話し合う場を設ける、家族全員でこれからのことを決めるという意識が大切です。

まとめ

生活費が足りない場合の改善策、対処法などについて解説させて頂きました!

どのように生活費が足りないのかを明確にすることで、節約をすれば良いのか、収入を増やせば良いのか、一時的にお金を借りればいいのかなどの対策が考えられるようになりますね。

国は生活に困っている人達のために公的制度で救済措置を取っている場合もあるので、そちらを検討してみるのも有効な手段です。

もし緊急でお金が必要な場合、カードローンの利用も視野に入れてみましょう。

すぐに必要でなくとも、一度契約しておけば必要な時に必要な額を一瞬で用意することができます。もしもの場合に備えて、この機会にカードローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。