未分類
美容

プロミスは借りるとやばいって本当?口コミ、審査落ちする人の特徴や在籍確認について調査

プロミスがやばいって本当?

プロミスは数あるカードローンの中でも、利用者数ナンバー1を誇る国内最大手の消費者金融カードローン。審査時間が最短30分、即日融資も可能、申し込みがWebで完結しているなどの利点から、多くの人に利用されています。

知名度も高く審査通過率も約50%と大手ローン会社の中でもかなり高いので、カードローンの利用を検討されている人の中にはプロミスが候補に含まれている方も多いのではないでしょうか?

しかし審査通過率が高いといっても、全ての人が融資を受けられる訳ではありません。審査に通過するには、それぞれの申込条件を把握しておく必要があります。

ここからは、下記のポイントを口コミも含めて詳しく説明していきます!

記事のまとめ

・プロミスの審査時間は最短30分で即日融資可能
・審査基準は公表されていない
・収入のある主婦や学生でも借入できる
・審査は甘いとは言えない

目次

審査が甘いって口コミは本当?即日融資が可能なプロミスの基本情報

プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマーファイナンスの運営しているカードローンです。

「オリコン顧客満足度調査 ノンバンクローン部門」において2020年~2021年と2年連続で1位を獲得しており、国内ナンバーワンの利用者数を誇る大手消費者金融会社となっています。

消費者金融はひと昔前まではサラリーマン金融・略してサラ金などと呼ばれあまり良いイメージがありませんでしたが、現在はテレビCMなどでよく目にすることもあり、悪いイメージを持っている方は少ないかと思います。

「プロミスの審査は甘い!」という口コミを見ることも多々ありますが、実際に審査基準は公表されていません。このことは他社のカードローンも同様です。なので、他社に比べて審査が甘いとは言い切れません。

金利 4.5%~17.8%
最大借入限度額 500万円
利用限度額 年収の3分の1
審査時間 最短30分
融資スピード 最短30分
Web完結 可能
無利息期間 初回利用の翌日から30日間
学生の利用 可能
利用条件 ・20歳以上
・安定した収入がある
返済方法 ・インターネット
・口座振替
・店頭窓口
・プロミスATM
・コンビニマルチメディア端末

プロミスは借りるとヤバイ?口コミ・評判を調査!

プロミスを利用した経験がある方にアンケート調査を行い、口コミを調査しました。

良い口コミだけでなく、悪い口コミ・デメリットも包み隠さず紹介していきます。

良い口コミ① 審査と融資のスピートが早い

審査は20分程度で終了し即日借入出来たので本当に助かりました、個人的には非常に借入しやすくて利用感は非常に良く満足出来ました、急なお金が必要になり手元にお金が無い場合は消費者金融を上手に利用する事もありだなと率直に思いました。

40代男性/使い道:車のローン返済

初めての借り入れで不安ではありましたが、アプリからの申し込みで非常に簡単でしたし連絡もスムーズで当日中に審査が終わったので非常に助かりました。利息もナシの期間に返済しましたので一時的に必要になった状況では好都合でした。

50代男性/使い道:生活費

プロミスの利点として挙げられるのは、融資までのスピードが早いこと。初めての方でも必要事項に漏れがなければ最短30分ほどで融資までしてもらうことができます。

口コミの中には、20分で審査が終わったという方もいたので、急な出費にも嬉しいですね。

\最短30分で即日融資可能!/

良い口コミ② 利息が0円

初めて消費者金融からお金を借りました。1ヶ月以内に返済すれば金利がないということを、三井住友銀行から聞いてプロミスを紹介してもらい、お金を借りました。金利もつかず、満足でした。

40代男性/使い道:生活費

借りた後が怖いと言う印象を持っていましたが、返済が滞っていなければ特に何も問題ないと思います。1ヶ月以内に返済できたので利息がかからず、とても助かりました。

20代男性/使い道:生活費

プロミスは初回30日間利息が無料になるキャンペーンを行なっています。

借入した次の日から30日間利息がかからないので、その期間に返済すれば余計な利息などを支払う必要がありません。

返済の目処が立っている方には非常にお得なサービスとなっています。

\30日間利息無料!/

良い口コミ③ Web完結でバレない

審査スピードから口座開設、入金までほとんどの手続きがネット上で完結できるうえに、入力の手間がほとんどないことから、非常に手続き面で満足しているし助かった。

20代女性/使い道:車のローン返済

ネット上で手軽にお金が借りれて便利。家族に内緒で利用できて奥さんにばれる事がなく返済できる。

40代男性/使い道:生活費

プロミスは申し込みから融資まで全てWebで完結します。カードを発行する必要もなく、周囲にバレるリスクが低いので利便性が高いと言えるでしょう。

悪い口コミ① 返済までに時間がかかった

短期的に少額というのは良いのかもしれませんが、大金の場合は返すのが本当に大変です。返済に1年ほどかかっています。

20代女性/使い道:引っ越し

プロミスをはじめとした消費者金融は、手軽に借りられる反面やはり返済が大変という声もありました。

少額の場合は返済の目処もつきやすいですが、まとまった額を借りる場合はきちんと返済計画を立てる必要があります。

プロミスは場面に応じて返済を遅らせることができたり、オペレーターに返済の相談をすることができますので、返済に困った場合はぜひ活用するようにしてください。

しかしプロミスは他の大手消費者金融に比べて最高金利が0.2%低くなっています。少額融資の場合はほとんどが最高金利が採用されることになるので、少しでも金利を抑えて借りたいと言う方に向いています。

悪い口コミ②銀行ローンよりも金利が高い

銀行カードローンの審査に落ちてしまったので、プロミスを利用しました。確かに借りるまでのスピードは早かったですが、やっぱり金利が高いと感じました。

20代男性/使い道:奨学金返済

プロミスは銀行のカードローンよりも金利が高く設定されています。

その分審査に通りやすかったり、審査のスピードが早いというメリットがあります。さらに初回利用の場合は30日間利息が無料なので、返済の目処がたっている場合は銀行カードローンよりも低金利になることもあるので、検討してみてください。

\30日間利息無料!/

プロミスの申し込み条件と審査に必要な必要書類

次に、プロミスの申込条件から、審査基準を見ていきましょう。申し込みに必要な書類も併せて紹介していきます。

書類に不備があると差し戻しになり、融資までのスピードが遅くなってしまうので、抜けがないようにしましょう。

プロミスの申し込み条件の特徴

・20歳~69歳までの安定した収入がある人は申し込める
・フリーターや主婦、学生や外国人でも申し込める

プロミスの申込条件と審査基準

プロミスの申込条件は「20歳から69歳までの本人に安定した収入がある」というように、かなりシンプル。

この「安定した収入」にはパート・アルバイトも含まれるので、非正規雇用のフリーターや学生・主婦の方でも申し込むことが可能です。

さらにプロミスは永住権のない外国人の方でも申し込むことができます。

他社のカードローンと比べても

  • 申込が可能な年齢の幅が広い
  • 学生・主婦でも申し込める
  • 保証会社の保証を受ける必要がない
  • 永住権のない外国人の方でも申し込める

といったメリットがあります。

プロミスの借入に必要な書類

本人確認書類
※1
運転免許証
健康保険証+1点(住民票の写し、公共料金の領収書など)
パスポート
マイナンバーカード(通知カードは不可)
在留カード・特別永住者証明書
住民基本台帳カード
収入証明書類
※2
源泉徴収票
確定申告書
税額通知書
所得証明書 収入・所得の記載

※1:書類に記載された住所と現住所がこととなる場合は、別途1点補助書類が必要となります。詳しくはこちらに記事(プロミスの自動契約機では何ができる?申し込みがバレない方法・注意点を解説)をご参照ください。

※2:収入証明書類が必要なのは、「希望の借入額が50万円を超える場合」「希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合」のいずれかのみです。

プロミスで借入するには、上記の書類いずれかが必要となってきます。

プロミスを問わず、全ての消費者金融共通です。場合によっては収入証明書類や補助書類が必要になることもあります。

\最短30分で即日融資可能!/

プロミスの審査は甘いって本当?実際の口コミから調査!

プロミスの審査基準は公表されていません。これはプロミスに限ったことではなく、全てのカードローン会社に共通していて、申込条件のみが明示されています。そのため、「プロミスは審査が甘い」という声は信用できません。

しかし、審査する上で重要になるであろうポイントはある程度予測することができます。

それが以下の①~⑤です。

①安定した収入があること
②本人の提出書類に誤り・虚偽がないこと
③他社からの借入している額と希望限度額が適切であること
④信用情報に問題がないこと
⑤短期間で他社に申込をしていないこと

この5つのポイントをクリアしている方であれば審査通過率はグッと上がると言えます。

それではこの5つのポイントについて詳しく解説していきましょう。

①安定した収入があること

学生だった10年前にプロミスに審査落ちしたが、今回は社会人で安定した収入があったのか、20分ほどで審査通過の連絡がきた。

21歳学生
21歳学生

融資希望額を50万で申し込んだらオペレーターから電話があり、もう少し金額を下げれば審査に通ると言われた。結局30万を借入できたのでまあ満足。

安定した収入があることは申込条件にも記載されており、必須の項目となっています。プロミス側としても支払い能力があるかどうか、融資したお金がきちんと返済されるのかを見極める必要がありますよね。

安定した収入の定義は「毎月一定の収入を得ていること」であり、会社員やパート・アルバイト、自営業などをしていて給料などの収入を得ている、という意味です。

一般的には自営業よりも、会社員のように毎月ほぼ一定の金額を給料として貰っている方のほうが審査に通りやすい傾向があります。

注意点としては株式投資やFXや仮想通貨取引、もしくは転売などの物販ビジネスで得たような収入は金額の多寡を問わず安定した収入とは見なされないので気を付けましょう。

②本人の提出書類に誤り・虚偽がないこと

基本的に審査の申込内容は自己申告なので、勤務先や年収を偽ることもできます。

しかしプロミス側も本当に貸したお金が返ってこなければ破綻してしまうので、申込内容や提出書類に嘘偽りがないか細かく調べられます。

そのため、勤務先に本当に在籍しているかの「在籍確認」もありますし、本人確認書類の提出も後々必ず必要になってくるのです。

提出書類や申込内容に誤り・虚偽がないように、細心の注意を払いましょう。

③総量規制の範囲内であること

20代主婦
20代主婦

パートだったので審査に落ちるか不安だったが、希望額を低めに設定したので問題なく通った。

プロミス以外の他社から借入している方は、注意が必要です。

消費者金融カードローンには“総量規制”というルールがあり、ローン会社は本人の年収の3分の1までしか融資してはいけないことになっています。

年収300万円の方であれば融資できるのは100万円が限度ということですね。

これは他社からの借入も含めたトータルという意味なので、A社から50万円の借入があった場合、プロミスが融資できるのは最大でも50万円が限度ということになります。

このA社の50万円というのは、実際に今借りていなくても「50万円の融資の枠を契約している」ことを指すので、完済しているかどうかは関係ないという点にも注意しましょう。

他社からの借入がある場合は、プロミスに申し込む希望限度額を他社からの借入も含めて年収の3分の1に抑えられているかが重要です。

④信用情報に問題がないこと

これまでにローンを利用したことがある方は

  • ローン等に申し込んだ履歴
  • 他社での審査結果や契約状況
  • 現在までの返済の情報や残高

などの信用情報が“信用情報機関”に登録されています。

これは各ローン会社が自由に閲覧できるようになっていて、審査の際に重要視する項目の1つです。

いままでに他社で返済が大きく遅れたり、債務整理や自己破産をしている場合、この信用情報に必ず記載されています。

ちなみに携帯電話の本体料金を分割払いにした場合もクレジット契約となるので、料金の払い遅れなどで信用情報に傷をつけている可能性あります。

プロミスの審査通過率が高いと言っても、こういった金融事故に遭ったことがある場合は審査を通過するのは難しいでしょう。

一般的に、一度傷がついた信用情報が回復するまでには5年から10年ほどかかる場合が多いようです。

⑤短期間で他社に申込をしていないこと

短期間で複数の会社に申込をしている場合は悪い印象を持たれる可能性があるので注意が必要です。

申込履歴の信用情報は6ヶ月の間保管されるため、半年以内にカードローンに申し込んだ履歴は審査する側から筒抜けです。

短いスパンで何社もカードローンを申し込んでいる人は、相当お金に困っているんじゃないか?何か悪いことを考えているんじゃないか?と怪しまれてしまうリスクを抱えてしまいます。

プロミス側も融資したお金は返済してもらわなければならないので、貸し倒れのリスクがある人にはお金を貸したくないというのが本音でしょう。そのため、少なくとも半年以内に複数のカードローンに申込をしている人は審査が通りづらい傾向があります。

上記の総量規制のルールもあり、複数の会社と契約したからと言って大きな金額を借りられる訳ではないので、怪しまれるような行動はしないように注意しましょう。

\最短30分で即日融資可能!/

プロミスの金利(実質年率)は4.5〜17.8%

ハローワークでお金を借りる方法

プロミスの金利は実質年率4.5~17.8%です。

他の大手消費者金融の最大金利は以下の一覧にあるように18.0%ですが、その中でもプロミスは17.8%に設定されています。

大手消費者金融 金利(実質年率)
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 3.0~18.0%
3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%

借入限度額が高くなるほど金利が下がり、低ければ金利が高くなる仕組みです。

大半の借入れでは、借入限度額100万円未満であれば上限金利適用となります。

【借入金額別】支払い利息シミュレーション

100万円未満の借入であれば、大手消費者金融5社の中でプロミスが一番低い金利が適用されるのです。

なお、プロミスの実質年率は4.5~17.8%ですが、具体的にどのくらいの利息が発生するかわからない方も多いのではないでしょうか。

プロミスで借入れをして最低返済額で完済する場合、発生する利息は以下を参考にしてください。

借入金額 最低
返済額
実質
年率
返済
期間
支払利息
(総額)
5万円 2,000円 17.8% 32ヶ月 12,923円
10万円 4,000円 17.8% 32ヶ月 25,864円
30万円 11,000円 17.8% 36ヶ月 87,289円
50万円 13,000円 17.8% 58ヶ月 246,160円
80万円 21,000円 17.8% 57ヶ月 387,442円
100万円 26,000円 15.0% 53ヶ月 371,743円

(参照:ご返済金額について|ご返済|プロミス公式サイト

上記の表からもわかるように、プロミスの利息は決して安くありません。

たとえば、プロミスから80万円を借りた場合、最低返済額で完済した場合に支払う利息の総額は387,442円です。

借りたお金とほぼ変わらない金額を利息として支払わないとならないのです。

しかし、最低返済額以上の金額をプロミスに返済して早めに完済すれば、支払う利息の負担を軽減できますよ。

プロミスから借入時の利息を計算する方法

プロミスの利息を計算したいときは、以下の計算式を参考に算出してください。

  • 借入金額×金利÷365日×利用日数(月の日数)=利息

プロミスの金利は4.5~17.8%ですが、すでに説明したように実質年率なので1年間の利率です。

<例:プロミスで50万円を30日間借りた場合>

  • 50(万円)×17.8(金利)÷365日×30(日数)=7,315(小数点以下切り捨て)

支払う利息は7,315円です。

プロミスで50万円を借りたときの最低返済額は13,000円です。

毎月13,000円の返済さえ継続していけば、延滞料金を支払うことなく完済できる計算になります。

インターネットや電話からも利息額を確認できる

自分でプロミスの利息を計算するのが面倒な方は、プロミスインターネット会員サービスにログイン、もしくはプロミスコールに電話をかけて確認しましょう。

(参照:会員ログイン|プロミス公式サイト

※ログインの際にカード番号、カード暗証番号が必要

電話
番号
0120-24-0365
受付
時間
自動音声であれば24時間対応
(オペレーターへの相談は平日9:00~18:00)

返済シミュレーションから簡単に利息を計算できる

プロミスの公式サイトの返済シミュレーションからも利息を確認できます。

プロミスを利用する前に利息の金額をチェックしたい人は、以下のリンクからプロミスの返済シミュレーションにアクセスしてください。

(参照:ご返済シミュレーション(借入返済)|プロミス公式サイト

利息は2つのパターンから計算可能です。

ご返済金額シミュレーションをする際は

  • お借入希望額
  • ご返済期間
  • お借入金利(年率)

上記の3点を入力したら、シミュレーション実行のタブをクリックしましょう。ご返済額シミュレーション結果にて、毎月の返済金額が表示されます。

次に、返済計画の詳細を見るのタブをクリックすると、返済回数、返済額、元金、利息、残高が一覧になっているので、そちらから実際に支払う利息を確認できますよ。

その他に、返済期間シミュレーションからも利息を確認する方法があります。

ご返済金額シミュレーションと利用手順は同じです。返済終了までどのくらいの期間を要するのかが表示されます。

こちらでも返済計画の詳細を見るのタブから、返済回数、返済額、元金、利息、残高を確認できます。

シミュレーションは何度行っても審査結果に影響を与えません。毎月の返済可能額だけでなく、利息負担をどこまで許容できるのかについても納得いくまで計算してください。

延滞すると実質年率20.0%の遅延損害金が発生

決められた返済期限を過ぎてしまうと、実質年率20.0%の遅延損害金が発生します。

延滞利息の計算方法も通常の利息と同様に計算します。

  • 借入残高×金利÷365日×利用日数(月の日数)=利息

仮にプロミスから10万円の借入残高がある場合、30日間延滞すると支払う遅延損害金は1,643円です。

  • 10(万円)×20.0(遅延損害金)÷365日×30(日数)=1,643(小数点以下切り捨て)

遅延損害金の金額そのものは大きな負担にならないかもしれません。しかし、プロミスで延滞すると、信用情報機関が管理・保有する個人信用情報に金融事故として残ってしまいます。

個人信用情報は、カードローンやクレジットカードなどの審査を受ける際に審査担当者が必ず参照する情報です。

金融事故を起こした情報登録があると、審査担当者から以下のように判断されて審査通過が難しくなります。

「金融事故を起こすような信用できない人にお金を貸せない」

「また金融事故を起こすのではないか」

金融事故の情報は、内容によるものの個人信用情報に一定期間登録されます。今後の信用取引の審査が不利にならないためにも、返済は毎月必ずおこなってください。

\最短30分で即日融資可能!/

プロミスでのお金の借り方【審査申し込み〜現金を受け取るまでの流れ】

プロミス

①申し込みをする

プロミス 申込

審査条件を満たしていることが確認できたら、早速プロミスに申し込みましょう。申し込んだからと言ってお金を借りたことにはならないので、安心してください。

申込方法は大きく分けて3通りの方法がありますので、1点ずつ解説していきます。

【おすすめ】インターネットで申し込む場合

Web完結を選ぶメリット
・【最短30分】融資までが一番早い
・24時間365日申し込み可能だから緊急時でもOK
・必要書類も簡単にWebでアップロード可能

インターネットでの申し込みはWeb申し込みと呼ばれ、原則店頭に行くことなくネットでも申し込みから手続き、実際に融資を受けるまでの工程を完結させることができます。

ネットなので受付時間がなく、24時間365日申し込みすることが可能です。

申し込んだ時間帯によって当日もしくは翌日に審査が始まり、無事に通ればその日のうちにお金を借り入れることができますね。

身分証などの必要書類もWeb上で提出できるので、自宅にいても屋外にいてもどこでも手続きできるのが大きなメリットと言えます。

スマホやPCがどうしても使えないという人以外は、基本的にインターネット申し込みがおすすめです!

\最短30分で即日融資可能!/

店頭窓口・自動契約機で申し込む場合

無人契約機でできることは、以下の6つです。

無人の自動契約機でできること
  • 契約手続き
  • 契約内容の変更(氏名・住所・暗証番号など)
  • 融資内容の変更(利用限度額・利率・返済日など)
  • 融資枠の増額申請
  • 利用明細の印刷
  • カード再発行

店頭窓口や自動契約機で申し込む場合は担当者と直接話しながら手続きを進められます。

店頭窓口の場合は受付でカードローンを利用したい旨を伝えるだけで、無人自動契約機では画面の指示通りに進めながら時には専用の受話器で担当者と直接話しながら申し込みをスタートできます。

どちらも営業時間があり、店頭窓口は平日10時~18時、自動契約機は全日9時~21時までの間でなければ受け付けてもらうことができません。

どちらも基本的にはその場で審査が完了し、すぐにカードを受け取って借入することが可能です。

初めてのカードローンで勝手がわからない、質問しながら手続きしたいという人にはおすすめの方法となっています!

郵送で申し込む場合

郵送での申し込みをする場合は、プロミスの申し込み用紙を入手して記入・郵送する必要があります。

郵送した書類をもとに担当者から連絡が入り、審査が完了したら今度は自宅にローンカードが郵送されてきて、借入がスタートするという形ですね。

郵送でのやり取りにどうしても時間がかかってしまうため、あまりおすすめの方法ではないのですが、窓口や自動契約機には行きたくないけどネットはよくわからないという人は郵送での申し込みを検討してみてはいかがでしょうか!

②審査結果を待つ【審査中に在籍確認があります!】

申し込みが終わったら審査結果を待ちましょう。

基本的に審査にかかる時間は最短30分で、当日中に結果がでますが、申し込みした時間によっては翌日になることもあるので注意しましょう。

審査中には在籍確認と呼ばれる、勤務先へ勤めている事実を確かめる工程があります。申し込んだ人が勤めている会社へ担当者が直接電話をして、本人が働いていることを確認するという流れですね。

もちろんプライバシーに配慮してプロミスからの電話であることはわからないようにしてくれますし、電話先に本人が出なくても勤務していることがわかれば良いので何度も電話がかかってくるということはありません。

どうしても職場に連絡されるのが嫌な場合、派遣などで勤めている会社と働いている会社が異なる場合など、特例が認められれば健康保険証など社名が記載された身分証での書類確認としてもらえるケースもあります。

しかしプロミスでは原則として在籍確認は電話での確認をしているため、基本的には電話がくるものと思っていたほうが良いですね!

③契約の手続きをする

無事に審査に通ればあとは契約の手続きをして完了です。

契約手続きと聞くと書類を何枚も記入して難しい書類を渡されて・・・と想像してしまいますが、実際は借入限度額や金利などの説明後に「このまま進めさせて頂いてもよろしいですか?」と聞かれるので「はい」と答えるだけです。

もちろん内容に不服があればこの時点で断ることもできますし、後から辞めたくなっても完済さえしていればすぐに解約もできます。

限度額に不満があっても、後々になってから増額申請をすることもできるので、あまり深く考えなくても良いかもしれませんね。

④お金を受け取る【借入方法は全部で4通り】

①銀行振込

お金を借りる方法のひとつとして、直接自分の口座に振り込んでもらう方法があります。

プロミス専用アプリやコールセンターなどから振込金額、振込先などを指定してすぐに振り込んでもらうことが可能です。

即フリキャッシングという名称で24時間365日対応しているので、口座引き落とし用のお金としてカードで借りて口座に移すなどの手間をするぐらいなら銀行に振り込んでもらうのがおすすめです!

②プロミスの無人契約機

プロミスの専用ATMにローンカードを挿入し、お金を借り入れる方法です。

カードローンにおける最も一般的な借入の手段であり、専ATMを利用することで手数料の負担をカットすることができますね。

後述する提携ATMの場合は手数料がかかってしまうこともあるので、出先で現金を用意したい時にプロミスATMを見かけたら迷わず利用しましょう!

③提携ATM

提携ATMとはプロミスATMではなくても、プロミスの借入・返済といったサービスを利用できるATMのことです。

プロミスの提携ATMは以下の通り。

提携ATM 手数料
三井住友銀行ATM 無料
セブン銀行ATM 1万円以下・・・110円
1万円超・・・220円
ローソン銀行ATM
ゆうちょ銀行ATM
イーネットATM

これらのATMであれば、ローンカードを挿入して借入を選択すればお金を借りることができます。

プロミスATMがいつでも見つかるとは限らないので、覚えておくとより便利に利用できますね!

④店頭窓口

もちろん窓口に直接行ってお金を借りることも可能です。

借入したい旨を伝えれば担当者が対応してくれるので、他の借入方法が何らかの事情で使えない場合は窓口を頼ると良いでしょう。

プロミスの5つの返済方法【コンビニでも返済可能】

プロミス借入金額の5つの返済方法【コンビニでも返済できる!】

プロミスの返済方法は以下の5つの中から選べます。

それぞれ返済できる時間帯などが異なるため、自分に合った方法を選んで返済しましょう。

5つの返済方法の特徴は以下の通りです。

  • コンビニのマルチメディア案末
  • インターネット
  • お客様サービスプラザ
  • 口座振替
  • プロミスATM

①コンビニ返済

提携ATMやファミリーマートのマルチメディア端末「Famiポート」からプロミスの返済を行えます。

24時間365日、土日返済も可能なので、自宅や勤務先の近くなどに提携ATMのあるコンビニやファミリーマートの店舗がある人に便利な返済方法です。

メリット デメリット
・24時間365日いつでも利用できる
マルチメディア端末なら手数料無料
・マルチメディア端末が設置されているのはファミリーマートだけ

提携しているコンビニATM一覧

提携するコンビニATMは以下の通りです。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット

利用手数料

借入時、返済時共に利用手数料は同じです。

  • 1万円以下:110円(税込)
  • 1万円超:220円(税込)

※マルチメディア端末は手数料無料

利用可能時間

24時間365日いつでも利用できます。(メンテナンス時間を除く)

②インターネット返済

インターネット返済は、利用している銀行のインターネットバンキングから返済する方法です。パソコンやスマートフォン、携帯電話などを利用して返済を行い、すべての返済方法の中で一番おすすめです。

振込手数料無料な点もインターネット返済の特徴であり大きなメリットです。

メリット デメリット
・利用手数料無料
・24時間365日返済可能
・インターネット環境さえあればどこからでも返済可能
・最短10秒で返済完了
・端数の返済が可能
・パソコンやスマートフォン、携帯電話を持っていないと利用できない

利用手数料

インターネット返済をする際に発生する、振込手数料無料は無料です。

利用可能時間

インターネット返済は、基本的に24時間取り扱い可能です。また、土日や夜間の返済に対応しています。

③お客様サービスプラザ

お客様サービスプラザとは、プロミスの店頭サービス窓口です。

プロミスのお客様サービスプラザは全国に11店舗あり、来店して返済できます。

お客様サービスプラザは、返済できる時間が限られています。

しかし、返済や利息などについて相談したい場合、その場で担当者に確認して解決できるので安心です。

メリット デメリット
・返済について相談や疑問がある場合、担当者に直接確認できる
利用手数料無料
・お客様サービスプラザへ行く手間と時間がかかる
・利用可能時間が限定される

利用手数料

利用手数料はかかりません。

利用可能時間

お客様サービスプラザの受付時間は平日10時から18時までです。時間内に訪れるようにしてください。

④口座振替

口座振替を利用して返済すれば、毎月自動的に引き落とされるため返済が遅れたり忘れたりすることがありません。また、手数料無料でATMや店頭に出向く必要もありません。

メリット デメリット
・利用手数料無料
・指定した金融機関口座から自動引き落としとなるため返済遅れの心配がない
・自分で口座の残高管理をする必要がある
指定金融機関以外の返済日が毎月5日に固定される

利用手数料

利用手数料はかかりません。

利用可能時間

  • 三井住友銀行、PayPay銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行:事前に設定した日(5日、15日、25日、末日)にて自動引き落とし
  • その他の金融機関:毎月5日に自動引き落とし

※何時に引き落されるのかは金融機関によって異なります。直接利用金融機関に問い合わせてください。

⑤プロミスATM

全国のさまざまな場所にあるプロミスATMから返済可能です。プロミスATMの場所を調べたいときは公式サイトのリンクから確認してください。

土日も利用できて、手数料も発生しません。WEBの手続きが苦手な人は、ATM返済を利用するのがおすすめです。

メリット デメリット
利用手数料無料 ・プロミスATMへ行く手間と時間がかかる
・利用可能時間が限定される

利用手数料

利用手数料はかかりません。

利用可能時間

お客様サービスプラザの受付時間は7時から24時までです。時間内に訪れるようにしてください。

\最短30分で即日融資可能!/

プロミスの在籍確認について

携帯代が払えない

カードローンの審査では、申込時に申告した勤務先に間違いがないかどうかの事実確認を行います。この作業は「在籍確認」と呼ばれ、申込者の勤務先への電話連絡が一般的です。

申込者の勤務先に問い合わせて、勤務実態があるのかを確認します。

在籍確認の電話は申込者のプライバシーに配慮して行われますので。プロミスでお金を借りることが周囲に知られる可能性は低くなっています。

”バレない”配慮がされている在籍確認の内容

プロミスから勤務先に在籍確認の電話連絡が入っても、周りにバレずに済む可能性が高いです。

なぜならプロミスでは、在籍確認を行う際に以下のような配慮をしています。

  • オペレーターの名前を名乗るのでプロミスからだとはわからない
  • 申し込み者が電話に出られなくても大丈夫
  • あらかじめ在籍確認の電話の時間指定ができる
  • 発信者番号は非通知設定になっている

それぞれの内容について順に解説していきましょう。

①オペレーターの名前を名乗るのでプロミスからだとはわからない

プロミスの在籍確認は、基本的には会社名を名乗らずオペレーターの個人名でかかってきます。

プロミスの公式サイト内にある「よくあるご質問・お問い合わせ」でも在籍確認について以下のように言及しています。

「ご本人様がお勤めされている事」の確認のため、お勤め先にお電話させていただきます。お客さまのプライバシーに十分配慮し、担当者個人名にておかけしますので、ご安心ください。プロミス名でご連絡することはありません。

引用元:キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト|よくあるご質問・お問い合わせ

プロミスは申込者のプライバシーに十分配慮したうえで在籍確認を行っています。

申込者以外の方が電話に出ても「カードローンでお金を借りるのでは?」などと思われる可能性は低いです。

②申し込み者が電話に出られなくても問題ない

在籍確認の電話は、申込者本人が出られなくても問題ないです。

在籍確認の電話は「○○(オペレーターの個人名)と申しますが、××会社(会社名)でお間違いないでしょうか?△△(申込者名)さんはいらっしゃいますか?」というようにかかってきます。

申込者が不在のときにプロミスから電話がかかってきても、他のスタッフが「(申込者)は席を外しております」「本日は休みです」などの対応をすれば、在籍確認は完了します。

その代わり電話対応したスタッフが「個人情報の問題からお答えできません」「そのような者は当社におりません」などと答えてしまうと在籍確認が完了しません。

確実に在籍確認を完了したいのであれば、事前にプロミスに問い合わせて電話がかかってくる時間を指定してみてはいかがでしょうか。

③あらかじめ在籍確認の電話の時間指定ができる

プロミスでは、在籍確認の電話をかける時間帯を指定できる可能性があります。

以下のような状況であれば、プロミスに相談してみましょう。

  • どうしても申込者本人が在籍確認の電話に出たいとき
  • 勤務先が従業員への電話取り次ぎを禁止している

出勤時間に合わせて在籍確認を行ってもらえれば、申込者自身で電話に出られます。そして、勤務先にバレるリスクを回避できるでしょう。

なお、プロミスに問い合わせたい場合、以下のプロミスコールに電話をしてください。

MEMO

電話番号:0120-24-0365
(受付時間:9:00〜21:00)

プロミスコールはフリーコールで、自宅の電話や携帯電話からも発信可能です。

④発信者番号は非通知設定になっている

プロミスからの電話連絡は非通知設定でかかってきます。

発信者番号が電話機に表示されないため、電話番号を調べられてプロミスからだったとバレることはありません。

⑤申込者以外に要件を話さない

申込者以外のスタッフが在籍確認の電話を受けた場合、「△△さんがプロミスに申し込んだので在籍を確認するための電話です」というように要件を話しません。申込者のプライベートをしっかり守って在籍確認行います。

スタッフが「どのようなご用件でしょうか?」と伝えても、プロミス側で答えることもしません。

ただし、在籍確認の電話を別のスタッフが受けた場合「今の電話は何?」と聞かれる可能性が高いです。正直に事実を伝える、もしくは別の無難な答えを用意するなどしてください。

\最短30分で即日融資/

プロミスは事前に相談しておけば電話での在籍確認が免除される可能性もある

プロミスの在籍確認自体をなしにできません。しかし、電話連絡での在籍確認を回避できる可能性があります。

そのために必要なのが、プロミスに勤務先を証明する書類を提出することです。

在籍確認を電話連絡なし行いたいときの手順は、以下を参考にしてください。

  1. プロミスコールに電話をかける
  2. オペレーターに勤務先に電話をかけてほしくないと相談する
  3. 勤務先を証明できる書類提出
  4. 内容に問題なければ在籍確認は完了

なお、在籍確認の電話連絡をなしにするには勤務先を証明する書類が必要です。どんな書類で勤務先を証明できるのかは以下を参考にしてください。

  • 社員証
  • 給与明細書
  • 社会保険証(社名の入ったもの)
  • 雇用契約書
  • 源泉徴収票

申込者の勤務先がわかる公的書類であれば、それを提出することで勤務先を証明できます。

ただし勤務先を証明する書類の提出では、在籍確認と見なされないケースもあります。実際にプロミスに相談してみないと、対応可否はわかりません。

場合によっては電話連絡での在籍確認となるケースもあるでしょう。

事前に在籍確認の対応について確認し、書類提出で問題ないという回答をもらってからプロミスに申し込んでください。

プロミスの増額審査と必要書類について|審査は必須!

プロミスの利用限度額が上限に達していて、追加借入れができなかったという方もいるかと思います。

そんなときは利用限度額が増えて追加借入れができる、利用限度額の増額を検討しましょう。

利用限度額を増額したい場合、審査を受ける必要があり、新規申し込み時と同様に必要書類を用意したうえで手続きをする必要があります。

なお、審査に落ちた場合は利用限度額の増額ができません。

プロミスで最大借入金額を増額する2つの方法

プロミスで最大借入金額を増額する2つの方法

プロミスで増額する方法は2通りあります。

  1. プロミスから増額案内が来たタイミング
  2. 自分からプロミスに増額を申し込む

それぞれのパターンについて順に解説します。

①プロミスから増額の案内が来たタイミング

プロミスのサービスを継続して利用している場合、プロミスからメールや電話で増額の案内が来ます。

ただし、増額の案内は誰にでも来るわけではありません。プロミスが「優良な利用実績がある」と判断した利用者のみ案内の対象です。

プロミスから増額の案内が来た場合、すでに増額の事前審査が完了しています。

まずはプロミスからの増額案内を受けるために、何が必要なのかをチェックしておきましょう。

増額案内の対象者になるための2つの条件

プロミスから増額案内の対象者としてリストアップされるには、次の2つの条件を満たしている必要があります。

  • プロミスの契約期間が1年以上
  • プロミスで返済の延滞がない

これらの条件を満たすことで、プロミスの利用状況が優良と判断される可能性が高いでしょう。

②自分からプロミスに増額を申し込む

プロミスから増額の案内が来ない方でも、審査の申し込みは可能です。

増額の案内が来ない=審査に通らないわけではないので、一定の条件を満たしている方は自分から申し込んでみてはいかがでしょうか。

プロミスの増額審査に通過するための主な条件は以下を参考にしてください。

  • 期日通りにプロミスの返済を続けている
  • 他社借入れにて返済トラブルがない(他社借入れがある方)
  • 総量規制による借入限度額に達していない
総量規制とは

消費者金融のサービスやクレジットカードのキャッシングなどを対象に、借入総額が年収の3分の1以内に制限される規制

増額審査に通過条件をクリアできる場合、以下の申込方法の中から都合の良い方法を選んで手続きを進めましょう。

  • インターネット(プロミスインターネット会員サービス)
  • 電話(プロミスコール)
インターネット(プロミスインターネット会員サービス)

プロミス公式ホームページ内に会員サービスから、増額の申し込みが可能です。

  1. プロミスインターネット会員サービスへログイン
  2. 会員サービスの各種お申込みから「限度額変更のお手続き」をクリック
  3. 必要事項(希望限度額・希望連絡先・連絡先電話番号)を入力して送信
  4. 申し込み完了
  5. 指定した電話番号にプロミス担当者から連絡
  6. 現在の状況などについてヒアリング
  7. 審査結果の連絡

プロミスのインターネット会員サービスからの申し込みは、24時間いつでも受け付けています。ただし、プロミスの増額審査は平日の9時~18時に行うため、それ以外の時間は翌営業日の対応となります。

電話(プロミスコール)

増額の申し込みはプロミスコールからも行えます。

対応時間内に以下の番号へ電話をかけて、増額希望の旨を伝えてください。

電話番号 0120-24-0365
0120-86-2634(女性専用ダイヤルのレディースコール)
増額審査の対応時間 平日9:00~18:00(土日祝日は増額審査の申し込みのみ)

プロミスコールへ増額審査の申し込みをする際に、以下の情報を確認されます。

  • 勤務先や年収、住所、連絡先などに変更はないか
  • 増額の目的

追加の書類提出がなければ、すぐに審査開始となります。

審査結果の案内もその場でわかるので、審査対応時間内であればインターネットで申し込むよりもおすすめの方法です。

プロミスの増額審査に必要な書類

プロミスの増額審査を受ける際に、以下のいずれかに当てはまる方は収入証明書類を提出してください。

  • 希望する利用限度額が50万円を超える
  • 希望の利用限度額+他社での利用残高の合計が100万円を超える

上記以外に、プロミスのサービスを契約してから3年以上が経過した人も収入証明書類の提出を求められる場合があります。

「収入証明書類とは何を出せばいいんだろう?」という方は、以下のいずれ1点を提出すれば大丈夫です。

収入証明書類(いずれか1点)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書

これらの収入証明書類は、以下の条件を満たさないと「不備がある状態」と見なされ、増額できないので注意してください。

収入証明書類 条件
源泉徴収票 ・最新のもの
・本人の氏名が記載されているもの
・現在の勤務先名が記載されているもの
・年収が記載されているもの
・証明年度が前年分のもの(提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年度以降のものでも受付可能)
確定申告書 ・最新のもの
・本人の氏名が記載されているもの
・証明年度が前年分のもの(提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年度以降のものでも受付可能)
税額通知書
所得(課税)証明書
・最新のもの
・本人の氏名が記載されているもの
・収入額と所得額の記載があるもの
・市区町村長の発行印があるもの
・証明年度が前年分のもの(提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年度以降のものでも受付可能)
給与明細書 ・本人の氏名が記載されているもの
・現在の勤務先名が記載されているもの
・支給総額」が記載されているもの
・支給年月が直近の連続した2ヶ月分のもの(賞与がある場合、直近1年分の賞与明細書も提出要)

(参照:ご利用限度額変更申込|プロミス公式サイト

条件をしっかりと確認したうえで提出しましょう。

プロミスの審査についての5つの疑問を解決

プロミスの審査に関して、よくある5つの質問を解決していきます!

【疑問①】審査落ちするのはどんな人が多い?

プロミスの審査が通らず審査落ちしてしまう人にはいくつかの共通点があります。

中にはすぐに改善するのが難しい部分もありますが、これらに当てはまるからといって必ず審査に落ちるという訳ではありませんのでご安心ください。

どういう人が審査に落ちやすいのかは、下記の5つ。詳しく解説していきます。

①収入が足りない

審査に落ちやすい人の中でも一番わかりやすいのが、単純に収入が足りないということです。返済能力が心配だと判断されたので、お金を借りられない理由としては非常にシンプルな内容ですね。

プロミスは融資したお金を返済してもらう時に金利という形で手数料をもらって利益を出しているので、問題なく返済できる見込みのある方でなければ融資はしてもらえません。

もし十分な収入があっても、投資や物販などで得ている収入であれば不安定な収入と見なされるので注意しましょう。

過去に金融事故に遭っている

審査落ちしてしまう理由としては一番多いパターンだと言えます。

返済が長期間滞った、債務整理をした、自己破産をしたなどの金融事故に遭った方は、そこから約5~10年の間は“信用情報の異動情報”という情報が登録されてほぼ全てのローンの審査に通らなくなってしまいます。

いわゆる「ブラックリストに載る」と言われるもので、こうなってしまうと新たにカードローンを組むことはかなり難しいです。

信用情報は信用情報機関に開示請求することができるので、心配な方は一度自分の信用情報を確認してみるのも良いと思います。

③本人の属性が「返済能力がない」と判断された

カードローン審査における本人の属性とは、返済能力に関係する属性を指します。

具体的には年収や職業、勤続年数や家族の有無、住居は賃貸住宅か持ち家かなどをチェックします。

プロミスは審査基準について公表していないので一概には言えませんが、

  • 自営業やフリーターより会社員の方が審査に通りやすい
  • 勤続年数が長い方が審査に通りやすい
  • 持ち家の方が賃貸住宅より審査に通りやすい

などと、一般的に本人の属性と審査の通りやすさは関係が深いと言われています。

この本人の属性の部分で悪い印象が多いと、審査落ちになってしまう可能性は高いと言えますね。

④借入額・借入件数が多すぎる

他社からの借入額や借入件数が多いということは、それだけ多くの支払いを抱えているということですよね。

プロミス側としても貸し倒れのリスクは避けたいので、いわゆる多重債務者のような人には融資しづらいというのが本音です。

そもそも他社からの借入額が総量規制で定められた年収の3分の1に届いてしまっている場合は、プロミスも融資できないルールになっているので、借入額や借入件数が多い方は審査落ちになる可能性は高いと言えます。

⑤同時に複数の会社に申し込んだ

カードローンの審査に申し込んだ履歴は信用情報となり、6ヶ月間保管されるのがルールです。

信用情報はプロミスや他の消費者金融も重要視する項目なので、怪しい情報が登録されているとプロミス側としても警戒せざるを得なくなってしまいます。

もしプロミスに落ちてしまった時の保険として、一応他社にも申し込んでみたという声を聞くことがあるのですが、これはむしろ逆効果。

どちらの会社からも信用を得られず審査落ちになってしまうリスクがあるので注意しましょう。

【疑問②】プロミスに審査落ちしてから再申し込みできるのは何ヶ月後?

プロミスの審査に落ちた場合、再申し込みは6ヶ月後にするのが良いでしょう。

再申し込み自体は特に制限は無く、すぐにまた申し込みをすることは可能です。しかし、6ヶ月間は信用情報に申し込みをした履歴が残ってしまうので、むしろ前回と比べてマイナスからのスタートになってしまいます。

今回審査落ちして、すぐにまた申し込んでも同じ審査を受けるだけなので、結果はなにも変わりません。突然年収が増えた、他社との契約を解約したなど、前回より大幅な変化がなければ審査は通らない可能性が高いです。

それならむしろ6ヶ月後、信用情報の履歴が消えたタイミングで再申し込みをした方が審査通過に期待が持てますし、半年間対策を練ることもできます。

これらの理由から、プロミスに再申し込みをするタイミングは6ヶ月後がおすすめです。

【疑問③】プロミスを審査落ちした場合でも他社に申込できる?

プロミスで審査落ちした場合でも、他社に申込することは可能です。しかし信用情報にプロミスに申し込んだ履歴が残っているので、スタートから悪い印象を持たれるリスクがありますよね。

それにプロミスは他社と比べても審査の通りやすいカードローンなので、審査落ちした原因を突き詰めて改善しなければ他社でも審査落ちしてしまう可能性は高いと言えます。

プロミスに申し込んだのは他社にはないメリットをプロミスに感じたからだと思うので、信用情報の履歴が消える6ヶ月後を待つのであればきちんと対策をしてプロミスに再申し込みした方が良いのではないでしょうか。

【疑問④】収入証明書不要で融資は受けられる?

プロミスは条件を満たせば収入証明書不要で融資を受けることができます。

その条件というのが

  • 50万円以下の借入の場合
  • 他社の借入との合計が100万円以下の場合

この2つです。

50万円を超える借入をしたい、他社と併せて100万円以上の融資を受けたいという方は収入証明書が必要なので注意が必要です。

収入証明書不要で融資を受けたい方は、他社との借入額の合計が100万円を超えないことを確認した上で希望融資額を設定しましょう。

【疑問⑤】在籍証明なしでプロミスの融資を受けられる?

原則として在籍証明は必須です。

在籍確認は嘘の勤務先で審査をして、本来であれば融資できない金額を貸してしまうことのないように行われるものなので、在籍照明なしでプロミスの融資を受けることは基本的にはできません。

しかしプロミスの在籍証明は勤務先へ電話をかけて確認を取るので、勤務先に借入の相談をしているのがバレてしまうのでは?と不安な方も多いと思います。

プロミスは確認の電話の際に会社名を伝えることはなく、個人名で電話をかけてくれるので、在籍確認で勤務先にお金を借りようとしていることが知られてしまうリスクは少ないです。

それでも心配な場合や、勤務形態などの問題で電話で在籍照明するのが難しい方は、申込時や審査に入る前の段階で相談してみると、書類での確認に変えてくれる可能性があります。

まとめ

今回はプロミスの審査について、詳しく解説させて頂きました。プロミスは2年連続で顧客満足度ナンバー1を獲得し、国内利用者数もトップの最大手消費者金融カードローンです。

会社の信頼性も高いですし、審査の通過率も高い水準を保っています。

現在カードローンの契約を検討されている方、以前プロミスに申し込んで審査落ちしてしまった方も、ぜひこの機会にプロミスに申し込ることをオススメします。

\Web完結なら最短30分で即日融資/