美容
資産運用

固定費を節約する6つの方法を紹介!今すぐ実践できる節約術と資産運用

資産運用

 

家計の貯蓄を増やすのはまず、食費や交際費を減らすよりもまず、固定費を見直すのが一番最適。固定費は毎月かならずかかってくるお金なので、少しでも減らすことができれば何年・何十年分も節約することができます。

この記事では、今すぐ見直すべき固定費の節約方法6つに分けて紹介していきます!

固定費をいますぐ節約するべき理由

家計の収出項目は、月によってかかる費用が変わる「流動費」と、毎月かかる費用が変わらない「固定費」の2つに分けられます。

そのため固定費は、少しでも月々の料金を見直すことができれば削減効果も継続します。わずかな手間で何年・何十年も節約効果が持続するということです。

例えば4人家族で毎月7,000円かかっていた携帯料金を、4,000円の格安SIMに乗り換えたとします。そうするとたった半年で72,000円、1年後には144,000円も節約することができるのです。

一方の「流動費」は、日々の地道な努力が必須。日々の食費を減らしたり、水道や電気の使用料を極力減らすなど、正直言うと面倒だと思ってしまう方がほとんどでしょう。

そのため、わずかの手間で節約できる「固定費」を節約することが、家計を見直す上で必須となってくるのです。

 

今すぐ見直すべき7種類の固定費と節約術

今すぐ見直すべき固定費は、下記の7種類に分けられます。

①水道・光熱費
②通信費
③居住費
④保険料
⑤車の維持費用
⑥サブスクリプションサービス
⑦自分の習い事

それでは、一つずつ順に見ていきましょう。

1. 水道光熱費の節約

固定費節約 光熱費

①電気

電気代を節約するためには、以下のような方法が考えられます。

  • 節電する
  • 省エネ家電に買い換える
  • 新電力に乗り換える

待機電力を減らしたり、テレビ・電気の付けっ放しをやめるといったよくある節電方法である程度の電気代は節約できますが、限界があります。

また、古い家電は消費電力が多く、結果的に電気代が高くつくので省エネの新しい家電に買い換えることでも電気代の節約ができます。しかし、買い替え費用がかさむため、長期的に考えると節約が成功した!とは言えないかもしれませんね。

そんな方におすすめなのが新電力への乗り換えです。

新電力は電力自由化により電気事業に参入してきた電力会社ですが、東京電力などの大手電力会社に比べて安い価格で電気を提供しているのが特徴です。

新電力の料金プランは大きく分けて2つのプランがあります。

  1. 基本料金が無料で使った分だけ支払うプラン
  2. 基本料金と使った分のどちらも支払う代わりに低価格に設定されているプラン

①の使った分だけ支払うプランは、電気使用量の多いご家庭向け②の基本料金も使った分もどちらも安く設定されているプランは電気使用量が少ない1〜2人暮らし向けのプランとなっています。

さらに、新電力に乗り換えると電気代が安くなるだけでなく、電気のトラブル時に無料で駆けつけてくれるサービスや電気代に応じてポイントが還元される特典が付帯している点も、大手電力会社にはない魅力となっています。

(付帯しているサービスや特典は新電力によって異なります)

新電力に乗り換えると大手電力会社に比べて電気代が安くなることには違いありません。

ただ、選び方によっては「乗り換えたのに高くなってしまった」という事態に陥ってしまう可能性もあるので要注意です。

②ガス

毎月のガス代は、追い炊きの回数を減らしたり、お湯を沸かす時に電気ケトルなどで一旦沸かしてから使うことで節約ができます。

とはいっても、家族が多くお風呂に入る時間がバラバラだったり、家事の合間に急いで食事を作っているご家庭では、上記で説明したような節約はやってみたくても難しいかもしれませんね。

実は、ガスも電気と同じように自由化されており、大手ガス会社よりも安い価格でガスが使えるようになっているのです!

ガスの場合は、都市ガスとLPガス(プロパンガス)のどちらに契約しているかによって、ガス会社の乗り換えができるかが決まります。

また、供給エリアが限局されているケースが多いので、契約前には必ず乗り換え可能かを調べるようにしましょう。

新電力の中にはガスとのセット割を提供している会社も多く、ガスと電気を一緒に申し込むことで光熱費削減ができますよ!

③水道

毎月の水道代は基本料金と使った分が請求されています。

使用量によって1m3あたりの料金が異なり、水をたくさん使えば使うほど高くなる仕組みになっているので、どれだけ使用量を減らせるかが節約の鍵となります。

節水するためには、

  • お風呂での節水
  • トイレの洗浄水量

この2点が決め手となります。

お風呂で節水するには、シャワーの出しっ放しを1分でもやめる、湯船にためるお湯の量を減らすといった方法が挙げられます。

洗い流すときにはシャワーを止めたり、節水シャワーヘッドに取り替えて水の使用量を抑えましょう。

トイレでの水使用量を減らすためには、洗浄水量を減らす必要があります。「小」で水を流すと5リットル、「大」で流すと8リットルの水が使われます。

普段「大」で水を流している方は「小」に変更するだけで、大幅に毎月の使用量を減らすことができます。

毎日の積み重ねで水道代は節約できるので、日頃から気をつけるようにしましょう。

2. 通信費の節約

スマホ料金やWi-Fi環境などの通信費も、光熱費と同様に節約が簡単な収出のひとつ。家族全員がスマホを持っている場合、大手キャリア会社から格安SIMに乗り換えるだけで、かなりの額を削減できる可能性があります。

大手キャリアの月平均料金は、一人当たり約8,000円ほど。4人家族の場合だと、毎月32,000円ほどかかっていることになります。

それを一人当たり毎月約3,000円の格安SIMに乗り換えると、どのくらい違いが出るのでしょうか。シュミレーションをしてみましょう。

4人家族全員で格安SIMに乗り換えた場合

1ヶ月 6ヶ月 1年 2年
大手キャリア ¥32,000 ¥192,000 ¥384,000 ¥768,000
格安SIM ¥12,000 ¥72,000 ¥144,000 ¥288,000
差額 – ¥20,000 – ¥120,000 – ¥240,000  – ¥480,000

なんと2年間で480,000円も節約できることになるのです。

近年では格安SIM会社も増えていて、5Gにも対応している場合もありますね。そのため、乗り換えする時は手続き等が面倒でも、少しの手間で将来これだけの差が出てくることを念頭においていきましょう。

光回線の乗り換えも検討

おすすめの光回線

皆さんの自宅に最低1つは、Wi-Fi環境があると思います。近年はテレワークの広まりも相まって、より早い通信環境を求めている方も多いでしょう。

そんな方にオススメなのが、光回線の乗り換え。光回線は基本的にどこもスペックに違いはありませんが、対応地域やキャッシュバック金額に大きく差があります。

自分のご家庭に合った回線に乗り換えれば、今までよりもお得に、そして快適にインターネット環境を使えるようになります。

また、スマートフォンのキャリア会社を乗り換えたら、それに合わせて光回線も乗り換えるようにしましょう!

3. 住宅費の節約

住居費用の節約

固定費の中でも、かなり大きい割合を占めているのが住宅費。家賃は月収の30%ほどが目安と言われていますから、それを上回っている人は見直す必要があります。

家賃が収入に見合っていない方は、まず引越しを考えましょう。

とはいえ、持ち家がある方と賃貸を利用している方とでは節約術が変わってきます。

ここからは、住宅ローンを借りている方と賃貸を利用している方とで分けて紹介していきます。

賃貸を利用している場合の節約術

賃貸を利用していて、現在の家賃が高いと思っていたり、月収の30%以上を家賃で使っている場合、引越することをオススメします。

しかし引越しするにも準備や資金が必要です。退去費用や、新居の初期費用、そして引越し費用が新たにかかってしまいます。

契約更新のタイミングで引越しを検討するか、大家さんに家賃の交渉をするといいでしょう。しかし、家賃を下げてもらうには、理由がしっかりしていないといけません。例えば周囲の家賃と比べて高いとか、建物が劣化しているなどが対象です。

無理な交渉をすると、かえって大家さんとの関係を崩すことになりかねませんので、ご注意ください。

住宅ローンを借りてる場合の節約術

住宅ローンを借りて、持ち家に住んでいる場合の節約術は、大きく分けて2通りあります。

  1. 繰り上げ返済
  2. 借り換え

資金に余裕がある方の場合は、住宅ローンの繰り上げ返済を検討しましょう。

毎月の支払額を増やして返済期間を短くすると、より短い期間で完済が可能です。その結果、利息総額が減ることになり、結果的に大きな節約へと繋がるでしょう。

住宅ローンの借り換えは、現在の金利より低く借入できる住宅ローンに乗り換えること。毎月の返済額や利息が減る可能性があ利ますが、一概には言えません。

さらに、これから住宅ローンを組もうと思っている方は、できるだけ多くの頭金を用意するようにしましょう。元金が減るだけでなく、金利を優遇してもらえるというメリットもあります。

4. 保険料の節約

保険はかなり幅広く、その人によって適したプランが大きく異なります。そのため、営業されただけで加入してしまったり、とりあえず加入してそのまま見直していない方は要注意です!

「結婚した」「妊娠・出産した」「マイホームを買った」「車を買った」など、人生において大きな出来事や決断をした方には必ず見直すことをオススメします。

保険には大きく分けて3つの種類があります。

①生命保険
②医療保険
③損害保険

生命保険は生死に関わる損失が起こった時に自分をカバーする保険で、定期保険や終身保険などが当てはまります。

医療保険はその名の通り、怪我や病気になってしまった時に治療費を負担してくれる保険です。持病や過去の疾病歴によって金額が異なります。

また、がん保険やペット保険もこの項目に入ります。

損害保険は、自動保険や火災保険のことで、いざトラブルがあったときのための備えというイメージです。海外旅行保険や海外留学保険もこの項目に入ります。

特に損害保険は実損払いであり、実際の損害額より大きな額を保証してもらえることはありません。なので、自動車保険や火災保険など複数の保険に入っていないかを見直す必要があります。

5. 自動車の維持費用の節約

「毎日使っているから仕方ない…」と思っている車こそ、固定費節約に繋がることもあるのです。

自動車は保険料や車検、駐車場代、税金、ガソリン代など、維持にお金がかかります。そのため、週末だけだったり、あまり乗らない方は手放すという選択肢もあります。

最近ではカーシェアリングサービスやカーリースが広まってきていますね。

一度試しに使ってみて、自分のライフスタイルにあっていると思えば、切り替えてみるのも一つの手段です。大幅な節約が期待できますよ。

6. 定期購入(サブスクリプション)の節約

最後は主に趣味・娯楽のために支払っているであろう、定期購入の節約。新聞やテレビの有料チャンネル、サプリメント、動画配信サービスなどがここに当てはまります。

近年はスマートフォンの利用が一般的になり、サブスクリプションサービスを利用している方が多いでしょう。音楽アプリやNetflix、U-NEXTなどの動画配信サービス、Kindle Unlimitedなどを購読している方をよく見かけます。

しかし、使っていないのについつい解約し忘れていた…なんてことはありませんか?

たった1,000円ほどでも、積み重なれば1万、2万とかなりの額になってきます。一度見直してみたり、より安いサービスに乗り換えてみることをオススメします。

固定費の節約で増えた貯蓄は資産運用に回そう

資産運用

ここまでに紹介した固定費の節約を全て実践した方や、固定費節約で得たお金でもっと貯蓄を増やしたいという方にオススメなのはずばり、資産運用です。

資産運用とは手持ちのお金を使って資産を増やすことで、iDecoやつみたてNISAなどが当てはまります。周りでも始めた方が多いのではないでしょうか。

将来に向けて長期的な資産運用を行うことで、老後への蓄えが増えるほか、節税対策にもなります。

初心者にオススメなのは、以下の5つの資産運用です。

①投資信託
②個人型確定拠出金(iDeco)
③REIT(不動産投資信託)
④太陽光発電投資
⑤個人向け国債

詳しくはこちらの記事「資産運用初心者でも安心!リスクが少ないおすすめの運用方法とやめた方がいい投資」で紹介しています。

まとめ

固定費を節約することが如何に大切かお分かりいただけたでしょうか。

流動費とは違って日々の努力が不要で、少し見直すだけで◯万、◯十万と節約ができる固定費。これを機に、ぜひ検討してみてください。