美容
資産運用

【ガス代が払えないときの対処法】すぐに供給が止まる?即日で現金を用意する方法

ガス代が払えない時の対応

ガスは日常生活において、電気・水道とならぶ重要なライフライン。そんなガスが突然止まってしまったら、生活に与える影響はかなり大きいはずで、すぐにでも復活させて日常に戻りたいと思うのは当然です。

しかし止まってしまったガスを復旧するためには、まず原因を究明しなければなりません。

原因がわからないと解決策もわからず、闇雲に業者を呼んでも徒労に終わってしまう可能性があるからです。

そこで今回はガスが止まる原因や、それぞれの対処法について詳しく解説していきます!

ガスが止まった時に考えられる3つの原因

ガスが止まった時に考えられる3つの原因

ガスが止まってしまった時、原因として考えられるのは以下の3つです。

  • 故障…機器の故障によりガスが出ない
  • 災害…地震などによって安全装置が作動しガスが止まる
  • 料金の滞納…ガス代を払わないので止められている

もし突然ガスが止まったら、まずはこの3つを疑いましょう

原因が何かによって対処法は変わってきますし、故障の場合はガス漏れなどが起きている可能性も考えられますよね。

ガスが止まってしまった場合、早急に原因を究明して取り除くことが重要です。

ガスの故障が原因の場合|復旧・再開までの対処法

①ガス臭くないか確認

ガス機器の故障でもっとも危険なのが、ガス漏れです

ガスは人体に有害なので、長時間吸っていると意識を失ってしまう危険性も。

また部屋にガスが充満すると、少しの火でも爆発を起こしてしまいます。

ガスの故障が疑われる場合、まずはガスの臭いがしないかを確認して、臭気を感じた場合はすぐに窓を全開にして換気しなければ危険です。

換気を実施したとしても、火気を近づけるのは危険なので注意。

その後ガスの元栓を閉め、直ちに業者へ連絡しましょう!

②元栓やガスメーターを確認

ガス機器が使えない原因として、何かの拍子に元栓が閉じてしまっていたり、ガスメーターが異常を感知して止まっていることが考えられます。

ガスメーターが止まっている場合、上部にあるランプが赤く点滅しているので確認しましょう。

ガスメーターの場所は建物によって違いますが、マンション・アパートの場合は玄関脇や共用廊下、建物の外壁に各部屋のメーターが並んでいることが多いです。

一軒家の場合は玄関や浴室付近の壁に設置されているのが一般的ですね。

ガスが出ない時はまず元栓やガスメーターを確認しましょう!

ガスメーターの復帰手順

  1. すべてのガス栓を閉め、機器の電源を切る。
  2. ガスメーター左上にあるキャップを外すと復帰ボタンがあるのでしっかりと押し込む。ランプが点灯したら離す。
  3. 3分ほど待ち、ランプの赤い点滅が消えていたらガスが復帰し、使用可能になる。

以上の手順でガスメーターを復帰させることができます。

地震などの大きな揺れを感知して、安全装置が作動した場合でも同様の手順で解除することが可能です。

ただしガスメーターが赤点滅して止まるのは異常を感知した時なので、ガスの圧力低下やガス漏れの感知など、原因が解消されていない場合は復帰手順を試しても直りません

何度か試してみても直らない場合は業者に連絡しましょう!

③他のガス機器が使えるか確認

ガスが出ない原因がガスそのものにあるのか、ガス機器本体の故障なのかによって修理を依頼する業者が変わりますよね。

コンロで火が付かない場合、ガス給湯器は使えるのかなど、他のガス機器が正常に作動するかを確かめましょう。

すべてのガス機器が使えなくなっている場合はガス会社に連絡、特定の機器のみが使えない場合は製品のメーカーに連絡というように、誰に相談すれば良いのかが判断できます!

ガスが使えない場合、どの機器が使えなくなっているのか把握することも大切です。

④エラーコードの確認

機器によっては不具合が発生した場合、液晶パネルにエラーコードが表示されるものがあります。

エラーコードだけを見ても素人では何がエラーなのかわかりませんが、スマホやパソコンで機器の型番と表示されているエラーコードを検索すると、コードの意味がわかる場合があります。

もしくはメーカーに問い合わせることでエラーの内容を聞くことができ、自分で対応できる内容ならその場で直すことも可能です。

業者に修理を依頼するにしても、エラーコードを伝えればその後の対応がスムーズになるので、機器の故障が疑わしい場合はエラーコードが表示されていないか確認しましょう

ガス代を滞納し続けると解約になる?ガスが止まる条件

ガス代を滞納し続けると解約になる?ガスが止まる条件

ガス代の滞納が続くと、ガスの供給が停止してしまいます。

スの供給を復活させるためには、滞納しているガス代を払わなければなりません

基本的に滞納分のガス料金は一括支払いを求められますが、ガスはほとんどの会社が2ヶ月程度の滞納で供給をストップするため、そこまで大きな金額になりづらいです。

ただし滞納している期間中は延滞料金が毎日加算されていくので、早めに対処しなければ金額はどんどん膨らんでいくことになります。

【地域別】ガス代の滞納でガスが停止する条件

滞納によってガスを停止する場合、検針日から経過した日数で判断されることが多いです。

検針日とは、月に一度ガス会社の社員がガスメーターを確認しに来て、ガスの利用量からガス料金を決定する日のことを言います。

ガス会社 停止条件 延滞利息の利率
東京ガス 検針日の翌日から50日経っても料金が払われない 0.027%(日割)
大阪ガス 検針日の翌日から50日経っても料金が払われない 0.027%(日割)
東邦ガス 検針日の翌日から66日経っても料金が払われない 0.027%(日割)
東海ガス 検針日の翌日から50日経っても料金が払われない 0.027%(日割)
西部ガス 検針日の翌日から50日経っても料金が払われない 0.027%(日割)
東北ガス 検針日の翌日から50日経っても料金が払われない 0.027%(日割)
北海道ガス 検針日の翌日から56日経っても料金が払われない 0.027%(日割)
九州ガス 検針日の翌日から50日経っても料金が払われない 0.027%(日割)

ほとんどの会社が検針日の翌日から50日を目安にしていることがわかりますね。

「約50日間の滞納でガスが止まってしまう」ということを覚えておきましょう。

ガス代の支払いを無視し続けるとどうなる?

①督促状が届く

ガス代金の支払い期限を過ぎると、まずは督促状が送られてきます

支払い期限はどの会社も変わらず、検針日の翌日から30日後が期日です。

この期日を過ぎるとガス会社から督促状や再請求書などの、「未払いのガス代を払ってください」という内容の通知が届きます。

また支払い期限を過ぎてからの期間は、延滞利息が毎日加算されることになるので注意しましょう

延滞利息は各ガス会社のホームページにて約0.027%と表記されていますが、これは日割計算の金利で実質年率は10%となっているので注意が必要です。

②供給停止予告が届く

督促状や再請求書に記載されている期限を過ぎても滞納したガス代が支払われない場合、供給停止予告が届きます。

これは「この日までに払わないとガスを止めます」という内容で、滞納が検針日の翌日から50日を過ぎた時点で送られてくる場合が多いです。

供給停止予告も無視した場合、本当にガスを止められてしまうことになります

一度ガスが止められてしまうと、供給を再開してもらうには一度機器の点検をするため、自身が立ち会う必要があるなど意外と手間が増えてしまいます。

またガス会社は基本的に平日の8時~17時ほどが営業時間の場合が多いので、スケジュールを合わせるのが難しい場合もありますよね。

点検が遅れるほどガスの復活も遅れていくので、基本的にガスが止められてしまう前にお金を用意して滞納状態を解消することをオススメします。

③供給が停止される

ガスの供給が停止され、ガスが使えなくなります。

再度ガスを利用するためには、未払いのガス代を全額支払わなくてはなりません

この際、滞納したガス代金の支払いは原則一括返済で、分割に応じてもらえるケースはほぼないようです。

また事前に特別な事情でガス代が払えない旨を説明したとしても、供給停止を引き延ばしてもらえることはないので、どうにかしてお金を用意する必要がありますね。

ガスが止まったからと言って滞納したガス代を払わなくてよくなる訳ではないので、ガスが止まった後も支払いの催促は続いていきます

④未払い分の取り立てが発生

ガスが止まってもまだ支払いをしない場合、滞納している未払い料金の取り立てが始まります

電話や訪問によって支払いの催促をされ、場合によっては会社などに連絡されてしまう可能性も考えられますね。

ここまできてしまったらこれ以上無視をせず、取り立ての電話や訪問にきちんと対応することをオススメします。

一般的に本人と連絡が取れている内は、家族や会社など本人以外に連絡されてしまうことはないので、無視をしないことと、着信があったら折り返すことを心がけましょう。

⑤裁判に発展する可能性もある

取り立てにも応じず、あまりにも悪質な滞納が続いた場合は、ガス会社側が裁判で一括返済請求を申し立てる可能性もあります

最悪の場合、滞納額相当の財産の差し押さえとなるケースもあり得るので、ガス代を払わなくてもガスが止まるだけといった考え方は、大きなトラブルに発展する危険性が。

財産の差し押さえが執行されてしまうと、自宅にある換金できる財産や銀行口座、給料などが支払いに充てられてしまいます。

ガス代の滞納は裁判に発展することも考えられるということを覚えておきましょう。

ガス代をいますぐ工面する方法

①両親や友人を頼る

誰か金銭面で頼れる人がいる場合、一時的にお金を借りることでガス代を払うことができます

家族や親戚、近しい友人などを頼って何とかこの場を凌ぎ、ガスが止まるのを防ぐのも有効な手段ですね。

ただし借りたお金は返さなければなりませんし、一度だけなら応じてくれても毎月お金を借りているようでは信用を失ってしまいますよね。

ガス代を払うことはできても、新たな人間関係のトラブルに発展する可能性もあります。

身内にお金を借りる際は期日を決めてその日までに必ず返すなど、その後の関係性に悪影響を与えないように注意しましょう。

②クレジットカード払いにする

毎月のガス料金の支払いをクレジットカード払いにすることで、カードの利用残高をオーバーなどしていない限りは、確実に請求日に支払いすることができます。

注意点としてガス代をクレジットカードで払う場合、今月に払うべき支払いを来月のカードの支払日まで保留するということになるので、カード利用の状況を把握していないと翌月の支払いがパンクする可能性が。

リボルビング払いでその場をやりすごすこともできますが、きちんと管理していないとクレジットカード地獄と呼ばれる自転車操業状態に陥りやすいと言えます。

クレジットカードを利用する際は、アプリと連動してリアルタイムで利用状況を確認できるようにするなど、使い過ぎてしまわない工夫をするのがオススメです!

③カードローンでお金を借りる

カードローンは一度契約すると、お金が必要になる度にすぐ借入することが可能になります。

返済も自由度が高く一括や繰上返済もできるので、少額を借りて返してを繰り返すのに向いているローンです。

ガス料金はどんなに高くても数万円程度の場合が多いですが、早く返さないと毎日延滞利息がかかるので金額がどんどん膨らんでいきます。

カードローンであれば少額を借入して、余裕がある時に一括返済してを繰り返せるので、ガス代を工面する方法に適していると言えますね。

プロミスは最短30分で即日融資

プロミス

金利 4.5%~17.8%
最大借入限度額 500万円
Web完結 可能
即日融資 可能
利用条件 20歳~69歳
安定した収入がある

プロミスは知名度も高く、消費者金融部門における利用者数や顧客満足度調査でナンバー1の実績を持つ最大手カードローンです。

申し込みから融資まで、その後の返済もすべてWebで完結することができ、借入状況や返済予定日などをアプリで管理できるアプリローンなど、利便性に特化しているという特徴があります。

審査が最短30分で完了し、即日で融資を受けられるので急な出費にも対応することが可能ですね。

金利は決して低くはありませんが、ガス代の工面に利用するという点で考えると、低額の借入になるほど金利の影響は小さくなるのでそこまで大きな差は生まれません。

それより利便性や大手ならではの安心感という面で、プロミスはぜひオススメのカードローンとなっています!

\最短30分で即日融資可能!/

低金利で借りるならJ.Score

jscoreの審査基準・金利・キャンペーン

金利 0.8%~15.0%
最大借入限度額 1,000万円
Web完結 可能
即日融資 可能
利用条件 20歳~70歳
安定した収入がある

J.ScoreのAIスコア・レンディングなら他社と比べて圧倒的な低金利で融資を受けることができます。

J.Scoreは日本で初の本人の信用能力をスコア化し、金利や貸付可能額を決定するという独自の審査方法を導入している、少し特殊なカードローンです。

特徴は何と言っても低金利で、条件によっては銀行ローンより安く借りることも可能になります。

ガス料金は高くても数万円程度なので、ガス代を借入する上で金利はそこまで重要にはなりません。

しかし、カードローンをガス代だけではなく多岐に渡って利用したい場合は低金利のメリットがより大きくなっていきます。

ガス代と合わせて他の用途でもカードローンを利用したい場合、J.Scoreがぜひオススメです!

\最短1時間で即日融資可能/

まとめ

ガスが止まった場合の対処法について解説させて頂きました。

ガスは重要なライフラインのひとつで、料理や風呂など生活に必要な部分を担っています。

ガスが使えなくなった際は故障なのか不具合なのか、あるいは料金の滞納によるものなのかを見極め、適切な対応を取りましょう

故障の場合はガス漏れに注意し、ガスメーターを確認して問題がなければガスの供給に異常があるのか、使っている機器自体の故障なのかを確認して対処。

ガス代金の滞納で止められた場合、金銭的な問題を解決する必要があります。

ガス代を工面する方法として、カードローンが少額融資の繰り返しに適しているのでオススメです。

ガス代の捻出に困っている方は、この機会にカードローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事