美容
資産運用

個人間融資掲示板は危険?話題のレンタルキャッシュとは?

個人間融資掲示板は危険?!

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュなど、貸金業者以外からお金を借りる行為が現在インターネット上で多く行われています。

これらの行為は個人間でのお金の貸し借りであり、一般的には昔からあったお金を借りる方法ですが、昔と決定的に違うのは基本的に相手と直接会うことなくインターネットと口座振り込みのみでやり取りが成立してしまうという点です。

これらの個人間融資掲示板やレンタルキャッシュにはもちろんメリットがあるために多くの取引がインターネット上で行われているのですが、果たしてリスクはないのでしょうか?

ここでは、個人間融資掲示板とレンタルキャッシュについて解説していきます。

個人間融資掲示板とレンタルキャッシュとは

そもそも個人間融資とは、Twitterや個人間融資専門の掲示板などで知り合いでない人同士がお金の貸し借りを行うことを言います。

そのために利用されるツールが個人間融資掲示板と呼ばれるもので、各掲示板ごとにさまざまな決まりがあり中には専用の申し込みフォームがある掲示板もあります。

このような個人間融資掲示板を利用して知り合った人同士が、メールやSNSのメッセージ、電話などを利用してやり取りを行い、融資の契約(約束)を行います。

現金の受け渡しは基本的に銀行振り込みですが、居住地などが近い場合には直接手渡しで受け渡しを行うことも。

またレンタルキャッシュとはこの個人融資を行うための専門のサイトで、掲示板を使ってお金を貸したい人と借りたい人の橋渡しをするサービスを提供しています。

このレンタルキャッシュは個人間融資掲示板のひとつで、このようなサービスを提供するサイトの中ではメジャーな部類に入ります。

次の章では、個人間融資掲示板とレンタルキャッシュのメリットやデメリットについて解説しますね。

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュを利用するメリット

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュは、顔も知らない相手とお金の貸し借りをするため、このような行為に抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。しかし、個人間融資やレンタルキャッシュはデメリットばかりではありません。

ここでは、そのメリットについて解説していきます。

①金融ブラックでも借入ができる

以前金融機関から借入を行った際に、返済が返済日に間に合わなかったり、現在でも借入を行っていて返済が滞っている場合などには、いわゆる金融の「ブラックリスト」というものに名前が載ってしまいます。

このブラックリストに名前が載ってしまうと、新たに借入を行うことができません。

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュを利用すれば、このブラックリスト入りしてしまっている人でも、貸主との条件などの折り合いが付けば借入を行うことができます

②総量規制をオーバーした借入をすることができる

総量規制とは、貸金業者から借入を受けることができる金額の総額の上限を帰省する法律のことを言います。

総量規制は改正された貸金業法により2006年の1月より段階的に施行が進められ、2010年の6月に完全施行されました。

その内容は、貸金業者は本人の年収の三分の一以上の金額を貸し付けてはいけないというものです。

つまり年収が300万円の人の場合、借り入れることができる金額は年収の三分の一である100万円までということになります。

この金額は複数の貸金業者からの借入金額の総額であるため、借入先が複数であっても一社であっても100万円以上の借入を行うことはできなくなっています。

この総量規制は貸金業者の過剰な貸付から消費者を守るという理由から施行された法律なので、個人間融資の場合には適用されません

そのため、個人間融資掲示板やレンタルキャッシュを利用することで、総量規制の金額以上の借入を行うこともできます。

③投稿用のフォーマットがある掲示板もあるので手軽に利用できる

レンタルキャッシュなどの個人融資専用の掲示板の中には、投稿用のフォーマットがあるところもあるため、誰でも簡単に投稿できるというメリットがあります。

個人情報はメールアドレスや名前、年齢、職業、希望融資額、月収、現在の借入総額、債務整理歴などを記入する必要があり、これ以外にもコメントとしてなぜ融資を受けたいかという理由などについても記入していきます。

このコメント欄にはなるべく詳しく自分の要望などを記入したほうが、融資をしてくれる人が見つかりやすくなります。

このように、どのような情報を融資を受けるために開示すればよいかがフォーマットにより簡単に分かるため、手軽に利用できるという点もメリットのひとつですね。

④最短の場合、即日・審査なしで融資を受けることができる

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュには、金融機関や貸金業者のような審査がありません。

そのため、条件が合う人がいればその日のうちに銀行振り込みや手渡しで融資を受けることも不可能ではありません。

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュのデメリット

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュの利用には、もちろんデメリットも多くあります。

ここでは、これらのデメリットについて詳しく解説していきます。

①闇金や詐欺師まがいの人もいる

個人を装った闇金や詐欺師まがいの人がこのような掲示板を利用し、お金を貸して法外な利息を取ろうとしたり、お金を貸すと言いながら言葉巧みにお金を自分に振り込ませたりして巻き上げるといったことになってしまうケースもあります。

このように、反社会的勢力に近い人とつながりを持ってしまう可能性があるということを忘れないようにしましょう。

②トラブルになっても自分で解決しなければならない

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュを利用してトラブルに発展してしまった場合、自分でそのトラブルを解決する必要があり、掲示板などの運営者はこのようなトラブルには一切対応してくれません。

なぜならこのような個人間融資掲示板やレンタルキャッシュといったサイトの目的は、お金を貸したい人と借りたい人のマッチングのみであり、それ以外の事柄にはノータッチだからです。

万が一闇金や詐欺師などとトラブルになってしまった場合、自分で警察や時には費用を掛けて弁護士に相談するなどして自力でトラブルを解決しなければなりません

③個人情報漏洩の危険性がある

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュでは、個人情報や身分証明書の送付を求められるケースが多くあります。

その個人情報の中には氏名や勤務先、年齢だけではなく現在の借入残高や債務整理歴なども含まれます。

このような個人情報の開示を求める貸し手の中には、初めからお金を貸すことが目的ではなく、個人情報を盗むことが目的であるケースもあります。

個人情報が盗まれてしまうと、犯罪に悪用されたり闇金などに情報が流れてしまう危険性があります。

④多重債務者になってしまう危険性がある

貸金業者から融資を受ける場合借入金額に応じて上限金利は異なり、元本が10万円未満の場合は最高年20%、10万円以上100万円未満の場合は最高年18%、100万円以上の場合は最高年15%と法律で定められています。

しかし、個人間融資の場合の上限金利は年109.5%となっており、貸金業者から借入を行うのに比べて非常に高額の金利を付けることができます。

そのため、返済も貸金業者から借入を受けた場合より非常に困難になることが予想され、多重債務者になってしまう危険性があります。

個人間融資は掲示板やレンタルキャッシュを利用した場合以外でもこのような高額の利息が適用されるため、注意しましょう。

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュは合法?

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュのメリットやデメリットを解説してきましたが、デメリットが大きいと感じられた方も多いのではないでしょうか。

このようなお金の貸し借りは違法なのでは?と感じた方もいらっしゃると思いますが、法律に抵触しない限りは違法ではありません。

ここでは、個人間融資掲示板やレンタルキャッシュで合法に金銭の貸し借りを行う際の条件と、違法になるケースについて解説していきます。

①個人間の融資は出資法と利息制限法を守っていれば合法

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュでお金を借りた場合、「出資法」という法律が適用され、年109.5%以上の金利を設定すると、出資法違反として処罰されます。

処罰の内容は、1,000万円以下の罰金刑か懲役5年以下の刑事罰です。

「個人間の約束で金利を定めたから、法律とは関係なく守らなければいけない」とまじめな方ほど考えてしまいがちですが、たとえ知人同士であってもこの出資法で定められた以上の金利を設定すると、処罰の対象になります。

逆に言うとこの金利の上限を守っていれば、法律上も何ら問題はないと言えます。

②貸金業者が個人として融資すると貸金業法違反

貸金業者が個人として融資を行うと、貸金業法違反の罪に問われます。

「個人」間融資であっても継続して貸金を行い続けることや、貸金業を目的とした勧誘は貸金業法の罰則対象です。

「個人」間融資を繰り返して利益を得続けているにも関わらず、国または都道府県への登録を行わない場合も罰則の対象です。

無登録での貸金業を行ったとみなされた場合の罰則は、10年以下の懲役または3,000万円以下の罰金、無登録業者による貸金の勧誘は2年以下の懲役または300万円以下の罰金です。

そのため、不特定多数が閲覧できるインターネット上で貸金業法の登録をしていない人が「お金を貸します」「融資を行います」と書き込みを行うことは、無登録の貸金業者が貸金業を行っているとみなされ、貸金業法に抵触する可能性が非常に高いことを覚えておきましょう。

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュを利用する際の注意点

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュをどうしても利用する必要がある場合には、貸すほうも借りるほうも注意しなければいけないポイントがあります。

ここでは、その双方が注意すべきポイントについて解説していきます。

融資する際の2つの注意点

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュを利用して融資を行う際には、以下の点に注意しましょう。

①返済されないリスクがある

融資を行う側に多いトラブルが、「貸したお金を返済してもらえない」というものです。

このようなトラブルを防ぐためには、必ず借用書を作っておきましょう。

お金を貸して手早く利息を得たいと思っても、借りた側がしっかりと返済を行うとは限りません。

そのような事態を防ぐためにも、返済期日や返済額についてしっかりと記入した借用書を作成しておくことをおすすめします。

②融資を繰り返すと無登録の貸金業者とみなされ処罰される可能性がある

個人間融資の場合には、年利109.5%の高利で融資を行うことができます。そのため手持ちのお金を融資して、比較的多額の金利を得ることも可能。

しかし、このように融資を重ねて利益を挙げ続けていると、無登録の貸金業者としてみなされることがあります。

このように未登録の貸金業者とみなされてしまうと処罰の対象になってしまうため、今後も融資を行うことにより利益を得ようと思う場合には、国または都道府県に貸金業者として登録を行い、法律により定められた上限金利の範囲内で融資を行うことをおすすめします。

借入を行う側の注意点

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュで融資を受けようとお考えの方は、融資を行うほうよりもより多くの点に注意しなければなりません。

ここでは、借りる側の注意点について解説していきます。

①高い利息で貸し付けられる可能性が高い

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュで融資を受ける場合には、あくまで「個人間のお金の貸し借り」という扱いになるため、出資法で定められた109.5%の範囲内もしくはそれ以上の利息を要求されるケースもあります。

もちろん出資法で定められた利息以上の金額の返済を求められた場合には、刑事罰や罰金刑の対象となるため、借りた側が正当な手続きを踏めば正規の金利の範囲内の返済で済むケースもあります。

しかし、「10日で1割」や「10万円借りて1か月で2万円」の返済など、利息の計算がしづらい返済内容を提示されることもあります。

このような場合には、自分で利息が年間いくらかかるのかを計算できるように、融資を受ける前に必ず利息の計算方法について勉強しておきましょう。

②女性の場合は「ひととき融資」に注意

「ひととき融資」とは、女性に融資を行う条件として性交渉を求める融資方法のことを言います。

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュの場合には、「女性優遇」などど謳っている融資者がこのようなひととき融資を行うといった例が多く聞かれます。

性交渉を持ってもそれは融資の条件のひとつにすぎず、融資を受ける際には他のケースと同様に高額な利息を取られることもあるため、注意しましょう。

③お金をだまし取られることも

融資を受ける前に、手数料や保証料といった名目で金銭を指定した口座に振り込むよう要求されることもあります。

このような場合にはまず融資が行われないことはおろか、振り込みなどを行ったお金が手元に戻ることはないでしょう。

このように、融資を受けるつもりがお金をだまし取られてしまうリスクもあります。そのため、安易にお金を振り込んだりしないようにしましょう。

④知らずに闇金を利用してしまう可能性

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュの融資希望者の中には、闇金業者も数多くいます。

このような闇金業者は審査のハードルが低い、24時間対応している、電話番号を後悔しているという3つの特徴があります。

このような闇金の特徴を知らずに手早く借りることができそうだからといった理由で融資をうけると、違法すれすれの取り立てを受けたり、法外な利息を取られたりする可能性が非常に高くなります

正規の貸金業者から借入を行うのが一番安全

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュは、融資のハードルが低いことから利用しやすいという印象を受けますが、実際に利用した場合には法外な利息を取られるなどのさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いといえます。

やはり融資を受ける場合には、しっかりと法律を守って営業を行っている正規の貸金業者から借入を行うのが一番安全であると言えるでしょう。

個人間融資掲示板やレンタルキャッシュの利用を検討する前に、正規の貸金業者の審査を受けて見ることをおすすめします。

即日融資OK!おすすめのカードローン3選

①プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短30分
web完結 可能
無利息期間 30日間
在籍確認 有り
学生の利用 可能

業界最大手「プロミス」は、2020年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン第1位」を獲得した評判の高いカードローン会社です。Webからの申込で即日融資を受けることができます。

分類ではカードローンとなりますが、カード不要で融資や返済をアプリで管理できるアプリローンを推奨しており、スマホで操作して24時間365日すぐに振り込んでもらえる即フリキャッシングが利用可能です

また初回利用日の翌日から30日間の無利息期間も用意されているので、短期の借入なら金利ゼロで借り入れできるのも嬉しいポイント!少額融資を受ける際に重要な最高金利は17.8%と、カードローンの中でも低金利となっています。

9:00~21:00の時間であれば、スマートフォンから最短15秒で回答できる事前審査を受けることができ、融資を受けられるかどうかを瞬時に判断できます。その後の流れも速いので、急にお金が必要になった時に最適です!

\最短30分で即日融資可能!/

②SMBCモビット

SMBCモビット

金利 3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日
※曜日・時間帯によっては翌日以降になる場合もあり
web完結 可能
在籍確認 Web完結を選べば職場連絡なし

SMBCモビットは他の大手カードローンと比べると歴史が浅く、知名度もプロミスやアイフルより低いですが、バレにくいカードローンとして人気を獲得しています

その最大の特徴は、審査時に電話による勤務先への職場連絡が不要な点。申込時にWeb完結を選択すれば、社名入りの健康保険証などを使った書類審査で確認が完了します。スマホを使って返済可能となっておりカードレスなので、周囲にバレたくない人は必ずWeb完結を選日ましょう。

また必要情報を入力するだけで審査に通過できるかを簡易的に判断してくれる10秒簡易審査や、返済額に応じてTポイントが付与される手軽さとお得さも魅力。

24時間振り込み対応しているため即日融資が可能ですし、返済可能なATMが多いので利便性も抜群です。

\職場への電話をなしにできる/

③アイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
web完結 可能
無利息期間 有り
在籍確認 無し

即日融資や即振込キャッシング、全国に多数用意されている無人契約機と自社・提携ATMなど、カードローンのお手本のようなサービスを展開していることが魅力ですね。

またアイフルは原則として審査時の電話での在籍確認を行っておらず、モビット同様に基本的には書類確認で済ませてもらえます。

無利息期間も用意されていますが、契約日の翌日から30日間が無利息で借り入れができる期間となっているので、契約したらすぐに融資を受けなければ無利息期間がムダになってしまうことに注意しましょう。

職場に連絡される心配がなく、無利息期間もあるカードローンならアイフルがおすすめです。

\最短1時間で即日融資可能/

まとめ

ここまで、個人間融資掲示板やレンタルキャッシュについて解説してきました。

これらの方法で融資を受けることには、メリットよりもデメリットや危険性が大きいことがお分かりいただけたと思います。

もし、現在個人間融資掲示板やレンタルキャッシュを利用している方がいらっしゃったら、自分が受けている融資の条件が法律に反したものでないかを確認し、違法な条件であれば警察や弁護士などに相談してみることをおすすめします。

また融資を受ける必要が出てきたら、個人間融資掲示板やレンタルキャッシュを利用する前に、正規の貸金業者の審査を受けるようにしましょう。

関連記事