未分類
美容
転職

お金がない人は教習所に通えない?運転免許取得費用を用意する方法を解説

教習所に行くお金がない

運転免許を取得するには、高いお金が必要です。

実際に通う教習所によってかかるお金は異なりますが、数十万円単位のお金を支払わないとなりません。

「運転免許を取りたいけれど教習所に支払うお金なんてない」
「親が運転免許取得費用を出してくれない」

このように運転免許の取得費用で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そんなときに考えたいのが、教習所に通う費用を借りることです。また、早いタイミングで教習所に通ったり、免許合宿に参加して費用負担を抑えたりするのも効果的でしょう。

当記事では、「運転免許が欲しいけれどお金がない」という方に向けて、運転免許取得費用を用意する方法を解説します!

また、運転免許取得に必要な料金相場などの情報もまとめました。

運転免許取得に必要な料金相場はどのくらい?

最初に、運転免許取得にかかる費用を詳しく知っておきましょう。

一般的な自動車免許が普通自動車免許ですが、かかる費用は教習所によって異なります。MT(マニュアル)免許で30万円程度、AT(オートマチック)限定で28万円程度が相場です。

さらに技能教習や学科教習の規定時間を超えた分だけ追加費用が発生したり、修了検定や卒業検定を受けたりする際に検定料が都度発生します。

そのため、規定時間内に教習を終わらせること、検定で不合格にならないことが教習費用をかけずに済みますよ。

教習所費用を抑える3つのコツ

教習所の費用を抑えるコツを取り入れて、支払い負担を減らしましょう。

  • 学生のうちに通う
  • 通いよりも免許合宿に通う
  • 分割で支払う

これらの3つのコツについて説明します。

①学生のうちに通う

教習所の中には、学生の基本料金を下げている場合があります。

【AT車(オートマチック)基本料金】

所持免許 職業 基本料金(税込)
なし・原付免許 高校生 291,500円(税込)
学生 297,000円(税込)
一般 302,500円(税込)

【MT車(マニュアル)基本料金】

所持免許 職業 基本料金(税込)
なし・原付免許 高校生 304,700円(税込)
学生 310,200円(税込)
一般 315,700円(税込)

(引用:普通車 – トヨタドライビングスクール東京

上記の教習所では、高校生と一般では11,000円、学生と一般では5,500円の違いがあります。運転免許取得費用を少しでも抑えたいのなら、高校生もしくは学生のうちに通ったほうがいいでしょう。

②通いよりも免許合宿に通う

教習所に通学して運転免許を取得するよりも、免許合宿で免許を取得したほうが費用負担を抑えられます

免許合宿とは、その名のとおり合宿に参加して運転免許証を取得します。短期集中コースで、運転免許取得までにかかる日数も2~3週間程度と短縮できます。

合宿することで、学科や技能教習を効率良く受けられるようにカリキュラムを組んでいるからです。

合宿免許にかかる費用相場は20~26万円程度で、こちらも教習所によって異なります。

また、合宿先(部屋タイプなど)によって料金設定が変わるので、候補とする教習所の料金設定がどのくらいなのかを事前に比較・確認してください。

【合宿免許基本料金:AT(オートマチック)】

所持免許 職業 基本料金(税込)
なし・原付免許 学生(~25歳) 242,000円(税込)~247,500円(税込)
一般 253,000円(税込)~258,500円(税込)

(引用:茨城県公認大宮自動車教習所

その他に、早割やグループ割などのキャンペーンを利用できる合宿免許もあります。

③分割で支払う

ローンを組んで分割で支払うのも運転免許取得費用を抑える方法です。

この後に紹介しますが、教習所に通うことを目的に融資してくれるローンを利用すれば費用を捻出できます。

ただし、ローンは借金なので後に返済義務があったり、借りた日数分に対する利息も支払ったりしないとなりません。教習所に支払いを行った後は、毎月の返済が発生します。

確実に支払いができる返済能力がない人は、分割を利用することは避けたほうがいいでしょう。

お金がない人におすすめ!運転免許ローンとは?

お金がないけれど運転免許証を取得したい人におすすめなのが、運転免許ローンの利用です。

運転免許ローンを組むメリット

運転免許ローンを組むメリットが以下の3点です。

  • 費用を立て替えてもらうことですぐに教習所へ通える
  • 18歳以上なら未成年でもローン契約が可能
  • 学生が利用しやすい支払い方法がある

メリットについて詳しく説明します。

①費用を立て替えてもらうことですぐに教習所へ通える

「もうすぐ就職するから運転免許が必要」

「夏休み中に免許を取りたい」

このような理由ですぐに教習所へ通いたい人もいると思います。

しかし、まとまったお金を出すのは難しいですし、貯金をするとなると時間がかかるだけです。

そこで、運転免許ローンならお金がなくてもすぐに教習所へ通えます。審査に通過する必要はあるものの「すぐに免許を取りたいけれど教習所に通うお金がない」という人に運転免許ローンは最適な方法ですね。

②18歳以上なら未成年でもローン契約が可能

ローンを組めるのは「原則20歳以上の人」です。しかし、運転免許ローンは18歳以上なら未成年でも申し込めるローンがあります

また、未成年は親権者の同意が必要ですが、成人済みの学生なら自分の判断でローン契約可能です。

就職や進学のために運転免許を取得したい高校3年生、大学生・専門学生も利用できるのは運転免許ローンの大きなメリットといえるでしょう。

③学生が利用しやすい支払い方法がある

一般的なローンは、お金を借りた翌月や翌々月から返済が開始します。返済内容によっては、教習所に通いながら返済を行わないとなりません。

その一方で「スキップ払い」という支払い方法を導入する運転免許ローンがあります。学生限定のサービスですが、返済開始月を遅くすることができるのです。

在学中に教習所へ通って運転免許を取得して、ローン返済は卒業後に開始といったこともできます。

運転免許ローンの利用条件と申込方法

運転免許ローンは、18歳以上であれば未成年でも本人名義で申し込める(保護者の同意が必要)ものがあります。ただし、これは利用するローンによって条件が異なり、未成年申込不可とするローンも一定数あるので注意してください。

運転免許ローンの申込方法

たとえば「イオンの運転免許ローン」の公式サイトでは、以下のように手続き方法を記載しました。

また、申し込むときに本人確認書類として「健康保険証」「パスポート」「既に取得済みの免許証(原付など)」などのいずれかを提出する必要があります。

  1. お近くの教習所をさがす:自動車教習所を専用サイトで検索!
  2. 見積り:入校したい教習所に行き、入校手続き・運転免許ローンの見積りをする
  3. お客さま情報入力:申込サイトに情報を入力.
  4. 審査・内容確認:審査を実施
  5. 口座振替依頼書の提出:契約書類に必要事項をご記入いただき、自書・押印のうえ、イオンプロダクトファイナンスに送付
  6. 入校と支払い:自動車教習所へ入校。支払いは契約者の選んだプランに合わせて開始

運転免許ローンの審査に通らない人の特徴

運転免許ローンを利用するには、審査に通過することが必須条件です。どなたでも審査に通過することはなく、以下に当てはまる人は審査に落ちてしまいます。

  • 安定継続した返済能力がない
  • 過去にローンやクレジットカードの返済でトラブルを起こしている
  • 短期間の間に複数のローンやクレジットカードに申し込んでいる
  • 未成年で親権者の承諾が得られない

本人が未成年や学生で収入がない場合、親権者の返済能力や信用力を確認します。そのため、親権者の収入や過去の借金の状況によっては、審査に落ちる可能性が高いです。

①安定継続した返済能力がない

安定した収入を継続して得ていないと、返済能力がないという理由で審査に落ちます。

ただし、申込者本人が学生でも、アルバイトやパートをしていれば安定した収入があると見なされる可能性が高いです。

②過去にローンやクレジットカードの返済でトラブルを起こしている

クレジットカードやローン、携帯電話の分割払いの返済を延滞、放置すると、信用情報機関が管理する個人信用情報に金融事故として残ります。

運転免許ローンの審査では、申込者の個人信用情報を必ず確認します。個人信用情報は各信用情報機関の加盟業者間で共有されるため、他社の金融事故も必ずバレるので覚えておきましょう。

そして、金融事故を起こしているという情報を確認できた場合、審査落ちを避けられません。スムーズに返済をしない人にお金を貸す=信用力がないと判断されるからです。

③短期間の間に複数のローンやクレジットカードに申し込んでいる

個人信用情報には、他社に申し込んだ履歴も残ります。そして、いつ・どこのローンやクレジットカードに申し込んだのかも審査時にわかってしまいます。

その際に、複数のローンやクレジットカードに申し込んだ履歴があると「この人はお金に困っているのでは」「借入件数が増えたら返済能力がある状態にならない」と判断されるでしょう。

お金を貸す側も貸し倒れのリスクを避けたいので、少しでも不安要素のある人は審査で落としてしまいます。

④未成年で親権者の承諾が得られない

未成年が運転免許ローンを利用する場合、必ず親権者の承諾が必要です。未成年だけの意思で申し込みも利用もできません。

どうしても運転免許を取得したい旨を親権者に説明し、確実に承諾を得た状態で申し込んでください。

どこで借りればいい?運転免許ローンの種類

運転免許ローンはどこで借りればいいのでしょうか?

運転免許ローンはどこででも利用できるわけではありません。「金融機関」「信販会社」「クレジットカード」などで取り扱っています。

金融機関の自動車ローン

金融機関の提供する自動車ローン(マイカーローン)は、自動車購入資金以外に運転免許取得を目的に契約できます

利用限度額が高く低金利なのが特徴ですが、審査通過難易度が高めの傾向です。基本的に未成年や学生は貸付条件に該当せず、安定収入のある20歳以上の人でないと利用できません。

信販会社やクレジットカード会社の運転免許ローン

信販会社やクレジットカード会社でも運転免許ローンを提供しています。

しかし、金融機関の自動車ローンと比べると金利設定が高く、利息負担が大きいです。

たとえば、三井住友銀行の提供する自動車ローンの金利は年4.475%(変動型金利)となっています。その他に取引状況によって金利優遇があります。

それに対しエポスカード運転免許クレジットの適用金利は年13.2%と高めの設定。

審査通過難易度は金融機関よりも信販会社やクレジットカード会社の運転免許ローンのほうが低く、通過しやすいです。また、学生が利用しやすい支払方法を用意する信販会社やクレジットカード会社の運転免許ローンですが、支払う利息が大きくなる点は理解しておきましょう。

運転免許ローンが利用できないときは消費者金融カードローンがおすすめ

「運転免許ローンが利用できない」そんなときは、消費者金融カードローンを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンは多くありますが、その中でも大手消費者金融カードローンの特徴を一覧にしたので見ていきましょう。

アイフル アコム プロミス レイクALSA SMBCモビット
申込条件 ・満20歳以上69歳までの人
・定期的な収入と返済能力がある人
・20歳以上の安定した収入と返済能力がある人
・アコムの基準を満たす人
・年齢20~69歳の本人に安定収入のある人(パート・アルバイトは審査のうえ利用可能) ・満20歳以上70歳以下の方で安定収入のある人(パート・アルバイトも可) ・満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある人
・SMBCモビットの基準を満たす人(パート・アルバイトも可)
実質年率 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~17.8% 4.5%~18.0% 3.0~18.0%
利用限度額 最高800万円 最高800万円 最高500万円 最高500万円 最高800万円
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分 申し込み後最短15秒 10秒簡易審査(WEB申込の場合)
お借入診断 あり あり あり あり あり
無利息期間 契約日の翌日から30日間 契約日の翌日から30日間 初回出金の翌日から30日間
(適用条件:メールアドレスを登録とWEB明細の利用)
30日~180日(契約額と借入金額によって期間が異なる) なし

審査時間・融資スピードが速い

消費者金融カードローンの最大の特徴でありメリットが、「審査時間・融資開始までのスピードが速い」という点です。中には、最短即日融資に対応していて、申し込んだその日のうちにお金を借りられます。

同じカードローンでも銀行カードローンは即日融資に対応していません。

「教習所に行くために今すぐお金を用意したい」という希望も消費者金融カードローンなら叶えられます。

申し込み手続きもWEBや電話、自動契約機などから簡単に行えます。また、誰にも会わずに手続きできる方法がほとんどなので、安心して利用できるでしょう。

無利息期間サービスなら一定期間は利息負担なし

大手消費者金融カードローンの中で、以下の4社は無利息機関サービスを提供しています。

無利息期間サービスとは、その名のとおり金利0円・利息負担なしで利用できる期間です。アイフルとアコム、プロミスは最長30日、レイクALSAは5万円までの借入れなら最長180日間の無利息期間が適用されます。

アイフルとアコム、レイクALSAについては契約完了日の翌日から無利息期間が開始します。しかし、プロミスなら無利息期間が開始するのは初回借入日の翌日からです。

契約だけ済ませておき、教習所にお金を支払うときに借入れをすれば、無利息期間はそのタイミングでスタートします。

無利息期間内に完済できれば、返済するのは元金のみです。早めに完済できる見込みがある人は、最初から消費者金融カードローンを契約してもいいのではないでしょうか。

勤務先への電話連絡なしも可能

ローンを契約する際に、申込時に申請した勤務先に電話がかかってきます。

これは在籍確認という作業で、審査担当者が申込者の勤務実態を確認するために実施。この在籍確認が完了しないと、審査通過が難しいです。

「勤務先に電話されるのは困る」「勤務先に電話がかかってきたら借金がバレそう」

このように考えて消費者金融カードローンを利用しない人もいると思います。

そんな人におすすめなのが、「電話連絡をしない」と謳うカードローンの利用です。

SMBCモビットのWEB完結を利用すれば、電話連絡や郵送物の送付が一切ありません。

勤務先への在籍確認も必要書類の提出で代替してくれます。

その他の消費者金融カードローンでも、事前に在籍確認の電話が困る旨を相談すれば書類で対応してくれる可能性が高いです。

まとめ

運転免許証を取得するには、30万円程度の費用がかかることがわかりました。

免許合宿に参加したり、学生のうちに教習所に通ったりするなど、費用を抑えるコツはあります。しかし、少ない金額とは到底言えないので、分割で支払う方法を検討するのもおすすめです。

お金を借りることは、返済遅れのリスクもあるので簡単ではありません。しかし、「運転免許を取りたいのにお金がない」と思って諦めるのは早いですし惜しいです。

「そのときに自分が何をできるのか」「こうすれば運転免許取得にかかるお金を用意できる」ということを考えて、確実に運転免許を取得できる方法を見つけましょうね!

関連記事