未分類
美容
転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

PayPay銀行カードローンの審査は厳しいって口コミは本当?在籍確認の流れやメリット・デメリットを解説

PayPayから誕生したPayPay銀行カードローンは、普及率が高く便利な反面、金利が高かったり即日融資ができなかったりと、意外と知られていないデメリットも存在します。

中には「審査が厳しくて通らなかった」「在籍確認で会社の人にバレそうだった」などという口コミもありました。

この記事では、PayPay銀行カードローンの審査についてや審査落ちした人の考えられる原因、そしてPayPay銀行カードローンよりもおすすめのカードローンを紹介していきます。

目次

PayPay銀行カードローンの基本情報・特徴

paypay銀行カードローン

金利 1.59%~18.0%
最大借入可能額 1,000万円
審査スピード 最短1時間
融資スピード 最短翌日

PayPay銀行カードローンは、2021年4月5日に開始した、新しいサービスで、親会社はZフィナンシャルです。

PayPay銀行カードローンは最短翌日に融資が可能なので、銀行カードローンの中では比較的早い方ですが、最高金利は18.0%と、銀行カードローンにしては高金利な点がデメリットです。

消費者金融と金利は変わらないので、「どうしても銀行系のカードローンが良い」というこだわりがない限りは消費者金融を選方がメジャーです。

融資スピードや無利息期間の面で、PayPay銀行カードローンより優っています。

PayPay銀行の口座開設が必須

前述した通り、カードローンを利用するためにはPayPay銀行の口座が必要です。

PayPay銀行公式サイトの申し込みページからメールアドレスを登録し、個人情報を入力。その後、スマートフォンで本人確認書類と顔を撮影。トークンアプリをダウンロードして、初期設定を行うと終了です。

一方の消費者金融カードローンは口座開設はもちろん不要ですし、すでに自分が持っている銀行口座を使うこともできます。

PayPay以外でお金を借りる方がおすすめな人

以下の条件に当てはまる人は、Paypay銀行カードローンより消費者金融のほうが向いているのでおすすめです。

  • 今すぐお金が必要だけどPayPay銀行口座がない
  • 使う口座を自分で選びたい
  • 審査通過率が高いカードローンに申込みたい

PayPay銀行カードローンはPayPay銀行の口座が必要となる以外にも、即日融資を受けることができず審査通過率もそこまで高くありません。

そのため、今すぐにお金が必要だという人や審査通過率の高いカードローンを利用したいと考えている人であればPayPay銀行カードローンより消費者金融がおすすめです。

>>今すぐ借りれるカードローンをチェック

PayPay銀行カードローンの審査について

paypay銀行

PayPay銀行カードローンは、誰でも必ずお金を借りられるわけではありません。

申し込み後PayPay銀行が審査を行い、融資できるかどうか判断します。

銀行は信頼性や返済能力をより慎重に審査します。少しでも不備や不安要素があると、審査に通過するのが難しくなるでしょう。

また、銀行カードローンは消費者金融よりも1段階審査が多いこともあり、比較的厳しいと言われています。

PayPay銀行カードローンの申込み条件

PayPay銀行カードローンを利用するためには、次の条件すべてを満たす必要があります。条件に当てはまらなかった場合、残念ながら審査を通過することはできません。

  • 申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方
  • 仕事をしていて、安定した収入がある方
  • PayPay銀行の普通預金口座を持つ個人の方(口座開設と同時に申し込むことが可能)
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方

年齢や収入の条件は比較的満たしやすくなっています。

保証会社が指定されているので、申し込みする方が個人で担保・保証人を用意する必要はありません。

しかし基本的に銀行カードローンは、消費者金融のカードローンよりも審査基準が厳しいと言われています。「PayPay銀行カードローンの審査に落ちた」という方には消費者金融の利用をおすすめします。

PayPay銀行カードローンの審査で見られるポイント

一般的にカードローンやクレジットカードの審査に落ちても、原因を教えてくれる金融機関はまずありません。。PayPay銀行カードローンも同様で、審査落ちした原因が気になっている方が多いのではないでしょうか?

まずカードローンの審査で見られるポイントは下記の4点です。

そのためPayPay銀行カードローンに審査落ちした人は、この4点のうちいずれかに問題があると考えられます。

①本人情報・勤務情報

本人情報はその名の通り、本人の属性を表す項目です。氏名や住所、連絡先などがあり、提出する本人確認書類と違いがないかを確認されます。

虚偽の申請をすると後にバレてしまい、信用を失うことに。もちろん審査にも落ちてしまいます。

勤務情報で重視されるのは「勤続年数」「雇用形態」「年収」です。つまりここで最も求められることは、「収入が安定しているか」ということになります。

審査に通りやすいと言われている勤務条件は次のとおりです。

◯勤続年数・・・長い>短い

◯雇用形態・・・
正社員>契約社員>パート・アルバイト>無職

◯年収・・・・・高い>低い

※高い年収であっても「歩合制」や「個人事業主」であり安定性がなければ審査は厳しくなります。

②信用情報

信用情報とは申込者のクレジットやローン契約・申し込みに関する情報のことです。

顧客の信用を判断するための材料のひとつとして、信用情報機関が情報を提供しています。

信用情報機関には、CICJICCがあります。

CICは株式会社シー・アイ・シーのことで、JICCとは株式会社日本信用情報機構のことです。

これらの信用情報機関から提供される情報に記載されているのは過去に借り入れをした際の返済状況・債務整理履歴・携帯電話料金の滞納等です。

信用情報に延滞等の履歴があった場合は、審査に通る確率は確実に下がります。

③他社との借入の有無

貸金業法の総量規制では、年収の3分の1以上の借り入れができないように規制されています。

審査の際には信用情報機関に問い合わせ、「他に借り入れがないか」「総量規制に抵触しないか」を確認されます。

銀行カードローンに関しては総量規制の対象外となっていますが、基本的には年収の3分の1以下の貸付に自制している銀行が大半です。また、住宅ローンに関しては基本考慮されません。

PayPay銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴

PayPay銀行カードローンの審査に落ちてしまうのは次のような条件に当てはまる方です。

  • 収入が安定していない
  • 信用情報に傷がある
  • 年収の3分の1以上借入している
  • 複数社から借入をしている

まず、カードローンの審査では借り入れを希望している人が安定した収入があるかどうかを確認します。

そのため年収が低かったり、勤続年数が短いと申込書類の段階で落とされてしまう場合も多いです。

また、安定した年収があっても信用情報を確認した際に遅延や延滞の記録があればその時点で審査には通りません

借入金額が多いと、年収の3分の1以上の借入を規制する総量規制の適用を受けますし、金額が小さくても複数社からの借り入れがあると多重債務状態だとみなされ、それ以上の借入ができないことがあります。

審査通過率が高いカードローン3選
SMBCモビット アコム プロミス
金利 3.0%〜18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~17.8%
融資スピード 最短33分 最短20分※
最短3分
無利息期間 なし 初回契約日の翌日から
30日間
初回利用日の翌日から
30日間

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

PayPay銀行カードローンのデメリット

次に、PayPay銀行カードローン利用者の口コミから、デメリットを紹介していきます。

申し込む前にしっかりと把握しておきましょう。

①PayPay銀行口座の開設が必須

PayPay銀行のカードローンにはデメリットも存在します。

その1つはPayPay銀行口座が必須な点です。カードローンと同時に口座開設の申し込みが可能とはいえ、そのための手間が増えてしまいます。

銀行カードローンの中には、その銀行の口座を持っていなくても利用できるものがあります。あるいは消費者金融のカードローンであれば、銀行の指定はなく、普段使っている口座に振り込んでもらうことで融資を受けられます。

他に使う予定がなければ、管理の面でも口座は増やさないほうがいいですよね。

②開設時に在籍確認の電話がある

PayPay銀行の口座開設には、在籍確認の電話があります。基本的にはPayPay銀行だとわからないように個人名で電話を掛けてくれます。

本人が在籍確認の電話に出られなくても、「ただいま席を外しております」「本日は不在です」など存在が確認できる場合は審査が完了します。

しかし「当社にはそのような者はおりません」など、存在が確認できない場合は、在籍確認が失敗となり、審査が遅れてしまいます

PayPay側に在籍確認の日付と時間を相談できる場合がありますので、審査が遅れるリスクを減らしたい方や、他の人に電話を出られたくない場合には相談をしてみましょう。

在籍確認の電話をなしにするなら消費者金融がおすすめです。原則電話なしとしている「プロミス」や「アコム」なら、在籍確認の電話がかかってくることはありません。

③銀行カードローンにしては金利が高い

PayPay銀行カードローンには無利息期間がありますが、それ以降は他の銀行カードローンと比べて金利が高いです。最低金利はあくまで最も低くなるパターンなので、比較する際は最高金利をチェックする必要があります。

カードローン 最高金利 融資時間
PayPay銀行カードローン 18.0% 最短翌営業日
プロミス
17.8% 最短3分
SMBCモビット 18.0% 最短33分
セブン銀行カードローン 15% 最短翌営業日

PayPay銀行カードローンの場合、30日間の無利息期間があるものの、通常時の金利は非常に高く設定されています。

PayPay銀行カードローンより低金利のカードローンは銀行系だけでなく、消費者金融でも存在します。

例えば大手消費者金融のプロミスは、最短3分で即日融資が可能です(※PayPay銀行は最短2日〜)。

在籍確認の電話連絡も原則ないので、相当こだわりがない限りはプロミスの方がおすすめです。

>>プロミスの公式サイトで詳細をチェック

④融資までに時間がかかる

銀行 最高金利 融資スピード
PayPay銀行カードローン 18.0% 最短翌日
プロミス
17.8% 最短3分
SMBCモビット 18.0% 最短30分
アコム 18.0% 最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

PayPay銀行カードローンは、審査まで最短1時間、融資まで最短翌日、場合によってはそれ以上に時間がかかってしまいます。

カードローンを利用したことがない方は、これでも早いと感じるかもしれませんが、急なトラブルでお金が必要になった際、翌日では間に合わないという事態に陥るかもしれません。

特にPayPay銀行の口座開設から行う場合、緊急時には対応できません。

一方消費者金融のカードローンは、ほとんどの会社が即日融資が可能なので、今すぐお金が欲しいという方には消費者金融のカードローンがおすすめです。

⑤PayPayに直接チャージして使えない

PayPay銀行という名称から、融資を受けるお金をPayPayに直接チャージする形で利用できるとイメージした方もいるかもしれません。

しかしカードローンで借入れるお金は、直接PayPayにチャージすることはできません。

銀行口座に振り込まれる方法で融資を受けることになるため、PayPayで利用するためには、改めて自分でチャージをする必要があります。

その手間がかかるとするとやはり、PayPay銀行カードローンより、大手消費者金融がおすすめです。

審査に落ちたくない人におすすめなのはアコム

PayPay銀行カードローンの審査が不安な方やPayPay銀行カードローンの審査に落ちてしまった人におすすめなのは「アコム」

PayPay銀行の審査は三井住友銀行グループと同じ信用情報を用いているため、プロミスやSMBCモビットなどの審査には落ちてしまうので注意してください。

アコム

金利 融資スピード バレない度
3.0〜18.0% 最短20分
カードレス 無利息期間 コンビニの利用
可能 30日間 可能

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

\初回なら30日間利息無料!/

PayPay銀行カードローンのメリット

利用者が増加傾向にあるPayPay銀行カードローンですが、人によってはPayPay銀行カードローン以外の方が向いている可能性もあります。

メリットだけでなくデメリットをよく理解してから申し込みましょう。

①30日間無利息期間がある

PayPay銀行は初めての借入れから30日間、利息無料の期間が設けられています。30日以内に返済すれば利息が発生しないので、お金を用意するまでに少しだけ時間がかかるという方には嬉しい特典ですね。

誰でも返済時のことを考えると、少しでも低金利のカードローンを利用したいと考えるでしょう。長期間借入れするというケースでも、発生する利息を30日分抑えることができるため、無利息期間があるとないとではまったく異なります。

30日間の無利息期間は、消費者金融のカードローンで多くみられるサービスです。銀行カードローンで無利息期間があるのは珍しいので、これはPayPay銀行カードローンのメリットの1つと言えるでしょう。

②郵送物不要でバレにくい

カードローンを利用する方の中には、家族や周囲の人たちにバレたくない方がほとんどでしょう。

PayPay銀行カードローンは郵送物が不要のため、そのようなリスクが低いです。必要書類のやり取りなどは、すべてネットを通してすることができます。

審査結果は登録したメールアドレスに届くので、誰かに見られる心配がありません。

一方で、郵送での申し込みも受け付けているので、パソコンやスマートフォンが苦手だという方でも利用できます。自分に合った方法を選択しましょう。

③借入から返済がWeb完結で手軽

PayPay銀行カードローンは借入から返済まで、すべてWeb上で手続できます。パソコンやスマートフォンがあれば、家の中にいたまま完結するので、手軽に利用することが可能です。

PayPay銀行はリアル店舗を持たないネット銀行なので、インターネットでの申し込み方法がしっかり整備されています。

借入や返済のたびに店舗にいかなければならないものより、Webで完結する方が便利なのは間違いありません。

返済時も金額や返済日をネットで確認、設定することができます。現在地に縛られずに利用できるのは、PayPay銀行カードローンのメリットの1つです。

>>バレにくいおすすめカードローンをチェック

PayPay銀行カードローンの審査〜借入までの流れ

PayPay銀行カードローンの審査から借入までの流れを説明します。

  • STEP.1
    カードローンを申し込む(普通預金口座の作成)

    カードローンを申し込みます。

    この時、普通預金口座を持っていない場合は、同時に口座を作成します。

  • STEP.2
    審査

    本人確認資料をスマホで撮影して提出し、審査が始まります。

  • STEP.3
    審査結果が届く

    審査結果がメールで届きます。

  • STEP.4
    トークンアプリをダウンロードする

    審査に通ったらトークンアプリをダウンロードします。
    ※トークンアプリとは、本人認証に必要なワンタイムパスワードを発行赤るアプリです。

    トークンアプリの準備ができれば、借入できる状態になります。

  • STEP.5
    借入スタート

    トークンアプリを使って借入します。

カードローンの申込みと同時に普通預金口座を作った場合、キャッシュカードの発行は数日かかってしまいます。

しかし、審査に通っていれば、キャッシュカードが手元に届いていなくても、カードローンの利用が可能です。

審査に必要な書類

PayPay銀行カードローンの審査には以下の書類が必要になります。

本人確認書類

PayPay銀行カードローンの審査には、以下の本人確認書類が必須です。

本人確認書類

  • 運転免許証のコピー
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 印鑑証明書
  • 住民票の写し
  • 年金手帳+補助資料(納税証明書・社会保険料の領収証・公共料金領収証)
  • 身体障害者手帳を含む各種福祉手帳+補助資料(納税証明書・社会保険料の領収証・公共料金領収証)

収入証明が必要な場合

PayPay銀行カードローンの申し込みの際、収入証明書が必要な場合があります。

会社に勤めている方であれば源泉徴収票や給与明細、個人事業主の方であれば確定申告書や納税証明書などが該当します。

収入証明書は、前年度の年収が確認可能なものでないといけないため、提出する際は他の年度のものと間違っていないかしっかりと確認しましょう。

PayPay銀行カードローンの申し込みの際に収入証明が必要なのは、原則として借入総額が300万円を超える場合です。

これは、PayPay銀行カードローンの借入金額だけではなく他社借入の金額も含みます。

ただし、申込内容によっては300万円を以下の借入申し込みをした場合でも収入証明書類が必要となる場合がありますので気を付けてください。

PayPay銀行カードローンの金利と返済シミュレーション

PayPay銀行カードローンの金利

PayPay銀行カードローンの金利は1.59%~18.0%です。

基本的には最高金利が採用されるので、18.0%になることがほとんどです。

銀行カードローンの場合は14.5%前後が多いので、PayPay銀行カードローンは銀行カードローンの中でもかなり高金利の部類に入ります。

PayPay銀行カードローンの返済シミュレーション

ここで、実際にPayPay銀行カードローンでお金を借りた際の返済金額などを見ていきましょう。

金利 18.0%
借入金額 5万円 10万円
返済回数 54回 116回
月返済額 2,000円(15回)
1,000円(39回)
2,000円(76回)
1,000円(40回)
支払利息 18,531円 91,813円
返済総額 68,531円 191,813円

こちらは、毎月最低返済額のみ返済を行った場合のシミュレーションになります。

5万円であれば利息は2万円程度で済むところ、10万円借りる場合は最低返済額のみの返済だと元金の倍ほどの金額を支払うことに

どのカードローンにも言えることではありますが、余裕があるときはなるべく繰り上げ返済を利用して支払う利息を減らすことが大切です。

審査に落ちたくない人におすすめなのはアコム

PayPay銀行カードローンの審査が不安な方やPayPay銀行カードローンの審査に落ちてしまった人におすすめなのは「アコム」

PayPay銀行の審査は三井住友銀行グループと同じ信用情報を用いているため、プロミスやSMBCモビットなどの審査には落ちてしまうので注意してください。

アコム

金利 融資スピード バレない度
3.0〜18.0% 最短20分
カードレス 無利息期間 コンビニの利用
可能◎ 30日間 可能

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

\初回なら30日間利息無料!/

PayPay銀行カードローンの審査が不安な人におすすめのローン

ここからは、PayPay銀行カードローンよりも評判が良い「SMBCモビット」と「アコム」の2社を紹介していきます。

  • バレずに借りれるSMBCモビットは35歳以上の人におすすめ!
  • PayPay銀行に審査落ちした人は「アコム」にチャレンジ

PayPay銀行カードローンに審査落ちした人は「アコム」がおすすめ

アコム

金利(実質年率) 3.00%~18.00%
無利息期間 初回契約日の翌日から30日間
契約限度額 1万円~800万円
学生の利用 可能
申し込み条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
申込み 公式サイト

アコム」は、アコム株式会社が提供する消費者金融カードローンアコム株式会社は2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループと資本提携し、連結子会社となりました。

アコムは24時間365日借入可能な振込キャッシングサービスや、カードローンのカードにクレジット機能を付けられたり、審査スピードが早いなど、大手企業ならではのサービスレベルの高さが特徴です。

初回利用時の30日間無利息期間サービスや、返済に困った時に返済額を一時的に減額できるサポートなども用意されているので、カードローン初心者の方へのサポートが手厚くなっています。

しかしここで注意が必要なのが、「PayPay銀行カードローンの審査に落ちた方はアコムの審査にも落ちる可能性が非常に高い」ということです。

そもそもの信用情報はどのカードローンも同じだからです。むやみに申し込むのはやめましょう!

\初回なら30日間利息無料!/

35歳以上の人は「SMBCモビット」がおすすめ

SMBCモビット

金利(実質年率) 3.0%〜18.0%
最大借入限度額 800万円
Web完結 可能
審査時間 10秒で簡易審査
融資までの時間 最短33分
即日融資可能な審査受付時間 原則24時間最短3分
学生の申込 可能
申込み 公式サイト

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは20歳〜74歳(収入が年金のみの方はお申込不可)で安定した収入があれば申し込みできるので、パート・アルバイトをしている学生や主婦でも申し込みが可能です。即日融資も受けることができますよ!

Web完結を選べば職場への電話連絡なしで審査を終えることができるのも、SMBCモビットの大きな特徴です。

ご自身の年齢によって審査通過率が変わるので、35歳以上の方はSMBCモビットがおすすめです!

\web完結で職場への電話連絡なし!/

PayPay銀行カードローンに関するFAQ

最後にPayPay銀行カードローンに関してよく寄せられる疑問についてお答えしていきます。

PayPay銀行カードローンの審査に受かりやすくするには?

PayPay銀行カードローンにまだ申し込んだことがない方は、審査が不安な方がいらっしゃると思います。

ここからは、PayPay銀行カードローンの審査に通りやすくなる方法を紹介していきます。

既に審査に落ちてしまった方は、再度申し込んでも審査落ちしますので申し込みは控えてください。

PayPayにクレジットカードを登録する

クレジットカードを利用すると、クレヒス(クレジットヒストリー)と呼ばれる信用情報が記録されます。クレヒスは信用情報機関同士で共有され、その人物が延滞せずに支払いをしているか、他社からの借入れがどれくらいあるかなどがわかりますよ。

支払い能力があるか判断するために、新しいクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする時に確認される重要な情報です。

問題なく利用していれば、その人物に支払い能力があるという証拠になるので、PayPayをクレジットカード払いにすることで、クレヒスを充実させましょう!

他社と同時申込をしない

クレジットカードやカードローンの申し込みを複数同時に行うと、その情報が共有されてしまいます。

一度に申し込みをすることで、「この人物は金銭面で困っているのではないか」と捉えられ、審査に落ちてしまうケースがあります。

申し込みの際は、他社と同時に行わないように気をつけましょう。

PayPay銀行カードローンがおすすめじゃないのはどんな人?

PayPay銀行カードローンがおすすめできないのは次の条件に当てはまる方です。

  • できるだけ安い金利で借りたい
  • できるだけ早く融資を受けたい
  • 信用情報に自信がない
  • PayPay銀行の口座がない

PayPay銀行カードローンは消費者金融と最高金利が変わらないため、より低い金利で借入したい人であれば他の銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

融資をするのにPayPay銀行カードローンの口座が必要となるので、わざわざ口座を作りたくないという人にもおすすめできません。

>>おすすめのカードローンをチェック

PayPay銀行カードローンの本審査に落ちる確率は?

PayPay銀行カードローンの本審査に落ちる確率は、非公表となっており明言できませんが、銀行カードローンであることから、通過率は高くないでしょう。

しかし、貸付条件を満たしていれば専業主婦や年金受給者でも申し込みは可能です。例えば、配偶者に収入がある人や年金で収入を得て生活をしている人などです。

申込み条件はそんなに厳しくありませんが、申し込みできたとしても「必ず審査に通る」わけではないということを認識しておきましょう。

PayPay銀行カードローンは即日融資できる?

PayPay銀行カードローンは即日融資に対応していません。

銀行カードローンは、審査の一環として申込人が反社会的な勢力との関わりがないか警察庁のデータベースに紹介することが義務付けられるからです。

この手続きがに1日かかるため即日融資はできませんが、これはどこの銀行でも同じとなります。

最短翌日には融資可能なので、今すぐではなく次の日の融資でもいい場合に申し込みをするのがおすすめですよ。

PayPay銀行カードローンで在籍確認がなしになることはある?

PayPay銀行カードローンの審査では基本的に在籍確認をなしにすることはできません。

アルバイトや派遣社員であっても勤務先に電話連絡が行われると公式サイトにも記載がありました。

審査にあたり、「銀行名+担当者名」でご登録の勤務先電話番号に在籍確認のお電話をします。
その他、提出書類の内容確認や融資内容のご説明のためにご勤務先や携帯電話にご連絡する場合があります。

引用元:PayPay銀行|よくある質問

銀行名を名乗っての在籍確認があるようなので、他の人が電話に出てしまい内容を聞かれることも想定されます。

その場合に「クレジットカードの在籍確認」など、説明する理由を考えておくのがいいでしょう。

まとめ

PayPay銀行カードローンは30日間の無利息期間があったり、手続きがWebで完結したりと利便性の高いカードローンです。

しかし、通常時の金利が他の銀行カードローンと比べて高かったり、PayPay銀行の口座を持っている必要があったりとデメリットも存在します。

また、銀行系カードローンであり即日融資が不可能なため、今すぐお金が必要という状況には対応できません。

その際は、プロミスやアコムなど消費者金融のカードローンを利用しましょう。こちらも無利息期間があったり、Webで申し込みができたりするので、安心して利用できます!

審査に落ちたくない人におすすめなのはアコム

PayPay銀行カードローンの審査が不安な方やPayPay銀行カードローンの審査に落ちてしまった人におすすめなのは「アコム」

PayPay銀行の審査は三井住友銀行グループと同じ信用情報を用いているため、プロミスやSMBCモビットなどの審査には落ちてしまうので注意してください。

アコム

金利 融資スピード バレない度
3.0〜18.0% 最短20分
カードレス 無利息期間 コンビニの利用
可能◎ 30日間 可能

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

\初回なら30日間利息無料!/

関連記事

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社、三井住友カード社他から委託を受け広告収益を得て運営しております。