美容
資産運用

ペット(猫・犬・うさぎ)の医療費が支払えない時の対処法は?手術にかかる平均治療費について

猫や犬に限らず動物と一緒に暮らしていくためには色々とお金がかかりますよね。

フード代以外にもトイレシートや砂代、トリミング代、犬の場合はケースにより必要となるしつけのトレーニング代、そして病気やけがをしてしまった場合の医療費が必要となります。

子犬や子猫、そして犬や猫が若い時期には病気で高額の費用が必要になることはあまりありませんが、犬や猫が高齢になるにつれて犬や猫に必要になる医療費の割合は増えてきます。

命を迎え入れたら最後まで面倒を見るのは当たり前のことですが、そのためには多額の費用が必要になることも考えられます。

ここでは、ペットの医療費の相場や、ペット保険などに焦点を当てて解説を行っていきます。

実は高額…ペットの1ヶ月の治療費・医療費の相場

実は高額…ペットの1ヶ月の治療費・医療費の相場

人間が怪我や病気をした場合健康保険が適用されるため、医療費の自己負担の割合は3割となります。

高額な医療費が必要な病気になったり怪我をしてしまったりした場合には、限度額適用認定証を医療機関に提示することで、収入に応じた限度額のみの支払いで済みます。

また人間の病気やけがは、処置の内容が同じであれば医療機関によって治療費が変わることもありません。

しかし犬や猫の場合には、公的な医療保険制度がないため治療費は原則として全額飼い主の負担になります。同じ処置や治療の内容でも動物病院は自由診療になるため、動物病院によって治療費が異なります。

このように人間と動物の医療費には大きな違いがあり、動物の医療費の負担は時に買い主に重くのしかかることもあります。

このような場合に役に立つのがペット保険ですが、契約内容により保険の適用外となる医療費もあります。保険適用外となるのは、先天性の病気や保険に加入した際にすでに治療を始めている病気、遺伝性の疾患などです。

ここでは、犬・猫・ウサギの医療費の相場についてそれぞれ解説していきます。

猫の治療費の相場

猫も治療費も、日本獣医師会が平成27年度に行った「家庭飼育動物(犬・猫)の飼育者意識調査」の内容に従って治療費の相場を見ていくと、猫は種類によって体格が大きく異なることはないため、医療費の平均は年齢により異なってくることが多いようです。

猫の年齢別の1か月に必要な医療費の平均は、若年期の0歳から6歳にかけてが6,779円、7歳から12歳までの中年期が6,467円、13歳以上の老年期が7,991円となっており、全年齢の平均金額は6,991円となっています。

また、ひとつの病気にかかった場合に必要になった医療費の最大額は平均54,197円となっています。しかし、10万円以上に医療費が必要になったという回答も全体の12.5パーセントを占めるため、平均の医療費以上の費用を準備しておく必要もあります。

犬の治療費の相場

日本獣医師会が平成27年度に行った「家庭飼育動物(犬・猫)の飼育者意識調査」によると、犬を飼っている家庭で一か月に犬の医療費として必要とする費用は、超小型犬の場合で平均7,435円、小型犬の場合で平均8,217円、中型犬の場合で平均8,183円、大型犬の場合で平均8,217円となっています。

犬の大きさにより医療費の平均金額が異なるのは、犬の体が大きければ大きいほど、同じ症状であっても多量の薬などを必要とするためです。

例えばノミ・ダニの予防薬一つをとっても、犬の体重が5キログラム未満であれば0.5ミリリットルで済みますが、40キログラムを超えると4.02ミリリットルが必要となります。

また、犬の年齢が上がるにつれて必要となる医療費も増加する傾向にあり、一か月に必要な犬の医療費の平均は、若年期の0歳から6歳の犬の場合で7,136円、中年期の7歳から12歳にかけては7,800円、老年期の13歳以上になると9,801円となります。

このように毎月コンスタントに医療費がかかることもあれば、思わぬ大きな病気が見つかることもあります。

このような場合の病気の治療費の最大額は、超小型犬の平均が58,046円、小型犬の平均が66,533円、中型犬の平均が59,386円、大型犬の平均が74,893円となっています。

うさぎの治療費の相場

うさぎも近年人気を集めているペットですが、そのうさぎにも当然医療費は必要となります。

アニコム損保の調査によると、年齢別のウサギ1羽あたりに1年間に必要な医療費は、0歳の場合で平均8,820円ですが、4歳になるとぐっと高額になり平均50,748円が必要になるとの結果が出ています。

子うさぎのときには特に病気に関しては心配していなくても、うさぎが年齢を重ねるにつれて病気になるリスクは非常に上がってきます。

特にうさぎは消化器系の疾患に罹りやすく、このような疾患に罹ってしまった場合の1羽あたりの年間の平均医療費は0歳で平均16,437円ですが、3歳から4歳までと年齢を重ねていくとその平均医療費は平均31.076円とほぼ倍の金額になってしまいます。

またうさぎは手術を受けるような病気にかかることもあり、うさぎのうち50羽に1羽の割合で手術を受けているというデータもあります。

その費用は、平均で99,231円と非常に高額です。

ペットの治療費・医療費・手術代が払えないときの対処法

前の章で犬と猫、そしてウサギの医療費について解説してきました。病気の種類によっては、かなり高額な医療費が必要になることがお分かりいただけたと思います。

万が一愛するペットが病気になり高額な医療費が必要になっても、その医療費をすぐに用意できない場合にはどうすればよいのでしょうか。

医療費の全額を準備することができないと、ペットは治療を受けることができない可能性が高くなってしまいます。

ここでは、高額な医療費をすぐに準備できない場合の対処法について解説していきます。

①分割払いできるか病院と相談する

ペットの医療費をすぐに全額準備することができない場合、まずは治療を行う前に動物病院へ相談してみることをおすすめします。

病院によって対応はさまざまなので、「他の病院をあたってください」言われることが多いかもしれません。

冷たい対応をする病院だと思われるかもしれませんが、それが一般的な動物病院の対応であると考えておきましょう。

しかし、長い付き合いのある病院であったり、特に理解を示してくれる病院であれば、分割払いを認めてもらうことができる可能性もあります。

分割払いを認めてもらうことができない場合には、他の方法を考えましょう。

②ペットローンに申し込む

このペットローンには、銀行に申し込みをするものと、ペットショップなどが提携している信販会社を利用するものの2種類があり、カードの分割払いやリボ払いを利用する場合に比べて、ペットローンなどの目的型ローンの方が金利が低いというメリットがあります。

この2種類のペットローンのうち、ペットの医療費に利用するために便利なのは、銀行が提供しているペットローン。信販会社のペットローンは、生体の購入代金の支払いに利用されることがほとんどであるためです。

しかし、銀行のペットローンは審査に時間がかかるため、手元に現金が届くまでに2日程度の時間が必要となります。

そのため、ペットの治療を早く始める必要がある場合には即日融資が可能なカードローンのご利用をおすすめします。

③クレジットカードで分割払いをする

病院自体に分割払いを申し込むのではなく、病院で使えるクレジットカードを利用して分割払いにするという方法があります。

この場合には金利が必要になりますが、クレジットカードに対応している病院であれば病院側に迷惑をかけることなくペットを治療してもらうことができ、ペットの命や健康を守ることができるというメリットがあります。

しかし、返済回数を長くすればするほど総返済額が大きくなってしまうので、返済回数の設定は慎重に行いましょう。

また、予防接種などの予防医療にはクレジットカードが使えない動物病院もあるため注意しましょう。

④カードローンで一時的に借入する

では、動物病院がクレジットカードに対応していない場合には、それ以外にどのような手段を取ることができるのでしょうか。

クレジットカードを持っている場合は、クレジットカードのキャッシング枠やカードローンでペットの医療費を一時的に借り入れ、ペットに治療を受けさせることができます。

クレジットカードにキャッシング枠が付いていない場合には、すぐにキャッシング枠を付けることは難しいため、即日発行ができるカードローンの利用を検討しましょう

カードローン会社によっては、カードの即日発行・即日融資が可能なものもあります。

ペットの治療が一刻を争う状態の場合には、このように即日融資を受けることができるカードローン会社を利用することをおすすめします。

⑤フリーローンを利用する

フリーローンとは、主に銀行が提供しているサービスで使途が自由なローンであるため、ペットの医療費に利用することができます。

一部の信販会社でも取り扱われているサービスで、一度の契約で借入ができるのは一回のみです。

また、フリーローンはサービスの提供を受ける金融機関や会社によって期間は異なりますが、最長の返済期間が設定されていることがあります。

フリーローンは返済計画が立てやすいため、総返済額が返済不可能な金額まで膨らんでしまうことが少ないというメリットがありますが、カードローンのように即日融資を行ってくれる金融機関や会社は少ないため、手元に現金が届くまで時間がかかります

ペットの容態が一刻を争う場合には、即日融資が可能なカードローンを利用することをおすすめします。

ペット(猫・犬・うさぎ)の医療費を払わないとどうなる?

ペットの医療費を払わないとどうなる?

ペットの医療費を工面できず払えない場合、また病院に分割払いを承諾してもらった場合に支払いが可能であるにも関わらず支払いを行わないと、どうなってしまうのでしょうか。

ここでは、ペットの医療費を支払わなかった場合にどうなるかを解説していきます。

①当然治療は受けられない

治療前にペットの医療費を支払うことができない場合には、当然治療を行ってもらうことはできません

ペットに適切な治療を受けさせるためには、医療費を準備しておく必要があります。

医療費が貯金などで工面できない場合には、前の章で解説したように治療開始前にどの程度の医療費がかかるかを動物病院側に聞いておき、カードローンやクレジットカードを利用するなどして医療費を支払ったり、病院側に分割払いにしてもらえるよう交渉したりする必要があります。

このような手段を駆使しても医療費が準備できない場合には、ペットの治療をあきらめなければなりません。

②治療後に支払いできないことが発覚すると訴訟される

最初に「治療費はきちんと払います」と宣言し、ペットの治療を受けた後に実はお金がありません、というように動物病院側を騙す行為は絶対にしてはいけません。

最悪の場合、警察に届けられてしまうことも考えられる以外に、民事事件として裁判所で訴訟を起こされ、財産や給与を差し押さえられてしまう可能性も出てきます

給与の差し押さえが行われると、当然会社側にも裁判沙汰を起こす人だということが伝わってしまうため、社会的信用まで失ってしまう結果となります。

そのため、絶対にペットの医療費の不払いは起こさず、支払い方法を動物病院側に相談してみましょう。

ペットの医療費を即日用意できる!おすすめのカードローン3選

①アコム

アコム

金利(実質年率) 3.00%~18.00%
無利息期間 初回契約時から30日間
契約限度額 1万円~800万円
学生の利用 可能
申し込み条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方

「アコム」は、アコム株式会社が提供する消費者金融カードローンアコム株式会社は2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループと資本提携し、連結子会社となりました。

アコムは24時間365日借入可能な振込キャッシングサービスや、カードローンのカードにクレジット機能を付けられたり、審査スピードが早いなど、大手企業ならではのサービスレベルの高さが特徴です。

初回利用時の30日間無利息期間サービスや、返済に困った時に返済額を一時的に減額できるサポートなども用意されているので、カードローン初心者の方へのサポートが手厚くなっています。

\初回なら30日間利息無料!/

②SMBCモビット

SMBCモビット

金利 3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があり
web完結 可能
在籍確認 Web完結を選べば職場連絡なし

SMBCモビットは他の大手カードローンと比べると歴史が浅く、知名度もプロミスやアイフルより低いですが、バレにくいカードローンとして人気を獲得しています

その最大の特徴は、審査時に電話による勤務先への職場連絡が不要な点。申込時にWeb完結を選択すれば、社名入りの健康保険証などを使った書類審査で確認が完了します。スマホを使って返済可能となっておりカードレスなので、周囲にバレたくない人は必ずWeb完結を選日ましょう。

また必要情報を入力するだけで審査に通過できるかを簡易的に判断してくれる10秒簡易審査や、返済額に応じてTポイントが付与される手軽さとお得さも魅力。

24時間振り込み対応しているため即日融資が可能ですし、返済可能なATMが多いので利便性も抜群です。

\職場への電話連絡なしにできる/

③アイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
web完結 可能
無利息期間 有り
在籍確認 無し

即日融資や即振込キャッシング、全国に多数用意されている無人契約機と自社・提携ATMなど、カードローンのお手本のようなサービスを展開していることが魅力ですね。

またアイフルは原則として審査時の電話での在籍確認を行っておらず、モビット同様に基本的には書類確認で済ませてもらえます。

無利息期間も用意されていますが、契約日の翌日から30日間が無利息で借り入れができる期間となっているので、契約したらすぐに融資を受けなければ無利息期間がムダになってしまうことに注意しましょう。

職場に連絡される心配がなく、無利息期間もあるカードローンならアイフルがおすすめです。

\最短1時間で即日融資可能/

ペットを飼うなら医療費も飼い主の責任!ペット保険の加入を検討する

ペットを飼うなら医療費も飼い主の責任!ペット保険の加入を検討する

ここまで解説してきたように、ペットも生き物である以上必ず病気になり、多額の医療費が必要になる可能性があります。

ペットを家に迎える前に、医療費のことまで想定して迎え入れるようにしましょう。

そして万が一ペットが病気になった場合に、適切な治療を受けさせることができるよう、ペット保険に加入しておくことをおすすめします。

ペット保険とは、人間でいうところの入院保険や手術保険などの任意保険のようなもので、加入していればペットが病気になった際に、医療費の一部を補助してくれる保険のことです。

補助してくれる金額はペット保険の内容により異なりますが、このような保険に加入しておくことで、急に高額なペットの医療費が必要になっても慌てる必要が無くなります。

適切な医療をペットに受けさせることも飼い主の責任なので、ペット保険には極力加入しておきましょう。

まとめ

ここまで、ペットの医療費と医療費が払えない場合に費用を捻出する方法、もしペットの医療費の支払いを行わないとどうなるかといったことについて解説してきました。

ペットを家族として家に迎え入れたなら、病気になっても家族同様に手厚い治療を受けさせてあげたいと思われる方がほとんどだと思います。

そのためにはペット保険に加入して、ペットに治療が必要になったときに経済面で困ることが無いようあらかじめ備えておきましょう。

関連記事