転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

ENEOSでんきの評判がやばい!値上げで電気代が高くなった理由・乗り換え方法・デメリットを解説

ENEOSでんきは、世帯人数が多ければ多いほど電気代が安くなるような料金プランを提供しています。

実際に「かなり安くなった」という口コミも多くファミリー世帯には評判の良い新電力です。

一方で、電力使用量が少ない一人暮らし世帯は、「全然変わらなかった…」「他の新電力にすればよかった…」「高くなってやばいって本当?」という口コミも。

この記事では、ENEOSでんきの料金プランや評判、解約金、最新のキャンペーン情報について解説しています。

▶︎関連記事:【2024】おすすめの新電力ランキング!電気代が安くなる電力会社の選び方はある?

ENEOSでんきとは

ENEOSでんき

供給エリア 北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州
運営会社 ENEOS
セット割 ガス・ガソリン
オール電化 あり
解約金 無料
プランによっては発生

ENEOSでんきは、ガソリンスタンドで有名なENEOSが展開している新電力です。2016年、家庭用電力の小売り事業に参入し、人気を集めています。

ENEOSは電力供給に信頼できる実績をもつ企業です。ENEOSは1998年に電気事業に参入しており、業務用の高圧電力を供給してきました。また、全国30ヵ所以上に発電所を所有しており、自社発電所を主力電源とした安定的な電力供給が可能となっています。

電気代だけではなく、ガスやガソリンまで安くなるので、固定費を少しでも減らしたいご家庭におすすめです!

ENEOSでんきの供給エリア

ENEOSでんきの供給エリアは、沖縄と一部離島を除く全国と幅広くなっています。

仕事の都合で引越しの可能性がある方でも、契約を続けられるのは嬉しいポイントですね。

【ENEOSでんきの評判・口コミ】電気代がやばいという噂の真相

ENEOSでんきについてネット上では「電気代がやばい」という口コミがありますが、ENEOSでんきの電気代は本当に高いのでしょうか。

ここでは、そんなENEOSでんきのメリット・デメリットや評判、噂の真相について解説していきます。

悪い評判・デメリット

ENEOSでんきへの乗換で、電気代が高くなった・あまり安くならなかったという評判も聞かれました。詳しい内容とその原因をチェックしていきましょう。

  1. 一人暮らしで電気使用量が少ないと安くならなかった
  2. 2年契約の場合は解約金がかかる
  3. 燃料調整費用の上限が設定されていない
  4. オール電化は不向き

①一人暮らしで電気使用量が少ないと安くならなかった

ENEOSでんきでは先ほども説明したように、一部エリア・従量料金によっては割引されません。

そのため場合によっては電気代が安くならないケースがあり、それがデメリットになっています。

例えば、東京電力管内では、基本料金と120kWhまでの従量料金単価が、東京電力従量電灯Bと全く同じです。

使用状況 ENEOSでんき
東京Vプラン
東京電力
従量電灯B
30A
120kWh
4,485円 4,485円

東京電力の従量電灯Bでは燃料費調整額の上限が設けられていますが、ENEOSでんきでは燃料費調整額の上限が撤廃されているため、燃料費高騰時にはENEOSでんきの方が割高になる可能性もあります。

具体的には、下記に該当する方は要注意です。

  • 関東エリアの電気使用量が120kWh未満の方
  • 関西エリアの電気使用量が120kWh未満の方

こちらに該当する方で、「ガソリン代が安くなるなら問題ない」「ENEOSでんきへの乗り換え理由が電気代の節約ではない」という方以外は、他の新電力への乗り換えをおすすめします。

②2年契約の場合は解約金がかかる

にねんとく2割に契約した場合、2年未満の解約で解約金1,100円(税込)がかかります。

新電力の中には解約手数料がかからない会社も多いので、少額とはいえこの点はデメリットです。

知らないと後々損してしまうので、解約する可能性がある方は、2年契約には申し込まないようにするか、解約金がかからない他の新電力への乗り換えがおすすめですよ!

③燃料調整費用の上限が設定されていない

ENEOSでんきでは、2022年11月より燃料費調整単価の上限が撤廃されました。つまり、燃料費が高騰すると、その分電気料金が高くなってしまうというデメリットがあります。

大手電力会社の規制料金プラン(東京電力の従量電灯Bなど)では、燃料費調整単価の上限が設定さいるため、燃料費が高騰している時には大手電力会社からENEOSでんきへの乗換で電気料金が高くなる可能性があります。

「燃料費調整制度」とは、火力発電所に使用する燃料(石油やLNGなど)の価格変動を、電気料金に反映させる制度です。

基準となる燃料価格と比較して、燃料価格が高くなった場合は電気料金も高くなり、燃料価格が低くなった場合は電気料金も安くなります。

これは、ENEOSでんきだけに言えるデメリットではありません。新電力各社はもちろん、大手電力会社でも自由料金プランでは上限を撤廃しています。

大手電力会社の規制料金プランを使用している方は電力会社の乗換前に燃料費調整単価をチェックするようにしましょう

MEMO

楽天ポイントを貯めている方は、ENEOSでんきと同じくらいの割引額のTERASELでんきがおすすめです。

TERASELでんきは沖縄以外のエリアで電力供給している新電力。

今なら新規申し込みで6つの特典からお好きな特典を選ぶことができ、楽天ユーザーには嬉しい2,000円分のポイントプレゼント特典も含まれています。

TERASELでんきの詳細は公式サイトから確認できますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

④オール電化は不向き

ENEOSでんきにはオール電化向けの料金プランはありません。

そのため、大手電力会社から乗り換えをすると逆に電気代が高くなってしまうというデメリットがあります

オール電化の住宅に住んでいる方であれば、他の新電力への乗り換えがおすすめです。

オール電化にお住まいならHTBエナジーが安い!

オール電化の住宅に住んでいる方であれば、HTBエナジーの「ぜんぶでんき」で電気料金を安くできると評判です!

「ぜんぶでんき」はオール電化専用のプランとなっていて、対象地域は北海道・東北・北陸・沖縄や一部離島を除いた全国となっています。

昼間の電力量料金が大手電力会社の料金に比べて2~11%割引されるため、ENEOSでんきよりお得に電気を利用できます!

東京電力エリア 昼時間電力量料金2%引き
中部電力エリア 昼時間電力量料金2%引き
関西電力エリア 基本料金6%引き
全日電力量料金6%引き
中国電力エリア 昼時間電力量料金2%引き
四国電力エリア 10kWまで基本料金11%引き
全日電力量料金11%引き
九州電力エリア 昼時間電力量料金2%引き

特に、関西・四国電力エリアであれば基本料金も割引を受けられるため、電気料金がかなり抑えらるというメリットがあります。

また、無料オプションとして「あんしんサポート365」という60種類以上のトラブルにすぐに対応してくれるサービスが付帯しており、利用料金も一般的な価格から一律で30%引きです。

電気料金が安くできるだけでなく、もしものトラブルにも備えられるHTBエナジーはENEOSでんきよりもかなりおすすめですよ。

\オール電化向けプランあり!/

良い評判・メリット

ENEOSでんきには口コミから次の3つのメリットがあることが分かりました。

  1. ガソリン代まで安くなった
  2. 世帯人数が多いと電気代がかなり安くなったと実感できる
  3. 無料で駆けつけサービスが付帯している

①ガソリン代まで安くなった

毎月の電気代をENEOSカードで支払うと、ガソリン代が1リットルにつき1円割引されるというメリットがあります。

割引額としては多くはないかもしれませんが、「チリも積もれば山となる」ということわざの通りでガソリン代をコツコツ節約することが可能です。

②世帯人数が多いと電気代がかなり安くなったと実感できる

ENEOSでんきは、300kWh以上の従量料金の割引額が高くなります。

そのため、電気使用量が毎月300kWhを超えるご家庭は、大幅な節約が実現できる点はメリットでしょう。

ENEOSでんきの公式サイトでは、エリア別・世帯人数別にシミュレーションができるので、どのくらい安くなるか一度チェックしてみるのがおすすめです。

③無料で駆けつけサービスが付帯している

電気トラブルに365日24時間無料で駆けつけてくれるサービスがついてきます。

このようなサービスを個人的に利用する場合、1万円以上の費用がかかるので、急な出費を抑えられるという点でもかなりのメリットです。

ENEOSでんき以外のおすすめの新電力4選

ここで、ENEOSでんきよりおすすめの新電力を4つ紹介します。

東京ガスの電気
TOKYO GAS
CDエナジーダイレクト
cdエナジーダイレクト
TERASELでんき
TERASELでんき
大阪ガスの電気
大阪ガス
しろくま電力
供給エリア
東京電力エリア

東京電力エリア

沖縄・一部離島
を除く全国

関西・北海道・
東北・中部・
北陸・中国・四国・
九州エリア

沖縄・一部離島
を除く全国
セット割
都市ガス

都市ガス
Amazonプライム
新聞など
×
都市ガス
Amazonプライム
ネットなど
×
1人暮らし
ファミリー
オール電化 × ×
ポイント パッチョポイント カテエネポイント 楽天ポイント マイ大阪ガスポイント ×
詳細を見る 東京ガスの電気 CDエナジーダイレクト TERASELでんき 大阪ガスの電気 しろくま電力

①東京ガスの電気

TOKYO GAS

東京ガスの電気は、東京電力エリアと呼ばれる関東圏でしか契約することができないというデメリットはありますが、東京電力よりも安い価格に設定されているのが特徴です。

一般的な家庭向けプランは、「基本プラン」です。東京電力と基本料金は同じですが、1kWhあたりの従量料金が安く設定されています。

基本料金
東京電力 東京ガス
10Aあたり 295.24円 295.24円
従量料金 東京電力 東京ガス
〜120kwh 30.00円 29.90円
121〜300kwh 36.60円 35.41円
301kwh〜 40.69円 37.48円

オール電化向けプランが用意されているのも大きなメリットです。こちらも料金設定が割安なので、乗り換えるだけで電気代が安くなりますよ。

都市ガスとセットで契約するとセット割が適用され、電気料金の0.5%が割引になります。

光熱費を安くできるだけでなく、利用者からは支払いもまとめて管理できるようになるので便利だと評判がいいです。

\電気とガスをまとめるとお得に!/

②CDエナジーダイレクト

cdエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトは、電気使用量関係なく電気代が安くなる点がメリットとなっています。

多くの新電力は電気をたくさん使うファミリー向けの料金プランを提供していますが、電気使用量が少ない家庭がメリットを得られるプランを提供している新電力はあまりありません。

しかしCDエナジーダイレクトには、一人暮らし世帯でも電気代が安くなるプランがあります。(※実際の割引額については電気・ガスのご利用状況や燃料費調整額、原料費調整額によって変動します。)

一般的な家庭向けのプランは「ベーシックでんき」です。基本料金・従量料金がともに割り引かれるので、東京電力からの乗換で電気代が下がる可能性が高いでしょう。

基本料金
東京電力 CDエナジー
ベーシックでんき
10Aあたり 295.24円 276.90円
従量料金 東京電力 CDエナジー
ベーシックでんき
〜120kwh 30.00円 29.90円
121〜300kwh 36.60円 35.59円
301kwh〜 40.69円 36.50円

供給エリアが東京エリアだけというのはデメリットではありますが、逆を言えば東京電力エリアにお住まいの一人暮らしの方でCDエナジーに契約しないのは損をしているということです。

もちろん、CDエナジーには一人暮らし向けのプラン以外にも魅力的なプランがあるので、東京電力エリアにお住まいの方はぜひ一度チェックしてみてください!

\電気使用量問わずとにかく安い/

③TERASELでんき(テラセルでんき)

【PR】

TERASELでんき
TERASELでんきは伊藤忠エネクスグループが提供する新電力で、料金設定が大手電力会社よりも安い点が特徴です。

TERASELでんきには、電気使用量が多いファミリー世帯もあまり電気を使わない単身世帯も電気代がお得になるプランが用意されています。

毎月電気を121kWh以上使うご家庭であれば、大手電力会社よりも電気代を節約することができるので乗り換えのメリットが大きいです。

一般家庭向けのプランは「TERASELでんき」です。基本料金と従量料金が東京電力より安くなっており、電気の使用量に関わらずお得になるでしょう。

基本料金
東京電力 TERASELでんき
10Aあたり 295.24円 283.80円
従量料金 東京電力 TERASELでんき
〜120kwh 30.00円 29.20円
121〜300kwh 36.60円 35.54円
301kwh〜 40.69円 39.46円

また、TERASELでんきは電気代に応じて楽天ポイントが貯まる(200円につき1ポイント)ので、楽天ユーザーの方からの評判もいい新電力となっています。

楽天ユーザーであれば楽天でんきのほうがお得なのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし、楽天でんきは値上がりしているため、今電気代が高くてお悩みの方やこれから電力会社を切り替えようと考えている方は楽天でんきよりに乗り換えるとデメリットしかなく、TERASELでんきの方が圧倒的におすすめです。

TERASELでんきでは、新規契約者向けに選べる7つの特典を用意しています!

  • 楽天ポイント2,000ポイント
  • PayPayポイント2,000円分
  • Amazonギフト券2,000円分
  • Apple Gift Card 2,000円分
  • Huluチケット2ヶ月分
  • Stock point 2,000ポイント
  • 電気料金の2%相当を寄付

特典の詳細は、TERASELでんき公式サイトでチェックしてみてくださいね。

\楽天ユーザーの方にもおすすめ!/

④大阪ガスの電気

大阪ガス

大阪ガスが提供する電気は、以前は関西電力のみで利用できましたが、現在が一部プランは全国で利用可能です。

2019年に実施された調査で顧客満足度1位を獲得するなど、全国的に評判がいい新電力となっています。

関西電力と大阪ガスの料金を比較しました表がこちらです。

関西電力 大阪ガス
最低料金 341.02円 285.00円
電力量料金 15~120kWh 20.32円 20.31円
121~300kWh 25.80円 24.90円
301kWh~ 29.29円 27.83円

基本料金も電力量料金もかなりお得になっていますね!

さらに、関西エリアであればガスと電気をセットにすれば約8,000円も料金がお得になるというメリットがあります。

関西エリアに住んでいる方であれば、大阪ガスの電気がおすすめですよ。

\切り替え簡単、便利で安心/

⑤しろくま電力

しろくま電力のメリットは、地球に優しい電気を使えること。トラッキング付非化石証書を活用し、実質的に100%再生可能エネルギー由来の電気を使うことができます。

電気料金プランは、基本料金・従量料金ともに大手電力会社より安くなっています。特に、電力量が300kWh以上の従量料金単価が安くなっているので、電気を多く使う家庭ほどお得です。

一般的に、再生可能エネルギー由来の電力は通常の電力よりも高い傾向があります。電気代を抑えてCO2排出量ゼロの電気が使えるのは、嬉しいポイントです。

基本料金
東京電力 しろくまプラン
10Aあたり 295.24円 290.00円
従量料金 東京電力 しろくまプラン
〜120kwh 30.00円 24.70
121〜300kwh 36.60円
301kwh〜 40.69円

ただし、「電源調達調整費単価」「料金高騰準備金」という独自の費用が加算されるため、燃料費の高騰などで電気代が高くなる可能性があります。

「電源調達調整費単価」は日本卸電力取引所のスポット市場価格に連動しており、市場価格が高くなると従量料金に加算されます。

また、急激な電気料金の上昇を防ぐために、市場価格が安価な時に「料金高騰準備金」を加算し、料金高騰時にお預かりした額を半額ずつ還付する仕組みがあります。

\地球に優しい電気が使える/

ENEOSでんきの料金プラン・シミュレーション

ENEOSでんきの料金は、供給エリアによって異なります。

ただし、どの地域も120kWh以上の従量料金が大手電力会社よりも安くなっています!

※ENEOSでんきの料金単価は、2023年5月の料金改定以降のものです。

関東エリア(東京Vプラン)

東京電力の従量電灯Bよりも、基本料金と120kWh以上の従量料金が安くなります。

基本料金
契約アンペア 東京Vプラン
10A 295.29円
15A 442.94円
20A 590.58円
30A 885.87円
40A 1,181.16円
50A 1,476.45円
60A 1,771.74円
従量料金
電力使用量 ENEOSでんき
〜120kWh 19.97円
121〜300kWh 24.63円
301kWh〜 26.31円
MEMO

楽天ポイントを貯めている方は、ENEOSでんきと同じくらいの割引額のTERASELでんきがおすすめです。

TERASELでんきは沖縄以外のエリアで電力供給している新電力となっています。

今なら新規申し込みで6つの特典からお好きな特典を選ぶことができ、楽天ユーザーには嬉しい2,000円分のポイントプレゼントキャンペーンも含まれていますよ!

TERASELでんきの詳細は公式サイトから確認できますので、気になる方は要チェックです!

北海道エリア(北海道Vプラン)

ENEOSでんきの方が基本料金・従量料金ともに割り引かれています。

基本料金
契約アンペア ENEOSでんき
10A 372.88円
15A 559.32円
20A 745.76円
30A 1,118.64円
40A 1,491.52円
50A 1,864.40円
60A 2,237.28円
電力使用量 ENEOSでんき
〜120kWh 23.61円
121〜300kWh 28.89円
301kWh〜 31.28円

東北エリア(東北Vプラン)

東北電力の従量電灯Bよりも、基本料金と120kWh以上の従量料金が安くなります。

基本料金
契約アンペア ENEOSでんき
10A 368.23円
15A 552.35円
20A 736.46円
30A 1,104.69円
40A 1,472.92円
50A 1,841.15円
60A 2,209.38円
電力使用量 ENEOSでんき
〜120kWh 18.82円
121〜300kWh 24.87円
301kWh〜 27.67円

北陸エリア(北陸Vプラン)

北陸電力の従量電灯Bよりも、基本料金・従量料金がともに安くなります。

基本料金
契約アンペア ENEOSでんき
10A 299.56円
15A 449.34円
20A 599.12円
30A 898.68円
40A 1,198.24円
50A 1,497.80円
60A 1,797.36円
電力使用量 ENEOSでんき
〜120kWh 18.18円
121〜300kWh 21.47円
301kWh〜 22.20円

中部エリア(中部Vプラン)

中部電力の従量電灯Bよりも、基本料金・従量料金ともに安くなります。

基本料金
契約アンペア ENEOSでんき
10A 296.64円
15A 444.96円
20A 593.28円
30A 889.92円
40A 1,186.56円
50A 1,483.20円
60A 1,779.84円
電力使用量 ENEOSでんき
〜120kWh 21.12円
121〜300kWh 25.04円
301kWh〜 26.76円

 

MEMO

楽天ポイントを貯めている方は、ENEOSでんきと同じくらいの割引額のTERASELでんきがおすすめです。

TERASELでんきは沖縄以外のエリアで電力供給している新電力です!

今なら新規申し込みで6つの特典からお好きな特典を選ぶことができ、楽天ユーザーには嬉しい2,000円分のポイントプレゼント特典も含まれています!

TERASELでんきの詳細は公式サイトから確認できますので、気になる方は要チェックです!

関西エリア(関西Aプラン)

関西電力の従量電灯Aよりも、基本料金(最低料金)と120kWh以上の従量料金が安くなります。

基本料金
契約アンペア ENEOSでんき
1契約につき最初の15kWhまで 378.29円
電力使用量 ENEOSでんき
〜120kWh 20.32円
121〜300kWh 24.00円
301kWh〜 26.81円

中国エリア(中国Aプラン)

中国電力の従量電灯Aよりも、基本料金(最低料金)と120kWh以上の従量料金が安くなります。

基本料金
契約アンペア ENEOSでんき
1契約につき最初の15kWhまで 533.27円
電力使用量 ENEOSでんき
〜120kWh 21.46円
121〜300kWh 27.38円
301kWh〜 28.39円

四国エリア(四国Aプラン)

四国電力の従量電灯Aよりも、従量料金が安くなります。基本料金(最低料金)はENEOSでんきの方が約29円高いですが、従量料金の割引が大きいため、電気代は下がるでしょう。

基本料金
契約アンペア ENEOSでんき
1契約につき最初の15kWhまで 561.47円
電力使用量 ENEOSでんき
〜120kWh 20.84円
121〜300kWh 26.40円
301kWh〜 28.39円

九州エリア(九州Vプラン)

電力の従量電灯Bよりも、基本料金・従量料金がともに安くなります。

基本料金
契約アンペア ENEOSでんき
10A 315.79円
15A 473.69円
20A 631.58円
30A 947.37円
40A 1,263.16円
50A 1,578.95円
60A 1,894.74円
電力使用量 ENEOSでんき
〜120kWh 18.21円
121〜300kWh 23.18円
301kWh〜 24.90円

にねんとく2

にねんとく2割は最低2年の契約の縛りがありますが、継続して契約すると、年数に応じて上記の料金プランからさらに割引が受けられます。

1〜2年目 -0.2円/kWh
3年目以上 -0.3円/kWh

Webアプリがリリース!簡単に電気使用量が確認できる

ENEOSでんきのwebアプリ (1)

ENEOSでんきから、電気使用量が簡単にチェックできるWebアプリが誕生しました。

電気の使用量が目に見えてわかるため使いすぎを防止できたり、各種手続きをアプリで行うことができるので、これまで以上に利用しやすくなりますよ。

ENEOSでんきは解約金がかかる?解約方法について

ENEOSでんきの通常のプランは、いつ解約しても解約金はかかりません

しかし、2年以上の契約が必要な2ねんとく2割を契約すると、更新日まで(23・24ヶ月目)の解約で解約金1,100円(税込)がかかるというデメリットがあります

解約方法は、新しく契約する電力会社に契約の申し込みをするだけです。

解約の手続き自体は電力会社が行なってくれます。

ただし、引っ越しなどでENEOSでんきの契約を終了する場合は、ご自身での解約手続きが必要になるというデメリットには要注意です。

支払い方法次第でもっとお得になる

ENEOSでんきの電気代は、口座振替かクレジットカードで支払えます。

口座振替の場合、毎月5日・6日・23日・27日のいずれかの日程で引き落としされます。

クレジットカードはどの種類でも使用できますが、ENEOSでんきと提携しているクレジットカードを利用すればポイント還元率がアップしたりとさらにお得になります。

ENEOSでんきの申し込み方法

ENEOSでんきへの申し込み方法は以下の2パターンです。

  1. Web申し込み
  2. 電話申し込み

どちらも申し込みの際に検針票と支払い用のクレジットカードまたはキャッシュカード・通帳、届け印を用意しておく必要があります。

検針票が手元にない場合は、現在契約している電力会社に問い合わせをしてお客様番号を聞いておきましょう。

Webからの申し込み手続きは5分程度で完了します!

ENEOSでんきに関するよくある質問

ENEOSでんきに乗り換えを検討する際に、気になる点を調べてみました。

ENEOSでんきが高くなったって本当?

ENEOSでんきは、2023年11月分の電気料金から、基本料金・電力量料金ともに値上げします。

ただし、大手電力会社各社が2023年6月に値上げを実施しているため、ENEOSでんきへの乗換で電気料金が安くなるということは変わりません!

また、基準燃料価格を引き上げたため、燃料費調整額は下がり、大手電力会社各社と同じになります(燃料費調整額の上限を超えた場合を除きます)。

ENEOSでんきは新規受付停止している?

ENEOSでんきの新規受付は停止しておらず、新規申し込みが可能です。

新電力の中には、燃料費高騰による経営悪化などを理由に、電力事業から撤退したり、新規受付を停止したりしたところがあります。

ENEOSでんきは新規受付を停止することもなく、安定して電力供給を行っています。

ENEOSでんきの問い合わせ先は?

ENEOSでんきでは3種類の問い合わせ窓口が用意されています。ニーズに合わせて問い合わせ方法を選べるので、利用者が質問しやすい環境が整っていると言えますね。

東京電力とENEOSでんきはどちらが安い?

基本料金・従量料金で比較すると、ENEOSでんきの方が安くなります。

ただし、ENEOSでんきは燃料費調整額の上限を撤廃しているため、燃料費が高騰しているときには、東京電力よりも電気代が高くなる可能性もあります。

ENEOSでんきの解約はどこでできる?

ENEOSでんきのお客さまページから手続きできます。

ENEOSでんきの解約が必要になるのは、引越し・解体をするときです。引越し後にENEOSでんき以外の電力会社を使用する場合は、解約手続きを忘れずに行いましょう。

引越し後に引き続きENEOSでんきを契約する場合は、「お引っ越し手続き」が必要です。

現在の契約住所で電力会社だけを乗り換える場合は、切替先の電力会社で契約手続きを行えば、ENEOSでんきの解約手続きは不要です。

チャット

公式サイトの右下「チャットで質問」をクリックすると、問い合わせできます。チャットボットの自動応答か、オペレーターによるチャット応答で、リアルタイムに質問に答えてくれます。

チャットボットによる自動応答/受付サービス:毎日24時間
オペレーターによるチャット応答サービス:9:00~17:00

メール

ENEOSでんきをすでに契約している方は、「ENEOSでんき お客さまページ」にログインし、メールで問い合わせできます。契約していない方やログインができない方は、公式サイトのお問い合わせフォームから問い合わせ可能です。

回答には3~10日ほどかかりますので、急ぎの方は他の問い合わせ方法を選んでください。

電話

カスタマーセンターに電話での問い合わせもできます。

ENEOSでんき・都市ガス カスタマーセンター
ナビダイヤル:0570-01-8704
IP電話など:03-6627-1763

受付時間:​​​午前9時〜午後5時
(日曜日・祝日および年末年始を除く)

まとめ

ENEOSでんきは、世帯人数が多ければ多いほど電気代が節約できるメリットの大きい新電力です。

ファミリーなら見逃せないような料金プランになっています。しかも電気代だけでなくガソリン代まで安くなるので、車を所有しているファミリーなら固定費全体的に見直すことができます!

今ならお得なキャンペーンも実施しているので、ぜひこの機会にチェックしてみてください!

\ENEOSでんきで料金をお得に!/

関連記事