転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

後払いワイドの審査は厳しい?メリット・デメリットや口コミ、使える店について解説

後払いワイドはECサイトで利用できる決済サービスです。利用額を1ヶ月分まとめて後払いできるため手元に現金がなくても商品の購入が可能です。

一括払いだけでなく、分割払いやリボ払いに対応しているなど、使い勝手がいい反面、高額な手数料や使えるECサイトの少なさなどがデメリットとして挙げられます。

また、利用開始のためには審査に通過する必要もあります。審査では信用情報も確認されるため、過去に延滞や滞納を起こしている人は通過できない可能性が高いです。

デメリットも挙げられる後払いワイドについて、クレジットカードと比較しながら概要を解説します。

本サイト・ページで掲載している商品・案件は「賃金業法」のもと運営している賃金業者が提供している登録業者です。
(※登録業者は金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで検索できます。(最新情報や詳細の確認は、登録番号欄に記載されている各財務局都道府県に確認))
本サイトで掲載している商品・案件には広告を含むものがあり、一般社団法人第二種金融商品取引業協会の「広告等に関するガイドライン」金融商品取引法サイトポリシーなどに則ってご紹介しています。すべての記事制作におけるフローはこちらから確認できます。

後払いワイドとは

後払いワイド

 

後払いワイドは、ポケットカード株式会社が運営する後払いサービスです。初回利用10万円を上限に簡単な申し込みで利用可能です。

ECサイトで利用でき、利用金額は後払いであるため、商品到着の際のトラブル回避などにも役立ちます。思っていた商品と違うことや、商品が届かないなどのリスクを回避できるため、ECサイト特有のデメリット回避に有効です。

また、分割払いやリボ払いにも対応しているので、一括で購入するのが困難な場合にも利用できます。審査はあるものの、申し込み条件のハードルは低いため、誰でも手軽に利用できる可能性のあるサービスです。

運営会社 ポケットカード株式会社
申込資格 18歳以上の方(高校生は除く)
電話連絡可能な方
安定した収入がある方またはその配偶者
支払日 毎月1日(1日が休業日の場合は翌日)
利用上限額 最大30万円(初回利用時は最大10万円)
決済方法 一括払い
分割払い
リボ払い
分割手数料 実質年率15%(分割払い、リボ払い利用時)
支払方法 払込表(コンビニ、銀行)
口座振替

後払いワイドの審査は厳しい?審査基準を紹介

後払いワイドの審査は厳しい?-審査基準を紹介

 

後払いワイドの利用には審査に通過しなくてはなりません。初回利用時に個人情報を入力し、その内容に基づいて信用調査が行われます。

審査に通過できないと決済はキャンセルされ、商品が届くことはありません。欲しかった商品やすぐに必要な商品を受け取るためにも、審査に通過する必要があります。スムーズに決済するために以下に紹介する内容を事前に確認しておきましょう。

後払いワイドの申込条件

  • 18歳以上の方(高校生は除く)
  • 電話連絡が可能な方
  • 安定した収入がある方またはその配偶者

後払いワイドの申込条件は非常にシンプルです。18歳以上で安定した収入があれば申込可能です。安定した収入があればパートやアルバイトでも問題ありません。

配偶者に安定した収入がある方も対象になるため、必ずしも自分に収入があることが条件ではありません。

申し込みの際はSMS認証が行われるため、電話連絡が可能である必要があります。加えて本人確認書類のアップロードも求められるので、スムーズに手続きを行うためにも、事前に手元に準備しておくことをおすすめします。

後払いワイドの審査で重視されるポイント

後払いワイドを利用するにあたり、申し込み情報に基づいて審査が行われます。審査内容は公開されていないため、どのポイントを押さえれば必ず通過できるというものはありません。

しかし、審査では個人の信用情報を確認されるため、最低限信用情報が健全である必要があります。

信用情報とは、クレジットカードの審査などに使われる個人の記録情報です。クレジットカード利用額やローンなどの支払いを滞納すると記録されます。

カード会社やローン会社は貸し倒れリスクを最も嫌うため、確実に返済できる人にしかお金は貸しません。後払いワイドについても同様で、利用額を支払う意思があることを証明するためにも、信用情報のクリーンさが求められます。

後払いワイドの審査に落ちる人の特徴

上記のとおり、後払いワイドの審査には信用情報が用いられます。信用情報にローン滞納などの記録があると、貸し倒れリスクがあると判断され審査通過は困難になります。

金融機関のブラックリストについても同様で、確実に利用額が支払われる可能性が薄いことから審査通過はできません。

信用情報はローンなどを完済したからといってすぐに消えるものではありません。信用情報から記録が消えるまでには2年程度時間がかかります。審査に落ちた場合、信用情報に心当たりがあるのであれば、一定期間申込申請は避けるべきでしょう。

最短5分で発行可『JCBカードW』

jcbカードw

※POINT

JCBカードWは、最短5分で発行可能!手数料もかかりません。(18歳〜39歳限定)

年会費無料なのに高還元率で、最強クレジットカードです。

Amazonの利用で20%キャッシュバック特典あり!

\年会費無料なのに高還元!/

後払いワイド注意点・デメリット

後払いワイドの審査は厳しい?-審査基準を紹介

 

後払いワイドは使い勝手のいい便利なサービスですが、いくつかのデメリットも存在します。いざ使おうとしてもうまく使えなかったり、軽い気持ちで使っていると思わぬトラブルに発展する場合もあります。

後払いワイドは簡単に利用できるサービスですが、デメリットがあることも認識しておく必要があります。デメリットがあることも理解したうえで、効率よく買い物に利用しましょう。

利用には審査が必要

後払いワイドを利用するためには審査に通過しなくてはなりません。審査に通過できないと、商品の購入はキャンセルされ手元に届くことはありません。

もしもECサイトで購入した商品が早急に必要な商品だった場合には、商品が届かないために不都合が生じる可能性もあります。審査通過に絶対の条件はないため、通過できない可能性もあります。

万が一審査に落ちて購入がキャンセルされることも想定しておかなくてはなりません。

また、そもそも信用情報にローン延滞などの心当たりがある場合には審査通過は困難になります。直近でクレジットカードの審査に落ちた経験がある方も同様です。後払いワイドは審査に通過できない可能性が高い方には向いていないサービスといえます。

使えるサイトが少ない

後払いワイドは使い勝手のいい便利なサービスですが、対応している通販サイトが少ないのがデメリットとして挙げられます。どんなに便利な決済サービスであったとしても、欲しい商品を取り扱っているECサイトが対応していなければ使うことはできません。

後払いワイドに対応するECサイトは今後増えていく可能性もありますが、現時点では少ない上に利用者が多いとは言えないサイトが多いため、他の決済方法を選ばざるをえない状況です。欲しい商品があった場合、後払いワイドに対応しているECサイトを探して購入するのもひとつの方法です。

  • タンタンショップ+plusプラス
  • PCボンバー
  • LOBOR JAPAN
  • XPRICE
  • SPRO-SHOPヤフー店
  • GBFT Online
  • eightloop
  • サイクルワンダー
  • 東洋羽毛-公式通販サイト-
  • PCボンバー/Pay Touch
  • Rigna/Pay Touch
  • お茶元胡蝶庵/Pay Touch
  • うまいる/Pay Touch
  • ウェルネスライフ/Pay Touch
  • オーダー収納スタイル/Pay Touch

高額な決済には利用できない

後払いワイドの利用額上限は初回利用10万円であり、審査通過後も最大30万円です。そのため、高額な決済には利用できません。一般的な家電などであれば十分な限度額かもしれませんが、専門性の高い商品ともなれば価格も高額になります。

欲しい商品があり、ECサイトが後払いワイドに対応していたとしても、価格が高いことで利用できない場合も考えられます。後払いワイドを利用する際は、あくまで少額決済が基本となるでしょう。

分割払い・リボ払いの利用には手数料がかかる

後払いワイドの利用額返済は、一括支払いのほか分割払いやリボ払いにも対応しています。しかし、分割払いやリボ払いの利用には手数料がかかることを認識しておきましょう。

実質年率は15%です。決して低くはない利率であるため、できることなら一括支払いがおすすめです。ただ、利用額や家計の状況によっては分割払いやリボ払いを選択せざるをえない場合もあるでしょう。

そのようなときは、少しでも利息の支払いを減らすためにも、できる限り短期での返済を心がけてください

分割払いやリボ払いの利息は無視できる額ではありません。利息が膨らむことで資金トラブルに発展することもあるため注意が必要です。

後払いワイドよりもクレジットカードの利用がおすすめ

後払いワイドは使い勝手のいい便利なサービスです。しかし、デメリットも挙げられる後払いワイドを利用するのであれば、クレジットカードの利用がおすすめです。

後払いワイドもクレジットカードも利用開始に審査が必要であることには変わりないため、デメリットの少ないクレジットカードを利用することで、さらに効率よく決済が可能になります。

①JCBカードW

JCB CARD W

年会費 無料
ポイント還元率 0.9%~5.5%
申込条件 18歳以上~39歳以下
発行スピード 最短5分
追加カード 家族カード、ETCカード

JCBカードWは年会費無料のクレジットカードで、国内外どこで使ってもポイント還元が2倍のお得なカードです。さらに、Amazonやセブンイレブン、スターバックスなどパートナー店では、最大21倍のポイントを獲得できます。

非接触決済にも対応しているため、会計の都度クレジットカードをやり取りする手間も省くことができ、ストレスなく日々の買い物で決済できます。利便性やセキュリティの高さなど、どの項目においても業界トップレベルのクレジットカードです。

\発行枚数100万枚突破/

②三菱UFJカード

UFJニコス

 

年会費 1,375円(初年度無料)
ポイント還元率 0.4%~5.5%
申込条件 18歳以上
発行スピード 最短1営業日
追加カード 家族カード、ETCカード

三菱UFJカードは初年度年会費無料のクレジットカードです。2年目以降も、前年度に一度でもクレジットカードを利用していれば年会費はかかりません

VISA、MasterCard、JCB、American Expressの4つの国際ブランドに対応しているため、持っていない国際ブランドで発行することで使用できる幅が広がります。

対象店舗の利用で最大10.5%還元です。実質無料のクレジットカードで10%超える還元率は他社では真似できない特徴です。

\対象店舗利用で最大10.5%還元/

③三井住友カードOlive

三井住友カードolive

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~7.0%
申込条件 18歳以上
発行スピード 最短1~2営業日
追加カード ETCカード

三井住友カードOliveは年会費無料のクレジットカードです。スマホアプリに連動させることで、銀行口座やポイント、クレジットカード、資産運用などいくつもの項目を一括管理できます。金融関係を一括でまとめられるため、家計管理にも非常に役立ちます。

三井住友カードOliveを利用していると毎月特典を受け取れます。ライフスタイルに合わせて特典を選ぶことができるため、自分に合った特典でお得に生活を送れます。

\4つの機能が1枚のカードに!/

後払いワイドの特徴・メリット

後払いワイドはECサイトで利用できるメリットの大きいサービスです。簡単な手続きと審査で幅広いユーザーが利用できます。後払いワイドをうまく使うことができれば、より効率よくネット決済ができるでしょう。

最近ではいくつもの種類の決済手段が横行しているため、それぞれの特徴を理解しておくことで最善の決済手段を選択できます。後払いワイドの特徴とメリットを確認してお得に効率よく買い物をしましょう。

クレジットカードが不要

一般的にECサイトで商品を購入する場合にはクレジットカードの登録が必要です。決済の都度クレジットカード番号を入力する手間もありますし、そもそもクレジットカードを所有していなくてはなりません。

しかし、後払いワイドを利用することでクレジットカード不要で決済が可能です。決済の都度クレジットカード番号を入力する手間も省けるためストレスなくECサイトでの買い物を楽しめます。

普段から現金決済が主の方や、クレジットカードを持っていない方も利用できます。クレジットカード不要でネットショッピングを楽しめるのは後払いワイドの魅力のひとつです。

最大30万円まで決済できる

後払いワイドは初回利用時は上限10万円ですが、審査に通過することで最大30万円まで決済可能になります。他社の後払いサービスでは、3万円や5万円といった少額決済が主流です。

しかし、後払いワイドは30万円という高額決済にも対応しているサービスであるため、使い勝手がいいといえます。

30万円の限度額があれば大抵のものは購入できるでしょう。PCなど高額な電気製品でも十分に対応可能です。高額な商品は実店舗で購入して持ち運ぶのも困難であるため、ネット決済で済ませられるのは大きなメリットです。

支払期限は最大2か月後

後払いワイドの利用額は1ヶ月分をまとめて請求されます。月内に何回利用しても支払いは一度にまとめられるため管理も簡単です。

さらに、支払い期限を最大で2ヶ月後まで伸ばすことも可能です。高額な商品を購入したり、他の出費が重なって資金が厳しい場合など、後払いワイドの支払いを延期することで出費の集中を避けられます

普段生活をしていると、ときには出費が重なってしまうこともあるでしょう。状況によっては毎月の給料をオーバーしてしまうこともあります。そんなとき支払い期限を延ばせるサービスは利用者にとってありがたい仕組みとなります。

分割払い・リボ払いもできる

後払いワイドの利用額の支払いは分割払いやリボ払いにも対応しています。後払いワイドは、1ヶ月分の利用額をまとめて請求される仕組みですが、分割払いやリボ払いを選択することで、まとまった出費を避けられます。

30万円という高額な利用額があることから、家電など高額商品を購入することもあるでしょう。一度に高額な請求が来てしまうと、大きな出費になってしまうため生活を圧迫する可能性もあります。

そこで分割払いやリボ払いを利用することで出費を分割でき、家計に与える影響も分散できます。一度で払うのは困難な金額でも、分割することでストレスなく返済が可能です。

最短5分で発行可『JCBカードW』

jcbカードw

※POINT

JCBカードWは、最短5分で発行可能!手数料もかかりません。(18歳〜39歳限定)

年会費無料なのに高還元率で、最強クレジットカードです。

Amazonの利用で20%キャッシュバック特典あり!

\年会費無料なのに高還元!/

後払いワイドの申込~利用の流れ

後払いワイドはECサイトで商品を購入する際に申し込み手続きを行います。手続き自体は複雑なものではなく、本人確認書類を手元に準備しておくだけで簡単に進められます。

後払いワイドの申込手順

後払いワイドの申込手順は非常にシンプルです。お客様情報を入力してから本人確認書類をアップロードし、審査結果を待つだけになります。

万が一審査に落ちてしまった場合は、商品の購入はキャンセルされるため、手元に商品が届くことはありません。申込申請を行い、スムーズに審査に通過するためにも、入力ミスなどに注意をしましょう。

支払方法選択時に「後払いワイド」を選択

ECサイトで欲しい商品が見つかったら、支払方法選択時に「後払いワイド」を選択します。銀行振込やクレジットカード払いなどと一緒に後払いワイドが表示されるので選択しましょう。

後払いワイドが対応しているECサイトでなければ支払方法選択時に「後払いワイド」は表示されません。もしも、欲しい商品を取り扱っているECサイトの支払方法に後払いワイドがない場合には他の決済方法を選ぶしか方法はありません。

お客様情報を入力

支払方法選択で後払いワイドを選択したらお客様情報の入力を行います。このとき、ECサイトに登録してある情報は自動で反映されます。

入力情報に基づいて審査が行われるため入力ミスには注意しましょう。特にスマートフォンでの操作は細かい作業になるため入力ミスも発生しやすくなっています。

入力ミスがあると審査を進めることができません。最悪の場合審査結果に影響を及ぼす可能性もあるため、自動入力の項目も含めて何度も確認をしてください。

本人確認書類のアップロード

お客様情報の入力が終わったら本人確認書類のアップロードを行います。写真を撮ってアップロードもできますし、画像ファイルのアップロードでも対応可能です。

このとき、画像が鮮明に写っていることと、本人確認書類の有効期限などに注意しましょう。不鮮明であったり、有効期限が切れた本人確認書類では審査を進めることができません。

スムーズに審査を進めてもらうためにも細かな数字までしっかりと確認できる画像をアップロードしてください。

SMS認証

本人確認書類のアップロードが終わると、お客様情報で入力した携帯電話番号にSMS通知が届きます。4桁の数字が届くので、数字を確認したらブラウザで入力しましょう。

このとき、機内モードになっているとSMS通知が届きません。機内モードでWi-Fiのみ使用している場合には機内モードを解除してモバイルデータ通信も受信できるようにしておきましょう。

申込受付、審査

SMS認証が終わると申込受付は終了です。あとは審査結果を待つだけになります。9:00〜20:00までの申し込みの場合は即日に審査結果を受け取れます。夜間の申込の場合は翌日の回答です。

審査完了とともに商品の購入も確定します。自宅宛に仮IDと仮パスワードが記載された案内が届くので、会員ページからID、パスワードの設定を行いましょう。

決済完了後に払込票も送付されるため、コンビニや銀行で支払いを済ませてください。

後払いワイドの申込に必要な書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

後払いワイドを利用するためには本人確認書類のアップロードが必要です。スムーズに申込申請を行うためにも本人確認書類を手元に準備してから操作を始めましょう。

現物を写真に撮ってアップロードすることもできますし、画像ファイルをアップロードすることもできます。都合のいい方で本人確認書類をアップロードしましょう。

後払いワイドに関するFAQ

後払いワイドはシンプルな後払いサービスですが、いくつかの質問も寄せられています。後払いサービスによくある質問も寄せられていますが、あくまでひとつの決済手段として適正な使い方をしなくてはなりません。

後払いワイドは信用情報がブラックでも利用できる?

後払いワイドを利用するためには審査があります。審査では信用情報が確認されるため、信用情報がブラックだと利用は困難でしょう。

ブラックであることが確定しているのであれば、更なる審査申請はマイナス評価につながる恐れがあります。一定期間審査申請は避けて、現金決済や銀行振込での対応をおすすめします。一定期間経過後に再度チャレンジしてみましょう。

後払いワイドは現金化できる?

後払いワイドは現金化できません。後払いワイドはECサイトで使える後払いサービスですから、あくまで商品を購入する決済方法のひとつです。

ECサイトで現金の取り扱いはない以上、後払いワイドを使って現金化はできません。

後払いワイドが使える店はある?

後払いワイドはECサイトのみ対応している決済サービスです。そのため、実店舗で使うことはできません。また、使えるECサイトも限られていることから、どのECサイトでも使えるわけではありません

使えるECサイトが限られている分、購入できる商品も限られてしまいます。欲しい商品がある場合には、まずは後払いワイドホームページから対応しているECサイトを確認してください。

後払いワイドを利用するには何が必要?

後払いワイドを利用するときに必要になるものは、メールアドレスと電話番号、本人確認書類です。本人確認書類には運転免許書等で対応でき、撮影して提示します。

初回利用時に与信審査が行われ、審査に通ることで利用可能となります。

後払いワイドの利用方法の案内はいつ届く?

「後払いワイドご利用方法のご案内」は審査完了後約1週間後に届きます。

この案内に会員専用ネットサービスの初回登録方法が記載されているので、登録しましょう。

その後、会員専用ネットサービス内で引落口座等を登録できます。

まとめ

後払いワイドを利用することでECサイト特有のリスクを回避できます。しかし、使えるECサイトの少なさや決済金額の小ささからクレジットカードの方が利便性が高いといえます。

後払いワイドの利用を検討するのであれば、まずはクレジットカードの利用がおすすめです。中でもJCBカードW、三菱UFJカード、三井住友カードOliveは使い勝手がよく、メリットの多いクレジットカードです。

クレジットカードを利用して効率よく買い物をしてください。

最短5分で発行可『JCBカードW』

jcbカードw

※POINT

JCBカードWは、最短5分で発行可能!手数料もかかりません。(18歳〜39歳限定)

年会費無料なのに高還元率で、最強クレジットカードです。

Amazonの利用で20%キャッシュバック特典あり!

\年会費無料なのに高還元!/

関連記事