転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

Paidyがやばいと言われる理由は?支払い遅れのリスクとブラックリスト入りするまでの流れを解説

Paidy(ペイディ)は後払い決済サービスのひとつで、クレジットカードを登録せずにネットショッピングできるため、利便性が高いと人気を集めています。

しかしPaidyを使い始めたのはいいものの、「Paidyがやばいって聞くけどどういうこと?」「支払い遅れたらブラックリスト入りするのでは?」と不安になっている人も少なくありません。

PaidyはアメリカにあるPaypalホールディングスを親会社に持っており、怪しいサービスではありませんが、注意すべき点が多いのも事実です。

この記事では後払いサービスのPaidyについて、「支払いが遅れそうなときはどうなる?」「ブラックリスト入りするのはどんな時?」など、Paidyを利用する上での不安を解消する方法を解説してきます。

本サイト・ページで掲載している商品・案件は「賃金業法」のもと運営している賃金業者が提供している登録業者です。
(※登録業者は金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで検索できます。(最新情報や詳細の確認は、登録番号欄に記載されている各財務局都道府県に確認))
本サイトで掲載している商品・案件には広告を含むものがあり、一般社団法人第二種金融商品取引業協会の「広告等に関するガイドライン」金融商品取引法サイトポリシーなどに則ってご紹介しています。すべての記事制作におけるフローはこちらから確認できます。

目次

Paidy(ペイディ)がやばいと言われるデメリット

Paidy(ペイディ)がやばいと言われる

支払いが遅れるとブラックリスト入りする可能性あり

Paidyの支払いが61日以上滞納すると、信用情報機関のCICに延滞情報が登録され、いわゆる「ブラックリストに載る」ことになります

一度ブラックリストに載ると、他のクレジットカードの利用停止や、ローンの審査落ちなど、信用面で大きなデメリットが生じます。

さらにブラックリスト情報は5年間登録され続けるため、長期的な影響は避けられません。Paidyは手軽に利用できる反面、支払い遅延のリスクは十分認識しておく必要があります。

利用可能限度額が低い

Paidyの利用限度額は、利用者によって異なりますが、最低でも3万円程度と言われています

クレジットカードに比べると利用限度額は低めに設定されており、高額な商品の購入には不向きです。また、限度額が低いと必要な物が買えないなど、利便性に欠ける面もあります。

Paidyを使う際は、自身の利用限度額を把握し、計画的に利用することが大切です。

使い過ぎてしまうリスクがある

Paidyは簡単に利用できるため、ついつい使い過ぎてしまうリスクがあります

特に利用限度額が高めに設定されている場合は、衝動買いなどで支払いに窮する恐れもあります。

Paidyを利用する際は、予算管理をしっかり行い、無理のない範囲で計画的に使うことが重要です。請求額が給料を超えないよう、利用限度額を意識して適度に利用することが賢明な使い方と言えるでしょう。

Paidy(ペイディ)の支払いが遅れるとやばい理由!ブラックリスト入りまでの流れ

「Paidyを利用してお買い物をしたけど、支払いができなくなってしまった」という場合は、督促状が届き最悪の場合ブラックリストに載ってしまう場合もあるので注意が必要です。

Paidyの支払いが遅れてしまった場合の、支払い遅れからブラックリスト入りしてしまうまでの流れをこちらで順にご紹介します。

Paidyの支払い遅れ〜ブラックリスト入りまでの流れ

①メールや電話で連絡がくる

支払期日から1ヵ月程度たってもPaidyを支払っていない場合は、メールや電話、ショートメッセージ等で連絡がきます。

なお、電話連絡が行われる場合には以下の番号から着信があります。

支払い窓口:03-4405-5442

もし出られなかった場合には、早めに折り返しの連絡を行ってください。

それでも支払いが確認できない場合には、督促状が届きます。督促状は自宅だけでなく、職場に届くケースもあるようです。

②延滞手数料が発生する

Paidyの支払いを滞納してしまうと、延滞手数料が発生してしまいます。

手数料は手数料と延滞遅延金の2種類です。

延滞遅延金は、以下の式によって計算されるので日数ごとに加算されていきます。

Paidyの支払金額 × 14.6%(Paidy年率) × 未払い日数 ÷ 365

例えば2,000円の商品を購入し2日間滞納した場合、回収手数料153円と合わせて計2,155円を支払うことになります。

1ヵ月滞納した場合は、回収手数料と合わせて2,177円を支払わなければいけません。

このようにみると大きい金額ではないように感じますが、購入金額が大きく滞納日数が伸びるほど大きく膨れ上がります。

これらは本来支払う必要の無いお金。早めに対応しておくことをおすすめします。

③2ヶ月以上の支払い遅れで滞納するとブラックリスト入り

督促状が届いても無視してPaidyの支払いを延滞すると、延滞情報が信用情報期間に記載され、ブラックリストに載ります。

目安としては2ヵ月以上経ってしまった場合で、この状態になると今後Paidyの利用はできません。ブラックリストに載っているかどうかは、CIC(日本信用情報機構)に開示請求することで確認できます。

ブラックリストに載ることで、Paidyの利用以外にも以下のことなどができなくなります。

  • クレジットカードの作成
  • ローンを組むこと
  • 携帯電話に契約
  • 金融機関からの借り入れ
  • 賃貸契約
  • 住宅の購入

また最悪の場合、裁判を起こされて財産の差し押さえが行われるケースも考えられます。Paidyが法律事務所に支払代金の回収をお願いすることもある、ということです。

もし現時点でPaidyの支払いが滞納している方は、一刻も早く対処しましょう。

最短3分で現金が手に入る

オリコン満足度2年連続NO.1のプロミス。Web申込みなら最短3分で融資可能で、土日祝日でも借入できます!
初回利用者限定で30日間利息が0円になるキャンペーン実施中のおすすめ消費者金融です。

プロミス

金利 融資スピード バレない度
4.5〜17.8% 最短3分
学生の利用 無利息期間 コンビニの利用
可能◎ 30日間 可能

※POINT
プロミスは最短3分で融資が受けられる消費者金融カードローンです。
土日祝日でも審査を行っているため、急いでお金が必要な方でも安心して利用できます。

今なら最大30日間無利息となるキャンペーンを実施中です。

\最短15秒で審査結果がわかる!/

【支払い遅れするとやばい!】Paidy(ペイディ)が支払えない時の3つの対処法

Paidyの支払いが間に合わなかったり、滞納しそうな時にするべき対処方法を紹介していきます。

Paidy(ペイディ)のカスタマーセンターに相談する

支払いの期日が過ぎてしまった場合は、まずはPaidyへ連絡し相談しましょう。

支払いがすぐには難しい場合でも、支払い期限の延長や支払い方法を分割へ変更するなどの対応をしてもらえる可能性があります。

Paidyのカスタマーセンター(0120-971-918)が窓口になっていますので、遅延の期間が1日でも短い間に相談してみましょう。

家族・友人に一時的に借りる

Paidyでの延滞はできるだけ早いうちに解決するべきです。まずは両親や友人など親しい間柄の人に相談し、お金を借りることを検討してみてください。

身近な人にお金を借りると、利子や手続きがかからないのでその後の返済も楽になります。

しかしそれと同時に、

  • 返済できなくなったときに合わせる顔がない
  • 借りた金額の認識が異なっており、トラブルに発展
  • 返済ができたとしても、お金を借りたことへの罪悪感が残る

などその後の関係性に大きく影響してしまうケースも考えられます。

このような状態にはなりたくない、という方はこの後紹介するカードローンを検討してみてください。

>>Paidyの支払い遅れ時に対応するなら、
安全・安心のカードローン

カードローンに申し込む

カードローンのメリット

・最短3分で現金が手に入る
・30日間の無利息期間がある
・コンビニATMでお金を下ろせるから、すぐにPaidyの滞納が解決する

身近な人からお金を借りることに抵抗がある方は、カードローンをおすすめします。

「カードローンでお金を借りるのは、もっと危ないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

確かに世の中には悪徳金融業者もありますが、以下で紹介するのはCMなどでもおなじみの大手消費者金融機関です。

安全性も高い上に比較的金利も低く、3分〜1時間で即日融資ができる消費者金融カードローンなら緊急時にも役に立ちます。

Paidyの支払いに遅れてしまった方、または遅れてしまいそうな方に最もおすすめの対処法です。

日雇いバイトでお金を稼ぐ

Paidyをどうしても支払えないときは、日雇いのアルバイトでお金を稼ぐ方法があります。日雇いバイトの場合、日給のため即日支給されます。そのため、数万円の延滞であれば、数日で返済分を稼ぎ支払いに回すことができます。

また、日雇いと聞くと、男性の仕事・力仕事と思われる点もありますが、女性でも可能なアルバイトもありますので、探してみましょう。

しかし、日雇いバイトの募集には実態が不明なバイトや異様に高額なバイトなど、危険なバイトが潜んでいることもあるため、慎重に探すことも重要です。

Paidy(ペイディ)の支払いが遅れた時におすすめなカードローン3選

ここからは、Paidyの支払いが遅れそうな時やすでに滞納してしまった時におすすめカードローンを紹介していきます。

当サイトおすすめのカードローン3選
プロミスプロミス アイフル
アイフル
アコムアコム
審査時間 最短15秒 最短3秒簡易審査 最短20分
最短融資時間 最短3分 最短18分 最短20分※1
在籍確認 原則なし 電話なし 原則、在籍確認なし※2
無利息期間 30日間 なし なし
申込み 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2:原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施

①最短15秒で審査結果がわかる「プロミス」

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短15秒
融資スピード 最短3分
web完結 可能
無利息期間 30日間
学生の利用 可能

業界最大手「プロミス」は、2020年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン第1位」を獲得した評判の高いカードローン会社です。プロミスは原則在籍確認がないので、バレずに借入ができます。

カードの発行不要で融資や返済をアプリで管理できるアプリローンを推奨しており、スマホで操作して24時間365日すぐに振り込んでもらえる即フリキャッシングが非常に便利です。

また初回利用日の翌日から30日間の無利息期間も用意されているので、短期の借入なら金利ゼロで借り入れできるのも嬉しいポイント!少額融資を受ける際に重要な最高金利は17.8%とカードローンの中でも低金利となっています。

\最短15秒で審査結果がわかる!/

②最短3秒で簡易審査できる「アイフル」

アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 1秒簡易審査
融資スピード 最短18分
web完結 可能
在籍確認 Web完結を選べば職場連絡なし

アイフルは他の大手カードローンと比べると歴史が浅いですが、バレにくいカードローンとして人気を獲得しています

その最大の特徴は、Web完結なら職場への電話連絡を原則なしにできる点。申込時にWeb完結を選択すれば、社名入りの健康保険証などを使った書類審査で確認が完了します

スマホを使って返済可能となっておりカードレスなので、周囲にバレたくない人は必ずWeb完結を選日ましょう。

また必要情報を入力するだけで審査に通過できるかを簡易的に判断してくれるアイフルの1秒簡易審査や、返済額に応じてTポイントが付与される手軽さとお得さも魅力。

24時間振り込み対応しているため即日融資が可能で、返済可能なATMが多いので利便性も抜群です。

\24時間振り込みに対応!/

③「アコム」は最短20分で即日融資

アコム

金利(実質年率) 3.00%~18.00%
無利息期間 初回契約時から30日間
契約限度額 1万円~800万円
学生の利用 可能
申し込み条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方

アコム」は、アコム株式会社が提供する消費者金融カードローンアコム株式会社は2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループと資本提携し、連結子会社となりました。

アコムは24時間365日借入可能な振込キャッシングサービスや、カードローンのカードにクレジット機能を付けられたり、審査スピードが早いなど、大手企業ならではのサービスレベルの高さが特徴です。

初回利用時の30日間無利息期間サービスや、返済に困った時に返済額を一時的に減額できるサポートなども用意されているので、カードローン初心者の方へのサポートが手厚くなっています。

\初めてのカードローンにおすすめ/

>>Paidyの支払い遅れ時に対応するなら、
安全・安心のカードローン

他社にも借入があるなら債務整理を検討

Paidy以外にも借入があり、返済に困っているなら債務整理を検討することも考えてみましょう。

債務整理とは、債権者の合意、裁判所の決定に基づき、借入している額を減額したり支払いに猶予を持たせたり、免除してもらうことで借入を解決できる法的処置です。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の3つに大きく分けられ、状況によりどの方法で債務整理をするかは変わってきます。

債務整理をする場合は、どの方法が良いかなどは弁護士や司法書士などの専門家と相談しましょう。

PaidyよりもおすすめのSMBCモビット

Paidyの滞納をサクッと解決するなら、年会費無料・最短10秒で簡易審査が完了するSMBCモビットがおすすめ。
嫌な催促の電話やメール、家族にバレる心配も一気に解決できます。

Paidy(ペイディ)のメリット

Paidy(ペイディ)のメリットについて見ていきましょう。

申し込み資格は幅広い

Paidyの申し込み条件は以下の通りです

  • 18歳以上であること(未成年は親の同意が必要)
  • 国内発行の携帯電話番号を持っていること
  • メールアドレスを持っていること

クレジットカードの審査では安定収入や職業が重視されますが、Paidyではそのような制限はありません。学生や主婦、フリーターなどクレジットカードの発行が難しい人でもPaidyなら利用できる可能性が高くより多くの人が後払い決済を利用できるというメリットがあります。スマホとメールアドレスさえあれば、ほとんどの成人が申し込めるシンプルさが特徴と言えるでしょう。

利用方法も簡単で、ショップのお支払い方法で「あと払い(ペイディ)」を選択し、メールアドレスと携帯番号を入力、SMSで届く4桁の認証コードを入力するだけですぐにお買い物ができます。

翌月払いで計画的なお買い物が可能

ペイディは1ヶ月に何度利用しても、お支払いは翌月にまとめて行えます。翌月1日~3日の間に請求金額がメールとSMSで通知され、コンビニ払い・銀行振込・口座振替から支払い方法を選び、同月10日までに支払います。

ショッピング中に手元に十分なお金がない時でも欲しい商品をすぐ購入できるため、給料日前の買い物などに便利です。

利用明細はアプリですぐ確認できるので、使いすぎの防止にもつながります。

分割手数料無料の3回払いが利用可能

ペイディプラスに登録すると、3回までの分割払いが手数料無料で利用でき、一括払いだと負担が大きい高額商品の購入時にも重宝します。無理のない支払いプランで計画的に買えるようになります。

分割払いの設定は購入時に選択するか、後からアプリ上で変更可能。手数料がかからないのは口座振替か銀行振込で支払う場合のみですが、それでも通常は有料の分割払いが無料で使えるのは大きなメリットと言えるでしょう。

Paidy(ペイディ)で即日現金化は危険!注意点を解説

Paidyで現金化をする場合には、何点か注意点があります。

Paidyで現金化する際の注意点
  • 利用規約に違反している行為である
  • 即日現金化が難しい場合も
  • 支払い能力で限度額が決まる
  • 支払いが滞ると債権回収される可能性あり

①利用規約に違反している行為である

そもそもPaidyでは、現金化目的でのショッピングを禁止されています。

利用規約には、以下のように示されています。

1.利用者はご自身または第三者を利用して、以下の(1)~(8)の行為を行ってはならないものとします。

(1)申込みに際して虚偽の申告をする行為

(2)意図的な未払い等の詐欺的な行為

(3)架空もしくは虚偽の内容の取引

(4)情報を改ざんまたは悪用した取引

(5)合理性に欠き、著しく不自然な取引

(6)換金を目的とした商品購入等または犯罪による収益を対象とする商品購入等、本サービスの利用が不適当もしくは不審な行為

(7)その他の違法行為や当社または販売店に対する法的な限度を超えた不当要求行為

(8)本規約に違反する行為

(参照:ペイディ利用規約

利用規約を違反した場合、料金を一括請求される可能性が高いです。

また、他社に比べて現金化に関しては厳しい監視体制をとっています。そのため、少しでも怪しい場合は利用確認の連絡がくるでしょう。

したがって、Paidyを現金化目的で利用するのはやめましょう

②即日現金化が難しい場合も

Paidyを現金化するには、専門業者に依頼する必要があります。

Amazonのギフト券やクレジットカードなどを受け持つ業者は多いのですが、Paidyも現金化の対象としている業者はほぼありません。

業者がみつかったとしても、入金までに時間がかかり、即日現金化が難しい場合がほとんどです。

③支払い能力で限度額が決まる

Paidyではどんな商品でも限度額以内の利用であれば購入が可能かというと、そうではありません。

支払い能力によって利用限度額が決定するため、場合によっては少額しか利用できない可能性があります。

本人確認を済ませ、Paidyの審査を通過しておくことで、利用限度額が高くなり少々高額のものも購入にも利用できるようになります。

④支払い遅れすると債権回収される可能性あり

Paidyの利用は、借入と同様と考えておきましょう。

そのため、Paidyを利用すると、翌月10日までに返済を済ませなければなりません。

もしも滞納してしまうと、最悪の場合債権回収やブラックリストに載ってしまう可能性があります。

回収手数料や延滞遅延金もかかるので、返済できる金額のみの利用をおすすめします。

すでに支払いが遅れている場合は、カードローンの利用で速やかに返済するようにしましょう。

>おすすめの支払い方法をチェック

プロミス

※POINT

プロミスは最短3分で融資が受けられる消費者金融カードローンです。

土日祝日でも審査を行っているため、急いでお金が必要な方でも安心して利用できます。

今なら最大30日間無利息となるキャンペーンを実施中です。

\最短15秒で審査結果がわかる!/

Paidy(ペイディ)に関するFAQ

最後にPaidyに関してよく寄せられる質問に回答していきます。

信用情報に問題があってもPaidyは利用できる?

Paidyは電話番号とメールアドレスのみで利用できますが、利用前に必ず審査が行われます。とくにPaidyプラスの場合、審査の際には信用情報も確認するため過去に延滞を起こしている人は利用できない可能性が高いです。

ただし、信用情報の事故情報は完済してから2~10年程度で削除されるので、この期間を経過している人であれば利用できることがあります。もしもPaidyの審査に不安がある場合には一度自分の信用情報を確認してみることをおおすすめします。

Paidy(ペイディ)の支払い遅れはいつまでに払えば利用再開できる?

Paidyの支払い遅れをいつまでに解消すればいいという明確な基準はありませんが、おおむね1か月以内に行うことで利用を再開できる場合はあります。ただし、利用可能枠が減額されるといったペナルティが課されるようです。

強制解約とならない限りは利用再開できる見込みがあるようなので、気づいたときにすぐに支払いを済ませるようにしましょう。

Paidy(ペイディ)は滞納で解約になったら二度と申し込めない?

Paidyに限らず、クレジットカードや後払いサービスの多くは滞納などにより解約になった場合、二度と利用できなくなります。これは、たとえ信用情報から滞納の記録が消えたとしても運営会社の社内にはPaidyを解約になったという記録が消えることなる残り続けるためです。

Paidyを滞納してしまい解約となってしまった人は、電話番号認証のみで利用できるほかの後払いサービス等の利用を検討してください。

Paidy(ペイディ)以外も滞納していて払えない場合どうすればいい?

Paidy以外の後払いサービスやカードローンの借り入れなどの支払いがかさみ多重債務状態になっているのであれば債務整理を検討する必要があります。債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3種類があり、手続きによっては借りたお金の利息や元金の一部もしくは全部を免除してもらうことが可能です。

ただし、債務整理を行った場合には債務の完済・免除から5~10年間は信用情報に記録が残るためほかのローンや審査の必要な後払いサービスは利用できなくなります。

どうしても首が回らないという状況になる前におまとめローンなどを活用して借金を増やさず減らすための努力をしましょう。

Paidy(ペイディ)の支払い方法にクレジットカードは使える?

Paidyの利用料金の支払い方法は口座振替・銀行振込・コンビニ払いの3つであり、すべて現金払いとなっているためクレジットカードは利用できません。

もしもクレジットカードで料金を支払いたいのであれば、はじめから自分が持っているクレジットカードで商品を購入する必要があります。

クレジットカードのほかにもデビットカードやほかの後払いアプリなども利用できないので注意しましょう。

Paidy(ペイディ)のまとめ

今回は後払い決済サービスPaidyについて、支払いが遅れた時の対処法や起こることや即日現金化の注意点を紹介しました。

Paidyは手続きが簡単なので、ネットショッピングで買い物をする方にとってかなり利便性の高いサービスだといえます。しかし支払いを滞納すると、ブラックリストに載ってしまう場合や最悪の場合裁判になることがあります。

また、Paidyは現金化目的でのショッピングを禁止しています。

周りに相談したりカードローンの利用を検討したりして、早めに解決させましょう!

PaidyよりもおすすめのSMBCモビット

Paidyの滞納をサクッと解決するなら、年会費無料・最短10秒で簡易審査が完了するSMBCモビットがおすすめ。
嫌な催促の電話やメール、家族にバレる心配も一気に解決できます。

プロミス

※POINT

プロミスは最短3分で融資が受けられる消費者金融カードローンです。

土日祝日でも審査を行っているため、急いでお金が必要な方でも安心して利用できます。

今なら最大30日間無利息となるキャンペーンを実施中です。

\最短15秒で審査結果がわかる!/

関連記事

CHOOSENER+では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社、SMBCコンシューマーファイナンス社、アイフル社などから委託を受け広告収益を得て運用しております。