未分類
美容
転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

アメックス・グリーン・カードを選ぶメリット・デメリットは?申込み基準や審査について解説

ステータス性が高いことで知られているアメックスカード。

そんなアメックスの一般ランクであるアメリカン・エキスプレス®・グリーン・カード(アメックスグリーン)は、他社カードのゴールドカードと同じレベルに位置すると言われています。

また、クレジットカードでは珍しい月額制を採用しており、ステータスカードにも関わらず、一度に高い年会費を払わなくても良いのもポイントです。

本記事では、アメックスグリーンの基本情報やメリット・デメリットについて紹介します。アメックスカードやアメックスグリーンを検討している方は、ぜひ参考にしてください!

\今なら初月無料キャンペーン実施中/


▶︎関連記事:「【2024年】年会費無料のおすすめ人気クレジットカード
▶︎関連記事:「家族カードが無料のおすすめクレジットカード8選|選び方やメリット・デメリット
▶︎関連記事:「結婚式費用の支払いにおすすめなクレジットカードは?支払う際の注意点

目次

アメックスグリーンは月額制!基本情報・年会費を解説

アメックスグリーン

アメリカン・エキスプレス(アメックス)は、VISAやJCBと並ぶ「世界5大ブランド」です。1850年にアメリカで創立され、1912年には日本にもオフィスが創立されました。

アメックスは、ハイステータスなブランドとして国内外で人気を誇っています!

年会費 月額1,100円(税込み)
ポイント還元率 0.5%
家族カード年会費 月会費550円(税込)
保険サービス ・海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
・オンライン・プロテクション
・リターン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション

アメックスグリーンはアメックスのプロパーカードの中で1番会費が安く、一般ランクとされています。

将来的にアメックスゴールドやプラチナカードを持ちたいと考えている方にもおすすめのカードです。

また、締日は契約時に設定した引き落とし口座によって異なるため、注意してください。契約時に引き落とし日を確認しておくのがおすすめです。

アメックス初の月額制カード

アメックスグリーンは、2022年9月に大幅リニューアルされました。年会費制から今流行のサブスクリプション型に変更されたのがポイントです。

従来は年会費13,200円でしたが、月会費に変更されて月々1,100円になりました。この変更は、ユーザーが気軽にアメックスへ入会し、特典であるグリーンオファーズを体験してほしいという思いからリニューアルされました!

家族カードも同様に6,600円から月会費550円に変更されたため「年会費が高いから迷っている」といった方でも、申し込みやすくなっています。

まずは1番手頃なアメックスグリーンを作成し、自分に合っていたらゴールドやプラチナを目指すといったことも可能です!

【2023年最新】アメックスグリーンカードのキャンペーン情報

アメックスグリーンカードの入会キャンペーンは次の通りです。

  • 新規入会特典:合計35,000ボーナスポイント獲得可能
  • グリーン・オファーズ™ カードご利用ボーナス
    └ご入会後8ヶ月以内に対象加盟店でのカードご利用1,000円ごとに150ボーナスポイント(上限15,000ボーナスポイントまで)
    ※グリーン・オファーズ™カードご利用ボーナスは10月4日(水)まで実施中のものと同じです。
  • カードご利用ボーナス
    └ご入会後3ヶ月以内に合計20万円のカードご利用で5,000ボーナスポイント
    └ご入会後6ヶ月以内に合計50万円のカードご利用で15,000ボーナスポイント
\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

アメックスグリーンカードのデメリッ

ステータス性や付帯サービス内容も充実しているアメックスグリーンですが、デメリットも存在します。カードを契約する前に、デメリットも知っておきましょう!

家族カードが有料

アメックスグリーンの家族カードは、1枚目から550円(税込み)と有料です。一般的なクレジットカードは、家族カードが無料であることが多いため、デメリットといえるでしょう。

アメックスのゴールドカードならば、家族カードの1枚目は無料になっているので、家族カードを検討している方はアメックスゴールドを作成してから家族カードを発行するのもおすすめです。

利用できない店舗がある

アメックスは、VISAやMastacardなどの国際ブランドと比べると加盟店が少なめです。

理由は’’加盟店手数料’’にあります。加盟店手数料とは、国際ブランドの加盟店になるためにかかる初期費用や月会費、1決済ごとの決済金額に応じて支払う利用料金のことです。

1決済ごとの利用料金が、VISAやMastarcardでは2〜3%に対し、アメックスは5〜7%と高い傾向にあります。

高級店ではアメックスを導入しているところも多いですが、一般的な店では加盟店手数料の高さから加入店舗が少ないのがデメリットです。

しかし、アメックスはJCBと連携しているため、JCB加盟店ではアメックスでも決済が可能になっています

キャッシュレス化が進んでいる今、アメックスカードだから決済できないというパターンはほとんどありません。

ポイント還元率は極めて普通

アメックスグリーンの基本的なポイント還元率は0.5%です。これは他のクレジットカードと比べても高い方ではありません。

この還元率を最大の1%にするためには月額5,500円のメンバーシップ・リワード ANAコースと、月額3,300円のメンバーシップ・リワード・プラスに加入する必要があります

旅行によく行く方であれば、元を取ることもできるかもしれませんが、その場合は、ANAマイルが最大2.5%貯まるANA AMEXカードの方がおすすめと言えるでしょう。

\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

アメックスグリーンカードの特典・メリット

アメックスグリーンは、ステータス性が高く、付帯サービスも充実した魅力的なクレジットカードです。

ここからはアメックスグリーンの特典やメリットを紹介します。アメックスグリーンを検討している方は、使える特典やサービスについて把握しておきましょう!

年会費が安いのに特典が豪華

アメックスグリーンは一般ランクのカードながらも、他社のゴールドカードレベルのサービスを受けられます

月会費1,100円(税込み)で年会費に換算すると13,200円(税込み)とゴールドカードとしては、比較的安く手に取りやすい金額です。

年会費を一括で払う必要がないので、試しに作ってみてすぐに解約しても、年会費を無駄にしてしまうということもありません

アメックスグリーンでは、ゴールドカードのような質の高いサービスを手軽にサブスクリプションサービスのような感覚でお試しできるなため、はじめてのステータスカードにも適しています。

\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

マイルが貯まりやすい

アメックスグリーンは、ステータス性やT&Eに注目されがちですが、ポイントプログラムも充実しています。

アメックスのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」といわれています。還元率は以下のとおりです。

  • ショッピングでの決済→100円 1ポイント
  • 公共料金の決済→200円 1ポイント

なお、アメックスはカードの種類によっては条件を満たすことで複数枚所持できます。同一名義であれば、各ポイントの合算が可能なので、さらにお得にポイントが貯められます。

ポイントは、’’2,000ポイント→1,000マイル’’で提携航空へマイルに変換が可能です。連携先は「ANA」「JAL」「デルタ空港」など15社から選べるので、自分に合った航空会社へマイル変換できるのがポイントです。

\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

プライオリティパスが無料で付帯プライオリティ・パスの登録料が無料

プライオリティパス

アメックスグリーンカードにはプライオリティパスが付帯しています。

プライオリティバスとは、世界140か国以上の口や地域にある1,400ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスのことです。

ラウンジは飛行機に搭乗するまでの待ち時間で利用でき、軽食やドリンクが提供される場合もあります。

オフィススペースを完備しているラウンジもあるので、待ち時間を利用して仕事を進めることも可能です。

こちらのカードに付帯しているプライオリティパスでは、海外の空港が特別価格で利用できます

本人 1回 35米ドル
同伴者 1人 35米ドル

アメックスグリーンカードが1枚あれば同行者全員が特別価格でラウンジを使えるので、海外旅行の際にも便利ですよね。

なお、家族カードにはプライオリティパスが付帯していませんのでご注意ください

グリーン・オファーズの特典が豪華

グリーンオファーズとは、レンタカーサービスやフードデリバリーサービス、バッグや腕時計のサブスクリプションなど幅広いサービスを受けられるアメックスオリジナルの特典です。

月額料金を支払えば高額商品をレンタルすることが可能なので、購入する前の一度試してみたいという方にもおすすめできます。

グリーンオファーズの主なサービス
  • ハイブランドバッグのサブスクリプションサービス「ラクサス」
  • 腕時計のサブスクリプションサービス「KARITOKE」
  • メルセデス・ベンツのレンタカーサービス「メルセデス・ベンツ レント」
  • ワインのオンラインショップ「エノテカ」
  • デリバリーフードアプリ「menu」
  • 英会話、語学学校「Berlitz」
  • サイバーセキュリティブランド「norton」
  • レジャー・旅行・グルメ・ショッピング等の割引優待サービス「ベネフィット・ステーション」

なお、グリーンオファーズは、2022年9月28日に始まった新しいサービスです。

会員の要望や反響に応じて今後新たなサービスや特典内容にアップデートされる予定もありますので注目ですね。

旅行損害保険も充実

アメックスグリーンは、旅行先での怪我や損害、盗難にあった場合にも補償を受けられます

旅行する頻度が高い方や頻繁に出張へ行く方は、付帯していると安心のサービスの1つです。

海外旅行 保険内容 カード会員
傷害死亡・障害後遺症 最高5,000万
傷害・疾病治療 100万
賠償責任 3,000万
救援者費用 200万
携行品損害 30万
国内旅行 傷害死亡・傷害後遺症 最高5,000万

空港ラウンジが無料で使える

アメックスグリーンを所持していると、国内外41ヶ所の空港ラウンジを無料で利用できます

空港ラウンジ利用は、ゴールドカード以上というイメージが強いですが、一般ランクのアメックスグリーンでもラウンジを利用できるのは嬉しいですよね。

利用できるラウンジは以下のとおりです。

ハワイ・ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)

新千歳空港

函館空港

青森空港

秋田空港

仙台国際空港

羽田空港 第1ターミナル

羽田空港 第2ターミナル

羽田空港 第3ターミナル

成田国際空港 第1ターミナル

成田国際空港 第2ターミナル

新潟空港

富山空港

中部国際空港

小松空港

伊丹空港

関西国際空港

神戸空港

岡山空港

広島空港

米子空港

山口宇部空港

高松空港

松山空港

徳島空港

北九州空港

福岡空港

長崎空港

大分空港

熊本空港

鹿児島空港

那覇空港

\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

アメックスグリーンの申し込み条件と必要書類は?

銀行・クレジットカードの審査

クレジットカードの審査条件はどのクレジットカードも基本的には同じです

ここからはアメックスの申し込み条件について紹介します。

申し込み条件

まずは、申し込みの前にチェックしておきたいアメックスグリーンの申し込み資格について紹介します。

満20歳以上かつ、安定した収入があることを条件としています。主婦でも安定した収入があれば申し込めますが、アルバイトやパート、無職’の方、学生は申し込みはできません。

クレジットカードの審査に落ちないための注意点

一般的なクレジットカードの審査に落ちる人の特徴は下記のような人が当てはまります。

  • クレジットカードや携帯料金などの支払いを延滞しない
  • 申し込みの際に虚偽の申請をしない
  • 他社からの借り入れや借入数を減らしておく

クレジットカードや携帯料金を一昔前に延滞してしまった場合は、まだ審査に通る可能性がありますが、現在進行系で支払いを延滞してしまっている方は審査に通らない可能性が高いです。

支払いの延滞はクレジットカードだけでなく様々な審査に影響するため、一度お金の管理を見直して、延滞しないよう気をつけましょう。

\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

アメックスグリーンの利用者から口コミを調査

実際にアメックスグリーンを利用している方のリアルな口コミを調査しました。

  • ポイントが貯まりやすい
  • 不正利用時の対応がいい
  • 旅行傷害保険が充実している

同じくらいの年会費のカードと比べてポイントが貯まりやすいなという印象です。
ANAマイルに移行するとさらに還元率が上がるので、飛行機をよく使う自分にはぴったりだと思ってます。
アメックスは海外でも使いやすいので、旅行先が田舎でなければかなりどこでも使えるカードです。

社会人になってからすぐアメックスのステータスにあこがれて、比較的ハードルの低いグリーンカードを作りました。
国内であればラウンジも利用できるし、見栄のために作ったカードとはいえ海外旅行に行かない自分にとっては十分です。
今後もアメックス一筋で行きたいので、年齢や年収が上がってもしインビテーションがあるようであれば受けたいと思っています。

年会費通りの特典、サービスだと思う。それでも使い続けているのは、不正利用されたときの対応が素晴らしかったから。
不正利用が確認されたとき、すぐにアメックスから連絡があって引き落としに反映しないと報告してくれた。新しいカードもすぐに届いたし、さすがアメックスだと感心。
コールセンターにかけてもすぐ繋がるし、オペレーターさんの説明もわかりやすい。

海外旅行傷害保険が5,000万円も付いているので、海外専用としていよく使っています。
出国前にラウンジゆっくりできるし、荷物を無料で送れるから大きな荷物を持って歩かなくていいのはうれしいです。
ポイントは全部マイルにして使っていますが、還元率もいいのでかなり満足しています。

グリーンカード、もうかなりの年数使ってるが全く不便がない。インビテーションは月に1回来るけどずっと断っている。
限度額がないので大きな支払いをしたいときは事前にいえば対応してもらえるし、+5,000円で申し込めるショッピングプロテクションが便利すぎてかなり重宝。
ステータス性も十分なのでこれからも使い続けたいと思う。

アメックスグリーンを使っている人は、ほとんどがグリーンカードの特典に満足しているようです。

セキュリティも高いようで、かなり安心して利用できるカードとなっています。

また、ゴールドカードへのインビテーションも頻繁に届くようなので、もし切り替えたいなと思った場合もインビテーションを受けることで手軽にグレードアップできるのが魅力的ですね。

\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

アメックスグリーンとゴールドの比較

アメックスグリーン
アメックスグリーン
アメックスゴールド
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費(税込) 13,200円
(月1,100円)
31,900円
ポイント還元率 0.5%~ 0.5%~
家族カード年会費 月会費550円 1枚目:無料
2枚目〜:13,200円
死亡・後遺障害(海外旅行保険) 最高5,000万円 最高1億
傷害・疾病治療 100万 300万
救援者費用 200万 400万
賠償保険 3,000万 4,000万
空港ラウンジ 国内28か所、海外1か所の空港ラウンジを、
無料で利用可能
国内28か所、海外1か所の空港ラウンジを、
同伴者1人と共に無料で利用可能
プライオリティ・パス 1回35米ドル 年2回まで無料
(3回以上は1回35米ドル)
ツアー旅行・宿泊優待 エクスペディア・アップルワールド・H.I.S・一休.com

アメックスグリーンとアメックスゴールドを比較すると、アメックスゴールドのほうが手厚い旅行保険や充実した特典が付帯していることが分かります。

その分年会費は31,900円と高額ですが、ステータス性を求める方やクレジットカードの付帯しているサービスをよく利用する人であればアメックスゴールドのほうがおすすめです。

ゴールドへのインビテーションが来る条件

  • 滞納歴がない
  • アメックスの利用歴が6ヶ月以上
  • 継続的にクレジットカードを利用する

ゴールドカードのインビテーション条件は公開されているわけではありませんが、上記のような項目がチェックされていると考えられます。

アメックスゴールドは直接申し込むこともできますが、いずれゴールドカードを所持することを目標としているのであれば、まずはアメックスグリーンを作り、良質なクレジットヒストリーを築き上げるのが最短ルートです。

ただし、そもそもアメックスグリーンとゴールドカードのどちらがご自身に向いているのかについても、インビテーションを受ける前にしっかり確認しておく必要があります。

アメックスゴールドがおすすめな人

アメックスゴールドがおすすめなのは、アメックスグリーンと比較した際に次のような点をメリットだと感じる方です。

  • スマートフォン・プロテクション
  • コース料理が1名無料
  • より充実した海外旅行傷害保険

アメックスグリーンにはない特典や、より金額の大きい補償が充実しているので詳しく説明していきます。

スマートフォン・プロテクション

アメックスゴールドには、スマホが壊れてしまった際の修理代金が年5万円まで補償される「スマートフォン・プロテクション」というサービスが付いています。

アメックスグリーンでは補償額が年間最大3万円なので、ゴールドカードのほうが補償額が大きく安心感がありますね。

具体的には、破損・火災・水濡れ・盗難にあった際に利用できるサービスで、破損や火災、水濡れによる事故、盗難による事故に5千円が支払われます。

ただし、家族カード会員はこの補償対象にはなりませんのでご注意ください。

コース料理が1名無料

アメックスゴールドには国内外約250店のレストランでコースを2名で予約すると、1名分のコース料理代金が無料となるサービスも付いています

アメックスグリーンでは提携レストランで割引を受けることはできますが、無料サービスはありません。

さらに、このサービスが付いているゴールドカードはほとんどなく、プラチナレベルで利用できるサービスになります。

夫婦で旅行をすることが多い、レストランを利用することが多いという方はゴールドカードにしておくとお得に利用できるのが嬉しいですね。

より充実した海外旅行傷害保険

アメックスゴールドには、海外旅行傷害保険最高1億円が付帯しています。同行した家族も最大5,000万円まで補償の対象になるため、頻繁に家族旅行をする方は必見のサービスです!

さらにオーバーシーズアシストというサポートダイヤルもついているため、海外旅行中の困り事やトラブルが起きた際に利用できます。

また、国内旅行保険も最大5,000万円、ショッピング保険は国内外問わず年間最大500万円付帯しています。

いずれもアメックスグリーンよりも高い補償額となっているので、旅行の際にもしっかり備えたいという方におすすめですよ。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カードとの違いは?

アメックスグリーンとアメックスビジネスグリーンカードは、サブスクリプションではないだけで、年会費は同じです。

しかし、アメックスビジネスグリーンカードは個人向けのアメックスグリーンよりも付帯しているサービスが多いのがポイントです。

  • JALの出張手配サービスが利用できる「JALオンライン」
  • 福利厚生サービスである「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料で利用できる
  • 海外で困った際に利用できるサポートダイヤル「オーバーシーズ・アシスト」が利用できる

アメックスビジネスで注目したいのが、「オーバーシーズ・アシスト」です。オーバーシーズアシストは、通常ではゴールド以上に付与される特典ですが、アメックスビジネスグリーンカードでも使えるのは嬉しいポイントです。

ほかにも海外旅行保険がビジネスカードの方が少し補償金額が高くなっており、仕事で海外へ足を運ぶ機会が多い方は重視したい部分です。

\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

アメックスグリーンカードに関するFAQ

ここまでアメックスグリーンの特徴やポイントについて紹介しました。ここからはアメックスグリーンを検討している方が持つよくある質問についてお答えします。

カードが手元に届くまでどのくらいかかる?

アメックスカードをネットで申し込んだ場合は、審査に通れば1週間〜10日ほどで手元に届きます

しかし、郵送で申し込んでしまうと3〜4週間、遅ければ1ヶ月ほどかかるため、早くカードが手元にほしい方はネットから申し込むのをおすすめします。

申し込みに年収の制限はある?

アメックスグリーンの申し込みに年収制限はありません年収100万円でも定期的な収入があれば問題なく申し込むことができます。

ただ、年収が低い場合は審査に通ったとしても限度額は低く設定されます。

タッチ決済に対応している?

アメックスグリーンは2022年5月以降に発行されたカードからタッチ決済対応になりました。

利用できる店舗の一例をご紹介します。

  • マクドナルド
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イオングループ

他にも対応している店舗はありますので、ぜひお出かけの前に、利用する店舗がアメックスグリーンのタッチ決済に対応しているが調べてみてください。

税金を支払った際にポイントは付く?

アメックスグリーンで税金を支払うと、200円で1ポイントがたまります。

ちなみに、国税を払う際には10,000円につき83円の決済手数料がかかるとのこと。

支払う税金がクレジットカード払いに対応しているか、手数料がどれくらいかかるかについては、納付書や自治体のホームページでご確認ください。

アメックスグリーンがおすすめなのはどんな人?

アメックスグリーンがおすすめな人の特徴は以下のとおりです。

  • コスパよくサービスを受けたい方
  • ステータスカードが欲しい方
  • ステータスカードをお得にお試ししたい方
  • プライオリティ・パスに無料で登録したい方
  • マイルを効率的に貯めたい方

月会費1,100円(税込み)で、海外保険やサブスクリプションサービスなど様々なサービスをコスパよく受けたい方におすすめです。

\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

アメックスグリーンの限度額の決まり方は?

アメックスグリーンの限度額は年収や利用状況によって決まります。

年収が高く定期的に利用していれば500万円程度まで限度額が上がることもありますが、逆にカードの利用がないと限度額が下がることもあるようです。

最初に設定される限度額としては10万円~30万円程度であることが多いですが、アメックスグリーンの限度額は毎月変動します。

もし限度額を挙げたいと考えているのであれば、コンスタントに利用していくことが大切です。

\月額費1ヶ月無料キャンペーン実施中/

まとめ

アメックスグリーンは一般ランクながら、高いステータス性や豊富なサービスが魅力のカードです。

旅行をする機会が多い方は、カードを使いこなしながら旅行を楽しむことができるはずです。

また、溜まったポイントはANAやJALへマイル変換もできます。旅やエンタメに特化したクレジットカードに興味がある方はチェックしてみてください。

関連記事