美容
資産運用

ブライダルローンを借りたカップルが後悔する理由|融資を受ける前に知っておくべきこと

ブライダルローンで後悔する人の特徴

「結婚式を控えているけど、十分なお金が準備できていない」という方には、ブライダルローンを利用する選択肢があることをご存じですか?

ブライダルローンは結婚式や結婚にまつわる費用に利用できるサービスですよ。

しかし「ブライダルローンを契約して後悔した」という声もちらほら聞きます。

そこで今回は、ブライダルローンの利用で後悔しないために必要なポイントを解説しますね。

ブライダルローンとは

ブライダルローンとは、挙式や披露宴にかかる費用を借りられるローンサービスのことをいいます。

また結婚式以外にも、以下のような目的での利用も可能です。

ブライダルローンが利用できるもの
  • 結納
  • 前撮り
  • 婚礼衣装
  • 結婚指輪
  • 新婚旅行
  • 新居の契約金
  • 引っ越し費用
  • 新生活に必要な家具や家電
  • 結婚内祝い

結婚式の費用相場はどのくらい?

ゼクシィのトレンド調査2018首都圏によると、結婚式にかかる費用の平均額は345.7万円です。

またご祝儀の平均額が224.8万円ですので、約120万円程度は自己負担となります。

120万円といえば、普段からコツコツ貯金をしていなければ貯まらない額ですね。

場合によっては、ブライダルローンなどでお金を借りておく必要があります。

(参考:https://souken.zexy.net/data/trend2018/XY_MT18_report_06shutoken.pdf

ブライダルローンを利用する2つのメリット

ブライダルローンを利用するメリットは、以下の2つです。

ブライダルローンを利用するメリット
  • 前払いの式場も利用できる
  • フリーローンよりは低金利

①前払いの式場も利用できる

結婚式費用は、当日より前に人数が確定した時点で支払いを求められることが多いです。

自己資金が少なければ、このような前払いの式場は利用できません。

ブライダルローンを利用すれば、先に支払いを完了させご祝儀が集まってからの返済が可能です。

式場の選択肢を増やせるようになるのは、ブライダルローンを利用するメリットだといえますよ。

②フリーローンよりは低金利

ブライダルローンにもちろん金利は発生しますが、銀行で借りるようなフリーローンに比べると金利は低めであることが多いんです。

たとえば、イオン銀行のフリーローンの金利は最大13.5%です。

一方できらやか銀行のブライダルローンの金利は4.4%となっていますよ。

結婚にかかる費用を目的で利用する際は、ブライダルローンを活用した方が良いでしょう。

ブライダルローンの利用は後悔する?その理由を解説

結婚にかかる費用に特化したブライダルローンは便利ですが、「利用しなければよかった」と後悔している人が多いことも事実です。

その理由は、大きくわけて3つあります。

ブライダルローンを利用して後悔する理由
  1. 生活を圧迫する恐れがある
  2. 金利の支払いがもったいない
  3. そもそも審査に通らないこともある

①生活を圧迫する恐れがある

結婚には莫大な資金が必要ですが、そのあとの生活にもお金はかかります。

結婚後にかかる費用
  • 引っ越し費用
  • 住宅の購入
  • 出産費用 など

返済額が大きいと、今後の生活を圧迫してしまう恐れがあります。

借りすぎには注意し、返済プランを立てて利用しなければなりません。

②金利の支払いがもったいない

どんなブライダルローンでも金利は発生します。

500万円を金利3%で借りるとしたら、約15万円の利息を支払わなければなりません。(返済方法によって利息金額は異なります。)

自己資金でまかなえるのであれば、この15万円は払う必要のないお金です。

ローンの利用は便利ですが、金利のことを考えると少しもったいないですね。

③そもそも審査に通らないこともある

ブライダルローンにも、他のローンと同様に審査があります。

審査基準としては、

  • 収入が安定しているか
  • 満20歳以上であるか
  • 信用情報に問題がないか

このような項目が含まれています。

信用情報とはこれまでの借入やローン返済に関する情報のことで、CICやJICCと呼ばれる信用情報機関で確認できます。

よく耳にする「ブラックリストに載る」というのは、過去に何かしらのトラブルが発生して信用情報にキズがついている状態のことです。

このように信用情報に問題があるなどの理由で審査に通らなければ、お金を借りることはできません。

ブライダルローンで後悔しないためには

ブライダルローンにはデメリットを考慮して、後悔しないための利用方法をご紹介します。

またブライダルローンを利用せずに、お金を借りる方法を5つ解説します。

ブライダルローンで後悔しないためにできること
  1. 結婚式費用を節約する
  2. 金利の低いブライダルローンを選ぶ
  3. 一括で返済する
  4. クレジットカードで支払う
  5. 無利息期間があるカードローンを使う

①結婚式費用を節約する

理想を高くもち豪華な結婚式を挙げようとすると、費用はどこまでも高くなります。

結婚式費用を節約し、一括で支払えるもしくは返済に困らない金額でローンを組むことを検討しましょう。

費用を抑えるには、以下のような工夫が必要です。

  • 参列者を家族や親族のみにする
  • 会員制結婚式にする
  • 招待状など手作りできるものは自作する
  • 装花の予算をおさえる
  • ドレスや小物を持ち込みにする
  • 写真撮影や動画撮影を知人にお願いする
  • 冬季など安い時期を選ぶ

ただし料理を減らしたり、引き出物を安いものにしたりとゲストへの直接的なサービスに関わる部分を節約するのはおすすめしません。

せっかく時間を作って来てもらう方々に対しては、感謝をこめて出来る限りのおもてなしをしましょう。

まずは時間をかければ費用を削れるものや、見栄を張っているものから節約するのが良いですね。

また結婚式場を紹介してくれるウエディングサイトを利用すれば、特典によって費用を大幅に値下げできる場合もありますので、活用してみてください。

ウェディングサイト一例
  • ゼクシィ
  • ハナユメ
  • マイナビウェディング など

②金利の低いブライダルローンを選ぶ

どうしてもブライダルローンの利用が必要だと判断した場合は、なるべく金利の低いサービスを選びましょう。

結婚式費用は安いものではないので、金利によって返済総額は大きく変わります。

たとえば、ブライダルローンで150万円の借入をするとしましょう。

金利 返済総額
4.0% 182万2360円
6.0% 199万8292円

※元利均等返済で計算

このようにたった2%の金利の違いで、返済総額は約17万円もの差が発生してしまうのです。

借入額が増えれば、さらにその差は大きくなります。

返済によって生活がひっ迫されないように、返済シミュレーションを十分行った上で借入を検討しましょう。

ここで金利が低めに設定されている、おすすめのブライダルローンを2社ご紹介します。

①楽天銀行ブライダルローン

楽天銀行 ブライダルローン

楽天銀行が提供しているブライダルローンは、固定金利7%で300万円まで借入が可能です。

以下詳細をまとめます。

申込条件 ・満年齢20歳以上60歳以下(完済時65歳以下)
・日本国内に居住している
・本人に毎月安定した定期収入がある
借入金額 10~300万円(1万円単位)
※審査結果により減額あり
借入利率(年利) 7.0%
借入期間 最長8年4ヶ月
返済方式 元利込定額返済方式
担保・保証人 楽天カード株式会社
保証料 不要
手数料 不要

(参考:https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/purpose/bridal/

②ゼクシィ結婚式費用建て替えプラン

スルガ ゼクシィ結婚式費用建て替えプラン

ゼクシィとスルガ銀行が提供しているブライダルローンです。

楽天ブライダルローンに比べて金利は高めですが、最大800万円まで借入が可能なので新婚旅行や指輪の代金にも当てられますよ。

最大3ヶ月無利息なので、結婚式終了後すぐに返済できる方におすすめです。

申込条件 ・契約時年齢が20歳以上65歳未満
・安定した収入があり継続した取引が見込まれる
借入金額 10万円~800万円(1万円単位)
借入利率(年利) 8.8%~12.8%
最大3か月間
無利息
返済回数 6回以上120回以内
返済方式 定例返済(約定返済)・随時返済
担保・保証人 ダイレクトワン株式会社
保証料 不要
手数料 不要

③一括で返済する

ブライダルローンによっては、無利息で返済できる期間を設定している場合がありますよ。

たとえば「挙式終了後翌営業日までに一括で支払いを済ませれば、借入金額のみの返済でOK」というサービスです。

ブライダルローンを利用して式場へ費用を支払っておき、結婚式終了直後にご祝儀と自己資金を合わせて一括返済できるように計画を立てておくのもよいですね。

【一括返済するには】

挙式・披露宴にかかる費用 300万円
参加人数から予想されるご祝儀 100万円
必要となる自己負担額 200万円

この場合200万円の自己資金が準備できていれば、無利息期間に返済できるので利息で損をする心配もありません。

支払いに充てられる自己負担額から、結婚式にどの程度の費用をかけられるのか逆算しておきましょう。

④クレジットカードで支払う

クレジットカードでの支払いを利用すれば、引き落としは結婚式終了後なのでご祝儀を合わせて準備しておけます。

ただしクレジットカード利用の際には、注意点が2つあります。

  • クレジットカードの支払いが可能な挙式場であるか確認しておくこと
  • 利用するクレジットカードの支払い限度額を確認しておくこと

これらをクリアしていれば、利息が発生しないクレジットカードの活用も候補に入れておけるでしょう。

またクレジットカードは、ポイントやマイルを貯められるのでお得です。

たとえば楽天カードであれば1%分のポイントがつくので、費用が300万円の場合30,000ポイントが発生しますよ。

3万円分のポイントなら、新しい家電や新婚旅行での食事代に充てることもできそうですね。

ただしリボ払いや分割払いを利用してしまうと手数料が発生するので、一括で返済できる場合のみ利用をおすすめします。

⑤無利息期間があるカードローンを使う

消費者金融のカードローンを利用する方法も、選択肢のひとつとしておすすめします。

通常消費者金融の金利は4.5~18%程度と高めなのですが、無利息期間が長めに設定されている場合があるからです。

たとえば知名度の高いプロミスにおいては、初回利用の際に30日間無利息で利用できるキャンペーンを実施していますよ。

即日融資や土日の借入も可能で利便性も高いので、1ヵ月以内に返済できそうな場合には利用を検討してみるとよいでしょう。

ただし融資額が低めに設定されている場合もあるので、利用前の確認が必要です。

(プロミスの場合、融資額は500万円までです。)

無利息期間があるおすすめのカードローン3選

①プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短30分
web完結 可能
無利息期間 30日間
在籍確認 有り
学生の利用 可能

業界最大手「プロミス」は、2020年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン第1位」を獲得した評判の高いカードローン会社です。Webからの申込で即日融資を受けることができます。

分類ではカードローンとなりますが、カード不要で融資や返済をアプリで管理できるアプリローンを推奨しており、スマホで操作して24時間365日すぐに振り込んでもらえる即フリキャッシングが利用可能です

また初回利用日の翌日から30日間の無利息期間も用意されているので、短期の借入なら金利ゼロで借り入れできるのも嬉しいポイント!少額融資を受ける際に重要な最高金利は17.8%と、カードローンの中でも低金利となっています。

9:00~21:00の時間であれば、スマートフォンから最短15秒で回答できる事前審査を受けることができ、融資を受けられるかどうかを瞬時に判断できます。その後の流れも速いので、急にお金が必要になった時に最適です!

\最短30分で即日融資可能!/

②アイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
web完結 可能
無利息期間 有り
在籍確認 無し

即日融資や即振込キャッシング、全国に多数用意されている無人契約機と自社・提携ATMなど、カードローンのお手本のようなサービスを展開していることが魅力ですね。

またアイフルは原則として審査時の電話での在籍確認を行っておらず、モビット同様に基本的には書類確認で済ませてもらえます。

無利息期間も用意されていますが、契約日の翌日から30日間が無利息で借り入れができる期間となっているので、契約したらすぐに融資を受けなければ無利息期間がムダになってしまうことに注意しましょう。

職場に連絡される心配がなく、無利息期間もあるカードローンならアイフルがおすすめです。

\最短1時間で即日融資可能/

③アコム

アコム

金利 3.0%~18.0%
最大借入可能額 800万円
利用限度額 年収の3分の1
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
Web完結 一部可能
無利息期間 契約日の翌日から30日間
在籍確認 有り
\最短1時間で即日融資可能/

アコムも消費者金融会社としてかなりの大手企業で、テレビCMやインターネット広告で「はじめてのアコム」というフレーズを耳にしたことがある方が多いと思います。

そのフレーズ通りカードローン初心者の方向けのサービスを展開しており、24時間電話対応を受け付けているので疑問点や不安なことをいつでも質問できることが特徴です。

基本的に申し込みから融資までWebで完結しているのですが、カードの受け取りが必須なので一部直接のやり取りが必要になります。受け取り方法は全国のアコムの窓口や無人契約機で直接受け取るか郵送で送ってもらうかを選ぶことが可能です。

契約翌日から30日間の無利息期間があるので、すぐに借入する場合はアコムがおすすめです。

\最短1時間で即日融資可能/

まとめ

今回はブライダルローンの概要と、後悔しないローンの利用方法を解説しました。

結婚式にかかる費用はかなり高く、事前に準備できない場合はお金を借りる必要があります。

ブライダルローンは便利なサービスですが、借金の一種であることを忘れてはいけません。

  • なるべく金利が低いブライダルローンを選ぶ
  • 返済プランを考えておく

などの工夫をして、上手く活用しましょう。

またブライダルローンを利用せずに結婚式を節約したり、クレジットカードや無利息期間のあるカードローンを活用したりなど他の選択肢も頭に入れておくとよいです。

今後の生活に響かないように、計画的に資金を準備しましょう。

関連記事