美容
資産運用

電気代が払えない…!電気が止まった時の対応と今すぐ現金を用意する4つの方法

電気代が払えない

昨今は電化製品の進化が目覚ましく、スマホやパソコン、オール電化の普及など、高くなっていく電気代に困っている人も多いのではないでしょうか?

電気代が払えず、このままでは電気が止められてしまう、あるいは止まってしまったという経験がある人も多いと思います。

しかし滞納したからと言ってすぐに電気が止まるわけではなく、電力会社側も一定のルールに則って送電ストップの判断をしているので、突然止められるのではないかと怯えながら生活する必要はありません。

今回は電気が止められてしまうまでの流れや、電気代が払えない場合の対処法、電力供給の再開にかかる時間について、詳しく解説していこうと思います。

新型コロナウィルス感染症の特別措置や、電気代に充てるお金を用意する方法についても触れているので、ぜひご一読ください!

\職場への電話連絡なしにできる◎/

電気が止まった…電気代が支払えない場合はどうなる?

電気代が払えない

電気代を支払えず、滞納し続けてしまうと最終的に電気が止められてしまいます

電気が止まると部屋の照明が点かないので夜は真っ暗ですし、コンセントも使えないので家電も使用できません。

スマホやパソコンの充電もできず、テレビも見れず、洗濯機も炊飯機も電子レンジも使えなくなりますね。

さらにオール電化を採用している家の場合は、お湯を沸かすことすらできません。

電気代が払えずに電気という重要なライフラインが止まってしまうと、日常生活に大きな支障が出てしまいます。

また電気が止められたからと言って電気代の支払い義務がなくなる訳ではないので、電気のない暮らしに耐え続けたとしても請求は続きますし、延滞利息は増え続けていくので注意しましょう!

電気が止まるまでの流れ

一般的な電気代の支払い期限は、検針日から30日とされています

検針日というのはその家で1ヶ月に利用した電気量を確認する日で、検針日までに利用した分の電気量で電気代が算出され、料金として請求されます。

検針日から30日を過ぎても電気代を払わなかった場合は滞納者の扱いとなり、さらに10日を過ぎると延滞金・延滞利息が発生。

支払い期限を過ぎてから20日が経つと、支払い督促や送電停止のお知らせが届きます。

それでも電気代を支払わなかった場合、送電停止のお知らせに記載された停止日から電気の供給が止まってしまうことに。

支払い期限から電気が止まるまでの期間は、およそ50日~60日程度が一般的です。

延滞金・延滞利息金がかかる

電気料金の延滞利息は、支払期日から10日を過ぎると発生します。

延滞利息は支払期日の翌日から支払いを遅延した日数に年率10.0%を掛けて算出されるので、延滞利息が発生しない支払期日から10日の間にも延滞金が加算されていることに注意しましょう。

例えば10,000円の電気代を期日から50日遅れて支払った場合、

  • 10,000円×10%÷365日×50日=約137円

となり、137円の延滞利息がかかります。

このくらいなら微々たるものと思うかもしれませんが、支払いが遅れれば遅れるほど毎日利息は増え続けるので、気が付いたらとんでもない金額になっている可能性もあります。

どうしても電気代を用意できない場合の4つの対処法

電気代を用意できない場合の4つの対処法

①カードローンで借入する

カードローンでお金を借り入れることで、電気代を用意することが可能です。

現金を即日で借り入れたり、数10万円の大きな金額を用意するのに向いている方法ですね。

またカードローンを一度契約しておけば電気代以外にもガスや水道代、税金関係などはもちろん、冠婚葬祭やトラブルによる急な出費にも対応でき、返済方法も豊富に用意されているので無理のない返済計画を立てられるのも特徴です!

②クレジットカードのキャッシングを利用する

クレジットカードのキャッシングは、数万円~10万円程度の少額をすぐ用意することに向いています。

コンビニATMなどからお金を引き出すのと同じ要領で借入できるので、簡単にお金を用意できるのが魅力ですね。

ただし借入した分の返済はショッピング利用の請求と合算されて一括返済になるため、キャッシングを利用した翌月の請求が大きくなりやすい特徴があります。

支払いに困ってリボ払いをすると、なかなか元金が減らずに利息と手数料を払い続けることになってしまう可能性があるので注意しましょう!

③家族や友人にお金を借りる

電気代は高くても数万程度で、そこまで高額の支払いにはなりづらい料金です。

そのため家族や友人を頼って、一時的にお金を借りるのも有効な手段と言えますね。

ただし電気代が足りなくなってしまった原因を見直さないと、翌月以降も支払いが苦しくてお金を返せなくなってしまう可能性が考えられます

たまたま今月だけ特別に足りなかったのか、来月以降も足りなくなりそうなのかを見極めなければ、せっかく良心や信頼でお金を貸してくれた人の信用を裏切ることになってしまいかねません。

家族や友人から何度もお金を借りたり、借りたお金を返せなくなってしまわないように注意しましょう。

④新型コロナウィルスの影響で支払えない場合は電力会社に相談を

新型コロナウィルスの影響で職を失ったり、収入が減少してしまって電気代の支払いが困難な人は、契約している電力会社に相談してみましょう。

例えば東北電力の場合、新型コロナウィルスの特別措置として、必要がある人には支払期日の延長を認めています

電力会社によって対応は様々ですが、こちらからアクションを起こさなければ困っていることに気付いてもらえないので、まずは相談してみましょう!

おすすめのカードローン3選

①プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
web完結 可能
無利息期間 有り
在籍確認 有り

プロミスは国内利用者数・顧客満足度ナンバー1の実績を持つカードローンで、人気や知名度も高いのでご存知の方も多いと思います。

分類ではカードローンとなりますが、カード不要で融資や返済をアプリで管理できるアプリローンを推奨しており、スマホで操作して24時間365日すぐに振り込んでもらえる即フリキャッシングが利用可能です

もちろん必要であればローンカードを発行することもでき、カードとアプリを併用して使っていくこともできますね。

また初回利用日の翌日から30日間の無利息期間も用意されているので、短期の借入なら金利ゼロで借り入れできるのも嬉しいポイントです!

総合的におすすめのカードローンなので、どの会社が良いのかわからないという人にはまずはプロミスがおすすめですね。

\最短30分で即日融資可能!/

②SMBCモビット

SMBCモビット

金利 3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり
web完結 可能
在籍確認 Web完結を選べば職場連絡なし

SMBCモビットは他の大手カードローンと比べると歴史が浅く、知名度もプロミスやアイフルより低いですが、独自のサービスを展開して人気を集めている新進気鋭のカードローンです。

その最大の特徴はWeb完結を選べば職場への電話連絡をなしにできるという点!原則として社名入りの健康保険証などを使った書類審査で確認が完了します

また必要情報を入力するだけで審査に通過できるかを簡易的に判断してくれる10秒簡易審査や、返済額に応じてTポイントが付与される間接的なキャッシュバックなど、他社にはないサービスを提供してくれるのも嬉しいですよね。

もちろん即日融資可能や返済方法が豊富な点など、カードローンとして求められるポイントはしっかり抑えているのも魅力的です!

\職場への電話連絡なしにできる◎/

③アイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
web完結 可能
無利息期間 有り
在籍確認 無し

アイフルはプロミスと並ぶ知名度・人気や実績を誇る大手カードローンです。

即日融資や即振込キャッシング、全国に多数用意されている無人契約機と自社・提携ATMなどカードローンのお手本のようなサービスを展開していることが魅力ですね。

またアイフルは原則として審査時の電話での在籍確認を行っておらず、モビット同様に基本的には書類確認で済ませてもらえます。

無利息期間も用意されていますが、契約日の翌日から30日間が無利息で借り入れができる期間となっているので、契約したらすぐに融資を受けなければ無利息期間がムダになってしまうことに注意しましょう。

職場に連絡される心配がなく、無利息期間もあるカードローンならアイフルがおすすめです!

\最短1時間で即日融資可能/

電気代を支払ったらいつから供給が再開されるの?

滞納した電気代を支払えば、すぐに電気の供給は再開されるのでしょうか?

結論から述べると、支払いを済ませて電力会社に復旧して欲しい旨を伝えれば、およそ1~2時間程度で電力供給は復活します

ただしどの電力会社を利用しているのか、また支払いをした曜日や時間帯によって状況は変わりますので、詳しく解説していきます!

平日に支払いをした場合

平日の日中に支払いを終えた場合、すぐに電力会社に連絡をすれば電力供給が再開されます。

必要な時間は電気メーターの種類によって異なり、アナログ式のメーターの場合は作業員による復旧作業が必要なので1~2時間程度かかるのが一般的です。

デジタル式のスマートメーターはリモート操作によって10分程度で復旧できますが、場合によっては工事が必要で1時間以上かかることもありますね。

土日に支払いをした場合

土日に支払いをした場合でも、送電を再開してもらうことは可能です

電力会社は土日であっても電話連絡を受け付けているので、支払いが終わったらすぐに供給再開を依頼しましょう。

この場合の所要時間もアナログメーターで1~2時間、スマートメーターで10分~30分程度となっています!

夜間に支払いをした場合

夜間に支払いをした場合、地域や電力会社によっては対応が翌日になる場合もあります。

ただし電力会社は24時間電話を受け付けている場合が多いので、今夜中に対応してもらえないか相談してみましょう。

対応してもらえる場合、所要時間は上記と同様にアナログメーターで1~2時間、スマートメーターで10分~30分程度ですね。

電気代を遅延してもブラックリストには載らない

電気代を遅延すると延滞利息が加算され、督促状が届いたりしますが、ブラックリストに載ることはありません

ブラックリストは信用情報の異動情報が登録されることを言い、これはクレジットカードやローンなどの金融サービスにおいて長期延滞や債務整理などの金融事故を起こした際に登録されます。

電気代の遅延自体は信用情報機関と何の関係もないため、電気代をいくら遅延してもクレジットカードを作ったりローンを組んだりする時に不利になることはないので、心配は無用です。

まとめ

電気代を払えず、電気が止まってしまった場合にどうなるのか、またその対処法について解説しました。

実際に電気を止められるのは電気代の支払い期限を過ぎてから50~60日後のケースが多く、支払いをすれば1~2時間ほどで電力供給が再開されるということがわかったと思います。

電気代を滞納している間は、年率10%の延滞利息が毎日発生し、加算されていくので支払う金額がどんどん高くなっていく点にも注意が必要です。

もしどうしても電気代が用意できずに困っている人は、一定期間利息無料のカードローンで一時的にお金を借りることも検討しましょう。

期間内に返済できれば損をすることはありませんよ。

関連記事