美容
資産運用

公共料金の支払いで得するポイント還元率がアップするおすすめクレジットカード!

クレジットカードとスマートフォン

「電気代やガス代ってクレジットカードで支払った方がお得なのかな?」

「公共料金の支払いにオススメのクレジットカードを知りたい!」

毎月支払う電気代やガス代などの公共料金を、クレジットカードで支払いたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

公共料金の支払いをクレジットカードに設定すると、さまざまな恩恵を受けることができます。

この記事では、クレジットカードで支払うメリットとその際の注意点を解説します。

後半ではのクレジットカードの選び方やオススメのカードをご紹介していますので、参考にしてください。

公共料金をクレジットカードで支払う4つのメリット

公共料金をクレジットカードで支払うメリットは、4つあります。

公共料金をクレジットカードで支払うメリット
  • ポイントが貯まる
  • 家計管理が楽になる
  • 手間が省ける
  • 特典やサービスを受けられる

それではひとつずつ解説します。

①ポイントが貯まる

クレジットカードは利用に応じてポイントが貯まるので、公共料金の支払いでも同様にポイントが貯めることが可能です。

電気やガス、水道などの使用料は、生活する上で必ず支払うお金です。

総務省統計局によると、公共料金の月々支払額合計は平均すると一人暮らしで約1万円、2人暮らし以上だと2万円以上であるとのデータが出ています。

(参考:総務省統計局ホームページ/家計調査

1万円以上の支払いを毎月クレジットカードで行えば、ポイントがかなり貯まります。

たとえば、100円で1ポイントもらえるような高還元率のものであれば、毎月の公共料金の合計が1万円のとき100円分、年間1,200円分ものポイントがもらえるんです。

このように支払い方法を変えるだけで大きな節約に繋がるのは、クレジットカードを公共料金の支払いに使う大きなメリットだといえます。

最近では電力自由化によって小売電気事業者間の競争も激しくなっており、独自のポイント還元サービスを行っている会社も少なくありません。

クレジットカードでの支払いにすることで、独自ポイントに併せてクレジットカードでの支払い分のポイントも二重で受け取ることができるのはかなりお得です!

②家計管理が楽になる

公共料金の支払いをクレジットカードにまとめると、家計の管理がとても楽になります。

支払い金額を、一度に全て確認することができるからです。

支払い金額を各ウェブサイトで確認できるようになっている場合も多いですが、電気、ガス、水道とそれぞれのホームページで確認しなければなりません。

これらを全てクレジットカードでの支払いにまとめていれば、カードの利用明細で一度に確認することができます。

さらに公共料金支払いだけに利用する専用のクレジットカードを作っておけば、その月の合計額がいくらだったのかもっと分かりやすくなるので便利です。

このように公共料金の支払いをクレジットカードにまとめることで、家計を把握しやすくなり節約へ繋がることも期待できます。

③手間が少なくなる

クレジットカードでの公共料金の支払いは、払込や口座振替に比べてかなり手間が少なくなります。

納付書で払込を行う場合、電気・ガス・水道とそれぞれの期限までにコンビニや金融機関に行く必要があります。

また口座振替にしている場合も、それぞれの引き落とし前に残高を確認しなければなりません。

全ての公共料金の支払いをクレジットカードにすれば、料金をまとめて支払うことになります。

そのためクレジットカード利用分の支払いを払込にしている場合も一度の支払いで済むし、引き落としの場合も残高を一回確認するだけで済みます。

また利用明細はインターネットやアプリですぐに確認できるので、それぞれ払込書などの保管も必要ありません。

クレジットカードを利用することによって、支払いのための確認や書類を保管する手間を省くことができるのは大きなメリットです。

④カードの特典やサービスを受け取れる

クレジットカードには、それぞれ特典やサービスが付帯している場合が多いです。

クレジットカードの特典やサービスには、以下のようなものがあります。

クレジットカードの特典やサービス
  • 海外旅行時のホテル割引や空港ラウンジ利用
  • 旅行時の保険
  • 映画割引
  • 指定店舗での買い物時、さらにポイント還元率アップ  など

このように、クレジットカードは保有しているだけでさまざまな特典やサービスを受けることができます。

公共料金の支払いにおすすめのクレジットカード5選

それでは上記のポイントを元に厳選した、おすすめのクレジットを5つご紹介します。

①JCB CARD W

JCBカードW

JCBから発行されているJCBカードWは、18〜39歳限定で発行できるクレジットカードです。

公共料金の支払いでのポイント還元率は、通常のお買い物と同様最大1%です。(交換先によって還元率が異なります。)

JCBカードWの特徴やメリットは以下の通りです。

JCBカードWの特徴やメリット
  • 年会費無料
  • 3,000万のJCB加盟店で使える
  • カード提示でハワイのワイキキトロリーが無料。
  • JCBプラザ ラウンジ・ホノルルの利用などJCB会員向けのサービス豊富
  • 家族カード、ETC、クイックペイの追加無料
  • 商品やマイル、ギフトカードなど交換先が豊富にある

②ビックカメラsuicaカード

ビックカメラsuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、株式会社ビューカードが株式会社ビックカメラとの提携により発行しているビューカード、Suica、ビックポイントカードを一枚にまとめた多機能カードのことです。

カードを利用すると、ビックポイントとJREポイントの2種類の還元を受けることができます

公共料金支払いでのポイント還元率は、通常のお買い物と利用と同様に1%です。(ビックポイント0.5%+JREポイント0.5%)

ビックカメラSuicaカードの特徴やメリットは以下の通りです。

ビックカメラSuicaカードの特徴やメリット
  • 年に1回利用すれば2年目以降も年会費無料(通常524円)
  • ビックカメラで買い物をすると10%還元
  • Suicaにチャージすると1.5%ポイント還元
  • 貯まったポイントはSuicaにチャージできる
  • Suicaのオートチャージ機能がついている
  • JRE MALLでの買い物はJREポイント100円につき3ポイントもらえる
    (さらにクレジットカード利用月の翌月中旬に1,000円につきビックポイントが5ポイントたまるので実質3.5%還元)
  • 紛失補償がついており、Suicaの入金残高も補償してくれる

③dカードゴールド

dカードゴールド

dカードゴールドは株式会社NTTドコモが発行しているクレジットカードです。

公共料金支払いでのポイント還元率は、通常のお買い物と利用と同様に1%です。

dカードゴールドの特徴やメリットは以下の通りです。

dカードゴールドの特徴やメリット
  • 通常年会費11,000円(税込)
    (※キャンペーンによって年会費以上のキャッシュバックがあるので実質無料)
  • 毎月のドコモのケータイやドコモ光の利用料金1,000円(税抜)ごとに、税抜金額の10%ポイント還元
  • 最大10万円のケータイ補償が3年間ついてくる
  • 年間300万円までのお買い物あんしん保険が付帯(dカードで購入した商品の盗難や破損などの損害を補償)

今なら、公共料金支払いの設定とカード利用で最大2,100ポイントもらえるキャンペーンも行っています

ドコモユーザーであれば、公共料金の支払いにはdカードゴールド一択だといえます。

④エポスカード

エポスカード

エポスカードは、株式会社丸井グループの子会社である株式会社エポスカードが発行しているクレジットカードです。

公共料金支払いでのポイント還元率は、通常のお買い物と利用と同様に0.5%です。

エポスカードの特徴やメリットは以下の通りです。

エポスカードの特徴やメリット
  • 年会費無料
  • 入会すると2,000ポイント、友達紹介で1,000ポイントもらえる
  • 海外旅行傷害保険が無料で付帯
  • 利用状況をアプリで確認できる
  • 月3,000円から資産形成でき、つみたてた分でもポイントが貯まる
  • たまるマーケットを経由するとポイントが2〜30倍に
  • スタバやカラオケビックエコーなど、全国約10,000店舗で割引やサービスなどの優待を受けられる
  • HIS、ノジマの利用でポイントが3〜5倍に

ただしエポスカードでの公共料金の支払いは会社によってできる場合とできない場合があるので、事前にホームページで確認してみてください。

⑤楽天カード

楽天カード

楽天カードは、楽天カード株式会社から発行されているクレジットカードです。

通常の買い物では、ポイント還元率は1.0%です。

公共料金の支払いもこれまでは1%還元でしたが、2021年6月より0.2%へ変更となります。

500円で1ポイントの還元なので、他のクレジットカードと比べてかなり低くなってしまうようです。

変更の対象となる支払いには、以下のようなものがあります。

変更の対象となるもの
  • 電気
  • 水道
  • ガス
  • 税金
  • 国民年金保険料
  • Yahoo!公金支払い

(参考:公共料金等の楽天カード利用獲得ポイントに関するご案内|楽天カード

ただ楽天ポイントは、楽天市場だけでなくコンビニやドラックストア、ファストフード店で使うことも貯めることもできます。

クレジットカードとしての使い勝手はかなり良い方なので、楽天銀行や楽天市場をよく利用する方や、生活費など他の支払いとまとめたい方にはオススメです。

楽天カードのメリットや特徴は以下のとおりです。

楽天カードのメリットや特徴
  • 年会費無料
  • 楽天市場でお買い物をするとさらに3倍以上のポイント還元
  • 楽天トラベル利用で、国内宿泊が毎月1,000円OFF
  • 利用明細はアプリですぐに確認できる
  • 楽天モバイルや楽天でんきなどを利用すれば、ポイント還元率が上がる
  • 楽天証券を利用すれば、つみたてNISAなどがポイントでできる
  • 楽天ペイを利用すれば、多くのコンビニや飲食店でポイントを使える
  • デザインや国際ブランドの選択肢が豊富

公共料金の支払いで得する4つのクレジットカードの選び方

公共料金をクレジットカードで支払うとさまざまなメリットがありますが、クレジットカードによってポイント還元率やサービスはさまざまです。

ここでは、公共料金の支払いで得するクレジットカードの選び方について解説します。

①還元率

公共料金の支払いをクレジットカードで行う際、カードの還元率は重要視しましょう。

公共料金の支払いは毎月発生するし、割と高額だからです。

ポイント還元率によって、ポイントが貯まるスピードが大きく変わります。

そのため、できるだけ還元率の高いクレジットカードを選ぶべきです。

通常は還元率0.5%というクレジットカードが多いので、0.5%以上だと高還元だといえます。

ただしクレジットカードによっては通常のポイント還元率と公共料金支払い時のポイント還元率が異なる場合があるので、注意が必要です。

またカード会社によっては、公共料金の支払い設定をしただけでポイントがもらえるキャンペーンを開催している場合もあるのでチェックしてみてください。

②年会費

クレジットカードには、年会費がかかるものとかからないものがあります。

年会費がかかるものはサービスが充実しており、ポイント還元率が高い場合が多いです。

しかし利用予算額が少なくサービス等にもこだわりがなければ、年会費無料のものを選ぶべきでしょう。

いくら高還元率だとしても、年会費の方が高ければ意味がないからです。

自分の予想利用額と、その時還元されるポイントを比較して決めてみてください。

③ポイントの使いやすさ

クレジットカードの利用で貯まったポイントを、どんな場面で使えるか確認しておくことも重要です。

いくらたくさんポイントが貯まっても、使う機会がなければ意味がないからです。

ポイントを使える場所や有効期限をあらかじめ確認しておきましょう。

dポイントやPontaポイント、楽天ポイントは街中でも使える場所が多いので便利です。

また貯まったポイントを公共料金の支払いに自動で設定してくれるクレジットカードもあります

このサービスを利用すれば有効期限が切れる心配もないし、よりお得感を味わいやすいかもしれませんね。

④特典やサービス

クレジットカードには、映画の割引や旅行時の保険などの特典がそれぞれ付帯しています。

このサービスがほしい!というこだわりがある場合は、検討項目に追加してみても良いでしょう。

公共料金をクレジットカードで支払う際のデメリット・注意点

公共料金をクレジットカードで支払う際のデメリットは3つあります。

公共料金をクレジットカードで支払うデメリット
  • 支払いに設定できない場合がある
  • 割高になる場合がある
  • 利用可能額の制限に引っかかる場合がある

それでは、ひとつずつ解説します。

①支払いに設定できない場合がある

地域によって、公共料金をクレジットカードで支払えない場合があります

またクレジットカードによっても、支払いができる会社が決まっている場合があります。

まずは利用している電力会社、ガス会社、水道局のホームページで確認してみてください。

自分が利用したいクレジットカードがある場合は、カード会社と提携しているかも確認しておくと安心です。

割高になる場合がある

公共料金を口座振替で支払う際、口座振替割引を受けられる場合があります。

例えば東京水道局では口座振替で支払うと、ひと月55円の割引が適応されます。

クレジットカードでの支払いでは、この割引を受けることができません。

しかし先ほども述べたように、クレジットカードは利用に応じてポイント還元を受けることができます。

この還元されるポイントが、口座振替割引よりも大きい場合はクレジットカード支払いの方が得だということになります。

サービスタイトル
ここで、電気代5,000円の支払いについて考えてみましょう。

  1. 還元率1%(1ポイント=1円)のクレジットカード
  2. 口座振替(割引55円)

この2つの支払い方法のうち、どちらがお得になるでしょうか?

答えは、口座振替の場合です。

クレジットカードのポイント還元は5,000円×1%=50円分なので、口座振替の方が5円お得となります。

では電気代10,000円の支払いではどうでしょうか?

上記と同様の条件である場合、クレジットカードのポイント還元は100円分です。

この場合、クレジットカードでの支払いの方が45円お得だといえます。

このように公共料金の支払いをクレジットカードで考えている場合、すぐに手続きをするのではなく本当にお得になるかどうか計算する必要があります。

最近では口座振替割引が廃止になっているところもあるので、こちらもホームページで確認しておきましょう。

③利用可能額の制限によって支払えない場合がある

クレジットカードは利用限度額が設定されているため、利用額によっては公共料金の支払いができなくなる可能性があります。

もしも10万円の利用限度額設定がされているクレジットカードで、9万円の買い物をしたとします。

その月の公共料金が合計2万円だとすると、合計利用額が10万円を超えてしまうので支払いができません。料金を支払えないと滞納とみなされ、電気やガス、水道が使えなくなってしまいます。

クレジットカードでの支払いに変更する前に、利用限度額を一度確認しておきましょう。それでも不安であれば、公共料金支払い専用のクレジットカードを1枚準備してもよいかもしれません。

さらに気をつけなければならないのが、有効期限切れです。

クレジットカードを更新した場合、カード情報の変更手続きが必要になります。

変更をし忘れると、支払いができずに滞納とみなされるおそれがあるので注意してください。

公共料金のクレジットカード払いへの変更手続き

現在の支払い方法からクレジットカードでの支払いに変更するためには、それぞれ電気会社、ガス会社、水道局の窓口へ問い合わせる必要があります。

最近はインターネットで手続きができる場合もあるので、まずはホームページ等を確認してみてください。

まとめ

今回の記事では、クレジットカードで公共料金の支払いをするメリット・デメリットをご紹介しました。

クレジットカードでの支払いは、ポイントが貯まったり管理がしやすくなったりとお得で便利な方法です。

しかし支払う金額によっては、口座振替の方がお得な人もいますので確認が必要です。

クレジットカードの方がお得であることが確認できた方は、自分が使いやすいカードで支払いを始めてみましょう!

関連記事