未分類
美容
転職

【ライフカードは怖いって本当?】評判・口コミやメリット、審査基準を解説!

ライフカード

「ライフカードは危ないって本当?」

「ライフカードを利用したいけど評判を知りたい」

このように気になってはいるものの、なかなか申し込みに踏み出せない人も多いはずです。

ライフカードはアイフルの子会社「ライフカード株式会社」が発行しており、安心して利用できるクレジットカードです。

今回はライフカードの評判・口コミから、ライフカードの特徴をまとめました。

後半ではお得な使い方や申し込み方法なども紹介しているので参考にしてみてください。

\ポイントがザクザク貯まる!/

ライフカードの特徴

ライフカード

ライフカードは、ライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。

VISA・MasterCard・JCBの3つの国際ブランドから選んで発行することが出来ます!

ここでは、ライフカードの特徴や申し込み条件について解説していきます!

ライフカードの年会費

最もベーシックなライフカードは、年会費無料です!

そのほかにも、ゴールドカード(年会費10,000円)や旅行傷害保険付きのライフカードなど種類は豊富にあります。

ゴールドカード 年会費10,000円
旅行傷害保険付きカード 年会費初年度無料
次年度以降1,375円

ライフカードの申し込み条件

ライフカードの申し込み条件は、下記の通りです。

  • 国内に住んでいて、18歳以上(高校生を除く)
  • 電話連絡が可能

ただし、未成年者は親権者の同意が必要です。

その他ライフカードの特徴を以下の表にまとめました。

年会費(税込) 無料
ポイント還元率 ポイント交換先による
電子マネー iD、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco
家族カード あり
ETCカード 初年度年会費無料
次年度1,100円(前年にカード利用が1回でもあれば無料)
入会条件 国内在住の18歳以上、電話連絡が可能

ポイント還元は、基本的に1,000円で1ポイントで有効期限は5年です。

ポイント交換先によって還元率は異なり、1ポイント最大10円分に交換することができます。

\ポイントがザクザク貯まる!/

【ライフカードの口コミ・評判】やばい悪質なクレジットカードって本当?

「ライフカードはやばいらしい…」と聞いて、申し込みを躊躇している方もいるのではないでしょうか?

果たしてライフカードは本当に危ないクレジットカードなのでしょうか。

ここでは実際にライフカードを利用した方の口コミから、デメリットとメリットをまとめました。

ライフカードの口コミからわかるデメリット・評判は悪い?

口コミから分かるライフカードのデメリットは、次の4つが挙げられます。

  1. 通常ポイント還元率は高くない
  2. サポート電話に繋がりにくい
  3. 旅行傷害保険がついていない
  4. ポイント対象外が多い

①通常ポイント還元率は高くない

ライフカードの基本的なポイント還元率は、やや低めに設定されています。

1,000円につき1ポイントで、交換先によって還元率は異なりますが最大でも1%(1ポイント10円分で交換した場合)です。

楽天カードやdカードなどは通常のポイント還元率が1%以上と高く、これに加えてキャンペーンも実施されています。

ポイント還元率を重視している方は、ライフカード以外のクレジットカードを利用した方が良いかもしれません。

②サポート電話に繋がりにくい

ライフカードのサポートセンターに繋がりにくいという口コミがありました。

電話での対応はあまり良くない場合があるそうです。

とはいえ通常は電話をかけることもなく、変更手続き等はインターネットで行えます。

「どうしても直接手続きがしたい」という方は、最寄りに窓口があるクレジットカード会社を選ぶとよいでしょう。

③旅行傷害保険がついていない

ベーシックなライフカードには、旅行傷害保険の付帯がありません。

保険を付けるためには、「旅行傷害保険付きライフカード」を発行する必要があります。

このクレジットカードは初年度は年会費無料ですが、次年度以降は1,375円かかります。

JCB CARD Wやエポスカードは年会費無料で旅行保険が付帯されているので、頻繁に旅行に行くという方はこれらのクレジットカードを検討してみてください。

④ポイント対象外が多い

ライフカードは利用目的によって、ポイントが付与されないケースがあります。

具体的には、

  • ETCカード利用
  • nanacoチャージ
  • 楽天Edyへのチャージ
  • JCBギフトカード

の4つの場合です。

他のクレジットカードはETCの利用や電子マネーのチャージでも同様にポイントが付与されることが多いので、デメリットに感じる方も多いかもしれませんね。

\ポイントがザクザク貯まる!/

 

ライフカードはメリットが多いと口コミでも高評価!

次に、口コミから分かるライフカードのメリットについて解説します!

ライフカードのメリットは、全部で6つあります。

  1. ポイント還元先が豊富
  2. ポイントアップシステムが充実している
  3. ETCが無料で使える
  4. 審査に通りやすい
  5. キャッシュレスに対応している
  6. 海外アシスタンスサービスが充実

①ポイントの交換先が豊富

ライフカードは商品やポイントチャージ、ギフトカードなど交換先が豊富であることが大きなメリットです。

主なポイント交換先は、下記の通りです。

  • キャッシュバック
  • インテリアや家電へ交換
  • お米やお酒
  • 美容機器
  • カタログギフト
  • dポイント
  • Pontaポイント
  • 楽天ポイント
    など

詳しくはこちらをご覧ください。

②ポイントアップシステムが充実している

ライフカードのポイントは基本的に1,000円につき1ポイント付与されますが、独自のポイントアップシステムによって還元率を上げることができます

詳しくは後半でご紹介します。

③ETCが初年度年会費無料で使える

通常ETCカードは年会費有料のカードに付帯されていたり、年会費無料のカードでも別料金が発生したりします。

でも、ライフカードは年会費無料なのにETCまで初年度の年会費無料で利用できるので、高速道路をよく利用する方におすすめです。

※次年度1,100円(前年にカード利用が1回でもあれば無料)

④審査に通りやすい

ライフカードは、審査に通りやすいクレジットカードだと言われています

申し込み条件も年齢制限だけで安定収入などの項目がないため、学生やパート、専業主婦でも申し込み可能です。

またライフカードが信販系のクレジットカードであることも、理由のひとつです。

信販系のクレジットカードは銀行系のクレジットカードに比べて審査が甘いため、比較的審査に通りやすいという特徴があります。

⑤キャッシュレスに対応している

ライフカードは、以下のキャッシュレス決済に対応しています。

  • iD
  • Edy
  • モバイルsuicaチャージ
  • nanacoチャージ

このように電子マネーとして利用できるので、普段お財布を持ち歩かない方にもおすすめのクレジットカードです。

⑥海外アシスタンスサービスが充実

ライフカードは、LIFE DESKという海外アシスタンスサービスが充実しています。

海外主要都市20箇所に設置された会員専用窓口で申し込みを行うことで、海外旅行時の案内や予約などを行ってくれるものです。

アシスタンスサービスの主な内容を、ご紹介します。

  • 案内サービス
    各種交通機関、病院・医療機関、ショッピング・スポーツレジャー・天気情報、通貨為替レート
  • 予約サービス
    ホテルリゾート施設・レストラン、ショーイベント、航空券の予約
  • 緊急時サービス
    カード・パスポート紛失時の手続き、付帯保険の保険会社案内

このようにかなり充実したサービス内容なので、海外旅行に慣れていない方はライフカードを持って行くと安心でしょう。

\ポイントがザクザク貯まる!/

 

【ライフカードの還元率】ポイントがザクザク貯まる4つの理由

ライフカードの基本的なポイント付与は1,000円につき1ポイントですが、利用方法によってはポイントをザクザク貯めることもできます。

それはライフカードのポイントアップキャンペーンが充実しているからです。

ここでは、ライフカードのポイントが貯まりやすい4つの理由について解説します。

①入会後1年間はポイント還元率が1.5倍

ライフカード入会後は、キャンペーンにより1年間の間ポイントが1.5倍付与されます

利用するほどお得なので、最初の1年間はまとめ買いや高額なお買い物のチャンスです。

②誕生日月はポイント還元率が3倍

利用者の誕生月は、ポイントが3倍付与されます

自分への誕生日プレゼントを買ったり、誕生月にまとめ買いをすると決めて使ったりすればポイントがかなり貯まります。

年会費無料なので「誕生月だけ利用する」という方法でも、損することはありません。

③年間の利用額によって翌年度の還元率が変わるポイントアップ制度

ライフカードは、年間利用額によってポイントが上がるステージ制プログラムを導入しています。

この制度は、年間利用額に応じて還元率が最大2倍になるというものです。

詳しくは下の表をご覧ください。

年間利用額 翌年のポイント還元率
50万円未満(レギュラーステージ) 1倍
50万円から100万円未満(スペシャルステージ) 1.5倍
100万円から200円未満(ロイヤルステージ) 1.8倍
200万円以上(プレミアムステージ) 2倍

毎月17万円以上利用する方は、ポイント還元率が2倍になりかなりお得です

家賃や光熱費などをライフカードにまとめて利用するのもよいかもしれません。

④会員制ショッピングモールの利用でポイントアップ!

ライフカードを利用している方は、会員制ショッピングモールL-Mallを利用することができます。

L-Mallを経由してネットショッピングを行うと、ポイントが最大25倍付与されます。

約500店が掲載されており、よく利用されているサイトは以下の5つです。

  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • ロフト
  • 東急ハンズ
  • じゃらん

主婦の間では、このようにサイトを経由してポイントを貯める活動を「ポイ活」と呼び節約術のひとつとしてかなり流行っています。

ライフカードをうまく利用すれば、このようなポイ活にも挑戦できます!

\ポイントがザクザク貯まる!/
おすすめのクレカ:JCB CARD W

JCB CARD Wは39歳以下の方しか申し込めない年会費永年無料・高還元のクレジットカードです。

ポイント還元率もライフカードよりも高い最大5.5%!

Amazonでよくお買い物する方やスターバックスを日常的に利用する方であれば、ライフカードよりもJCBカードWの方がお得に利用できますよ!

JCBカードW

年会費 還元率 海外保険
永年無料 1〜5.5% 最高2,000万円
国内保険 家族カード 電子マネー
なし 無料 QUICPay

※POINT

JCB CARD Wは新規入会特典として、Amazon利用で最大10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています!(〜6/30)

\Amazon利用で最大10,000円!/

お得なポイントの使い方

ライフカードの利用で貯まったポイントは、交換先によって還元率が変わります。

お得なポイントの使い方は、ギフト券に交換することです。

その中でも

  • AOYAMAギフトカードセット(還元率1.0%)
  • 三光マーケティングフーズお食事券(還元率0.7%)

この2つは高還元率なので、とてもおススメです。

詳しくはこちらを確認してみてください。

ライフカードの審査基準・審査にかかる時間は?

ここまでの記事を読んで「ライフカードを利用してみたい!」と思った方も多いのではないでしょうか?

ここからは、ライフカードの審査基準や発行までの手続きなどについて解説していきます。

ライフカードに審査落ちする人の特徴

ライフカードは比較的審査が甘く発行しやすいクレジットカードですが、審査に落ちてしまう人もいます。

ライフカードに審査落ちする人の特徴は以下の通り。

  • 信用情報に問題がある
  • 申し込みブラックである

信用情報に問題がある

ライフカードは、信用情報に問題がある場合は審査に落ちてしまいます。

信用情報とは、クレジットカードやローンの契約などの申し込みに関する情報のことです。

クレジットカードを申し込む際、カード会社は信用情報を確認し「申込者が問題なく利用できるか」「利用額を支払えるだけの返済能力があるか」を判断します。

これまでの間に、

  • クレジットカードの延滞
  • 滞納による携帯電話強制解約
  • 債務整理

などの問題があった場合は記録されており、記録が残っているうちは新たなクレジットカードの発行は難しいでしょう。

この記録は、信用情報機関で5年ほど保存されています。

自分の情報が気になる方は開示請求も可能なので、一度調べてみてください。

申し込みブラックの状態である

ライフカードを申し込む時に、申し込みブラックの状態であると審査に落ちやすくなります。

申し込みブラックとは、短期間の間に複数のクレジットカードを申し込むことです。

カードの申し込み状況も信用情報機関で確認することができるため、複数の申し込みをしていることが分かるとカード会社は「お金に困っているのかな?」と思ってしまいます。

返済能力が無いと予想できる場合、クレジットカードの審査は通さないはずです。

もし複数のクレジットカードを利用したくても、最低でも半年間は空けた方がよいでしょう。

\ポイントがザクザク貯まる!/

やっぱりライフカードは微妙だった…解約できる?

「ライフカードを発行したけど、やっぱり使わないな」と思った場合、手数料なしでいつでも解約することができます。

解約を希望する場合は、以下の情報にしたがって手続きを行ってください。

解約方法

電話:045-914-7003

営業時間:8〜23時(音声ガイダンスによる手続き)

ただし、

  • ETCを発行している
  • 利用残高がある
  • カードを紛失した
  • 暗証番号が分からない

この場合は、9:30〜17:30に電話が必要です。 (日曜祝日、1/1~1/3は休み)

おすすめのクレカ:JCB CARD W

JCB CARD Wは39歳以下の方しか申し込めない年会費永年無料・高還元のクレジットカードです。

ポイント還元率もライフカードよりも高い最大5.5%!

Amazonでよくお買い物する方やスターバックスを日常的に利用する方であれば、ライフカードよりもJCBカードWの方がお得に利用できますよ!

JCBカードW

年会費 還元率 海外保険
永年無料 1〜5.5% 最高2,000万円
国内保険 家族カード 電子マネー
なし 無料 QUICPay

※POINT

JCB CARD Wは新規入会特典として、Amazon利用で最大10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています!(〜6/30)

\Amazon利用で最大10,000円!/

ライフカードの申し込み方法・作り方

では最後に、ライフカードの申し込み方法をご紹介します。

ライフカードの申し込みは、

  • 郵送
  • オンライン

の2つの方法で行うことが可能です。

郵送の場合は、こちらの資料請求フォームから入会申し込み書を請求してください。

オンラインでの手続きの場合は、あらかじめe-mailアドレスを準備しておきましょう。

準備が出来たら、以下の順番で手続きを行います。

  • STEP.1
    こちらのオンライン申し込みのURLから申し込み内容を入力
  • STEP.2
    最短1営業日後に審査結果のメールが届く
  • STEP.3
    オンラインで口座の設定
  • STEP.4
    3営業日後にカードが発行
  • STEP.5
    カード到着後にwebサービスで内容や明細を確認

ライフカードは最短3営業日でカードの発行が可能ですが、審査状況によっては時間がかかる場合があります。

また申し込み完了が正午以降だと翌営業日の手続き扱いとなりますので、急いでいる方は要注意です。

\ポイントがザクザク貯まる!/

まとめ

今回は、

  • ライフカードの口コミからメリットやデメリット
  • ライフカードのお得な使い方
  • ライフカードの申し込み方法・解約方法

についてまとめました。

口コミの中には「やばいカード」と記載されているものもありますが、実際に調べると全く怪しいクレジットカードではありません。

サービスは充実しており、ポイントもザクザク貯めることができるのでライフカードの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめのクレカ:JCB CARD W

JCB CARD Wは39歳以下の方しか申し込めない年会費永年無料・高還元のクレジットカードです。

ポイント還元率もライフカードよりも高い最大5.5%!

Amazonでよくお買い物する方やスターバックスを日常的に利用する方であれば、ライフカードよりもJCBカードWの方がお得に利用できますよ!

JCBカードW

年会費 還元率 海外保険
永年無料 1〜5.5% 最高2,000万円
国内保険 家族カード 電子マネー
なし 無料 QUICPay

※POINT

JCB CARD Wは新規入会特典として、Amazon利用で最大10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています!(〜6/30)

\Amazon利用で最大10,000円!/

関連記事