転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

「チャージできない」とビューカードsuicaの評判は悪い?使い方とメリット・デメリット・還元率・年会費を解説!

JRE POINTビューSuicaカードはJR東日本が発行するクレジットカードです。Suicaと連携でき、JRE POINTが貯まることが最大の特徴です。JR東日本のサービスを普段からよく使う方に特におすすめであり、恩恵も大きいクレジットカードになっています。

ビューカードは評判からも、いくつものメリットがある一方でデメリットも存在します。ビューカードについてメリットとデメリットを踏まえながら特徴を詳しく解説します。

ビューカードの基本情報

ビューsuicaカード

カード名 ビュー・スイカ カード
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費(本人) 524円(税込)
年会費(家族) 524円(税込)
利用限度額 〜100万円
入会条件 ・日本国内在住
・満18歳以上
・連絡の取れる方
・高校生不可
・本会員と同一生計の同性の配偶者、両親、子供
付帯機能 Suica、定期券、JRE POINT
追加カード 家族カード、ETCカード
ショッピング保険 なし
旅行保険 国内最高1,000万円
海外最高500万円

ビューカードは年会費のかかるクレジットカードです。最近では年会費無料のクレジットカードが主流であるため、年会費がかかることに対して不満を感じるという口コミもあります。さらに、通常還元率についても0.5%還元と決して高い水準ではありません。

しかし、ビューカードは非常に多くのユーザーを獲得しています。ビューカードは特徴的なクレジットカードであり、ニーズを満たす方にとっては非常に魅力のあるクレジットカードなのです。

ビューカードのメリットと良い評判

ビューカードのメリット

ビューカードはJR東日本が発行しているクレジットカードであり、他社クレジットカードにはないいくつものメリットがあります。ビューカードを効率よく使えれば、日々の生活をよりお得に送れることでしょう。

ビューカードのメリットを確認することで、今現在ビューカードを持っていない方はその魅力を感じられるはずですし、すでにビューカードを利用している方は口コミや評判から知っているとは思いますが、有益な情報を再確認できます。

定期券機能がつけられる

ビューカードは裏面にSuica定期券情報を追加できます。これによりビューカードをスイカ定期券として利用できるため、保有するカード枚数の削減が可能になります。

カードが何枚もあると財布の容量を圧迫してしまい、カードを探し出す手間もかかります。クレジットカードとSuica定期券をまとめられることで機能性はもちろんのこと、物理的にも大きなメリットがあるのです。

さらに、ビューカード定期券を券売機に投入するだけで、定期券の更新が可能です。表面のビューカード決済で裏面のSuica定期券を更新できるため、簡単に定期券の更新ができます。クレジットカードを忘れてしまって更新ができないといったトラブルも予防できるでしょう。

suicaのチャージ・支払いでポイントが貯まる

ビューカードを使ってSuicaにチャージをするとJRE POINTが貯まります。Suicaには、駅券売機などから現金を使ってチャージもできますが、現金チャージではポイントは貯まりません。

ビューカードを使ってチャージを行うことでチャージ額に対して0.5%が還元されます。クレジットカードチャージであれば、オートチャージにも対応していますし、現金を用意する手間も省けるため非常に便利です。あらかじめチャージしておくことで残高不足も予防できます。

また、ビューガードは通常利用でもポイント還元の対象になります。還元率は0.5%で貯まったポイントはSuicaにチャージできるほか、普通列車グリーン券に交換もできます。

さらに、JR東日本が運営するECサイトであるJREMALLでも使用可能です。貯まったポイントの使い道も多いため使い勝手の良いポイントと評判です。

JRE POINT加盟店で提示するだけでポイントが貯まる

ビューカード決済を行わなかったとしても、JRE POINT加盟店で提示するだけでポイントが貯まります。駅ビルを中心に展開しているJRE POINT加盟店ではビューカードをポイントカードとしても利用可能です。

会計は現金や他のクレジットカードでも問題ありません。そのため、生活費決済は他社クレジットカードで行っている方であっても、ビューカードを持っているだけでJRE POINTが貯まっていくのです。

ポイント還元率や家族カードなどの関係から他社クレジットカードをメインカードにしている方であっても、駅ビルを普段から利用する方であればビューカードを持っておく意味は大いにあります。

他社クレジットカードと併用することでポイントの二重取りもできるため、ビューカードは非常にお得なカードといえます。

年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

ビューカード利用者は4月から翌年3月までの利用額に応じてボーナスポイントを獲得できます。

30万円、70万円、100万円、150万円が基準であり、利用額合計が基準を超えるたびに、翌月にポイントが付与される仕組みです。基準をクリアするごとにポイントが付与され、最大合計5,250ポイントが付与されます。

ビューカードは基本還元率が0.5%で、他社クレジットカードと比較すると通常還元率では劣ります。しかし、ボーナスポイントや優待等を加味すれば、他社クレジットカードよりも大きな優位性を発揮するクレジットカードです。

カード会員限定のJRサービスの優待特典が受けられる

ビューカード利用者は、JR東日本が提供するいくつものサービスの優待特典を受けられます。特典の種類は多岐に渡り、レジャーからショッピング、ライフサポートや保険まで様々です。

ビューカードを利用しているだけで受けられる特典が盛り沢山なので、特典をうまく利用することでさらにお得にクレジットカードを使えます

普段からよく使うサービスが特典になっているかを確認してみるのもおすすめです。何か一つでも対象になっているのであれば、ビューカードを利用するメリットは大いにあるといえます。ポイント還元やSuicaとの連携だけではない優待特典もビューカードの大きなメリットと、良い口コミもあります。

ビューカードは使えない?デメリットと悪い評判

ビューカードはSuica定期券と一体化できたり、JRE POINTが貯まるといったいくつものメリットがある一方で、デメリットも挙げられます。人によってはメリット以上にデメリットを感じてしまうかもしれません。

ビューカードは特徴の大きいクレジットカードであるため、メリットとデメリットの双方をよく理解してニーズに合うかどうかを確かめましょう。メリットだけでなく、デメリットもしっかりと確認しておくことが重要です。

年会費524円がかかる

ビューカードは年会費が524円かかります。最近では年会費無料のクレジットカードが多いにも関わらず、年会費がかかるクレジットカードを持つことに抵抗を感じるという口コミも少なくありません。

ハイグレードなクレジットカードであれば納得もできますが、一般カードで年会費がかかるのはデメリットといえます。

年会費分のポイント還元を得るためには相当額の決済が必要です。せっかく駅ナカやSuica利用でポイント還元が得られたとしても、年会費の相殺に消えてしまうのでは意味がありません

還元率0.5%で計算すれば年間10万円利用してトントンであるため、年会費の存在は厄介です。

ショッピング利用による還元率は0.5%と低め

ビューカードの基本還元率は0.5%です。一般的な高還元率のクレジットカードは、一般カードの場合1.0%であるため、ビューカードの0.5%還元は決して高い還元率とはいえません。

ビューカードは利用額に応じたボーナスポイントもありますが、それを加味しても0.8%程度であるため、最初から1.0%還元のクレジットカードを使う方がお得といえます

ビューカードが力を発揮するのはあくまで駅ナカなどJRE POINT加盟店です。電車通勤や電車通学など、駅を普段から使用する方が恩恵を受けやすい傾向にあります。

ETCカードが有料

ビューカードの追加カードとしてETCカードを発行できます。ただ、ETCカードは有料であり、年会費524円(税込)が必要です。これはビューカードの年会費とは別に必要になるため、ビューカードの年会費と合わせると合計1,048円(税込)が必要になります。

他社クレジットカードであれば年会費無料なうえに、ETCカードも無料なものもあります。クレジットカードの年会費に加えてETCカードにも別途年会費がかかるのは大きなデメリットです。

せっかくETCの利用で高速料金が安くなったとしても、ETCカードの年会費がある分、恩恵は小さくなってしまいます。

付帯の旅行保険が制限がある

ビューカードには旅行保険が付帯していますが、利用には制限があります。ビューカードを使ってきっぷや旅行商品を購入しないと付帯保険は適用されないのです。

一般的なクレジットカードであれば特に制限なく旅行保険が適用されますが、ビューカードの場合は制限付きであることに注意が必要です。

旅行先でトラブルに巻き込まれたとしても、ビューカードで旅行商品を決済していなければ保証されません。さらに、補償額においても手厚いわけではありません。この部分は旅行好きな人の評判が良くないのが現実です。

他社の年会費無料クレジットカードと比較しても劣ってしまう保証内容です。これらのことから、ビューカードの旅行保険については大きな期待はできないといえます。

ポイント還元率が高いショッピング利用におすすめのカード3選

ビューカードはSuicaと連携させられる便利なクレジットカードですが、基本還元率は0.5%と低い水準であるため、ショッピング利用がメインの方には適していません。

ショッピング利用におすすめの、基本還元率が高いクレジットカードを3つ紹介します。それぞれの特徴を解説するので、ニーズに適したクレジットカードを選択しましょう。

カード名 ビュー・スイカ カード 三井住友カード(NL) JCBカードW 三菱UFJニコスカード
ポイント還元率 0.5% 0.5%〜7% 1%〜5.5% 0.5%〜10.5%
貯まるポイント JRE POINT Vポイント Oki Dokiポイント グローバルポイント
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB Visa、Mastercard JCB VISA、MasterCard、JCB、American Express
年会費(本人) 524円(税込) 無料 無料 無料
年会費(家族) 524円(税込) 無料 無料 本会員1,375円、家族会員440円
(年1回の利用で翌年度年会費無料)
入会条件 ・日本国内在住
・満18歳以上
・連絡の取れる方
・高校生不可
・本会員と同一生計の同性の配偶者、両親、子供
・満18歳以上
・高校生不可
・18歳以上39歳以下
・本人または配偶者に安定した収入がある方
・高校生不可
・18歳以上
・本人または配偶者に安定した収入がある方
・高校生不可
付帯機能 Suica、定期券、JRE POINT
追加カード 家族カード、ETCカード 家族カード、ETCカード 家族カード、ETCカード 家族カード、ETCカード
ショッピング保険 なし なし 海外最高100万円 年間限度額100万円
旅行保険 国内最高1,000万円
海外最高500万円
海外最高2,000万円 海外最高2,000万円 海外最高2,000万円

三井住友カード(NL)

三井住友カード

年会費 永年無料
還元率 0.5%~7%
国際ブランド Visa、Mastercard®
発行 最短10秒※即時発行できない場合があります
申込対象 満18歳以上の方(高校生は除く)

対象のコンビニ・飲食店でのスマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でポイント最大7%還元
※最大7%内訳(通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%)
※商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

三井住友カード(NL)は、ポイント還元率の高さが魅力のクレジットカードです。

年会費が永年無料なのに、対象のコンビニやファーストフード、ファミレスでスマホのタッチ決済を利用すると、通常の0.5%に加えて最大6.5%のポイントが加算され、合計で最大7%の高還元率を誇ります。

セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、ガストなど、日常的によく利用する店舗が対象なので、ポイントが貯まりやすいのが嬉しいポイントです。

また、カード番号や有効期限が券面に印字されていないナンバーレスで、セキュリティ面も安心。スマホのアプリで簡単にカード管理ができるため便利だと評判です。

さらに、年間100万円利用すれば、年会費永年無料でゴールドカードにアップグレードできます。

SBI証券と連携ができる唯一のクレジットカードであり、SBI証券で積立投資を行うのであれば必須です。貯まったVポイントも現金と同様に利用できるため非常に使い勝手がいいポイントです。

三井住友カード(NL)は還元率や使いやすさの面でバランスの取れたクレジットカードです。

\新規入会&ご利用で最大5,000円相当プレゼント/

JCBカードW

JCBカードW

年会費 永年無料
還元率 1.0〜5.5%
国際ブランド JCB
発行 最短5分
申込対象 18~39歳

JCBカードWは年会費無料のクレジットカードです。18歳から39歳までの人を対象としたカードで、通常のJCBカードと比較して2倍の還元率を発揮するのが特徴です

さらに、Amazonやスターバックス、セブン-イレブンなど60以上のJCBオリジナルシリーズパートナー店での利用では、最大10.5%までポイント還元率がアップします。

利用者の評判も良く、例えば、Amazonでの利用なら2.0%、スターバックスでは5.5%、セブン-イレブンでは1.5%のポイントが還元されます。貯まったOki Dokiポイントは、他社ポイントやマイルへの交換、またはキャッシュバックも可能で、使い道が豊富なのも魅力です。

特に20代から30代のショッピング利用に最適なクレジットカードです。ただし40歳以上は新規入会できないため、対象年齢の間に申し込んでおくのがおすすめです。

\年会費無料なのに高還元!/

三菱UFJニコスカード

三菱UFJニコス

年会費 初年度無料(2年目以降 1,375円)
還元率 0.495%〜10%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、American Express
発行 最短翌営業日
申込対象 18歳以上(高校生不可)

三菱UFJカードは、三菱UFJニコスが発行する人気のクレジットカードです。年会費は初年度無料で、2年目以降も年1回以上利用すれば無料となる、コストパフォーマンスに優れたカードと言えるでしょう。

ポイント還元率は通常0.4%ですが、ネットショッピングモール「POINT名人.com」経由の利用で最大10%、携帯電話料金やETCの支払いで0.8%と高めの還元率を得られます

また、2024年7月31日までの期間限定で、セブンイレブンやローソンなどの対象店舗での利用なら最大19%のポイント還元キャンペーンを実施中です。

さらに、不正利用補償に加え、カード番号が記載されていないナンバーレスのカードデザインで、盗み見のリスクも軽減されるなど、セキュリティ面でも安心です。

対象店舗での決済で最大19%還元を発揮するだけでなく、業界最高水準のセキュリティが魅力です。ポイント還元率とともに、安全面も大切にしたい方に合っている評判の良いクレジットカードです。

\コンビニの利用で最大19%還元/

ビューカードがおすすめ・おすすめできない人

ビューカードは特徴的なクレジットカードであるため、おすすめの人とそうでない人がいます。ビューカードには他社にはないメリットが豊富にあるため、ニーズが合う方にとっては最高のクレジットカードになるでしょう。

一方でデメリットも大きいため、大きなネックになってしまう方もいます。

大切なことは、ビューカードのメリットとデメリットを確認したうえで、自身のニーズと照らし合わせることです。ご自身のニーズにビューカードが合うかどうかを見極め、効率的にクレジットカードを使いましょう。

おすすめできる人

・suicaの利用頻度が高い人

・首都圏・仙台のJR圏内に在住の人

ビューカード最大の特徴はSuicaとの連携です。そのためSuicaの利用頻度が高い方にはビューカードもおすすめになります。一般的なクレジットカードではSuicaチャージのポイント還元は対象外です。

もちろん現金でチャージをしたとしてもポイント還元はありません。しかし、ビューカードからチャージを行えばチャージ額に対してポイント還元が受けられます。

JRE POINT加盟店でSuica決済を行うことでもポイントが獲得できるため、ポイントの二重取りが可能になります。さらに、オートチャージ設定をしておくことで、Suicaのチャージ残高が一定額を下回った場合に自動的にチャージできるようにもなります。

また、Suicaは首都圏や仙台を中心としたJR東日本圏内で使える交通系ICカードであるため、必然的にJR東日本圏内在住の方がメインになるでしょう。首都圏であれば交通系ICカードはほとんどの店舗で利用できるため、オールマイティな通貨として使用可能です。

Suicaをメインの電子マネーとして使っていて、首都圏に在住している方であれば、ビューカードは絶対に持っておきたいクレジットカードといえます。

おすすめできない人

・通勤通学にJR東日本圏内を使わない人

・ショッピング利用がメインの人

ビューカードはSuicaと連携させたり、JR東日本のサービスを利用することで力を発揮するクレジットカードです。そのため、普段はJR東日本を利用しない方、通勤通学に鉄道を使わない方にとって恩恵はありません。

Suicaは使い勝手がいい電子マネーですが、JRE POINT加盟店以外では、ポイント還元の対象にならないため、駅ナカなどを普段使わない方にとって恩恵は感じられないと言った口コミも。

また、ビューカードの基本還元率は0.5%であるため、クレジットカードの使用目的がショッピング利用の方にも適していません。基本還元率が高く、年会費無料のクレジットカードも数多くあります。ショッピング利用がメインなのであれば、通常還元率が高いクレジットカードを使う方が得策です。

ビューsuicaカードに関するよくある質問

ビューカードは特徴的なクレジットカードであるためいくつもの質問が寄せられています。ポイント制度も複雑なので、ポイントに詳しい方でも困惑してしまうほどです。

疑問はあらかじめ解決しておくことで、こんなはずじゃなかったのにと後悔することも少なくなるでしょう。ビューカードに寄せられるよくある質問をまとめたので、カードを発行する前にしっかりと確認しておきましょう。

ビューカードでSuicaチャージができない場合はどうしたらいい?

ビューカードでSuicaにチャージできない場合はいくつかの原因が考えられます。大きく分けてビューカードに問題があるパターンとSuicaに問題があるパターンです。

ビューカードに問題がある場合は、ビューカードのクレジットカード機能の限度額やシステム障害が疑われます。Suicaへのクレジットカードチャージはショッピング枠を使用するため、上限を超えた状態ではチャージができません

また、ビューカードにシステム障害が発生している状態であれば利用できないでしょう。これらの場合は現金を使ってチャージをするしかありません。駅の券売機を使って現金チャージを行いましょう。

Suicaに問題がある場合は、Suicaの磁気エラーとセキュリティロックが考えられます。経年劣化により磁気エラーが生じている場合はみどりの窓口でカード交換が必要です。

また、Suicaは一定期間利用をしていないとセキュリティロックがかかってしまいます。磁気エラーと同様にみどりの窓口にてロックを解除してもらわないと使用できません。

ビューカードのSuicaとモバイルSuicaは併用できる?

ビューカードのSuicaとモバイルSuicaは併用できません。Suica機能付きビューカードのSuica番号を利用してモバイルSuicaに登録してしまうと、ビューカードのSuica機能は使えなくなりす。モバイルSuicaに登録してしまうと、元に戻すことはできないので注意が必要です。

ビューカードのSuicaとモバイルSuicaのどちらも使いたいのであれば、それぞれ別のSuica番号で発行しなくてはなりません。

JRE POINTは連携できるため、どちらのSuicaを使っても貯めることはできますが、残高の管理等が面倒であるため、どちらか一方をメインとして利用する方がおすすめです。

SuicaからVIEWカードに切り替えることはできますか?

Suicaカードからビューカードに切り替えることはできません。Suicaカードはあくまでも単なる電子マネーカードです。ビューカードはクレジットカードであるため、作成する際は審査に通過する必要があります。

Suicaは老若男女問わず審査なしで作成ができますが、ビューカードは申し込み条件や入会審査があるため、誰でも作成できるわけではありません。ビューカードを使用したいのであれば、ビューカード専用の申し込みフォームから新規作成を行う必要があります。

ビューsuicaカードから迷惑メールが来ることがある

ビューカードから迷惑メールが来るのであれば、マイページのメール設定からメールマガジンの停止を選択しましょう。メールマガジンを停止しておくことで不要な営業メールが来なくなります。

迷惑メール対策としてメールアドレスを変えてしまったり、届かないメールアドレスを設定することはおすすめできません。必要なメールが送られてくることもあるため、見逃さないためにもメールは受信できる環境を整えておきましょう。

まとめ

ビューカードはJR東日本が発行するクレジットカードであり、Suicaと連携できたりJRE POINTが効率よく貯められるなどメリットがいくつもあります。一方で年会費がかかったり、JR東日本のサービスを普段から使わない方にとっては恩恵は大きくありません。

ビューカードはニーズによって向きは不向きが分かれるカードといえます。ニーズが合う場合は非常にお得なクレジットカードであるため、メリットやデメリットを総合的に判断してうまく活用しましょう。