未分類
美容
転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

イオンカードの分割払いを使うデメリットは?手数料のシミュレーションや別の対処法を紹介

イオンカードの分割払いは、買い物をするときの購入金額を分割できたりと利便性が高いです。しかし、手数料がかかったり、そもそも分割できない購入方法だったりと、落とし穴も存在します。

そのため、イオンカードの分割払いを利用するよりも、カードローンを利用したほうがオトクで便利になることもあります。

イオンカードの分割払いについての解説や、イオンカードの分割払いよりもカードローンがおすすめの理由などを解説します。

イオンカードの分割払いシミュレーション

イオンカードでは、分割払いにしたときの毎月の支払額や分割払い手数料がいくらになるのか、イオンカードの公式サイトにある分割払いシミュレーションで確認できます。

仮に、10万円の買い物で分割払いをしたときのシミュレーション結果は以下の通りです。

分割回数 3回 5回 10回 20回
支払い総額 101,680 102,800 105,600 111,200
毎月の支払い金額 33,893 20,560 10,560円 5,560

分割回数が多くなればなるほど分割払い手数料の利率が高くなるため、分割回数が増えると月々の支払い金額は少なくなりますが、支払総額自体は高くなってしまいます。

分割回数を増やして、月々の支払額と負担を少なくすることも重要ですが、実際に支払うトータルでの金額なども参考にして、バランスのいい分割回数を設定するといいでしょう。

【危険】イオンカードの分割払いを使うデメリット

イオンカードで分割払いを利用するにあたって、メリットだけでなくデメリットもあります。イオンカードの分割払いのデメリットは以下の4つです。

使いすぎる可能性がある

イオンカードの分割払いを利用すると、月々の支払い金額を調整しつつ負担を最小限にして買い物できるというメリットがある反面、使いすぎるリスクもあります

分割払いでの買い物を多用してしまい気づいたときには月々の支払い金額が高くなってしまいます。分割回数を多く設定している場合には、負担の大きい支払いを何度もする必要があるため特に注意が必要です。

使いすぎるリスクを少しでも減らすために、イオンカード公式サイトのシミュレーション機能を活用しつつ自分の支払い能力にあった分割払いの利用が望ましいです。

後から分割払いはできない

イオンカードの分割払いを利用するためには商品の購入時に分割払いで支払う旨を伝える必要があります。

他社のクレジットカードであれば月々の利用代金を後から分割払いに設定できる場合もありますが、イオンカードの分割払いは設定できません。そのため、一度1回払いで支払ってしまった代金は1回払いで対応する必要があります。

高い金額の商品を購入するときは分割払いを利用するかどうかを一度しっかり検討しましょう。どうしても一回払いでの支払いが難しい場合には、リボ払いへの変更が可能です。

もしくはカードローンなどの他の金融商品を利用するのも一つの方法です。

分割手数料がかかる

イオンカードの分割払いでは、月々の支払い金額を少なくできますが以下の分割払い手数料が課せられます。

支払回数 分割払手数料率
3回 10.05%
5回 11.13%
10回 12.04%
20回 12.4%
30回 12.39%

利用金額全体に対して一定の利率をかけ合わせて計算されるため、利用金額が高いときは支払う手数料も高くなります。分割回数を多く設定した場合にはさらに高い分割払い手数料がかかるため注意が必要です。

設定されている金利はあくまでも現在の市場によって決められているため、今後は今以上に高い金利や手数料がかかってしまう可能性があることもしっかりと覚えておきましょう。

分割払いできない店もある

基本的に国内であればイオンカードの分割払いを利用できます。しかし、Amazonなど一部の加盟店ではイオンカードの分割払いに対応していないところがあります。

分割払いが利用できない場合は1回払いで支払う必要があります。イオンカードは後から分割払いに変更はできないため、1回で支払うかリボ払いを利用する必要があります。はじめて分割払いをする店の場合は、事前に対象外になっていないか確認しましょう。

>>分割払いよりもおすすめの支払い方法をチェック

イオンカードの分割払いを使うメリット

次にイオンカードでの分割払いのメリットについて目を通してみましょう。

月々の負担を少なくできる

イオンカードの分割払いでは、商品の購入代金を複数回に分割することで月々の支払い金額を調整できます。そのため大きな買い物や急な出費での負担を少なくできます。

また、イオンカードの分割払いでは月々の支払い金額は一定なので、毎月の出費がわかりやすくコントロールしやすい点がメリットとして挙げられます。事前に月々の支払い金額がわかっているため毎月の家計管理がしやすくなります。

毎月の支払額などはアプリで確認できるため非常に便利です。

2回払いでは手数料が無料

イオンカードの分割払いでは、3回以上の分割払いの場合には分割手数料が発生します。しかし、分割払いの回数を2回にすると分割手数料を支払わずに分割払いを利用でき便利です。

手元にお金がある状態だけど、全部を一気に使いたくないときなどはイオンカードの2回払いでの分割払いを積極的に利用するといいでしょう。

イオンカードの分割払いよりおすすめの支払い方法

カードローンは現金を融資として受け取れるため使い道も自由で便利な点からも、イオンカードの分割払いよりおすすめです。

次に、イオンカードの分割払いの代わりに利用するカードローンを紹介します。どちらも便利でメリットの多いカードローン会社なので、それぞれを比較しつつ自分にあったカードローン会社を利用するといいでしょう。

最短3分で即日融資できるプロミス

プロミス3分

審査時間 最短3分
金利 4.5%〜17.8%
無利息期間 初回借入日から30日間
最大借入限度額 500万円
カードレス対応 ⚪︎
Web完結 ⚪︎
在籍確認 職場への電話なし

プロミスは、申し込み・審査・融資まで最短3分で完結します。50万円未満の借入希望での審査は収入証明書も必要ないため、最短15秒で完了するというスピードが特徴です。

今すぐ手元にお金が必要な方などにとって、待ち時間を少なく、スムーズに融資を受けられる点は非常に魅力的です。また、プロミスで初めて融資を受ける場合は。30日間の無利息期間が設定されています。

30日以内に完済すれば、利息なしで融資を受けられるためオトクです。契約時に無利息期間が開始してしまうカードローン会社もありますが、プロミスは初回の融資を受けた時点から30日間の無利息期間が開始されるため、自分のペースで融資を受けられます。

無利息期間が終了したあとは、4.5〜17.8%の金利が適応されます。スマホさえあれば365日24時間いつでも融資を受けられるため、利便性も非常に高いカードローン会社です。

返済手数料もプロミスであればどの方法で返済しても無料です。

最短3分で即日融資可能!/

アコムは原則在籍確認の電話なし

アコム

審査時間 最短20分
金利 3.0%〜18.0%
無利息期間 契約日から30日間
最大借入限度額 800万円
カードレス対応 ⚪︎
Web完結 ⚪︎
在籍確認 職場への電話なし

一般的に、カードローンの審査などでは、勤務先などへ直接連絡して在籍確認が行われますが、アコムでは、原則在籍確認のための職場連絡がありません。

もし、在籍確認が必要な場合でも、「アコム」や「カードローン」などの言葉を使わずに連絡しています。在籍確認されたくない方は、アコムでのカードローン利用を検討するといいでしょう。

また、プロミスと同様にアコムでも審査は最短20分で完結します。利用できる最大借入金額は800万円となっており、プロミスよりも300万円も多くなっています。

契約日からの30日間無利息期間も設定されているため、ほかのカードローン会社と比較してもアコムは、使いやすいでしょう。

\最短20分で即日融資可能/

そもそもイオンカードの分割払いとは

イオンカードの分割払いは、分割回数を決めるだけで利用できます。最初に、イオンカードでの分割払いを決めるタイミングや条件について解説します。

無料でシミュレーション機能を利用できますので、実際のシミュレーションを用いて分割払いを使うか検討してください。

イオンカードの分割払いを決めるタイミングと条件

イオンカードの分割払いの利用は、購入する際に分割払いで支払う旨を店員に伝えるだけです。分割回数は、2回払いから最大60回払いまで対応しています。

しかし、イオンカードの分割払いでは、利用金額が1万円以上かつ毎回の支払い金額が3,000円以上になる必要があります。また、分割回数が3回以上の分割払いでは、分割払い手数料を支払う必要があります。

分割払い手数料は利用代金に対して一定の利率で計算されますが、利率は分割回数によって変わります。分割回数が多くなればなるほど分割払い手数料の利率は高くなります。

【理由別】イオンカードの分割払いができない時

イオンカードの分割払いはいつでも利用できるわけではありません。

ここでは、イオンカードの分割払いができないパターンを理由別に紹介します。

利用金額に制限があるから

イオンカードの分割払いを利用できる条件は次の2点です。

  • 1回の支払いが10,000円以上
  • 分割後の各支払いの金額が3,000円以上

イオンカードは1万円以下の支払いではそもそも分割払いに変更することができません

また、分割払い後の1回あたりの支払い金額が3,000円を下回る分割はできないことになっています。例えば1万円の買い物であれば3回払いまで分割払いが可能ですが4回以上の分割はできません。

そのため、イオンカードで分割払いをしたい場合には、支払い前に分割払い可能な回数をあらかじめ計算しておく必要があります。

分割払い対象外の店舗だから

イオンカードで支払いができる店舗であっても、分割払いには対応していないというケースもあります。分割払いが利用できるかどうかはホームページ等では公表されていないことが多いため、あらかじめ利用予定の店舗に確認が必要です。

なお、分割払いに対応していても、選べる分割回数が限定されていることもある点に注意しましょう。

限度額をオーバーしているから

イオンカードの分割払いは利用限度額をオーバーしている場合にも利用ができません。また、利用限度額をオーバーしているとなると一括払いも利用できない可能性が高いです。

分割払いを利用したいのであれば、支払いを行う前にカード利用料を支払い限度額を回復させる必要があります。ただし、利用料を支払ってもすぐにカードの利用可能額に反映されないため、カードを使う数日前までには手続きをしておくことをおすすめします。

延滞中だから

イオンカードの利用料金を延滞している場合にも分割払いは利用できません。もちろん一括払いやリボ払い、ボーナス払いも利用できなくなります。

延滞料金を支払うことで再びカードは利用可能になりますが、入金から利用再開までは数日かかることもあります。また、何度も延滞を繰り返していると利用限度額が減額されたり強制解約になるため注意が必要です。

イオンカードの分割払いの利用方法

次にイオンカードの分割払いを利用する方法をご紹介します。

  • STEP.1
    イオンカードを提示する

    会計時にイオンカードを提示し、クレジットカード払いであることを伝えます。

  • STEP.2
    支払い方法を伝える

    店員にイオンカードの分割払いで支払う旨を申告してください。

  • STEP.3
    支払い回数を伝える

    支払い回数を店員に聞かれるので、希望の支払い回数を伝えます。

    選べるのは3~60回までです。ただし、1万円以上で1回の支払いが3,000円以上でなければ分割払いにできない点に注意してください。

  • STEP.4
    イオンカードとレシートを受け取る

    会計が終わると、イオンカードとレシートを渡されるため希望通りの分割回数での支払いになっているか確認できます

  • STEP.5
    利用明細がカード会社から届く

    後日、イオンカードの利用明細でも支払い回数と分割払いの金額を確認しておきましょう。

  • STEP.6
    引き落とし日に返済

    引き落とし日になると、毎月分割払いを行います。指定した回数の引き落としが完了すると返済は完了です。

イオンカードの分割払いに関する疑問を解決!

分割払いを利用するときに手続きは必要?

イオンカードの分割払いを利用するために必要な手続きはありません。店舗での商品購入時にイオンカードを提示して、分割払いで支払う旨を伝えるだけで分割払いで買い物できます。

イオンカード発行時にも特に分割払いに関しての申し込みなどは必要ありません。

ボーナス払いに対応している?

イオンカードの分割払いでは年2回のボーナス払いにも対応しています。1万円以上のボーナス払いを1年中受け付けており手数料は無料です。

夏のボーナス払いの取り扱い期間は、前年11/21〜翌年6/20で、支払い日は7/2・8/2・9/2のいずれかです。冬のボーナス払いの取り扱い期間は、6/21〜11/20で、支払い日は1/2です。

夏のボーナス払いの支払い日は、加盟店ごとに設定されています。

分割払いの利用状況を知りたい

分割払いの利用状況は暮らしのマネーサイトやイオンウォレットアプリ、請求明細書兼利用明細書で確認できます。すぐに反映されないため、しばらく時間が経ってから確認するといいでしょう。

もし、利用した覚えのない分割払いや不具合などがあった場合は、イオンカードの問い合わせ先に連絡して直接確認してみましょう。

あとから分割払いに変更できますか?

お買い物の際、レジで一括払いを指定してしまった場合は、あとから分割払いに変更することはできません。ただしリボ払いに変更することは可能です。

購入後に一括払いでの支払いが厳しいと分かったらリボ払いへの変更をおすすめします。

リボ払いと分割払いの違いってなに?

イオンカードにはリボ払いと分割払いがあります。分割払いは分割回数を事前に設定する支払い方法です。

リボ払いは利用可能枠内であれば毎月の支払い金額をほぼ一定に設定して支払う方法です。リボ払いでも分割払いと同じく、利用金額に対して一定の金利が手数料としてかかります。

まとめ

今回はイオンカードの分割払いについての内容をまとめました。

イオンカードでは、2回から最大60回までの範囲で分割払いができるため、大きな買い物や急な出費に対応しやすくなります。しかし、分割回数が多くなればなるほど分割払い手数料がかかるため注意が必要です。

また、毎月の支払いの負担を減らしてコントロールしやすくなる一方、ついつい分割払いを多用して使いすぎのリスクがあります。カードローンも融資を受けた金額に対して金利がかかりますが現金で融資を受けられるため自由にお金を使えます。

さらには、即日で審査が完了したり無料利息期間が設定されていたりなどカードローン特有の利便性の高さもあります。そのため、イオンカードの分割払いよりもカードローンを利用することをおすすめします。

カードローン各社のなかでもプロミスやアイフルなどは特におすすめです。どちらのカードローンもオトクで利便性も高いため、それぞれの特徴やメリットなどを把握しつつ自分にあった方のカードローンを利用しましょう。

分割払いよりおすすめのプロミス

プロミスは、スマホ完結で申込みはとっても簡単。
現金で融資を受けられるため、使い道も自由で便利
初回30日間は無利息なのもポイント!30日以内に返済すれば、利息の支払いも不要です。

プロミス 3分

金利 融資スピード バレない度
4.5〜17.8% 最短3分
学生の利用 無利息期間 コンビニの利用
可能◎ 30日間 可能
最短3分で即日融資可能!
プロミスの公式サイトはこちら

関連記事

CHOOSENER+(エレビスタ株式会社)では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社、SMBCコンシューマーファイナンス社、アイフル社などから委託を受け広告収益を得て運用しております。