未分類
美容
転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

JCBゴールドカードはメリットない?審査難易度と年会費初年度無料で使いこなすポイント!

JCBゴールドカードはJCBが発行するクレジットカードで、初年度の年会費無料なのに複数の優待サービスが付帯されていることから、ゴールドカードの入門におすすめの1枚です。

しかし、JCBゴールドカードはメリットがないのでは?と疑問の声もあります。とそこで今回は、JCBゴールドカードのメリットや審査の難易度、JCB一般カードとの違いから本当にメリットがないのかを徹底解説します!

上位カードへのインビテーションやランクアップ制度についても紹介するので、質の良いクレジットカードを保有したいと考えている方に必見の内容です。

▶︎関連記事:「おすすめのゴールドカード9選!メリット・デメリットや選び方
▶︎関連記事:「結婚式費用の支払いにおすすめなクレジットカードは?支払う際の注意点
▶︎関連記事:「即日発行OK!最短10秒ですぐ作れるおすすめクレジットカード!学生や無職でも審査が甘いカード
▶︎関連記事:「【2024年】年会費無料のおすすめ人気クレジットカード

目次

JCBゴールドカードの基本情報・特徴

JCBゴールドカードは初年度年会費無料

JCBゴールドカードは、日本唯一の国際ブランドJCBが発行するゴールドカードです!

初年度年会費 無料(オンライン入会のみ)
年会費2年目以降 2年目以降11,000円
還元率 0.5%~5.0%
発行スピード 最短5分
国際ブランド JCB
電子マネー QuicPay、d払い
申し込み 公式サイト

ポイント還元率は一般的な数値ですが、付帯保険が多くもしもの時にも安心です。また、日本国内には加盟店が多く、日常的にも使いやすいゴールドカードと言えるでしょう。

さらに、ゴールドカードならではの特典として、空港ラウンジも無料で利用可能です。限られた人だけが入室できるというステータスを味わえます。

ゴルフやグルメ優待サービスなど、ゴールドカードならではの優待サービスが豊富に揃っているので、年会費を払う以上にお得を感じるカードと言えるでしょう。

年会費は初年度無料、2年目以降11,000円(税込)

JCBゴールドカードの年会費は11,000円と、どのゴールドカードとも大きな差はありません。ただしオンライン入会で申し込みをした場合、初年度は1年間年会費無料で利用できるので、入会を検討しているなら、オンライン入会で手続きをしましょう!

ステータスカードにも関わらず年会費無料で申し込みできるJCBゴールドカードは初めてのゴールドカードにおすすめの1枚です。

2年目以降は年会費11,000円が発生するため、注意しましょう。JCB一般カードのように「一定額以上利用すれば無料になる」といったサービスもありません。

ただし、JCBゴールドカードは、年会費を支払ってでも保有する価値があるカードとなっています。年会費がかかるという点だけでなく、メリットも事前に確認しておきましょう。

基本ポイント還元率は0.5%

ポイント還元率は通常0.5%です。支払い金額1,000円につき、1ポイント還元されます。なお、JCBのクレジットカードで貯まるのは「Oki Dokiポイント」です。

JCBカード独自のポイント制度で、貯めたポイントは1ポイント3~5円として使用できます。また、JCBゴールドのポイント有効期限は、ポイント獲得月から3年間です。

3年を過ぎるとポイントが失効するため、有効期限までに使い切りましょう。

JCBゴールドカードの最新キャンペーン情報

現在、JCBゴールドカードに入会すると次のような特典を受けることができます。

  • 期間限定入会キャンペーン最大35,000円キャッシュバック
    ┗新規入会&MyJCBアプリにログイン&Amazon利用で最大23,000円(利用額の20%)キャッシュバック
    ┗家族カードの設定で最大4,000円キャッシュバック
    ┗キャッシングサービス枠の設定&ショッピング10,000円以上利用で5,000円キャッシュバック(抽選で200名様)
    ┗MyJCBアプリにログイン&Apple Pay ・ Google Payの利用で、最大3,000円キャッシュバック
    開催期間:2023年12月5日~2024年3月31日
20代から持てるゴールドカード!

JCBゴールドカードの3つのデメリット

JCBゴールドカードにはデメリットもあります。

①ゴールドカードにしては還元率が低い

クレジットカードでのポイント還元を重視している方には、JCBゴールドカードはおすすめできません。

JCBゴールドカードの基本還元率は0.5%のため、1.0%のカードなどに比べると貯められるポイントが半分になります。

JCBゴールドカードはポイント還元よりも、保険や特典などを重視したい方におすすめです。

②年会費が発生する

JCBゴールドカードの年会費は税込みで11,000円です。年会費の元が取れるくらい保険や特典を活用できないと損をしてしまいます

とくにJCBゴールドカードは充実した海外・国内旅行傷害保険やショッピング保険が魅力のため、よく旅行や出張に行く人におすすめです。別途に保険料を払う必要がないため、年会費の元をすぐに取り戻せます。

とはいえ、初年度の年会費は無料となるので、一度ゴールドカードを使ってみたい、初年度に旅行に行く際だけ使いたいという方にはもってこいのカードです。

③プライオリティパスが付帯していない

プライオリティパスとは全国1,300ヵ所の空港VIPラウンジを無料で利用できる特典です。

しかしJCBゴールドカードにはプライオリティパスがないため、ラウンジを利用できません

プライオリティパスを利用するには、JCBゴールド・ザ・プレミアにアップグレードする必要があります。

プライオリティパス付帯のゴールドカードならアメックスゴールドがおすすめ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 31,900円
ポイント還元率 0.3~1.0%
ポイントの種類 メンバーシップ・リワードポイント
追加カード ETCカード、家族カード
スマホ決済 QUICPay, Pasmo, Apple Pay
付帯サービス プライオリティパス
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

アメックスゴールドには、年会費4万円以上のプライオリティパスが付帯しています。

国内外1,200カ所以上の空港にあるVIPラウンジは通常1回利用する毎に32ドルが必要となりますが、年2回までは無料で利用することが可能です。

アメックスゴールドはプライオリティパスが付帯しているカードとしては比較的年会費が安く、マイルを貯めるのにもぴったりのカードとなっています。

そのため、JCBゴールド・ザ・プレミアへのインビテーション待てないという方や飛行機をよく利用するという方には特におすすめのカードです。

\周囲と差がつくステータスカード/

JCBゴールドカードはメリットがないって口コミの真相は?

「JCBゴールドカードにメリットがない」という口コミもありますが、実際はまったくの嘘です。

JCBゴールドカードにはメリットが複数あります。その中でも特に評価の高いポイントは以下の通りです。

ここでは、メリットの内容について、見出しに分けて詳しく解説します。JCBゴールドカードの作成を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

①最短5分で発行できる

JCBゴールドカードは最短5分で発行できる

JCBゴールドカードは、モバイル即時入会サービスを利用することで即日発行可能です。

申し込みから最短5分でカード番号が発行され、すぐにネットショッピングや電子マネーの支払い先に設定して利用することができます。

カード本体も一週間ほどで自宅に届けられるため、急いでクレジットカードを発行したいという方にもおすすめです。

なお、即日発行できるのは、9時~20時までの間に申し込みが完了した場合のみに限ります。

最短5分で発行できる!

②保険の内容が充実している

JCBゴールドカードは、付帯している保険が充実しています。

海外旅行と国内旅行の傷害保険に国内・海外航空機遅延保険、ショッピング保険やスマートフォン保険と、旅行時にも日々の生活にも役立つ保険サービスが充実しています。

海外旅行傷害保険

JCBゴールドカードの保険内容

JCBゴールドカードは海外旅行傷害保険が付帯されています。海外旅行によく行く方にとってはメリットとなるでしょう。

補償の内容が手厚く、補償額は以下のように定められています。

付帯条件 自動付帯
死亡後遺障害 本人:最高1億円
家族特約:最高1,000万円
傷害治療費用 本人:1回の事故につき300万円限度
家族特約:1回の事故につき200万円限度
疾病治療費用 本人:1回の病気につき300万円限度
家族特約:1回の病気につき200万円限度
賠償責任 本人:1回の事故につき1億円限度
家族特約:1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害自己負担額

(1回につき)

1つの旅行につき旅行中50万円限度(保険期間中100万円限度)
家族特約:同上
自己負担額:3,000円
救援車費用等 本人:400万円限度
家族特約:200万円限度

死亡後遺障害「最高1億円」、疾病治療費用「1回の病気につき300万円限度」といったように、補償内容が充実しているのが特徴です。

一般的なクレジットカードでは、死亡後遺障害「最高2,000万円」疾病治療費用「1回の病気につき100万円限度」といった金額水準で定められているケースが少なくありません。

また、JCBゴールドカードでは、海外旅行傷害保険の利用条件が「自動付帯」とされています。自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで、保険の利用条件に適合している状態のことです。

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険がついているのもメリットの一つです。補償内容は以下のようになっています。

付帯条件 自動付帯
死亡後遺障害 最高5,000万円
傷害入院日額
※事故日から180日限度
本人:1日あたり5,000円
家族特約:1回事故につき200万円限度
傷害手術
※1事故につき1回限度
入院日額×倍率(10倍・20倍・40倍のいずれか)
通院日額
※事故日から180日以内90日限度
1日あたり2,000円

一般的なクレジットカードでは、利用付帯の海外旅行傷害保険は付いているものの、国内旅行傷害保険は付随されていないケースがほとんどです。

一方、JCBゴールドカードでは、国内旅行の際にも手厚い補償を受けられます。

死亡後遺障害は「最高5,000万円」、傷害入院日額は「1日あたり5,000円」で、傷害入院日額には家族特約も付帯されています。

20代から持てるゴールドカード!

国内・海外航空機遅延保険

JCBゴールドカードの旅行保険

JCBゴールドカードには、航空機遅延保険が付帯されています。

航空機遅延保険とは、航空機が遅延したことで発生した食費や宿泊施設の料金を補償してもらえるサービスです。

航空機遅延保険は、年会費無料のクレジットカードには付帯されていないケースも多く、ゴールドカードならではのサービスといえます。

飛行機に乗る機会の多い方、出張によく行く会社員などは航空機遅延保険があると安心でしょう。

ショッピングカード保険

JCBゴールドカードの保険内容

ショッピングカード保険とは、JCBゴールドカードで購入した商品が盗難や破損の被害に遭った場合に、補償を受けられるサービスです。

JCBゴールドカードは、ショッピングカード保険の補償額が多いというメリットもあります。補償額は以下の通りです。

海外 500万円限度
国内 500万円限度
自己負担額 3,000円

補償額は100万円程度を限度額に設定されることが多い中、JCBゴールドカードでは最高500万円まで補償されます。

また、国内の買い物でもショッピングカード保険が利用されるのは大きなメリットです!普段のお買い物で購入した商品も対象になります。

ただし、商品を購入してから90日以内と利用期限が決まっている点には注意しましょう。

スマートフォン保険

スマホが盗難された場合や、ディスプレイが破損してしまった場合に最大50,000円までの補償が受けられます。

iPhoneの場合、万が一に備えてApple Careの補償を追加する方もいるかもしれませんが、わざわざこういった保険に別で加入しなくてもJCBゴールドカードを所有していればもスマホが壊れてしまっても保険の適応範囲内で修理に出すことができるのです。

③優待店の利用でポイントが貯まりやすい

JCBゴールドカードは、優待店で利用することでポイント還元率が上がります。特にAmazonやセブンイレブンで買い物をする方におすすめです。

ポイント還元率が上がる店舗は、以下のとおりです。

ポイント還元率が上がる優待店
  • スターバックスカード
    Starbucks eGiftの購入(最大
    20倍)
    オンライン入金(最大10倍)
  • セブンイレブンでポイント(最大3倍)
  • Amazonでポイント(最大3倍)

貯まったポイントは現金にキャッシュバックができたり、商品に交換できます。

④ポイントの有効期限が長い

JCBゴールドカードのポイント有効期限は3年間です。JCB一般カードは2年間と定められているため、通常より1年も長くポイントを保有できます。

「いつもポイントを使いきれずに失効してしまう」「ポイントの使い道を決められない」といった方でも安心です。

なお、JCBゴールドカードでは、カードの利用金額 1,000円につき1ポイントが貯まります。貯まったポイントは3~5円で利用可能です。

dポイントや楽天ポイントにも以降可能で、1ポイント3~5ポイントに換算されます。

お得な使い道を研究し、自身に合った方法でポイントを活用しましょう。

⑤家族カードが1枚目無料

JCBゴールドカードであれば、家族カードを1枚目まで無料で作成できます。通常手数料を支払うことになるケースが多いため、家族カードの作成を考えている方にはメリットとなるでしょう。

家族カードとは、カード会員の家族が利用できるクレジットカードです。

支払いはカード会員が行うことになりますが、家族がカード会員と同じ種類のクレジットカードを保有できるというメリットがあります。

基本的にはカード会員の補償と同じ補償を受けられるので、JCBゴールドカードの家族カードを持つ方も海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が適用されることになります。

専業主婦でクレジットカードに申し込みをできない場合や、一人暮らしをしている未成年の子どもにクレジットカードを保有させたいときなどに適したカードです。

20代から持てるゴールドカード!

JCBゴールドカードを持つだけでついてくる豪華特典をご紹介

ここでは、JCBゴールドカードならではの、お得な特典をご紹介します。特典の一覧は以下の通りです。

  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用できる
  • ラウンジ・キーで海外のラウンジ利用も可能に
  • ゴールド会員専用のサポートデスクあり
  • グルメ優待サービスを利用できる
  • JCB GOLD Service Clubを利用できる 

見出しごとに分けて詳しく解説するので、参考にしてみてください!

国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用できる

JCBゴールドカードがあれば、国内・ハワイの主要空港のラウンジを無料で利用できます。利用できるラウンジは以下の通りです。

JCBゴールドカードを所有していると使える空港ラウンジ一覧

利用可能な空港ラウンジ一覧(クリックで開きます)
北海道・東北 ・旭川空港「LOUNGE 大雪(TAISETSU)」
・新千歳空港「スーパーラウンジ」
・新千歳空港「ノースラウンジ」
・函館空港「ビジネスラウンジ A Spring.」
・青森空港「エアポートラウンジ」
・秋田空港「ロイヤルスカイ」
・仙台空港「ビジネスラウンジ EAST SIDE」
関東 ・成田国際空港第1ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」
・成田国際空港第2ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE 2」
・羽田空港 第1ターミナル「POWER LOUNGE CENTRAL」
・羽田空港 第1ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」
・羽田空港 第1ターミナル「POWER LOUNGE SOUTH」
・羽田空港 第2ターミナル「エアポートラウンジ(南)」
・羽田空港 第2ターミナル「POWER LOUNGE CENTRAL」
・羽田空港 第2ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」
・羽田空港 第3ターミナル「SKY LOUNGE」
・羽田空港 第3ターミナル「SKY LOUNGE SOUTH」
中部・北陸 ・富士山静岡空港「YOUR LOUNGE」
・中部国際空港セントレア「プレミアムラウンジ セントレア」
・新潟空港「エアリウムラウンジ」
・富山空港「ラウンジ らいちょう」
・小松空港「スカイラウンジ白山」
近畿 ・大阪国際空港(伊丹空港)「ラウンジオーサカ」
・関西国際空港「六甲」「アネックス六甲」「金剛」
・関西国際空港「KIXエアポート カフェラウンジ NODOKA」
・神戸空港「ラウンジ神戸」
中国・四国 ・岡山桃太郎空港「ラウンジ マスカット」
・広島空港「ビジネスラウンジ もみじ」
・米子空港「ラウンジ DAISEN」
・出雲空港「出雲縁結び空港エアポートラウンジ」
・山口宇部空港「ラウンジ きらら」
・高松空港「ラウンジ 讃岐」
・徳島空港「エアポートラウンジ ヴォルティス」
・松山空港「ビジネスラウンジ」
・松山空港「スカイラウンジ」
・高知空港「ブルースカイラウンジ」
九州・沖縄 ・福岡空港「ラウンジTIME/ノース」
・福岡空港「ラウンジTIME/サウス」
・福岡空港「ラウンジTIMEインターナショナル」
・北九州空港「ラウンジ ひまわり」
・佐賀空港「Premium Lounge さがのがら。」
・長崎空港「ビジネスラウンジ アザレア」
・大分空港「ラウンジ くにさき」
・熊本空港 ラウンジ「ASO」
・宮崎ブーゲンビリア空港「ブーゲンラウンジひなた」
・鹿児島空港「スカイラウンジ 菜の花」
・那覇空港「ラウンジ華~hana~」
海外 ・ダニエル・K・イノウエ国際空港「IASS HAWAII LOUNGE」

こういった空港ラウンジは通常、入場料(利用料)を支払わなければ利用できません。しかし、JCBゴールドカードがあれば、搭乗券と一緒に受付で提示するだけで、料金を支払うことなく利用できます。

しかも通常クレジットカードを所有している場合に入れるカード会社ラウンジではなく、空港のラウンジが利用できるため、混雑も避けられてゆったりと登場までの時間を過ごすことができます!

JCBゴールドカードで使える空港ラウンジのメリット

ラウンジ・キーで海外のラウンジ利用も可能に

海外の空港ラウンジは利用できないの?と感じている方もいるかもしれません。

JCBでは新しく「ラウンジ・キー」というサービスも始まりました。JCBゴールドカードを保有している方は、世界1,100ヵ所以上のラウンジをUS32ドルで利用できます。

ラウンジ・キーにて、海外の空港ラウンジを利用する場合は、受付でJCBゴールドカードと搭乗券を提示し、カードにて利用料金を支払うだけで利用可能となります。

このラウンジ・キーの何がすごいのかというと、32ドルを払えば、搭乗クラスに関係なくラウンジを利用できるという点です!

JCBゴールドカードを所有しているだけで、通常では航空会社の上級会員やファーストクラス/ビジネスクラスに乗らないと入れないようなラウンジを利用することができます

なお、空港ラウンジでは以下のようなサービスが提供されます。

  • ドリンクサービス
  • 軽食
  • 新聞や雑誌の閲覧
  • 電話やFAX、インターネット接続
  • 会議室やシャワーのご利用

空港での時間をゆったりと過ごしたい方、家族での旅行に余裕を持って挑みたい方はJCBゴールドカードの利用を検討しましょう!

ゴールド会員専用のサポートデスクあり

JCBゴールドカードを保有している方は、ゴールドカード会員専用のサポートデスクを利用できます。

万が一の際にも丁寧に対応してもらえるのは嬉しいポイントですね。ゴールド会員専用のサポートデスクでは、カードに関する全般的な悩みを広く相談できます。

「〇〇については、別の電話番号に電話してください」「ここでは対応できません」といったようにたらい回しにされる心配がありません。

なお、通話料は無料です。気になることや心配なことがあればいつでも気軽に電話できます。

グルメ優待サービスを利用できる

全国250店舗で、グルメ優待サービスを利用できるのもメリットの一つです。サービス利用時は以下の行程が必要となります。

  • 事前予約
  • 専用クーポンの提示
  • JCBゴールドの支払い

上記の手順で利用すれば、飲食代が20%OFFになります。ランチやディナーなど、メニューに関係なく適用可能です。

全国各地のレストランが提携されているので、行ってみたい店舗がある方は、優待サービス公式サイトからサービスを利用が可能かどうか調べてみましょう!

また、グルメ優待だけでなく、映画館やスポーツクラブなど、全国70,000ヶ所以上で最大80%引きの優待サービスもついています。

JCB GOLD Service Clubを利用できる 

JCB GOLD Service Clubは、特定のクレジットカード保有者のみが利用できるプレミアムサービスです。JCBゴールドカードの会員も利用できます。

全国7万ヵ所以上の施設を最大80%引きで利用できる優待サービスです。映画館やレストラン、美術館、ジムなどさまざまな施設が対象となります。

普段よく利用するお店が提携されている可能性もありますので、クラブオフの公式サイトでチェックしてみましょう。

20代から持てるゴールドカード!

JCBゴールドカードの申込条件

JCBゴールドカードに申し込みをしたい方に向けて、JCBゴールドカードの加入条件や審査難易度を調査しました。

申し込み条件|年齢制限や年収はどのくらいあればいい?

JCBゴールドカードの加入条件は以下の通りです。

20歳以上で安定継続収入がある方(学生を除く)です。なお、20歳以上でも学生は申し込みできません。また、本人に安定した収入がない場合も申し込みは不可とされています。

大学生や専業主婦は申し込みできないことになるため注意しましょう。ただし、パートやアルバイトをしている20歳以上の社会人であれば、申し込みすることは可能です。

JCBゴールドカードはプレミアムなカードなので、審査難易度は通常カードに比べると高いものの、申し込み基準を満たしていれば審査に通る可能性は高いでしょう。

JCBゴールドカードの審査難易度・審査落ちする人の特徴

JCBゴールドカードはハイステータスなクレジットカードです。そのため、一般的なクレジットカードよりも審査が厳しい傾向があります。

では、具体的にどのような人が審査に落ちるのでしょうか。審査落ちしやすい人の特徴は以下の通りです。

  • 一度に複数のクレジットカードに申し込みしている
  • クレジットヒストリーが良くない
  • 返済能力が乏しい

審査基準ははっきりと明記されていないため、不明です。ただし、審査に落ちた方の傾向を調べると、上記のような方は審査に落ちる可能性があります。

クレジットカード作成時は、返済能力が重視されます。クレジットヒストリーや信用情報は特に詳しくチェックされる項目なので注意しましょう!

信用情報やクレジットヒストリーとは、個人のクレジットカードやローンに関する支払い・契約に関する情報をまとめたものです。

一度に複数のクレジットカードに申し込んでいたり、これまでにクレジットカードの支払いを延滞していたりすると「返済できないのでは」「お金に困っている」といった印象を与える恐れがあります!

20代から持てるゴールドカード!

JCBゴールドカードの利用者の評判とリアルな口コミを解説

JCBゴールドカードには、以下の口コミがありました。海外旅行時のラウンジが無料で利用できることや、海外旅行保険が充実していることが特に注目されています。

  • オンラインからの申し込みで最初の一年間が年会費無料
  • セブンイレブンとアマゾンでポイント3倍で貯めやすい
  • 不正利用時の対応が素早く安心
  • 空港ラウンジを家族みんなで使えて便利
  • 海外旅行の保険が充実している

30代男性 会社員
30代男性 会社員
年会費がオンラインからの申し込みだと初年度無料なので、作ってみました。仕えるお店が多く、セブンイレブンやAmazonでポイント3倍なのがいいです。ポイントがかなりたまりました。空港ラウンジサービス・グルメ優待などのサービスも受けられるので、持っていてお得感があります。
20代女性 会社員
20代女性 会社員
お問い合わせにいつも丁寧に対応してもらえます。一度不正利用されたのですが速やかに対応していただき、返金も早かったです。やはり大手の会社のカードなので、信頼度が違いますね。デザインもシンプルで気に入っています。ネットからの使用状況のチェックも見やすいですし、これからも使っていきたいと思います。
40代男性 個人事業主
40代男性 個人事業主
JCBゴールドカードの最大のメリットは、空港の高級感あふれるJCBラウンジを無料で使えることです!ジュース・コーヒーはもちろん、ビールも飲めます。会員と家族は1名は無料です。2人目も1,000円で入れるので、家族みんなで旅行の際はラウンジを毎回利用しています。
40代女性 パート
40代女性 パート
海外旅行時のサービスが充実しているので、海外旅行好きにはおすすめのカードです!旅行傷害保険や航空機遅延保険などがついているので、このカードを持っていれば別に保険会社を契約する必要がありません。海外旅行で使用するとポイントが増えるのもいいですね。

JCBゴールドカードは初めてのステータスカードにおすすめ!
“ おすすめポイント ”
初年度年会費無料
最短5分で発行できる
旅行傷害保険の補償が手厚い
年会費
初年度無料、2年目以降11,000円(税込)
国際ブランド
還元率
0.5%~5.0%
電子マネー
付帯サービス
海外旅行保険
キャンペーン情報

JCBゴールドカードはステータスカードにも関わらず年会費無料で申し込みでき、20代〜30代から人気のゴールドカードです!
ステータスカードがほしいけど審査が心配…という方でも安心!

新規入会で最大23,000円キャッシュバック(2023年9月30日まで)!

キャンペーンの詳細はJCBゴールドカード公式サイトで確認してください。

公式サイトで詳細を見る

JCBゴールドカードのインビテーション(招待)はある?

JCBゴールドカードには、インビテーションの制度があります。インビテーションとは、ランクアップの招待状です。

クレジットカードにはランクがあり、カード会社の基準を満たすと次のランクのカードに招待される制度になっています。

インビテーションの制度を利用すれば、ゴールドカードの審査に落ちそうな危険のある方でも将来的にゴールドカードを保有できる可能性があります!

コツコツと信頼を得ることでインビテーションを受ける可能性が高まるため、支払い料金の遅延や延滞をしないようにしましょう。

ただし、カードの種類やカード会社によってインビテーションを贈る基準は異なります。JCB一般カードを保有していても、必ずしもインビテーションが贈られてくるとは限らない点には注意が必要です。

すでにJCBカードを保持している人にはインビテーションが届くケースもある

JCBゴールドカードの申し込みはJCBカードを持っていることを条件とはしていませんが、次のうちいずれかのJCBブランドのクレジットカードを所持している場合、ゴールドカードへのインビテーションが届くことがあります

  • JCB一般カード
  • JCB カード W
  • JCB カード W plus L
  • JCB GOLD EXTAGE
  • JCB CARD R

基本的に、JCBオリジナルシリーズと呼ばれるJCBが直接発行してるクレジットカードを利用している場合、ゴールドカードへのインビテーションが届くようです。

中でも、20代向けのJCB GOLD EXTAGEを持っている方であれば、初回のカード更新時に審査を行い、自動的にJCBゴールドカードへランクアップすることも可能であるため、インビテーションを待つ必要がありません。

JCBゴールド・ザ・プレミア

JCBゴールドカードには、さらにワンランク上のゴールドカードがあります。一定の条件を満たした方は、JCBゴールド・ザ・プレミアを所持可能です。デザインもゴールドカードとは違う特別の専用カードなので、ステータス性もアップ!

JCBゴールド・ザ・プレミアムはゴールドカードのサービスはそのままに、海外1,300ヵ所以上の空港ラウンジを無料できたり、プレミアム会員にふさわしい限定の宿泊プラン厳選されたレストランの予約ができたりします。

20代から持てるゴールドカード!

JCBゴールドカードの申し込み方法

家族カードを発行する手順

JCBゴールドカードはインビテーションなしでも申し込みが可能です。

申し込み方法としてはWEB・郵送・窓口の3つの方法がありますが、ここでは手軽で便利なWEB申し込みの方法についてくわしく解説していきます。

申込~発行の流れ

  • STEP.1
    公式サイトにアクセス

    公式サイトにアクセスして「ナンバーレスを申し込む」もしくは「カード番号ありを申し込む」のどちらか希望する方を選択します。

    即日でカード番号の発行を希望している方は、ナンバーレスカードを選びましょう。

  • STEP.2
    必要事項入力

    画面の案内に従って、個人情報などの必要事項を入力します。

    引き落とし先となる口座情報の設定も必要となるので、手元にキャッシュカードなどを用意しておくと便利です。

  • STEP.3
    本人確認

    本人確認は、次の4つの方法のいずれかで行います。

    1. インターネットバンキング対応口座の登録
    2. 本人確認書類をアップロード
    3. カード受け取り時に配達員に本人確認書類を提示
    4. 郵送で提出

    なお、1・2の方法で本人確認を行う場合のみ即日でカード番号が発行が可能です。

    本人確認を行うと申し込みが完了となります。

  • STEP.4
    審査結果通知

    入会審査の結果はメールで通知されます。

    即時発行の場合、承認であればカード会員専用サイトでMyJCBでカード番号が確認可能です。

  • STEP.5
    カード受け取り

    カード本体は最短3日で発行され、1週間ほどで手元に届きます。

    本人確認方法としてカード受け取り時を選んでいる方は、受け取りの際に配達員に本人確認書類を提示してください。

必要書類

JCCBゴールドカードの申し込みに次のいずれかが必要です。

  • インターネットバンキング対応口座
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード・特別永住者証明書等
  • 健康保険証 など

基本的には、インターネットバンキングに対応している口座があれば、口座の登録のみで本人確認が完了します。

インターネットバンキングに対応している口座を持っていない場合のみ、運転免許証などの本人確認書類を提出する必要があると覚えておきましょう。

JCBゴールドカードとJCB GOLD EXTAGEを比較

JCBが発行するクレジットカードはいくつかあります。その中でも、JCBゴールドカードとJCB GOLD EXTAGEの違いについて知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

JCBゴールドカードとJCB GOLD EXTAGEの主な違いは、以下の通りです。

JCB GOLD EXTAGE JCBゴールドカード
年会費 ・初年度無料
・2年目以降3,300円(税込)
初年度無料(オンライン入会のみ)
・2年目以降1万1,000円(税込)
付帯保険 ・海外旅行傷害保険(利用付帯)
・国内旅行傷害保険(利用付帯)
・ショッピング保険(200万円まで)
・海外旅行傷害保険(自動付帯)
・国内旅行傷害保険(自動付帯)
・ショッピング保険(500万円まで)
加入条件 18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入があること 20歳以上で、本人に安定継続収入のあること
空港ラウンジ 利用可能 利用可能
家族カードの年会費(1枚目) 1,100円(税込) 無料

「ポイント還元率が大幅に違う」といった大きな利点があるというよりも、細かい部分でサービス内容が手厚くなっているのがJCBゴールドカードの特徴です。

また加入条件やサービス内容から見ると、JCB GOLD EXTAGEは20代限定で若者向け、JCBゴールドカードはプレミアムなクレジットカードが欲しい方向けとなっています。

カードによって特徴やメリットが異なるので、どのクレジットカードにどのような利点があるかを確認し、自分の希望や生活スタイルに合ったカードを作りましょう。

JCBカードWからJCBゴールドにランクアップできる?

JCBカードWは上位カードのインビテーションを受けにくい傾向にあります。そのため、JCBからの招待を受けるのを待つのはおすすめできません。

そういった場合には、自身でアップグレードの申し込みをするのが得策です。JCBの審査により、ゴールドカードにランクアップできると判断されれば、JCBゴールドカードを入手できるでしょう。

カードのアップグレードは、JCBの会員専用WEBサービス「MyJCB」から申し込み可能です。まずはJCBの会員専用WEBサービスに登録し、サービスの利用を開始しましょう!

20代から持てるゴールドカード!

JCBゴールドカードに環境に優しいバイオマスカードが新登場!

JCBカードは「できることからはじめよう」というJCBの環境への取り組みの一環として、カード素材に植物由来の原料(バイオマス)一部使用したバイオマスカードが2023年7月より発行開始されました。

シンプルでクリーンなイメージを連想させたような、白を基調とした券面にエコをイメージした葉っぱのモチーフがワンポイントになっています。また、JCBやGOLDなどのロゴは高級感がある新たなデザインのカードです。

機能はもちろん通常のゴールドカードと変わらずクオリティの高いサービスの利用が可能です。

現在はナンバーレスには対応していないため、JCBゴールド(ナンバーレス)を持っている方の場合、ナンバーレスのままバイオマスデザインへの変更ができません。しかし、ナンバーレスに関しては検討中ということですので、今後ナンバーレス対応になることに期待しましょう。

環境に優しいカードが誕生!

JCBゴールドカード以外のおすすめゴールドカード

JCBゴールドカード以外にも、空港ラウンジが利用できたり充実した旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードは数多く存在します。

その中でも、特におすすめの2つのカードの特徴やメリット、基本スペックなどを紹介するので参考にしてみてください。

1.JCBゴールドエクステージ

JCBゴールド

JCBゴールドエクステージは、お得な年会費でプレミアムなサービスを受けられるクレジットカードです。20代限定のゴールドカードとなります。

年会費 3,300円
ポイント還元率 0.5%~5.0%
ポイントの種類 Oki Dokiポイント
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
追加カード ETCカード、家族カード

JCBゴールドエクステージの最大の特徴は、ポイント還元率が高いことです。

入会後の3ヵ月間は獲得ポイントが3倍になり、4ヵ月目以降は1.5倍になります。

また海外でクレジットカードを利用した際や、Oki Dokiランドで買い物をした場合は、2~3倍のポイントが貯まるのもうれしいポイントです!

なお、JCBゴールドエクステージは、5年利用すると自動的にJCBゴールドカードに切り替えとなります。

JCBゴールドカードよりもJCBゴールドエクステージがおすすめな理由

  • 20代でも審査に通りやすい
  • 手頃な年会費で付帯サービスが充実

JCBカードエクステージは、20代であればJCBカードゴールドよりも審査に通りやすく気軽に持ちやすいゴールドカードです。

年会費はJCBカードゴールドの約1/3程度であるにも関わらず、国内主要空港のラウンジ利用料無料や最高5,000万円まで補償される旅行保険など、ゴールドカードとそん色ない付帯サービスが充実しています。

JCBゴールドエクステージの最新入会キャンペーン

特になし(2023年4月1日現在)

20代限定ゴールドカード

JCBゴールドのインビテーション限定カードもある

jcb

JCBゴールド ザ・プレミアムはJCBゴールドカードのサービス内容をさらに充実させたクレジットカードです。

年会費 1万1,000円
ポイント還元率 0.5%~5.0%
ポイントの種類 Oki Dokiポイント
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
追加カード ETCカード、家族カード

「JCB STAR MEMBERSの優遇率が10%アップする」「海外の空港ラウンジを無料で利用できる」といったメリットがあります。

JCBゴールドカードの場合、海外の空港利用時はUS32ドルの支払いが必要ですが、JCBゴールド ザ・プレミアムであれば、1,300ヵ所以上の海外の空港ラウンジを無料で利用できます。

JCBゴールドカードと同じ年会費なので、よく海外に旅行や出張に行く方の場合、JCBゴールド ザ・プレミアムの方がお得に利用できるでしょう。

2. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールドは国際ブランドであるアメリカン・エキスプレスが発行しているゴールド・カードです。ゴールドカードの中でもステータス性が高く、サービスや保険が充実しているのが特長になります。

年会費 31,900円
ポイント還元率 1.0%
ポイントの種類
付帯保険 国内旅行・海外旅行ショッピング・遅延補償・キャンセル・スマホプロテクション
スマホ決済 Apple Pay
追加カード ETCカード、家族カード

国内・海外旅行保険が充実しているので、旅行をよくする方におすすめです。ANAのマイルが貯めやすいのもメリット。ANAグループでカード使うと、還元率が3%になります。

他のゴールドカードに比べると年会費が高めなアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カートですが、リッチな特典が多いのも魅力です。

部屋をアップグレードする通常特典や食事やホテルを2人で利用する際に1人分は無料になるなど、ラグジュアリーな体験が格安に受けられます

JCBゴールドカードよりもアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおすすめな理由

  • ステータス性が高い
  • プライオリティ・パスが付帯

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、年会費は高いですがその分ステータス性が高いカードです。

JCBゴールドカードにはないプライオリティ・パスが付帯しており、世界1,200ヶ所の空港ラウンジを年2回まで無料で利用することができるため旅行好きの方にもおすすめとなります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの最新入会キャンペーン

  • 新規入会&カード利用で最大30,000ポイント獲得可能
\周囲と差がつくステータスカード/

3.三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友ゴールドカードナンバーレス

三井住友カード ゴールド(NL)は、最短10秒でカード番号が発行できるゴールドカードです。※即時発行できない場合があります

初年度は5,500円の年会費がかかりますが年間利用額が100万円以上になると翌年度以降も年会費無料で利用可能となっています。

年会費 5,500円(税込)
※年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費永年無料
※対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。
ポイント還元率 0.5%~7%※
ポイントの種類 Vポイント
付帯保険 ・海外旅行傷害保険(最高2,000万円利用付帯)
・国内旅行傷害保険(最高2,000万円利用付帯)
・ショッピング保険
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
追加カード ETCカード、家族カード

※対象のコンビニ・飲食店でのスマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でポイント最大7%還元
※最大7%内訳(通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%) ※商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

三井住友カード ゴールド(NL)には初年度の年会費が無料になる特典はありませんが、年間100万円以上利用すると翌年度の年会費が無料となり、しかもVポイントが10,000ポイント獲得できます

国内・海外旅行傷害保険はともに最高2,000万円補償(利用付帯)、国内主要空港のラウンジも無料で利用可能です。ポイント還元率も高く、貯めたポイントは他社ポイントやギフトカードに交換することができるため、自分に合った使い方ができます。

三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめな理由

  • コストパフォーマンスが高い
  • 付帯保険を変更可能

三井住友カード ゴールド(NL)は、ゴールドカードであるにもかかわらず年会費が5,500円と安く、付帯サービスも充実しているコストパフォーマンスの高いカードです。

付帯している国内・海外旅行保険は、個人賠償責任保険をはじめとした他の保険に1年ごとに変更可能となっているため、ライフスタイルに合わせて必要な補償を選ぶことができます。

三井住友カード ゴールド(NL)の最新入会キャンペーン

  • 新規入会&ご利用で最大9,000円相当プレゼント(新規入会で1,000円相当のVポイント+ご利用の10%最大 8,000円相当のVポイント)(2024/1/1-2024/4/21)
\コスパ◎のゴールドカード/

JCBゴールドカードに関するよくある質問

JCBゴールドカードに関する疑問を解決します。

JCBゴールドカードはどんな人におすすめ?

JCBゴールドカードは、特典の多いクレジットカードです。以下のような方の利用に適しています。

  • 海外旅行に行く方
  • 国内旅行でも万が一の際に備えたい方
  • 家族カードの発行を検討している方
  • 国内で高額なお買い物をすることが多い方
  • ポイントの使い道が思いつかない方
  • 出張に飛行機を利用することが多い方
  • ディズニーが好きな方

特に、海外旅行によく行く方にとってはメリットの多いカードと言えるでしょう。

JCBゴールドカードの特典として、「空港ラウンジの利用が可能」「ゴールド会員専用のサポートデスクあり」「航空機遅延保険が付帯されている」といったサービスもあります!

JCBゴールドカードの審査に通る年収の目安は?

JCBから年収の条件は公表されていませんが、実際に申し込んだ人の体験談を見てみると年収が300万円ほどあれば審査に通るようです。

年収が高いこと以上に、収入が継続的で安定しているかどうかや過去に延滞や滞納をしていないかどうかが重要視されるようでした。

そのため、JCBゴールドカードへの申し込みを検討している場合は、自分の勤続年数が短くないかや今までのクレジットカードの支払いが問題なかったかを確認しましょう。

空港ラウンジは使える?

国内の主要空港にあるラウンジやハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港にあるラウンジは無料で利用できます。なお、家族カードを持っている同伴者も無料です。

また、世界1,100ヵ所以上のラウンジをUS32ドルで利用できるラウンジ・キーというサービスが付帯しているため、有料ではありますが、海外の空港のラウンジも利用できるようになっています。

まとめ

JCBゴールドカードは、複数のお得な特典を受けられるプレミアムなクレジットカードです。年会費は1万1,000円かかりますが、その分たくさんのサービスを利用できます。

JCBゴールドカードの特典は以下の通りです。

  • 国内・海外航空機遅延保険がついている
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用できる
  • ラウンジ・キーで海外のラウンジ利用も可能に
  • ゴールド会員専用のサポートデスクあり
  • グルメ優待サービスを利用できる
  • JCB GOLD Service Clubを利用できる 

「海外旅行によく行く方」「飛行費を利用する出張の多い方」「家族のためにクレジットカードを利用する機会の多い方」におすすめのクレジットカードです。

年収の縛りが他のゴールドカードより比較的低めな傾向にあるので、これを機にぜひ申し込んでみてください。

20代から持てるゴールドカード!

おすすめの記事