未分類
美容
転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

ドコモでんきは電気代が高い点がデメリット?口コミ・評判やキャンペーン内容について解説

2022年3月1日にサービスがはじまったドコモでんき電力自由化が進み、わたしたちでも電力会社を自由に選べるようになりました。

ドコモでんきはNTTドコモが提供するサービスのため、ドコモユーザーの人は特に気になっているのではないでしょうか。

本記事では、ドコモでんきの基本情報やメリット・デメリットを解説していきます。ドコモでんきの2つのプランも比較しているので、気になっている人はぜひ最後まで読んでください。

今月の申し込み数が多い!人気の電力会社3選
電力会社名 供給エリア おすすめポイント
CDエナジー 関東 ・電気使用量が少ない一人暮らしでも安い!
・豊富なプランからぴったりのプランが見つかる
・現住所から乗り換えるなら圧倒的におすすめ!
【PR】TERASELでんき 沖縄・諸島以外 ・121kWh以上使うなら大手電力会社より安い
・楽天ポイントがたまるので楽天ユーザーにおすすめ
東京ガス 関東 ・初月の基本料金無料キャンペーン中!
・ガスと電気をまとめると安い!

ドコモでんきとは?

ドコモでんき

​​ドコモでんきは、2022年3月1日に販売開始された新電力サービスです。

沖縄電力エリアや離島などを除く、日本全国に対応しています。

通信キャリアでも日本最大手であるNTTdocomoが運営しているため、ドコモユーザーにとってお得になるキャンペーンやプランが用意されています。

ドコモでんきの基本情報は以下になります。

小売電気事業者 NTTアノードエナジー株式会社
電力提供エリア 全国対応(ただし、沖縄電力エリア・離島を除く)
初期費用 なし
解約金 なし
料金プラン ドコモでんきBasic
ドコモでんきGreen
還元ポイント dポイント

供給エリア

ドコモでんきの提供エリアは、以下の都道府県となっています。

  • 北海道電力エリア(北海道)
  • 東北電力エリア(青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県)
  • 東京電力エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、静岡県東部)
  • 北陸電力エリア(富山県、石川県、福井県東部、岐阜県北部の一部)
  • 中部電力エリア(長野県、岐阜県の大部分、静岡県西部、愛知県、三重県北部・中部)
  • 関西電力エリア(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、福井県西部、三重県南部の一部)
  • 中国電力エリア(広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県)
  • 四国電力エリア(香川県、愛媛県、徳島県、高知県)
  • 九州電力エリア(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県)

全国のエリアに対応していますが、沖縄県や離島ではドコモでんきが使えないため注意しましょう。

【ドコモでんきのメリット・デメリット】docomoユーザーにおすすめ!

ドコモでんきはNTTdocomoが提供している電力サービスのため、docomoユーザーにはメリットが沢山あります。

ここからは、ドコモでんきのメリットとデメリットを紹介します。

ドコモでんきに乗り換えることでどのようなメリット・デメリットがあるか気になる人は、ぜひ参考にしてください。

ドコモでんきの3つのメリット

はじめにドコモでんきのメリットと良い評判を紹介していきます。

ドコモでんきのメリットは以下の3つになります。

ドコモでんきのメリット

  • 電気料金に応じてdポイントが貯まる
  • 地球にやさしく、環境問題に貢献できる
  • 携帯代と支払いをまとめられる

また、口コミを見ても、「dポイントが還元されるから普段の買い物に使える」や「大手通信サービス会社が運営しているから撤退の可能性は低い」という意見が多かったです。

メリットや評判をそれぞれ詳しく解説していきます。

電気料金に応じてdポイントが貯まる

ドコモでんきは電気料金に応じてdポイントがどんどん貯まります

プランや会員ごとのdポイント還元率は以下になります。

ドコモでんきGreen ドコモでんきBasic
dカード GOLD会員 10% 3%
上記以外のドコモユーザー 5% 3%
ドコモ回線を持っていない人 3% 2%

そのため、dカードGOLD会員はドコモでんきGreenを選択することで、10%のdポイント還元を受けられます。

ドコモでんきに乗り換えたことで電気代自体を抑えることはできませんが、dポイント還元により、実質お得になります。

電気をあまり使わない家庭だと恩恵は少ないですが、家族世帯など電気代が高い家庭はメリットが大きいでしょう。

地球にやさしく、環境問題に貢献できる

ドコモでんきGreenを契約することで、再生可能エネルギーで発電された電気を使えます。

基本料金はBasicプランに比べると500円高いですが、その分dポイントの還元率も高いです。

最近では、環境問題への取り組みが注目され始めているからこそ、Greenプランを選択することで地球環境に優しい取り組みに参加できるでしょう。

携帯代と支払いをまとめられる

ドコモユーザーは、ドコモ電気とスマホ代をまとめて支払えます。支出管理もかなり楽になるメリットがあります。

いままでは明細を取り寄せていた人や専用アプリから確認していた人でも、ひとつにまとめることで簡単に確認できます。

ただし、ドコモ回線を利用していない人はクレジットカードか請求書での支払いとなるため、注意しましょう。

ドコモでんきの良い口コミ

電気料金の3%分のdポイントが貰える

今日ドコモでんきへ切り替え申し込みを行いました。毎月の電気料金から計算するとドコモでんきBasicが良いみたいなので、そちらを契約しました。毎月の電気料金から3%がdポイント還元があるため、お得になりました。さらには4月末日まで契約するとdポイント2,000pt貰えるのでいいタイミングでした!

ドコモでんきを契約して利用すると、毎月の電気料金から3%分のdポイントが還元されます。

貯まったdポイントは買い物などで使えるため、お得になります。

また、現在新規キャンペーンとしてdポイント2,000円分をもらえるので、普段dポイントを利用している人におすすめです。

NTT資本だから安心

現在利用している電力会社が業務撤退することになり、次はどこの電力会社を利用するか迷ってました。関西電力に戻してもよかったけど、ドコモでんきはdポイント推しだったのでドコモでんきに決定しました。NTT資本ならしばらく撤退しないとおもいます…(適当)

ドコモでんきはdポイント推しだからこそ、ドコモユーザーにおすすめです。

NTTが資本となっているため、事業撤退の可能性は少ないから安心という口コミも見受けられました。

ドコモでんきのデメリット

次に、ドコモでんきのデメリットと良い評判を紹介していきます。

ドコモでんきのデメリットは以下の2つになります。

ドコモでんきのデメリット

  • 電気代が安くなることはない
  • 電気とガスのセット割がない

また、口コミを見てみると、「スマホアプリが少々見にくい」や「電気とガスのセット割りがない」という意見が多かったです。

ここからはデメリットや評判をそれぞれ詳しく解説していきます。

電気代自体が安くなることはない

ドコモでんきは、電気料金自体が安くなることはありません。基本料金は、一般電気事業者と同じです。

電気料金は2つの料金が合わさっており、それぞれの料金の詳細は以下になります。

  • 基本料金:電力会社が契約プランごとに設定した固定料金
  • 電力量料金:使用した電力量に応じて発生する料金

そのため、ドコモでんきに乗り換えても使用量が変わらない場合、電気料金は下がりません。

電気料金を安くしたい場合は、普段の電気の使い方を見直しましょう。

電気とガスのセット割がない

ドコモでんきには、電気とガスのセット割がありません

一般的な電力会社では、電気とガスの契約をまとめることで、セット割を受けられて、光熱費を抑えることができます。

例えば、CDエナジーダイレクトでは電気とガスをセットにするだけで各料金が0.5円引きです。

このようなセット割を利用して電気代とガス代を安くできる事業者も多いので、両方ともお得にしたいという人には、ドコモでんきは向いていません。

ドコモでんきのイマイチな口コミ

アプリが少々見にくい

楽天でんきの値上げのタイミングだったため、ドコモ電気に切り替わるのは非常にいいタイミングでした。だけど、アプリUIは楽天でんきの方が使いやすかったと思います。料金とかの数字をパタパタさせなくていいので、切り替えとか瞬時にしてほしい。

ドコモでんきはMydocomoで電気料金の確認ができますが、アプリでの確認が少々めんどくさいという意見がありました。

実際にグラフなどで確認できれば、先月よりも使いすぎたか確認しやすいですが、ドコモでんきはその機能がありません。

ドコモでんきGreenは月5,000円以上使わないと損する可能性がある

ドコモでんきGreenの利用を検討していたけど、月の電気代が5,000円を超えないと逆に損してしまうことに気がついた。そうなるとドコモBasicにするか他の電気会社にするか迷うな。

ドコモでんきは環境にやさしいGreenプランがありますが、月5,000円を超えないといままでの電気代と比べて、少々割高に感じるでしょう。

そのため、今までの電気量などを確認して、どのプランにするか検討しましょう。

ドコモでんきよりも電気代が安い!おすすめの新電力・電力会社3選

前述したとおり、ドコモでんきの料金体制は大手電力会社と同じなので、乗り換えたからといって電気代が安くなるというわけではありません。

しかし、電気代が安くならない代わりにポイントが貯まります。ポイント分を加味すると、今の電気代よりは安くなると考えることはできますが、電気代をしっかり安くしたい場合は満足感を得られないかもしれません。

ここではドコモでんきよりも電気代が安くなるおすすめの電力会社を紹介します。

①TERASELでんき(テラセルでんき)

【PR】

TERASELでんき

TERASELでんきは伊藤忠エネクスグループが提供する新電力で、料金設定が大手電力会社よりも安い点が特徴です。

TERASELでんきには、電気使用量が多いファミリー世帯もあまり電気を使わない単身世帯も電気代がお得になるプランが用意されています。

毎月電気を121kWh以上使うご家庭であれば、大手電力会社よりも電気代を節約することができます。

また、TERASELでんきは電気代に応じて楽天ポイントが貯まる(200円につき1ポイント)ので、楽天ユーザーの方にもおすすめです。

楽天ユーザーであれば楽天でんきのほうがお得なのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、楽天でんきは値上がりしているため、今電気代が高くてお悩みの方やこれから電力会社を切り替えようと考えている方は楽天でんきよりもTERASELでんきの方が圧倒的におすすめです。

TERASELでんきでは、2024年特典2倍キャンペーン実施中!キャンペーン内容は以下の2つです。

  1. 「選べる特典」付与額2倍!
  2. 抽選で10名にひとり、楽天ポイント2,000ポイントプレゼント!

TERASELでんきへの乗り換えると新規契約者向けの選べる特典がついていますが、今ならポイントが2倍になります!

  • 楽天ポイント2,000ポイント⇒2/29まで4,000ポイント!
  • PayPayポイント2,000円分⇒2/29まで4,000円分!
  • Amazonギフト券2,000円分⇒2/29まで4,000円分!
  • Apple Gift Card 2,000円分⇒2/29まで4,000円分!
  • Huluチケット2ヶ月分
  • Stock point 2,000ポイント
  • 電気料金の2%相当を寄付

また、キャンペーン期間中に新規申し込みをした方から、抽選で10名にひとりに、2,000円分の楽天ポイントをプレゼント!(ポイント付与予定の2025年11月まで契約が必要)

キャンペーン期間は2024年2月1日~2月29日となっています。特典の詳細は、TERASELでんき公式サイトでチェックしてみてくださいね。

\楽天ユーザーの方にもおすすめ!/

CDエナジーダイレクト

cdエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトの特徴は、電気使用量関係なく電気代が安くなる点。

多くの新電力は電気をたくさん使うファミリー向けの料金プランを提供していますが、電気使用量が少ない家庭がメリットを得られるプランを提供している新電力はあまりありません。

しかしCDエナジーダイレクトには、一人暮らし世帯でも電気代が安くなるプランがあります。(※実際の割引額については電気・ガスのご利用状況や燃料費調整額、原料費調整額によって変動します。)

供給エリアが東京エリアだけというのは、大きなデメリットではありますが、逆を言えば東京電力エリアにお住まいの一人暮らしの方でCDエナジーに契約しないのは損をしているということです…。

もちろん、CDエナジーには一人暮らし向けのプラン以外にも魅力的なプランがあるので、東京電力エリアにお住まいの方はぜひ一度チェックしてみてください。

\電気使用量問わずとにかく安い/

③HTBエナジー

HTBエナジーは、オール電化向けの電気料金プランを持つ新電力です。

HTBエナジーの特徴には下記のようなものがあげられます。

  • 料金プランが豊富
  • 水漏れなど緊急対応やスマホ保険付き
  • 電気使用量がwebでチェックできる

HISでんきには豊富なプランがあるので、電気使用量が少ない一人暮らし世帯でも電気代が安くなる可能性が高いです。

また、オール電化向けプランがあるので、これまで新電力にしたいのにぴったりのプランが見つからない…と悩んでいた方でも乗り換えられますね。

さらに、無料で「安心サポートプラス365」がついてきます!60種以上のさまざまなトラブル解決や、サービスの割引などが受けられるのでお得です。

\オール電化向けプランあり!/

ドコモでんきの料金プランをご紹介!

お金と通帳

ドコモでんきは以下の2つのプランに分かれています。

  • ドコモでんきGreen(環境に優しい電気が使えるプラン
  • ドコモでんきBasic(基本となる料金プラン)

ドコモでんきGreenは基本料金が500円高いですが、環境に優しい方法で発電された電気が使えます。

ここからは、ドコモの電気料金プランについて詳しく解説していきます。

ドコモでんき Green

ドコモでんきGreenは、地球環境にやさしい再生エネルギーを使えます。ドコモではCO2排出量を実質ゼロにする活動を行っており、こちらのプランも活動のひとつです。

ドコモでんきGreenの特徴は以下の4つです。

  • CO2排出量実質0のエネルギーを選択できる料金プラン
  • 大手電力会社+500円の基本料金(最低料金)
  • 電力量料金は大手電力会社ほぼ同じ
  • 3%~10%のdポイント還元

ドコモでんきGreenは、1ヶ月あたりの基本料金が大手電力会社よりも500円高くなってしまいます。

しかし、ドコモでんきBasicよりもdポイント還元率が高いため、dポイントをお得に貯めたい人はドコモでんきGreenを選びましょう。

ドコモでんき Basic

ドコモでんきBasicは、ドコモでんきのスタンダードな料金プランです。

ドコモでんきBasicの特徴は以下になります。

  • 大手電力会社同等の基本料金(最低料金)
  • 大手電力会社同等の電力量料金
  • 条件に応じて2~3%のdポイント還元

基本料金や電力量料金は大手電力会社の従量電灯メニューと同じ料金設定となっているため、ドコモでんきに乗り換えたからといって電気代を節約できるとは限りません。

基本料金 電力量単価
(1kWhあたり単価)

東京電力エナジーパートナー
20A 30A 40A 50A 60A 120kWhまで 121‐280kWhまで 280kWh以上
590.48円 885.72円 1,180.96円 1,476.2円 1,771.44円 19.91円 26.51円 30.6円
関西電力 最低料金(15kWhまで) 16‐120kWhまで 121-300kWhまで 300kWh以上
433.41円 20.31円 25.71円 28.7円

ただし、大手電力会社従量電灯メニューの金額をdポイント還元の対象のため、ポイント還元される分お得になります。

ドコモでんきはドコモ回線を利用していない人でも契約できますが、ドコモユーザーのほうがポイント還元率がアップします。

ドコモでんきの新規お申し込みキャンペーン

ドコモでんきでは現在キャンペーンを実施していません。(4/9時点)

ドコモでんきへの申し込み方法

ドコモでんきへの申し込みは、Webから申し込む近くのドコモショップから契約できます。

ドコモでんきへの申込み方法の簡単な流れは以下になります。

  1. 提供地点特定番号とお客様番号情報を確認する
  2. ドコモでんき公式サイトにアクセスして、基本情報を入力する
  3. 重要事項を入力して、登録内容の確認をすれば申し込み完了

ドコモの申し込み条件として、ドコモ回線に契約しているかdアカウントを所持していなければいけません。

dアカウントはドコモユーザーでなくてもアカウント作成できるため、実質誰でも利用できます。

ドコモでんき・新電力に関する気になる質問

最後にドコモでんきや新電力に関してよくある質問に回答していきます。

今回、回答していく質問は以下になります。

  • 支払い方法は?
  • 引越し先でも使える?
  • 解約方法は?
  • 電気不足でサービスが停止する可能性はない?

それぞれ詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

支払い方法は?

ドコモ回線を使用している人は携帯料金とまとめて支払うことができるので、支出管理が簡単になります。

ドコモ回線を利用していない人は、クレジットカードか請求書払いを選ぶことができます。

ドコモ利用者でない場合、ポイントのメリットもドコモユーザーに比べると少ないので、自分に合った電気事業者を見つけてみてもいいでしょう。

基本料金に500円プラスすることで「ドコモでんきGreen」が利用できます。

ドコモでんきGreenのプランを選べば環境に優しい電気が使えるため、環境問題の解決に貢献したい人にもおすすめです。

引っ越し先でも使える?

ドコモでんきは引越し先でも継続して利用できます。

ただし、引っ越しをする11日前までにドコモでんきに連絡しなければいけません。

余裕をもって引っ越しの連絡をしておかないと、引っ越し先で電気が使えない可能性がでます。

引っ越しの手続きの際はには、以下の情報も用意しておきましょう。

  • ドコモでんき契約者氏名
  • 現在の住所
  • 引越し予定日時
  • 引越し先住所
  • 連絡先電話番号
  • ドコモでんきお客さま番号

引っ越し予定日を過ぎてしまうと、旧住居でも電気が使えなくなるため注意してください。

ドコモでんきの解約方法は?

ドコモでんきから違う電力会社に乗り換える時は、解約の連絡をする必要はありません。切り替え先の電気事業者がドコモでんきへ解約手続きを行います。

また、東京電力や九州電力などの旧一般電気事業者に戻す場合も同じです。

ただし、引っ越しが理由でドコモでんきを解約したい場合は、解約の連絡を入れましょう。

ちなみに、ドコモでんきを解約するときは違約金や解約手数料は発生しません。

注意点として、ドコモでんきを解約する前に引っ越し先で利用する電力会社へ手続きを完了させておかないと、入居した時に電気が使えない可能性があります。

引っ越し当日までに電力会社との契約をしておかないと、新居では電気は使えません。

電気不足でサービスが停止する可能性はない?

ドコモでんきの利用者が増えてしまい、電気不足になってしまうかもしれないと不安に感じる人も多いでしょう。

新電力サービスはまだまだわからないことも多いため、不安材料も多いと思います。

結論から言うと、ドコモでんきに乗り換えた後に電気不足によってサービスが停止する可能性はありません。

ドコモでんきは電力会社は変わりますが、発電方法や供給方法はなにも変わりません。

ドコモでんきの利用者が増えても、いままでと変わらず安定した電気を使い続けられます。

もし、災害やトラブルがあったときの対応品質も変わらないため、ドコモでんきに乗り換えても、いままで通り安心して電気が使い続けられます。

まとめ

今回は、ドコモでんきの料金プランやメリット・デメリットを紹介していきました。

ドコモでんきはNTTdocomoが2022年3月にサービス開始した新電力事業です。

ドコモユーザーやdカードユーザーにメリットが多い電気サービスとなっており、特にdカード GOLDユーザーがドコモでんきGreenを利用することで、電気代の10%分がdポイントで還元されるのが特徴です。

ただし基本料金は一般電気事業会社と変わらないので、毎月の電気料金が安くなるわけではない点は注意しましょう。

電気料金は変わりませんが、dポイントが還元されるため、実質電気料金がお得になる可能性が高いです。

dポイントもお得に貯められて、環境にも優しい電気を使うならドコモでんきGreenプランがおすすめです!

関連記事