美容
資産運用

オール電化は新電力で安くなる?おすすめの電力会社を紹介!

【オール電化】大手電力と新電力の最安プランを紹介!

2016年ごろまでは減少傾向にあったオール電化ですが、電力自由化を受けて電力会社が新規顧客獲得のためにオール電化を押し出して営業を進めたために、2017年以降は普及率を大きく伸ばしています。

この記事ではオール電化が安くなる電力会社を地域別に紹介していきます!

今月の申し込み数が多い!人気の電力会社3選
電力会社名 おすすめポイント
Looopでんき ・電気使用量が120kWh以上、30A以上なら安くなる
・オール電化でも申し込み可
・ガスや太陽光発電、蓄電池とセットでもっと安い!
エルピオでんき ・業界最安値
・基本料金0円なので電気代は使った分だけ!
・都市ガスもしくはLPガスとのセット割あり
CDエナジー ・電気使用量が少ない一人暮らしでも安い!
・豊富なプランからぴったりのプランが見つかる

電力会社のオール電化向けのプランとは?

オール電化の料金プランとしてよく耳にするのは「夜間の電気料金が安い」というものでしょう。オール電化向けの料金プランを用意している電力会社の多くがこうしたプランを提供しています。

この背景には電気使用量が減る夜間の間に、余剰発電分の電気を使ってもらいたいという考えがあります。オール電化は、その余った電気を利用して夜間にお湯を沸かしておく「エコキュート」を利用することで安い料金プランを実現させています。

オール電化のプランで安くなる電力会社の選び方

大手電力会社から新電力に乗り換えると電気料金が安くなることがほとんどですが、オール電化の場合はそうでない場合も多いので注意が必要です。

電力会社を比較する前にまずはオール電化向けプランの選び方について解説します。

冒頭でも触れた通り、2016年までオール電化は減少の兆しを見せていました。その大きな理由は2011年の東日本大震災を受けて、「家の全てのエネルギーを電力のみで賄うのはリスクが高い」という事実を多くの人が再認識したからです。

また東日本大震災を受けて電力の発電方法も大きく変化しました。その変化によってオール電化向けの料金プランも大幅に変更されたため、ここで解説します。

①過去のオール電化プランは安い

発電方法として、東日本大震災までは原子力発電が主でした。原子力発電の特徴は常に一定量で発電を続けるというもので、電気使用量が少なくなる夜間でもそれは同様です。

そこで各電力会社が打ち出したのが、夜間の電気料金を安くするプランであり、これはオール電化と相性の良いプランでした。

しかし、東日本大震災を受けて日本の多くの原子力発電所は運転を停止しました。そこで代わりになったのが火力発電です。

火力発電に使用する燃料は年々値上がりしています。そこで各電力会社はかつてのようなオール電化向けプランを提供できなくなりました。

以上の理由から、東日本大震災よりも前からオール電化向けプランに加入しているというご家庭は、現状のプランを継続することをおすすめします。

一般的には新電力に乗り換えると安いと言われますが、新電力も大手電力会社のかつてのプランほどは安くないというのが実情です。

②最近のオール電化プランは新電力と比較する

東日本大震災以降にオール電化プランに加入した場合は、新電力に乗り換えることで電気料金が安くなる可能性があります。

ここからは大手電力と新電力のオール電化向けプランを地域別に比較していきます!

大手電力会社のオール電化向けプラン

ここからは大手電力会社のオール電化向けのプランを見ていきます。

お住いの電力エリアをクリック

北海道電力  ・東北電力 ・東京電力

中部電力 ・北陸電力 ・関西電力

中国電力 ・四国電力

九州電力 ・沖縄電力

北海道電力

北海道電力 eタイム3プラス 13:00~18:00 40.67円
8:00~13:00および18:00~22:00 30.90円
22:00~8:00 14.63円

北海道エリアの新電力を見る

東北電力

東北電力

 

 

 

 

 

 

よりそう+シーズン&タイム 12/1~2/28の16:00~18:00:43.14円
7/1~9/30の10:00~17:00:43.14円
3/1~6/30および10/1~11/30の10:00~17:00:39.22円
上記期間以外の8:00~22:00:26.73円
上記期間以外の22:00~8:00:11.43円
よりそう+ナイト8 7:00~23:00
最初の90kWhまで:22.09円
90kWh~230kWhまで:30.13円
230kWh以上:34.83円
23:00~7:00:11.12円
よりそう+ナイト10 8:00~22:00
最初の80kWhまで:24.00円
80kWh~200kWhまで:32.75円
200kWh以上:37.85円
22:00~8:00:11.43円
よりそう+ナイト12 9:00~21:00
最初の70kWhまで:26.43円
70kWh~170kWhまで:36.06円
170kWh以上:41.68円
21:00~9:00:11.92円
よりそう+ナイトS 8:00~22:00
200kWh以上:40.02円
(200kWh以下は基本料金に含まれる)
22:00~8:00:11.43円
よりそう+ナイト&ホリデー 8:00~22:00
最初の60kWhまで:24.02円
60kWh~140kWhまで:32.78円
140kWh以上:39.34円
22:00~8:00:15.88円
休日(土日祝日および年末年始):15.88円
よりそう+サマーセーブ 夏季のみ13:00~16:00:54.82円
7:00~23:00、夏季のみ7:00~13:00および16:00~23:00
最初の90kWhまで:20.10円
90kWh~230kWhまで:27.41円
230kWh以上:37.39円
23:00~7:00:11.12円

東北エリアの新電力を見る

東京電力

東京電力

スマートライフプラン 25:00~6:00:17.78円
6:00~25:00:25.80円
夜トクプラン8 7:00~23:00:32.74円
23:00~7:00:21.16円
夜トクプラン12
9:00~21:00:34.39円
21:00~9:00:22.97円

東京エリアの新電力を見る

中部電力

中部電力 スマートライフプラン 平日のみ10:00~17:00:38.71円
8:00~10:00および17:00~22:00(土日祝日のみ8:00~22:00):28.52円
22:00~8:00:16.30円
スマートライフプラン(夜とく) 平日のみ10:00~17:00:38.71円
7:00~10:00および17:00~21:00(土日祝日のみ7:00~21:00):28.52円
21:00~7:00:16.30円
スマートライフプラン(朝とく) 平日のみ10:00~17:00:38.71円
9:00~10:00および17:00~23:00(土日祝日のみ9:00~23:00):28.52円
23:00~9:00:16.30円

中部エリアの新電力を見る

北陸電力

北陸電力 くつろぎナイト12 平日8:00~20:00:34.94円
7/1~9/30の平日8:00~20:00:25.06円
土日祝日8:00~20:00:19.63円
20:00~8:00:12.50円

北陸エリアの新電力を見る

関西電力

関西電力

 

はぴeタイムR 10:00~17:00:26.33円(夏季のみ28.96円)
平日7:00~10:00および17:00~23:00・休日7:00~23:00:22.89円
23:00~7:00:15.20円
eスマート10 夏季のみ13:00~16:00:38.62円
8:00~22:00:27.45円
夏季8:00~13:00および16:00~22:00:30.20円
22:00~8:00:15.36円

関西エリアの新電力を見る

中国電力

中国電力 ぐっとずっと。プランナイトホリデーコース 平日9:00~21:00:37.21円
7/1~9/30の平日9:00~21:00:40.96円
平日24:00~9:00および21:00~24:00:18.21円
土日祝日および年末年始:18.21円
ぐっとずっと。プラン​電化Styleコース 平日9:00~21:00:30.62円
7/1~9/30の平日9:00~21:00:32.68円
平日24:00~9:00および21:00~24:00:14.87円
土日祝日および年末年始:14.87円

中国エリアの新電力を見る

四国電力

四国電力 でんかeプラン 9:00~23:00
70kWh以上:32.49円(70kWh以下は基本料金に含まれる)
平日23:00~9:00および休日終日
240kWh以上:21.64円(240kWh以下は基本料金に含まれる)
でんかeマンションプラン 9:00~23:00:34.97円
平日23:00~9:00および休日終日:20.09円

四国エリアの新電力を見る

九州電力

九州電力 電化でナイト・セレクト21 平日昼間(7:00~21:00)
夏冬:26.84円、春秋:23.95円
休日昼間(7:00~21:00)
夏冬:21.22円、春秋:17.82円
夜間(21:00~7:00):13.21円
電化でナイト・セレクト22 平日昼間(8:00~22:00)
夏冬:26.84円、春秋:23.95円
休日昼間(8:00~22:00)
夏冬:21.22円、春秋:17.82円
夜間(22:00~8:00):13.21円
電化でナイト・セレクト23 平日昼間(9:00~23:00)
夏冬:26.84円、春秋:23.95円
休日昼間(9:00~23:00)
夏冬:21.22円、春秋:17.82円
夜間(23:00~9:00):13.21円

九州エリアの新電力を見る

沖縄電力

沖縄電力 Eeホームホリデー 平日10:00~17:00:35.88円
7/1~9/30の平日10:00~17:00:39.37円
平日7:00~10:00および17:00~23:00・土日祝日7:00~23:00:27.20円
23:00~7:00:11.18円
Eeホームフラット 7:00~23:00:29.15円
23:00~7:00:11.18円

沖縄エリアの新電力を見る

地域によって数に差はありますが、大手電力会社の10社は最低1つはオール電化向けのプランを用意しています。

【地域別】最安値でオール電化向けプランを展開する新電力

つぎに新電力のオール電化向けプランを見ていきましょう。

新電力は供給エリアも会社によってまちまちですが、新電力向けのプランを用意している会社とそうでない会社があります。

ここでは数ある新電力の中から、エリア別にオール電化プランが最安値の電力会社をピックアップします。

北海道電力エリア

出光興産

電力量料金 午後時間
(13時〜18時)
1kWh 40円67銭
朝晩時間
(8時〜13時/18時〜22時)
30円90銭
夜間時間
(22時〜翌8時)
14円63銭


【北海道電力と比較】
北海道電力の「eタイム3プラス」相当のプランです。
夜間の単価、基本料金ともにこちらのほうが安く設定されています。
電気量料金は同額です。

北海道電力の料金表に戻る

東北電力エリア

出光興産

電力量料金 昼間(7時〜23時) 90kWhまで 1kWh 22円09銭
91kWh〜230kWh 30円13銭
231kWh〜 34円83銭
夜間 (23時〜翌7時) 11円12銭

 

【東北電力と比較】
東北電力の「よりそう+ナイト8」相当のプランです。
夜間の単価、基本料金ともにこちらのほうが安く設定されています。
電気量料金は同額です。

東北電力の料金表に戻る

東京電力エリア

エルピオでんき

電力量料金 昼間(6時〜23時) 28円00銭
夜間(23時〜翌6時) 20円87銭


【東京電力と比較】
夜間の単価が安く設定されています。
日中の単価も一定なため、大人数の家庭や電気使用量の多い家庭におすすめです。

» 料金シュミレーションとお申し込みはこちら

東京電力の料金表に戻る

エルピオでんきについての詳細はこちら

エルピオでんき概要 エルピオでんきに悪い評判が多いのはウソ!実際の口コミと電気代が安くなる料金プランを解説

中部電力エリア

出光興産

電力量料金 デイタイム(平日10時~17時) 1kWh 38円71銭
ホームタイム(平日デイタイムを除く) 28円52銭
ナイトタイム(22時~翌8時) 16円29銭

 

【中部電力と比較】
中部電力の「スマートライフプラン」相当のプランです。
夜間の単価、基本料金ともにこちらのほうが安く設定されています。
その他の時間の電気使用量は同額です。

» 公式サイトで料金シュミレーションする

中部電力の料金表に戻る

北陸電力エリア

出光興産

電力量料金 昼間(夏季)
(平日8時~20時)
1kWh 34円94銭
昼間
(夏季以外の平日8時~20時)
25円06銭
休日
(8時~20時)
19円63銭
夜間
(20時~翌8時)
12円50銭

 

【北陸電力と比較】
北陸電力の「くつろぎナイト12」相当のプランです。
夜間の単価、基本料金ともにこちらのほうが安く設定されています。
電気量料金は同額です。

関西電力エリア

出光興産

電力量料金 昼間(夏季)
(平日10時〜17時)
1kWh 27円51銭
昼間
(夏季以外の平日10時〜17時)
25円01銭
朝夕
(平日昼間時間帯を除く7時〜23時)
21円74銭
夜間
(23時〜翌7時)
14円44銭

 

【関西電力と比較】
関西電力の「はぴeタイムR」相当のプランです。
夜間の単価、基本料金、電気量料金全てにおいてこちらのほうが安く設定されています。

» 公式サイトで料金シュミレーションする

関西電力の料金表に戻る

中国電力エリア

出光興産

電力量料金 デイタイム

(夏季の平日9時~21時)

1kWh 32円67銭
デイタイム

(夏季以外の平日9時~21時)

30円61銭
ナイトタイム

(平日21時~翌9時)

14円87銭
ホリデータイム

(休日)

14円87銭

 

【中国電力と比較】
中国電力の「ぐっとずっと。プラン電化Styleコース」相当のプランです。
平日の夜間と、休日の単価が安く設定されています。
加えて、基本料金と、デイタイムの料金も割安になります。
ナイトタイムとホリデータイムは同額です。

» 公式サイトで料金シュミレーションする

中国電力の料金表に戻る

四国電力エリア

坊っちゃん電力

電力量料金 9時〜17時 40kWhまで 1kWh 20円37銭
41kWh〜90kWh 27円50銭
91kWh〜 34円62銭
17時〜23時 26円48銭
23時〜翌9時 14円25銭

 

【四国電力と比較】
四国電力の「スマートeプラン タイプL+」相当のプランです。
夜間の単価がこちらのほうが安く設定されています。
基本料金は10kVAまでは割高になりますが、電気量料金は割安です。

九州電力エリア

イデックスでんき

電力量料金 平日昼間(夏冬8時〜22時) 26円03銭
平日昼間(春秋8時〜22時) 23円22銭
休日昼間(夏冬8時〜22時) 20円57銭
休日昼間(春秋8時〜22時) 17円28銭
夜間(22時〜翌8時) 12円80銭

 

【九州電力と比較】
九州電力の「電化でナイト・セレクト22」相当のプランです。
夜間の単価、基本料金、電気量料金ともにこちらのほうが割安に設定されています。

» 料金シュミレーションとお申し込みはこちら

九州電力の料金表に戻る

沖縄電力エリア

沖縄はオール電化の普及率が最も低く、また電力会社の電気配給システムが他の都道府県と異なるため、新電力のオール電化プランが存在しません

沖縄にお住まいの方は沖縄電力が提供する2つのプランからどちらかを選択するしかありません。

沖縄電力の料金表に戻る

まとめ

大手電力会社に比べ、新電力は各料金が安く設定されていることが分かりました。

しかし大手電力会社は複数のプランを用意しているため、一概に新電力に乗り換えると安くなるということはできません。

ご家庭の契約状況、電気使用量を見て最適な電力会社を見極めることが大切です。

関連記事

オール電化向けのプランならこんな新電気もおすすめ

親指でんき 【親指でんきの評判・口コミ】料金プランは一人暮らしやオール電化に適してる?