美容
資産運用

【Looopでんきの評判】最悪だという悪評・口コミの真相に迫る!真実はいかに?

Looopでんきの概要

Looopでんきは、基本料金が無料で従量料金が一定の料金プランを提供しています。

電気だけの申し込みに比べて、ガスや太陽光・蓄電池とのセット割で普通に申し込みをするとさらにお得になるにも関わらず、Looopでんきを契約した方の中には悪い評判や口コミもあります。

Looopでんきがおすすめな人は以下に当てはまる人です。

  • とにかく電気代を安くしたい
  • 電気使用量が多い
  • ガスとセットで申し込みを検討している
  • オール電化
  • 太陽光発電を設置している
  • 離島以外の地域に住んでいる

この記事では、Looopでんきの評判や料金プランの世帯別シミュレーション、よくある質問について解説していきます!

\電気もガスも安くしたい!!/

Looopでんき(るーぷでんき)の概要

Looopでんき ロゴ

Looopでんきは、再生可能エネルギーの普及でエネルギーフリーの実現を目指す『Looop』が展開している新電力(電気の小売事業)です。

Looopでんきの供給エリアは、

  • 北海道エリア
  • 東北エリア
  • 関東エリア
  • 中部エリア
  • 北陸エリア
  • 関西エリア
  • 中部エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア
  • 沖縄エリア

となっており、全国どの地域でも契約できます!(離島を除く)

Looopでんきの特徴は以下の通り!

  1. 基本料金が0円
  2. 従量料金がどれだけ電気を使っても一定
  3. ガスとセットで申し込むとさらに従量料金が割引される
  4. オール電化プランが新たに追加!

それでは、Looopでんきについてどんどん解説していきましょう!

\電気もガスも安くしたい!!/

【Looopでんきの口コミ・評判】悪評が多いって本当?

Looopでんきの悪い噂とデメリット

①一人暮らし場合は電気代が高くなる可能性大

Looopでんきは基本料金が無料なので、

月々の電気使用量が120kWhを下回っている場合、いま契約している電力会社の従量料金

よりも高くなってしまいます。

<例>東京電力管轄エリアにお住まいの場合

東京電力 Looopでんき 割引額
〜120kWh 19.88円 26.4円 +6.52円
121〜300kWh 26.46円 ー0.06円
301kWh〜 30.57円 ー4.17円

このように、Looopでんきが設定している価格の方が高くなってしまうので、電気代を安くしようと思って契約したにも関わらず、結果的に乗り換えたことで電気代が高くなってしまうというケースが起こりうるのです。

また、お住まいのエリアによって高くなるか安くなるかが変わる場合もあります

後ほどシミュレーションをしているので、気になる方はチェックしてみてください。

先にシミュレーションを見たい方はこちらからジャンプできます!

\電気もガスも安くしたい!!/

②サービスやポイント特典がない

新電力の中には、料金プランを安くするだけでじゃなく、サービスやポイント特典をつけて他社との差別化を図っている会社もあります。

例えば、HISでんきのように旅行代金が何度でも割引されたり、CDエナジーダイレクトのように電気代に応じてポイントが貯められたりする新電力があります。

しかしLooopでんきにはこのような特典がありません

電気代と合わせて何かしらのサービスを受けたいという方には、Looopでんきはおすすめできません。

それよりも、とにかく電気代を安くしたい!それだけでOK!という方におすすめです。

③ガスのセット割を利用しないならあしたでんきの方が安くなる

後述しますが、Looopでんきはガスとのセット割や、太陽光発電を設置していたり蓄電池をセットで申し込みをする場合に電気代がさらに安くなります。

しかし、”電気だけ”の申し込みの場合は、『あしたでんき』の方が安くなるんです。

あしたでんきもLooopでんきと同じように基本料金が無料で従量料金が一定の料金プランを提供しています。

この従量料金がLooopでんきと比べて安く設定されているのです。

Looopでんき あしたでんき
従量料金 26.4円 26円

そのため、電気だけを新電力に切り替えたいという方にはあしたでんきの方がおすすめ

ガスや太陽光発電・蓄電池とのセット割を受けたい、という方にはLooopでんきがおすすめです。

Looopでんきの良い噂とメリット

①セット割が便利で安い!

Looopでんきには、ガスとのセット割や太陽光発電を設置しているご家庭向けに従量料金がさらに割引されたりといった「セット」でお得なプランが豊富です。

光熱費は、削るのに限界がある固定費ですが、このようにセット割を受けられると全体的にコストカットできるのでかなり嬉しいですよね。

ガスとのセット割・太陽光発電のセット割・蓄電池とのセット割については後述しています。

先にチェックしたい方はこちらをクリックするとジャンプできます!

\電気もガスも安くしたい!!/

②電気使用量が多ければ多いほど電気代が安くなった

Looopでんきの料金プランは、基本料金が無料で従量料金が一定の料金プランになっています。

そのため、これまで電気を120kWh以上使っていたご家庭であればLooopでんきへの乗り換えで電気代が安くなりますが、毎月の電気使用量が301kWh以上のご家庭であれば、割引額がもっと大きくなるのでさらにお得になります。

次の章で世帯人数別のシミュレーション解説をしていますので、どのくらい安くなるかぜひチェックしてみてください!

③オール電化のプランが新たに追加!

Looopでんきにオール電化プランはありませんでしたが、2020年10月に新たに追加されました!

Looopでんきのオール電化プランは、基本プランと同じく基本料金が0円!

オール電化の場合、すべてを電気で賄うため電気代がどうしても高くなってしまいますが、基本料金が0円というだけで年間10,000円前後も節約することができるのです!

オール電化プランの詳細は後ほどで詳しく説明していきます!

\電気もガスも安くしたい!!/

Looopでんきの料金プラン【世帯人数別シミュレーションで比べよう】

Looopでんきのエリア別料金表一覧

基本料金 従量料金
北海道エリア 0円 29.5円
東北エリア 26.4円
関東エリア 26.4円
中部エリア 26.4円
北陸エリア 21.3円
関西エリア 22.4円
中国エリア 24.4円
四国エリア 24.4円
九州エリア 23.4円
沖縄エリア 27.0円

このように基本料金が0円で、従量料金は地域によって異なりますが、電気使用量に関わらず一定価格に設定されています。

\電気もガスも安くしたい!!/

エリア別・世帯人数別の年間割引額シミュレーション

以下を条件とし、シミュレーションをしてみます。

■1〜2人:月間電力使用量150kWh、30A

■3人:月間電力使用量350kWh、40A

■4人:月間電力使用量450kWh、50A

■5人〜:月間電力使用量600kWh、60A

*小数点以下四捨五入、再生可能エネルギー発電促進賦課金 、燃料費調整額は含まない

上記以外の電力使用量や契約アンペアでシミュレーションをしたい方はLooopでんき公式サイトで無料でシミュレーションができます。

\電気もガスも安くしたい!!/

1〜2人世帯の料金・割引額シミュレーション

各地域の
大手電力会社
Looopでんき 割引額
北海道(従量電灯B) 65,507円 60,708円 -4,799円
東北(従量電灯B) 54,284円 54,326円 +42円
関東(従量電灯B) 55,283円 54,326円 -957円
中部(従量電灯B) 56,416円 54,326円 -2,090円
北陸(従量電灯B) 47,847円 43,829円 -4,018円
関西(従量電灯A) 45,636円 46,094円 +458円
中国(従量電灯A) 47,215円 50,210円 +2,995円
四国(従量電灯A) 48,255円 50,210円 +1,955円
九州(従量電灯B) 50,079円 48,152円 -1,927円
沖縄 52,724円 55,566円 +2,842円
\電気もガスも安くしたい!!/

3人世帯の料金・割引額シミュレーション

各地域の
大手電力会社
Looopでんき 割引額
北海道(従量電灯B) 158,129円 141,743円 -16,386円
東北(従量電灯B) 132,584円 126,849円 -5,735円
関東(従量電灯B) 136,383円 126,849円 -9,534円
中部(従量電灯B) 133,560円 126,849円 -6,711円
北陸(従量電灯B) 112,529円 102,341円 -10,188円
関西(従量電灯A) 120,711円 107,626円 -13,085円
中国(従量電灯A) 125,229円 117,237円 -7,992円
四国(従量電灯A) 126,625円 117,237円 -9,388円
九州(従量電灯B) 120,604円 112,431円 -8,173円
沖縄 133,373円 129,735円 -3,638円
\電気もガスも安くしたい!!/

4人世帯の料金・割引額シミュレーション

各地域の
大手電力会社
Looopでんき 割引額
北海道(従量電灯B) 208,855円 182,218円 -26,637円
東北(従量電灯B) 176,718円 163,070円 -13,648円
関東(従量電灯B) 181,757円 163,070円 -18,687円
中部(従量電灯B) 176,080円 163,070円 -13,010円
北陸(従量電灯B) 147,607円 131,566円 -16,041円
関西(従量電灯A) 160,898円 138,362円 -22,536円
中国(従量電灯A) 165,827円 150,716円 -15,111円
四国(従量電灯A) 168,470円 150,716円 -17,754円
九州(従量電灯B) 159,923円 144,539円 -15,384円
沖縄 175,177円 166,779円 -8,398円
\電気もガスも安くしたい!!/

5人世帯の料金・割引額シミュレーション

各地域の
大手電力会社
Looopでんき 割引額
北海道(従量電灯B) 282,929円 242,959円 ‐39,970円
東北(従量電灯B) 240,960円 217,426円 -23,538円
関東(従量電灯B) 248,134円 217,426円 -30,708円
中部(従量電灯B) 238,173円 217,426円 -20,747円
北陸(従量電灯B) 198,795円 175,422円 -23,373円
関西(従量電灯A) 221,205円 184,482円 -36,723円
中国(従量電灯A) 226,753円 200,954円 -25,799円
四国(従量電灯A) 231,269円 200,954円 -30,315円
九州(従量電灯B) 217,145円 192,718円 -24,427円
沖縄 237,915円 222,372円 -15,543円
\電気もガスも安くしたい!!/

Looopでんきはガスとのセット割でさらにおトク

Looopでんきではガスとのセット割を提供しています。

電気とガスを合わせて申し込むと従量料金から-0.4円引きに!

関東エリアにお住まいの方は従量料金が26.4円→26円になります。

Looopでんきとガスのセット割

大幅な割引額とは言えないかもしれませんが、セットで申し込むだけで今よりも安くなると考えれば乗り換えないと損ですよね。

\電気もガスも安くしたい!!/

オール電化向け「スマートタイムプラン」が魅力的すぎる!!

Looopでんきのスマートタイムプランは基本料金が0円!

従量料金は、季節と時間帯によって変動しますが、それでも東京電力のスマートプランよりも安くなります。

特に春と秋の従量料金はかなり安く抑えられているのが特徴的なこのプラン。安さの秘密は、Looopでんきを運営しているLooopが再生可能エネルギーでの発電に力を入れいていることにあるのです!

Looopでんきのスマートタイムプラン(オール電化向け)

再生可能エネルギーを使った発電方法のひとつである太陽光発電は、春と秋に発電量が多くなります。発電量が多い時期の電気代を安く提供することで、Looopでんき側は電気の需要と供給が安定し、契約者側は電気代が安くなるというWin-Winの関係になっているというわけです。

夜間の従量料金は以下のようになっています。

Looopでんきスマートタイムプラン(オール電化向け)の料金価格

Looopでんきスマートタイムプラン(オール電化向け)の料金価格

Looopでんきスマートタイムプラン(オール電化向け)の料金価格

このように昼間の1kWhあたりの料金が通常プランよりも1円ほど高くなる分、夜間の1kWhあたりの料金が約5円も安くなるのです!

スマートタイムプランでシミュレーションをしたい方はこちらからLooopでんきのシミュレーションページにアクセスできます。

このように大変価格が魅力的なLooopでんきのオール電化プランは、同様にオール電化向けのプランを提供している新電力と比較してもかなりおすすめです!

\電気もガスも安くしたい!!/

Looopでんちを購入すると電気代から驚愕の割引が!

Looopが販売している蓄電池を購入した場合、従量料金からさらに3円割引になります。

Looopの蓄電池の特徴は蓄電池の中でも格安なこと!蓄電池は一般的に100〜150万円ほどかかりますが、Looopの蓄電池は、パワコンやモニターもセットで89万円なんです!

災害に備えて蓄電池の設置を検討していた方は、蓄電池とセットでの契約もおすすめです。

また、すでに太陽光発電を設置していて、新たにLooopの蓄電池を購入する場合、従量料金から-4円されるんです!

FIT制度終了後の太陽光発電の運用方法に悩んでいる方も、これを機に蓄電池を設置して自家消費に切り替えるのもいいですね。

詳細は公式サイトからチェックできます!

\電気もガスも安くしたい!!/

太陽光発電を設置しているご家庭にもLooopでんきは優しい!

太陽光発電を設置しているご家庭は、通常の料金プランよりも安くなるソーラー割に契約ができます。

どのエリアにお住まいの場合でも、従量料金からさらに1円割引されます。

東京電力の場合は従量料金が25.4円に!

再生可能エネルギーの普及に力を入れているLooopが展開している新電力だから提供できるプランですよね!

\電気もガスも安くしたい!!/

トラブル発生時も安心!駆けつけサービスが無料で付帯

停電やコンセントの焦げ付きといった電気トラブル時に無料で駆けつけしてくれるサービスが付帯しています

このようなトラブルが起こったとき、ご自身で駆けつけサービスを依頼すると一般的に1万円程度の費用がかかります。

もしものときの安心サービスが無料なのは嬉しいですよね。

急な出費だ…なんてことにもなりません。

\電気もガスも安くしたい!!/

Looopでんきのキャンペーン情報

Looopでんきでは現在キャンペーンを行なっていません。(2/1時点)

新たなキャンペーン情報が追加されたら随時更新していきます。

Looopでんきに関するよくある質問・疑問

①オール電化でも安くなる?

オール電化の場合、夜間にお湯を沸かしたりするケースがほとんどです。そのため夜間の電気が安くなるプランに契約することで電気代を節約することができます。

しかし、Looopでんきは昼夜問わず電気代が一定なので、オール電化の場合はかえって電気代が高くなる可能性が高いです。

②引っ越ししても契約できる?

引っ越し当日からLooopでんきが使えます

引っ越し前にWebから申し込みをしておきましょう。

③何アンペアから申し込み可能?

基本料金が契約アンペアに関わらず0円なので、特に最低契約アンペア数の指定はありません。

④一人暮らしにもおすすめ?

前述したように、Looopでんきは従量料金が一定になっているので乗り換えでかえって電気代が高くなることもあります。

また、安くなる場合もお住まいのエリアによって割引額が異なるので事前のシミュレーションは欠かせません。

こちらでも例としてシミュレーションをしていますが、実際の電気使用量に合わせたシミュレーションは公式サイトで確認できます。

\電気もガスも安くしたい!!/

Looopでんきは解約金がかかる?解約方法

Looopでんきから他の電力会社・新電力に乗り換える場合、解約金や違約金は0円です。

契約期間の縛りもないので、ご契約者のタイミングに合わせて契約や解約ができます。

解約の方法は、新しく乗り換えようと思っている電力会社・新電力に契約の申し込みをするだけ!

解約手続きなどは、すべて電力会社・新電力が行なってくれるので、契約者がしなければいけない手続きはありません。

Looopでんきの申し込み方法

Looopでんきの申し込みは、Looopでんきの公式サイトからのWeb申し込みのみです。

  1. 現在の契約内容を入力
  2. お申し込み者情報を入力
  3. お支払い情報の入力
  4. 内容の確認
  5. 完了!

上記の5ステップで完了するので、5分もかからず申し込みができます。

手元に検針票を用意しておけば、よりスムーズに手続きを進められますよ!

\電気もガスも安くしたい!!/

まとめ

Looopでんきは、基本料金が無料で、従量料金が一定なので、世帯人数が多ければ多いほど電気代が節約できるお得な新電力です。

さらにガスとのセット割引が受けられたり、太陽光発電を設置しているご家庭はさらに電気代が安くなったりと、嬉しいプランを展開しています。

電気代が高くて悩んでいる方、太陽光発電の使い道に悩んでいた方、蓄電池の設置を検討している方は、Looopでんきの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

解約金も不要なので、まずはLooopでんきがどんなものか知るために、気軽に乗り換えてみるのもおすすめですよ!

\電気もガスも安くしたい!!/

関連記事