転職・スクール
ライフスタイル
本サイトではプロモーションを掲載しています。

関西のおすすめ電力会社一覧|ランキング形式で口コミ・評判を比較して紹介!

「関西エリアでおすすめの安く抑えられる電力会社はどれ?」「そもそも新電力って何?」

関西エリアでは数多くの新電力会社がサービスを提供しており、自分で選ぶのも難しいですよね。

この記事ではどの新電力がいいのか、料金プラン・特徴をわかりやすく説明しながらランキング形式で比較しながら紹介していきます。

5月から関西で442円の電気代の値上げ発表!

家庭用の電気料金は、5月の使用分(6月の請求分)で前月と比較して全ての電力会社において上昇しました。

関西は442円という上昇幅が見られました。

参考:神戸新聞

電力会社 2024年
6月分
2024年
5月分
前月比
関西電力 7,137円 6,809円 328円
値上げ

参考:エネチェンジ

さらに、政府の補助金は5月をもって終了し、消費者の負担が6月以降は328円さらに増加する見込みです。

関西電力の基本料金

関西電力が提供する家庭用電気プランには、従来の「従量電灯A」プランに加えて、電力市場の自由化に伴い新たに導入された「eおとくプラン」、「eスマート10」、「はぴeタイムR」といった種類があります。

従量電灯A(関西電力エリア)

区分 税込料金
最低料金 ~15kWh 522円58銭
電力量料金
16kWh~120kWh 20円21銭
121kWh~300kWh 25円61銭
301kWh~ 28円59銭

引用元:関西電力

このプランは24時間を通じて一律の料金が設定されており、電力消費が均一な一般家庭に最適です。

特に、炊事や洗濯、その他の家事で電力を大量に消費することが少ない家庭では、時間帯に関わらず一定の電力を使用するため、このプランがおすすめです。

関西電力と新電力の料金比較

利用月 Loopでんき
スマートタイムONE
(電灯)(税込)
関西電力
eおとくプラン
(税込)
差額
(税込)
月平均使用量
(kWh)
2023年1月  17,976円  17,124円 851 円 579
2023年2月  12,722円 14,149円 -1,428円 487
2023年3月  7,470円 10,275円 -2,805円 372
2023年4月  5,195円 7,896円 -2,702円 303
2023年5月  4,536円 7,090円 -2,554円 281
2023年6月  4,552円 7,396円 -2,844円 302
2023年7月  8,633円 11,951円 -3,318円 473
2023年8月  10,780円 12,704円 -1,924円 521
2023年9月  11,030円 10,842円 188円 414

引用元:Looopでんき公式サイト

市場価格に連動する電気料金プランは変動が大きいとの懸念がありますが、Looopでんきの提供するデータによると、平均すると関西電力の料金よりもかなり低いことが示されています。

Loopでんきは、基本料金が無料の新電力会社です。

関西地域で推奨される新しい電力会社であるLooopでんきは、30分ごとに変動する電気料金システムを採用しており、料金が低い時間帯に電力を使用することでコストを削減可能です。

この料金はアプリを通じて確認可能で、まるでゲームを楽しむかのように節約が行えます。また、契約期間の縛りや解約金がないため、コストを抑えたいと考える消費者にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

関西エリアで電気代を安くする方法3つ

関西エリアで電気代を節約するためには、次の3つの方法が有効です。

新電力に乗り換える

電気料金の節約を検討中の方には、従来の関西電力から新電力への変更をおすすめします。新電力会社は、一般的に関西電力よりもコスト効率の良い料金プランを提供しています。

お客さんの電力消費パターンやライフスタイルに合わせた多様なオプションを用意していますから、個々のニーズに最適なプランを選択できるでしょう。

たとえば、週末に電力使用量が増える家庭向けには、週末特別割引プランを提供する会社が最適です。さらに、ガスやインターネットサービスとのパッケージ割引を行う会社もあり、これによりコスト削減の可能性が高まります。

日々の電気使用量を抑える

電気代の節約は、日々の生活で意識的な電力消費の削減から始まります。

例えば、使用していない電気器具をこまめにオフにすることで、無駄な待機電力を減らすことができます。

また、エアコンを使用する際には、室内の温度を保つためにカーテンを閉めることが効率的です。

夏場には、トイレの電気便座の使用を控えたり、ドライヤーの使用前に髪をタオルドライすることも、電力を節約する有効な手段です。

これらの小さな工夫は、一見些細なものかもしれませんが、積み重ねることで大きな節約につながります。

日々の小さな節約が、年間を通じて見ると、思いのほか大きな節約効果をもたらすことがあります。

エコな家電を使う

古い家電を最新のものに買い替えることで、消費電力を減らし、電気代を節約することが可能です。

日本では環境保護の一環として、省エネ法や「トップランナー制度」などの政策が実施されています。

この「トップランナー制度」は、市場に出回っている製品の中で最も効率的な機器を基準にして、家電製品や自動車の省エネ基準を設定するものです。

引用元:資源エネルギー庁|省エネポータルサイト

トップランナー制度により、家電製品は10年前に比べて省エネ性能が大きく向上しました。

例えば、2011年製と2021年製の冷蔵庫を比較すると、年間で約5,000~6,000円の電気代を削減できます。

省エネ家電への買い替えによる電気代の節約効果は、環境省のウェブサイトで確認できますので、ぜひ参考にしてみてください。

引用元:省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」

安くてお得!関西エリアの新電力おすすめ電力会社

税込 大阪ガス TERASEL電気 HTBエナジー Looopでんき
基本料金(税込) 466.57円 522.58円
(15kWh)
※ ~TERASEL関西A 
一律550円
※ベーシックプラン 
0円
電力量料金(税込) 20.21円/kWh
(15~〜120kWh)
24.80円/kWh
(121〜350kWh)
27.72円/kWh
(350kWh~)
20.21円/kWh
(15〜120kWh)
24.41円/kWh
(121〜300kWh)
23.79円/kWh
(301kWh〜)
一律25.20円/kWh 30分ごとに変動
解約金 原則なし 原則なし
※1年未満の解約時に
工事費の請求がある場合も
2,200円
※1年未満の解約場合
0円
対応エリア 関西 沖縄を除く全国 沖縄を除く全国 全国
運営会社 大阪ガス株式会社 株式会社エネクス
ライフサービス
HTBエナジー株式会社 株式会社Looop
新規向け
キャンペーン
「スタイルプランP」
「スタイルプランd」
新規ご契約で
Amazonギフトカード
1,000円分をプレゼント
契約時に7つの特典
の中から1つ選べる
なし なし

※全て税込表示

安くてお得な関西エリアの新電力会社を紹介します。

大阪ガス

大阪ガスの電気は本当に安くなるの?料金プランやキャンペーン情報を紹介

大阪ガスの電気のおすすめポイント

  • 1897年創業の長い歴史と信頼
  • ガスと一緒で割引あり
  • プランが豊富で人気

大阪ガスの電気は、関西エリアでトップクラスの人気を誇る新電力サービスです。

1897年に設立された大阪ガスは、その長い歴史と信頼性で知られ、ガスとのセット割引により、顧客に大きなメリットを提供しています。

多様な電力プランが用意されており、特に「スタイルプランP」は、電気契約に加えてAmazonプライムのメンバーシップが含まれることで注目を集めています。

加えて、初期費用や解約手数料が不要なため、新電力サービスを試す際のハードルが低く、安心して利用を開始することが可能です。

大阪ガスの基本情報

基本料金(税込) 466.57円
電力量料金(税込) 20.21円/kWh
(15〜120kWh)
24.80円/kWh
(121〜350kWh)
27.72円/kWh
(350kWh~)
解約金 原則なし
対応エリア 関西電力エリア
運営会社 大阪ガス株式会社
キャンペーン情報

 

「スタイルプランP」
「スタイルプランd」
新規ご契約で
Amazonギフトカード
1,000円分をプレゼント

料金は2024年5月3日現在、税込

\関西の新電力なら!/

TERASEL電気

TERASELでんきのおすすめポイント

  • 国内売上トップクラスのエネルギー商社・伊藤忠エネクスグループの子会社
  • 単身向けサービスがある
  • 楽天ポイントが貯まる

エネクスライフサービスが展開するTERASELでんきは、伊藤忠エネクスグループメンバーとして、国内でトップクラスの売上を誇るエネルギー商社から生まれました。

このサービスには、「TERASELでんきプラン」と「~TERASELでんきプラン」という2種類のプランが用意されています。

前者は少ない電力使用量のユーザーに適しており、特に一人暮らしの方に最適です。

一方、後者は、より多くの電力を必要とするファミリー層に特化しています。

TERASELでんきの基本情報

基本料金(税込) 522.58円(15kWh)
※ 超TERASEL関西A 
電力量料金(税込) 20.21円/kWh
(15〜120kWh)
24.41円/kWh
(121〜300kWh)
23.79円/kWh
(301kWh〜)
解約金 原則なし
※1年未満の解約時に工事費の請求がある場合も
対応エリア 北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
運営会社 株式会社エネクスライフサービス
キャンペーン情報 7つの特典の中から好きなものを1つ選べる

料金は2024年5月3日現在、税込

TERASELでんきでは、新規契約者向けに選べる7つの特典を用意しています!2024年6月14日現在、期間限定の選べる特典ポイント5倍キャンペーン中です!

  • 楽天ポイント2,000ポイント⇒8/31まで10,000ポイント
  • PayPayポイント2,000ポイント⇒8/31まで10,000ポイント
  • Amazonギフト券2,000ポイント⇒8/31まで10,000ポイント
  • Apple Gift Card 2,000ポイント⇒8/31まで10,000ポイント
  • Huluチケット2ヶ月分
  • Stock point 2,000ポイント
  • 電気料金の2%相当を寄付

ポイント5倍のキャンペーンは2024年8月31日までとなっています。特典の詳細は、TERASELでんき公式サイトでチェックしてみてくださいね。

\楽天ポイントが貯まる!/

HTBエナジー

HTBエナジーのおすすめポイント

  • 電気料金が5%OFFに!
  • 乗り換えにかかる費用は無料
  • 毎日2時間無料になる「ママトクプラン」

HTBエナジーは、26万件以上の契約を誇る注目の新電力会社で、関西電力エリアを含む全国でサービスを展開しています。(沖縄と一部離島を除く)

特に「ママ特プラン」は、基本料金が無料になる2時間を自由に選べるため、家計に優しい選択となっています。

他にも多様なプランが用意され、24時間体制でのトラブル対応も安心です。

5つの料金プランの中から4つを選択可能で、中でも「PRIMEプラン」がおすすめです。

これは、基本料金と従量料金が最大5%割引され、特に5人以上の世帯では10年間で約8万円の節約が見込めます。

オール電化家庭向けプランや、毎日2時間無料の電気料金プランなど、家庭のニーズに合わせた多彩なプランを提供され、どの家庭も電気料金を節約しやすいでしょう。

HTBエナジーの基本情報

基本料金
(税込)
一律550円
※ベーシックプラン 
電力量料金
(税込)
一律25.20円/kWh
解約金 2,200円
※1年未満の解約場合
対応エリア 北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力

九州電力
運営会社 HTBエナジー株式会社
キャンペーン情報 ・HTBエナジー×クーポンバンク
グルメ・レストラン、ショッピング、エンターテインメント、レジャー・日帰り湯で利用いただけるお得なクーポン
・HIS BENEFIT DESK
『たのしいでんき』契約者限定で、国内旅行も海外旅行も旅行代金が1人あたり最大3,000円割引。利用回数制限。

料金は2024年5月3日現在、税込

\オール電化向けプランあり!/

Looopでんき

Looopでんきのおすすめポイント

  • ピーク時間を避けて節約できる
  • 基本料金が0円
  • 違約金ゼロ

Looopでんきは、株式会社Looopによって提供される電力サービスで、2016年から利用が開始されました。現在、20万件以上の契約があります。

このサービスの最大の特徴は、基本料金が無料、市場価格連動型である点です。

従来の電力会社では、基本料金に加えて消費電力量に応じた料金が課されますが、「Looopでんき」では、使用した電力量のみで料金が決定します。

市場価格に連動するため、時には価格が上昇することもありますが、多くの場合、他の大手電力会社よりもコストを抑えることが可能です。

また、ピーク時の電力使用を控えることで、さらなる節約が実現できます。契約に期間の縛りや解約金がないので、コストを抑えたい方におすすめと言えます。

Loopでんきの基本情報

基本料金
(税込)
0円
電力量料金
(税込)
30分ごとに変動
解約金 0円
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Looop
キャンペーン情報 なし

料金は2024年5月3日現在、税込

\ピークシフトでお得!/

電気代を抑える!賢い新電力会社の選び方は?

電気代を抑える賢い新電力会社の選び方を説明します。

基本料金だけでなく使用量の価格をみる

関西電力の供給エリアにおいては、他の地域と比較して基本料金が割安です。そのため、電力契約を見直す際は、基本料金よりも実際の使用量に基づく電力量料金の方が重要です。

基本料金が低くても、全体として見ると割高になる場合も少なくありません。

電力量料金の計算方式は主に3つあります。

  • ステップ制:使用量が増えるにつれて料金単価が変わる
  • 一定料金制:使用量に関係なく単価が一定
  • 定額制:ある一定の使用量までは料金が一定

 

どの料金体系が適しているかは、その家庭の電気の使い方によります。例えば、家族で生活しており消費電力が多い場合、定額制のプランが経済的である可能性が高いです

一方、電気の使用量が少ない単身者の場合は、ステップ制の初段階の安価な料金が魅力的です。

電力量料金の低さのみでプランを選ぶと、市場価格に連動するプランを選びがちですが、リスクもあります。

市場連動型プランでは、電力料金が日本卸電力取引所の価格動向と連動して変動します。市場価格が低迷しているときは料金も低く抑えられますが、逆に市場価格が高騰すれば同様に料金も上昇します。

契約に縛りがないか確認する

電力会社によっては、一定期間契約の縛りを設けており、この期間内に契約を解除すると解約手数料が発生することがあります。

基本的には1年から2年の契約を基本とし、その解約手数料はおよそ1,000円から2,000円とされています。

しかし、全ての電力会社がこのような制約を設けているわけではなく、多くは契約期間に縛りが無いのが一般的です。

契約を検討する際には、事前にこれらの詳細を確認することが重要です。

例えば、関西電力の基本的な契約プランでは、契約期間の縛りや解約手数料が設定されていませんから、いつでも他の電力供給者への変更が自由に行えます。

キャンペーンや特典を活用する

新電力会社が提供する様々な特典やキャンペーンは、それぞれ独自の魅力を持っています。こうした特典のみで新電力会社を選ぶのは避けたほうが良いですが、選択肢が多くて決めかねるときには、役立つ判断材料になるでしょう。

いくつかの新電力会社が展開している代表的なキャンペーンや特典には以下のようなものがあります。

セット割 ガス・スマホ・ネットなどとセット契約で割引
ポイント還元 支払額に応じてポイントを還元
駆けつけサービス トラブル時の駆けつけサービスを無料または格安で付帯
キャッシュバック・割引 新規契約で一定額・一定期間のキャッシュバック・割引
金券プレゼント 新規契約でギフトカードなど金券プレゼント

これらの特典・キャンペーンには細かい適用条件が付いていますから、詳細を公式ホームページで確認しましょう。

関西の電力会社に関するよくある質問

関西の電力会社に関するよくある質問を紹介します。

新電力の契約に初期費用はかかる?

新電力の契約は、初期費用が不要です。

多くの場合、家やオフィスへのスマートメーターの設置が求められますが、これに伴う工事は通常無料で実施されます。

賃貸物件であっても、大家の許可が不要なケースがほとんどです。

また、新電力会社への契約時には、事務手数料が免除されることが一般的です。

例外的に手数料が必要な場合でも、プロモーションを利用すれば無料で契約可能な場合が多いでしょう。

新電力に切り替えると安くなるの?

電気料金を節約するためには、新電力への切り替えが一つの有効な手段です。

電力市場の自由化に伴い、多くの新電力会社が参入し、従来の独占的な市場構造が変化しました。

この市場競争によって、既存の電力会社が効率的な価格設定を迫られ、結果的に消費者にとって低価格の電力プランが提供されるようになりました。

消費者の生活スタイルや使用量に応じた多様なプランが提案されています。セット割やポイント付与といった、電気料金の安さ以外にも魅力ある特典が増加しています。

新電力への変更を考える際には、自分の生活パターンに最も合った会社とプランを選ぶことが肝心でしょう。

燃料費調整額って?

燃料費調整額は、石油や石炭、液化天然ガスなどの火力発電用燃料のコストが変動することに伴い、それを電気料金に適用するための調整額です。

この金額は、燃料市場の価格に応じて設定され、消費者の電気料金に直接影響を与えます。

具体的には、火力発電に使用される主要な燃料の価格が下落すると、燃料費調整額も下がり、それによって電気料金も低くなります。

しかし、最近の傾向として燃料費が上昇することが多く、これが電気料金の増加に直結しているでしょう。

一部の電力会社は燃料費調整額の上限を撤廃することで対応しており、消費者への影響が拡大しています。

この調整額は、最新の三ヶ月間の燃料価格の平均に基づいて計算され、その後の二ヶ月後の電気料金に反映される仕組みです。

再生可能エネルギー発電促進賦課金って?

再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)というのは、電力会社が太陽光や風力などの再生可能エネルギーによって発電された電力の買取費用の一部を電気料金の一部として、消費者に賦課するものです。

再エネ賦課金の導入は、持続可能なエネルギー資源への投資を促進する目的があります。

再生可能エネルギー設備の設置に伴う初期コストが消費者の支援を受けて容易に回収可能となります。

参考:制度の概要|FIT・FIP制度|なっとく!再生可能エネルギー

まとめ

2016年に電力市場の自由化が実施されて以来、多様な電力供給会社が参入し、消費者には多彩な料金プランが提供されるようになりました。

消費者自身が自分の電力消費パターンを分析し、最も適したプランを選択することで、電気代を削減する好機が生まれています。

しかし、選択肢が増えたことで、どのプランが自家用に最適かの判断が困難になる場合もあります。

適当にプランを選ぶと、実は高い料金を支払う羽目になることも考えられますので、慎重に選ぶことが肝心です。

生活を維持する上で避けて通れない電気代ですが、これを少しでも削ることができれば、長期的には大きな節約効果が期待できます。

現在はさまざまな企業から数多くの割引オプションや特典が提案されているため、これを機に自分の電気使用状況を再評価し、料金プランを見直すことが賢明です。