未分類
美容
転職

三井住友カードのカードローンの審査基準はやばい?在籍確認や申込方法、返済方法を解説

SMCC

新しく誕生した三井住友カードのカードローン。1.5%〜15.0%という非常に低金利な年利で借り入れ可能なほか、最短5分で融資が可能なので、非常に利便性が高いカードローンとなっています。

今回は三井住友カードのカードローンの基本情報や利用するメリット・デメリットについて解説します!

他社にはないメリットが多くありますので、本記事を読んで利用したいと考える人も増えるはずです。

申し込み方法や審査基準についても詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!

\利息が圧倒的に低い!/

三井住友カードのカードローン基本情報

三井住友カードのカードローンの基本情報は下記の通りです。

金利 カードローン:1.5%~15.0%
カードローン(振込専用):1.5%~14.4%
融資可能額 900万円
融資スピード 最短5分
資金用途 自由
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
返済方法 元金定額方式
返済期間・回数 最長15年1ヵ月 181回
(ご利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月ご返済額5万円、900万円をご利用の場合)

【借入方法】

借入方法は3種類あります。

  • webでの借入(口座振り込み)
  • ATMでの借入
  • 電話での借入

webでの借入は24時間・土日夜間いつでも可能で手数料無料です。

パソコンやスマートフォンを持っていない場合は電話での申し込みも可能ですが、翌営業日の振込となります。

また三井住友カードのカードローンは、全国の銀行・コンビニのATMからお金を引き出せます。(振込専用タイプは利用不可)

手数料は、以下のとおりです。

キャッシングリボご利用金額 手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

【返済方法】

指定口座から自動引き落としとなり、引き落とし日は入会時に選択できます。

10日 毎月15日に締め切り、翌月10日に自動引き落とし
26日 毎月月末に締め切り、翌月26日に自動引き落とし

また返済日以外でも、三井住友銀行の提携金融機関ATM等で自由に臨時返済が可能です。

返済には、その都度手数料が発生します。(1万円以下…110円、1万円超…220円)

「ローン専用カード」か「普通預金キャッシュカード」を選択

三井住友カードのカードローンは、2つのタイプから選んで申し込みできます。

ATM・口座振込両用タイプ 実質年率:1.5%~15.0%
口座振込専用タイプ 実質年率:1.5%~14.4%
※インターネット・電話での申し込みのみ
ATMは利用できません。

口座振込専用タイプは、ATMでの引き出しが出来ない分金利が低く設定されています。

(参照: カードローンの三井住友カード

\利息が低くてお得/

三井住友カード カードローンの口コミを紹介

三井住友カードのカードローンを利用した方からの口コミ・評判をご紹介します。

良い口コミ

  • 振込タイプだと金利が低くて支払いが少なく済むので嬉しい
  • 入会案内デスクに電話すると、細かく丁寧な対応をしてもらえた
  • コンビニのATMや提携ATMを利用できるので便利
  • 返済がコンビニATMからできるので、時間がないときに嬉しい
  • 三井住友カード株式会社の知名度が高いので、安心して借りられる
  • 手続きが簡単で審査結果がすぐわかり、助かった
  • 電話で申し込んだところ、スタッフが丁寧に対応してくれた

このように他社よりも知名度が高いうえに低金利で借りられる点が高評価を受けているポイントとして挙げられます。

また利用できるATMの数が多いため、借入や返済時の利便性が高いという声もありました。

電話対応やスタッフの説明も丁寧で、問題なさそうです。

イマイチな口コミ

  • 融資までに時間がかかる
  • 学生は基本的に利用できない

三井住友カードは、融資スピードが遅いというマイナスの評価がみられました。消費者金融機関のように30分~1時間で融資が受けられるわけではないようです。

学生は基本的に利用が不可となっていますので、学生の場合はプロミスやアコムといった消費者金融を利用するのが妥当です。

三井住友カードのカードローンを利用するメリット

三井住友カードのカードローンを利用するメリットは、以下の7つです。

三井住友カードのカードローンを利用するメリット
  • 最短5分で融資可能
  • 低金利
  • 返済実績で金利が下がる
  • web上で手続き可能
  • 担保・保証人が不要
  • 利用目的が決まっていない
  • いつでも借入でき、手数料も無料

①最短5分で融資可能

三井住友カードのカードローンは、借入希望額が50万円以下なら最短5分で融資可能です。

Vpassアプリに登録が必須となります。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

②とにかく金利が低い

カードローン名 金利
三井住友カード カードローン 1.5〜15.0%
SMBCモビット 3.0〜18.0%
アコム 3.0〜18.0%
プロミス 4.5〜17.8%

上記の表を見ると分かる通り、三井住友カードのカードローンの金利は1.5%~15.0%(14.4%)と、他のカードローンに比べて金利が低く設定されている点がメリットです。

たとえば楽天カードでキャッシングを受ける場合、実質年率は18.0%となります。

さらに消費者金融機関のアコムも、実質年率は3.00%~18.00%です。

金利によって返済総額は大きく異なるので、なるべく低金利で借入をしたい方も多いはず。利息をなるべく払いたくない方、長期間に渡って返済が必要な方は利用を検討してみてください。

③返済実績に応じて金利が下がる

三井住友カードのカードローンには、返済に遅れがない方を対象に2年目以降の金利が引き下げられる「金利引き下げサービス」があります。

返済実績に応じて、翌年度の利用残高分より適用利率が0.3%ずつ、最大1.2%引き下げられます。

複数年度にわたって融資を検討している方は、他の金融機関を利用するよりも低金利で借入が可能です。

④web上で手続き可能

三井住友カードのカードローンは、web上で手続きが完結します。

忙しくて来店する時間がない方や周りの人にバレたくない方にとって、自宅で手続きできるのは安心です。

⑤担保・保証人が不要

三井住友カードのカードローンは、担保や保証人をつけずに借入が可能です。

そのため周りの人に協力を求めず、申し込みも比較的簡単にできる点がメリットでもあります。

⑥利用目的が定められていない

三井住友カードのカードローンは、利用目的が決まっていない点が大きなメリットでもあります。

利用目的が決まっていないフリーローンは金利が高いケースも多いので、利用を躊躇してしまう方もいます。

その点三井住友カードのカードローンは低金利で目的を問わず借入できるので、他社に比べて利便性は非常に高いといえるでしょう。

⑦いつでも借入でき、手数料も無料

三井住友カードのカードローンは、以下の3つの方法で借入が可能です。

  • webでの借入
  • ATMでの借入
  • 電話での借入

webの場合、原則24時間土日・夜間いつでも借入でき、振込手数料も無料です。(年末年始・システムメンテナンス時は除く)

急いでいる方や、手数料を取られたくない方にとって、利便性の高いサービスだといえます。

三井住友カードのカードローンを利用するデメリット

三井住友カードのカードローンには、以下のようなデメリットがあります。

三井住友カードのカードローンを利用するデメリット
  • パート・アルバイトの人が利用できるか不明
  • ATMでの振込だと制限があり手数料もかかる

①パート・アルバイトの人が利用できるか不明

三井住友カードのカードローンの公式サイトには、パートやアルバイトの方が利用できるか明言されていません。

そのため信用情報次第では審査に通りにくく、お金を借りられない場合も考えられます。

審査基準については、このあと詳しく解説するので参考にしてください。

②ATMでの振込だと制限があり手数料もかかる

三井住友カードのカードローンは、ATMでの引き出しの際に以下の手数料が発生します。

キャッシングリボご利用金額 手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

イオン銀行カードローンのように、他社ではATMでの引き出しが無料である場合も多いのでその点はデメリットに感じる方もいるでしょう。

ATMの利用ができない口座振り込み専用タイプを選択すれば、その分金利も低くなるメリットもあります。

時間に余裕をもって手続きを進めておければ、そこまで不便に思わないはずです。

\利息が低くてお得/

三井住友カードのカードローンの審査は厳しい?

三井住友カードのカードローンの申し込み条件は、以下のように記載されています。

満20歳以上~69歳以下で安定収入のある方(学生は除く)

このように収入に関する条件があるので、アルバイトやパート、主婦の方だと審査に落ちてしまう可能性は否定できないでしょう。

ただし過去のローン借入やクレジットカードの返済に滞納がなく、信用情報に問題がない場合は利用できるかもしれません。

信用情報とは、過去にクレジットカードの支払いやローン返済の滞納などのトラブルが記録されているものです。正式な審査基準は公表されていませんが、ローン会社は信用情報をCICやJICCで必ず確認しています。

ここでの情報は本人も開示請求できるので、気になる方は申込前に調べてみてください。

(参照:CIC公式サイト
JICC公式サイト

三井住友カードのカードローンの審査に落ちる人の特徴

申込条件などを考慮すると、三井住友カードのカードローンに申し込んで審査落ちする人には以下のような特徴があげられます。

  • 収入が不安定
  • これまでの借入に問題がある
  • 他社と同時に申し込みをしている

①収入が安定していない

三井住友カードのカードローンは他社より融資可能額が大きく低金利で借入が可能なので、収入面はかなり影響すると考えられます。

正社員のように安定した給料が毎月ある方は問題ないですが、日雇いアルバイトで生活していたり職場を転々と変えていたりすると審査に通りにくくなってしまいます。

カードローンの申込み条件によくある、「収入が安定している方」には雇用状況が大事になってきますし、無職やフリーターは確実に審査落ちしてしまいます。

②これまでの借入に問題がある

前述したように他の消費者金融機関での借入と同様、これまでの借入で何かしらのトラブルがあった場合には審査に通りにくくなります。

返済を何度も滞納した、滞納している状態で音信不通になったというような事例です。

ローン会社は返済能力があるかどうかを一番の判断基準としているので、過去の信用情報に問題があれば借入は難しくなるでしょう。

③他社と同時に申し込みをしている

三井住友カードのカードローンの申し込みをしている同じタイミングで、他社のローンも同じように手続きをしている場合審査に取りにくくなります。

個人情報はすべて信用情報機関で確認されるので、複数の申し込みを同時に行っていることが発覚すれば「お金に困っている」と判断されるからです。

このような「申し込みブラック」の状態だと、どのローン会社からもお金を借りるのは難しいといえます。

すぐに借入をしたいと考えている場合も、ひとつの審査が終わるまで他の手続きは進めないようにしましょう。

三井住友カードのカードローンの申し込み方法と必要な書類

三井住友カードのカードローンで融資を受けたい場合は、以下の流れで申し込みをします。

三井住友カードのカードローン申し込みの流れ
  1. カードローンの入会申し込み
  2. 申し込み番号を確認
  3. オンライン口座振替設定
  4. 必要書類のアップロード
  5. カード審査結果
  6. 振込完了
  7. カード発送

①カードローンの入会申し込み

まずは三井住友カード カードローンの公式サイトに移動し、申し込み画面から、以下のような情報を入力します。

  • 個人情報の入力(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレスなど)
  • 勤め先(学校)・家族についての入力(職業、勤務先名(学校名)、電話番号、年収、家族情報など)
  • カードサービスに関する情報・希望を選択(カードブランド、支払い日、追加カード(家族カード等)、支払い口座など)

②申し込み番号を確認

審査状況を確認するために必要な申し込み番号が案内されるので、確認しておきます。

③オンライン口座振替設定

オンラインで口座の設定を完了させます。

設定できる金融機関は限られているので、申し込み前に確認しておきましょう。

≪対象金融機関≫

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・インターネット専業銀行・ゆうちょ銀行・地方銀行・信用金庫

インターネットで支払い口座を設定できない金融機関を選んだり、インターネット入会【らくらく発行】対象とならないカードを選んだ場合はここで申し込み完了です。

支払い口座届が自宅に届いたら、金融機関お届け印を捺印して本人確認書類のコピーと同封して返送します。

(参照:クレジットカードの三井住友VISAカード

④必要書類のアップロード

申し込みには、運転免許証(運転経歴証明書)や年収証明書類が必要です。

年収証明書類は50万円以上の借入を希望している場合、もしくは融資希望額と他社からの借入の合計が100万円を超える際に提出を求められます。

パソコンやスマートフォンでアップロードできますが、郵送での提出も可能です。

ただし郵送の場合即日融資は難しく、借入を受けられるまでには時間がかかります。

年収証明書類
  • 源泉徴収票
  • 給与の支払い明細
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 年金通知書
  • 所得証明書 など

(参照:年収証明書類の種類と内容

⑤カード審査結果

申し込み情報をもとに審査が実施され、利用可能額も決定します。審査により利用額が減額したりカードの発行が見送りになった場合は、即日融資は受けられません。

⑥振込完了・カード発送

審査が完了すると、ショートメッセージや書面にて連絡が入ります。

審査が完了して2営業日後にカードが発送され、その後追加の借入がある際に利用可能です。

三井住友カードのカードローンを最短5分で融資を受けるには

三井住友カード カードローンはVpassアプリに登録することで、最短5分で融資が可能です。

ただし審査の結果、利用枠の減額またはカード発行の見送りとなった場合は利用できません。

また、申し込み時には以下の条件をクリアしている必要があります。

  • オンライン口座振替設定が完了していること
  • キャッシング契約内容の確認および保存をしていること
  • 年収証明書類アップロードが完了していること

振込完了後にショートメッセージサービス(SMS)や書面にて連絡が入り、2営業日後にカードが発送されます。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

\利息が低くてお得/

まとめ

今回は三井住友カードのカードローンの基本情報や、利用するメリット・デメリットについて解説しました。

三井住友カードのカードローンは

  • 低金利
  • いつでも借入可能
  • webで手続きが完了する

などのメリットがある一方で、アルバイトやパートの人が利用できるか明確ではない点がデメリットだといえます。

審査が不安な方は、自分の信用情報を確認してみることをおすすめします。

関連記事