未分類
美容

楽天カードは審査に通る可能性が高い!学生・主婦でも申し込めて年会費無料・高還元率!

楽天カード

「楽天カードって、どんなメリットがあるの?」

「楽天カードを発行するにはどうしたらよい?」

楽天カードは、楽天株式会社の子会社である楽天カード株式会社から発行されているクレジットカードです。

この記事では、楽天カードの特徴やサービス内容、審査や評判など、楽天カードについて徹底解説していきます!

また楽天カードを申し込む際の注意点や、楽天カードの申し込み方法などもあわせて解説しますので参考にしてくださいね。

楽天カードの概要

楽天カード

まずは楽天カードの特徴を紹介していきます。

年会費 無料
還元率 1%
家族カード 付帯可能
ETCカード 年間550円(税込)
電子マネー 楽天Edy
入会条件 18歳以上(高校生以外)

楽天カードは年会費無料なのに、還元率が1%と他のクレジットカードに比べてかなりお得なクレジットカードです。

楽天カードは審査に通りやすい!初めてのクレジットカードにおすすめ

楽天カードの審査基準は、以下の通りです。

  • 18歳以上であること(高校生を除く)
  • 楽天会員であること

収入などの細かい基準は記載されていないため、初めてクレジットカードを作る人も比較的審査に通りやすいといわれています。

また楽天カードが審査に通りやすい理由として、他にも3つほど挙げられます。

審査に通りやすい理由
  • 信販系クレジットカードだから
  • 世帯収入や預貯金で返済能力を確認しているから
  • キャンペーンを行っているから

クレジットカードは発行会社によって以下のような5つの種類に分けられており、それぞれ審査基準が異なります。

クレジットカードの種類
  1. 消費者金融系
  2. 流通系
  3. 信販系
  4. 交通系
  5. 銀行系

楽天カードは信販系クレジットカードのひとつです。

信販会社が発行しているこのカードは、長年カード事業を手掛けていることから信頼性が高いのが特徴です。

銀行系や交通系のカードと比べると審査基準が甘いため、初めてクレジットカードを申し込む人でも比較的通りやすいといわれています。

また世帯収入の預貯金で返済能力を確認しているので、配偶者や家族など収入のある同居人がいる場合はさらに審査に通りやすくなります。

さらに楽天カードは、新規入会者に対してお得な特典をつけるキャンペーンを行っています。

このようなキャンペーンを行っているカードは、カード会社が会員拡大を狙っているので審査に通りやすくなっているのが特徴です。

楽天カードのキャンペーンについては後半でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

審審落ちする人の4つの特徴

前述したように楽天カードは比較的審査に通りやすいといわれていますが、場合によってはカードが発行できないこともあります。

審査に落ちる人には、以下のような特徴があります。

審査落ちする人の特徴
  1. 収入が不安定で一人暮らし
  2. ブラックリストに載っている
  3. 申し込みブラックになっている
  4. 借入が多い

それではひとつずつ解説します。

①収入が不安定で一人暮らし

職についていない、もしくは収入が安定していないと楽天カードを発行できない場合があります。

専業主婦や学生のように生計を共にしている家族がいると審査に通りやすいですが、収入が不安定で他に支払ってくれる人がいない一人暮らしの場合は少し難しいでしょう。

カード会社も利用者に滞納されるリスクを少しでも減らしたいと思っているからです。

楽天カードを発行したい人は、収入が安定してから申し込んだ方が確実だといえます。

②ブラックリストに載っている

楽天カードの審査には、信用情報機関に登録されている個人情報が判断材料として使用されます。

そのため信用情報機関に事故情報が登録されている、つまりブラックリストに載っている状態では審査にかなり通りづらくなります。

ブラックリストに載ってしまう理由としては、以下のようなことが挙げられます。

ブラックリストに載る理由
  • 長期延滞した(2.3ヶ月以上)
  • 債務整理をした(自己破産・個人再生・特定調停・任意整理など)
  • 保証会社による代位弁済が行われた
  • クレジットカードを強制解約された

心当たりがある方はCIC(個人信用情報機関)に情報開示をして、確認しましょう。

ブラックリストに載っているけどカードを発行したいという人は、ブラックリストに載ってから5年以上経過するのを待ちましょう。

5年をすぎると情報が消去され、審査に通りやすくなっていることもあります。

ただし自己破産による場合は、10年間は情報が残るのでさらに時間を空けましょう。

また時間が経過していても、何度も繰り返している人はさらに審査に通りにくくなります。

③申し込みブラックになっている

申し込みブラックになっていると、カードの審査が通りにくくなってしまいます。

申し込みブラックとは、同時に複数のクレジットカードやローンに申し込んでいる状態のことです。

複数のクレジットカードやローンの審査に通ってしまうと、法律で定められている制限を超えて利用してしまう可能性があります。

この状態だとカードの審査に通らない場合があるので、注意が必要です。

④借入が多い

他のクレジットカードのキャッシングやリボ払い残高が大きいと、支払い能力がないとみなされて審査に通りづらくなります。

楽天カードを申し込む場合は、借入を返済してから申し込んだ方が確実です。

楽天カードは還元率が素晴らしい!ポイントの貯めやすさに定評

楽天カードにはさまざまなサービスや特典がありますが、その中でも1番のメリットはポイント還元率が高いことです。

楽天カードを利用すると100円で1ポイントもらえますが、楽天市場で利用するとその還元率は最大15.5倍にアップします。

これが、SPU(スーパーポイントアッププログラム)というサービスです。

条件を満たすほど楽天市場でのお買い物がお得になるので、主婦の間でもかなり認知されているプログラムですよ。

SPUの条件は以下のとおりです。

楽天市場でのポイントアップ条件
  • 楽天カードを利用すると+0.5倍
  • 楽天モバイルキャリア決済で+0.5倍
  • 楽天ひかり契約で+1倍
  • 楽天プレミアムカードで支払うと+2倍
  • 楽天銀行を開設して引き落としに設定すると+1倍
  • 楽天保険に入り、楽天カードで支払うと+1倍
  • 楽天証券を楽天ポイントを使って利用すると+1倍
  • 楽天トラベル利用で+1倍
  • 楽天アプリ利用で+0.5倍
  • 楽天ブックス利用で+0.5倍
  • 楽天Kobo利用で+0.5倍
  • 楽天Pasha利用で+0.5倍
  • Rakuten Fashionアプリ利用で+0.5倍
  • 楽天ビューティ利用で+1倍

また期間限定のキャンペーンと併せると、以下のようにさらにお得になります。

  • 楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日は最大+3倍
  • お買い物マラソン、楽天スーパーSALEで最大+28倍
  • 毎月1日のワンダフルデーは+2倍

これらをうまく利用すれば、最大43.5倍のポイントが還元されることになります。

楽天カードで貯まったポイントは1ポイント1円として

  • 楽天ポイントが貯まるお店
  • 楽天市場
  • 楽天証券
  • 楽天pay
  • 楽天Edy

などで利用できます。

楽天payや楽天Edyはコンビニや飲食店、ドラックストアなどさまざまなお店で利用できるので、楽天ポイントの汎用性はかなり高いといえます。

このように他の楽天サービスと併用することでさらにお得に利用できるのは、楽天カード最大の魅力だといえるでしょう。

要注意!楽天ゴールドカードは改悪してお得じゃなくなった…!

楽天サービスをよく利用するならゴールドカードの方がお得だ!と聞いたことはありませんか?

確かに以前まではお得だったのですが、ゴールドカードの特典はつい最近改悪してしまいました。

ここでは楽天ゴールドカードの内容がどのように変化したのか、解説していきます。

楽天ゴールドカードは年会費2,000円で利用できるクレジットカードです。

以前までは、年会費無料の楽天カードに比べてポイント還元率がその2倍でした。

楽天市場を月1万円以上利用するのであればゴールドカードを利用する方がお得だったので、切り替える人も多かったようです。

ところが2021年4月以降、楽天ゴールドカードのポイント還元率は通常の楽天カードと同様になってしまったのです。

現在の楽天ゴールドカードの特典は、以下の通りです。

楽天ゴールドカードの現在の特典

変更点:
誕生日月は楽天市場、楽天ブックス利用でポイント+1倍

変更前と変わらない特典:
国内空港ラウンジが年間2回無料
ETCカードの年会費が通常550円であるところ無料
トラベルデスクが無料で利用できる
利用可能額が最高200万円

ポイント+2倍の特典がなくなった代わりに、誕生月にポイント還元率がアップするという特典が付いたようですが、以前に比べるとあまりお得だとはいえません

楽天ゴールドカードを利用している人で上記の特典が必要なければ、年会費無料の楽天カードへ切り替えるべきだといえます。

また楽天プレミアムカードへ変更するのもひとつの方法です。

楽天プレミアムカードの特典は、以下のとおりです。

楽天プレミアムカード
  • 年会費(1人)11,000円
  • 家族会員を申し込む場合は1人550円
  • 楽天市場での買い物が通常の+2倍
  • 誕生日月はポイント+1倍
  • 国内・海外の空港ラウンジを無料で利用可能
  • ETC年会費無料

以前のゴールドカードとポイント還元率と同じで、その他も似たような特典が付いています。

年会費がやや高いですが、年間55万円以上の買い物を楽天市場でするのであれば楽天プレミアムカードに変更することも検討してよいかもしれません。

楽天カードの入会キャンペーン【5,000ポイントプレゼント】

楽天カードは利用時だけでなく、入会時にもお得なキャンペーンを開催していますので、ここでご紹介します。

気になる方はチェックしてみてください。

新規入会と利用で全員に5,000ポイントプレゼント

ポイントの内訳は以下の通りです。

  • 入会特典(2,000ポイント)
    楽天カード会員専用オンラインサービス楽天e-NAVIで受け取り可能
  • カード利用特典(3,000ポイント)
    期間限定ポイントとして進呈
    対象期間にショッピング1回以上、口座振替が期限までに設定されているかなどの条件あり

カードを発行して一度利用するだけで、5,000円分もポイントがもらえます。

とてもお得なキャンペーンなので、一度チェックしてみてくださいね!

楽天カードの申し込み方法

楽天カードの申し込み方法は、以下の通りです。

①楽天カードを申し込む

まずは楽天カードに申し込みましょう。

以下のリンクから申し込むことができます。

楽天カード申し込み

18歳未満、高校生、海外在住の人は申し込むことができないので、注意してください。

また、未成年は親権者の同意が必要となります。

②引き落とし口座を設定する

引き落とし口座を設定しましょう。

カード申し込み時にインターネットで設定することも、郵送で手続きすることもできます。

口座登録が完了する前に楽天カードを利用した場合は、コンビニもしくは銀行払いとなります。

③入会審査後、カードを受け取る

申し込みから1週間から10日前後で審査が完了し、楽天カードが自宅に届きます。

受け取り時には本人確認書類が必要となりますので、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

カード受け取りまでの期間は、審査状況や配送地域によっても異なります。

発行状況や配送状況は楽天のホームページでも確認できるので、不安に思う方は調べてみてください。

まとめ

今回は、楽天カードの特徴や申し込み方法をご紹介しました。

楽天カードは年会費無料なのにポイントが貯まりやすく、お得に利用できるクレジットカードです。

また他の楽天サービスと併用することによって、さらにポイント還元率をあげることができます。

比較的誰でも審査に通りやすいクレジットカードなので、利用してみてはいかがでしょうか?