未分類
美容
転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

スターバックスのチャージでお得になるおすすめクレジットカード5選!高還元率で使わないと損!

スターバックスをよく利用する方の多くは、スタバでお得になるクレジットカードはないかと考えたことはないでしょうか。

そこで、スターバックスのプリペイドカードへチャージする際に、クレジットカードを使うことでポイントの還元率が上がり、お得なポイント優待が受けられるクレジットカードをご紹介します。

今まで直接クレジットカードで支払っていた方も、あえて「スターバックスカードへクレジットカードからチャージ」することで確かなメリットがあります。

具体的にどのようなメリットがあるのか、そして実際におすすめできるクレジットカードの種類についても解説していきます。

クレジットカード JCB CARD W 三井住友カード(NL) ANA AMEX
ポイント還元率 1.0%~5.5% 0.5%〜7%※ 1.0%
ANAグループの利用 1.5%
おすすめポイント 18歳~39歳限定で入会可能
ポイント還元率いつでも2倍
最短10秒でカード番号発行可能
※即時発行ができない場合があります
ポイントとマイルが貯まる
(ANAカードマイルプラス加盟店)

※対象のコンビニ・飲食店でのスマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスでポイント最大7%還元
※最大7%内訳(通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%) ※商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

スターバックスカードにクレカチャージをするメリット

starbuks

スターバックスをよく利用するなら現金やカード払いではなく、「スターバックスカード」で決済すると良い、といえる確かな理由があるんです。

まずはその理由を説明していきます。

スタバカードにクレカでチャージするメリット

  • クレジットカードの種類によってボーナスポイントが付与される
  • オートチャージを設定できる
  • モバイルオーダーはスターバックスカード決済のみ対応

スターバックスはそもそもクレジットカード払いが可能です。しかし、あえてスターバックスカードにクレジットカードでチャージすることで、お得になります!

ボーナスポイントが付与される

クレジットカードの中には、スターバックスカードのチャージに利用することで還元率が上がるものが存在します。普段のショッピングで適用される、いわゆる「通常還元率」から数%も上がることも珍しくありません。

もっともお得にチャージができるクレジットカードについてはまた後ほど解説しますが、通常還元率が「1.0%」と非常に標準的なのに、スターバックスカードのチャージ時は還元率が「5.5%」まで上がるものが存在します。

誰でもクレジットカードを選ぶ際はポイント還元率を気にしますが、スターバックスをよく利用する方は「クレジットカードでのチャージ時に適用される還元率」にも注目して、クレジットカードを選ぶのもおすすめです。

オートチャージを設定できる

クレジットカードをスターバックスカードのチャージ方法として登録すると、特定の残高を下回ったときに一定額を自動的にチャージしてくれる「オートチャージ」を設定できます!

オートチャージできる金額は2,000円〜10,000円となっており、

  • 残高が1,000円を下回った
  • 残高が3,000円を下回った
  • 残高が5,000円を下回った

上記いずれかの条件を満たす場合にオートチャージが行われます。

金額の設定はスターバックスアプリまたは「My Starbucks」上で行うことが可能です。

モバイルオーダーに対応

詳細はのちほど解説しますが、店舗のレジに並ばなくても注文できるモバイルオーダーの決済方法として対応しているのが、現在はスターバックスカードのみとなっています!

そのため必然的にモバイルオーダーを利用したい方はスターバックスカードを利用することになり、必然的にクレジットカードチャージがもっとも便利な方法となるのです。

スタバカードで店頭支払いする方法

スターバックスカードは、もちろん店頭支払時に利用することも可能です。

その際はカードに残高がある状態でアプリまたは「My Starbucks」から「QRコード」を提示するか、おサイフケータイに対応したスマートフォンなら「モバイルスターバックスカード」で決済することも可能です。

モバイルスターバックスカードはアカウントを作成後、新たに利用手続きを行うことで初めて使えるようになります。

アプリをインストールしただけでは使えないので注意してくださいね。

スタバチャージでポイント20倍!
“ おすすめポイント ”
スタバの利用でポイント20倍!
Amazon利用で20%キャッシュバック
最短5分で即日発行できる!
年会費
永年無料
国際ブランド
還元率
1.0%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード スマートフォンプロテクション 海外旅行保険
キャンペーン情報

・Amazonの利用で20%キャッシュバック!
・通常のJCBカードよりポイント有効期限が1年長い
スターバックスの利用でポイント20倍!

公式サイトで詳細を見る

スタバのチャージでお得になるおすすめクレジットカード5選

クレジットカード JCBカードWJCB CARD W JCB GOLD EXTAGEJCB GOLD EXTAGE jcb 一般カードJCB一般カード 三井住友カード三井住友カード(NL) エポスカードエポスカード
年会費 無料  3,300円 1,375円(初年度無料)  無料  無料
ポイント種類 Oki Dokiポイント Oki Dokiポイント Oki Dokiポイント Vポイント エポスポイント
スターバックスカードチャージ時の優待 ポイントが最大10倍
→今なら20倍貯まる!
ポイントが最大10倍 ポイントが最大10倍 1.0% 1.0%
通常ポイント還元率 1.0% 1.0%
(入会後3ヶ月は3倍)
1.0% 0.5% 0.5%

これからスターバックスカードのチャージにおすすめできるクレジットカード5種類のカードについて、それぞれどのようなメリットがあるのかも含めて詳しく解説していきますね!

①「JCB CARD W」はポイント20倍

jcb

最初に紹介するのは株式会社ジェーシービーが発行する「JCB CARD W」です。新規加入者が39歳以下に限定されている当カードのメリットは下記の通りです!

年会費 無料
貯まるポイント Oki Dokiポイント
通常還元率 1.0%
スターバックスカードチャージ時の優待 ポイントが最大10倍
→今なら20倍貯まる!
  • ポイントが最大10倍付与!
  • 貯めたポイントでお得にチャージもできる

このカードはスターバックスカードへチャージするとポイントが10倍になるうえ、貯めたポイントを「1ポイントあたり4円分」でスターバックスカードにチャージできるという利点があります。スターバックス以外にも「Amazon.co.jp」や「セブンイレブン」などが優待店として登録されています。

「JCB CARD W」は年会費が永年無料であるため余計なコストもかかりませんし、海外旅行時の金銭・物品トラブルを補償してくれる海外旅行傷害保険も付帯されているので、おすすめですよ。

公式サイトでJCBカードWの詳細を見る→

「JCB CARD W」の申し込みは「モバ即」が便利

「JCB CARD W」に申し込みをする際は、最短5分でカード番号が発行される「モバ即(モバイル即時入会)」を利用しましょう。

「モバ即」なら、インターネットの「モバ即で申し込む」から画面の指示に従って入力するだけ。最短5分でカード番号が発行され、店頭でもネットでもすぐに利用可能です。

もちろん、スターバックスカードへもすぐにチャージできます。

他にも対象となる店舗がありますので、お買い物の際にぜひ一対象店舗になっているかどうか確認してみてください!

\チャージでポイント10倍!/

②「三井住友カード(NL)」は最短10秒で即日発行OK

※即時発行ができない場合があります

次に紹介するのは三井住友カード株式会社が発行する「三井住友カード(NL)」です。こちらは年会費が永年無料のスタンダードタイプです。

年会費 永年無料
貯まるポイント Vポイント
通常還元率 0.5%
スターバックスカードチャージ時の優待 1%にアップ
  • 最短10秒でバーチャルカードが発行されすぐに使える
  • スターバックスを含めた3店舗の還元率を上げられる
    ※即時発行ができない場合があります

現在主流になりつつあるナンバーレス(NL)カードである三井住友カード(NL)は、最短10秒でデジタルカードが発行されるクレジットカード※即時発行ができない場合がありますであり、VISAおよびMastercardのタッチ決済や、「Apple Pay」および「Google Pay」の両方に対応しているキャッシュレス向きのカードです。

三井住友カード(NL)は通常還元率が0.5%と年会費無料のクレジットカードとしては一般的であり、スターバックス特有の優待があるわけではありませんが、スターバックスを「よく利用する店舗」として登録しておくと、スターバックスカードへのオンラインチャージの際に還元率が「1%」に上がります

スターバックス以外にも「他のクレジットカードでは高還元率になりにくい店舗」でポイント還元率を上げたい方におすすめです。

溜まったVポイントをスタバカードに移行できる

VポイントはSMBCグループ共通のポイントです。

三井住友カード(NL)を使って買い物をしたり、三井住友銀行を利用したりすることで貯まります。貯まったVポイントは景品に交換や銀行の振込手数料の割引の他、スタバカードのチャージへ使用可能です。

Vポイント500ポイント分で、スタバカード400円分に相当します。

ポイントの移行は、Vpassから申請可能。VpassはPCやスマホアプリから利用明細やポイントの確認ができるシステムで、申請から2日後にスタバカードを受け取れます。

\Vポイントをスタバカードに交換できる!/

③ステータス重視なら「JCB GOLD EXTAGE」

JCBゴールド

次に紹介するのは20代限定で発行できる株式会社ジェーシービーが発行する「JCB GOLD EXTAGE」です。

年会費 3,300円
貯まるポイント Oki Dokiポイント
通常還元率 1.0%
(入会後3ヶ月は3倍)
スターバックスカードチャージ時の優待 ポイントが最大10倍

このカードを使うメリットとしては、

  • チャージでポイント10倍
  • 国内・海外旅行でさらにポイントが貯まりやすい

以上の点が挙げられます。

JCBが発行するクレジットカードであるため、スターバックスカードへのチャージ時にポイントが10倍になるのは「JCB CARD W」と同じですが、こちらは入会後3ヶ月間のみポイント付与率が3倍になります

また、より高ランクのゴールドカードとしての機能・特典もあります。

たとえば「JCB GOLD EXTAGE」には海外だけでなく国内旅行傷害保険も付帯されています。最高5,000万円まで補償してくれるため、スターバックスだけでなく国内旅行によく行く方、出張の多い方はより安心できます。

このカード特有の特徴として、会員になれるのが「20代限定」という点があります。年会費は「3,300円」と高くないため、クレジットカードを持つのが初めての方、今後ゴールドカードにグレードアップして使いたい方には特におすすめできます。

\20代限定だからお得!/

④年間50万円以上利用するなら「JCB一般カード」

jcb 一般カード

3つ目に紹介するのは、株式会社ジェーシービーが発行するスタンダードなカード「JCB一般カード」です。

年会費  1,375円(初年度無料)
貯まるポイント Oki Dokiポイント
通常還元率 0.5%
スターバックスカードチャージ時の優待 ポイントが最大10倍

このカードのメリットとしては、

  • スターバックスカードのオンライン入金でポイント10倍
  • 年間50万円以上利用で翌年度の年会費無料

以上の点が挙げられます。

JCB一般カードはスターバックスカードへのオンライン入金かオートチャージを利用することでポイント還元率が10倍になります。

さらに、セブンイレブンで利用した際にもポイント還元率が3倍になるので、コンビニをよく利用するという方にもおすすめです。

また、WEBからの入会で初年度の年会費が無料となり、年間50万円以上で翌年度以降の年会費も無料となります。

年間100万円以上利用すると翌年度のポイント還元率が+50%となるので、日常の支払いは基本的にクレジットカードで済ますという方であればさらに還元率をアップさせることが可能です。

\スタバチャージで還元率10倍!/

⑤旅行保険が充実の「エポスカード」

エポスカード

最後に紹介するのは株式会社エポスカードが発行する「エポスカード」です。マルイグループの店舗で買い物する方にとってはおなじみのクレジットカードです。

年会費 0円
貯まるポイント エポスポイント
通常還元率 0.5%
スターバックスカードチャージ時の優待 1%にアップ

このカードを持つメリットとしては、

  • スターバックスカードへのチャージでポイントアップ
  • ギフトカードの購入でもポイントボーナスあり

エポスカードはマルイグループだけでなく、スターバックスカードへのオンラインチャージおよびオートチャージ設定によって、還元率が1ポイント(200円で2ポイント)に上がります

さらにエポスカードでスターバックスカードを「スターバックスビジネスギフトセンター」から25枚以上購入すると、ポイント還元率が5倍になります! ビジネス用のギフトとしてスターバックスをよく利用する方にとっては嬉しいメリットです。

ほかにおすすめできる理由として、海外旅行傷害保険が自動で付帯されているだけでなく、海外旅行時にカードの利用可能枠を一時的に「2倍」または「プラス100万円」できることも挙げられます。

年会費が無料でありながらも旅行時の補償が充実しているものを選びたい方におすすめできます。

\海外旅行保険が充実!/

Starbucks Rewardsの仕組み

starbuks rewards

スターバックスの利用で賢くポイントを貯めるためには、「Starbucks Rewards(スターバックスリワード)」をよく理解しておく方が良いでしょう。

そこで次は「Starbucks Rewards」の仕組みについて、

  • ポイントを貯めればドリンクが無料!
  • モバイルオーダーで待ち時間を削減

以上のメリットを含めながら詳しく解説していきます。

ポイントを貯めればドリンクが無料!

スタバ

「Starbucks Rewards」とは、スターバックス独自のポイントプログラムですこのポイントプログラムは、スターバックス実店舗だけでなくオンラインストアやその他スターバックスが提供する商品やサービスの購入も対象となります。

「Starbucks Rewards」において、いわゆる「ポイント」のことを「スター(Star)」と呼びます。

スターは「税込55円につき1Star」の還元率となり、貯めたスターは150スターにつき1つの「リワードチケット(Reward eTicket)」と交換できます。

リワードチケットはスマホアプリ上で発行が可能であり、主にスターバックス店舗でのドリンク・フードやコーヒー豆の購入などに充てることができます。リワードチケット1枚あたり、上限770円(持ち帰りなら750円)のものまで無料で交換が可能です。

ちなみにリワードチケットへ交換できるスターにも「Green Star」と「Gold Star」の2種類があります。リワードプログラムの入会当初は誰もが「Green Star」ですが、会員資格の更新日までに「250スター」を集めることで「Gold Star」にランクアップします。

ちなみに「Gold Star」には1年という有効期限がある点には注意が必要です。「Green Star」は1年でリセットされますし、ゴールド会員が次年度もゴールドでいるためには年間で「250Star」を集め続ける必要があります。

モバイルオーダーで待ち時間を削減

スターバックスカード会員は「モバイルオーダー」という、あらかじめアプリ上で注目しておくことで、店頭のレジに並んで注文しなくてもすぐに商品が受け取れるサービスが利用可能です。

このサービスは、特にレジが混雑しやすい時間帯にスターバックスを利用する方にとっては便利な機能となっています。

あらかじめスターバックスカードにクレジットカードでチャージしておくだけで、会計処理もアプリ上ですぐに行われるからです。

Mobile Order and Payの使い方

  • STEP.1
    オーダータブから注文

    スターバックスアプリを開いて「Order」タブを選択

  • STEP.2
    注文内容の決定

    「受け取る店舗」「テイクアウトまたは店頭で食べる」「注文したい商品」の3項目を指定

  • STEP.3
    受け取りカウンターへ行く

    スターバックス店舗におけるモバイルオーダー受取カウンターへ行く

  • STEP.4
    商品を受け取る

    「受け取り番号」と「ニックネーム」を提示し、注文商品を受け取る

以上の手順で、並ぶ必要なしに商品をすぐに受け取れます。アプリでなくウェブサービス上でも同様の手順でモバイルオーダーが利用可能です。

スターバックスでの支払いに関するQ&A

実際にスターバックスカードを用いてスターバックスを利用したことがまだないという方は、何らかの疑問や不安を持っているかもしれません。

そこで最後に、スターバックスでの支払いに関する疑問を解決していきます!

スターバックスカードとは?

スターバックスカードとはスターバックスアプリまたはウェブ上の「My Starbucks」から作成できる、スターバックス決済専用のデジタルカードです!

このデジタルカードはいわゆる「プリペイドカード」であり、決済する前にチャージする必要がありますが、オンラインでできるチャージ方法として、

  • クレジットカードからチャージ
  • キャリア決済でチャージ

以上2つの方法があります。

クレジットカードでスターバックスカードにチャージする場合は、有効なクレジットカードをアプリまたは「My Starbucks」から登録してください。

スターバックスカードを購入するには?

スターバックスカードを購入するには、店頭のレジにて「スターバックスカーを購入したい」と伝えます。カードのデザインがいくつかありますので、その中から好きなデザインを選びます。

カードを発行する際には、最初に1,000円以上のチャージが必要です。1,000円以上であれば、一円単位でチャージできます。

一番おすすめのクレジットカードは?

スターバックスを利用する際にもっともおすすめする支払い方法は、還元率の高いクレジットカードでスターバックスカードにチャージしてから支払うことです。

結論から言うと、スターバックスをよく利用する方に最もおすすめのクレジットカードは、「JCBカードW」。

さらに、カードのステータスを気にする方は「JCB GOLD」がおすすめです。

スタバチャージでポイント20倍!
“ おすすめポイント ”
スタバの利用でポイント20倍!
Amazon利用で20%キャッシュバック
最短5分で即日発行できる!
年会費
永年無料
国際ブランド
還元率
1.0%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード スマートフォンプロテクション 海外旅行保険
キャンペーン情報

・Amazonの利用で20%キャッシュバック!
・通常のJCBカードよりポイント有効期限が1年長い
スターバックスの利用でポイント20倍!

公式サイトで詳細を見る

スターバックスで使える支払い方法は?

決済方法 サービス名(規格)
独自決済 スターバックスカード(QRコード決済)
モバイルスターバックスカード
クレジットカード払い VISA
Mastercard
JCB
AMEX
Diners
電子マネー Suica
PASMO
Kitaca
など
スマホ(QRコード)決済 LINE Pay
PayPay
楽天ペイ
d払い
au PAY

スターバックスでは現金払い以外の主要な電子マネー、コード決済のキャッシュレス規格に対応しています。

このようにスターバックスカードを経由しなくても、クレジットカードで直接支払ったり、各種電子マネーやQRコード決済アプリを用いて決済可能です。

しかしもっともおすすめできるのがスターバックスカードでの支払いである点には変わりありません。

定期的にスターバックスを利用する方こそ、スターバックスカードを作りクレジットカードからチャージできるように設定することをおすすめします!

国際ブランドは何が使える?

スターバックスは主要5社(VISA・Mastercard・JCB・AMEX・Diners)ブランドのクレジットカードに対応しているため、どのようなクレジットカードおよびデビットカードを持参しても、ほぼすべてのカードで決済が可能です。

ただし現在スターバックスでは「VISAタッチ」や「Mastercardコンタクトレス」決済には対応していない店が多いため、利便性を向上するという意味でも、スターバックスカードに紐付けて使うことをおすすめします。

 

まとめ

スターバックスカードをよく利用する方こそ、チャージに利用するクレジットカード選びは重要です。スターを効率よく貯めることだけでなく、決済額に応じて付与されるクレジットカードごとのポイントも変わってくるからです。

今まではなんとなく「昔から持っていたクレジットカード」をスターバックスで使っていたという方は、この機会に「スターバックスカードのチャージ」でお得に利用できるクレジットカードを新しく申し込んでみてはいかがでしょうか!

スタバチャージでポイント20倍!
“ おすすめポイント ”
スタバの利用でポイント20倍!
Amazon利用で20%キャッシュバック
最短5分で即日発行できる!
年会費
永年無料
国際ブランド
還元率
1.0%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード スマートフォンプロテクション 海外旅行保険
キャンペーン情報

・Amazonの利用で20%キャッシュバック!
・通常のJCBカードよりポイント有効期限が1年長い
スターバックスの利用でポイント20倍!

公式サイトで詳細を見る

おすすめの記事