転職・スクール
本サイトではプロモーションを掲載しています。

消費者金融「セントラル」の口コミはやばい?審査基準やメリット・デメリットを紹介

セントラルは愛媛県松山に本社を構える消費者金融で、Webから即日で融資を受けることができます。

しかし、大手消費者金融と比較すると、セントラルの情報がよくわからない方もいるでしょう。

そこで、セントラルの基本情報や口コミ、メリット、デメリットなどを紹介します。

申込から融資までの流れや、万が一セントラルの審査に落ちた場合に備えてほかのおすすめの消費者金融もあわせて紹介します。

目次

消費者金融「セントラル」の基本情報

即日融資可能なセントラル

消費者金融「セントラル」の基本情報を次の表にまとめています。

商品名 カードローン
申込条件 20歳以上で定期的な収入があり、返済能力があると認められる方(セントラルの基準を満たす方)
融資金額 1万円から300万円まで
貸付利率(実質年率) 1万円から100万円未満:4.80%から18.00%
100万円から300万円まで:4.80%から15.00%
遅延損害金(年) 20.00%
返済回数・返済期間 1万円から30万円まで:最終借入日から最長3年0ヶ月、1回から32回まで
30万円超から300万円まで:最終借入日から最長4年0ヶ月、1回から47回まで
返済金額 4,000円〜
カードの発行 あり
借入および返済方法 ATM
口座振込
担保・連帯保証人 不要

セントラルは、20歳以上で定期的な収入があり、返済能力があると認められれば最大で300万円まで借り入れられます

自営業・パート・アルバイトの方も申込可能です。

また、返済金額が最低4,000円からと低めである点や、担保や連帯保証人が不要である点も利用者にとって利便性が高いと言えます。

さらに、最短即日で借り入れられるため、急な出費にも対応可能です。

セントラルの評判は?利用者の口コミをを紹介

セントラルを利用している方の口コミを紹介します。

良い評判や口コミだけではなく、良くない評判や口コミも紹介するため、セントラルがどのような消費者金融なのかよくわかるでしょう。

セントラルの良い評判・口コミ

大手に落ちたので、ネットの口コミなどを見ながらセントラルを選びました。選んだポイントは、実績です。やっぱり、闇金なんかの噂を聞いていたので、大手でない消費者金融に申し込むのは少し怖いと思っていました。でも、セントラルは40年もやっている会社なので安心して使えています。実際、私への対応もものすごく丁寧で気分がいいです。

(30代男性)

大手の審査に落ちて、16時近くでしたが、家の近くにセントラルの無人契約機があったことを思いだして、セントラルに申し込みを行いました。すごくスピーディに審査を終わらせてくれ、18時までに借りることができました。すごく助かりました。

(50代男性)

セントラルは創業して以来、半世紀ほどの歴史があり、健全に営業してきた証です。

そのため、創業から歴史があるため安心して借り入れられるという口コミが見られました。

対応も丁寧で非常に評価が高いようです。

また、実際に即日で融資を受けられたという口コミも複数見られました。

即日での融資もセントラルの特徴であり、自動契約機があることから中小の消費者金融のなかでも借りやすい消費者金融といえるでしょう。

ほかにも、大手には落ちたけどセントラルの審査は通ったという口コミもありました。

セントラルが優良な消費者金融であることが伺えます。

セントラルの良くない評判・口コミ

以前、大手のキャッシングに申し込んだ時に、会社にばれたくないので、在籍確認をしないでほしいと伝えたことがあります。その際オペレーターの方が親身になってくださり、保険証のコピーなどで会社への在籍を証明させてもらえました。しかしながら、セントラルは同様の依頼をしても許可してもらえませんでした。

(30代男性)

大手消費者金融と比べて条件が悪くないので借りましたが、ATMでの返済が有料だと後で気づきました(;・∀・)

(20代男性)

良い口コミが多かったセントラルですが、一部良くない口コミもありました。

セントラルは保険証や社員証の確認のみでは在籍確認ができず、会社への在籍確認が必須ですので、会社にバレたくない方にはマイナスです。

また、振込やコンビニATMで返済する際に手数料がかかることに不満を感じる方もいるようです。

大手消費者金融は無料のところもあるため、返済手数料はかかることはネガティブな要素です。

良い口コミが多いセントラルにも、一部気になる点があることは覚えておくとよいでしょう。

セントラルを利用するメリット

セントラルを利用するメリットは、大きく6つあります。

  • 24時間365日申込できる
  • 土日でも即日融資可能
  • 最大30日間の無利息期間がある
  • 大手消費者金融にはない独自審査を行っている
  • カードレス契約も選べる
  • 女性専用ローン「マイレディス」も用意

それぞれ詳細を確認していきます。

24時間365日申込できる

セントラルは、インターネットからであれば24時間365日申込できます。

セントラルの店舗に行くことなく、すべての手続きをインターネット上で行えるため非常に便利です。

たとえば、自宅や移動中など時間や場所を問わず申し込みできます。

自分の都合に合わせていつでもどこでも申し込めるのは、魅力的です。

また、セントラルでは公式サイトで「お借入れ3問診断」を提供しています。

診断では、下記の3項目に回答します。

  • 年齢
  • 年収(賞与を含んだ金額)
  • 現在の他社借入金額(クレジットカードでのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除く)

審査に通過できるか不安な場合は、あらかじめ診断しておくとよいでしょう。

土日でも即日融資可能

セントラルは、自動契約機を利用すれば土日でも即日融資可能です。

営業時間内の8時から21時であれば、土日に申し込んでもその日にカードを受け取れてATMから借り入れできます

たとえば、平日は忙しくどうしても土日しか申し込みできない場合でも融資を受けられます。

ただし、土日は振込を行なっておらず、土日に申し込んだ場合は月曜日に振り込まれます。

そのため、急いでいるときは自動契約機で申し込みをした方がよいでしょう。

最大30日間の無利息期間がある

最大30日間の無利息期間があることは、セントラルの大きなメリットです。

初めて契約する方であれば、「最大30日間金利0円」というサービスを提供しています。

30日以内の借り入れであれば利息がかからず、お得に利用可能です。

しかし、無利息の期間は契約日の翌日から適用されるため、契約した日の5日後から利用を始めると無利息期間は25日に減ります。

よりお得に利用したいのであれば、借り入れのタイミングを検討してください。

大手消費者金融にはない独自審査を行っている

大手消費者金融とは異なる独自の審査を行っていることもセントラルの魅力です。

たとえば、自己破産したことがあったり、個人情報に問題があったりすると大手消費者金融であれば自動的に審査に落ちることがあります。

一方セントラルは、申し込み時点での利用者の状態を重視して審査するため、自己破産をした方でも安定した収入がある場合は、審査に通過できる可能性があります

実際、大手消費者金融は落ちたけど、セントラルの審査は通過したとの口コミもありました。

大手消費者金融並みのサービスに加え、大手よりも柔軟な審査を受けられるのは非常に魅力的です。

カードレス契約も選べる

セントラルでは、カードを持たないカードレス契約も選べます。

カードを管理する手間や紛失する可能性がなくなります。

たとえば、借り入れたいのにカードを忘れてしまったなんてことも避けられるため安心です。

また、振り込み手数料はセントラルが負担してくれるため手数料を気にすることなく利用できます。

女性専用ローン「マイレディス」も用意

セントラルには、女性専用ローンである「マイレディス」があります。

貸付条件は通常のカードローンと同様ですが、女性専用のダイヤルがあり、必ず女性スタッフが対応してくれます。

電話番号と営業時間は、次の表のとおりです。

女性専用ダイヤル 営業時間
0570-008-003 8時から21時

男性スタッフだと怖いと感じる方も安心して申し込みを行えます。

セントラルを利用する際の注意点・デメリット

セントラルを利用する際の注意点やデメリットは、次のとおりです。

  • 原則として電話による在籍確認が行われる
  • 融資限度額が300万円と少ない
  • 自社ATMの設置数が少ない
  • 口座引き落としでの返済に対応していない

メリットばかりに目を向けていると、想像とは異なると後悔する可能性があります。

後悔したくない方は、事前に注意点やデメリットにも目を通しましょう。

原則として電話による在籍確認が行われる

セントラルは、原則電話による在籍確認を行います。

在籍確認は、申込時に記載した会社に本当に在籍しているのかを確認する作業です。

職場の上司や同僚に利用が発覚する可能性があり、内緒にしておきたい方からすると大きなデメリットです。

大手消費者金融であれば、社員証や保険証のコピーを送れば在籍確認を完了できるケースがあります。

一方、セントラルのような中小の消費者金融は返済されないときのダメージが大きいため、在籍確認を通して返済能力をきちんと確認します。

ただ、在籍確認時の電話は個人名での電話であり、消費者金融からの電話だとわかりにくいようにはなっているため、ある程度はごまかすことも可能でしょう。

融資限度額が300万円と少ない

融資限度額が300万円と少ないことは、セントラルのデメリットです。

ほかの大手消費者金融と比較すると低めに設定されており、まとまったお金を借り入れたい場合はやや心許ないでしょう。

大手消費者金融の融資限度額は、次のとおりです。

融資限度額
アコム 800万円
プロミス 500万円
アイフル 800万円

大手消費者金融は、500万円以上の借り入れができるところが多いです。

セントラルの融資限度額300万円はやや少なく、いきなりまとまった借り入れを期待するのは避けた方がよいでしょう。

自社ATMの設置数が少ない

セントラルは、大手消費者金融のように日本全国に店舗展開をしていません。

そのため自社ATMの設置数が少なく、住んでいる地域によって利便性に差が出ます。

たとえば、本社のある四国や関東の一部地域以外に住んでいる方は、銀行振込あるいはセブン銀行ATMのどちらかしか利用できません。

Webからの申し込みが可能であるため、申し込みに問題はありませんが、利用にやや制限がかかります。

口座引き落としでの返済に対応していない

セントラルは、口座引き落としでの返済に対応していません。

毎月自分で返済手続きを進めなければならず、手間がかかります

返済を忘れると延滞金がかかり、余計なお金を支払わなければいけません。

大手消費者金融の多くは、口座引き落としでの返済に対応しています。

しかし、セントラルの返済方法はATMか振込に限られており、常に把握しておかなければならない点は手間がかかるためデメリットです。

セントラルの申込~融資までの流れ

セントラルの申込方法は、4種類あります。

①パソコン・スマホからの申込方法

②来店による申込方法

③郵送による申込方法

④コンビニからの申込方法

それぞれの申込方法とセントラルの申し込みに必要な書類を確認します。

セントラルの申し込みに必要な書類

セントラルの申し込みには、本人確認書類が必要です。

本人確認書類と認められる資料は、次のとおりです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

また、本人確認書類の住所と現在住んでいる住所が異なるときは、本人確認書類とあわせて現住所確認書類も提出しなければいけません

現住所確認書類と認められている資料は、次のとおりです。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道など)

ほかにも、利用限度額が50万円を超えるときや他社借入額を含めた借入総額が100万円を超えるときは、収入証明書類を提出します。

収入証明書類と認められている資料は、次のとおりです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

申し込みに必要な書類を用意していない場合、審査が進められません。

審査をスムーズに進めたい方は、必要な書類をあらかじめ準備しておきましょう。

①パソコン・スマホからの申込方法

パソコンやスマホなどのインターネットから申し込む手順は、次のとおりです。

  • 公式サイトより申し込む
  • 申し込み完了メールが届く
  • 審査
  • 審査結果の連絡
  • 本人確認書類や収入証明書の提出
  • 契約手続き
  • Cカードを受け取り後、ATMから入出金できる

パソコンやスマホからの申し込みは、24時間365日できることが魅力です。

公式サイトの「今すぐお申込み」のボタンを押して同意事項を確認後、申込フォームに進んで手続きを進めます。

審査結果はメールか電話のどちらかで連絡があるため、連絡の取れるメールアドレスと電話番号を登録します。

また、契約完了後Cカードが手元に届くまでには時間がかかるため、急いでいるのであれば指定の口座へ振り込んでもらうとよいでしょう。

即日振込が希望であれば、平日の14時までに手続きを完了する必要があります。

②来店による申込方法

来店して申し込む手順は、次のとおりです。

  • 有人店舗に行く
  • スタッフの説明を受けながら必要書類に記入
  • 審査
  • 審査結果の回答を受ける
  • 契約手続き
  • カード発行
  • 振込、ATMで借り入れできる

行ける範囲にセントラルの店舗があれば、直接行って申し込めます。

スタッフがいるため、自分一人で申し込むよりも安心して手続きを進められます。

店舗へ行く際は、本人確認書類や収入証明書類を忘れないように注意が必要です。

審査結果をその場で知れて、そのまま契約、カード発行と進められるためその日から借り入れられます。

希望があれば、指定の口座に振り込んでもらうことも可能です。

③郵送による申込方法

郵送での申し込み手順は、次のとおりです。

  • ナビダイヤルへ電話
  • 郵送で申し込み書類が届く
  • 必要事項を記入してセントラルへ郵送
  • 審査
  • 審査結果の連絡
  • 本人確認書類を提出する
  • 契約手続き
  • 郵送でカードが届く
  • ATMから借り入れできる

インターネットからの申し込みはよくわからない上、来店もできない方に向いている申込方法です。

電話でスタッフに申し込みしたい旨を伝えると、後日申し込みに必要な書類が届きます。

ナビダイヤルの番号と受付時間は、次の表のとおりです。

電話番号 受付時間
0570-038-038 8時から21時(土日祝日も可)

必要事項を記入しセントラルへ郵送すると審査がスタートし、メールあるいは電話で結果が通知されます。

カードが手元に届くまで待つか、希望すれば指定口座への振込も可能です。

④コンビニからの申込方法

セントラルは、コンビニのマルチコピー機からも申し込み可能です。

  • ナビダイヤルへ電話
  • コンビニのマルチコピー機から申し込み用紙をプリント
  • 必要事項を記入後、FAXで送信
  • 審査
  • 審査結果の連絡
  • 本人確認書類や収入証明書の提出
  • 契約手続き
  • カードの郵送
  • ATMから借り入れできる

コンビニから申し込みたいときは、事前に電話でスタッフにコンビニから申し込む旨を伝える必要があります。

マルチコピー機の使い方がわからない場合は、スタッフに聞いておくとよいでしょう。

申込用紙をプリントする際は、暗証番号が必要であるため忘れないように注意が必要です。

契約が完了したら、カードが郵送されてくるのを待ちます。

早くお金が欲しいときは、指定の口座へ振り込んでもらうように依頼しましょう。

セントラルの借入・返済方法

セントラルから借り入れたり、返済したりする際は次の3つを利用します。

  • セントラルATMを利用する
  • セブン銀行ATMを利用する
  • 銀行振込を利用する

それぞれ詳細を説明します。

セントラルATMを利用する

セントラルの借り入れおよび返済は、セントラルATMから行えます。

セントラルATMの設置箇所は、次のとおりです。

  • 梅田店(大阪府)
  • 新宿歌舞伎町店(東京都)
  • 池袋店(東京都)
  • 横浜店(神奈川県)
  • 岡山大安寺店(岡山県)
  • 倉敷沖新町店(岡山県)
  • 新居浜店(愛媛県)
  • 南松山店(愛媛県)
  • 宇和島店(愛媛県)
  • レインボーロード店(香川県)
  • 南環状百石店(高知県)

ATMの手数料は無料で、年中無休です。

営業時間は原則7時から24時となっていますが、店舗ごとに営業時間が異なるため「店舗・ATMのご案内」から事前に確認するとよいでしょう。

セブン銀行ATMを利用する

セブン銀行ATMからも借入および返済ができます。

Cカードが必要ですが、セブン銀行は全国にあり設置数も多く、非常に便利です。

しかし、ATMを利用する際に手数料がかかるため注意が必要です。

手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

また、年中無休で原則24時間利用できますが、23時45分から1時まではメンテナンスで利用できません。

手数料はかかりますが、近くにセブン銀行がある方は非常に利便性が高くおすすめです。

銀行振込を利用する

銀行振込でも借入および返済が可能です。

平日の14時までに契約手続きが終われば、振込手数料はかからずに即日で指定の口座へ振り込んでもらえます。

Cカード発行後も振込受付ナビダイヤルへ連絡すれば、指定の口座へ振込可能です。

電話番号 受付時間
0570-038-038 8時から21時

即日振込以外は、5万円以上から利用できます

また、振込による返済もできますが、返済時は振込手数料が利用者負担であるため振込手数料がかかる可能性があるため気をつけましょう。

セントラルの審査に落ちたら大手消費者金融への申し込みがおすすめ

万が一セントラルの審査に落ちた場合は、次の大手消費者金融への申し込みがおすすめです。

  • プロミス
  • アコム
  • Fマネーカードローン

それぞれの特徴を確認しましょう。

プロミス

プロミス

プロミスは、即日融資に対応しており、審査スピードの早さが評価されている大手消費者金融です。

プロミスの主な情報は、次の表のとおりです。

申込条件 18歳以上74歳以下
金利(実質年率) 4.5%から17.8%
借入限度額 1万円から500万円まで
遅延損害金(年) 20.0%
借入方法 振込
プロミスATM
提携ATM
スマホATM
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間および返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1回から80回まで
担保および連帯保証人 不要

プロミスは、18歳以上74歳以下の安定した収入のある方であれば申し込めます。

本審査から融資まで最短20分と非常に早いのが魅力です。

審査に通過できるのか不安な場合は、最短15秒の事前審査を利用するとよいでしょう。

自分が借り入れられるかどうか事前に確認できます。

初回利用日から30日間の無利息期間もあるため、自分の都合に合わせてお得に利用したい方にはおすすめです。

アコム

アコム

アコムは、審査のスピードに加えてプライバシーへの配慮が行き届いていることが評価されている大手消費者金融です。

申込条件 20歳以上の方
金利(実質年率) 3.0%から18.0%
借入限度額 800万円
遅延損害金(年) 20.0%
借入方法 振込
アコムATM
提携ATM
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間および返済回数 最終借入日から最長9年7ヶ月・1回から100回
担保および連帯保証人 不要

アコムは、20歳以上の方で本人に安定した収入があれば申し込み可能です。

借入限度額が800万円と高めに設定されているため、まとまったお金を借り入れたい場合におすすめです。

また、アコムは会社に利用が発覚しないように在籍確認を個人名で行ったり、家族に利用が発覚しないように郵送物はアコムではなくACサービスセンター名義で行ったりします。

そのため、プライバシーへの配慮が行き届いているところが良い場合はアコムが向いています。

Fマネーカードローン

fマネーローン

Fマネーカードローンは、クレジットカード会社であるポケットカード株式会社のカードローンです。

申込条件 20歳以上の方
金利(実質年率) 4.4%から17.8%
借入限度額 500万円
遅延損害金(実質年率) 19.94%
借入方法 提携ATM
返済方式 残高スライド元利定額方式
元利定額方式
返済期間および返済回数 1ヶ月から60ヶ月・1回から60回
担保および連帯保証人 不要

Fマネーカードローンは、20歳以上かつ安定した収入のある方であれば申し込めます。

新規入会特典として、初回利用日から30日間無利息サービスを提供しているためお得に利用できます

また、条件に当てはまる方は、優遇金利で利用できるのが魅力です。

たとえば、学生割引や子育て応援割引などがあるため、条件に当てはまる方は利用を検討してもよいでしょう。

消費者金融「セントラル」に関するFAQ

セントラルに関するよくある質問は、次のとおりです。

疑問を残したまま利用し始めることにならないように、あらかじめ目を通しましょう。

セントラルの利用が向いている人の特徴は?

セントラルの利用が向いている方の特徴は、次の3つです。

  • 初めて借入を利用する
  • 大手消費者金融の審査に落ちた
  • 男性スタッフと話すことに抵抗がある

セントラルは、初めて借入を利用する方におすすめです。

最大30日間の無利息期間があるため、お得に利用を始められます。

また、セントラルは独自の審査基準を設けているため、大手消費者金融の審査に落ちた方でも借り入れできる可能性があります。

まずは公式サイトにある「お借入れ3問診断」で借入可能かどうか確認してみましょう。

ほかにも、セントラルには女性専用ダイヤルが用意されているため、男性スタッフと話すことに抵抗がある方は、セントラルがおすすめです。

セントラルはあとから増額審査を受けられる?

セントラルは、あとから増額審査を受けられます。

しかし、必ずしも増額できるわけではありません。

入会時よりも条件が悪化していると判断されると減額されたり、利用が止められたりする可能性があります。

そのため、増額審査に申し込むかどうかの判断は慎重に行いましょう。

セントラルはブラックリスト入りしていても借りられる?

セントラルは、ブラックリスト入りしていても借り入れられる可能性があります。

セントラルは申し込み時点での利用者の状態を重視して審査を行うため、安定した収入がある場合は、審査に通過できる可能性があります。

しかし、個人情報に問題があったり、自己破産したりしていることはプラスに働きません。

審査に通過する確率をあげたい方は、ブラックリスト入りしないように注意してください。

セントラルは契約書類が自宅に郵送される?

セントラルは、来店での申し込み以外は、契約書類が自宅に郵送されます

しかし、封筒にはセントラルではなく「CSセンター」と記載されているため、消費者金融からの郵送物だとはわかりにくくなっています。

また、どうしても自宅に郵送されるのが嫌な方は郵送物の局留め対応の相談をしてみましょう。

セントラルは好きな時に一括返済できる?

セントラルは、一括返済が可能です。

ただし、いつ返済するのかによって利息額が異なるため、事前にナビダイヤルを利用して返済金額を計算してもらわなければいけません。

まとめ

セントラルは、20歳以上で定期的な収入があり、返済能力があると認められれば最大で300万円まで借り入れられます。

最大30日間の無利息期間があったり、大手消費者金融にはない独自審査を行っていたりするなど、メリットも豊富で初めて借入を利用する方にもおすすめです。

ただし、注意点も存在します。

セントラルに関するFAQにも目を通して疑問点を解決してから利用しましょう。

また、万が一セントラルの審査に落ちた場合は、大手消費者金融への申し込みがおすすめです。

CHOOSENER+では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社、SMBCコンシューマーファイナンス社、アイフル社などから委託を受け広告収益を得て運用しております。