PayPay銀行カードローンはオススメできない?審査の流れや注意点を解説!

PayPay銀行

PayPay銀行カードローンは、2021年4月に始まった新しいサービスです。旧ジャパンネット銀行がPayPay銀行に生まれ変わりました!

急にお金が必要になり、銀行カードローンの利用を考えている方もいるでしょう。そんな方々がカードローンを比較する際の参考になるよう、PayPay銀行カードローンの詳細をまとめてみました。

PayPay銀行カードローンについて

PayPay銀行

カードローンを利用する際は、金利や限度額がどれくらいなのか、事前に調べておく必要があります。「予想と違っていたことに後で気づき、返済計画が上手くいかなくなった」とならないよう、しっかり確認しておきましょう。

PayPay銀行カードローンの特徴を表にまとめてみました。

金利 1.59%~18.0%
最大借入可能額 1,000万円
審査スピード 最短1時間
融資スピード 最短翌日

審査スピードや融資スピードも重要です。表にある通りPayPay銀行は即日融資に対応していません。

2021年4月5日から始まった新しいカードローン

PayPay銀行カードローンは、2021年4月5日に開始した、新しいサービスです。旧ジャパンネット銀行がPayPay銀行へと社名変更したことで、同日からカードローンの提供が始まりました。

PayPay銀行の親会社は、Zホールディングスの子会社、Zフィナンシャルです。

カードローンに申し込むためには、PayPayのアプリ内にある「お金を借りる」というボタンを押します。そうすると、PayPay銀行のページに移動して手続することができます。もちろんWebからの申し込みも可能です。

PayPay銀行の口座を持っていなくても、口座開設と同時に申し込むことができるので問題ありません。

審査も融資もPayPay株式会社ではなく、PayPay銀行がおこないます。

新しく始まったカードローンなので、これから徐々に利用者が増えていくと考えられます。

PayPay銀行の口座開設が必須

前述した通り、カードローンを利用するためにはPayPay銀行の口座が必要です。

PayPay銀行はネット銀行なので、口座開設のための手続はすべてWebで完結します。

PayPay銀行公式サイトの申し込みページからメールアドレスを登録し、個人情報を入力します。その後、スマートフォンで本人確認書類と顔を撮影。トークンアプリをダウンロードして、初期設定を行うと終了です。

このような手続に慣れていなければ少し面倒かもしれませんが、手順は多くないので、30分もあればできるでしょう。

申し込みから口座開設まで2週間程度かかります。口座開設完了から更に10日程度でキャッシュカードが届きます。PayPay銀行の口座を開設しようと思っている方は、スケジュールに余裕を持って申し込みましょう。

PayPay銀行カードローン(ジャパンネット銀行)の審査について

PayPay銀行カードローンは、誰でも必ずお金を借りられるわけではありません。申し込み後PayPay銀行が審査をおこない、融資しても大丈夫かどうか判断されます。審査に落ちてしまったら、残念ながら融資を受けることはできません。

PayPay銀行カードローンの審査条件

PayPay銀行カードローンを利用するためには、次の条件すべてを満たす必要があります。条件に当てはまらなかった場合、残念ながら審査を通過することはできません。

  • 申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方
  • 仕事をしていて、安定した収入がある方
  • PayPay銀行の普通預金口座を持つ個人の方(口座開設と同時に申し込むことが可能)
  • 一定の審査基準を満たし、指定する保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

年齢や収入の条件は比較的満たしやすいと思います。「一定の審査基準」がどのようなものかは公開されていません。

保証会社が指定されているので、申し込みする方が個人で担保・保証人を用意する必要はありません。

PayPay銀行カードローンの審査に必要な書類

PayPay銀行カードローンの審査には、本人確認書類が必要です。

本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカードなどが該当します。

それに加え、収入証明書を求められる場合もあります。

収入証明書は、前年度の年収が確認できるものでないといけません。会社に勤めている方であれば源泉徴収票や給与明細、個人事業主の方であれば確定申告書や納税証明書などが該当します。

提出する際は他の年度のものと間違っていないか、しっかりと確認しましょう。

PayPay銀行カードローンの審査に受かりやすくするには?

PayPayをクレジットカード払いにする

クレジットカードを利用すると、クレヒス(クレジットヒストリー)と呼ばれる信用情報が記録されます。クレヒスは信用情報機関同士で共有され、その人物が延滞せずに支払いをしているか、他社からの借入れがどれくらいあるかなどがわかります。

支払い能力があるか判断するために、新しいクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする時に確認される重要な情報です。

問題なく利用していれば、その人物に支払い能力があるという証拠になるので、PayPayをクレジットカード払いにすることで、クレヒスを充実させましょう。

他社と同時申込をしない

クレジットカードやカードローンの申し込みを複数同時に行うと、その情報が前述のクレヒスで共有されてしまいます。

一度に申し込みをすることで、「この人物は金銭面で困っているのではないか」ととらえられ、審査に落ちてしまうケースがあります。

申し込みの際は、他社と同時に行わないように気をつけましょう。

PayPay銀行カードローンの3つのメリット

お金と通帳

カードローンを提供している企業はたくさんあります。種類が多く、どれを選んだらいいのかわからないという方も多いでしょう。

PayPay銀行カードローンのメリットをいくつかピックアップしたので、比較する際に参考にしてください。

①30日間無利息期間がある

PayPay銀行は借入れから30日間、利息無料の期間が設けられています。30日以内に返済すれば利息が発生しないので、お金を用意するまでに少しだけ時間がかかるという方には嬉しい特典です。

誰でも返済時のことを考えると、少しでも低金利のカードローンを利用したいと考えるでしょう。長期間借入れするというケースでも、発生する利息を30日分抑えることができるため、無利息期間があるとないではまったく異なります。

30日間の無利息期間は、消費者金融のカードローンで多くみられるサービスです。銀行カードローンで無利息期間があるのは珍しいので、これはPayPay銀行カードローンのメリットの1つといえるでしょう。

②郵送物不要でバレにくい

カードローンを利用する方の中には、家族や周囲の人たちにバレたくないと思っている方が多いと思います。

PayPay銀行カードローンは郵送物が不要のため、そのようなリスクが発生しません。必要書類のやり取りなどは、すべてネットを通してすることができます。

審査結果は登録したメールアドレスに届くので、誰かにみられる心配がなく、安心して申し込むことが可能です。

郵送物がいらないことで誰かにバレにくいというのは、PayPay銀行カードローンのメリットです。

一方で、郵送での申し込みも受け付けているので、パソコンやスマートフォンが苦手だという方でも利用できます。自分に合った方法を選択しましょう。

③借入から返済がWeb完結で手軽

PayPay銀行カードローンは借入から返済まで、すべてWeb上で手続できます。パソコンやスマートフォンがあれば、家の中にいたまま完結するので、手軽に利用することが可能です。

PayPay銀行はジャパンネット銀行であった頃から、リアル店舗を持たないネット銀行なので、インターネットでの申し込み方法がしっかり整備されています。

借入や返済のたびに店舗にいかなければならないものより、Webで完結する方が便利なのは間違いありません。

返済時も金額や返済日をネットで確認、設定することができます。現在地に縛られずに利用できるのは、PayPay銀行カードローンのメリットの1つです。

PayPay銀行カードローンの4つのデメリット

①PayPay口座の開設が必須

PayPay銀行のカードローンにはデメリットも存在します。

その1つはPayPay銀行口座が必須な点です。カードローンと同時に口座開設の申し込みが可能とはいえ、そのための手間が増えてしまいます。

銀行カードローンの中には、その銀行の口座を持っていなくても利用できるものがあります。あるいは消費者金融のカードローンであれば、銀行の指定はなく、普段使っている口座に振り込んでもらうことで融資を受けられます。

他に使う予定がなければ、管理の面でも口座は増やさない方がいいでしょう。

三井住友銀行カードローンなら、口座なしで申込できるのでオススメです。

\口座なしで翌日融資可能/

 

②金利が18.0%と、銀行カードローンにしては高金利

PayPay銀行カードローンには無利息期間がありますが、それ以降は他の銀行カードローンと比べて高金利です。最低金利はあくまで最も低くなるパターンなので、比較する際は最高金利をチェックする必要があります。

銀行 最高金利 20万を1年間で返済する場合の利息総額
PayPay銀行 18.0% 20,027円
三井住友銀行 14.5% 16,047円
三菱UFJ銀行 14.6% 16,160円
横浜銀行 14.6% 16,160円
東京スター銀行 14.6% 16,160円

PayPay銀行の場合、30日間の無利息期間があるものの、通常時の金利は非常に高く設定されています。

PayPay銀行カードローンより低金利のところはたくさんあります。返済期間が長いほど利息総額は膨らむので注意しましょう。

③融資までに時間がかかる

PayPay銀行カードローンは、審査まで最短1時間、融資まで最短翌日、場合によってはそれ以上に時間がかかってしまいます。

カードローンを利用したことがない方は、これでも速いと感じるかもしれませんが、急なトラブルでお金が必要になった際、翌日では間に合わないという事態に陥るかもしれません。

特にPayPay銀行の口座開設から行う場合、緊急時には対応できないでしょう。

一方消費者金融のカードローンでは、ほとんどのところで即日融資が可能です。

④PayPayに直接チャージして使えない

PayPay銀行という名称から、融資を受けるお金をPayPayに直接チャージする形で利用できるとイメージした方もいるかもしれません。

しかしカードローンで借入れるお金は、直接PayPayにチャージすることはできません。

銀行口座に振り込まれる方法で融資を受けることになるため、PayPayで利用するためには、改めて自分でチャージをする必要があります。その手間がかかるとすると「PayPay銀行カードローンでの融資にこだわらない」という選択もアリでしょう。

即日融資を受けるならプロミスがおすすめ

プロミス

・審査〜融資まで最短30分!
・消費者金融の中では低金利の、17.8%
・30日利息が無料!

すぐにお金が必要という状況になったら、正直PayPay銀行カードローンでは間に合いません。消費者金融のカードローンを利用してみましょう。

緊急時にはプロミスがおすすめです。

プロミスは即日融資が可能。金融機関の指定がないので、普段使っている口座に振り込んでもらえます。

また、プロミスは最大金利が17.8%。PayPay銀行カードローンと比べて低金利です。更に初めて利用する際は、30日間の無利息期間が設けられています。

ネットから24時間申し込むことができるので、急にお金が必要になっても、安心して利用できます。

\最短30分で融資完了/

 

まとめ

PayPay銀行カードローンは30日間の無利息期間があったり、手続がWebで完結したりとメリットがあります。

しかし、通常時の金利が他の銀行カードローンと比べて高かったり、PayPay銀行の口座を持っている必要があったりとデメリットも存在します。

また、即日融資が不可能なため、今すぐお金が必要という状況には対応できません。

その際は、プロミスなど消費者金融のカードローンを利用しましょう。こちらも無利息期間があったり、Webで申し込みができたりするので、安心して利用できます。