未分類
美容
転職

エバーグリーン電気の噂|怪しいという評判・口コミは本当?

「エバーグリーン電気だと節約できるって聞いたけど、本当?」

「エバーグリーン電気を検討しているから、実際の評判を知りたい!」

このような悩みを持っている方へ向けて、今回はエバーグリーン電気の実際の口コミ・評判をご紹介します。

エバーグリーン電気に切り替えて、年間1万円以上節約できたという声もちらほら。電気代を節約して、美味しい食事や旅行代に充てたいと思う方も多いのではないでしょうか?

本記事では口コミをもとにエバーグリーン電気を利用するメリットとデメリット、利用が向いている人についても解説しているので、ぜひ最後まで参考にしてくださいね。

今月の申し込み数が多い!人気の電力会社3選
電力会社名 おすすめポイント
おうちでんき ・確実に電気代が安くなる
・エリア限定で初月の電気代が全額無料
CDエナジー ・電気使用量が少ない一人暮らしでも安い!
・豊富なプランからぴったりのプランが見つかる
東京ガスの電気 ・大手電力会社の料金プランよりも安い料金設定
基本料金3ヶ月無料!

エバーグリーン電気の概要

エバーグリーン電気

エバーグリーンの親会社であるイーレックスグループは日本における新電力のパイオニア企業です。

現在、五井コーストエナジー株式会社の五井発電所、木質バイオマスコージェネレーション施設、イーレックスニューエナジー株式会社の土佐発電所等の発電施設を保有しているため、安定的で安価な電力供給を可能としています。

またエバーグリーンは、地球に優しい再生可能エネルギー事業を進めています。

二酸化炭素を増加させないバイオマス発電をいくつか所有している点も特徴的です。

公式サイトによると、東証一部上場で20年以上の実績があり、顧客数は18万件を突破しています。※1

また新電力販売量は約700社中6位と、人気急上昇中であることが分かります。

※:親会社「イーレックス株式会社」が2015年12月に東証一部上場

供給エリア 北海道、東北、関東、北陸、中部、関西、中国、四国、九州
発電方式 バイオマス発電方式、コンバインドサイクル発電方式
初期費用 無料
※「あるく・おトク・でんき」以外
解約手数料 無料
※「あるく・おトク・でんき」以外

エバーグリーン電気のおすすめポイント・どんな家庭に向いている?

エバーグリーン電気の利用のおすすめポイントは、以下のとおりです。

  • 電気代が確実に安くなる
  • LINEで利用明細が確認できる
  • 電力会社のサポートが充実している

エバーグリーン電気にはさまざまな料金プランが準備してあるため、電気代の節約ができる可能性は十分あります。

またLINEで料金を確認できる点や、サポートが充実している点も魅力的です。

詳しくは後半で解説します。

【エバーグリーン電気の評判・口コミ】電気代は安くなる?

ここでは、エバーグリーン電気の評判や口コミから分かるデメリット・メリットについて解説します。

評判・口コミからわかった2つのデメリット

①訪問販売営業が怪しい

エバーグリーン電気は、代理店による訪問販売が行われています。

電力会社の切り替えを検討していない方や、訪問販売が苦手な方にとってはあまり良い印象ではないかもしれませんね。

訪問販売からの契約に抵抗がある場合は、契約せずに帰ってもらい、その後ホームページで詳細確認・料金シミュレーションを実施した上で契約するようにしてください。

②ライフスタイルによっては他の電力会社の方が安くなる

最近ではエバーグリーン電気以外にも、多くの新電力会社が市場に出ておりそれぞれ魅力的なサービスを展開しています。

ライフスタイルや家族構成によっては、他の新電力会社の料金プランの方が節約に繋がる可能性もあるといえるでしょう。

エバーグリーン電気は、公式サイトで料金シミュレーションができるので契約前に一度確認してみることをおすすめします。

評判・口コミからわかったメリット

エバーグリーン電気は、「訪問販売が怖い」というイマイチな評判から契約を躊躇している方もいるようですが、実際の利用者からは以下のような良い口コミや評判が見られました。

上記の口コミから分かるエバーグリーンのメリットは、全部で3つ挙げられます。

  1. 料金プランが豊富
  2. LINEで明細が確認できる
  3. 電気トラブル時の対応が迅速

①料金プランが豊富

エバーグリーンは、以下の5つの料金プランを選択して契約できます。

  • 通常プラン
  • CO2フリープラン
  • プレミアムポイントプラン(dポイント、Tポイント)
  • 保険でんき
  • あるく・おトク・でんき

自分に合うプランで利用でき、節約だけでなく多くのニーズに対応している電力会社だといえるでしょう。

たとえば「保険でんき」のプランで加入すると、電気代が安くなるだけでなく個人賠償責任保険がついてきます。

個人賠償責任保険は、飼い犬が通行人にケガをさせてしまったり、買い物中に商品を壊してしまったりした際に備えられます。

また自転車保険の代わりにもなるため、普段から自転車を利用している方にもおすすめです。

その他の料金プランについては、この後詳しく解説します。

②LINEで明細が確認できる

エバーグリーンでんきは、LINEを登録すると毎月の電気代を知らせてくれます。

さらにLINE登録で毎月50円の割引が適用され、年間で600円の節約が可能です。

LINEの利用者であれば簡単に登録でき、手間がかからずに料金を安くできる点は非常に魅力的だといえます。

③電気トラブル時の対応が迅速

エバーグリーンでんきでは、駆け付けサービス「電気レスキュー」を利用できます。

電気トラブルの発生時には24時間365日電話ができて、原因調査や応急処置は無料です。

電気会社を切り替えて分からないことが多い場合でも、安心して利用できそうですね。

【エバーグリーン電気の料金プラン】本当に安いの?!

エバーグリーンには、以下の料金プランがあります。

  1. 通常プラン
  2. CO2フリープラン
  3. プレミアムポイントプラン(dポイント、Tポイント)
  4. 保険でんき
  5. あるく・おトク・でんき

①通常プラン

エバーグリーン電気の通常プランは、基本料金・従量料金ともに大手電力会社よりも安く設定されています

一例として東京電力と比較してみましょう。

基本料金
東京電力 エバーグリーン電気 割引額
10A 286円 284.29円 -1.71円
15A 429円 426.44円 -2.56円
20A 572円 568.58円 -3.42円
30A 858円 852.87円 -5.13円
40A 1,144円 1137.16円 -6.84円
50A 1,430円 1421.45円 -8.55円
60A 1,716円 1705.74円 -10.26円
従量料金
東京電力 エバーグリーン電気 割引額
〜120kWh 19.88円 19.69円 -0.19円
121〜300kWh 26.48円 24.55円 -1.93円
301kWh〜 30.57円 27.44円 -3.13円

他のエリアにお住まいでどのくらい安くなるかを知りたいという方はこちらからシミュレーションができます。

②CO2フリープラン

CO2フリープランは、電力使用による二酸化炭素排出量をゼロにできるプランです。

エバーグリーン電気公式サイトによると、一般的な家庭での年間二酸化炭素の排出量は1,785kgで、杉の木約130本が一年間に吸収する量に相当します。

この数字をみると「少しでも地球環境に貢献したい」と思う方も多いはず。

このプランは再生可能エネルギー100%で電力を調達しているため、環境に優しい点が魅力です。

電気料金も節約でき、東京エリアでの従量電灯Bと比べると割引額は以下のようになります。

月間使用量 1ヶ月の割引額 年間割引額
30A/310kWh 123円 1,476円
40A/450kWh 256円 3,072円
50A/540kWh 340円 4,080円

各エリアによって割引率は異なるので、一度公式サイトにてシミュレーションをしてみてください。

③プレミアムポイントプラン

電気料金に応じてポイントがたまるポイントプランも、大変お得です。

ポイントプランには、dポイントとTポイントの2種類があります。

たとえば東京電力従量電灯Bで月間使用量が450kWh(40A)の場合、1ヶ月の電気料金は以下のように異なります。

1ヶ月の電気代 年間の電気代
従量電灯B 12,882円 154,584円
ポイントプラン 12,700円 152,400円

上記に併せて1年目は年間1,524ポイント獲得できるので、トータル3,708円分もお得に利用できることになります。

ポイント付与率は1年目に1%、2年目に2%、3年目に3%と上がっていくので、3年目をむかえると年間6,756円もの節約に繋がるのです。

こちらも各エリアによって割引率は異なるので、一度公式サイトにてシミュレーションをしてみてください。

  • dポイントプランでのシミュレーションはこちら
  • Tポイントプランでのシミュレーションはこちら

④保険でんき

エバーグリーン電気・料金プラン

保険でんきは、総合生活保険(損害賠償責任補償)付きの電気サービスです。

保険が付加されていますが、他のプランと同様に電気代は安くなります。

保険金額は最大1億円、保険の引受先は東京海上日動なので万が一の際も安心です。

自転車保険にも利用できるので、別で保険を契約している方は電気とまとめて管理できる点も大きな魅力だといえます。

月間使用量450kWhの場合、各エリアの従量電灯Bと比べたときの電気代割引額は、以下のとおりです。

エリア 1ヶ月の割引額 年間割引額
北海道エリア 747円 8,964円
東北エリア 193円 2,316円
関東エリア 752円 9,024円
中部エリア 567円 6,804円
北陸エリア 340円 4,080円
近畿エリア 487円 5,844円
中国エリア 344円 4,128円
四国エリア 391円 4,692円
九州エリア 444円 5,328円

⑤あるく・おトク・でんき

エバーグリーンでんき・料金プラン

あるく・おトク・でんきは、歩数によって電気料金がお得になるプランです。

タニタの活動量計を身につけて歩いたり走ったりすることでポイントが貯まり、ポイントに応じて電気料金が安くなります。

たとえば東京エリアで従量電灯Bプランから切り替えた場合、一カ月の電気料金割引額は以下のとおりです。

月間使用量310kWh 月間使用量450kWh 月間使用量540kWh
電気料金の割引額 347円 737円 989円
5,000歩 100円 200円 200円
8,000歩 300円 400円 500円
割引合計額(5,000歩) 447円 937円 1,189円
割引合計額(8,000歩) 747円 1,137円 1,489円

節約だけでなく、健康にも気を使って生活できるので一石二鳥ですね。

ただし「あるく・おトク・でんき」プランのみ、初期費用が1,100円(税込)、24ヶ月以内の解約だと3,000円発生します。

エバーグリーン電気に関するよくある質問

①一人暮らしでも電気代は安くなる?

エバーグリーン電気は、基本料金と従量料金ともに大手電力よりも安いので、乗り換えで電気代を安くすることができます。

どのプランが一番安くなるかはシミュレーションで確認するようにしましょう!

②ガスと電気のセット割はないの?

エバーグリーン・リテイリングには都市ガスの「e・gasプラン」があります。

e・gasプランは、東京ガス・東邦ガス・大阪ガスの対応地域で申し込みが可能です。

電気とガスをセットで申し込みすると、ガス代から毎月100円引き(税込)、さらに今ならスタート割で12ヶ月間ガス代から150円(税込)が割引かれます。

セット割とスタート割を活用すれば、毎月のガス代は約9%お得になるので、上記エリアにお住まいの方は合わせてのお申し込みがおすすめです。

③オール電化でも申し込める?

オール電化の場合、夜間の電気代が安くなる料金プランに乗り換えると電気代が安くなりますが、残念ながらエバーグリーン電気にはオール電化向けのプランはありません。

オール電化住宅にお住まいの方でエバーグリーン電気に乗り換えると、かえって電気代が高くなってしまう可能性が高いので、オール電化向けプランを取り扱っている電力会社への乗り換えがおすすめです。

エバーグリーン電気の申し込み方法

エバーグリーンの申し込みは、以下の手順で行います。

  1. webか電話で申し込み
  2. スマートメーターへ交換
  3. 切り替え完了

webか電話で申し込み

まずは、webか電話で申し込みをします。

キャンペーンでLINEポイントをもらいたい場合は、web上で手続きを進めましょう。

②スマートメーターへ交換

従来の電力量計を使っている場合は、スマートメーターへ交換します。

基本的に、費用は発生しません。

③切り替え完了

申し込みから2~3週間程度で、マイページかハガキにて使用開始日の案内がきます

開始日を迎えたら、電気が利用できるようになります。

まとめ

今回はエバーグリーン電気の口コミ・評判、そこからわかったメリット・デメリットをご紹介しました。

エバーグリーン電気は、とにかく電気代を節約したい人や、LINEで利用明細を確認したい人に向いているといえます。

またサポートも充実しているので、初めて新電力会社への切り替えを検討している方にもおすすめです。

エバーグリーン電気にはさまざまな料金プランがあるので、自分にあったものを見つけて検討してみてください!

この機会に電気代の節約にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

関連記事