【初心者にもおすすめの人気ネット証券】評判や口コミ・手数料・銘柄で徹底比較!

初心者にもおすすめの人気ネット証券

老後2000万円問題や流行性ウィルスの影響で、多くの方が資産運用を考えるようになりました。

貯金をしていても、普通預金なら金利は0.001%〜0.2%程度。

金利が高いと言われているネット銀行に預けていても、”資産を増やす”というほどでもないかもしれません。

それよりも、投資信託をしたり、確定拠出年金をして資産運用をするほうが将来のためのお金を準備することができるでしょう。

この記事では、初心者でも始めやすいおすすめのネット証券を評判や口コミはもちろん、手数料や銘柄、メリットデメリットで比較してランキング形式で解説していきます。

この記事がおすすめな人
  • ネット証券の開設が初めて
  • 手数料が安いネット証券が知りたい
  • 気軽に始められるネット証券を教えて欲しい

利便性が良いおすすめのネット証券BEST◉

①LINE証券

LINE証券

LINE証券は「LINE」が展開しているネット証券です。

LINEのアプリでそのまま投資ができるので、利便性がよく、頻繁にキャンペーンも実施されているので、株式や投資が初めての方でも使いやすいサービスになっています。

LINE証券では、東証3,700銘柄に対応しており、株式・ETF・REIT・投資信託に投資できます。

LINE証券の取り扱い商品
  • 国内株式
  • ETF・REIT
  • 投資信託
  • 信用取引

なんと言っても通常100株からしか買えない株式が1株〜購入できるので、リスクを最小限に抑えて資産運用を始めたい方や、まずはどんなものか試してみたい方におすすめです。

LINE証券の手数料

LINE証券の手数料
約定代金 買い 売り
50,000円 0円 99円
〜100,000円 176円
〜200,000円 198円
〜500,000円 484円
〜1,000,000円 869円
〜1,500,000円 1,056円
〜30,000,000円 1,661円
30,000,000円〜 1,771円
LINE証券は、LINEアプリ(スマートフォン・タブレット)のみでの取引となっています。

LINEアプリで取引ができるので、隙間時間にアプリをチェックして株価を見たり、取引を進められてかなり便利◎

実際にLINE証券を使っている人の口コミ【メリット・デメリット】

『審査が早く、取引開始までに時間がかからなかったので、すぐに始められた!』
『1株から買えるので、情勢に左右されがちな株でも買いやすいです。また、予算の都合で100株も買えないような株でも少しずつ買えるのが嬉しい』
『投資は初心者なので、キャンペーンを利用できるLINE証券を選びました。LINEのアプリでチェックできるので、隙間時間を活用できて便利だと思います』
『少額から買えるというのが売りなんだと思いますが、米国株がないのが残念ですね』

口座開設に必要な書類

  • 本人確認書類
    ・マイナンバー通知カード+運転免許証
    ・マイナンバー個人番号カード
    ・マイナンバー入りの住民票の写し+運転免許証
    ・マイナンバー入りの住民票の写し+健康保険証

口座開設までの手順・所要時間

口座開設は、LINEアプリからLINE証券を開き、

  1. 本人情報入力
  2. 携帯番号認証
  3. 本人確認書類入力

この3ステップをこなすだけ!

口座開設までにかかる時間は最短3分です!

LINE証券は、頻繁にキャンペーンを実施していて、数%オフで株をゲットすることもできるんです!

少額から始めたい投資初心者におすすめのLINE証券!

今なら3,000円分の株がタダで買えるキャンペーンを実施していますよ!自己負担額0円でスタートしてみませんか?

②SBI証券

SBI証券のロゴ

SBI証券は、顧客満足度ランキングで1位を獲得し、口座開設数が今一番多いネット証券です。

SBI証券の取り扱い商品
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • 債権
  • 外国為替保証金取引(FX)
  • 先物・オプション
  • CFD(くりっく株365)
  • 金・銀・プラチナ
  • eワラント
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • 保険

SBI証券には、「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」の2つのプランがあり、ご自身の運用プランによって選択可能。

アクティブプランは1日の約定金額が100万円以下の場合、手数料は0円です。

SBI証券の手数料

SBI証券の手数料
約定代金 スタンダードプラン
50,000円 55
〜100,000円 99
〜200,000円 115
〜500,000円 275
〜1,000,000円 535
〜1,500,000円 640
〜30,000,000円 1,013
30,000,000円〜 1,070
SBI証券の手数料
約定代金 アクティブプラン
500,000円 0円
1,000,000円
〜2,000,000円 1,278円
※200万円以降は100万円増加毎に440円(税込)ずつ増加

SBI証券は、スマートフォンやタブレットなら、SBI証券の株のアプリや簡単積み立てアプリで取引することができます。

PCでは、HYPER SBIやSBI CFDトレーダーで取引可能です!

スマホでもPCでも確認できるので、自宅だけじゃなく電車やカフェでも、日常生活のどこでも口座やチャートの確認ができますよ!

実際にSBI証券を使っている人の口コミ【メリット・デメリット】

『手数料がネット証券の中でダントツ安い!無駄なお金がかからないのが良いです』
『SBI証券は、IPO銘柄の取り扱いが多くてびっくりしました!スマホでもPCでも操作がしやすいので、ネット証券が初めての人にも勧めやすいです。私自身とても満足しています』
『複数ネット証券を開設していて、SBI証券はサブ口座として使っています。子供のジュニアNISAもSBIで開設しています。』
『SBI証券はネット証券なので、使い方に困った時に直接相談できないのがとても困りました。年齢が還暦を過ぎているのでネットには慣れておらず、その点は不便だったと感じています。』

口座開設に必要な書類

  • スマートフォンを持っている方
    マイナンバーカードorマイナンバー通知カードと運転免許証
  • スマートフォンをお持ちでない方/過去に撮影した画像を利用して提出したい方/上記書類の組み合わせがない方
    ■マイナンバーカードと以下のいずれか1点
    ・運転免許証
    ・運転経歴証明書
    ・住民基本台帳カード(写真付き)
    ・日本国パスポート
    ・住民票の写し
    ・各種年金手帳
    ・各種健康保険証
    ・印鑑証明書
    ■マイナンバー通知カードと以下のいずれか2点
    ・運転免許証
    ・運転経歴証明書
    ・住民基本台帳カード(写真付き)
    ・日本国パスポート
    ・住民票の写し
    ・各種年金手帳
    ・各種健康保険証
    ・印鑑証明書

口座開設までの手順・所要時間

口座開設は、Webから申し込みができます。

  1. メールアドレスの登録
  2. 個人情報入力
  3. 口座開設方法を選択
  4. 申し込み完了
webからだけではなく、郵送での申し込みも可能です!しかし、郵送申し込みの場合、口座開設までに時間がかかったり、不備があるとやり直しになったりするので、Webからの申し込みのほうがおすすめです。

SBI証券の口座開設までは、web申し込みなら最短0日、郵送の場合は2週間程度かかります。

③楽天証券

楽天証券は、手数料の安さや投資をしながら楽天ポイントも貯められると多くの方から人気を集めています。

しかも、貯まった楽天ポイントを取引に使うことができるので、現金で始めるのは怖い…という方にもおすすめ。

楽天証券の取り扱い商品
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 中国株式
  • アセアン株式
  • 投資信託
  • 国内債権
  • 外国債権
  • 楽ラップ
  • CFD
  • 外国為替
  • 金・プラチナ
  • 外貨建MMF
  • REIT
  • IPO
    など

楽天証券には、超割コースといちにち定額コースの2種類があります。

楽天証券の手数料

楽天証券の手数料
約定代金 超割コース
50,000円 55
〜100,000円 99
〜200,000円 115
〜500,000円 275
〜1,000,000円 535
〜1,500,000円 640
〜30,000,000円 1,013
30,000,000円〜 1,070
楽天証券の手数料
約定代金 いちにち定額コース
500,000円 0円
〜1,000,000円 943円
〜2,000,000円 2,200円
〜3,000,000円 3,300円
※300万円以降は100万円増加毎に1,100円(税込)ずつ増加

実際に楽天証券を使っている人の口コミ【メリット・デメリット】

楽天カードで支払えたり、ポイントを使えるのでかなり便利。貯まったポイントが無駄にならない感じがいい!
『手数料が安いことともともと楽天をよく使っていたので、楽天証券に決めました。他のネット証券は使ったことがないけど、今のところ特に問題なく運用できてます。』
『株価のチャートがアプリかPCブラウザでしか見えないので、使いづらいなと思いました。』

口座開設に必要な書類

  • 運転免許証またはマイナンバーカード
    (郵送の場合は、住民票の写しやパスポートなど)

口座開設までの手順・所要時間

口座開設は、楽天証券の口座開設のボタンから申し込みができます。

  1. メールアドレスの登録
  2. 本人確認書類
  3. 個人情報を入力
  4. 申し込み完了

申し込みが不備なく完了すると、翌営業日以降に口座ログイン用のIDが発行されます。

IDが発行されたら、早速投資資金を入金して取引を開始してみましょう!

まとめ

初心者にもおすすめの人気ネット証券について解説してきました。

少額投資から始めたい方にはLINE証券やマネックス証券、手数料を抑えたい方には楽天証券やSBI証券がおすすめです。

ネット証券は複数の口座を開設することもできるので、それぞれのネット証券のメリットを生かして、どこのネット証券を利用するか検討してみるのもいいですね!

まずは将来のために、資産運用を始めるきっかけを作りましょう!