初心者向け!NISAのロールオーバーとは?メリットとしない方がいいケース

つみたてNISAのロールオーバーについて

「NISAの非課税期間が過ぎたら、どうしたらいいの?」

「NISAの非課税期間が終わるけど、ロールオーバーした方がいい?」

NISAは、非課税期間が終わるとき自分の資産を今後どのように運用していくのか選択しなければなりません。そのひとつの選択肢がロールオーバーです。

この記事ではNISAのロールオーバーの仕組みと、ロールオーバーをするメリットやデメリットについて紹介します。またロールオーバーをした方が良いケース、しない方がいいケースについてもそれぞれ解説しているので参考にしてください。

NISAのロールオーバー(非課税期間の延長)・条件とは 

つみたてNISAのロールオーバーとは

NISA(少額投資非課税制度)とは、日本での株式や投資信託における配当金や譲渡益などの運用益を非課税で受け取れる制度のことです。非課税期間は5年間で、120万円を限度として運用することができます

5年間の非課税期間が終了する時、その後の対応を以下の3つの方法から選択しなければなりません。

  1. 翌年の非課税枠に移す
  2. 課税口座に移す
  3. 売却する

このとき①の「翌年の非課税枠に移す」という選択肢が、ロールオーバーといわれている方法です。ロールオーバーを選択した場合、再度5年間は資金を非課税で運用することができます。ロールオーバーを行うことができる条件は以下の2つです。

ロールオーバーを行うことができる条件
  1. 同一の金融機関におけるNISA口座内で行うこと
  2. 期限までに手続きを行うこと

ロールオーバーを行うには、翌年のNISA口座を同じ金融機関で開設する必要があります。さらにその金融機関で期限までに手続きすれば、引き続き非課税で所有することができるという仕組みです。

ロールオーバーの2つのメリット

ロールオーバーを行うメリットには以下のようなことが挙げられます。ここではロールオーバーのメリットを一つずつ解説します。

ロールオーバーを行うメリット
  1. 投資で得た利益を非課税で運用できる
  2. 最大10年間非課税で運用できる

メリット①投資で得た利益を非課税で運用できる

投資で得た利益を新たな投資に回すことで、非課税のまま運用できる額を増やすことができます。さらにロールオーバーには上限がないため、NISAの非課税上限額である120万円を超えたとしてもすべて非課税で運用することが可能です

例えばNISAで100万円で購入した金融商品が、運用益によってその価値が150万円に増えたとします。このときNISAの非課税上限額である120万円を超えてしまっている30万円分に対しても、ロールオーバーをすればそのまま非課税で運用することができるというわけです。

また120万円以内でロールオーバーを行う場合は、120万円の非課税枠に対して残りの範囲で新しく買い付けすることができます。

このようにロールオーバーは利益に対する税金を最小限にできる、効率の良い運用方法のひとつです。

メリット②最大10年間非課税で運用できる

通常5年間しか非課税運用できない商品を、ロールオーバーによって最大10年間も非課税で運用することができます。

NISAは運用成績が急激に変化しない安定した商品も取り扱っています。安定した商品をできるだけ長く運用することができるというのは、ロールオーバーの大きなメリットです。

現在のNISAは2014年から2023年までの10年間限定の制度であって2024年からは新しい制度に変わります。2024年度以降の制度についてはのちほど解説します。

ロールオーバーの2つのデメリット  

ロールオーバーには大きなメリットがありますが、必ず得をするというわけではありません。ここではロールオーバーのデメリットについていくつかご紹介します。

ロールオーバーのデメリット
  1. 損失が出ると意味がない
  2. 翌年の非課税枠がなくなるor少なくなる

デメリット①損失が出ると意味がない

ロールオーバーをしてそのまま非課税枠で運用しても、商品価値が値下がりして損失を出してしまうと意味がなくなってしまいます。

NISA口座は売却時に損失が出た場合、特定口座や一般口座と損益通算ができないからです。

運用成績が落ち込みそうな商品に対しては、必ずしもロールオーバーをするのが良いとは限りません

デメリット②翌年の非課税枠がなくなるor少なくなる

ロールオーバーをすると翌年に利用できるNISA非課税枠がなくなる、もしくは少なくなってしまいます。

仮に40万円をロールオーバーをすると、その年に新しく投資できる非課税枠は120ー40万円=80万円となります。

運用成績の良い商品だからそのまま運用したい、という場合は問題ありませんが、別の商品を検討している場合や保有している商品の運用成績が良くない場合はしっかりと考える必要があります。

ロールオーバーした方がいいケース  

ロールオーバーにはメリットとデメリットが両方存在するので、非課税期間が終わる時に悩む人も多いはずです。

ここでは、ロールオーバーをした方が良いケースについて紹介します。

ロールオーバーした方がいいケース
  • 含み益が多く、さらに相場が上がると期待できる
  • 含み損が出ているが、今後相場が上がりそう
  • インデックス型の投資信託をNISAで運用している

今後の値上がりが期待できる時は、まずロールオーバーした方が良いといえます。価格が上昇していれば、上限なく非課税枠を増やすことができるからです。

仮に非課税期間終了の際に30万円をロールオーバーしたとします。この後資産価値が50万円に上がった場合、値上がりした20万円分も非課税となります。

もしロールオーバーせずに課税口座に移していたとすると、値上がりした20万円分は課税対象になりその20.315% が税金として徴収されることになります。

このように今後の相場が上昇しそうな場合は、ロールオーバーで節税効果を狙うのが上手な運用方法だといえるでしょう。

同様に含み損が出ていても、今後の相場上昇が期待できる場合はロールオーバーをしておく方が賢い運用です。

そしてインデックス型の投資信託の場合も、ロールオーバーをして長期間の運用を検討した方が良いケースだといえます。インデックス型の投資信託は、長期保有によって値動きが平均化されてリスクを減らすことができるからです。インデックス型は信託報酬料などのコストも安いので、長期運用に向いている商品でもあります。

ロールオーバーしない方がいいケース 

ロールオーバーをしない方が良いケースは以下の通りです。

ロールオーバーしない方がいいケース
  • ロールオーバー後に値下がりしそうなとき
  • NISA枠で購入したい銘柄が他にあるとき

非課税期間後に値下がりしそうな商品に関しては、含み益が出ていれば非課税のうちにそのまま売却した方がいいといえます。

逆に含み損がある場合はいったん課税口座に移して様子をみましょう。NISA口座での損失は損益通算や繰越控除をすることができないないからです。課税口座に移したあとに売却すれば、損益通算などを利用して自分の損失を最小限に抑えることができます。

またNISA枠で購入したい銘柄が他にあるときもロールオーバーはしない方がよいです。ロールオーバーをすると翌年の非課税枠を使うことになり、新しい商品を購入できる金額が少なくなってしまいます。

ロールオーバーの手続きを忘れたらどうなる?

ロールオーバーをするには書類やインターネット上で手続きが必要です

手続きを忘れてしまうと課税口座へ自動的に払い出されるのでそのまま課税口座で運用するか、売却するか選択しなければなりません

また、一度払い出された資産をNISA口座に戻すことはできません

課税口座へ移されると、移した時点での評価額で新たに金融商品を購入したとみなされます。NISA口座での購入時より値下がりしていたとしても、そこからの値上がり幅は課税対象となってしまいます。

例えば、NISA口座で買い付けた50万円が40万円になって課税口座へ払い出しされたとします。このあと50万円へ値が戻ったとしても、10万円は課税対象となってしまうのです。

このようにロールオーバーの手続きを忘れてしまうと、その後の税金の額が大きく変わります。

損をしてしまう可能性も十分考えられるので、ロールオーバーをしたいと思っている場合は忘れずに必ず手続きを行いましょう。

2024年からの新NISA制度はロールオーバーできる?

現在のNISA制度を使って非課税の金融商品を購入できるのは2023年までとなっており、2024年以降は新NISA制度による運用が始まります。ここでは新NISA制度ではロールオーバーができるのかどうか、解説します。

ただし新NISA制度は令和2年に決定したばかりですので、今後修正される可能性があります。

新NISA制度では積立枠の1階部分と投資枠の2階部分に分けて運用されます。1階部分の上限額は20万円、2階は102万円です。

1階部分は安定的に積み立てることを目的とし、積立に向いている金融商品を購入できます。2階部分はレバレッジの高い投資信託などを除いた、資産形成にふさわしい金融商品を購入することができます。

2024年以降にNISAを利用する人は、5年間の非課税期間が終わると1階部分の商品をつみたてNISAに移行することが可能です。

一方で2023年までの間にNISAを利用している人は、保有している金融商品を新NISAにロールオーバーすることができます。2階部分が優先的に埋まっていき、102万円を超える場合は1階部分を使ってロールオーバーをしていくというシステムです。残りの1階部分では、つみたてNISAの対象商品を購入することができます。

したがって新NISA制度でも、引き続きロールオーバーを行うことは可能です。

まとめ  

NISAの非課税期間が終わる時にロールオーバーをするかどうかは、よく考えて選択する必要があります。

ロールオーバーのメリットデメリットを理解しなければ、上手な選択をすることはできません。

NISAを始めている人、始めたいと思っている人はロールオーバーについてしっかり勉強することが大切です。またロールオーバーをすると決めた時は、手続きを忘れないように気をつけましょう。

(参考:つみたてNISAの概要 : 金融庁