マンション・アパートにオススメの光回線を紹介|賃貸でも利用できる

光回線 Wi-Fi

近年のネット回線において、最もメジャーな回線と言えば光回線ですよね。

しかし安定した高速・大容量なデータ通信が魅力な反面、工事が必要で初期費用が掛かるなどのデメリットがあります。

特にマンションやアパートなどにお住まいの方は

  • 賃貸住宅だと工事ができないのでは?
  • 自分の生活環境に光回線は適しているのか?
  • 会社がいろいろあってどこがいいのかわからない
  • 光回線以外にはどんなネット回線があるんだろう?

などの疑問が出てきますよね。

そこで今回はそれらの疑問について、詳しく解説していきます!

マンション・アパートでネット回線を繋ぐなら光回線がおすすめ

マンションやアパートでネット回線を利用する場合、光回線が最もおすすめです。

なぜなら光回線の料金プランには「戸建タイプ」と「マンションタイプ」の2種類があり、マンションタイプの方が月々の利用料金や工事費用が安く設定されている場合が多いから。

高性能な光回線をお得に利用できるなら、選ばない理由はありませんよね。

賃貸住宅であっても、ネット回線は光回線がおすすめです!

マンション・アパートと戸建の違い

料金プランには戸建タイプとマンションタイプがあると言いましたが、その区分については以下の表をご覧ください。

戸建タイプ 一軒家
一戸建ての貸家
マンションタイプ マンション
アパート
集合住宅

簡単に分けると「一軒家かそれ以外」ということですね。

光回線の利用料を平均すると、戸建タイプで5,000円台、マンションタイプで3,000円台となっています。

開通工事の料金についてもマンションタイプの方が安く設定されていることがほとんどです。

理由としては戸建ての住宅は光ケーブルを開通する際にゼロからのスタートになるのに対して、マンションなどの場合は最初からケーブルを通すためのスペースが用意されている場合が多いから。

そのため工事期間も短くなる傾向もあるので、マンションタイプの方がお得に光回線を利用できると言えますね。

マンション・アパートで利用できるネット回線は4種類

光回線がおすすめとは言ったものの、もちろん生活環境によって最適な回線は変わってきますよね。光回線を含めて、マンション・アパートで料金できるネット回線と特徴を4つご紹介します!

①建物に備え付けのネット回線

集合住宅の中には初めからネット回線が備え付けられている場合があります。

メリットとしては初期費用や開通待ちの期間がなく、入居した瞬間から利用できること。

デメリットとしては大人数が利用する回線なので、通信速度や通信環境が不安定になりがちです。

そもそものスペック的にのあまり優れた回線が使われている場合は少ないですね。

あまりネットを利用せず、最低限の通信ができていればかまわないという方には良いかもしれません!

②光回線

いま最もメジャーになってきている回線です。他の回線と比べても圧倒的な通信性能を誇り、利用料金も定額なので使い放題となっています。

日常的にインターネットを利用する方で、なるべくストレスなくネットを使いたいという場合は光回線一択となりますね。

光回線のケーブルを通す工事が必要になるので、契約してから実際に利用できるまで1ヶ月ほどかかってしまうのがデメリットです。

しかしそれ以降は快適なネットライフが待っているので、いちばんのおすすめ回線となっています!

③モバイル回線

こちらはWi-Fiルーターなどの持ち運び可能な回線です。料金の安さや、自宅でも外出先でも持っているだけでネットに繋がる手軽さが大きな魅力です。

しかし、無線通信のためどうしても通信環境が不安定になってしまいがちで、地下やビルの間など電波の入りにくい場所では圏外になってしまうことも多く、少し使いづらい面もあります。

屋外でパソコンを使用したり、スマホのギガ数を節約するなどの目的であればかなり便利ですが、自宅のネット回線として活用するには物足りなくなる可能性が高いと言えますね。

④ホームルーター

ホームルーターも最近人気が出てきているネット回線ですよね。工事不要な無線回線で、コンセントに挿すだけで使える手軽さが魅力です。

持ち運びがコンセプトではないものの、コンセントがあれば使えるので、引っ越しをしても使い続けられます。

しかしモバイル回線と同じく無線のため、通信が安定しない場合や、地域によっては電波が届かず利用できない可能性も

通信環境や電波の通りを確認した上で性能に不満がなければ、メインの回線として活躍できるポテンシャルはあります!

光回線の基礎知識

光回線とは?

光回線とは、光ファイバーケーブルという特殊なケーブルを利用したネット回線の総称です。

  • 通信速度が速い
  • 通信環境が安定している
  • 大容量のデータが通信できる

といった特徴があり、一般的に「最もストレス無く利用できるネット回線は光回線である」というように認知されていますよね。

利用料金が月々定額で、どれだけネットを使っても料金が変わらないのもポイントです。

いくつか種類があるネット回線の中でも、現在最も主流な回線と言えるのが光回線になります!

プロバイダ契約が必須

光回線を使ってネットを利用するためには、回線業者と契約するのと合わせてプロバイダとの契約も必須となっています。

プロバイダとは自宅に開通した光回線を実際にインターネットと繋げる役割を担っており、このプロバイダと光回線業者の両方と契約しなければネットを利用することはできません。

そのため本来であれば回線利用料とプロバイダ料金を別々に支払い、その合計が月々のインターネットの使用量ということになります。

しかし近年では光回線利用料とプロバイダ料金がセットになっているプランも多く、プロバイダも回線業者の方で用意してくれるケースが増えてきました。

自分でプロバイダ業者も探して、何度も契約手続きをしなければならないといった面倒はかからない場合が多いので安心ですね。

開通工事が必要

光回線の利用を検討した時に、最もネックになるのが開通工事ですよね。

これは近くの電柱から自宅・あるいは自室まで光ファイバーケーブルを通すための工事で、だいたい約1ヶ月ほど掛かる場合が多いです。

工事料金も15,000円~45,000円程度掛かり、初期費用としてはなかなかの金額ですよね…。

ただし、工事料金はキャッシュバックや通信量の値引きなどで実質無料になるキャンペーンを行っている業者も多いため、気に入った回線業者を見つけたらキャンペーンなどを実施していないか、しっかりと確認することをおすすめします!

マンション・アパートで光回線の工事はできるのか?

マンションやアパートの場合、自室として使っているとはいえ、あくまで賃貸契約を交わして借りていますよね。

光回線を利用するとなると工事が必要になってしまうのですが、果たして自分の住んでいるマンション・アパートは工事ができるのか、あるいは工事をしてもいいのか?というのは一番に気になるところだと思います。

開通工事については、大家さんや管理会社に問い合わせて許可を貰えれば実施しても大丈夫というのが一般的です。

回線業者もマンションプランという料金プランを用意している訳ですから、賃貸住宅に光回線を引き込むというのは皆さん普通にやっていることだと考えて良いと思います。

ただし、建物の設計上の問題でどうしても光回線を設置することができない場合もあるので注意しましょう。

その場合は光回線を契約することができないので、事前にしっかりと確認することが大切です!

マンション・アパートで光回線を選ぶ3つのポイント

①住んでいる地域に対応しているか

光回線には「対応地域」というものがあり、中には一部の地域に対応していない回線業者も存在します。

回線業者が対応していない地域では、その光回線を利用することはできないので、残念ながら候補から外れることになってしまいますね。

各光回線の公式ホームページで自分の住んでいる場所が利用可能かを調べることが可能で、専用フォームに住所を入力すると回線に対応している地域かどうか確認することができるので、事前に確かめてから申し込むようにしましょう!

また、対応地域内でも住んでいるのが山間部や郊外の地区などの場合、開通工事が実施できず光回線が利用できない可能性もあるので、不安な時は業者に相談して確認を取ることをオススメします。

②使っているスマホとセットにできるか

各光回線で設定料金に差はありますが、ほとんどが誤差のようなもので基本的には料金が大きく変わるということはありません。

しかし、光回線はスマホとセットにすることで大幅な割引が期待できます。

回線料金が直接割引される場合や、スマホ料金を安くして間接的に割引する場合などがあるものの、光回線は「使っているスマホに対応した回線」を選ぶのが最もお得な選び方となっています。

各光回線とスマホの対応表については下の表を参考にしてください。

docomo ドコモ光
au auひかり
BIGLOBE光
ソネット光
@nifty光
SoftBank ソフトバンク光
NURO光

表のようにスマホキャリアに対応した光回線でセット割引を適用することで、光回線をお得に利用することができますよ!

③IPv6に対応しているか

光回線を選ぶ上で重要になってくるのが通信速度ですよね。

せっかく光回線を利用するなら、ストレスなくサクサクと動く環境でネットがしたいという方も多いと思います。

そこで注目するポイントが「IPv6(インターネットプロトコルバージョン6)」に対応しているかどうか。

インターネットプロトコルはインターネットにおけるデータ通信の規約を定めたもので、全世界中の端末でインターネットに同時接続できる数に関係しています。

現在はバージョン4、つまりIPv4が主流となっているのですが、昨今のスマホの普及やパソコンの業務使用の一般化もあり、IPv4はパンク寸前になってしまいました。

そこでIPv6が新たに生み出され、これはインターネット上で現在の混雑した回線とは別の回線を通っている訳ですね。

IPv6は通信速度はもちろん、通信環境の安定性においても秀でているので、せっかく光回線を契約するのであればIPv6に対応した回線を選ぶことをオススメします。

これから紹介する7つの光回線はすべてIPv6に対応している光回線なので、ぜひ参考にしてください!

マンション・アパートにおすすめの光回線7つを紹介

①ドコモ光

ドコモ光

マンションタイプ料金 4,000円
開通工事費用 15,000円
対応キャリア docomo
対応エリア 全国
実施中のキャンペーン 有り
IPv6
通信速度 1Gbps
平均通信速度(上り・下り) 147.65Mbps・165.83Mbps
  • docomoのスマホとセットで家族全員のスマホ代が毎月最大1,000円割引!
  • 工事費用が全額分割可能、回線使用料に組み込めるので手軽に始められる!
  • 2年更新のたびにdポイントが貰えるキャンペーンも有り、実質キャッシュバック!

ドコモ光は3大キャリアのひとつであるNTTドコモが運営する光回線です。

料金はプロバイダ一体型の料金となっているため、これ以上の料金がかからず、わかりやすく表示されていますね。

工事費用は分割払いが可能で、月額の利用料に組み込むことが可能。

最大60回まで分割可能で、月々数百円の支払いになるため、工事費用を気にせず申し込めるのも大きな魅力です。

2年更新で契約の場合は、更新のたびにdポイントが3,000ポイントもらえるキャンペーンも実施しているので、さらにお得に光回線を利用することが可能。

大手ならではの安心感もあり、全国のエリアに対応しているので、割引が適用されるドコモスマホユーザーの方であればほぼ一択と言えるサービス内容となっています!

②auひかり

auひかり

マンションタイプ料金 3,800円
開通工事費用 30,000円
対応キャリア au
対応エリア 一部地域で非対応
実施中のキャンペーン 有り
IPv6
通信速度 1Gbps
平均通信速度(上り・下り) 291.1Mbps・360.72Mbps
  • auスマホとセットで家族全員のスマホ料金が毎月500円~1,000円割引!
  • auでんきと併用することで電気利用料の最大5%がポイント還元!
  • 固定電話もセットにすることで各種特典・割引が受けられる!
\auユーザーは必見!/

 

auひかりはKDDIが運営する光回線で、独自回線を使用した快適な通信環境が特徴のサービスです。

セット割引でスマホ料金が割引になる他、電気や固定電話もセットにすることで様々な割引や特典が得られます。

特にひかり+電話プランで固定電話もセットにした場合、

  • 10,000円分のポイントキャッシュバック
  • 他社乗り換えの解約費用を負担
  • 工事費用30,000円を全額割引

などの超お得なキャンペーンが実施されています!

しかし、auひかりには非対応地域があり、中部地方、関西地方の一部地域や沖縄県などでは利用することができないので、注意が必要。

auスマホをご利用で対応エリアにお住まいの方にはオススメとなっています!

auひかり sonet 【徹底比較】auひかりで1番お得&速いプロバイダと変更・乗り換えの注意点を解説
\auユーザーは必見!/

 

③SoftBank光

softbank光

マンションタイプ料金 3,800円
開通工事費用 24,000円
対応キャリア ソフトバンク、Yモバイル
対応エリア 全国
実施中のキャンペーン 有り
IPv6
通信速度 1Gbps
平均通信速度(上り・下り) 167.09Mbps・247.57Mbps
  • スマホデビュープランをご利用中の方を対象に12ヶ月間スマホ代が1,000円割引!
  • 他社からの乗り換え新規契約で工事費用が全額割引もしくはキャッシュバック!
  • 他社乗り換え時の解約費用を最大10万円まで全額負担!
\SoftBankとY!mobileユーザーにおすすめ/

 

3大キャリアのひとつ、ソフトバンクが提供する光回線サービスがSoftBank光です。

豊富なキャンペーンが大きな特徴で、条件を満たせばスマホ割引はもちろん費用と他社解約費用を全額負担してくれるという破格のキャンペーンを実施しているため、乗り換え契約をしやすい環境を整えてくれています。

またソフトバンクだけではなくYモバイルとのセット割引にも対応しているため、両キャリアのユーザーは最もお得に利用できる光回線と言えますね!

対応エリアも全国なので、住んでいる地域を選ばずに利用できるのも魅力。

ソフトバンク、Yモバイルのスマホをご利用の方にはぜひおすすめの光回線です!

\SoftBankとY!mobileユーザーにおすすめ/

 

④NURO光

NURO光

マンションタイプ料金 1,900円
開通工事費用 40,000円
対応キャリア ソフトバンク
対応エリア 一部地域
実施中のキャンペーン 有り
IPv6
通信速度 2Gbps
平均通信速度(上り・下り) 409.32Mbps・463.45Mbps
  • ソフトバンクのスマホ、ケータイ、ipadが毎月1,000円割引!
  • 工事費用40,000円が実質無料になる割引キャンペーン有り!
  • 3ヶ月500円で利用できるお試しキャンペーン実施中!(2021年4月現在)
\工事費用が実質無料に/

 

NURO光の特徴は、なんといっても上り・下りともに平均400Mbpsを超える圧倒的な回線速度の速さ。

複数の端末でインターネットに同時接続し、高画質の動画視聴やPCゲームなどの大容量の通信を行ったとしても、安定した通信を維持することが可能です。

ソフトバンク端末とのセット割引や、工事費が実質無料になる、他社乗り換え時に発生した違約金などの解約費用を最大60,000円負担してくれるキャンペーンなど、手厚すぎる特典が充実していることも大きな魅力。

さらに実質負担0円で光回線ごと引っ越しができるサービスもあり、通信性能や特典を全部含めたサービスの品質は数ある回線業者の中でもトップクラスと言えます!

しかし残念なのは対象エリアが少し限定されていて、北海道・関東・東海・関西・九州でしかサービスを展開していません。

対象エリアにお住まいの方にはぜひオススメの回線となっています!

\3ヶ月500円で利用できる/

 

⑤ソネット光

ソネット光

マンションタイプ料金 1,980円
開通工事費用 24,000円
対応キャリア au
対応エリア 全国
実施中のキャンペーン 有り
IPv6
通信速度 1Gbps
平均通信速度(上り・下り) 195.85Mbps・255.82Mbps
  • auのスマホとセットで家族全員のスマホが毎月500円~1,000円割引!
  • 工事費用を分割して月々の利用料金とまとめられる!
  • wi-fiルーターが永年無料でレンタル可能!

ソネット光は全国エリアに対応していながらもauスマホとのセット割引が適用できるので、auひかりの対象エリア外にお住まいの方でもauスマホとセットでお得に利用することができます。

ゲームや動画視聴サービスと組み合わせたセットプランも用意されており、インターネットを主にゲームや動画に利用する方に特化していることも特徴です。

また工事費用は月額利用料に組み込んで分割し、割引と合わせて実質無料になるのも嬉しいポイントですよね。

wi-fiルーターも無慮レンタルができるので、モバイル回線も同時に利用したいと考えている方にはおすすめの回線となっています!

⑥BIGLOBE光

BIGLOBE光

マンションタイプ料金 3,980円
開通工事費用 27,000円
対応キャリア au
対応エリア 全国
実施中のキャンペーン 有り
IPv6
通信速度 1Gbps
平均通信速度(上り・下り) 174.4Mbps・224.47Mbps
  • auスマホとセットで家族全員のスマホ代が最大1,200円毎月割引!
  • 35,000円キャッシュバックと1年間月額1,480円割引が選べる!
  • 工事費用27,000円が実質無料キャンペーン中!
\今なら工事費用が実質無料/

 

BIGLOBE光はauスマホとのセット割引に対応していながらも全国のエリアで利用できるので、auひかりの対象エリア外の方には特におすすめの回線となっています。

新規申込特典は35,000キャッシュバックと1,480円の12ヶ月間の割引を選ぶことが可能で、工事費用も実質無料となっているのが大きな特徴です。

また、他社乗り換え時は工事不要でそのまま回線を引き継いで利用できる可能性もあるため、乗り換えもしやすくなっているのもポイントですね。

引っ越し時は転居先での工事費用を0円にしてくれるサービスも行っているので、長期間を見据えて付き合っていける光回線と言えますね!

\今なら工事費用が実質無料/

 

⑦@nifty光

@nifty光

マンションタイプ料金 3,480円
開通工事費用 15,000円
対応キャリア au
対応エリア 全国
実施中のキャンペーン 有り
IPv6
通信速度 1Gbps
平均通信速度(上り・下り) 188.74Mbps・165.34Mbps
  • auスマホとセットで家族全員のスマホ代が500円~1,000円毎月割引!
  • Web申込で5,000円~30,000円のキャッシュバック!
  • @nifty光テレビと同時申込で工事費用が無料に!
\毎月最大1,000円のスマホ割引/

 

@nifty光はauスマホとのセット割引が適用され、対象エリアが全国なのでau光の対象エリア外にお住まいのauユーザーにおすすめの光回線です。

申し込みにWebを使うことで最大30,000円のキャッシュバック、テレビも光回線を利用して画質や安定性を向上する@nifty光テレビと同時に申し込むことで両方の工事費用が無料になるので、よりお得に利用することが可能。

他にもネットセキュリティが12ヶ月間無料で利用できたり、wi-fiルーター本体を最大25ヶ月間無料レンタルできたりと豊富な特典が用意されています。

転居時に回線の引っ越しもしてくれるサービスも行っており、長いスパンでの利用を考えている方にはオススメの光回線ですね!

\毎月最大1,000円のスマホ割引/

 

マンション・アパートで光回線を使用するメリットとデメリット

メリット

まずメリットとして挙げられるのは、一戸建ての住宅でよりも安く光回線を利用できるという点です。

月額利用料はもちろん工事費用も安く設定されている場合が多く、それでいて割引は一戸建て住宅と同等のものが適用されるケースがほとんどなので、トータルで見るとかなり価格を抑えて光回線を使っていけます。

戸建住宅に比べて工事期間が短いのも嬉しい点ですね。

また、マンションやアパートに住んでいる方は持家の戸建住宅に住んでいる方に比べて、引っ越しをする可能性が高いと思われますが、光回線業者の中には回線ごと引っ越しサービスを実施しているところもあるので、一度契約してしまえば引っ越しても新たに工事費用を負担する必要がなくなることもポイント。

ネット回線としての性能の高さで見ても、光回線のメリットは大きいと言えますね!

デメリット

デメリットで最初に思い浮かぶのはやはりランニングコストの高さ。

光回線は他のネット回線と比べてどうしても費用が高くなってしまうので、他のモバイル回線やホームルーターで満足できるようなネットの使い方をする場合、コスパが悪くなってしまいますよね。

スマホ割引も家族が多いほど恩恵が受けられるようになっているので、一人暮らしの方の場合はモバイル回線などの方が合っているケースも考えられます。

またマンションやアパートの構造によっては光回線を開通できない建物も存在するので、これが一番のデメリットと言えるかもしれません。

工事をするにあたって、大家さんなどの管理者に承諾を得なければならない点もマイナスポイントですね。

総合的に見て、デメリットが大きいと感じた方は他のネット回線について検討してみるのも良いかもしれません。

まとめ

光回線はその性能の高さから、現在ではネット回線の中でも主流の回線。

そんな光回線を利用するにあたって、マンションやアパートに住んでいることが必ずしも不利な訳ではなく、むしろお得に使えるメリットもあるということがおわかり頂けたと思います。

マンション・アパートにお住まいの方は戸建住宅に住んでいる方よりも低料金で、高性能な光回線を利用していくことができるため、ネット回線の契約を検討している方には非常にオススメです。

この機会にぜひ光回線の申し込みを検討してみてくださいね。