関東圏で人気のおすすめガス会社ランキング!安くてセット割が充実している会社を比較

おすすめのガス会社ランキング

2017年から始まった都市ガスの自由化。これにより以前よりも安くガスを使えるようになりました。

この記事では、東京・神奈川・千葉・埼玉などの関東圏でおすすめのガス会社とガスの乗り換えに関する疑問についてご紹介しています。

ガス自由化とは

ガス自由化とは、2017年に始まった都市ガスの自由化のことを言います。

ガス管を通って家庭に運ばれている都市ガスは、これまで東京ガスなど大手ガス会社が販売事業を独占しており、これによって、東京ガス管轄エリアにお住いであれば、東京ガスとしか契約できず、価格も割高になるといったデメリットが生じていました。

ガス自由化の目的は、

  1.  天然ガスの安定供給の確保
  2. ガス料金を最大限抑制
  3. 利用メニューの多様化と事業機会拡大
  4. 天然ガス利用方法の拡大
    (引用:エネルギーシステムの一体改革について|電力・ガス|資源エネルギー庁

上記のような内容です。

つまり、ガス自由化が始まったことにより、価格やサービスなどで好きなガス会社と契約できるようになったのです。

都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違い

都市ガスは、道路の下に通っているガス管からガスを提供しています。

LPガス(プロパンガス)は、液化されたガスをボンベに詰めて、契約している家庭に業者が配送します。

都市ガスとLPガスは家庭に届くまでの経路も違いますが、ガスの性質も異なります。

そのため切り替え時には工事が必要になったり、ガス機器の買い替えも必要になります。

東京・神奈川・千葉・埼玉でおすすめのガス会社【電気とのセット割も!】

東京ガス管轄エリアでおすすめのガス会社を紹介していきます。

①Looopでんき

looopでんきlogo

Looopは再生可能エレルギーの普及を目的に事業展開をしている会社です。

もともと電力自由化で電気事業に参入してきました。

Looopにはガスだけで申し込みをすることはできませんが、電気とセットで申し込めばセット割が適用されて安くなります。

Looopガスの料金

上記は東京電力と比較したときの料金になります。

Looopでんきは、

  • 基本料金無料
  • 電力量料金26.4円で一定(東京エリア)

このような料金プランとなっています。

これに加えてガスとセット割にすると電気代が通常時よりも-0.4円安い26円となります。

さらにガス料金は基本料金が1,000円かかりますが、どれだけ使っても従量料金が128円/m3で一定!

Looopでんき+ガスは、ガスや電気をたくさん使う2人以上の世帯におすすめです。

お住いのエリアによって価格が異なるので、公式サイトでシミュレーションをしてみましょう!

\ガスも電気もたくさん使うなら/

②エルピオガス+でんき

エルピオでんき

エルピオはもともとガスの供給をしていた事業ですが、電力自由化に伴い電気の小売事業も行なっています。

エルピオの特徴は、過度な広告をしないことで広告費用を削り、それを料金価格に反映することで業界でも最安の料金でプランを提供していること。

エルピオガスには、持家一戸建て向けの2年間の契約を約束する『2年モニタ固定単価プラン』や関東平均価格から2割引になる『2割引プラン』などがあります。

2年モニタ固定単価プランは、2年間の契約をすることで格安でガスが使えるというプランです。

基本料金 2年固定単価
1,650円(税込) 429円(税込)
1,500円(税抜) 390円(税抜)

ガスだけじゃなく、電気とセットで契約すると、毎月のガス代+電気代の合計金額から100円引きになります。

セットで申し込むだけで年間1,200円の節約が可能です!

\業界最安値ならここ!/

③ニチガス

ニチガス

ニチガスは、東証一部上場のエネルギー販売会社で、ガスと電気の供給を行なっています。

ニチガスの料金は以下のようになっており、東京ガスの基本料金と単位料金よりも安いです。

料金表 1か月の使用量 基本料金
(税込)
従量料金
(円/m
3)(税込)
A表 〜5m3 1,485円 0円
B表 6〜20m3 795円 123.43円
C表 21~80m3  1,077円 109.31円
D表 81~200m3 1,244円 107.21円
E表 201~500m3 1,871円 104.09円
F表 501~800m3 6,051円 95.73円
F表 801m3〜 11,903円 88.41円

都市ガスと電気をニチガスで契約すると、ガス代と電気代から毎月300円が割引されます。さらに都市ガスの使用量に応じて変動する従量料金が5%割引になるのでかなりお得です。!

\ニチガスにするのカンタンです!/

 

一人暮らしにおすすめのガス会社:CDエナジーダイレクト

cdエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトは東京電力エリアで電気の供給をしている会社ですが、電気だけではなくガス事業も展開しています。

CDエナジーの特徴は、使用量が少ない一人暮らしのご家庭でも電気代・ガス代のどちらも確実が安くなるという点。

CDエナジーダイレクト 東京ガス
料金表 1か月の使用量 基本料金
(税込)
基準単位料金
(円/m
3)(税込)
基本料金
(税込)
基準単位料金
(円/m
3)(税込)
A表 〜20m3 735.46円 140.76円 759.00円 145.31円
B表 21~80m3 1,022.38円 126.42円 1,056.00円 130.46円
C表 81~200m3 1,193.39円 124.28円 1,232.00円 128.26円
D表 201~500m3 1,833.02円 121.08円 1,892.00円 124.96円
E表 501~800m3 6,100.61円 112.54円 6,292.00円 116.16円
F表 801m3〜 12,065.05円 105.09円 12,452.00円 108.46円

このように東京ガスの価格と比較しても、CDエナジーのガス料金は基本料金・基準単位のどちらも3%ほど安くなることがわかります。

さらに、電気とガスをセットで申し込めば、電気代の基本料金と電力量料金(燃料費調整額を除く)の0.5%相当が割引されます

CDエナジーダイレクトはガスだけ、電気だけの申し込みでも安くなりますが、セット割を活用すればもっとお得になるので、両方一緒に申し込むことをおすすめします。

\ガスも電気も安くしたい欲張りさん向け/

 

ガス会社の乗り換えに関するQ&A

①乗り換えに手数料はかかる?

基本的に初期費用や事務手数料などはかからない場合が多いです。

一部のガス会社で手数料がかかることがありますが、公式サイトに記載しているので、申し込み前に費用がかかるのかどうかを確認しておきましょう。

②ガス会社の乗り換え方法と切り替えにかかる期間

申し込みをすると、ガスの切り替え日の連絡がきます。

申し込みをしてから切り替えが完了するまでは1〜2ヶ月程度かかります。

切り替え日になったら自動で切り替えてくれるので、工事や来訪はありません。

ただし、引っ越し先で新しくガス会社を契約する場合はガス栓の開栓に立会いが必要な場合もあります。

③LPガス(プロパンガス)から都市ガスへの切り替えはできる?

LPガスから都市ガスへの切り替えは、契約先の住所の近くにガス管が通っているか、ガス管の設置工事ができるかによって可否が決まります。

まずは、契約したい都市ガスの会社に見積もりの連絡をし、問題なければ契約、そして工事をするといった流れで都市ガスの供給が開始されます。

工事にかかるお金は15万前後ですが、ガス管から契約先の住所が遠ければ遠いほど工事費用は割高になります。

まとめ

ガス自由化に伴いガス事業に参入したおすすめのガス会社を紹介しました。

ここ最近では、電気とガスのセット割を提供している会社が増え、同時に申し込めばさらに電気代とガス代がお得になります!

ぜひ検討してみてくださいね。