未分類
美容
転職

初心者におすすめのFX口座10選!口座の選び方や安全に始める方法を徹底解説

FX

FXは「Foreign Exchange=外国為替(外国為替保証金取引)」のことです。世界中にはさまざまなタイプの通貨があります。この通貨を交換する際の為替変動によって利益を得る方法をFX投資と言います。

FX投資は、株式投資のようにまとまった金額を用意する必要がありません。数千円や数万円といった少額からスタートできるため、誰でも気軽に始められるのが魅力の投資方法です。そのため、「FX投資を始めたい」「投資に興味がある」という方も多くなっています。

FX投資を始める際は、まずは取引に使用する口座を開設する必要があります。ただし、口座の数は多いため、数あるFX口座の中から自分に合うものを選ぶことに難しさを感じる方もいるでしょう!

そこで今回は、FX投資初心者の方におすすめのFX口座をご紹介します。口座の選び方や口座解説の手順も併せて解説するので、FX投資を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

当サイトで人気のFXアプリ3選
FX口座 おすすめポイント
DMM FX ・最短1時間で取引開始できる!
・取引手数料が無料!!
松井証券 FX ・レバレッジの倍率が選択できる
・取引ツールが使いやすい
LINE FX ・今なら最大5万円キャッシュバック!
・LINEアプリで取引可能◎

【初心者必見】FX口座の選び方ポイント4つ

FX

FX口座は複数あり、使いやすさや取引単位などは口座によって異なります。自分に合った口座を選択できるよう、まずはFX口座の選び方を確認しましょう!

ここでは、主に「取引の最小単位」「スプレッド」「通貨ペア」「キャンペーン」の4つの項目に分けて、口座選びの重要なポイントについて詳しく解説します!

①取引の最小単位で選ぶ

FX取引で売買できる最小単位は口座により異なり、口座を選ぶ上で非常に大切な指標です。この最小単位は「ロット」で表し、1万通貨を1ロットとして最小単位に設定されているのが一般的です。

ただし、中には1ロット=1,000通貨や100通貨に設定している口座もあります。まずは少額から始めたい方や、損失リスクに不安を感じている方は少ない通貨から始められる口座を選びましょう。

②スプレッドで選ぶ

スプレッドとは、FX取引を行う際の実質的な取引手数料のことです。取引コストを少しでも削減して儲けを増やしたい方は、スプレッドを小さく設定位しているFX口座を選んでください。

スプレッドは、金融機関がそれぞれ自由に定められることになっています。口座開設前にチェックしておくことが大切です。

③通貨ペアで選ぶ

安定的に利益を得たい方は人気の高い通貨ペアの用意があるFX口座を、さまざまなFXにチャレンジしたい方は通貨ペアの種類が多い口座を選びましょう。通貨ペアの種類や数は口座によって異なります。

FX取引は、異なる国の通貨を売買する投資方法です。取引の際の通貨の組み合わせを「通貨ペア」と言います。「円で円を買う」「米ドルで米ドルを買う」といった取引は存在しません。

米ドルと日本円は「米ドル/日本円」と表記します。「/(スラッシュ)」の左側に来るのが基軸通貨で、右側に来るのが決済通貨です。そのため「米ドル/日本円」と記載されている場合は、日本円で米ドルを売買するという意味になります。

通貨ペアの組み合わせによっては、FX投資が上手くいくことも損失がでることもあります。利益を生み出せる通貨ペアを選ぶポイントは以下の通りです。

  • 取引している人が多い
  • 値動きが小さい
  • 通貨に関する情報が入りやすい
  • 値動きの予測を立てやすい など

FX口座を選ぶ際は、「希望の通貨ペアの用意があるか否か」も確認しておきましょう。

④口座開設キャンペーンで選ぶ

FX口座開設時にキャンペーンを展開していることがあります。キャンペーンを利用すれば、相対的にFX投資にかかる初期費用を削減できるので、お得にFXを初めたい方にとって大きなメリットです。

例えばキャンペーン内容の一例は以下のようなものがあります。

  • GMOクリック証券:最大30万3,000円をキャッシュバック
  • DMM.com証券:最大20万4,000円キャッシュバック
  • 外為オンライン:最大15万3,000円キャッシュバック+書籍プレゼント など

キャンペーンを利用する際は条件が決まっていることがほとんどです。また、キャンペーン内容は随時更新されるため、気になるFX口座があれば必ず公式サイトをチェックしてくださいね。

初心者必見!FXの基本用語を解説

資産運用

FXについて、知識を深めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは、FXに関する基本用語についてご紹介します。

FX初心者が抑えておきたい用語は主に「スプレッド」「レバレッジ」「スワップポイント」の3つです。基本を抑えておけば、FX取引をする際や口座を開設する際にも自分で適切な判断ができるようになります。

スプレッド

FXでは通常、買値と売値が等しくなることはありません。通貨を買いたい人と売りたい人の間で、通貨の価値に差が出ます。この売値と買値の金額の差が「スプレッド」です。

例えばスプレッドが「0.5銭」の場合、実際にかかる手数料(スプレッド)は1,000通貨では「5円」、1万通貨では「50円」になります。

スプレッドは、平たく言うと実質的な手数料です。スプレッドは小さければ小さいほど、取引にかかるコストを抑えられます。

一見小さな金額に思えますが、FXには最小単位に決まりがあるため意外と大きなコストになります。

レバレッジ

FX取引を行う際は、証拠金を担保として預けます。この資金を何十倍にも大きくして、その費用を基に取引ができる制度を「レバレッジ」といいます。

少ない資金で大きな取引ができることから、「てこの力」や「てこの作用」にも似た働きがあります。

例えば、通常10万円の手元資金がある場合は10万円分の買い物しかできません。しかし、20倍のレバレッジを利用すれば200万円の買い物が可能です。

このように、FX投資はレバレッジの力を利用して、小さな金額で大きな買い物ができる取引となっています。

ちなみに、国内FXのレバレッジは25倍が限度です。また、大きなリターンを期待できる分損失リスクも大きくなるため注意しましょう。

スワップポイント

スワップポイントとは、取引をする2つの通貨の金利差のことです。それぞれの通貨につく金利は全て同額ではないため、このような差ができます。

スワップポイントは、ポジションを保有していれば毎日受け取り可能です。年に数回しかもらえない銀行預金の金利に比べると、効率の良い資産運用方法といえます。

FX投資の基本的な収入源は売買差益ですが、このスワップポイントを利用することで新たな利益を生み出すこともできます。

初心者におすすめのFX口座ランキング10選

FX口座を作りたいと考えている初心者の方に、おすすめの口座を10個ご紹介します。FX口座を選ぶ際のポイントを考慮して厳選しました。それぞれの特徴やメリット、デメリットを解説しますので参考にしてみてください。

①LINE FX

line fx

人気SNSツールを運用する「LINE Financial株式会社」と野村証券の「野村ホールディングス」が提携し、運営しているサービスです。1,000通貨からの少額投資が可能なサービスとなっています。

口座数 10万口座以上
取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:0.1銭
ユーロ/円:0.5銭
スワップポイント 米ドル/円:10円
イギリスポンド/円:25円
通貨ペアの取扱い数 23通貨ペア
スマホの本人確認 可能
取引開始日数 最短当日
キャンペーン 最大5万円キャッシュバック

メリット

  • LINEアプリの利用で情報収集が楽ちん!
  • スワップポイントが高水準
  • 1,000通貨からの少額投資が可能

LINEならではの通知機能があるので、日々の情報を見逃す心配がありません。経済指標や相場の変動などを随時教えてくれます。

情報が通知されるタイミングは以下の通りです。

  • 経済指標
  • 価格変動時
  • 約定時
  • ロスカット時
  • 注文の有効期限が切れた時
  • 入出金があった時 など

自分で全ての情報を探すとなると、時間がかかります。忙しくて情報収集の時間を取れない方に便利な制度でしょう。

また、スワップポイントが比較的高水準に設定されているのも嬉しいポイントです。南アフリカランドやメキシコペソなどを狙えば、スワップポイントによる利益も期待できます。

デメリット

  • デモトレード機能がない
  • スプレッドの固定期間が短め

LINE FXには、デモトレードの機能がありません。取引の練習をしてみたいと考えている方にはデメリットとなります。

また、スプレッドの固定期間が他社より短いのも特徴の一つです。

スプレッドの固定期間はAM9:00〜翌日AM3:00の時間帯となっているので、深夜や早朝にトレードを行う方はスプレッドが拡大され、余計な費用がかかります。

\キャンペーン内容が充実/

②松井証券FX

松井証券fx

松井証券が運用するFXサービスで、1通貨から取引できるのが特徴です。無料で利用できる取引ツールが5つもあり充実度が高いことから、利用しやすさにも定評があります。

口座数 非公開
取引単位 1通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
スワップポイント トルコリラ/円:25円
メキシコペソ/円:60円
通貨ペアの取扱い数 20通貨ペア
スマホの本人確認 可能
取引開始日数 1週間程度
キャンペーン 最大50万円キャッシュバック

メリット

  • 1通貨からの少額投資が可能
  • レバレッジの倍率を選択できる
  • 取引ツールの種類が豊富

松井証券FXは、1通貨(100円)からFXの取引が可能です。大きな損失がでる心配がなく、手元にある小銭程度の金額からでも気軽に始められます。

また、レバレッジの倍率を自分で選択できるのも、初心者にとって嬉しいポイントです。松井証券FXでは1倍・5倍・10倍・25倍の4つの倍率から選択できます。

レバレッジは大きければ、その分大きな取引ができますが、一方で損失がでるリスクも高くなります。松井証券FXは自分で調節できるので、「最初は小さなレバレッジで設定して、どんどん練習を重ねていきたい」というときにも最適です。

デメリット

  • スワップポイントがあまり高くない
  • 通貨ペア数が少ない

スワップポイントがそこまで高くないので、大きなリターンは期待できないでしょう。トルコリラ/円で25円、メキシコペソ/円で60円と、平均的な数値設定です。ただし、ハイリスクハイリターンの戦略を取らない方にとっては、そこまで大きなデメリットにはなりません。

その他のデメリットは、通貨ペア数が多くないことです。30種類近くそろえているサービスも多いため、20通貨では「ごく平均的」といえます。色々な通貨ペアで取引を試してみたいときには不便さを感じるでしょう。

\レバレッジの倍率が選択できる/

③DMM FX

dmm fx

DMM FXは口座開設数80万を突破した、人気の高い証券口座です。電話やLINEでのサポート体制が充実しているため、初心者の方でも始めやすい口座となっています。

口座数 80万口座以上
取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
スワップポイント 米ドル/円:10円(1万通貨)
メキシコペソ/円:60円(10万通貨)
通貨ペアの取扱い数 21通貨ペア
スマホの本人確認 可能
取引開始日数 最短1時間
キャンペーン 最大20万4,000円キャッシュバック

メリット

  • サポート体制が整っていて安心
  • 24時間サポートデスクに相談可能
  • 最短1時間で取引をスタートできる

サポート体制が充実しているのが大きなメリット。

FX投資が初めての場合は取引に悩んだり、操作方法が変わらず苦戦したりすることもあるでしょう。そういったときに、DMM FXではLINEやメール、電話で問い合わせができます。

24時間受付可能なので、「どうしてこうなったんだろう」「次は何をすれば良いのだろう」と悩みを持ち越す心配がありません。疑問や質問が出てきたその瞬間に聞くことができるため、ストレスが軽減されます。

また、最短1時間で取引をスタートできるのも魅力の一つです。スマホでの本人確認が可能となっているため、いつでもどこでもFX口座開設・取引を開始できます。普段会社で働いている社会人の方や、忙しくて時間のない方はDMM FXが適しているでしょう。

デメリット

  • トルコリラの取り扱いがない
  • 最低取引単位が1万通貨

高金利通貨として人気の高い「トルコリラ」の取扱がありません。主要通貨はカバーされている反面、こういったハイリスクハイリターンを狙いたい時には不便を感じるでしょう。

また、最低取引単位は1万通貨です。1万通貨以上のでないと取引できないため、初期費用がかかります。1,000通貨を基本としているサービスが多いので、1万通貨からしか始められないのはデメリットといえます。

ただし、それでも口座開設数は80万口座を突破しているのは重要なポイントです。多くの方がデメリットよりもメリットの方が大きいと判断しているということになります。

手数料も安くサポート体制が充実しているので、初心者の方は利用しやすいFX口座となっていますよ。

\キャンペーン内容が充実/

④GMOクリック証券【FXネオ】

FXネオ

GMOクリック証券は、取引コストの低さに定評のある証券会社です。FX取引高で世界No.1を獲得した実績もあります。

口座数 73万口座以上
取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
(原則固定、例外あり)
スワップポイント 米ドル/円:7円(1万通貨)
メキシコペソ/円:60円(10万通貨)
通貨ペアの取扱い数 20通貨ペア
スマホの本人確認 可能
取引開始日数 最短翌営業日
キャンペーン・特典 最大30万3,000円をキャッシュバック

メリット

  • 手数料とスプレッドが安い
  • 取引ツールが使いやすい
  • 分散投資できる

手数料やスプレッドが安いので、無駄な出費を抑えて手元に残る資金を増やしたいと考えている方におすすめです。スプレッドは原則固定なので、急にスプレッドが広がり出費が増える心配がありません。

また、取引ツールが使いやすいというメリットもあります。「GMOクリックFXneo」や「はっちゅう君FXプラス」といった6種類の独自のアプリが開発されており、初心者でも使いやすい使用になっているのが特徴です。即時注文や情報収集も簡単にできます。

さらに、GMOクリック証券では株式やコモディティ投資なども取引できるようになります。分散投資することで、損失がでるリスクを分散できるため、安定的な資産運用をしたいと考えている方にピッタリです。

デメリット

  • 最低取引単位が1万以上
  • ロスカットに手数料が500円かかる

取引単位が1万通貨以上になっているため、1,000通貨で始められるところに比べると初期費用がかかります。少額から始めたいと考えている方にはデメリットでしょう。

また、万が一の際に備える「ロスカット」を使用する際に、500円(税込)の手数料がかかるため注意が必要です。ロスカットは時価評価額が拠出金の50%を下回るときに強制的に決済される制度となっています。

GMOクリック証券は、手数料やスプレッドは安いものの諸費用がかかるため、投資方法によっては割高に転じることもあるでしょう。

⑤auカブコムFX

auカブコム

大手企業の安心感で人気を集めるauカブコムFX。携帯電話会社であるauと金融グループの最大手MUFGがタッグを組んで運営する会社です。

口座数 137万口座以上
取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
スワップポイント 買い:2円
売り:-57.0円
通貨ペアの取扱い数 13通貨ペア
スマホの本人確認 可能
取引開始日数 最短翌日
キャンペーン 最大100万円キャッシュバック

メリット

  • ミニ取引で少額投資が可能
  • 業界最安値のスプレッド
  • 分散投資ができる

auカブコムFXは「手数料が0円」「最低取引単位が1,000通貨から」となっているので、少額の取引ができます。また、さらに投資リスクを抑えたい方向けにミニ取引という制度も儲けています。ミニ取引の証拠金は通常の1/10です。そのため数千円や数万円あれば、投資を始められます。

さらに、スプレッドも業界最安値水準です。取引以外に発生する諸費用が安く抑えられるので、手元に入るお金を増やすことができます。

また、株式や投資信託で得た利益を担保にFX投資ができるのもメリットの一つです。現金を用意することなく資産運用できます。分散投資をすることでリスクヘッジにもなるため、FX投資以外の投資方法にも興味のある方は、auカブコムFXの利用に適しているでしょう。

デメリット

  • 通貨ペアが少ない
  • 営業時間が短い

auカブコムFXは通貨ペアが少ない点がデメリットです。通貨ペアが多い方がさまざまな稼ぎ方にチャレンジしやすくなりますので、選択肢が限られてしまう場合もあります。

ただし、選択肢が多いと逆に悩みの種が増える可能性もあります。auカブコムFXは通貨ペアを厳選してくれているので、失敗する確率も少なくなるでしょう。

また、コールセンターが設置されているものの、営業時間が短いのもデメリットの一つです。平日の8時~17時が対応可能時間となっています。会社に勤めている方にとっては使用しづらいサービスといえます。

⑥SBI FXトレード

sbi fxトレード

2021年のオリコン満足度調査No.1を獲得した「SBI FXトレード」。株式投資の証券会社としても有名なSBIグループが運営するFX投資専用サービスです。

口座数 30万口座以上
取引単位 1通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:0.09銭
ユーロ/円:0.3銭
スワップポイント 米ドル/円:22円(1万通貨)
トルコリラ/円:23円(10万通貨)
通貨ペアの取扱い数 34通貨ペア
スマホの本人確認 可能
取引開始日数 2日~10日程度
キャンペーン 最大20万4,000円キャッシュバック

メリット

  • 1通貨から投資を始められる
  • 通貨ペアの種類が多い
  • スプレッドが狭く取引コストがかからない

業界最小単位である1通貨から投資が可能です。どこよりも少ない投資額となっているので、「試してみたい」「いきなり大きな金額を投資するのが怖い」と思っている方に適しています。

また、取扱のある通貨ペアが34通貨と豊富なのも嬉しいポイントです。価格変動や世界情勢など状況に合わせて、儲けが出やすいペアでの取引を実践できます。少額投資が可能なので、「どのペアで投資しよう…」と悩んでいるときにも気軽にお試しできます。

さらにスプレッドが狭いため、取引コストを抑えることも可能です。「米ドル/円」は0.2銭程度であるのが平均的な数値ですが、SBI FXトレードのスプレッドは0.09銭となっています。コストが浮いた分は投資に回して、上手に資産形成しましょう。

デメリット

  • 大口投資の場合にスプレッドが広くなる
  • ロスカット時の損失が大きくなる

SBI FXトレードのデメリットは、大口投資の場合にスプレッドが広くなることです。FX投資に慣れてきて、大きな金額で投資を行いたくなったときに不便を感じるでしょう。

他社で新たに口座を開設するか、スプレッドを支払うかを選択しなければなりません。

また、SBI FXトレードはロスカットされた時の損失が大きくなるのも気になる点です。証拠金維持率が50%に設定されているため、大きく値動きがあったときは50%しか手元に残らない可能性があります。

⑦LIGHT FX

LIGHT FX

みんかぶFX「FX会社比較ランキング スワップ部門」で3年連続1位を獲得しているサービスです。初心者から上級者まで使いやすい使用になっています。

口座数 4万口座以上
取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.9銭
スワップポイント トルコリラ/円:23円
メキシコペソ/円:81円
通貨ペアの取扱い数 29通貨ペア
スマホの本人確認 不可
取引開始日数 最短翌日
キャンペーン 最大5万円キャッシュバック

メリット

  • スワップポイントでのリターンを期待できる
  • スプレッドが狭く取引コストがかからない
  • 定約力が高いから安心

ハイリターンを目指す方におすすめのサービスです。LIGHT FXは「高水準のスワップ」と「最低水準のスプレッド」を売りにしています。

手数料を抑えながらもスワップポイントをゲットできれば、大きな利益となります。大きなリターンを見込める通貨とスワップポイントの代表例は以下の通りです。

  • トルコリラ/円:23円
  • メキシコペソ/円:81円
  • 南アフリカランド/円:81円

また、LIGHT FXは定約力が高いことでも人気があります。定約力が高いと定約価格にズレが生じたり、「取り引きできないのでは?」とストレスを感じたりすることがありません。FX投資において安心して取引できるのは大きなメリットです。

デメリット

  • 情報収集が大変
  • 取引ツールの機能が少ない

LIGHT FXのデメリットは、提供している情報量が少ないことです。自社サービスでは「ニュース」と「経済指数」くらいしか確認できないため、それ以外の情報は自分で検索する必要があります。

FXに関する知識が豊富な方や、他のサービスも利用している場合には大きなデメリットになりませんが、初心者には心もとないでしょう。

取引ツールの機能も少ないため、シンプルで分かりやすい一方、情報量の少なさに不安を感じる方もいるかもしれません。

⑧みんなのFX

みんなのfx

オプション機能が豊富なFXサービスです。バイナリーや自動売買も簡単に適用できます。

口座数 45万口座以上
取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.2銭
スワップポイント 米ドル/円:19円
メキシコペソ/円:71円
通貨ペアの取扱い数 28通貨ペア
スマホの本人確認 可能
取引開始日数 最短当日
キャンペーン 最大5万円キャッシュバック

メリット

  • 自動取引サービスあり
  • 業界最狭水準スプレッド
  • スワップポイントが高い

みんなのFXでは自動売買のサービスを利用できます。自動売買はあらかじめ決めたルールに則り、機会が自動的に取引を行うサービスです。

毎日情報収集して取引を行う手間や専門知識が必要ないので、忙しい方や会社員の方、初心者でも安心して利用できます。

また、自分に代わって自動的に取引してくれるので「常に為替変動が気になる」といった精神的な負担がなくなるのも嬉しいポイントです。

他にも、業界最狭水準スプレッドや高いスワップポイントにも定評があります。例えば、「ユーロ/円」のスプレッドは0.5銭程度が平均値ですが、みんなのFXでは0.2銭です。スワップポイントは、「米ドル/円」の平均が10円程度なのに対し、19円に設定されていることもあります。

取引コストを抑えられる上、スワップポイントでの利益も増えれば、手元に入る資金を効率よく増やせるでしょう。

デメリット

  • 約定力が低い
  • ニュースメディアとの提携が1つのみ

デメリットは約定力が低いことです。約定力が低いと、予定していた取引ができなくなり、思うように利益を出せなくなる可能性があります。

約定できたか、できなかったかが常に気になるといったストレスを感じる方もいるでしょう。

また、提携しているニュースメディアが少なく「GI24、fx wave」のみとなっているのも、デメリットの一つです。情報収集は自身で行う必要があります。

⑨外為オンライン

外為fx

2006年に開始されたFXサービスで、長い歴史があります。デモトレードや自動売買、セミナー開催など多数のサービスを提供しているのが主な特徴です。

口座数 60万口座以上
取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:1.0銭
ユーロ/円:2.0銭
スワップポイント 米ドル/円:0円
メキシコペソ/円:5円
通貨ペアの取扱い数 26通貨ペア
スマホの本人確認 可能
取引開始日数 3~5日程度
キャンペーン 最大15万円キャッシュバック

メリット

  • 自動売買のサービスがある
  • 情報の提供量が多い
  • 取引単位が1,000通貨と少なめ

外為オンラインには、「iサイクル2取引」という自動売買サービスがあります。売買のタイミングやルールをあらかじめ設定しておけば、機会が自動的に取引を行ってくれるので、FX投資に関する知識が少ない方でも安心です。

また、外為オンラインは「YouTube動画」「会員限定ニュース」の配信や、「セミナー開催」など、多様なサービスを展開しています。たくさんの情報を提供してくれるため、自分で「情報収集しなければ」といった不安を感じることがありません。

特にセミナーは、FX投資の知識や経験値に合わせて6段階にレベル分けされており、その時に必要な知識や情報を得ることができます。

デメリット

  • スプレッドが広い
  • スワップポイントが低い

外為オンラインのデメリットはスプレッドの広さとスワップポイントの低さです。例えば、米ドル/円:1.0銭、ユーロ/円:2.0銭と設定されていますが、他のサービスでは0.2~0.5銭程度であることがほとんどです。

スプレッドは手数料のようなものなので、スプレッドが広いとその分取引コストがかさみます。また、スワップポイントが低いため、スワップポイントで稼ぎたいと思っている方には不向きです。

⑩外為ジャパンFX

DMM FXと同じ「DMM.com証券」が運営するFXサービスです。DMM FXとの大きな違いは取引単位です。1,000通貨から始められるので、少額投資に向いています。

口座数 80万口座以上
※DMM FXと合わせた数
取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
スワップポイント 米ドル/円:6円
イギリスポンド/9円:60円
通貨ペアの取扱い数 15通貨ペア
スマホの本人確認 可能
取引開始日数 3~5日程度
キャンペーン

メリット

  • 大手企業の安心感がある
  • 取引ツールが使いやすい
  • サポート体制が充実している

大手企業「DMM.com証券」の手厚いサポートを受けながら少額投資を始めたい初心者の方にピッタリのサービスです。外為ジャパンFXは24時間のサポート体制に定評があります。

LINEや電話、メールなどさまざまな方法で問い合わせができるため、トラブルの際や心配事があるときでも安心です。

また、外為ジャパンFXが提供している「外為ジャパンFX  PRO」という取引ツールは、余計な機能を削ぎ落したシンプルな作りになっているため、初心者でも使いやすいと言われています。

パソコン用取引ツールですが、直感的に操作できるデザイン設計のツールなので、普段スマホで情報収集をしている方でも難なく利用できます。

デメリット

  • 通貨ペア数が少なめ
  • デモトレードができない

通貨ペアが15種類と少な目です。数ある中から自分で選びたい方にはデメリットとなります。ただし、安定的なペアでのみ取引を行うのであれば、通貨ペアの数は重視する必要はありません。

また、デモトレードができない点もデメリットの一つです。デモトレードはFX取引の練習用ツールです。デモトレードの際は架空の資金を使うので、実際にはお金がかかりません。

初めてのFX取引では、デモトレードで何度か練習し、取引の要領を掴んでから実践することが多くなっています。

FXの口座開設手順と口座開設に必要な書類

弁護士

FX口座を開設したいと思っている方の中には、口座開設方法が分からず困っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、口座開設方法をご紹介します。手順に沿って開設するので、参考にしてみてください。

FXの口座開設手順

FX口座の開設の流れは、以下の通りです。

1.口座開設の申し込み

口座開設申請は基本的な情報を記入し、書類を提出するだけで簡単にできます。記入する項目の代表例は以下の通りです。

・本人情報
・住所
・職業
・財務情報
・投資目的

2.書類の提出

基本情報の入力が終わったら、本人確認書類とマイナンバー書類を提出します。提出方法は以下の通りです。

・オンライン確認
・Webアップロード
・メール
・FAX
・郵送

手間が少ないため、オンライン確認やWebアップロードなどでの提出がおすすめです。マイナンバーカードや本人確認書類さえあれば、スマホからでも申請できます。

3.審査

FX会社が、入力された項目を確認し審査をします。早ければ最短即日で口座開設可能です。審査基準はそれぞれの証券会社やサービスにより異なります。

4.ログインIDとパスワードの郵送

審査に通ると、メールか郵送でログインIDとパスワードが送付されます。

送られてきたIDとパスワードはログイン・取引開始する際に必要になります。無くさないように大切に保管しましょう。また、万が一の不正使用を防ぐため、SNSへアップしたり他者に教えたりするのも避けるのが無難です。

5.入金

FX口座にお金を入金しましょう。銀行口座から振込をするのが一般的です。メガバンクからの振込であれば、最短即日で反映されるので急いでいる方は利用しましょう。

入金金額は自分で決められますが、少し多めに入れておくと安心です。

6.取引開始

公式サイトにアクセスし、ログインしましょう。ログインIDとパスワードは、郵送で送られてきたものを使用します。無事にログインできたら、取引可能です。

FX口座開設に必要な書類

FXの口座開設時に必要となる書類は2種類です。書類として使用できるもの中から具体例をご紹介します。

本人確認書類

本人確認書類として使用できる書類は多岐に渡ります。以下のようなものを使用しましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し

上記のは本人確認書類として使用される代表的な書類です。ただし、実際に証明として使用できるかどうかの基準はサービスによって異なる場合もあります。詳しくは、各証券会社・サービスのホームページを確認しましょう。

マイナンバー書類

マイナンバーカードを確認できる書類は以下の通りです。

  • マイナンバーカード
  • 個人番号付住民票
  • 通知カード

マイナンバーカードがない場合は、通知カードやマイナンバーが記載されている住民票などで代用できます。

マイナンバー書類や本人確認書類はセットで提出を求められるケースがほとんどなので、どちらか1つではなく両方用意しておきましょう。

【初心者向け】FXの取引の流れ

FX口座を開設し、取引を始める際の流れは以下のようになります。

1.証拠金を用意

まずはFX投資を始めるための証拠金を用意します。取引に使用するぎりぎりの金額ではなく余裕を持たせた金額を入金しておきましょう。

2.情報収集

世界情勢や景気の動向によって通貨の価値は日々変化しています。情報収集しながらどの国の通貨を売買するか決めましょう。

証券会社や銀行などで、為替関連情報を紹介するニュースサイトやアプリを提供していることもあります。さまざまなツールを利用し、できるだけたくさんの情報を集めて分析することが大切です。

3.注文

取引する通貨を決めたら、注文を開始します。注文方法はいくつかあります。会社により異なる場合もありますが、代表的な注文方法は以下の通りです。

  • ストリーミング注文:画面上で配信されている価格で注文する方法
  • 成行注文:価格は指定せず、約定することを重視した注文方法
  • 指値注文:希望の金額を指定する注文方法(安く買い、高く売る)
  • 逆指値注文:希望の金額を指定する注文方法(安く売り、高く買う)

4.ポジションの保有

注文が約定すると、ポジションとスワップポイントを保有します。この時保有する通貨を「建玉(たてぎょく)」と言います。

スワップポイントは、受け取ることもあれば差し引かれることもあるので、日々変化をチェックしておくことが大切です。

5.決済

決済を行うと、取引を終了できます。買い建玉は売り、売り建玉は買いで決済しましょう。

情報収集して時期を見極めながら決済を行うのが理想です。想定通りに為替が変動するとは限らないので、思わぬ利益ができることもあれば、損失に転じる可能性も否定できません。

FX投資においては、損失に転じそうな場合は早めに見切りを付けるとリスクを最小限にとどめられるでしょう。

FXの自動売買とは?メリット・デメリットを解説

FXの取引に「難しそう」「自分ではできないかもしれない」と感じている方もいるかもしれません。そういった場合に便利なのが、自動売買です。

自動売買とは、AIがあらかじめ決めておいたルールに従い、自動的にFXを売買してくれるシステムです。初心者でも始めやすいことから、近年人気が高まっています。

自動売買のメリット

知識や時間がない方でも始めやすい

自動売買の主なメリットは、深い専門知識がなくても始められることです。FX投資は為替変動や世界情勢などさまざまな情報を分析しながら、売買する必要があります。そのため、投資や外国為替に関する勉強、情報収集が欠かせません。

仕事をしながら勉強や情報収集、リスクヘッジを行うことに難しさを感じる方もたくさんいます。そういった場合に便利なのが自動売買です。ルールに則り機械的に売買してくれるので、初心者でも高度な知識やスキルを持つプロと同じようにFX投資を進められます。

精神的な負担が少ない

「精神的ダメージ」が少ないのもメリットの一つです。FX投資を行う方の中には、トレードの結果や為替変動に一喜一憂したり、値動きが気になりすぎて常に情報を収集したくなったりする方も珍しくありません。

「あの時こうすれば良かった」など、後悔したり疑心暗鬼になることもあるでしょう。

一方、自動売買は最初にルールを設定するため、トレード結果が出るのを待つだけで済みます。ハラハラドキドキしても結果的にどうすることもできないので、落ち着いて投資ができるようになるのです。

自動売買のデメリット

手数料がかかる

売買手数料が発生するのが自動売買のデメリットです。通常は、スプレッドが実質的な手数料として発生しますが、自動売買ではスプレッドに加えて売買手数料が上乗せされます。

取引コストがかかるので、「少額から始めたい」「費用を抑えたい」といった希望のある方には向かないでしょう。

多少の知識は必要になる

アルゴリズムの種類は豊富にあります。どれを選ぶかは自分で決めなければならないので、最低限のFX投資に関する知識は必要です。アルゴリズムが変われば運用成績も変わるため、選び方が重要になります。

また、自動売買とはいえ、状況を見ながら設定を変更したり売買を停止したりしなければなりません。完全放置というわけにはいかないので、デメリットを感じる方もいるでしょう。

自動売買を利用するにしても、状況判断できる程度の知識は必要になるため、FX投資を始める際には事前に勉強しておくことが大切です。

【Q&A】FX投資に関する疑問を解説!

ポイント

FX投資を始める際は、気になることや疑問がたくさん出てくるでしょう。よくある質問を調べ、数の多かった質問を5つピックアップしました。

Q1:FXは投資初心者でもできますか?

A:初心者でもできます。取引単位が小さく少額から始められるサービスを選ぶと、大きな損失が出にくく安心です。

また、「デモトレードがある」「取引ツールが使いやすい」「情報提供が多い」といった点もしっかりと比較し、知識や経験がなくても気軽に始められるサービスを選びましょう。

Q2:FXで得た利益には税金がかかりますか?

A:FXで得た利益は雑所得に分類され、申告分離課税が課されます。税率は20.315%で、損失があれば損益通算や繰越控除の制度も適用できます。

また、以下のような方は確定申告も必要になるため注意しましょう。

  • 給与以外の所得が20万円を超える人
  • 給与が2000万円を超える人
  • 給与を2カ所からもらっている人
  • 控除を受ける人

Q3:FX口座の審査で落ちることはありますか?

A:審査では、一定数落ちる方もいます。ただし、クレジットカードを作成するときと違って、信用情報をチェックするようなことはありません。

自己申告によって記載された個人情報に嘘や偽りがないかを確認しています。そのため、虚偽の申告をするのはやめましょう。

また、場合によっては「保有資産〇万円以上」などと条件が決まっていることもあります。詳しくは各サービス・証券会社のホームページをご確認ください。

Q4:初心者におすすめの通貨ペアはありますか?

A:初心者の場合は、損失リスクの小さい取引から始めるのが良いでしょう。そのため、以下のような通貨ペアがおすすめです。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • イギリスポンド/円

「米ドル」「ユーロ」「ポンド」「円」などはメジャー通貨と呼ばれ、取引量が多く流動性が高い通貨となっています。一方、トルコリラや南アフリカランドなどはマイナー通貨と呼ばれ、流通量が少ないことからスプレッドが広くなる傾向があります。

また、マイナー通貨はスワップポイントが高く設定されていることがほとんどです。リターンを期待できる反面、大きな損失がでる可能性も秘めています。初心者は、まずは安定性の高い通貨ペアを選び、運用に慣れていくことが大切です。

Q5:FX初心者は失敗しやすいですか?

A:初心者の場合は、闇雲にFXを始めると失敗する可能性があります。FXの知識を深めて、運用ルールに則り取引していけば、大きな損失を防ぐことができるでしょう。以下のようなポイントを抑えて、自分なりのルールを設定しましょう。

  • 1回ごとのトレードで、損失よりも利益が上回るようにする
  • レバレッジは小さい倍率から始める
  • 収集した情報を基にしっかりと状況分析する
  • 最初は、取引に使用する通貨ペアを1~2個に絞る
  • 損失が出た場合は早めに損切する
  • 1回ごと、取引の内容を振り返る など

FXでは、損失が出ても借金を背負わされるわけではありません。最悪、投資資金が0になるだけです。失敗を極端に恐れすぎず、しっかりと状況分析しながらリスク管理をしていくことに意識を集中させましょう。

まとめ

FXは初心者でも始められる投資方法です。資産形成を検討中の方はぜひチャレンジしてみましょう。

FX口座を選ぶ際のポイントは以下の4つです。

  • 取引単位が小さい
  • スプレッドが狭い
  • 通貨ペアの種類が豊富
  • お得なキャンペーンがある

証券会社やFXサービスによって、メリット・デメリットがあります。各サービスの特徴をしっかりと比較し、自分の投資スタイルに合う口座を選びましょう。今回の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事