Interview

インタビュー

Contents Media Team
Ogata Y.
コンテンツメディアチーム
Ogata Y.

自己紹介

宮崎県出身で、高校を卒業してすぐ、都会に出たくて足場会社の事務に就職しました。トラックの運ちゃんや現場の職人・鳶さん達は見かけによらず情に厚いという事と、「ディズニーランドの裏側は一生知らないまま生きていた方が良い」という事を学びました・・・・。
趣味は古着屋さん巡りと漫画を読むこと。ギターも始めましたが全然弾けません。
あとは基本的に一人でぶらりと放浪するのが好きです!大抵の場所は一人で行けちゃうのでよく周りにびっくりされます。お気に入りスポットは京都と鎌倉~江の島・下北沢です!

入社理由とエレビスタの魅力

4年間勤続した前職ではマニュアル化された業務と上層部の古い考えに嫌気がさしてしまい、転職を考えていた時にエレビスタの求人に出会いました。
元々は事務方としての募集に応募していましたが、事務は事務でも他の会社とは違って「裁量が大きく、何でもやらせてもらえる」という謳い文句に魅力を感じて応募しました!
実際に入社してみて、いい意味で「軸が無い」状態だったので、社内の書類管理、データ管理1つとっても自分でイチから体制を整えていけるところにやりがいを感じましたし、今はだいぶ整ってきたので、事務の枠を超えて興味のあったコンテンツ制作にも拘わらせて頂いていて毎日楽しいです!

今の業務、ミッション、やりがい

今は総務とコンテンツメディアチームで、「映画メディア」のディレクションを兼任していますが、どちらも「裁量が大きい」のが一番のやりがいです!
転職前は決められたことをやる、上に従う!という感じで毎日仕事がつまらなかったのですが、エレビスタに入ってからは「自分で考える」機会を頂ける事が本当に多くて「えっそれ、私で決めちゃっていいの!?」という事が毎日多発するんです。
そうすると今まで踏み込もうともしなかったところの知識を得る為に色々と調べたりするようになって、そうやって1つ1つ毎日成長していけるのが楽しいです。

こういう人たちと働きたい

自分自身と戦っている人が凄く魅力的だなと思います!
もちろん、自分より凄い人を見て”上”を目指す分には良い事なんですが、「自分はあの人とは違う」って諦めてハードルを下げてしまったり、下を見たり横に並んでるライバルを眺めては「自分はこんだけ頑張ってる」「この人よりは凄い」って指標にしちゃうのはとっても残念だと思っています・・・。
よく名言とかでも言われていますが「自分の最大の敵は自分」だと思うので、今日より明日、明日よりその先!と常に自分の限界を超えようと頑張っている人と一緒だと、私もとっても刺激をもらえます!