美容
資産運用

【どうにかしてお金を借りたい!】即日融資を受ける方法を職業と年齢別に解説

お金を借りる方法

急場を凌ぐための少額の借入であったり、トラブルが発生してまとまったお金が必要になったり、自動車や住宅の購入資金、教育資金など、お金が必要になる理由はさまざまですよね。

ただし、お金を借りると言ってもその方法は様々で、自分に合った借り方をしなければその後の返済でさらに苦しくなってしまう可能性が高いです。

そこで今回はすぐにお金を借りられるサービスや年齢別・職業別のお金を借りる手段、審査に通らない人がお金を借りる方法など、お金を借りることに特化した内容をまとめてみました。

ファイナンシャルプランナーの視点からそれぞれ詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください!

今すぐ現金が必要…!即日でお金を借りる方法

お金を借りる方法というのはいくつかありますが、早くても数日かかってしまう場合が多く、その場ですぐに借りられる手段は限られています

即日融資を受けられるのは、下記の2通りです。

  • カードローンで借入する
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する

カードローンで即日融資を受ける

すぐに即日でお金を借りられる手段としてもっともメジャーなのが、カードローン。

カードローンとは契約するとローン専用のカードが発行され、そのカードを使えばATMなどから預金を引き出せ、手軽にお金を借りることができます

利用限度額は最大800万円と、かなり大きな金額を契約できることが特徴です。

その中でも、消費者金融が提供しているカードローンであれば、即日融資を受けることができます。つまりカードローンは申し込んだ当日にお金を借りることが可能で、まさしく「いますぐにお金を借りる方法」と言えますね。

ただし当然ですが営業時間や審査にかかる時間、手続きなどが必要なので、いつ申し込んでもすぐに融資が受けられる訳ではありません。

夕方~深夜にかけてなど、審査を受け付けていない時間があるため、お金が必要だとわかった時点で早めに申し込みしておくようにしましょう。

またローンである以上は審査が必ず必要なので、信用能力が足りない場合は審査落ちしてしまい、お金が借りられない可能性もあります。

消費者金融カードローンは他の貸金サービスと比べて審査が通りやすい傾向がありますが、絶対ではありません。それでも即日融資が可能な点や、カードで簡単にお金を借りられる利便性から、すぐにお金を借りる方法として非常におすすめです!

周囲にばれたくないなら「SMBCモビット」

SMBCモビット

金利 3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
web完結 可能
職場への連絡 Web完結でなしにできる
学生の利用 可能

SMBCモビットは以下で紹介する大手消費者金融と比べると知名度が低く、歴史も浅いですが、充実したサービスで人気を伸ばしているカードローン。

返済額がTポイントで還元されたりWeb完結を選べば職場への電話連絡をなしにできるなど、他のカードローンには無いサービスを行っていることが大きな特徴です!

基本的にカードローンは審査時に職場に担当者が直接電話し、申込者が本当に申告した勤務先に勤めているかを確認する在籍確認を行っています。

もちろん申込者のプライバシーに配慮し、カードローンの審査のための電話であることは伏せて連絡してもらえるのですが、ばれないか心配になりますよね。

SMBCモビットの場合、Web申し込みでカード不要のWeb完結を希望することで、在籍確認を会社名が記載されている健康保険証などを用いた書類確認で済ませてもらうことが可能です。

在籍確認を書類で済ませるのはカードローンの中では珍しく、会社に連絡されるのがどうしても嫌だという人にはおすすめのローンとなっています!

\電話連絡なしにできる◎/

アイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
web完結 可能
無利息期間 30日間

アイフルも大手消費者金融カードローンとして有名なので、ご存知の方も多いと思います。

無利息期間は契約日の翌日から30日間と設定されているので、契約後はすぐに融資を受けないと無利息期間がムダになってしまうことに注意が必要です

即日融資やWeb完結が可能、女性専用ダイヤル、24時間365日振込キャッシングなど、充実したサービスもさることながら、特に重要なのは電話による在籍確認を原則として行っていないという点

SMBCモビットと同様に、健康保険証など勤務先に在籍していることを証明できる書類があれば電話確認は免除されます。

さすが大手だけあって総合力ではプロミスに引けを取らないので、アイフルもぜひおすすめのカードローンです!

\最短1時間で即日融資可能/

初めての方なら「アコム」 

アコム

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
web完結 一部可能
無利息期間 有り
在籍確認 有り

はじめてのアコムのCMでおなじみの大手消費者金融カードローンです。

無利息期間はアイフル同様、契約日の翌日から30日間なので、契約後はすぐに融資を受けるのが望ましいですね。

アコムの特徴はサポート面の手厚さで、申し込み前も利用中も気軽に相談できるサポートデスク、返済が難しい時には減額や一時免除にも対応してもらえる返済サポートなど、カードローン初心者が相談できる環境を整えてくれています

ちなみにWeb申し込み後、カードを受け取る必要があるので郵送物を自宅で受け取るか、店舗や無人契約機でカードを発行してもらうなど、一部Web完結できない部分があるので注意しましょう。

\最短1時間で即日融資可能/

クレジットカードのキャッシング機能で借りる

クレジットカードのキャッシング機能も、すぐにお金を借りる方法として優れています。

クレジットカードを普段から利用している方は多いと思いますが、その用途はショッピング利用がほとんどでしょう。クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能の2種類の機能があり、

  • ショッピング:買い物をする時にその場で商品の金額分のお金を貸してくれる機能
  • キャッシング:現金を引き出す機能

この2つの機能を1つのカードに備えています。

同様にショッピング利用できる枠と、キャッシング利用できる枠とで2つの上限金額が設定されており、ショッピングは数10万〜数100万円、キャッシングは10~20万円程度と、利用額が異なり、利用明細などで両方の残高を確認することが可能です。

基本的にクレジットカードはショッピング利用がメインで、キャッシング機能については別途で申し込む必要があるため、自分のクレジットカードがキャッシング利用できるかは利用明細やカスタマーセンターに問い合わせして確認しましょう。

キャッシング機能が付与されていた場合、コンビニのATMなどにカードを挿入し、キャッシング利用を選択することで簡単にお金を借りられます!

今すぐ融資を受けたい人はコンビニATMを使おう

コンビニ カードローン

給料日前などお金がない時に出先で急にお金が必要になったという経験をした方が多くいらっしゃると思います。

コンビニでお金を借りる方法は、下記の3通り。

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング

消費者金融カードローンはアコム・アイフルなどの消費者金融でお金を借りることをいいます。消費者金融カードローンは短時間審査で即日融資を受けることができるのが最大の魅力でしょう。

事前にキャッシング審査を受けていない場合は審査が新たに必要となり、申し込み〜融資までの時間は2週間ほど要します。

この3種類の融資の違いをまとめると次のようになります。

金利 最短融資 無利息期間
消費者金融 3.0〜18.0% 即日 30日〜180日
銀行カードローン 1.5〜14.6% 2週間
クレジットカードのキャッシング 4.4〜18% 2週間

コンビニのATMでお金借りるなら大手消費者金融カードローン

通帳と5枚の1万円札

コンビニで大手消費者金融のカードローンを組む際には、次のような方法があります。

  • ローンカードを利用して借り入れを行う
  • スマホATM取引を利用して借り入れを行う

Web申し込みを行うことで最短30分で審査を終えることができ、スマホATM取引を利用することでローンカード到着を待つことなく、すぐに借り入れを行うことが可能。借り入れを急いでいる人には有難い制度ですね。

申し込みから融資までの簡単な流れは次の通りです。

  • STEP.1
    公式Webサイトから申し込み

    利用したい消費者金融の公式サイトにて申し込みを行います。その際に必要になる書類がありますので、事前に確認しましょう。

    必要書類
    ・本人確認書類(顔つき)
    ・収入証明書
    ※借入総額が50万円以下だと免除の場合も
  • STEP.2
    審査結果

    審査結果は消費者金融によってことなりますが、最短で30分~1時間の会社が多いです。

    基本的には、メールや電話で審査結果が来ます。

  • STEP.3
    融資開始

    審査に通ったらスマホアプリを起動し、案内に沿ってATMを操作してください。

この方法に沿って操作すると、最短1時間〜2時間ほどで借り入れを行うことができます。

急な借り入れがある場合はWeb申し込み〜スマホATMが最適です!

\最短1時間で即日融資可能/

低金利でお金を借りたい人向けの手段

お金を借りる

お金を借りる際に、最も気になるのが金利の高い安いですよね。

必ずしもそうとは限りませんが、基本的に簡単・お手軽に借りられる方法ほど、金利は高くなってしまいます

消費者金融系カードローンや、クレジットカードのキャッシング機能はすぐにお金を借りられる半面、金利が18%前後の高金利で設定されています。

簡単にお金を借りられたとしても、金利が高いということは総返済額が大きくなるということなので、その後の返済が苦しくなってしまうかもしれません。

お金を借りるのは借りたお金を返す前提の契約なので、返済が滞ったり返せなくなってしまうと大きなペナルティを受けてしまいます

少しでも返済に余裕を持つためには、金利が低いというのは重要なポイントになりますね。

そこで低金利でお金を借りられる手段について、2つ紹介します。

銀行系カードローンを利用する

同じカードローンであっても、銀行が運営しているカードローンは比較的金利が低いです。

消費者金融系のカードローンの金利が4.0%~18.0%ほどなのに対し、銀行系のカードローンは1.5%~14%ほどで設定されています

どちらも契約した借入限度額が大きいほど金利が低くなります。

消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの最大金利の差は4%。この4%差は非常に大きく、例えば100万円を1年間借り入れると消費者金融で18万円、銀行で14万円の利息が発生し、すでにこの時点で4万円の差がついてしまいます。

利息は借入額が大きければ大きいほど、返済期間が長ければ長いほどにどんどん膨らんでいき、総返済額が大きくなれば月々の返済額も大きくなるので、返済を続けていく難易度が高くなります。

大きな金額、長い期間で借入をしたい人ほど、低金利にこだわって銀行系カードローンを利用するのがおすすめです!

関連:低金利でおすすめの銀行カードローンランキング|審査が厳しいって本当?

①三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 4.0%~14.0%
審査時間 最短翌営業日
融資スピード 最短翌営業日
web完結 一部可能
無利息期間 無し
在籍確認 有り

三井住友銀行が提供する金融サービスであり、メガバンクならではの充実したサービス、低金利が魅力のカードローンです。

銀行ローンとしては珍しく、三井住友銀行の口座を持っていなくても利用することができます

ただし三井住友銀行の口座があった方が優遇されており、口座を持っている場合は申し込み関係の手続きをすべてネットで完結でき、契約後は自身がいま使っている三井住友銀行のキャッシュカードがそのままローンカードとして使用できるように

口座不要で利用できるものの、三井住友銀行のようなメガバンクの口座は作っておいて損はないと思うので、カードローンを利用する際は口座開設も同時に行うのがおすすめです!

詳しくはこちら▷
三井住友銀行カードローンの審査は甘い?評判・口コミから審査に通るコツを解説!

\最短1時間で即日融資可能/

②auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローン

金利(実質年率) ・通常コース:1.48~17.5%(年率)
・au限定割誰でもコース:1.38~17.4%(年率)
・au限定割借り換えコース:0.98~12.5%(年率)
最大借入限度額 最大800万円
web完結 可能
審査時間 最短翌日以降
融資までの時間 最短翌営業日以降
学生の申し込み 可能(20歳以上の学生に限る)

auじぶん銀行とは、KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資によって設立したインターネット銀行で、auユーザー以外の方でも利用できます。

窓口を設置しない銀行のためコストを削減しており、銀行系カードローンの中でも破格の金利の低さを実現しています。

収入のある学生であれば申し込み可能なので、低金利のカードローンを探している人にぴったりです!

詳しくはこちら▷
auじぶん銀行カードローンの審査は甘い?金利や利用者の口コミを解説!

\低金利で借入可能!/

 

③みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

金利 2.0%~14.0%
審査時間 最短翌営業日
融資スピード 最短翌営業日
web完結 一部可能
無利息期間 無し
在籍確認 有り

みずほ銀行といえば誰もが知っているメガバンク。みずほ銀行カードローンはメガバンクならではの低金利、豊富なサービスが魅力です。

みずほマイレージクラブに加入していると取引状況に応じて特典を受けられるほか、みずほ銀行で住宅ローンを利用していると金利が0.5%引き下げられるなど、みずほ銀行の他のサービスを利用することでよりお得にカードローンを利用できるという特徴があります。

口座開設が必須ではありますが、みずほ銀行をメインバンクとして使うことで他のサービスと相乗効果を発揮し、より有利な条件で利用していくことが可能です。

みずほ銀行をメインで使っている人、これから使っていきたい人にぜひおすすめのカードローンとなっています!

無利息期間ありのカードローンを利用する

消費者金融カードローンの中には、無利息期間が設定されているカードローンがあります

主な無利息期間付きローンは以下の通り。

プロミス 初回利用日の翌日から30日間
アイフル 初回契約日の翌日から30日間
アコム 初回契約日の翌日から30日間
レイクALSA 初回契約日の翌日から60日間、もしくは借入額の5万円まで180日間

これらのカードローンは定められた条件・期間のあいだは無利息で借入することができるため、その範囲内で返済を終えれば実質金利0%で借り入れることができます

初回という縛りがあるため、次回からの利用では利息がかかってしまいますが、もし1ヶ月以内の返済ができなかったとしても1ヶ月の無利子の効果は大きいので、借入内容によっては銀行カードローンより安く借りられる可能性も。

1ヶ月以内に完済する見込みがあるのであれば、金利0%の借入が可能なので、はじめてカードローンを利用する方には無利息期間付きカードローンを選択することをおすすめします。

職業・年齢別でお金を借りる方法|専業主婦、ろうきん、学生…

ここからは、職業や年齢ごとにお金を借りる方法を分けて紹介していきます。

学生がお金を借りる方法

  • 学生ローン
  • カードローン

大学生がお金を借りる条件は、アルバイトなどで収入を得ていることです。

学生ローンは大学、短期大学、専門学校、予備校などに在籍していれば未成年でもお金を借りることができるので、最低限の安定した収入が条件になります。

カードローンは基本的に学生であっても収入さえあれば利用可能ですが、満20歳以上で成人している必要があり、未成年は利用できません

関連:学生でも借りられるおすすめのカードローン5選|審査落ちする学生の特徴は?

個人事業主

  • カードローン
  • 銀行・信用金庫の事業用貸付
  • 事業用ローン
  • 公的融資

個人事業主がお金を借りる場合、私生活で使うお金なのか事業で使うお金なのかで、借入先が変わってきます

基本的にカードローンは事業用資金として利用することはできないので、カードローンを借り入れる際はプライベートで使うお金限定となり、仕事用の資金にはできません。

逆に銀行や信用金庫などの事業用貸付、貸金業者の事業用ローン、国や地方自治体の公的な融資を受けられるのは、自らが営む事業用の資金が対象となります。

借入するお金の用途によって、借入先が違ってくることを覚えておきましょう。

公務員

  • カードローン
  • ろうきん
  • 共済組合の貸付制度

公務員は一般の会社員と同様にカードローン、ろうきんなどからお金を借り入れることが可能です。

基本的に公務員は信用能力が高く、よほどのことがない限りはどのような金融機関・貸金業者からもそれなりにまとまった金額を借りられると思います。

公務員のみが利用できる貸付として、共済組合の貸付という制度もあり、この制度を使うと自分の所属する共済組合からお金を借りられます!

ただし共済組合の貸付は貸付事由が細かく決められており、自動車購入や教育費など、決められたことに使うお金しか借りられないため、自由度では他の金融サービスと比べると劣ってしまいます。

関連:お金を借りたい公務員が使える共済組合貸付制度とは?対象になる条件や審査の流れを解説

専業主婦

  • 配偶者貸付
  • 銀行カードローン

基本的にローンなどの金融サービスは返済してもらえることが前提なので、収入がない専業主婦の場合はお金を借りることができません

ただし、配偶者の収入を自身の収入と見立てて審査をしてもらえるケースがあり、その場合はお金を借りられるケースもあります

ひとつは配偶者貸付という制度です。

これは配偶者の同意のもと、配偶者と本人の収入を合算した年収でお金を融資する制度になっています。

消費者金融カードローンやレディースローンの中でも、一部配偶者貸付を採用している会社があるため、この制度を利用すれば専業主婦でもお金を借りられます。

もうひとつは一部の銀行において、専業主婦であっても配偶者の年収で審査を受け付けてくれるカードローンがあり、こちらは配偶者の同意が必要ないので家族に内緒でお金を借りることができます。

専業主婦であっても、配偶者に収入があればお金を借りることは可能だということですね!

関連:専業主婦におすすめのカードローンランキング|夫にバレずにお金を借りる方法

シングルマザー

シングルマザーがお金を借りる方法として挙げられるのが以下の2つです。

  • 公的機関が実施する貸付金
  • カードローン

公的機関が実施する貸付金

金銭的な余裕がない、今後の子どもの教育費などでお金が必要なシングルマザーは、厚生労働省の経済支援制度(貸付制度)を検討してください。

代表的なものは以下の2つの制度です。

  • 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度
  • 生活福祉資金貸付制度①母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

シングルマザーが利用する公的支援の中で欠かせないのが、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度(ぼしふしかふふくししきんかしつけきんせいど)です。

ひとり親家庭の方の自立と安定生活を送ることを目的に貸し出しを行う制度で、以下のような利用条件があります。

  • 20歳未満の児童を扶養する配偶者のいない女子または男子
  • 寡婦
    ※寡婦(かふ)=夫と死別又は離別して再婚していない女性、夫のいない独身女性

その他に貸付利用対象や貸付限度額の上限、据置期間、償還期間に利率などといった内容は「男女共同参画局」のリンクから確認してください。

(参照:男女共同参画局:母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

②生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度では、生活支援費として2人以上の世帯で月20万円を限度にお金を借りられます

現在はコロナ禍での特例で、新型コロナウィルスが原因で生活が困窮した世帯を対象に一時的な生活費としての「緊急小口資金」、生活再建のために一定期間の生活費を貸し出す「総合支援資金」の貸し付けを行っています。

いずれも無利息でお金を借りられますが、住民票などの書類提出が必要です。

また、自治体によっては自立支援相談が必要な場合があります。

注意点として、生活福祉資金貸付はどなたでも利用できるわけではありません。以下のような場合、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

  • 生活保護を受けている
  • 安定収入がない
  • 借りたお金の返済能力がない
  • 他の貸付制度を利用できる
  • 多額の負債がある
  • 住民票と居住地の住所が異なる
  • 特定の住所がない

JAバンク(農協)の組合員

  • カードローン
  • 事業用ローン
  • JAバンク各種ローン

JAバンクの組合員には2種類存在し、農家である正組合員と、農家ではないが農協に出資している准組合員があります。

どちらの組合員であっても、働いてお金を稼いでいるので、カードローンなど一般的に労働者が借りられる金融サービスはもちろん、農家で個人事業主であれば事業用ローンも借入することは可能です。

その他にJAバンクには組合員を対象とした各種ローンがあり、マイカーローンや住宅ローン、カードローン、フリーローンなどさまざまな組合員限定ローンを申し込むことができます

また農家であれば農業融資も受けられるため、農協の組合員にはJAバンクの各種ローンがおすすめです!

ハローワークで休職中の人

ハローワークで申込できる融資や給付金は、下記の7つ。

  1. 失業手当
  2. 職業訓練給付金
  3. 職業訓練受講給付金
  4. 求職者支援資金融資
  5. 生活福祉資金融資
  6. 住宅確保給付金
  7. 臨時特例つなぎ資金

それでは1点ずつ紹介していきます。

①失業保険

失業保険とは、働く意思があるのに就業できずにいる人の生活費を補助する制度。雇用保険に加入していた会社員が対象となります。

勤務日数や離職理由によって受給できる金額や期間は異なっており、最大360日間お金をもらえます。

1日あたりにもらえる金額は前職での賃金を日給に換算した場合の50~80%で、返済は不要となっています。

受給条件

以下の条件に両方当てはまるとき、基本手当が支給されます。

  • 就職しようとする積極的な医師があり、就職できる能力がある
  • 離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12か月以上あること
    (ただし特定受給資格者や特定理由離職者は、離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6か月以上あれば可能)

病気やケガ・妊娠や出産、育児・定年退職でしばらく休養したい・結婚で家事に専念したいという場合は受給できません

またフリーランスや自営業で働いていた方も対象外となります。

②教育訓練給付金

教育訓練給付金は求職者支援制度のひとつで、労働者が働くためのスキルやキャリアを磨くために支援される給付金です。厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了すると、受講費用の一部が支給されます。

受講内容によって3種類に分けられ、すべて返済は不要となっています。

(参考:国から支援を受けられる主な講座・資格リスト

③職業訓練受講給付金

職業訓練受講給付金は、失業給付が終了したあと職業訓練を受ける費用をサポートしてもらえるものです。

  • 求職中の失業保険がきれてしまった
  • ハローワークから職業訓練を受けるようにいわれた

このような人が利用しています。

支給額は月額10万円と通所手当で、返済は必要ありません

受給条件

以下の項目に該当する人が申込可能です。

  • ハローワークに求職の申込をしている
  • 雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者ではない
  • 労働の意思と能力がある
  • 職業訓練の必要があるとハローワークが認めた
  • 本人収入が月に8万円以下
  • 世帯収入が月に25万円以下
  • 世帯全体の金融資産が300万円以下
  • 住んでいるところ以外に土地や建物を所有していない
  • すべての訓練実施日に出席(やむを得ない場合でも8割以上)
  • 世帯の中に、同時に支給している人がいない
  • 過去3年以内に不正行為で受給を受けていない

④求職者支援資金融資

求職者支援資金融資は、職業訓練受講給付金をもらう予定の人を対象とした融資制度です。上限は毎月5万円までもしくは10万円まで、受講予定訓練月数分もらえます。

ハローワークで貸付要件などの確認を行い、そのあとハローワークに指定された金融機関で手続きをします。

保証人や担保人は不要で、貸付利率は3%と低めですよ。

受給条件

  • 職業訓練受講給付金の支援決定を受けた
  • ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた

(参照:求職者支援資金融資のご案内

⑤生活福祉資金融資

生活福祉資金融資は、低所得者や高齢者、障害者が安定した生活を送れるように都道府県の社会福祉協議会が資金の貸付けや相談など支援をする制度です。

使用用途に応じて最高580万円までお金を借りられ、貸付金利も1.5%と銀行や消費者金融に比べてかなり低く設定されています。

生活福祉資金融資の内容は4つに分けられ、それぞれ上限額が異なります。

■ 総合支援資金

生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用
住宅入居費 敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用
一時生活再建費 生活を再建するための費用(就職・転職のための技能習得、債務整理費用など)

■ 福祉金

福祉費 生業を営むための費用・病気療養や住宅修繕、福祉用具購入など
緊急小口資金 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合の少額の費用

■ 教育支援資金

教育支援費 低所得者世帯の子どもが高校や高専、大学などに修学するための費用
就学支度費 低所得者世帯の子どもが高校や高専、大学などへ入学するための費用
就学支度費 低所得者世帯の子どもが高校や高専、大学などに修学するための費用

■ 不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金 低所得の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸し付ける資金
要保護世帯向け不動産担保型生活資金 要保護の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸し付ける資金

受給条件

  • 資金を他から借りられない低所得者世帯
  • 障がい者手帳を交付している障がい者世帯
  • 65歳以上の高齢者世帯

⑥住宅確保給付金

住宅確保給付金は、仕事を辞めて2年以内の人が家賃を払えずに生活が困難となっている場合にもらえる給付金です。個人の都合ではなく、給与が減少している場合にも申請可能です。

市区町村ごとに定める額を上限に、実際の家賃額を原則3ヶ月分支給してもらえます。各自治体によって上限は異なるので、厚生労働省のホームページを確認してみてください。

(参照:住宅扶助について

受給条件

  • 離職後2年以内
  • 離職前に世帯収入を支えていた人
  • 世帯収入が市区町村の定める基準額を超えない
  • 預貯金額が(基準額の6ヶ月分、100万円を超えない額)を超えない
  • ハローワークへの求職申込、職業相談(月2回)を行った
  • 企業への応募、面接(週1回)を行った

⑦臨時特例つなぎ資金

臨時特例つなぎ資金は、特定の住居を持たない人が公的融資や給付金を受けるまでの間の生活費を借りられる制度です。

各都道府県の社会福祉協議会が実施しており、貸付上限額は10万円以内。連帯保証人は不要で、利子もかかりません。

受給条件

  • 低所得世帯
  • 障害者世帯(身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者福祉保健手帳を持っている)
  • 高齢者世帯(65歳以上の介護を必要とする人と生活している世帯)
  • 離職者を支援する公的給付制度、公的貸付制度の申請を受理されている
  • 給付開始までの間生活が困窮すると予想される
  • 貸付申込者名義の金融機関の口座を持っている

労働組合員

  • カードローン
  • ろうきん

労働組合とは、労働者による相互扶助の目的で会社内で設立された組織のことです。

中小企業であってもそれなりの規模があれば設立されている場合が多く、労働組合がろうきんに加盟している場合は、ろうきんからお金を借りられる可能性があります

ろうきんは労働金庫の略で、各会社の労働組合からの出資で成り立っています。

労働組合員は組合に加入することで、間接的にろうきんにも加盟していて、ろうきんが行っている各種ローンなどを利用する権利があるということです。

ろうきんは様々な目的別ローンや、使途自由なフリーローンも用意されているため、労働組合員の場合はぜひ利用してみましょう!

無職・フリーター・ニート

  • カードローン
  • 総合支援金制度

まず前提として、フリーターは収入があるのでカードローンを申し込むことが可能です。

そして無職とニートの違いは、仕事を探す意欲があるか、生活を自立させる意思があるかという点になります。

無職は倒産やリストラで一時的に失業しているが求職中、次の仕事に内定しているが入社日までまだ日にちがあるなどの状況を指し、この場合は条件を満たせば、国の総合支援制度でお金を借り入れることが可能です

総合支援制度は生活の再建のために一時的に生活費などを貸し付ける制度で、国の事業なので条件は厳しいですが無職の人向けにお金を貸す制度になっています。

ニートは求職の意思がない人を指すので、基本的に総合支援金制度は利用できません

関連:無職でもお金を借りるには?失業者やニート、転職中などケース別に方法を紹介

未成年

未成年がお金を借りる方法は、下記の3通り。

  1. クレジットカードのキャッシング枠
  2. 奨学金制度
  3. 学生ローン

一口に未成年と言っても、学生の未成年、働いている未成年など状況は様々です。1つずつ特徴を見ていきましょう。

①即日発行も可能!クレジットカードのキャッシング枠

未成年でも、キャッシング枠を利用できるクレジットカードに申し込めばお金を借りられます。

クレジットカードには、買い物に使えるショッピング枠と、ATMなどから現金を借りられるキャッシング利用枠が設定されています。

そして、キャッシング枠の利用範囲内であれば、クレジットカードを使って全国の銀行やコンビニ、などのATMから現金を借りられます。

ただし、クレジットカードを発行しただけではお金を借りられません。クレジットカードのキャッシング枠を付帯させないと、お金を借りられないので注意してください。

未成年でも契約できる主なクレジットカードは以下のとおりです。

年会費 利用条件
ライフカード 永年無料 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方
※未成年の方は親権者の同意が必要
三井住友カード デビュープラス 1,375円(税込)
※初年度年会費無料
※翌年度以降も年1回の利用で無料
満18歳~25歳までの方(高校生は除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要
JCB CARD W 永年無料 18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方)
エポスカード 永年無料 日本国内在住の18歳以上の方(高校生を除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要

(参照:ライフカード<年会費無料> | ライフカード
三井住友カード デビュープラス|三井住友VISAカード
高いポイント還元率、年会費無料のJCB カード W!|JCBカード
クレジットカードは入会金・年会費永年無料のエポスカード

また、未成年がクレジットカードの契約をする場合、親権者の同意が必要です。

親権者に内緒でクレジットカードを作ることはできません。申し込み前にクレジットカードを作りたい意思を伝えて、同意を得られる状態にしておきましょう。

②学校に関わる費用が必要な方向け!奨学金制度

「学費の支払いが難しい」「進学のためのお金が足りなそう」

このように、学校関連の費用が足りない学生は奨学金を利用しましょう。

奨学金は、入学金や授業料だけでなく進学に伴う生活費にも利用可能ですが、奨学金には利用条件があるため、それらを満たす必要があります。

奨学金の中で、学生の利用率が高いのが日本学生支援機構の奨学金です。

無利息の「第一種」と、上限3%の利息が発生する「第二種」の貸与型奨学金があります

第一種奨学金
・無利息
・借入れできる上限月額は、学校の種別や通学形態によって決定
・申請基準あり:高校の成績が5段階評価で3.5以上
(住民税非課税世帯など経済的な事情が考慮された学生は成績による申請基準が実質なし)
第二種奨学金
・月額2~12万円の中から1万円単位で希望金額を選べる(進学先や通学形態の条件なし)
・以下に該当する場合は増額貸与が可能
・私立大学の獣・薬系:2万円(14万円)、歯・医系:4万円(16万円)
・成績による申請基準は実質なし
・家庭の収入基準を超えていなければ利用可能
・上限3%の利息が発生する

また、第一種、第二種奨学金とは別に、入学初年度に限り借入れ可能な「入学時特別増額貸与」という一時金も利用できます。

③未成年の学生におすすめ!学生ローン

未成年でも学生ローンを利用すればお金を借りられます

ただし名前のとおり学生限定のローンで、かつアルバイトなどの安定収入がないと利用できません。

未成年が利用できる学生ローンは以下のとおりです。

フレンド田 カレッヂ
貸付
条件
18歳以上の安定した収入のある学生(高校生不可)  高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生で安定した収入のある方
必要
書類
学生証(必須)
免許証
保険証等
学生証
免許証か保険証
キャッシュカード
公共料金の領収書(来店の場合は提示不要)
金利
実質年率
12.0〜17.0% 17.0%
利用
限度額
最高50万円 10万円
即日
融資

70歳以上

  • リバースモーゲージ
  • 年金担保融資制度

70歳以上の高齢者の場合、利用可能なローンの類がほとんどありません。

多くの金融サービスが利用年齢の上限を設定しており、69歳以下でないと借りられない場合が多いからです。

しかし持家がある場合は高齢者向けのリバースモーゲージという金融サービスがあり、生活資金を借り入れすることができます

リバースモーゲージとは現在住んでいる持家を住みながら担保に入れ、自分が亡くなった後にその自宅を売却して返済することを条件にお金を借りられる制度です。

シニア向けローンとして注目を集めており、持家を相続する人がいない場合などに有効的な借入制度となっています!

年金を受給している場合は、年金担保融資制度を利用することも可能です。

年金受給者

  • カードローン
  • リバースモーゲージ
  • 年金担保融資制度

年金受給者であっても、年齢条件を満たしていればカードローンを利用できます

一般的な年金の受給開始は65歳からですが、カードローンの年齢の上限は69歳以下に設定されている場合が多いので、年金受給者だからカードローンが使えないということはありません。

ただし年金はカードローンの審査において、安定した収入と見なされないケースもあるので、他にアルバイトなどの収入が必要になる可能性があります。

他にも年金担保融資制度という制度があり、年金を前借してお金を受け取り、次の受給日に返済することも可能です。

年齢や収入など、いくつかの制約はありますが、年金受給者にもお金を借りる手段は用意されています!

生活保護

生活保護受給者は働けないなどの理由で生活を自立させることが難しく、最低限の生活費を国から支給されている状況なので、基本的にお金を借りることはできません

生活保護を受けていることを隠してローンを申し込み、実際に融資を受けられたケースもあるようなのですが、おそらく国にバレたら受給額の減額や打ち切りなどの厳しいペナルティが課せられると思われます。

最低限の生活は保障されているのですから、無理にお金を借りようと考えるのはおすすめできません。

関連:生活保護でもお金を借りられる?!本当に困った時の対応とバレたときのペナルティ

夜の仕事・水商売で働いてる人

結論から言うと夜の仕事の人がお金を借りることは可能ですが、どなたでもお金を借りられるわけではなく、所定の審査に通過することが求められます。

夜の仕事の人がお金を借りる方法の中で、おすすめなのが消費者金融カードローンです。

消費者金融カードローンには以下のようなメリットがあり、職種問わず気軽にお金を借りやすくなっています。

  • 金融機関の口座開設が不要
  • 最短即日融資可能でお金を借りるまでのスピードが早い
  • 無利息期間サービスを利用できるものがある

カードローンには消費者金融以外に銀行カードローンがありますが、銀行カードローンは審査が厳しいと言われているため、「安定した収入」とみなされない夜の仕事・水商売で働いている方にはおすすめできません。

個人事業主が事業資金を借りる方法

個人事業主はカードローンを利用できる?

個人事業主が事業資金を借りる方法としてあげられるのは、下記の通りです。

借入方法 審査〜融資スピード 限度額
民間機関のビジネスローン 最短即日 最大1,000万円
銀行のビジネスローン 1〜2週間 制限なし
日本政策金融公庫の融資制度 最短2週間 最大7,200万円
信用保証協会の制度融資 最短2〜3ヶ月 最大3億

民間機関のビジネスカードローンでお金を借りる

ビジネス向けに特化したカードローンとして、ビジネスカードローンというサービスも用意されており、事業用資金に特化した使い方をする場合はこちらがおすすめです。

カードローンには“総量規制”というルールがあり、貸金業者は利用者の年収の3分の1までしか貸し付けてはならないと決められているのですが、ビジネスカードローンの場合は総量規制が適用されないので大きな金額を借り入れられることが特徴です。

例えば年収300万円の人がカードローンを利用すると、借りられる限度額は100万円が限界になってしまいますが、ビジネスカードローンの場合はそれ以上の金額を融資してもらうことができます!

ただしカードローンやビジネスローンの金利は3.0%~18.0%ほどが一般的で、利便性が高いことから金利が高く設定されています。

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス

名称 ビジネスファイナンス
金利 3.1%~18.0%
最大限度額 1,000万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
生活費利用 不可

アイフルビジネスファイナンスというアイフルグループの系列会社があり、そこでビジネス向けのローンを提供しています。

ビジネスファイナンスのビジネスカードローンの特徴は、他の消費者金融ビジネスローンと比べて金利が低く、融資額が1,000万円と高額になっていることです。

ただし事業資金としての利用しかできないため、完全に資金用途が事業用と決まっている人にはアイフルビジネスファイナンスがおすすめですね!

\低金利で借入できる!/

銀行のビジネスローン

事業用資金の融資と聞くと、まず最初に思い付くのが銀行融資。銀行融資というと法人経営の株式会社などが数千万~数億円を借り入れているイメージですが、個人事業主でももちろん利用することができます。

銀行融資の特徴は事業計画や申込者の信用度によって融資額や金利が変わることで、金利はおよそ2%前後に設定されることが多いです。

また担保や保証が必要な場合が多く、不動産担保や信用会社の保証を求められるので対策をしておきましょう

融資までに数週間の時間を要するので、すぐにお金を用意したい人には不向きかもしれません。

オリックス「VIPローンカードBUSINESS」

オリックス「VIPローンカードBUSINESS」

金利 6.0%~17.8%
最大限度額 500万円
審査時間 最短即日
融資スピード 最短即日
Web完結 可能
生活費利用 可能

オリックス・クレジットが提供する信販会社系ビジネスローンがVIPローンカードBUSINESSです。

特徴的には消費者金融ビジネスローンに似ており、生活費としても利用可能です。

Web申し込みで契約後は各銀行・コンビニATMで借入・返済ができるので、利便性を求める事業主に向いています。

日本政策金融公庫の融資制度

日本政策金融公庫は国が運営する、事業者向けの貸付を行う機関です。個人事業主にも対応しており、事業規模・目的に応じた資金を融資してもらえます

限度額は目的別に4,000万円~7,000万円ほどに設定されており、かなり大きな金額を調達できる手段と言えますね。

金利は条件によって変動するものの、1.5%~2.0%ほどで設定される場合が多く、低金利で大きな金額を借り入れたい場合におすすめの方法です。

ただし銀行融資と同様に、借入まで数週間の期間が必要なので早急にお金が必要な場合は注意しましょう。

ファクタリング

ファクタリングは掛取引において、売掛金に保険をかけたり、支払い前の売掛金の債権を売買して早めに現金化したりできるサービスです。

お金を借りるのとは少し違いますが、売掛金を支払い日前に現金化することで資金繰りが可能という点でご紹介させて頂きます。

ファクタリングには保証型と買取型があり、保証型は売掛金を未払いの取引先が倒産した場合などにお金を立て替えてもらえる保険のようなサービスで、買取型は売掛金の支払日前に債権を売却して早期現金化できるサービスです。

手数料は1.0%~15.0%前後と、カードローンの金利より少し低めに設定されています。

即日で債権を買い取ってお金を振り込んでもらえる会社もあるので、調達スピードも申し分ないのですが、売上が手数料の分減ってしまうことや掛取引をしていないと利用できないことに注意しましょう!

クラウドファンディング

クラウドファンディングはインターネットなどを利用して、「目的を達成するための資金援助を募る」サービスです。

不特定多数から少額の出資を募り、出資者に対して返礼の品やサービスを提供するギブアンドテイクで成り立っています。

例えば資金繰りに苦しむ喫茶店が一口1,000円から100万円の出資を募り、出資者に返礼品として自社の珈琲豆を送るといった感じですね。

あくまで出資のため返済の必要はなく、新たな資金調達の手段として注目されている手法ですが、出資者が現れなければお金が得られないので必ず資金調達できる訳ではないという点に注意が必要です。

すぐに目標額が調達できる場合もあれば数ヶ月かかる可能性もあるので、確実性や即効性には欠けてしまいます。

【審査なし】どこにも審査に通らない人がお金を借りる方法

家族・友人に相談する

どこにも審査が通らず、どうしてもお金を用意しなけらばならない時に最後に頼れるのは家族・友人ですよね。

個人間の貸し借りなので、無利子で借りることも返済期間を定めないことも可能な、ある意味最強の融資と言えます。

ただし相手の良心のみで成立する貸し借りのため、その好意を裏切ってしまうと、金融事故を起こしてブラックリストに載る以上に失う物が多いのではないでしょうか。

家族や友人との貸し借りであっても、可能であれば書類を作る、口約束であってもある程度具体的に返済計画を立てて実行するなど、信頼に応えることが重要だと思います。

どうしようもできなくなった時は家族や友人を頼ることも手ですが、誠意を持って相談しましょう。

契約者貸付制度を利用する

審査不要でお金を借りる方法として、生命保険の契約者貸付制度があります。

生命保険には保険料を払って保障を買う掛け捨てタイプの保険と、払った保険料が積み立てられて少しづつ増えていく貯蓄タイプの保険の2種類があり、貯蓄タイプの保険で貯まった保険料の中から解約した時に受け取れるお金のことを解約返戻金と言います。

この解約返戻金の中からお金を引き出せるのが、契約者貸付制度です。

将来受け取れる保険金を前借するというイメージですね。

これは現在貯まっている解約返戻金を上限にお金を借りる制度なので審査は不要、手続きをすれば数日でお金が指定口座に振り込まれます

特に返済期間を定めることもなく、返済を促されることもありませんが、借入には金利が発生することに注意が必要です。

借入期間が長期化すると、利子が貸付限度額を上回り、保険が強制解約されてしまう可能性もあるので、契約者貸付は保険の担当者とよく相談し、計画的に利用しましょう!

質屋に入れてお金を借りる

給料の前借りをする

もし価値のある品物を持っている場合は、質屋を利用して現金を手に入れることが可能です。

質屋は品物を担保に渡すことでお金を借り、一定期間内にお金を返さなければ預けた品は質屋の物になる、というシンプルなルールで融資を行っています。

他の金融機関や貸金業者と違い、お金を返せなかったとしても失うのは預けた品物だけという点、リサイクルショップなどで売却するのと違い、お金を返せば品物が戻ってくるという点が特徴であり、メリットと言えます。

品物を持って質屋に行けばその場で現金を受け取ることも可能で、価値のある物を所有していてすぐにお金が必要という場合は、質屋という選択肢も有効な手段です!

質屋でお金を借りる仕組み・現金化までの流れ

質屋でお金を借りる方法はいたってシンプル。質入れをすることで、その査定額の範囲内(7〜8割)でお金を借りられます。

※質入れ=自分の所有する品物を預けて担保にすること

たとえば7万円を借りたい場合、担保となる品物の査定額が10万円以上になることが求められます。

質屋でお金を借りるまでの大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 質屋に来店して品物を預ける
  2. その場で査定開始
  3. 査定金額決定
  4. 書類の記入と本人確認明書の提示
  5. 現金と質札(しちふだ)を受け取る

査定金額の相場や品物の状態によって、借りられるお金は変わります。

質札とは品物の預かり証で、質入れした商品をを引き取る際に必ず必要です。質入れした品物の詳細や返済期限が記載されていて、再発行ができないので注意してください。

質屋の金利相場

質入れの金利は、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング機能に比べて、高く設定されています。

消費者金融カードローンの場合、金利は年間約15〜18.0%程度ですが、質屋の最大金利は年109.5%、一般的な月額金利は3.0〜8.0%です。

質屋の金利(月利)相場を比較してみましょう。

大黒屋 須賀質店 高山質店 東京ぶらんど
融資金額 金利(月利) 融資金額 金利(月利) 融資金額 金利(月利) 融資金額 金利(月利)
1000万円以上 0.95% 100万円以上 1.2% 2.0%~8% 100万円以上 3.0%
100万〜1000万円 1.25% 30万〜100万円 1.5% 20万〜100万円 4.0%
10万〜100万円 1.5% 10万〜30万円 1.8% 10万〜30万円 5.0%
10万円未満 店舗により異なる 10万円未満 2.3% 3~10万円 7.0%

比較の結果、利息相場とされる3.0〜8.0%にて、質入れによる融資を行っていることがわかります。

なお、金利設定は各質店によって異なるため、あらかじめ条件の良い質店を利用すれば金利負担をおさえることが可能です。

従業員貸付制度を利用する

従業員貸付制度とは、在職している社員が勤め先の会社からお金を借りられる制度のこと。福利厚生の一環として導入されている場合もあり、「社内貸付制度」「社内融資」とも呼ばれています。

従業員貸付制度を利用する際は、「金銭消費貸借契約書」を提出する必要があります。

会社の利益を財源としている貸付制度なので、最終的な決済権は社長にあり、通常のローンのように信用情報機関に過去の履歴を照会されたり、厳しい審査を受けなくて良いことが特徴です。

また、従業員貸付制度で借りられる金額や期間は、導入している会社や借りる目的によって異なります。社内の貸付制度を利用したいと考えている場合はあらかじめ規程を確認するようにしましょう。

申し込み条件について

従業員貸付制度を申し込めるかどうかは、主に3つの条件をクリアしておく必要があります。

申し込み条件
  • 会社が制度を導入しているか
  • 正社員かどうか
  • 正当な理由があるかどうか
①会社が制度を導入しているか

まずは会社がこの制度を取り入れていることが、申し込みができる大前提となります。

特に中小企業で資金力がない場合、導入していない可能性が高いです。

従業員貸付制度の利用の利用を考えている場合は、勤めている会社にこの制度があるかどうか確認しておきましょう。

②正社員であるか

会社によっては、貸付対象者を正社員のみに絞っていることが多いです。正社員は収入が安定していて、返済能力があると判断されるからです。

パートやアルバイトの離職率が高く信頼が薄いことも、ひとつの原因だといえます。

ただし正社員以外でも貸付を希望する場合は、会社に相談すれば申し込みができる可能性があるので一度相談してみてください。

③正当な理由があるかどうか

従業員貸付制度を申し込めるのは、緊急時など正当な理由がある場合のみです。借りたお金は、以下のような用途のみで利用可能です。(会社によっては例外あり)

社内貸付制度が利用できる目的
  • 身内の葬儀費用
  • 病気や怪我による入院費用
  • 地震や洪水などの災害に対応するための費用
  • 空き巣や強盗により生活が困難な場合
  • 出産費用
  • 引越し費用
  • 子供の入学費用・修学費用

このように「急遽まとまったお金が必要だ」という場合に利用できるということ。

ギャンブルや資格取得、旅行費用など趣味や娯楽のために使うことははできないので、注意が必要です。自由に使うお金を借りたい人は、消費者金融や銀行のローンを利用する必要があります。

また以下の2つは、会社によって利用できる場合があります。

  • 住宅ローン
  • 車の購入費

これらも大きな額が必要なので、貸付制度を利用すれば利息をかなり抑えることができます。希望する場合は、会社に問い合わせてみてください。

審査で考慮される項目

審査中の男性

審査において考慮される項目は、主に2つあります。

審査で考慮される項目
  • 勤続年数
  • 成績や評価

勤続年数が長い人ほど有利にお金を借りることができます。長い間勤めているとその分給料が高く安定しているので、返済能力があると判断されるからです。

入職して日が浅くまだ収入が安定していない状態での借入は、勤続年数が長い人に比べると難しいといえるでしょう。

また勤続年数が短くても、個人の成績や評価が高い人も審査に通りやすくなります。これは社内で信頼されていれば、離職する心配や返済できなくなる可能性が低いと判断されるから。

「まだ入職してまもないけど、貸付制度を利用したい」と考えている人は、日々の成績を上げると可能性が高くなるので挑戦してみてください。

ゆうちょで貯金を担保に自動貸付

ゆうちょ銀行の通帳とお金

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる3つの方法

郵便局でお金を借りるには、預けている貯金や国債を担保にしなければなりません。担保として該当するものは4種類、お金を借りる方法は3種類が存在します

担保 お金を借りる方法
担保定額貯金 貯金担保自動貸付け 預金額の90%を限度に最大300万円
担保定期貯金
財形貯金 財産形成貯金担保貸付け 預金額の90%を限度に最大300万円
国債 国債等担保自動貸付け 担保の80%を限度に最大200万円

3種類の貸付けはまとめて自動貸付と呼び、何を担保と認めているかによって分かれています。

ゆうちょ銀行の自動貸付を使うと、自分がゆうちょ銀の総合口座に預けている貯金を担保にお金を借り入れることができます

現在利用できるのは貯金担保自動貸付けというサービスで、担保定額貯金と担保定期貯金によって貯まった貯金を担保にすることが可能です。

自分の貯金を担保にしているため、ゆうちょ銀行側としてはもし返済できなくなっても預かっている貯金から回収すればいいだけなので審査不要かつ低金利で貸付を受けられます

借入方法もシンプルで、通常貯金の残高以上のお金を引き出すと自動的に融資を受けられるシステムになっており、担保にできる貯金さえあれば簡単にお金を借りられます。

担保定額貯金とは、貯金担保自動貸付けを利用可能な、毎月決まった金額を総合口座に積み立てる定額貯金です。最低一口1,000円から預入ができ、貯金開始から半年が経過すると払い出しができるようになります。

満期は10年で、10年が経過すると自動的に総合口座から普通貯金に振り替えられる仕組みとなっています。

半年複利で利息が発生し、2021年6月現在では0.002%の金利が適用されています。貯金額を担保として自動貸付を利用でき、300万円を限度に貯金の90%の金額を借り入れることが可能です。

財形貯金は財産形成定額貯金、財産形成年金定額貯金、財産形成住宅定額貯金の3種類があり、財産を形成する目的によって分けられています。

いずれも年数をかけて預金積立をすることが前提で、最低数年は積み立てなければならない・数年経たないと引き出せないなどの制約が設けられていることが特徴です。

半年複利で利息がつき、金利は2021年6月の時点で0.002%です。

財形貯金は貯金額を担保に財産形成貯金担保貸付けを利用できるのですが、財産形成貯金担保貸付けは2019年3月29日をもって新規申込の受付を終了しているため、現在は借入することができません。

国債とは国が発行する債券で、分かりやすく言うと国にお金を投資すると発行される有価証券です。

国が発行する株式のようなもので、世界各国に国債はあるのですが、ただ国債とだけ言った場合は自国のもの、つまり日本国債を指す場合が多いですね。国債を購入することで日本にお金を貸すことになり、貸した金額が定められた利率で増えていくという投資の一種になります。

ゆうちょ銀行の窓口でも国債を購入することが可能で、郵便局から購入した国債に限り、保有している国債を担保に国債等担保自動貸付けを利用することが可能です。

ただし、国債等担保自動貸付けは2019年3月29日をもって新規申込の受付を終了しているため、現在は利用できないので注意しましょう。

債務者向けのおまとめローンや借り換えローンに申し込む

債務者とは貸金業者や金融機関からお金を借りている人を指し、いまお金を借りられない原因のひとつとして、多重債務によって審査が通らなくなってるケースも多いのではないでしょうか?

複数のローンを同時に利用している状態だと、新しい金融会社に申し込みをしても審査落ちする可能性が高いです。

もしさらに融資を受けたい理由が、いまの支払額が多すぎて返済に必要なお金が足りず、自転車操業状態に陥ってしまっているのであれば、債務者向けのおまとめローンや借り換えローンを申し込んでみることをおすすめします。

おまとめローンは現在借入している複数の借金をひとつにまとめるローン、借り換えは現在借入している借金を完済して借入先を乗り換えるローンです。

総借入額は変わらないものの、金利条件が良くなったり、月々の返済額や最終的な総支払額を見直すことで、今よりも毎月の返済額を抑えたり返済期間を短くする効果が期待できます。

最初から債務者向けのローンなので、債務があることが審査で大きく不利に働くことがなく、通常のローンがこれ以上借りられない人でも審査に通る可能性があるので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

交番や警察署で”公衆接遇弁償費”を利用する

警察署の入り口

財布を盗まれる、または紛失して所持金を失った場合、電車やバスを利用できなくなってしまい、帰宅することもできなくなった時などに警察からお金を借りられる制度を公衆接遇弁償費と言います。

無利子で借入可能で返済期日が設けられず、返せる時に返せば良いという破格の好条件で、まさに人助けの精神から生まれた制度となっています。

上限額は原則1,000円となっており、相談可能な機関は

  • 交番
  • 警察署
  • 警ら用無線自動車(パトカー、白バイ)
  • 地域安全センター
  • 運転免許試験場
  • 鉄道警察隊分駐所

の6か所となっています。

公衆接遇弁償費が利用できる条件

公衆接遇弁償費が利用できる条件は3つあります。

  • 盗難・紛失によって帰宅する交通費がない場合
  • 行方不明者等を保護するための、応急的な費用
  • 病人やケガ人の救護のために一時的に必要な費用

つまりお金が無くなって家に帰る手段がない場合や、倒れている人などを発見したものの助けるためのお金がない場合に利用できる制度です。

盗難・紛失に遭ったり傷病者、負傷者を発見した場合、まずは警察や救急隊を頼るのが一般的ですよね。

被害届や通報のタイミングで警察と接触できた場合、お金がないことを伝えて公衆接遇弁償費を利用できるか相談してみましょう。

駅でお金を借りる「着駅清算」

着駅清算とは、利用者がどうしても電車賃を用意できない場合、支払いを後日にしてもらえる制度です。着駅清算はどなたでも利用できるわけではなく、電車賃を支払えなくて本当に困っている人の救済措置となっています。

着駅清算を利用して電車を後日払いにするには乗車券購入後である必要があり、乗車券を購入後に紛失、または精算料金が足りないなどの場合に利用できる可能性が高くなっています。

着駅清算で電車賃を借りられる可能性が高い状況
  • 乗車券を購入後、駅の改札を通過した。しかし、改札を出る際に切符が見当たらない・財布や現金を持っていない
  • 下車駅で乗り越し料金を清算しようとしたら財布を紛失した・財布に現金がない

乗車券購入前や、電車賃と無関係のお金が必要なあ場合はお金を借りるどころか、駅員に叱られる可能性もあるので注意してください。

着駅清算で電車賃を借りられない可能性が高い状況
  • 電車に乗るために乗車券を買おうとしたが、財布がない・もしくは財布に現金が入っていない
  • 駅から自宅までのバス代やタクシー代を支払う現金がないので借りたい

ただし、電車賃を借りられる可能性が高い状況に該当しても、対応する駅によってはお金を借りられない場合がありますのですぐに着駅清算を利用するのではなく、色々な方法を検討した結果どうにもならないときの最終手段と考えてください。

まとめ

お金を借りる方法について解説していきました。

いますぐにお金を借りたい、低金利でお金を借りたいなど、借入をしたい人のニーズは様々ですが、しっかりとリサーチすることで自分に合った借入方法が見えてくることがわかったと思います。

また職業や年齢によって利用できる借入方法が変わること、借入方法の中には審査を受けずにお金を借りられる手段もあるので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのカードローンも紹介させて頂きましたので、お金を借りたい人はカードローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事