美容
資産運用

無職でもお金を借りるには?失業者やニート、転職中などケース別に方法を紹介

お金を借りる

無職だとお金が借りられないというイメージがありますよね。収入がないと借りても返せないと思われて、お金を貸してもらえないのでは?と考えるのも無理ありません。

ところが、無職でもお金を借りられるローンや制度が存在します。

一口に無職と言っても、ニート、失業者、専業主婦、内定済みの学生、年金受給者など様々な属性の方がいらっしゃいます。

今回はファイナンシャルプランナーの視点から、無職の属性別にそれぞれのお金を借りる方法について解説していきます。

収入がない無職でも消費者金融のカードローンを利用できる?

基本的に消費者金融カードローンの利用条件は「安定した収入があること」とされているので、収入がない無職の方はカードローンを申し込むことができません

消費者金融カードローンは原則として保証人を立てることができないので、家族や友人の収入を担保にすることもできず、無職の方がカードローンを利用することは難しいですね。

審査時に配偶者の所得を収入として見なす配偶者貸付や、就職が内定している場合に見込み年収で審査をするなどの特例も行っていないので、無職でお金を借りたい場合は消費者金融のカードローン以外の方法で借入をしましょう

少しでも収入がある人はカードローンを使おう

アルバイトやパートをしていて、月に数万円でも収入がある人はカードローンを利用できる可能性があります

消費者金融カードローンの借入上限は年収の3分の1までと決まっているのですが、裏を返せば「年収さえあれば3分の1まで借りられる」かもしれないですよね。

消費者金融は基本的に審査が通りやすいので、少額であれば融資を受けられる可能性があります。

ただし収入があれば何でもいいという訳でなく、

  • ギャンブルで得た収入
  • 投資で得た収入
  • 個人売買や転売で得た収入

これらの収入は安定した収入として見なされないので注意しましょう。

失業者・ニートがお金を借りる方法

総合支援金制度

失業者の方がお金を借りる方法として、総合支援金制度があります

総合支援金は目的によって3種類に分かれています。

種類 使用目的 貸付限度額 金利
生活支援費 生活を立て直すまでの期間の生活費 原則3ヶ月間
毎月20万円まで
無利子~1.5%
住宅入居費 住宅に入居するために必要な費用 40万円まで 無利子~1.5%
一時生活再建費 生活を立て直すために一時的に必要な費用 60万円まで 無利子~1.5%

これらを利用する条件として

  • 住民税が非課税程度の低所得者世帯で生活に困っていること
  • 公的書類で本人確認が可能なこと
  • 住居がある、もしくは住居の確保が確実なこと
  • 自立に関する定められた機関からの支援を受ける意思があること
  • 貸付および支援によって自立した生活ができ、返済ができること
  • 他の公的な給付・貸付を受けられず、生活費をまかなえないこと

以上の6つのすべてに該当する必要があります。

あくまで最終的に自立した生活に戻ることを前提とした貸付制度なので、働く意思がないニートの方の場合は貸付を受けることができないので注意しましょう。

生活支援費

生活する費用が足りない場合に利用でき、状況に応じて最大12ヶ月まで延長可能です。

住宅入居費

敷金・礼金など、入居するために必要な費用に充てることができます。

一時生活再建費

就職活動費や就職するための資格取得費用、公共料金の滞納分の立て替え、債務整理費用などに利用可能です。

新型コロナウイルスの影響で減収した場合の支援金

政府や自治体は、新型コロナウイルスの影響を受けて減収もしくは失業・休業によって収入が無くなった方向けに新しい支援金制度を立ち上げています。

名称 対象となる事由 支援額 種類
総合支援金 生活費が足りない 3ヶ月~12ヶ月間
上限20万円
貸付
緊急小口資金 一時的に生活費が足りない 20万円 貸付
休業支援金・給付金 休業により収入が無くなった 休業前賃金の80% 給付
住居確保給付金 失業・休業で家賃が払えない 3ヶ月~9ヶ月間
家賃分を一定額を限度に助成
給付
小学校休業等対応助成金 休校のため休職し、減収した 賃金日額
上限15,000円
給付

これらの制度とは別に地方自治体で独自の支援を行っている場合もあるので、必要な方はぜひ活用しましょう。

失業の1日でも前なら消費者金融に申し込める

収入のない方は消費者金融に申し込むことはできませんが、退職あるいは失業の1日でも前ならカードローンを利用することができます

消費者金融カードローンは申し込みから融資までが最短即日で可能なので、申込んだ当日さえ会社に在籍していれば借入が可能ということですね。

翌日以降は無収入ということになりますが、勤務先の変更等の確認は基本的に返済が滞ったり、長期間利用がなかった場合にしか行われないので、返済さえできていれば問題ないでしょう。

プロミスなら最短30分で融資可能

プロミス

金利 4.5%~17.8%
最大限度額 500万円
審査・融資スピード 審査最短30分 最短即日融資
無利息期間 有り
Web完結 可能

即日融資可能なカードローンの中でもおすすめなのがプロミスです。

プロミスは国内利用者数ナンバー1の最大手カードローンで、アプリを利用したWeb完結のカードレスフリーキャッシングが特徴ですね。

金利は他の消費者金融と比べてそこまで低い訳ではありませんが、初回利用から30日間の無利息期間が設定されているので、表記上よりも低金利で利用できます。

\最短30分で即日融資可能!/

生命保険の契約者貸付制度なら審査なしでお金を借りられる

生命保険の契約者貸付制度を利用することで、審査なしですぐにお金を借りることができます。生命保険には大きく分けて「掛け捨て型の保険」と「積立型の保険」があります。

学資保険や満期型保険など、貯蓄性のある保険に加入している場合は、月々の保険料の一部が積み立てられて将来的に払った保険料以上の金額を受け取ることが可能です。

これが生命保険が資産運用として利用できる仕組みで、途中解約した場合も積み立てられた保険料の一部は返還され、これを解約返戻金と言います。

この積み立てられた解約返戻金を担保にすることで融資を受けられるのが、契約者貸付制度です。

つまり契約者貸付制度は、自分が積み立てているお金の将来受け取る分を借り入れているというイメージになります。

契約者貸付制度ではどのくらい借りられる?

保険会社によって異なりますが、一般的に契約者貸付制度の限度額は解約返戻金の7~9割程度に設定されています

そのため払い済み保険料の金額が多い保険であるほど、限度額は大きいと言えますね。

また円建て、ドル建て、終身型、年金型、学資型など、積立型保険であっても種類によって利回りが異なるので、解約返戻金の金額に差が出ることに注意しましょう。

契約者貸付制度の金利はどうやって決まる?

契約者貸付制度の金利は変動金利となっており、契約した時期や利用する際の社会情勢や景気の影響を受けるので明確な基準は存在しません。

解約返戻金を担保に貸付を行うため、貸し倒れのリスクがほぼないので、ほとんどの保険会社が1%~3%程度の低金利で融資を実施しています。

ただし、低金利といえど借入が長期間に渡った場合、利息を含めた借入総額が解約返戻金を上回ってしまう可能性があります。そうなると保険は失効してしまうので、注意が必要してください。

契約者貸付制度が利用できる生命保険会社は?

基本的にほとんどの生命保険会社が、契約者貸付制度を行っています。

国内大手生命保険会社で言えば

  • 日本生命
  • 第一生命
  • 明治安田生命
  • 住友生命
  • フコク生命
  • 大同生命

外資系であれば

  • ジブラルタ生命
  • プルデンシャル生命
  • アフラック生命
  • メットライフ生命

通販系の場合は

  • アクサ生命
  • SBI生命

などが貸付を受け付けており、Web申し込みであれば即日~1・2営業日で振り込んでもらうことも可能です。その他にもかんぽ生命、一部共済などでも利用できます。

契約者貸付制度を利用できない大手生命保険会社としては

  • ライフネット生命
  • 楽天生命
  • チューリッヒ生命

などが挙げられます。

契約者貸付制度は保険料の支払いが苦しい場合や、不測の事態でお金が必要になった時にも利用できるので、生命保険を選ぶ際には気にしてみると良いかもしれません。

収入ゼロの専業主婦なら銀行カードローンを使う

カードローン

銀行カードローンの中には収入のない専業主婦の方の場合でも、配偶者の収入を本人の収入と見なして審査を受けられる会社が存在します。

具体的には

  • paypay銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • 一部を除く地方銀行

などのカードローンが該当しますね。

また一般的にカードローンには、審査時に勤務先に間違いなく勤めていること確かめる在籍確認がありますが、専業主婦の場合は勤務先が存在しないため在籍確認が免除となります。

そのため夫や家族に知られることなく融資を受けられるので、専業主婦でお金を借りたい場合は銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

ただしローンカードを郵送で受け取る場合、カードそのものや封筒からバレてしまう可能性があるので注意しましょう。

収入がなくても内定済の学生は内定者専用ローンが利用できる

内定者専用ローンの対象者

内定者専用ローンの対象となるのは、すでに企業から内定を受けている学生です。また内定者専用ローンは基本的に、地方の信用金庫や労働金庫が運営しています。

そのため利用できる地域が限られており、自分が居住あるいは勤務する地域の金融機関でなければ利用できません

現在在学している学校から離れた場所に就職する場合、内定者ローンを申込むのは勤務先と見込まれる地域の金融機関なので覚えておきましょう。

内定者専用ローンとは

金融機関 金利 借入限度額 対象地域
東海ろうきん 4.7% 100万円 愛知・岐阜・三重県
新潟ろうきん 3.8%~4.2% 1,000万円 新潟県
長野ろうきん 2.5~3.0% 100万円 長野県
富山信用金庫 1.5%~2.9% 200万円 富山県
遠賀信用金庫 2.98% 200万円 福岡県
東奥信用金庫 2.2%~4.15% 200万円 青森県

上の表は主な内定者専用ローンの一覧表です。内定者専用ローンが利用できるのは、主に労働金庫と信用金庫ですが、その他にも地方銀行で実施している場合もあります。

各金融機関の対象地域に居住および勤務(見込み可)していることが条件なので、利用したい方はお近くの労働金庫、信用金庫などに問い合わせてみましょう。

労働金庫は使途自由な内定者向けのローンを取り扱っていて、信用金庫は内定者も利用可能なマイカーローンなどを提供しています。

基本的にどの金融機関も低金利で融資しているので、内定者の方は内定者専用ローンを利用するのがおすすめです。

年金受給者(高齢者)がお金を借りる方法

①リバースモーゲージ

リバースモーゲージとは、自分の住んでいる自宅を担保にして生活資金を借入し、本人が亡くなった時に自宅を売却し、借入金を返済するという制度です。

長く生きることで自宅の資産価値に応じた借入額を上回ってしまうと生活費が足りなくなってしまうため、借入額が老後の生活費として十分にまかなえる=高齢者向けの貸付制度と言えますね。

各都道府県の社会福祉協議会や金融機関が取り扱っているので、自身の死後は自宅が不要になる方はぜひ相談してみましょう。

②年金担保融資制度

年金担保融資制度はわかりやすく言うと「年金の前借」ができる制度です。

年金は基本的に2ヶ月に一度支給されるので、突発的な出費や予想外の支出があると足りなくなってしまう場合もありますよね。

年金担保融資制度を利用すると、年金受給権を担保にしてお金を借りることができます。そして次回の受取日に、年金支給額から返済分が引かれた金額が振り込まれるという流れです。

年金が足りなくなってしまった場合は、お近くの金融機関で申し込みできるので検討してみてください。

③カードローン

年金受給者の高齢者であっても、借入条件さえ満たしていればカードローンを利用することは可能です。

カードローン 金利 最大借入可能額 年齢条件
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 69歳以下
アコム 3.0%~18.0% 800万円 69歳以下
アイフル 3.0%~18.0% 800万円 69歳以下
J.Score 0.8%~15.0% 1,000万円 69歳以下
三井住友銀行 4.0%~14.5% 800万円 69歳以下

一般的なカードローンは年齢条件が69歳以下となっているので、年金受給者でも利用条件を満たせる場合があります。

ただし、カードローンを利用するためには安定した収入があることが条件となっていて、この安定収入に年金が含まれないケースも存在します。

その場合、年金とは別にアルバイトなどで収入を得ている必要がありますので、カードローンを申込む際は、年齢条件と年金収入だけで借りられるかどうかを確認しましょう。

\最短30分で即日融資可能!/

まとめ

無職の方がお金を借りる方法について解説しました。

無職にもいろいろな種類があり、その人によって借入できる方法が違うことがおわかり頂けたと思います。

注意しなければいけないのは、上記した意外にも闇金融と呼ばれる、高金利でどんな人にも融資をして違法な取り立てを行う組織もあるということです。

公的機関の利用は手続きが面倒に感じてしまいますが、国の事業として行っているという安心感がありますよね。

どんな理由があっても、違法な闇金融で借り入れることはせず、公的機関や国の認可を受けている消費者金融、銀行などを利用するようにしましょう