美容
資産運用

【新電力比較】Looopでんきと楽天でんきはどっちがお得?料金や評判をもとに徹底解説!

Looopでんき 楽天でんき 比較

Looopでんきと楽天でんきは基本料金が0円、さらには電力使用料の単価(従量料金)が一律という点でよく似た料金プランを提供していますが、どちらがお得なのでしょうか?

この記事ではLooopでんきと楽天でんきを徹底比較します!

今月の申し込み数が多い!人気の電力会社3選
電力会社名 おすすめポイント
Looopでんき ・電気使用量が120kWh以上、30A以上なら安くなる
・オール電化でも申し込み可
・ガスや太陽光発電、蓄電池とセットでもっと安い!
エルピオでんき ・業界最安値
・基本料金0円なので電気代は使った分だけ!
・都市ガスもしくはLPガスとのセット割あり
CDエナジー ・電気使用量が少ない一人暮らしでも安い!
・豊富なプランからぴったりのプランが見つかる

Looopでんきの特徴・評判

Looopでんき ロゴ

 

概要

Looopでんきは2011年に設立された、太陽光・風力・水力といった自然エネルギーの普及を推進する電力会社です。

新電力の中でも「安くなった」という評判が多いLooopでんき。

基本料金が0円という料金プランが魅力的です!

\電気使用量が多い家庭ほどお得!/

供給エリア

Looopでんきの供給エリアは以下の通りです。

  • 北海道エリア
  • 東北エリア
  • 東京エリア(関東)
  • 中部エリア
  • 北陸エリア
  • 関西エリア
  • 中国エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア
  • 沖縄エリア

このように全国対応しており、全国どこでも契約することができます!(一部離島は除く)

料金

Looopでんきの特徴は基本料金0円従量料金が一律という点です!

エリアごとに従量料金を見ていきましょう。

基本料金 従量料金
北海道エリア 0円 29.5円/kwh
東北エリア 26.4円/kwh
東京エリア 26.4円/kwh
中部エリア 26.4円/kwh
北陸エリア 21.3円/kwh
関西エリア 22.4円/kwh
中国エリア 24.4円/kwh
四国エリア 24.4円/kwh
九州エリア 23.4円/kwh
沖縄エリア 27.0円/kwh
\電気使用量が多い家庭ほどお得!/

メリット・良い評判

料金がお得なLooopでんきですが、条件を満たすことでさらに安くなることも!お得なセット割引を多数展開するLooopでんきのサービスをまとめてみます。

(例)東京エリアでLooopでんきを利用する場合

通常料金 26.4円/kWh(±0円)
Looopガスを一緒に利用する 26.0円/kWh(-0.4円
太陽光発電を設置している 25.4円/kWh(-1.0円
Looopでんちを購入する 23.4円/kWh(-3.0円

Looopでんきのセット割引は表のとおり。しかもこれらのセット割引は併用できるのです!

すべてを併用した時の従量料金はなんと22.0円/kWh!太陽光発電とLooopでんち(蓄電池)は相性の良いものなので、すべてをLooopにするのも非現実的な話ではありません。

それではLooopでんきの評判とメリットについて詳しく見ていきます。

①太陽光発電を設置している家庭は割引がある

上でも触れましたが、Looopでんきは自然エネルギーの普及を推進している電力会社です。

そういった背景から、Looopでんきでは太陽光発電を自宅に設置している家庭の従量料金を1円引きしています!

ちなみに1円引きされた後の従量料金の価格は業界でも最高水準の安さ!

太陽光発電を設置している、または設置を考えている家庭でのLooopでんきのご利用はとてもお得です!

②Looopでんちの購入で大幅割引!

Looopでんち 蓄電池

 

出典:公式サイト

太陽光発電とセットでの割引は上の通りですが、これから太陽光発電を始めたい、または太陽光発電を設置してはいるが蓄電池はないというご家庭はさらにお得になる可能性があります!

太陽光発電を導入するにあたって蓄電池を購入するか否かは選択することができますが、Looopが販売するLooopでんちを購入した場合、従量料金がさらに3円引きになります!

③供給される電気が環境に良い

Looopでんきが供給する電気は火力発電など通常の発電方法によって賄われた電気の他に、再生可能エネルギーがあります。

再生可能エネルギーとは太陽光・水力・風力・地熱・バイオマスから作られる環境にやさしいエネルギーのことです。

Looopでんきでは供給する電気のうちの13%をこの再生可能エネルギーで賄っています。

④ガスとのセット割がある(東京エリア限定)

Looopでんきではガスとのセット割引を受けることができます。

条件は東京エリア、すなわち関東に住んでいることとLooopで電気とガスを契約すること。

割引額は電気の従量料金が0.4円マイナス!東京エリアの従量料金は26.4円なのでこれが26円になります。

\電気使用量が多い家庭ほどお得!/

デメリット・悪い評判

セット割引多く、メリットの多いLooopでんきですが、もちろんデメリットもあります。契約する前に確認しておきましょう。

一人暮らしなどで電気使用量の少ない家庭は安くならない

従量料金が一律という点が魅力のLooopでんきですが、実はそれが仇になることも!試しに東京電力と料金を比較してみます。

東京電力 Looopでんき
~120kwh 19.88円 26.4円
121~300kwh 26.46円
301kwh~ 30.57円

表を見ると月に~120kwhまでの電気使用量しかない場合、東京電力の従量料金の方が安いことが分かります。

とは言え東京電力の電気料金には基本料金が上乗せされるのを考えると、よほど電気を使わない限りはLooopでんきの方が安くなります!

さらに一人暮らしの電気使用量は一般的に154kwhと言われているため、従量料金は26.46円が適用されているはずです

このデータを見れば一人暮らしでもLooopでんきに乗り換えて問題ないと言えます!

\電気使用量が多い家庭ほどお得!/

 

☑︎一人暮らしにおすすめの電力会社のご紹介はこちら

キャンペーン

2021年10月20日現在、Looopでんきではキャンペーンは行われていません。

しかしLooopでんきは定期的に乗り換えキャンペーンを行っています。

一例を挙げると、Looopでんきとガスに同時に乗り換えで3,000円分(さらに抽選で5人に1人+5,000円)のAmazonギフト券が贈られるといったキャンペーンです。

新たなキャンペーンが開催され次第、更新していきます。

☑︎Looopでんきについての詳細はこちら

楽天でんきの特徴・評判

楽天でんき ロゴ

 

概要

楽天でんきは楽天グループの楽天モバイルが運営する電気の供給・販売サービスです。

供給エリア

楽天でんきの供給エリアは以下の通りです。

  • 北海道エリア
  • 東北エリア
  • 東京エリア(関東)
  • 中部エリア
  • 北陸エリア
  • 関西エリア
  • 中国エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア
  • 沖縄エリア

このように全国対応しており、全国どこでも契約することができます!(一部離島は除く)

料金

楽天でんきの特徴も基本料金が0円従量料金が一律という点です。

エリアごとの従量料金は以下になります。

基本料金 従量料金
北海道エリア 0円 30.0円/kwh
東北エリア 26.5円/kwh
東京エリア 26.5円/kwh
中部エリア 26.5円/kwh
北陸エリア 22.0円/kwh
関西エリア 22.5円/kwh
中国エリア 24.5円/kwh
四国エリア 24.5円/kwh
九州エリア 23.5円/kwh
沖縄エリア 27.0円/kwh

メリット・良い評判

楽天でんきには大手グループの楽天ならではのサービスがあります!

①楽天ポイントがたまる・使える

楽天でんきにする1番のメリットは、何といっても電気料金の支払いでポイントが獲得できることでしょう。楽天でんきでは月々の支払い額から200円につき1ポイント(0.5%)のポイント還元を行っています

また、電気料金の支払いに楽天ポイントを使うこともできます。これにより月々の支払い額を一定にしたり、ある特定の月の電気料金を大幅に減らすことが可能になります!

②楽天ガスとの併用でポイント還元率アップ

楽天でんきもまた、電気とガスのセットプランを提供しています。

楽天で電気とガスを契約するメリットは、それぞれのポイント還元率が倍になるという点。

つまり電気とガスそれぞれの支払いで1%のポイントを獲得することができます!

デメリット・悪い評判

楽天ならではのメリットのある楽天でんきですが、デメリットもあります。契約してから後悔しないように確認しておきましょう。

①契約アンペア数に制限がある

楽天でんきは20アンペア以下で電気を利用している家庭では契約することができません。

一般的な家庭ではこの制限にかかることは少ないですが、一人暮らしの場合だと20アンペア以下で電気を利用している可能性があります。

契約アンペア数は毎月の検針票で確認できるため、気になった方は確認してみることをおすすめします。

②引っ越してからすぐには申し込みができない

引っ越しと同時に電気会社の切り替えを考えている方も多いとは思いますが、楽天でんきでは引っ越してからすぐには申し込みが行えません。

申し込みまでには引っ越しから約1ヵ月必要なので、最初の1ヵ月は別の電力会社と契約する必要があります。

③楽天のSPUの対象から外れる

楽天サービスを利用することで、毎月の楽天市場での買い物のポイント還元率が上がるSPUキャンペーンというものが存在しますが、2021年5月をもって楽天でんきがこのSPUキャンペーンの対象から外れます。

これにより毎月の楽天市場での買い物のポイント還元が0.5%分マイナスされます。

楽天でんきそれ自体のマイナスはないものの、楽天サービスを多用する方には痛手となりそうです。

キャンペーン

2021年9月3日現在、楽天でんきでは新規の契約・3ヶ月の継続利用をした方を対象に2,000円分のポイント還元を行なっています。またガスとセットでの申し込みの場合は5,000ポイントが還元されます。

1つ注意が必要なのが、キャンペーンの対象は東京ガス・東邦ガス・関西ガスのエリアにお住いの家庭に限るということです。

楽天ガスの対象エリアはこちらの記事から確認できます
楽天ガスのメリット・デメリットを徹底解説!本当に安くなる?

Looopでんきと楽天でんきの比較

ここからはLooopでんきと楽天でんきを比較します。

電気料金のみで比べる場合

上でまとめた料金を並べてみます。

基本料金 Looopでんきの従量料金 楽天でんきの従量料金
北海道エリア 0円 29.5円/kwh 30.0円/kwh
東北エリア 26.4円/kwh 26.5円/kwh
東京エリア 26.4円/kwh 26.5円/kwh
中部エリア 26.4円/kwh 26.5円/kwh
北陸エリア 21.3円/kwh 22.0円/kwh
関西エリア 22.4円/kwh 22.5円/kwh
中国エリア 24.4円/kwh 24.5円/kwh
四国エリア 24.4円/kwh 24.5円/kwh
九州エリア 23.4円/kwh 23.5円/kwh
沖縄エリア 27.0円/kwh 27.0円/kwh

表を見ると沖縄エリア以外はLooopでんきのほうが割安であることが分かります。

つまり電気料金を1円でも安くしたいならLooopでんきがおすすめ!

沖縄エリアにお住いの方は従量料金が変わらずポイント還元がある分、楽天でんきの方が良いでしょう。

\電気使用量が多い家庭ほどお得!/

 

電気料金以外の要素も加味して比べる場合

次に上で挙げたそれぞれの項目も加味して比べます。

環境への配慮 ×
供給エリア
料金
セット割引 ×
ガスの対応エリア 関東限定 関東・中部の一部・関西の一部
ポイント還元 ×
キャンペーン ×
契約アンペア 制限なし 30アンペア~
一人暮らし

Looopでんきは何といっても、太陽光、蓄電池、ガスとお得なセットプランを提供しているため料金を安くしたい方にはもってこいの新電力です。

楽天でんきは楽天ならではのポイント還元を行っているため、頻繁に楽天のサービスを利用する方にはおすすめです。

とは言っても、何か1つでも割引を適用させた場合、ポイント還元の分を差し引いても料金はLooopでんきの方が安くなるため、大勢の方におすすめできるのはLooopでんきです

Looopでんきがおすすめな方

・太陽光発電を設置している方
・Looopでんちを設置している、または購入を考えている方
・関東に住んでいてガスとのセット申し込みを検討している方
・電気料金を1円でも安くしたい方
・環境にやさしいエネルギーを使いたい方
\電気使用量が多い家庭ほどお得!/

楽天でんきがおすすめな方

・沖縄に住んでいる方
・中部地方・近畿地方に住んでいてガスとのセット申し込みを検討している方
・楽天サービスを頻繁に利用し、ポイントを貯めている方
・キャンペーンを利用したい方
\楽天ユーザーなら間違いなし/

まとめ

楽天でんきに比べてLooopでんきの方が大勢の方におすすめできることが分かりましたが、どちらに変えても大手の電力会社よりは安くなる可能性が高いです!

ちなみにLooopでんき、楽天でんきともに契約期間や解約金がないため、むしろ高くなってしまったなんて場合でも、すぐに、無料で他の電力会社に乗り換えることができます

是非この記事を参考に乗り換えを検討してみてください。

\電気使用量が多い家庭ほどお得!/

関連記事

おすすめの人気新電力【2021年最新版】人気のおすすめ新電力10選と失敗しないための選び方を解説