美容
資産運用

交番や警察署でお金を借りる方法を解説!困ったときは”公衆接遇弁償費”を利用しよう

警察署の入り口

財布を盗まれる、または紛失して所持金を失った場合、電車やバスを利用できなくなってしまい、帰宅することもできなくなってしまいますよね。

そんな時に警察からお金を借りられる制度を公衆接遇弁償費と言います

しかしこの制度には利用条件や制約があり、条件を満たさないと利用することができません。

今回は所持金を失うなどの緊急事態に陥ってしまった際に参考にできるよう、公衆接遇弁償費の詳細利用方法について、詳しく解説していきます。

交番で警察からお金を借りる!公衆接遇弁償費とは?

公衆接遇弁償費とは簡単に言うと、警察からお金を借りられる制度です。

財布を盗まれた、紛失した等の特別な事情によって、帰りの交通費が無くなってしまった場合などに必要な金額を補填する目的で利用することができます。

昭和43年に制定され、現在では警視庁地域部が事務担当している制度です。

無利子で借入可能で返済期日が設けられず、返せる時に返せば良いという破格の好条件で、まさに人助けの精神から生まれた制度と言えますね。

上限額は原則1,000円となっており、相談可能な機関は

  • 交番
  • 警察署
  • 警ら用無線自動車
  • 地域安全センター
  • 運転免許試験場
  • 鉄道警察隊分駐所

の6か所となっています。

警ら用無線自動車とはパトカーのことで、パトロール中のパトカーや白バイにも対応してもらうことが可能です。

緊急時に頼れる心強い制度なので、緊急時にはこれらの行政機関を頼りましょう。

公衆接遇弁償費を導入しているのは9都道府県のみ

公衆接遇弁償費は全国で導入されている訳ではありません。

各都道府県警察のホームページで公衆接遇弁償費の導入について公言しているのは、

  • 北海道
  • 岩手県
  • 山梨県
  • 東京都
  • 大阪府
  • 京都府
  • 石川県
  • 群馬県
  • 熊本県

の9都道府県のみで、それぞれ名称が異なる場合があるものの、基本的には同じ内容のサービスとなっています

ただし、これらの地域でしか利用できない制度という訳ではなく、あくまで公表されていないだけの都道府県も多いので、必要に迫られた際はまずお住まいの地域の警察官に相談してみましょう。

また警察官が自らのお金を善意で貸してくれる場合もあるようです。

公衆接遇弁償費の利用条件

公衆接遇弁償費を利用する上で、年齢や職業などの属性が条件になるということはありません。

とはいっても、警察の運営費や経費は都道府県民の税金から捻出されているので、いくら1,000円が上限と言えどもほいほいと貸せるものではないのは想像できますよね。

公衆接遇弁償費が利用できる条件、できないケースについて以下で解説していきます。

公衆接遇弁償費が利用できる条件

公衆接遇弁償費が利用できる条件は3つあります。

  • 盗難・紛失によって帰宅する交通費がない場合
  • 行方不明者等を保護するための、応急的な費用
  • 病人やケガ人の救護のために一時的に必要な費用

つまりお金が無くなって家に帰る手段がない場合や、倒れている人などを発見したものの助けるためのお金がない場合に利用できる制度です。

盗難・紛失に遭ったり傷病者、負傷者を発見した場合、まずは警察や救急隊を頼るのが一般的ですよね。

被害届や通報のタイミングで警察と接触できた場合、お金がないことを伝えて公衆接遇弁償費を利用できるか相談してみましょう。

公衆接遇弁償費が利用できないのはこんなとき

公衆接遇弁償費が利用できないのは、他に解決する手段がある場合です。

事情聴取の末、解決方法が他にあると判断されると貸付をしてもらえません

具体的な例としては

  • 財布が無くなっても、別で所持していた現金や電子マネーを利用して帰宅できる
  • お金が無くなった原因がトラブルによるものでない
  • 家族や友人などに迎えにきてもらえる
  • 要救護者のために立て替えられるお金がある
  • 公衆接遇弁償費の残高が不足している

紛失や盗難の被害に遭ったとしても、交通費を捻出する手段があったり、誰かに迎えに来てもらえる状況の場合は公衆接遇弁償費は利用できません

また所持金が無くなった理由が買い物やギャンブルなど、自己責任で交通費不足になった場合も同様です。

基本的に手持ちのお金がある人は公衆接遇弁償費は使えないということですね。

また、既に複数の貸付をしていて、公衆接遇弁償費の残高が不足している場合にも断られるケースがあるので注意が必要です。

公衆接遇弁償費によるお金の借り方・流れ

警察署の入り口

公衆接遇弁償費を利用するための手順は以下の通りです。

  1. 対応する行政機関に行く
  2. 借入したい理由を説明する
  3. 借受願書を記入する
  4. 現金と返済書を受け取る

手続き自体は簡単で、すぐに終わる内容となっています。

1.対応する行政機関に行く

上述したように対応する機関は

  • 交番
  • 警察署
  • 警ら用無線自動車
  • 地域安全センター
  • 運転免許試験場
  • 鉄道警察隊分駐所

の6つですが、一般的なのは交番と警察署だと思われます。

しかし外出先で土地勘がなく、交番や警察署に辿り着けない場合や、そもそもお金がなくて移動できないケースも考えられますよね。

その場合、パトカーや白バイなどの警察車両も対応してくれるので、もし見かけた場合は呼び止めて相談してみましょう。

また主要な駅が近くにあった場合、鉄道警備隊の分駐所が設置されている可能性がありますね。

公衆接遇弁償費を利用するためには、とにかく対応する行政機関に辿り着くことが必要がです。

2.借入したい理由を説明する

公衆接遇弁償費を利用する上で重要なポイントは

  • 現在トラブルに遭遇している
  • 所持金がほぼ無い状態である
  • お金を借りる以外に解決策がない

これら3点に当てはまることです。

当然ですが警察は貸金業者ではないので、お金を貸付する上で返済能力の有無を確認するなど、金融会社のように厳しい審査がある訳ではありません。

しかし、嘘やごまかしが後々になってバレると詐欺罪で逮捕という事態にもなりかねないので、正直な事情を話して借りれなかったらしょうがないという気持ちで説明することが大切です。

もし借入できなかったとしても、解決する手段についてアドバイスをしてくれるはずなので、別の方法での解決を目指しましょう。

3.借受願書を記入する

貸付が必要であると判断されると、借受願書を渡されます。

借受願書に記入する内容は

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 勤務先情報

などの基本的な事項です。

こちらも故意かどうかに関わらず、決して嘘偽りを記入してしまわないように注意しましょう。

原則として身分証明書の提出を求められますが、財布と一緒に紛失した場合などは免除されます。

4.現金と返済書を受け取る

現金と返済書を受け取り、手続きは終了です。

現金は上限1,000円とされていますが、それ以上の貸付が必要であると認められれば1,000円を越える金額を借入することも可能です。

返済書は後日、返済する際に必要となるので無くさないよう大切に保管しておきましょう。返済期日などは特に設けられませんが、お金を返せる状態になったらなるべく早く返済するのがマナーです。

借入した場所に返済するのが基本ですが、自宅から遠いなどの事情がある場合は最寄りの交番や警察署で返済することが認められています

警察・交番で借りた公衆接遇弁済費を返さないとどうなる?

他の人が制度を利用できない

公衆接遇弁償費が利用できないケースとして、「公衆接遇弁償費の残高が不足している」場合は貸付ができないと述べましたよね。

公衆接遇弁償費にも決められた予算があり、借りたお金を返さなかったり、著しく返済が遅れたりする人が多い場合、困っている人がいても残高不足で貸付できないという状況が発生してしまう可能性があります。

制度を利用してお金を借りている人は、トラブルに遭遇して途方に暮れていたところを公衆接遇弁償費に助けられた人ということですよね。

自分と同じ状況で困っている人が、自分がお金を返していないばかりに救われないというのは決して気分の良いものではないはずです。

自分が助けられた時の気持ちを忘れず、次の公衆接遇弁償費を必要とする誰かのためにも早めの返済を心がけましょう。

詐欺罪で逮捕される

公衆接遇弁償費による貸付は、返済期日を設けないため催促されたりすることはありません。

しかし返済せずに頻繁に借りにくる、明らかに返済の意思がないなどの場合、実際に詐欺罪で逮捕されるケースも存在しています

例え少額であっても、国民の税金によって運営されている制度である以上、警察としても軽んじる訳にはいかないということですね。

助けられたという気持ちも時間が経てば薄れてしまうこともありますが、借りたお金は返さなければいけません。

連絡がこないからまだ返さなくてもいいんじゃないか、このまま返さなくても大丈夫かも?という考えは取り返しのつかない事態を招く可能性もあるので気を付けましょう。

刑務所に入る可能性が高い

公衆接遇弁償費を返済しなかったことで実刑判決を受けた事例も少なくありません。

逮捕後に犯罪が立証されれば検察側から起訴され、そこから刑事裁判に発展。

裁判での有罪判決による懲罰には罰金刑、禁固刑、懲役刑の3種類があり、

  • 罰金刑 定められた罰金を納める
  • 禁固刑 定められた刑期を刑務所で過ごす
  • 懲役刑 定められた刑期のあいだ刑務所で労働する

というように分類されており、最も重い罰が懲役刑です。

詐欺罪には罰金や禁固刑がなく、10年以下の懲役が確定しているので、有罪になれば必ず懲役刑になります

初犯であれば執行猶予がつき、釈放された後に猶予期間を問題なく過ごせば刑務所に行かなくてもよい場合もあるのですが、あまりに悪質な場合はいきなり実刑を受ける可能性が高いです。

帰りの交通費程度の金額を返さなかっただけで刑務所なんて大げさだと思うかもしれませんが、詐欺罪は重大な犯罪なので、決してあり得ない話ではないことを覚えておきましょう。

制度の廃止もあり得る

近年、公衆接遇弁償費を借りた中で、返済をしない人の割合が1~3割ほどを推移しているのが現状です。

身分証がないのを良いことに借受願書にでたらめを書き、返済を求めることもできないようですね。

そもそも身分が証明できない人にお金を貸すなどあり得ませんが、公衆接遇弁償費は困っている人を救済する目的の制度であるため、そのようなケースでこそ貸付する意義が生まれてしまいます。

こういった善意を踏みにじる行いが横行しているため、現在では制度の存続が危ぶまれ、廃止を推す声も上がってきているのが現状です。

公衆接遇弁償費という制度がなくなってしまえば、今後盗難に遭ったり財布を紛失して困っている人を助けるものがこの世からひとつ減ってしまいます。

30年以上続くこの制度を無くさないためにも、借りたお金はきちんと返しましょう。

交番でお金を借りられなかった時の対処法

クレジットカードがあればキャッシングを利用できる

基本的にカード類は財布に入れている場合が多いと思いますが、もしカード入れを別に用意していたり、お金だけ盗まれて財布やカードは無事だった場合、クレジットカードを所持していればキャッシングを利用できる可能性があります

ただしクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、それぞれ別の契約となっているのでキャッシング枠を契約していない場合は利用することはできません。

もしキャッシングが利用できる場合は、コンビニATMなどでお金を借り入れることができるので、クレジットカードが無事だった場合はキャッシングを利用できるか確認してみましょう。

すぐにお金を借りられる消費者金融カードローンがおすすめ

公衆接遇弁償費を利用できなかった場合、すぐにお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめです。

ほとんどの消費者金融カードローンは即日融資に対応しており、全国に設置されている無人契約機や窓口での申込をするとその場で現金を借り入れることが可能です。

ただしWebや電話での申し込みの場合、振込での融資になるので通帳やキャッシュカードが必要になってしまいますね。

そのため消費者金融の中でもネットメインの会社ではなく、実店舗を持っていて現金貸付が可能な大手消費者金融を利用するのがおすすめです。

身分証明書が必要、営業時間内であるなどの制約はありますが、すぐに現金を借りられるという点においてはこれ以上の選択肢はないと言えます。

運転免許証や保険証などの身分証明書類は財布に保管しているケースが多いと思いますが、こういった場合に備えてスマホで身分証の写真を撮影しておくと良いでしょう。

低金利で借りるならプロミス

nofoll

金利 4.5%~17.8%
最大借入限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短60分
利用条件 20歳以上69歳以下
安定した収入がある
営業時間 店頭窓口 平日10時~18時
無人契約機 全日9時~21時
\最短30分で即日融資可能!/

プロミスは消費者金融において利用者数ナンバー1のカードローンです。

公衆接遇弁償費を断られてカードローンを申し込む場合、最も危惧するのが審査落ちしてしまうことですが、プロミスは審査通過率が約50%と国内トップの実績があるため、比較的審査に通りやすいカードローンと言えます。

全国での無人契約機の設置台数が850台以上とかなりの台数があるので、緊急時に駆け込める契約機が近くにある可能性が高いと言えますね。

無人契約機であれば土日祝日も営業しており、21時まで開いているので、急な申し込みでも即日融資が可能になることもあります。

初回利用時は30日間無利息で借りられる無利息期間が設けられているので、いま必要な数万円を借り入れて1ヶ月以内に返済すれば、実質無利息での融資を受けられます。

申し込みから融資までのスピードも最短60分なので、公衆接遇弁償費が利用できなかった場合、近くにプロミスの店舗や無人契約機がないか探してみましょう。

\最短30分で即日融資可能!/

在籍確認なしで借りるならアイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
最大借入限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短60分
利用条件 20歳以上69歳以下
安定した収入がある
営業時間 店頭窓口 平日10時~18時
無人契約機 全日8時~22時
\最短1時間で即日融資可能/

アイフルは審査時に勤務先への電話による在籍確認を原則として行っていないことが特徴です。

もし所持金を失ってすぐにお金を借りたい場合、定休日などで勤務先に在籍確認が取れない状況だと即日融資を受けられませんよね

そんな時でもアイフルなら書類による在籍確認をしてもらえるので、即日融資が可能になります。ただし、書類確認は会社名の入った健康保険証などが必要になるため、財布に保管していて紛失した場合などは要注意です。

直近の給与明細でも確認可能なので、電子明細を採用している会社であればスマホで確認することも可能ですね。

さらにアイフルはプロミスに匹敵する800台以上の無人契約機を全国に設置しているので、近くに無人契約機がある確率は高いと言えます。

営業時間もプロミスより長くなっているので、お近くにアイフルの契約機があった場合はおすすめですね。

\最短1時間で即日融資可能/

まとめ

公衆接遇弁償費について解説させて頂きました。

公衆接遇弁償費は困っている人を助けたいという思いから生まれ、30年以上の歴史を持つ善意の制度です。

財布の盗難・紛失などで所持金を失い、頼れる人もいない状況になったらまずは交番や警察署など、最寄りの対応する行政機関を訪ねて相談してみましょう。

またきちんと返済をしないと詐欺罪に該当する恐れがあり、最悪の場合は懲役刑で刑務所に入ってしまうので早めの返済を心がける必要があります。

もし公衆接遇弁償費が利用できない場合は、即日融資が可能な消費者金融カードローンがおすすめなので、ぜひ検討してみてください。