【2021年版】法人・個人事業主に人気のおすすめクレジットカード10選|年会費・審査基準で比較

法人に人気のおすすめクレジットカード

法人カードは経理業務の簡素化や福利厚生など、法人代表者や個人事業主にとって利用しやすいように工夫されています。

この記事では、法人カードの中でも、特に人気の高いおすすめのクレジットカードを10枚厳選しました。あわせて、法人カードの選び方や審査基準も解説しているので、カード選びの参考にしてください。

法人クレジットカードの審査基準

法人カードの審査基準は、個人のクレジットカードとは異なります。法人カードでは、次のような審査基準を設けています。

法人クレジットカードの審査基準の一例

  • 経営者の信用情報
  • 財務状況(安定した収入があるか)
  • 会社の設立時期(設立後どれくらい時期が経っているか)など

ただしカード会社によっては、法人の証明書が不要で、個人の本人確認書類のみで審査してくれることもあります。この記事で紹介した中においては、「JCBカードBiz 一般カード」や「freee MasterCardワイド」などが該当します。

法人設立当初や開業したばかりの個人事業主はどうしても社会的信用が低くなるので、クレジットカードを作成するのが難しくなります。そのためクレジットカードが作りにくい場合は、本人確認書類のみで審査してくれるクレジットカードを検討するとよいでしょう

法人におすすめの人気クレジットカード10選【年会費や還元率で比較!】

法人や個人事業主におすすめの人気クレジットカードを10枚紹介します。

①アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカンエキスプレスビジネスゴールドカード

サービスや福利厚生が充実!上質なビジネスゴールドカード

「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」の特徴は、サービスや福利厚生が充実している点です。年会費は34,100円(税込)とやや高額なものの、金額に見合う豊富なサービスがあります

たとえば「ペイフレックス あとリボ® for Business」を利用すれば、ビジネス目的の利用分について、後からリボ払いに変更可能です。そのため、金額の大きな事業費を決済して支払いまで資金を用意できないようなときに、このサービスが役に立ちます。

また、海外出張が多い法人や個人事業主の方は、「手荷物無料宅配サービス」も便利です。海外渡航の出発時と帰国時に、自宅~空港間でスーツケースを無料で1個配送してくれるサービスです。

出張の際には、どうしても荷物は多くなってしまうもの。そこでカード保有者であれば、国内の移動時に大きな荷物を減らすことで負担を軽減できます。

他にもこちらのカードには、便利なサービスが数多くあります。年会費を支払って充実したサービスを受けたい方に、おすすめのクレジットカードです。

年会費 34,100円(税込)
還元率(ポイント名) 0.50%(メンバーシップ・リワード)
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル
発行可能枚数
付帯保険 ・キャンセル・プロテクション(チケットやホテルなどのキャンセル代補償)
・リターン・プロテクション(購入店が商品の返品を受け付けないときの補償)
・国内航空機遅延費用 など
支払日 ①20日(前後)締め翌月10日払い
②1日(前後)締め同月21日払い
③5日(前後)締め同月26日払い
※①~③は会員ごとに個別で設定
申し込み条件 法人代表者、個人事業主

②三井住友ビジネスカードゴールド

三井住友ビジネスカードゴールド

法人限定!ゴールドの三井住友カードで高還元率!

三井住友カードにはさまざまなビジネスカードがあり、その中でも法人限定で発行しているゴールドカードが「三井住友ビジネスカードゴールド」です。

こちらのカードは、三井住友カードらしくサービスが充実しています。たとえば「ビジネスサポートサービス」では優待価格でレンタカーを利用できたり、「国内ゴルフエントリーサービス」では電話1本でゴルフ会場を予約できたりします

また、他の法人カードと比べて、還元率が0.5%~2.5%と高還元率な点も特徴です。ポイントUPモールを経由してオンラインストアで物を購入したり、ポイント特約店で利用したりすれば還元率は上がります。

年会費 1枚目 11,000円(税込)
2枚目以降 2,200円(税込)
還元率(ポイント名) 0.5%~2.5%(Vポイント)
マイル
発行可能枚数 20枚以下(目安)
付帯保険 旅行傷害保険(最高5,000万円)、ショッピング補償(年間300万円まで)
支払日 ①15日締め翌月10日払い
②月末締め翌月26日払い
(①②は自由に選択可能)
申し込み条件 法人代表者

③オリコEX GOLD for Biz M

オリコ(エグゼクティブゴールドフォービズエム)

初年度無料で、年会費の安い法人ゴールドカード!

ゴールドカードの中でも、年会費の安い法人カードが「オリコEX GOLD for Biz M」です。年会費は初年度無料で、2年目以降は2,200円(税込)とお得な法人カードです。

ゴールドカードは年会費が万単位になることも多いですが、オリコEX GOLD for Biz Mでは、たったの2,200円でゴールドカードの恩恵を受けられます。もちろんゴールドカードなので、国内の空港ラウンジも利用できます。

他にもオリコEX GOLD for Biz Mには、「クラウド会計ソフト『freee(フリー)』で3ヶ月の利用料が無料になる特典」がついています。

freeeを1年利用した場合、ミニマムプラン(3つの内最も安いプラン)ならば年間5,940円(税抜)、ベーシックプラン(昼間)ならば年間11,940円(税抜)も安くなるのです。そのため法人や個人事業主で、これから会計ソフトfreeeの導入を検討している方にもおすすめの法人カードです。

年会費 初年度無料、2年目以降 2,200円(税込)
還元率(ポイント名) 0.25%~0.50%(暮らしスマイル)
マイル ANAマイル、JALマイル
発行可能枚数 追加のメンバーカード3枚まで(年会費無料)
付帯保険 ショッピングガード (年間100万円まで、免責金額10,000円)、国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険、紛失・盗難保障
支払日 月末締め翌月27日払い(土日祝の場合は翌営業日)
申し込み条件 法人代表者

④freee MasterCardワイド

freee MasterCardワイド

クラウド会計ソフトfreee(フリー)が発行!法人を設立したばかりでも審査可能!

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」の発行しているカードが、こちらの「freee MasterCardワイド」です。

freee MasterCardワイドの特徴は、法人設立当初の方や開業したばかりの個人事業主にも発行しやすい点です。

法人設立当初や開業したての個人事業主の場合、事業所得が低く実績も少ないため、どうしても信用は低くなってしまいます。そこでfreee MasterCardワイドの場合、限度200万円以内ならば本人確認書類のみで審査してくれます。法人証明書である決算書や印鑑証明などは不要です。

そのため、社会的信用の低い方でも、クレジットカードをつくりやすくなっているのです。

また、会計ソフトの会社が発行しているクレジットカードなので、freeeならではのさまざまな特典を受けられます。たとえば、利用料2,000円分の割引クーポンや、所定の弁護士・税理士・社労士への相談が月1回無料など、お得なサービスがあります。

年会費 無料
還元率(ポイント名)
マイル
発行可能枚数 従業員カード 999枚まで(年会費無料)
付帯保険 なし
支払日 5日締め翌月27日または翌々月3日払い
申し込み条件 法人代表者・個人事業主
発行までにかかる期間 申込書類が到着後、最短7営業日

⑤ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカード

ビジネスのプロフェッショナルにおすすめの1枚!

ダイナースクラブ ビジネスカードは、年会費29,700円(税込)の法人カードです。特徴はサービスが充実している点です。

たとえばカード保有者は、株式会社ダイヤモンド社が経営する「銀座サロン」を利用できます。銀座サロンでは商談、ビジネス書籍の閲覧、セミナーを特別価格で参加できるなど、プロのビジネスパーソン向けに充実したサービスがあります。

<銀座サロンの詳細>

住所 東京都中央区銀座4-9-8 NMF銀座四丁目ビル3階
アクセス 東京メトロ銀座線「銀座駅」B2出口から徒歩3分
営業時間 月~金 10:00~18:00

※2021年3月10日現在、新型コロナウイルス感染拡大により利用できません

またカードを申し込むと、freeeの利用料が2ヶ月分お得になります。そのため、これからfreeeの導入を検討している方におすすめの法人カードです。

年会費 29,700円(税込)
還元率(ポイント名) 0.4%~1.0%(ダイナースクラブ リワードポイント)
マイル ANAマイル、スカイマイル、マイレージプラス
発行可能枚数
付帯保険 国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険、ショッピング・リカバリー、ゴルファー保険
支払日 15日締め翌月10日払い(土日祝の場合は翌営業日)
申し込み条件 【基本会員(27歳以上)】
・法人や団体などの代表者・役員
・個人事業主【追加会員】
・基本会員が代表・役員を務める法人や役職員、従業員など(18歳以上)
※あくまで目安

⑥楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

ビジネス用カードで楽天ポイントがお得に貯まる!

利用者に人気の高い楽天カード。

その中でも、法人や個人事業主向けの法人カードが「楽天ビジネスカード」です。楽天ビジネスカードは単体で発行できず、楽天プレミアムカード(年会費11,000円)の子カードとして使用する法人カードとなっています。

なんといっても楽天ビジネスカードの特徴は、ポイント還元率の高さです。

通常のショッピングでも、100円で1ポイント貯まります。1ポイント=1円(還元率1%)で利用可能です。還元率が最低1%もある法人カードは少なく、日々の事業費の決済だけでポイントが貯まります。さらに、楽天市場でショッピングすればポイント還元率は最大5%まで上がります。

もちろんゴールドカードなので、国内空港ラウンジやトラベルデスクなども利用可能です。年会費2,200円のみでゴールドカードの恩恵を受けられる、コスパの高い法人カードといえます。

年会費 2,200円(税込)
還元率(ポイント名) 1.0%~5.0%(楽天ポイント)
マイル ANAマイル
発行可能枚数 ひとり1枚のみ
付帯保険 国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険、動産総合保険(商品購入後、90日以内の偶発的な事故を補償)
支払日 月末締め翌月27日払い(土日祝の場合は翌営業日)
申し込み条件 20歳以上で安定した収入のある法人代表者・個人事業主
発行までにかかる期間 必要書類の到着後、約2週間

⑦JCBカードBiz 一般カード

JCBカードBiz 一般カード

JCB発行の法人カード!事業費の決済でポイントがお得に貯まる!

日本のクレジットカード会社「JCB」の発行する法人カードが「JCBカードBiz 一般カード」です。JCB CARD Bizには「一般カード」と「ゴールドカード」の2種類のカードがあり、今回紹介するのは「一般カード」のほうです。

JCBカードBiz 一般カードの特徴は、個人の本人証明書だけで発行できる点です。

通常、法人カード発行には登記簿謄本や印鑑証明書などの法人証明書が必要になります。

一方でJCBカードBiz 一般カードにはこれらの証明書は必要ありません。そのため、法人設立当初や開業したての個人事業主方も発行しやすくなっています。

またJCBカードBiz 一般カードで決済すると、1,000円(税込)につき1ポイント貯まります。貯まったポイントはJCBギフトカードやJAL、ANAマイルなどに交換可能です。

日々の事業費の決済でお得にポイントを貯めたい方は、JCBカードBiz 一般カードがおすすめです。

年会費 初年度年会費無料、2年目以降 1,375円(税込み)
還元率(ポイント名) 0.47%~1.49%( Oki Dokiポイント)
マイル ANAマイル、JALマイル
発行可能枚数
付帯保険 旅行傷害保険、ショッピングガード保険
支払日 15日締め翌月10日払い(土日祝の場合は翌営業日)
申し込み条件 20歳以上の法人代表者・個人事業主

⑧三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカード

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカード

年会費は安いのにサービスが充実!コスパの高い法人カード

年会費を抑えながら、法人カードならではのサービスを受けたい方におすすめのカードが「三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカード」です。

三井住友ビジネスカード for Ownersの中でも、最も年会費の安いクラシックカード。

クラシックカードの年会費は1,375円(税込)です。また、インターネットで入会すると、初年度の年会費は無料になります。この価格は、他の法人カードと比べても安い年会費です。

さらに、明細書をWeb明細にすれば550円(税込)の割引を受けられたり、「マイ・ペイすリボ」の利用で翌年度以降も年会費無料になったりするなど、三井住友カードには年会費をかなり安く抑える方法があります。

また、年会費は安いにもかかわらず、法人カードならではのサービスを受けられる点も大きなメリットです。

たとえば、「ビジネスサポートサービス」では優待価格でレンタカーを利用できたり、「国内ゴルフエントリーサービス」では電話1本でゴルフ会場を予約できたりします。

このように、年会費の割にコスパの良い法人カードなので、経費を抑えながら法人カードの恩恵を受けたい方におすすめのクレジットカードです。

年会費 初年度年会費無料(インターネット入会)、2年目以降 1,375円(税込)
還元率(ポイント名) 0.5%~2.5%(Vポイント)
マイル
発行可能枚数
付帯保険 旅行傷害保険(最高2,000万円)、ショッピング補償(海外のみ、年間100万円まで)
支払日 ①15日締め翌月10日払い
②月末締め翌月26日払い
(①②は自由に選択可能)
申し込み条件 満20歳以上の法人代表者・個人事業主

⑨アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

最上級のアメックスプラチナカード!エリートビジネスパーソンにおすすめの1枚

エリートビジネスパーソンにおすすめの最上級カードが、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」です。年会費は143,000円(税込)とかなり高額になるものの、サービスが充実しており、ステータスを示すには十分なカードです。

こちらのカードは、福利厚生やサポートが非常に充実しています。

たとえば、カードを保有するだけで、福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員に登録できます。クラブオフでは、国内20万箇所以上の施設が優待価格で利用可能です。追加カードで発行した従業員の方もクラブオフを利用できます。

さらに「ヘルスケア」のサポートセンターでは、24時間365日、食事や運動などに関する質問を受け付けています。自分に合った健康的な食事メニューや、おすすめの運動方法などを聞いてみるとよいでしょう。

ほかにも、カード利用者向けに充実したサービスが数多くあり、さすがアメックスといえます。上質なサービスを利用したい場合や、ステータスを示したい方におすすめの法人カードです。

年会費 143,000円(税込)
還元率(ポイント名) 0.5%(メンバーシップ・リワード)
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル
発行可能枚数 追加のビジネス・プラチナ・カードは4枚まで(年会費13,200円)、5枚目以降はビジネス・ゴールド・カードで発行(年会費無料)
付帯保険 国内旅行傷害保険、国内航空機遅延費用、海外旅行傷害保険、キャンセル・プロテクション(チケットやホテルなどのキャンセル代補償)
支払日 ①20日(前後)締め翌月10日払い
②1日(前後)締め同月21日払い
③5日(前後)締め同月26日払い
※①~③は会員ごとに個別で設定
申し込み条件 法人代表者、個人事業主、専門職・有資格者(弁護士、医師など)

⑩JCBゴールド法人カード

JCBゴールド法人カード

中小企業や個人事業主におすすめ!ポイントも貯まるビジネスゴールドカード!

JCBの発行しているゴールドの法人カードが「JCBゴールド法人カード」です。ポイントが貯まりやすく、補償も手厚い法人カードです。

JCBゴールド法人カードで決済すると、1,000円(税込)で1ポイント貯まります。貯まったポイントは、JCBギフトカードやAmazonの買い物などで利用できます。そのため、日々の事業費の決済でポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードです。

またJCBゴールド法人カードの特徴は、「国内・海外の航空機遅延保険」がついている点です。この保険では、飛行機の遅延や乗り継ぎに間に合わなかったことによって発生した費用を補償してくれます。

「国内・海外の航空機遅延保険」の補償内容
  • 出航や乗継遅延、受託手荷物の遅延によって発生した費用→2万円まで
  • 受託手荷物の紛失→4万円まで

そのため国内外の出張が多く、頻繁に飛行機に搭乗する法人や個人事業主は、補償の手厚いJCBゴールド法人カードをもっておくと安心です

年会費 11,000円(税込)
還元率(ポイント名) 0.47%~1.49%(Oki Dokiポイント)
マイル
発行可能枚数
付帯保険 旅行傷害保険、国内・海外航空機遅延保険、ショッピングガード保険
支払日 15日締め翌月10日払い(土日祝の場合は翌営業日)
申し込み条件 18歳以上の法人代表者・個人事業主

法人クレジットカードの3つの選び方

今では、さまざまなクレジットカード会社が法人カードを発行しており、会社や個人事業主に合ったものを選ぶのは難しくなっています。そこで、法人カード選びにおいて、とくに抑えてほしい方法を3つ紹介します。

①年会費の安さ

まずは、年会費の安さは重要な判断基準です。

年会費は、そのまま会社や個人事業主の経費となります。そのため、なるべく年会費の安い法人カードを選ぶのがおすすめです。

この記事で紹介した中において、年会費も安く、かつサービスが充実しているのは「三井住友ビジネスカード ゴールド」と「三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカード」です。三井住友カードでは、Web明細やマイ・ペイすリボを利用すると、年会費をかなり安く抑えられるようになっています。

また、「ポイントには興味がなく、なるべく低コストで法人カードを使いたい」という方には、年会費無料の法人カードがおすすめです。この記事で紹介した法人カードでは、クラウド会計ソフトfreeeが発行している「freee MasterCardワイド」がよいでしょう。

②追加カード

1枚だけでなく、たとえば社員用に何枚か複数のカードを発行する場合は、「追加カードの年会費や発行可能枚数」もしっかり確認しましょう。法人カードの中には、追加カードにも年会費がかかることもあります。年会費のかかる追加カードを多く発行すると、当然経費が積み重なります。

中には、追加カードの発行枚数に制限をかけている会社も。そのため、今後追加でカードを多く発行する予定の法人や個人事業主は、発行可能枚数に制限のないクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

③還元率

事業費の決済でポイントを貯めたいならば、還元率も考慮しましょう。還元率が高いほどポイントは多く付与されるので、その分オンラインショッピングや航空券の手配などに利用できます。

この記事で紹介した中において、還元率の高い法人カードは「楽天ビジネスカード」です。通常のカード利用だけでも、1%以上の高還元率です。さらに、楽天市場で決済すれば、還元率は最大5%にもなります。そのため、普段から楽天市場を使って物を購入する法人や個人事業主には、ぜひ手に入れておきたい1枚です。

また、出張で飛行機を利用することが多い場合、「貯まったポイントをマイルへ交換できる」ことも重要なポイントです。マイルを使って特典航空券に交換できれば、通常通り航空券を購入するよりも、はるかに旅費交通費を抑えられます。

まとめ

この記事では、人気の高いおすすめの法人カードを10枚厳選しました。年会費の安いカードやポイント高還元率、豊富なサービスなど、法人カードごとにさまざまな特徴があります。

ぜひこの記事を参考にして、経営方法や事業内容に合ったクレジットカードを手に入れましょう。