美容
資産運用

引越し費用が足りない!そんな時の対処法とお金の借り方を説明

賃貸

新年度が始まり、引っ越しを検討している方も多いでしょう。新生活は楽しいものですが、引っ越しをする際、大抵の人が気になるのが引っ越し費用です。

「引っ越しは楽しみだけど、どれくらいお金がかかるか気になる…。」

「もし、お金が足りなかったらどうしよう…。」

このような心配をしている方も多いですよね。

そこで今回は、引っ越しにかかる費用と引越し費用が足りない場合のお金の調達方法について説明をします。引っ越しをする際の参考にしてください。

引っ越しにはどのくらいの費用がかかる?

賃貸

引っ越しにかかる費用は主に3つに分けられます。

  • 新居の契約費用
  • 引っ越し費用
  • 家具や家電の購入費用

引っ越しにかかる費用についてわかりやすく詳しく説明をします。

新居の契約費用

新居の契約にはたくさん多くの費用がかかります。

新居の契約費用は、高額になりがちですが、平均金額について理解していないと、適正な金額なのかわからなくなってしまいますので、しっかり理解するようにしましょう。

①敷金

敷金は家賃の1ヵ月分が平均で、部屋を退去するときの原状回復費用にあてられます。

退去する際、原状回復費用に使われた金額を差し引かれた金額が戻ってくるのが、一般的です。

②礼金

礼金は、家賃の1ヵ月分かかることが多く、部屋を貸してくれる大家さんへのお礼の意味のお金になります。そのため、敷金のように退去したときに、戻ってくるお金ではありません。

③仲介手数料

仲介手数料は、家賃0.5カ月~1カ月分+消費税が目安で、部屋を紹介してくれた不動産会社に支払うものになります。

家賃を1ヵ月分+消費税と法律で決められていますので、覚えておいてください。

④前家賃

前家賃は家賃の1ヵ月分程度が平均で、家賃を前払いで支払うものです。

例えば、3月に契約をして4月から住む場合、契約したときに、4月分の家賃を支払います。月の途中から引っ越しする場合は、日割計算で前家賃を支払うことが一般的です。

⑤保証料

保証料とは、家賃保証会社を利用する際に発生する費用で、家賃(共益費含む)の0.5カ月が平均になります。

家賃保証会社を利用する理由は、家賃が支払えなくなった時に備えるものなので、連帯保証人をつけることができれば発生しません。

⑥火災保険

火災保険は、部屋の大きさやグレードによっても異なりますが、年間保険料は、一般的に一人暮らしで1.5万円、2人以上で2万円程度になります。

火災保険は、家事や水漏れなどのトラブルに備えるものになりますので、必ず加入するようにしましょう。

不動産会社から紹介された火災保険に加入することが一般的ですが、自分で選んだ火災保険に加入することもできます。

⑦事務手数料や鍵交換費用

引っ越しにかかる事務手数料や鍵交換にかかる費用も入居者が負担することになります。部屋のグレードによって費用は変わってきますが、一般的に3万円から5万円程度になるでしょう。

引っ越し費用

引っ越し費用は、現在住んでいる家と新居の距離や荷物の量、引越しをする時期によって変わってきます。

特に引っ越しのハイシーズンである3月から4月にかけては、引っ越し費用は跳ね上がる傾向にありますので注意してください。

引っ越し費用は人それぞれの状況によって異なりますが、一般的には、1人の場合で3万円~10万円程度、カップルや夫婦などの2人の場合で8万から30万円程度といわれています。

かなり費用に幅がありますので、引っ越しをする際は、複数の引っ越し会社に見積もりを取るようにしてください。

今は、簡単に複数の引越し外車会社に、インターネットで見積もりを出すことができますので、大きな負担にはならないでしょう。

家具や家電の購入費用

引っ越しをする際は、新たに家具や家電を購入することが多いでしょう。

家具や家電の購入費用は、まさに十人十色になりますので、一概にいうことができません。

しかし、一般的には、数十万円の費用がかかると思っておいた方が良いでしょう。一般的に必要な家具や家電についてまとめておきましたので参考にしてください。

<家具>

家具 費用
寝具(ベッド+マットレス) シングルで4~7万円、ダブルで5~12万円
ソファ 2人掛けで2~8万円
テーブル 1~4万円
ダイニングテーブル+椅子 1人用で2~3万円、2人用で3~5万円
PCデスク+椅子 2~6万円

 

<家電>

家電 費用
冷蔵庫 1人用:2~5万円、2人用:8~12万円
炊飯器 1人用:0.5万円から1万円、家族用:2~5万円
電子レンジ 1人用:1万円前後、家族用:3~7万円
洗濯機 1人用:2~5万円、家族用:6~20万円
液晶テレビ 1人用:2~5万円、家族用:5~10万円
エアコン(工事費込み) 1部屋:6万円~15万円

 

引っ越し費用を節約する方法

引っ越しには、様々な費用が必要なことがご理解いただけたでしょうか?

引っ越し費用の詳細を見て「こんなにお金がかかるんだ」とショックを受けた方もいるかもしれません。しかし、安心してください。引っ越し費用を節約する方法はあります。

引っ越し費用の節約方法は様々ですが、主な方法は4つに集約することができます。

  • 新居の初期費用が減るように交渉する
  • 複数社で見積もりをする
  • 引っ越しするシーズン・日時を選ぶ
  • 物を減らすために不用品は売る

引っ越し費用の節約方法について、詳しく説明していきます。

①新居の初期費用が減るように交渉する

敷金や礼金などの初期費用は、大家さんとの交渉によって減る可能性があります。大家さんと直接交渉するのが気後れする場合は、不動産会社が交渉をしてくれることもありますのでぜひ相談してください。

敷金や礼金などの初期費用は大きな金額になることが一般的ですので、言い値ではなく必ず交渉するようにしましょう。

無茶な要求をする事はよくありませんが、お互い気持ちよく契約するために交渉は必要です。

②複数社で見積もりをする

引越し業者を選ぶ際は、必ず複数社に見積もりをするようにしてください。現在、多くの引っ越し会社がありますので、引越し会社によって費用は大きく変わってくるでしょう。

先ほども説明しましたが、今はインターネットで簡単に複数の引越社に見積もりを出すことができます。

複数の引っ越し会社に見積もりを出して、納得できる引っ越し会社を選ぶようにしてください。

③引っ越しするシーズン・日時を選ぶ

引っ越しする時期によって、引っ越し費用は大きく変わってきます。ハイシーズンである3月~4月が最も引越し費用が高くなります。

逆に11月や12月は、引っ越しのオフシーズンになりますので、その分、引越し費用も安くなる傾向にあります。

また、平日よりも土日の方が引っ越し費用は高くなりますので、可能であれば平日引っ越しをするようにしましょう。

④荷物を減らすために不用品は売る

荷物が多ければ多いほど引越し費用は高くなりますので、必要のないものはフリマアプリなどを使って売却するようにしましょう。

不要なものを売ることができれば、荷物を減らす事ができますし、引っ越し費用に充てることもできます。

まさに一石二鳥になりますので、引っ越しを機に不用品の売却することをオススメします。

引っ越し費用が用意できない…そんな時はどうすればいい?

引っ越し費用の総額は、平均して家賃の4ヶ月分から5ヶ月分かかります前々から引っ越しを決めていてしっかりと引越し費用を貯めていれば、問題はないかもしれません。

しかし、急に引っ越しを決めたり、引越し費用が思ったよりも多額になり、自己資金だけでは、引越し費用を用意することが、できない方もいらっしゃるでしょう。

引っ越し費用を調達する方法について、紹介をしますので参考にしてください。

引っ越し費用を調達する方法はいくつかありますが、主な方法は3つになります。

  • 銀行のフリーローン(多目的ローン)を利用する
  • カードローンを利用する
  • 国や自治体の公的融資制度を利用できる場合もある

引っ越し費用を調達する方法について、詳しく説明していきます。

銀行のフリーローン(多目的ローン)を利用する

銀行のフリーローンとは、住宅ローンやマイカーローンなどと違い、資金使途が決められていないローンのことです。

フリーローンには、様々なメリットやデメリットがありますので、しっかりと特徴について理解してください。

フリーローンのメリット

フリーローンのメリットは主に2つです。

①カードローンより金利が低い傾向にある

②使い過ぎる心配が少ない

フリーローンのメリットについて、わかりやすく詳しく説明します。

①カードローンより金利が低い傾向にある

銀行のフリーローンは、カードローンよりも金利が低い傾向にあります。

金利が低いと、返済総額を抑えることができますので、金利がカードローンよりも低い傾向にあることは、フリーローンの大きなメリットといえるでしょう。

②使い過ぎる心配が少ない

フリーローンは、カードローンと違って全額返済しない限り、追加での融資は一般的に認められていないので、使い過ぎる心配が少ないです。

必要な金額だけ借りることができ、全額返済しないと追加融資を受けることができないことは、借金を増やさないという点からみると、大きなメリットでしょう。

フリーローンのデメリット

フリーローンの主なデメリットは2つです。

①使い勝手が悪い

②審査基準が厳しい傾向にある

フリーローンの主なデメリットについて、詳しく説明していきます。

①使い勝手が悪い

フリーローンのメリットのところで少し説明をしましたが、一般的にフリーローンは、カードローンと違い、一度融資を受けたら、全額返済するまで再度の利用をすることはできません。

借りすぎなくて済むメリットはありますが、いつでも追加でお金を借りることができないことは、利便性の観点からみるとデメリットといえるでしょう。

②審査基準が厳しい傾向にある

フリーローンは、一般的にカードローンに比べて、審査が厳しく審査期間が長い傾向にあります。

年収や勤務先などの属性が良い方にとっては、大きな問題にはならないかもしれません。

しかし、属性が悪い方にとってはフリーローンは利用できない可能性が高くなりますので、大きなデメリットでしょう。

フリーローンの審査に必要な書類

フリーローンは金利がカードローンより低いことが大きなメリットです。

審査に申し込むには、一般的に以下の書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 見積書

本人確認書類は、免許証やパスポート・マイナンバーカードなど顔写真がある確認書類が必要です。

また、収入の状況を見るために、毎月の給料明細や源泉徴収票が必要になります。毎月の給料明細の場合、一般的には2か月分以上の明細が必要になりますので、事前に準備しておくようにしましょう。

フリーローンの借り入れ金額が、適正なのかどうかを判断するために、見積書も必要になりますので、引っ越しの見積書についてもしっかり保管しておくようにしてください。

カードローンを利用する

引っ越し費用の調達方法の2つ目は、カードローンを利用することです。カードローンとは、消費者金融や銀行などの金融機関で提供しているローンのことになります。

カードローンも、フリーローンと同様に資金使途が決められていませんので、引っ越し費用に充てることが可能です。

カードローンのメリット・デメリットについて説明をします。

カードローンのメリット

カードローンには様々なメリットがありますが、主なメリットは3つに集約されます。

①使いやすい

②審査がフリーローンに比べ通り安い傾向にある

③即日融資を受けられる

カードローンのそれぞれのメリットについて説明します。

①使いやすい

カードローンは、ATMでいつでもお金を借りたり返済することができますので、非常に利便性が高いローンです。

フリーローンの場合は、全額返済しないと追加での融資を受けることはできませんが、カードローンは借り入れ枠が残っていれば、何度でも利用できます。

ATMやインターネットでいつでも追加でお金を借りることができることは、カードローンの大きなメリットでしょう。

②フリーローンに比べて審査が通りやすい傾向にある

銀行カードローンは、金利が消費者金融のカードローンより低いことが一般的ですので、審査が厳しい傾向にあります。

しかし消費者金融のカードローンの場合、金利が高いこともあり、審査はフリーローンや銀行カードローンよりも通りやすい傾向にあるのです。

年収や勤務先などの属性に自信がない方にとっては、大きなメリットになるでしょう。

③即日融資を受けられる

消費者金融のカードローンの場合、審査が即日でおりるカードローンがありますので、即日で融資を受けることができる可能性があります。

引っ越しが急に決まり、支払いをすぐに行わなければならない場合などはとてもありがたいメリットです。

銀行系のカードローンは、即日利用することはできませんので注意してください。

カードローンのデメリット

カードローンの主なデメリットは2つです。

①金利がフリーローンに比べ高い

②返済が長引く可能性がある

カードローンのそれぞれのデメリットについて説明します。

①金利がフリーローンに比べ高い

カードローンは、一般的にフリーローンより金利が高い傾向にあります。

金利が高いと、返済総額も大きくなってしまいますので、金利が高いことは、カードローンの大きなデメリットといえるでしょう。

②返済が長引く可能性がある

カードローンは、簡単にATMやインターネットでお金の借りることができますので非常に便利です。

しかし、便利なあまり使いすぎてしまう可能性があります。

カードローンを使っている人の中には、カードローンの枠を自分のお金だと思って使っている人もいますので注意してください。

使いすぎてしまうと、金利の負担も大きくなってしまいますので、カードローンの使いすぎには注意するようにしましょう。

カードローンの審査に必要な書類

利便性が高く、使いやすいカードローンですが、カードローンを利用するためには当然ですが審査に通る必要があります。

カードローンの審査に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書の2つです。

フリーローンのように見積書は必要ないケースが多いので、揃える書類は少なくなります。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

国や自治体の公的融資制度を利用できる場合もある

引っ越し費用の調達には、国や自治体の公的融資制度を利用できる場合もあります。具体的には、生活福祉資金貸付という制度です。

生活福祉資金貸付は、金利がとても低く、返済期限が最長10年と非常に内容の良い貸付制度になります。

保証人がいる場合は無利子で借りることができ、保証人がいない場合でも1.5%の金利で借りることができますので、フリーローンやカードローンと比べるとはるかに安い金利であることがわかるでしょう。

しかし、生活福祉資金貸付は、生活困窮者のためにある貸付制度になりますので、審査が非常に厳しく審査期間も長くなる傾向にあります。

利用することができれば必ず利用した方が良い制度になりますが、利用できない可能性のほうが高いことは理解しておくようにしましょう。

生活保護なら条件付きで福祉事務所から支給される

生活保護を受給している方の場合、引っ越し費用を捻出する事は非常に難しいでしょう。

しかし、生活保護受給者の場合でも、引っ越しをせざる得ないケースがあります。

例えば、現在住んでいる家が、老朽又は破損により居住できない状態になった場合などです。

このようなケースの場合、福祉事務所から引っ越し費用が援助されることがありますので、生活保護受給者で引っ越ししたい方は、福祉事務所に確認するようにしてください。

引っ越しまで余裕がある&信用情報が優れている方向けのフリーローン

引っ越しまでに余裕がある方で、信用情報が優れている方向けのおすすめのフリーローンについて紹介をします。

①三井住友銀行

三井住友銀行のフリーローンは、5.975%と金利が低いです。

利用限度額は300万円で、24時間365日インターネットからの申し込みが可能です。

ただし、インターネットでの申し込み完了はできません。

②みずほ銀行

みずほ銀行のフリーローンは、金利が5.875〜6.65%と、非常に低いことが特徴です。

利用限度額は300万円で、申し込みはインターネットで完結させることができます。

③イオン銀行フリーローン

イオン銀行のフリーローンは、繰上返済がしやすいことが特徴です。

インターネットバンキングで、10,000円以上1円単位で無料で繰り上げ返済することができます。

利用限度額は700万円で、金利は年3.8%~年13.5%です。

④住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のフリーローンは、借りることができる最大金額は1000万円と非常に大きな金額を借りることができるのが特徴です。

また、申し込み手続きをウェブで完結させることができます。

金利は、3.775%〜12.0%です。借り入れ金額が50万円以下の場合、収入証明書が必要ないことも特徴といえるでしょう。

【支払い期限が迫っている方向け】即日融資OKのカードローン

即日融資を受けることができるカードローンを紹介をします。

引っ越し費用の支払い期限が迫っている方向けのローンになりますので、ぜひ参考にしてください。

①プロミス

プロミス

金利(実質年率) 4.5%〜17.8%
最大借入限度額 500万円
Web完結 可能
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間
即日融資可能な審査受付時間 9:00~21:00
パート・アルバイトの申込 可能
Web完結 可能

\初回30日間利息0円/

プロミスのカードローンの特徴は、カードレスで利用することができることです。また審査も即日降りる可能性がありますので、急いでいる方におすめです。

プロミスのカードローンの利用上限金額は500万円で、金利は4.5~17.8%。初めての人でも安心して借入から返済ができるよう、サービスデスクが充実していうこともオススメのポイントの一つです。

\初回30日間利息0円/

②アイフル

アイフル

金利(実質年率) 3.0%〜18.0%
最大借入限度額 800万円
Web完結 可能
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間
即日融資可能な審査受付時間 9:00~20:30
パート・アルバイトの申込 可能
Web完結 可能

アイフルの最大の特徴は、審査時間の短さです。最短30分で審査が終わり、1時間程度でお金を手にすることができる可能性が有ります。

アイフルのカードローンの利用上限額は800万円で、金利は3.0~18.0%です。

 

③J.score

jscoreの審査基準・金利・キャンペーン

金利(実質年率) 0.8%〜15.0%
最大借入限度額 1,000万円
Web完結 可能
審査時間 状況によって異なる
融資までの時間 最短1時間
即日融資可能な審査受付時間 平日:8:00~22:55
土曜:8:00~21:40
日曜:9:00~16:40
学生の申込 可能
Web完結 可能

J.scoreの最大の特徴は、AIでその人に合った金利を決めることです。ポイントカードを登録したりするとAIのスコアも自動で上がるので、より低金利でお金を借りることができます。

また、審査時間も最短30分と非常に短く、引っ越し費用が早急に必要な方にとっては、特にありがたいローンになるでしょう。

J.scoreの利用上限額は1000万円で、金利は0.8%~15.0になります。銀行カードローン並の低金利なのが特徴で、とにかくお得に借りたい人にオススメです。

まとめ

今回は、引っ越し費用について説明をしました。新年度を迎えこれから引っ越しする人は多いでしょう。

しかし、特に初めての引っ越しの場合、引っ越し費用が心配な方は多いと思います。

ぜひ、この記事を参考にしていただきスムーズに引っ越しをしていただければ幸いです。