美容
資産運用

【初めてお金を借りるのに最適で安全な方法】借りただけでブラックにはならない!

初めてお金を借りる方法

今まで金融機関などで融資を受けたことがなく初めてお金を借りるという人は、どんな借り方があるのかわからなかったり、金融会社に怖いイメージを持っているのではないでしょうか。

現金をそのまま借りたい場合は、車や不動産のローンなどのように販売先が代理店になっていてそこで借り先を紹介してくれるということはなく、自分で申し込み先を選んで直接金融機関に申込をしなければなりません。

消費者金融や銀行などの金融機関、国が運営する公的融資など借入ができる先はたくさんありますし、カードローンやクレカキャッシング、フリーキャッシング、総合支援資金や教育支援資金などお金を借りる方法も数え切れないほどあります。

今回の記事ではファイナンシャルプランナーの視点から、初めてお金を借りる際の注意点や金融機関の選び方、それぞれの融資の特徴などについて詳しく解説していきます!

お金に困っている人必見!初めてお金を借りる際の注意点

初めてお金を借りる方法

お金を借りる際の注意点

お金を借りる際の注意点として、3つのポイントがあります。

  • 返済可能な範囲で借りること
  • なるべく利息を払わなくて良いようにすること
  • 安全な企業から借りること

返済可能な範囲で借りるのは、そのままきちんと返済計画を立てて利用するという意味です。

借りたお金が返せなくなってしまうと、ブラックリスト入りしてしまい今後しばらくお金を借りれなくなったり、ローンが組めなくなったりと、さまざまな不利益が発生するリスクがあります。

利息を払わなくて良いようにするのは、単純に金利が大きいほど返済額が増えるため。

低金利で借入をする、無利息期間がある金融会社を選ぶなどの方法があり、よりお得な借り方を選んだ方が良いということです。

安全な企業というのは貸金業法に則って運営している消費者金融や、銀行などの金融機関を指しており、いわゆる闇金融といった危ないところからはお金を借りないようにしましょう。

お金を借りる際に注意するポイントを押さえていなければ、取り返しのつかないことになってしまう可能性もあるので気を付けましょう!

初めてお金を借りる前に知っておきたい「総量規制」について

総量規制とは貸金業法で定められている、金融会社がお金を貸す際のルールのひとつです。

総量規制では貸金業者は顧客に対して、年収の3分の1を超える金額を貸付けてはならないとされています。

これは顧客の返済能力を超えた貸付けを融資する側がしてしまうことを防ぐためのもので、借入する側を守るための規制と言えますね。

総量規制のルールを知らないと、借入することができない金額を借りようとして2社目、3社目と申し込んでしまう可能性があります。

しかし総量規制によって借入可能な金額は年収の3分の1と決められているため、それ以上を借りようとしても審査落ちを繰り返すことに

審査落ちが重なると申込みブラックと呼ばれる状態になり、他のローンの審査に通りづらくなってしまいます。

初めてお金を借りる人はこの総量規制を覚えておきましょう。

初めてお金を借りる方法は大きく分けて3パターン

初めてお金を借りる際の金融機関の選び方

どのようにしてお金を借りるのか、どこからお金を借りるのかによってその後の返済のしやすさや利用の快適さは変わってきますよね。

特に初めてお金を借りる場合、どのような借り方や金融機関ごとの特徴があるのかを知らずに借入してしまうと不便な思いをしてお金を借りたことを後悔してしまう可能性も。

この項目ではお金を借りる方法や金融機関の選び方について詳しく解説していきます。

お金を借りる3つの方法

現金を直接借り入れる方法は主に3つあります。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 金融機関のカードローン
  • 公的機関が扱う公的融資制度

このうちお金の借り方ですが、コンビニや銀行のATMからお金を引き出して借りられるのがクレカキャッシング、指定した銀行口座にお金を振り込んでもらえるのが公的融資制度です。

そしてその両方を選択できるのが金融機関のカードローンというイメージです。

いますぐ少額の現金を手元に欲しいのか、口座にそれなりの現金を補充したいのかで利用する手段も変わってくるので、知識として覚えておくと良いでしょう!

申し込んだ即日、もしくは数日以内ですぐにお金を借りたい場合におすすめなのはカードローンとクレジットカードのキャッシングの2種類です。

クレジットカードについてはショッピング利用で使っている人も多いかと思いますが、カードローンと聞くと銀行はともかく消費者金融ってやばいんじゃないか?と感じてしまいますよね。

しかし現在の消費者金融は貸金業法という顧客を守るための法律に則って運営しているため、法外な金利や過剰貸付、違法な取り立てはできないことになっているので安心してください

以下でカードローン・キャッシングそれぞれの特徴について解説します。

初めてお金を借りる人向けの、金融機関・公的機関の選び方

金融機関を選ぶ際に注意するポイントは以下の3つ。

  • 融資スピード
  • 金利
  • 借入限度額

融資スピードを重視する場合、銀行だとカードローンでも最短数日はかかってしまうので、即日融資が可能な消費者金融を使うと良いでしょう

金利は一般的に銀行の方が低金利で借りることができ、金利が低い方が借入額に対する総返済額が少なくなりますね。

借入限度額はカードローンであれば500万円~1,000万円と高めに設定されているのでどちらが良いとも言えませんが、銀行であれば貸金業法で取り締まられておらず総量規制のルールが適用されないため、年収の3分の1を超える金額を借りられる可能性もあります。

公的機関は目的別にさまざまな制度や資金が用意されているため、まずは自分が利用できる公的融資制度を行っている機関を選びましょう。

該当する融資制度が複数あった場合、ほぼ差はないと思いますが金利や借入可能額、もしくは相談しやすい窓口を選ぶと良いですね。

今すぐお金が欲しい人はカードローン・キャッシング

即日でお金を用意したい場合はカードローン・キャッシング

今すぐお金が欲しい方におすすめなのは、クレジットカードのキャッシングを利用するか、カードローンを利用する方法。

①クレジットカードのキャッシング

クレジットカードにはショッピングとキャッシングの2つの機能が備わっています。

ショッピングは利用している人も多いと思いますが、商品を購入した際に発生する代金を立て替えてもらえるサービスとなっています。

対してキャッシングとはコンビニATMなどにクレジットカードを挿入し、現金を引き出すようにお金を借りることができる機能です。キャッシング枠を契約さえしてしまえば、カードさえあれば手軽にお金借りられるという利用のしやすさがメリットと言えます。

デメリットとしては5万円~20万円程度の少額融資しかできない点、クレカ利用の支払いと合算しての返済となるためキャッシングした翌月のクレカ利用料が膨れ上がる点が挙げられます。

またクレジットカードの金利は15%~18%と高めに設定されているため、利用の際は十分に注意しましょう。

②消費者金融系カードローン

カードローンはローン用のカードを使ってATMからお金を借り入れたり、振り込み依頼をすることで口座に直接現金を振り込んでもらったりができる金融サービスです。

消費者金融系カードローンの特徴は即日融資が可能な点、返済方法が口座振替はもちろんATM返済、インターネットバンキングによる振込など豊富に用意されている点が挙げられます。

金利は3%~18%の間で設定されている場合が多く決して低いとは言えませんが、会社によっては無利息期間があり利用の仕方次第では金利ゼロでお金を借りることも可能ですね。

また在籍確認を電話ではなく書類で確認してもらえる可能性があるのも消費者金融カードローンに限られるため、絶対に会社に連絡して欲しくない人にはおすすめです!

③銀行系カードローン

銀行系カードローンの大きなポイントは、3%~14%程度の低金利でお金を借りられる点です。

銀行の行う審査の仕組み上、絶対に即日融資が不可能なシステムを採用しており、最短でも翌日まで審査が終わらない点には注意が必要。

審査は消費者金融より厳しいのが一般的ですが、銀行からお金を借りているという安心感が得られるのも銀行カードローンの特徴と言えます。

注意点として銀行によっては申し込み先の銀行口座でしか取引ができず、口座開設が必須な場合もあるので借入と返済にしか使わない余計な口座を作らなくてはならなくなる可能性があります。

低金利や安心感を重視する人にはぜひ銀行カードローンがおすすめです。

初めてお金を借りるなら消費者金融がおすすめ

消費者金融には、初めて利用する人にしか利用できないメリットや嬉しいサービスが存在します。

ここからは、消費者金融のメリット・デメリットを紹介していきます。

初めて消費者金融でお金を借りるメリット

①30日間利息無料で借り入れできる

初めて利用する人限定で、30日間の利息が無料になるサービス。1ヶ月間利息0円で借入できるので、その期間内に完済すれば、金利0円になるということです。

これは初めてお金を借りる人限定なので、最大のメリットと言えるでしょう。特に少額融資の方は短い期間での完済が可能ですので、結果的に銀行カードローンやその他の借入方法よりも金利が低くなるパターンもよくあります。

中でもおすすめなのは、プロミス。アイフルやアコムは”契約日から”30日間なのに対し、プロミスは”初回借入日から”30日間なので、プロミスの方が無利息期間が長くなる可能性が高いです。

\30日間利息無料で借りられる/

②最短30分で借りられる

消費者金融の1番のメリットといえば、とにかく融資スピードが早いこと。本人の属性や借入希望額によって所要時間は異なりますが、最短30分で融資してもらえる会社も存在します。

そこで実際にカードローンを利用した人の口コミを参考に、融資までにかかった時間を算出しました。

ダントツで早かったのはプロミスという結果になりました。

融資までの所要時間 申込方法
プロミス 38分 Web
J. Score AIスコア・レンディング 1時間08分 Web
SMBCモビット 55分 Web
アイフル 1時間10分 Web
みずほ銀行カードローン 2営業日 Web
\30日間利息無料で借りられる/

 ③担保・保証なしで借り入れできる

カードローンは担保や保証なしで、身分証があればお金を借りることができます。

消費者金融の審査に通過するためのポイント

金融会社などの審査に通過するためにはどんなことに気を付ければよいのでしょうか?

ポイントは以下の3つです。

  • 申し込むのは1社のみにする
  • 借入希望額は総量規制の範囲内に抑える
  • 申込み情報に誤りがないようにする

まず気を付けるのは、申込みをするのは1社に絞ること。

金融会社の審査で特に重視されるのが信用情報という、個人の過去から現在までの借入や返済状況、払い遅れや金融事故の履歴などがすべて記録された情報です。

滑り止め感覚で複数の会社に申し込んでしまうと、申し込みの履歴がこの信用情報に記載されてしまいます。

そのため、審査時に短期間に複数の会社から融資を受けようとしているのは怪しいと思われてしまい、申込ブラックと呼ばれる審査に通りづらい状態になる可能性があります

申込履歴は6ヶ月で消滅するので、一度どこかに申し込んだら審査の結果に関わらず6ヶ月間は他社に申込をしないようにしましょう。

借入希望額は総量規制の範囲内、つまり年収の3分の1に収まるようにすると審査に通りやすいと言えます。後から増額を申し込むこともできるので、まずは少な目の金額で審査をしてみるといいでしょう。

申込情報に誤りがあると、そこに悪意がなくても金融会社側からの信頼を少なからず損なってしまいます。変な疑いや心配を持たせず、スムーズで気持ちの良い取引をするためにも入力情報は間違いがないようにしっかりとチェックしましょう。

以上3点に気を付けることで審査に通過しやすくなるので、ぜひ参考にしてください!

審査に落ちてしまう人の特徴

審査に落ちてしまう人の特徴として、以下の2つが挙げられます。

  • 信用情報に問題がある
  • 本人の属性情報が影響している

信用情報には現在の借入総額やこれまでに払い遅れや滞納をしたかなど、借金に関するさまざまな情報が記録されます。

過去に払い遅れや滞納を繰り返している、借入総額が年収に対して大きすぎるなどの場合、審査に悪影響がでで落ちてしまう可能性は十分にありますね。

また本人の属性情報が影響していることも考えられます。

属性情報とは個人の年収や勤務先、役職、勤続年数、家族構成、住宅状況など、その人を構成するあらゆる情報のこと。

たとえば一般的にフリーターより正社員、会社員より公務員、賃貸住宅より持ち家のほうが審査に通りやすいと言われていますが、これは属性情報が影響していると言えます。

審査に落ちてしまう人の特徴として、この信用情報と属性情報に問題がある可能性が高いですね。

ブラックリストとは?借りただけでもブラックリストにのるの?

ブラックリストという名前を聞いたことがある人も多いと思います。

しかし、実際にはブラックリストという名簿のようなものがある訳ではないんです。

上述した信用情報において、重大な金融事故を起こした人には異動情報というものが記録されます。この状態になると基本的に5年~10年ほどは新たにお金を借りたり、ローンを組むことは原則不可能となってしまいます。

このようにお金を借りれない状態のことを、通称・ブラックリストと呼んでいるんです!

ブラックリスト入りするような金融事故としては、

  • 2~3ヶ月の長期延滞
  • 債務整理などの任意整理
  • 自己破産

などが該当します。

カードローンなどを普通に利用しているだけであればブラックになってしまうことはありませんが、金融事故を起こしてしまわないように注意しましょう!

審査に必要な書類や本人確認

審査の際には書類の提出を求められます。必ず求められる書類が本人確認書類、審査内容によって必要になるのが在籍確認書類と収入証明書類です。

本人確認書類に該当するのが、運転免許証やパスポートなどの顔写真付きで名前や住所が記載されたもの。在籍確認書類は審査時に必ず行われる勤務先への在籍確認を、電話ではなく書類で確認する場合に必要になります。

代表的なものとして会社名入りの保険証や給料明細などが認められています。

収入証明書類が必要になる条件は金融会社によって違いますが、借入の総額が他社を含めて50万円を超える場合が一般的です。

提出を求められると源泉徴収票や確定申告書、所得証明書、給料明細などを提出して収入に間違いがないことを証明しなければなりません。

審査の内容に応じて必要な書類は変わるので、事前になにが必要かを把握しておくことでスムーズに手続きを進めることが可能ですよ!

初めてお金を借りる人におすすめなのはプロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短30分
web完結 可能
無利息期間 30日間
在籍確認 有り
学生の利用 可能

業界最大手「プロミス」は、2020年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン第1位」を獲得した評判の高いカードローン会社です。Webからの申込で即日融資を受けることができます。

分類ではカードローンとなりますが、カード不要で融資や返済をアプリで管理できるアプリローンを推奨しており、スマホで操作して24時間365日すぐに振り込んでもらえる即フリキャッシングが利用可能です

また初回利用日の翌日から30日間の無利息期間も用意されているので、短期の借入なら金利ゼロで借り入れできるのも嬉しいポイント!少額融資を受ける際に重要な最高金利は17.8%と、カードローンの中でも低金利となっています。

9:00~21:00の時間であれば、スマートフォンから最短15秒で回答できる事前審査を受けることができ、融資を受けられるかどうかを瞬時に判断できます。その後の流れも速いので、急にお金が必要になった時に最適です!

\最短30分で即日融資可能!/

多少時間がかかってもいいなら公的融資を利用する

多少時間がかかってもいいなら公的融資を利用する

公的融資は国が運営する公的機関による融資制度なので、無利息~1.5%と営利目的の企業ではありえない低金利でお金を借りることが可能です。

ただし財源が税金から賄われているため、審査や実際に融資されるまでの期間はかなり長く、1ヶ月以上かかってしまう場合も少なくありません。

また融資制度によって対象者や借入限度額が細かく決められており、そもそも利用できる融資制度が存在しない可能性もありますね。

すぐにお金を用意する必要がある訳ではなく、利用条件を満たしている制度がある場合にはほぼゼロに近い金利で融資を受けられるため、検討してみる価値はあると思いますよ!

とにかく金利を抑えたいなら銀行系の金融機関がおすすめ

とにかく金利を抑えたいなら銀行系の金融機関がおすすめ

カードローンの項でも触れましたが、銀行系の特徴はとにかく金利が低いことです。

銀行ではカードローン以外にもフリーキャッシングや各種ローンなど、目的に応じた融資を行っているので自分の利用したいと思うサービスがあった場合は申し込んでみるのも良いでしょう。

ただし銀行の融資は審査や実際の借入までに1週間~1ヶ月ほどかかってしまうものもあり、収入証明書類や現在の借入に関する証明書関係などカードローンよりも多くの書類の提出を求められることも多いです

そのためすぐにお金を借りたい人には向かない方法と言えますね。

銀行系とは少し違いますが、労働組合に加入している場合はろうきん、公務員であれば共済組合の融資制度なども低金利でお金を借りられる可能性があるため、該当する人はそちらも検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

初めてお金を借りる人に向けた注意点や基本知識について解説させて頂きました。

お金を借りる際に最も大切なのは、最終的に完済できる範囲で借り入れることです。

総量規制などで顧客がお金を借り過ぎないようなルールは設けられていますが、最終的に返済できるかは本人の計画と意思が重要なことに変わりはありません。

借りたお金を返すのが難しくなって長期滞納や債務整理をしてしまうと、ブラックリスト入りしてしまい今後お金を借り入れたりローンを組むことが5年~10年の間は難しくなってしまいます。

リスクをきちんと理解し、それぞれの融資方法の特徴を掴むことで安全な借入をしていきましょう!

関連記事