美容
資産運用

エポスカードは年会費無料で比較的審査に通りやすい!学生にもおすすめ!

エポスカード

「エポスカードって、どんなカードなの?」

「エポスカードを作ったら、どんなサービスが受けられるの?」

「エポスカードを作るには、どうしたらよいの?」

と思ったことはありませんか?

エポスカードは、丸井グループが発行するクレジットカードです。

年会費無料なのにサービスが充実しており、多くの人に利用されています。

今回は、エポスカードのメリットやサービス内容をご紹介します。

またエポスカードの審査に通るにはどうしたらよいか、エポスカードの申し込み方法などもあわせて解説しますので参考にしてください。

\年会費無料なのに特典充実!/

エポスカードの特徴・年会費

エポスカード

エポスカードは、株式会社丸井グループの子会社である株式会社エポスカードが発行しているクレジットカードです。

エポスカードの特徴や年会費は以下のとおりです。

年会費 無料
還元率 0.5%
家族カード 発行不可
ETCカード 無料
入会条件 満18歳以上で日本国内に移住していること
\年会費無料なのに特典充実!/

エポスカードの評判・口コミから分かる3つのメリット

エポスカードには、大きく分けて3つのメリットがあります。

エポスカードのメリット
  • 優待店やたまるマーケットを利用するとポイント還元率がいい
  • 専業主婦や学生でも発行しやすい
  • 一般カードでも海外旅行保険が付帯

それでは、1つずつ解説します。

①優待店やたまるマーケットを利用するとポイント還元率がいい

エポスカードは優待店やたまるマーケットを利用することで、ポイント還元率が上がります。

ポイントアップする条件は、以下の通りです。

ポイントアップの条件
  • たまるマーケットを経由して利用すると2倍〜30倍
  • HIS利用で3倍
  • ノジマを利用で5倍
  • リボ・分割払いで2倍

またエポスカードを使用すれば、スターバックスやカラオケビックエコーなど全国7,000以上の飲食店や提供施設でも優待サービスを受けられます。

さらに年に4回開催される「マルコとマルオの7日間」の期間中は、カードを利用すると10%オフの割引サービスもあります。

このようにエポスカードは優待店やたまるマーケットを利用することで、さらにお得に利用することができます。

\年会費無料なのに特典充実!/

②専業主婦や学生でも発行しやすい

エポスカードは流通系クレジットカードなので、専業主婦や学生など収入がない人でも比較的審査に通りやすいです。

そもそもクレジットカードは、銀行系、流通系など発行先によって種類が分かれています。

銀行系クレジットカードは銀行が発行しているクレジットカードのことで、社会的な信用が高い分審査が厳しいと言われています。

一方でエポスカードのような流通系クレジットカードは、流通系の会社から発行されているカードです。

流通系の会社はクレジットカードを発行してもらうことで自社の顧客を増やし、サービスを利用してもらうことを目的としています。

そのため1人でも多くの人にクレジットカードを発行して欲しいと思っており、審査のハードル基準が低く設定されていることが多いんです。

したがって流通系カードであるエポスカードは、専業主婦や学生でも審査に通りやすいクレジットカードのひとつだといえます。

エポスカードの審査に通るためには、配偶者や親、祖父母など家計を共にしている人の収入を記載しましょう

しかしその家族に何らかのトラブルがあった場合は、審査に通らないことがあるので気をつけてください。

\年会費無料なのに特典充実!/

③一般カードでも海外旅行保険が付帯している

エポスカードは、海外旅行傷害保険が自動で付いてくるクレジットカードです。

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は、持っているだけでサービスを受けられる「自動付帯タイプ」と、カードを旅行代金や出国までの交通費利用することでサービスを受けられる「利用付帯タイプ」があります。

エポスカードに付帯している海外旅行保険は、カードを利用しなくても付帯される「自動付帯タイプ」の保険です。

通常、海外旅行保険の自動付帯サービスがついているのはゴールドカードやプラチナカードなど年会費有料のクレジットカードである場合が多いです。

したがって、年会費無料なのに保険の自動付帯サービスがついているエポスカードはとてもお得なカードだといえます。

エポスカードの海外旅行保険の補償内容は、以下の通りです。

【海外旅行保険補償内容】

傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用  200万円 1事故の限度額
疾病治療費用  270万円 1疾病の限度額 
賠償責任(免責なし) 賠償責任(免責なし)
救援者費用  100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品傷害 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
\年会費無料なのに特典充実!/

エポスカードの評判・口コミから分かるデメリット

サービスが充実していてお得なエポスカードですが、1つだけデメリットがあります。ここではエポスカードのデメリットをご紹介します。

家族カードが発行できない

エポスカードは家族カードが発行できず、本人名義のカードしか作れません。

家族カードとはクレジットカードの会員の家族が利用できるカードのことで、生計を一にする親や配偶者、子供を対象に発行されます。

しかしエポスカードゴールドを発行すれば、家族カードを作ることは可能です。

エポスカードの審査は通りやすい?入会条件

エポスカードを発行するためには、審査に通る必要があります。

エポスカードの公式サイトでは、審査基準は以下のように記載されています。

エポスカードの審査基準
  • 満18歳以上(高校生を除く)で日本国内に居住している
  • 未成年であれば親権者の承諾が必要

このように特段厳しい条件はないので専業主婦や学生も発行可能なエポスカードですが、中には審査に落ちる人もいます。
以下では、エポスカードの審査に落ちてしまう人の特徴をご紹介します。

審査落ちする人の5つの特徴

エポスカードの審査に落ちる人には、以下のような特徴があります。

審査落ちする人の特徴
  1. 収入が不安定で一人暮らし
  2. ブラックリストに載っている
  3. 申し込みブラックになっている
  4. 借入が多い
  5. 過去にクレジットカードを作ったことがない

それではひとつずつ解説します。

①収入が不安定で一人暮らし

職についていない、もしくは収入が安定していないとエポスカードが発行できない場合があります。

専業主婦や学生のように生計を共にしている家族がいると審査に通りやすいですが、収入が不安定で他に支払ってくれる人がいない一人暮らしの場合は少し難しいでしょう。

カード会社も利用者に滞納されるリスクを少しでも減らしたいと思っているので、当然といえば当然です。

エポスカードを発行したい人は、収入が安定してから申し込んだ方が確実だといえます。

②ブラックリストに載っている

エポスカードの審査には、信用情報機関に登録されている個人情報が判断材料として使用されます。

そのため信用情報機関に事故情報が登録されている、つまりブラックリストに載っている状態では審査にかなり通りづらくなります。

ブラックリストに載ってしまう理由としては、以下のようなことがあげられます。

ブラックリストに載る理由
  • 長期延滞した(2.3ヶ月以上)
  • 債務整理をした(自己破産・個人再生・特定調停・任意整理など)
  • 保証会社による代位弁済が行われた
  • クレジットカードを強制解約された

心当たりがある方はCIC(個人信用情報機関)に情報開示をして、確認しましょう。

ブラックリストに載っているけどカードを発行したいという人は、ブラックリストに載ってから5年以上経過するのを待ちましょう。5年をすぎると情報が消去され、審査に通りやすくなっていることもあります。

ただし自己破産による場合は、10年間は情報が残るのでさらに時間を空けましょう。

また時間が経過していても、何度も繰り返している人はさらに審査に通りにくくなります。

③申し込みブラックになっている

申し込みブラックになっていると、カードの審査が通りにくくなってしまいます。

申し込みブラックとは、同時に複数のクレジットカードやローンに申し込んでいる状態のことです。

複数のクレジットカードやローンの審査に通ってしまうと、割賦販売法や貸金業法の制限を超えて利用してしまう可能性があります。この状態だとカードの審査に通らない場合があるので、注意が必要です。

④借入が多い

他のクレジットカードのキャッシングやリボ払い残高が大きいと、支払い能力がないとみなされて審査に通りづらくなります

エポスカードを発行したいのであれば、借入を返済してから申し込んだ方が確実です。

⑤過去にクレジットカードを作ったことがない

上記4つに比べると可能性は低いですが、過去にクレジットカードを作ったことがないと審査に通りにくい場合があります。

信用情報機関に情報がなく、審査の判断基準が少ないからです。

特に専業主婦や学生など、自分の収入がない場合は判断材料にされることが多いポイントです。

できるだけ審査を通過するためには、申込書に書ける情報はすべて書くようにしましょう。

エポスカードの支払い方法【コンビニ支払いはできる?】

エポスカードの支払い方法は

  • 口座引き落とし
  • 持参払い

の2つから選択できます。

持参払いを利用すれば、コンビニでの支払いも可能です!

それぞれの支払い方法をご紹介します。

口座引き落とし

口座引き落としは、指定した銀行から支払われる方法です。

エポスカードの支払日は、4日と27日から選択することができます。

また口座振替Net手続きサービスから24時間登録・変更可能です。

持参払い

持参払いでは、各種ATMやネットバンキングから支払うことができます。

支払日は、毎月の5日、10日、15日、20日、25日、30日から選択可能です。

持参払いには、4つの方法があります。

持参払いの4つの方法
  1. エポスATMでの支払い
  2. コンビニ・銀行ATMでの支払い
  3. コンビニバーコード決済
  4. ペイジーでの支払い

それでは、一つずつ解説します。

①エポスATMでの支払い

エポスATMでの支払いは6:00〜24:00の時間帯で可能です。

セブンイレブンATMやローソンATM、Enetが提携しています。

こちらより検索可能です。

エポスATM検索|クレジットカードはエポスカード

②コンビニ・銀行ATMでの支払い

エポスカードは、全国のコンビニATMや銀行ATMでの支払いが可能です。

対応銀行はこちらより確認できます。

③コンビニバーコード決済

エポスカードはコンビニでの支払いが可能です。

対象店舗は以下の通りです。

コンビニバーコード決済対応店舗
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

また、

  • 支払い可能時間は0:00〜23:29
  • 支払い手数料は1回につき100円(税込)
  • 支払い上限額は30万円まで(税込)

となっています。

コンビニバーコード決済の方法は以下の通りです。

コンビニバーコード決済方法
  1. エポスカード公式アプリにログイン
  2. 借りる・返すのバーコード返済を選択
  3. バーコードが表示される
  4. バーコードをコンビニのレジで提示して支払い
  5. 支払いが完了すると、支払い完了メールが届く

手数料はかかってしまいますが、アプリを使って簡単に支払いができるので大変便利です。

④ペイジーでの支払い

エポスカードはペイジーでの支払いも可能です。

ペイジーとは金融機関の窓口に行かなくてもパソコンやスマートフォン、ATMで支払いができるサービスのことをいいます。

ペイジーでの支払い方法は以下の2つです。

ペイジーでの支払い方法
  • 銀行ATM
  • インターネットバンキング
それぞれ解説します。

ペイジーでの支払い:銀行ATM

ペイジーを使って銀行ATMで支払う手順は、以下の通りです。

銀行ATM支払い手順
  1. ウェブサイトを開く
  2. エポスNetへログイン(カード番号入力も可)
  3. 支払額を確認
  4. 収納機関番号、お客様番号、確認番号を取得
  5. 銀行ATMでペイジー払いを選択し、番号を入力して支払う

なお、エポスカードの支払いが可能な銀行は以下の通りです。

エポスカード支払い対応銀行
三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、青森銀行、荘内銀行、七十七銀行、群馬銀行、足利銀行、千葉銀行、横浜銀行、関西みらい銀行、南都銀行、広島銀行、福岡銀行、十八親和銀行、東和銀行、京葉銀行、熊本銀行

(21年2月時点)※コンビニATM不可

ペイジーでの支払い:インターネットバンキング

ペイジーを使ってインターネットバンキングで支払う手順は、以下の通りです。

インターネットバンキング支払い手順
  1. ウェブサイトを開く
  2. 「ペイジー・インターネットバンキングで支払う」を選択
  3. エポスNetへログイン(カード番号入力でも可)
  4. 希望額の入力
  5. インターネットバンキングを指定
  6. インターネットバンキングで支払い

なおインターネットバンキングでの支払いに対応している銀行は以下の通りです。

インターネットバンキング支払い対応銀行

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行

地方銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合(20年10月時点)

インビテーションでエポスカードゴールドが持てる

エポスカードゴールドは通常年会費5,000円(税込)ですが、招待されると年会費無料で利用することができます。

エポスカードゴールドの特徴は以下の通りです。

エポスカードゴールドの特徴
  • ポイントの有効期限が2年から無期限に
  • マルイのネット通販・マルイモディの利用で、200円で1ポイントから2ポイントに
  • 空港ラウンジが無料
  • 海外旅行傷害保険の補償額が最大500万円から1,000万円に
  • 年会費無料で家族をゴールドカードに招待できる

エポスカードの入会特典・入会キャンペーン

エポスカードは、

  • マルイ店舗・専門店
  • ウェブサイト

で申し込むことができ、入会特典や入会キャンペーンは申し込み方法によって異なります。

ここでは、それぞれの入会特典・入会キャンペーンについてご紹介します。

①マルイ店舗・専門店で申し込みできるキャンペーン

マルイ店舗で使える2,000円分の優待クーポンプレゼント(ご入会月の翌月末日まで有効)

②ウェブサイトで申し込みできるキャンペーン

インターネットで申し込んだ場合、受け取り先によって特典が異なります

(1)マルイ店舗で受け取りする場合:
マルイ店舗で使える2,000円分の優待クーポンをプレゼント
(入会月の翌月末日まで有効)

(2)郵送で受け取りする場合:

2,000円相当のエポスポイントをプレゼント

※2,000円相当(=2,000エポスポイント)はマルイのショッピング割引の場合

\年会費無料なのに特典充実!/

エポスカードの作り方・申し込み方法

エポスカードを発行するには、

  • ウェブで申し込み
  • 店頭での申し込み

の2つの方法があります。

①ウェブ申し込み

ウェブでのカード発行手順は、以下の通りです。

ウェブでの発行手順
  1. ウェブサイトで必要事項を入力し、申し込む
  2. 審査を受ける
  3. 店頭カードセンター・自宅でカードを受け取る

以下のリンクから手続きが可能です。

\年会費無料なのに特典充実!/

 

ウェブでの申し込みは土日関係なく24時間可能ですが、審査が行われるのはエポスカード審査部門の営業日のみに限られます。

店頭での受け取りに必要なものは以下の通りです。

店頭での受け取りに必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなどの顔写真付き公的書類)
  • 銀行キャッシュカード(口座振替を希望する場合)

配達での受け取りの場合は申し込み時に口座手続きをしていれば、本人確認書類の提示は不要です。

口座手続きをしていない場合は、受け取り時に本人確認の提示が必要となります。

またウェブサイトでの申し込み内容や手続きの進捗状況を確認するためには、

  • ウェブサイト
  • 電話

の2つの方法があります。

インターネットで確認する際は、「エポスカード発行状況照会」を開き、受付番号と生年月日を入力してログインして確認してください。

また電話で確認する際は、9:30〜18:00の間でエポスカスタマーセンターへかけて確認してください。

②店頭申し込み

エポスカードは店頭で申し込みをすると、その場でカードを発行してもらうことができます。

全国のエポスカードセンターで手続き可能です。

また、申し込みに必要なものは以下の通りです。

申し込みに必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなどの顔写真付き公的書類)
  • 銀行キャッシュカード(口座振替を希望する場合)

まとめ

今回は、エポスカードの内容や申し込み方法についてご紹介しました。

エポスカードはポイント還元率が高いだけでなく、その他のサービスや優待も充実しています。

また、専業主婦や学生でも審査に通りやすいクレジットカードのひとつです。

入会キャンペーンも行っているようなので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

\年会費無料なのに特典充実!/