美容
資産運用

【クレジットカードの3つの選び方】満足できる!とっておきのメインカードを探そう

クレジットカードの選び方

クレジットカードを選ぶときは、何よりも日常生活の中で使いこなせるかがポイント!

この記事ではクレジットカードの3つの選び方と、パターン別におすすめのクレジットカードを紹介しています。ぜひとっておきのメインカードを見つけてくださいね!

 

この記事の監修者
監修者:あこ

あこさん

新卒より約10年弱大手クレジットカード会社にて勤務、途中銀行に出向経験あり。ATM、広告宣伝、営業、法務(債権管理専門)の業務に携わる。
おすすめのカードは、エポスカード、ルミネカード。

■所有資格
貸金業務取扱主任者
FP2級
・証券外務員
・宅建

お得なクレジットカードの3つの選び方

クレジットカードは、主に以下の3つから選びます

  1. 年会費
  2. 還元率
  3. 国際ブランド

①年会費

クレジットカードを所有するための固定費となる年会費。クレジットカードを作るにあたって一番気になるところではないでしょうか?

年会費は、

  • 永年無料
  • 条件付き無料
  • 初年度のみ無料
  • 無条件で無料

上記の4通りに分けられます。

年会費はカード会社の利益となり、カード会社もユーザーにたくさんクレジットカードを使ってもらえるよう、この利益を原資とし、お得なサービスを提供しています。

そのため、年会費を払わなければならないカード会社ほど、サービスに充てる原資が確保されるため、人気のクレジットカードはユーザーが喜ぶようなサービスや特典を還元できる仕組みになっています。

(1)永年無料

名前の通り、永久に年会費が無料のクレジットカードです。

(2)条件付き無料

条件をクリアすると、年間が無料となります。

例えば、ビックカメラSuicaカードの場合は、年1回のクレジットカードの利用で翌年の年会費が無料となります。

また、年間の利用金額、ネット明細の設定などが条件のクレジットカードもあります。

(3)初年度のみ無料

クレジットカードが発行された1年間は年会費は無料ですが、翌年からは年会費がかかります。

(4)無条件で無料

クレジットカードの年会費は必ず取られますが、年会費の対価として、ポイントが貯まりやすくなるポイントプログラムの仕組みを作るなど、クレジットカード独自のサービスが充実しているものが多くあります。

監修<br />
あこさん
監修
あこさん

年会費はかかるけど、中には実質無料になるクレジットカードもあるんですよ!

年会費だけに捉われず、カードの付帯サービスも確認しながら自分のクレジットカードの利用実態に応じて選ぶと良いでしょう。

例えばルミネカードは、通常1,048円かかる年会費が、ルミネで年間2万円以上利用すると無料となります。また、ルミネやNEWoManでのお買い物が常に5%オフとなるサービスもあります。

②還元率

クレジットカードには、カードの利用額に応じてポイントを付与し、今後も継続して利用してもらえるようサービス提供を行なっております。

このサービスの割合を還元率といいます。例えば、1,000円の利用に対し、5ポイントが還元される場合、還元率は0.5%となります。

貯まったポイントは商品に交換したり、クレジットカードのお支払いに充てることもできるので、より高い還元率のカードを求める方も多いのではないでしょうか。

平均的な還元率は、0.5%となりますが、特定の加盟店でクレジットカードを利用すると還元率が高くなるカードもあります。そのため、使用頻度の多い加盟店で、還元率が高く設定されているクレジットカードを選択するのがおすすめです。

<例>

  • 楽天カード:楽天市場での利用で還元率+3%
  • リクルートカード:じゃらんの宿泊予約サービスやホットペッパービューティなどのリクルートのサービス利用で還元率+3%
  • リクルートカード:じゃらんの宿泊予約サービスやホットペッパービューティなどのリクルートのサービス利用で還元率+3%

監修<br />
あこさん
監修
あこさん

よく利用しているお店と提携して、クレジットカードを発行しているものもあります。クレジットカードを作る前に、まず自分の利用を振り返ってみましょう。

例えば、イオンに行くことが多いならイオンカードがおすすめ、イトーヨーカドーに行くことが多いなら、セブンカードなど。そのお店と提携しているクレジットカードは基本的に、そのお店で使うと還元率が高く設定されている場合が多いのでおすすめです。

③国際ブランド

国際ブランドとは、VISA、MasterCard、JCBといったカードの券面に入っているロゴマークのことです。このロゴマークをクレジットカードにつけることで、世界中のお店と決済ができるようになります。

例えば、VISAのロゴマークのブランドを使えると認めたお店のことを、VISAの加盟店といい、この加盟店が世界的に多く保有しているロゴマークのことを国際ブランドと呼ばれています。

それでは、それぞれの国際ブランドの特徴を見ていきましょう。

(1)VISA

現在、世界の中で最も加盟店が多い国際ブランドです。そのため、クレジットカードを初めて持つ場合におすすめのブランド。

また、VISAはオリンピックのスポンサーを務めている関係から、オリンピックのチケットはVISAブランド付きのクレジットカードでしか決済できないという特徴があります。

(2)JCB

日本に本社を持つ国際ブランドです。そのため、海外の加盟店となると他の国際ブランドに比べると少なくなります。近年、日本人がよく旅行に訪れるアジア圏、グアム、ハワイといったエリアの加盟店の開拓に力を入れています。

JCBブランド付きのクレジットカード保有者向けに、ハワイでのクレジットカードの利用を促進するキャンペーンも実施していたりします。

また、JCBは、ディズニーリゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスポンサーも務めており、貸切イベントが当たるキャンペーンを年に数回実施しています。JCBのブランド付きクレジットカード保有者のみのイベントとなるので、是非チェックしてみてください。

(3)MasterCard

加盟店数はVISAとあまり変わりません。

また、MasterCardは独自に、プライスレス・シティという優待サービスを実施しております。

例えば、空港の手荷物運搬サービスといったMasterCard独自の優待の割引や特典が受けられる魅力的なサービスがあります。

監修<br />
あこさん
監修
あこさん

主要な国際ブランドなら、クレジットカードが使えないというケースは基本的にありません。

しかし、稀に、VISAのみ、MasterCardのみしか使えない加盟店もあるので、複数クレジットカードを所有する場合は、国際ブランドはひとつに絞らないようにした方がいいでしょう。

 

MEMO

クレジットカードの作り方や審査基準について詳しく知りたい方は、こちらのクレジットカードの作り方・審査基準(スコアリング)についての記事もチェックしてみてくださいね!

クレジットカードの作り方と審査基準 【クレジットカードの作り方と審査基準】スコアリング次第で無職でも発行できる

パターン別!おすすめの人気クレジットカード

普段キャシュレスを活用している、またはドコモユーザーなら:dカードゴールド

dカードゴールド

dカードゴールドは、ポイント還元率がよく、日常生活で使いやすいクレジットカードです。

ドコモユーザー以外の方でも、キャッシュレスでクレジットカードを使用する頻度が高い方におすすめ。

  • 年会費:10,000円(税別)
  • ポイント:iD決済100円につき1ポイント
  • サービス:ドコモキャリアの料金支払いで10%ポイントキャッシュバック
  • 国内の空港ラウンジが利用できる
  • 新規入会・利用で最大11,000ポイントGET!

ゴールドカードではなく、通常カードもありますが、ポイント還元率や利便性で選ぶなら、圧倒的にdカードゴールドの方がお得です!

新規入会と利用で年会費と同等のポイントがもらえるので、実質年会費が無料になります。

イオン系列のスーパーで買い物する頻度が高いなら:イオンカード

イオンカード

主婦の味方イオンカード!イオングループで

  • イオングループでの買い物なら、還元率が0.5→1.0%に!
  • 毎月10日・20日・30日にイオンモール専門店で買い物をすると200円につき5ポイント付与
  • 主婦でも審査に通りやすい

イオンカードは、専業主婦で収入が0円〜200万円未満の場合は、世帯主の収入を記入すれば、比較的審査に通りやすいと言われているんですよ!

審査が簡単でポイントも貯めたいなら:楽天カード

楽天カード

誰もが知っている楽天カード。

ポイントの貯めやすさやカードが発行されるまでが比較的短いことから、学生から社会人まで、幅広く利用されています。

  • 新規入会・利用でポイントプレゼント!入会時期によっては8,000ポイントももらえる!
  • コンビニやファミレスで楽天ポイントが使える
  • 楽天市場や楽天トラベルでの使用で還元率アップ
  • 楽天証券で積み立てNISAができる!

ただ単に買い物でクレジットカードを使うだけじゃなく、楽天証券での積み立てNISAも楽天カード決済もできるんです!

とにかく日常生活で楽天グループをたくさん利用する方は、持っておいても損はないカードになっています。

お得に海外旅行に行きたいなら:SPGアメリカン・エキスプレス・カード(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)

SPGアメリカン・エキスプレス・カード

SPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)カードは、旅行好きの方なら押さえておきたいクレジットカード!

  • 毎年SPGカードを利用すれば、高級ホテルの無料宿泊特典がGETできる
  • 入会後3ヶ月以内に10万円使うと、30,000円分のポイントが付与される

カードを所有するだけでゴールドエリート会員になり、客室のグレードアップや例とチェックアウトなどのサービスを受けられます。

SPGカードをメインカードにしておけば、旅行の際にお得なサービスを受けられるので、旅行好きの方は必見です!

まとめ

クレジットカードの選び方は大きく分けて3つです。

  1. 年会費
  2. 還元率
  3. 国際ブランド

この中のすべてが希望に沿ったものを見つけるのはもちろんですが、使い方によってはすべての基準を満たしていなくてもお得に使えるケースも多々あります。

クレジットカードを選ぶときは、何よりも日常生活の中で使いこなせるかがポイント!

ぜひとっておきのメインカードを見つけてくださいね♪