美容
資産運用

クレジットカードのキャシング枠は金利が高い…!カードローンとの違いと返済方法・注意点

クレジットカードのキャッシングについて

クレジットカードのキャッシング枠を利用したことがあるという方は、意外と多いのではないでしょうか。

一方、クレジットカードのキャッシングに似たものとして、カードローンがありますが、これらの違いをご存じでしょうか。

お金を借りるという意味では、ほとんど同じ機能のキャッシングとカードローンの違いを正確に理解している人は少ないのではないかと思います。

そこで、この記事ではクレジットカードのキャッシングについて、審査や金利、利用方法、返済方法などを解説するとともに、カードローンとの違いやおすすめのカードローンなどを紹介します。

\低金利で即日融資を受けられる/

 

クレジットカードのキャッシング枠とは

クレジットカードのキャッシング枠とは、買い物するための「ショッピング枠」とともにクレジットカードに付帯している現金の借入れができる機能のことです。

クレジットカードがあれば、銀行やコンビニ、郵便局などのATMで現金を引き出せるためとても便利な機能となっています。

クレジットカードのキャッシング枠には、ショッピング枠同様、利用限度額が決められているため、その範囲内でしか利用することができません。

クレジットカードのキャッシング枠を利用するにあたっては、ショッピング枠との関係で注意点があります。

例えば、ショッピング枠100万円、キャッシング枠30万円のクレジットカードがあるとします。

そうすると、クレジットカード全体の利用限度額は130万円(ショッピング枠100万円 + キャッシング枠30万円)と考えてしまうかもしれません。

しかし、このケースのクレジットカード全体の利用限度額は、ショッピング枠と同じ100万円になります。

つまり、キャッシング枠はあくまでもショッピング枠の一部にすぎないということです。

この例の場合、キャッシング枠30万円を利用した場合、残りのショッピング枠は70万円となります

\低金利で即日融資を受けられる/

キャッシング枠の審査

クレジットカードのキャッシング枠は付帯機能と解説しましたが、キャッシング枠を利用するためには審査があります

ただし、審査の申込み自体は簡単で、多くのクレジットカードでは申込みの際に「キャッシング枠を利用するかどうか」「希望する利用限度額」などを希望することによって、申し込むことができます。

キャッシング枠の審査は、クレジットカードの申込みの際に申告した申込者の属性情報(職業、勤続年数、年収など)や信用情報(過去のクレジットカードやローン利用履歴)などによって行われます。

そのため、必ずしも希望したとおりにキャッシング枠の利用限度額が設定されるとは限りません。

また、クレジットカードを申し込む際にキャッシング枠の設定をしなかったとしても、申し込んだ後にキャッシング枠の設定を申し込むことも可能です。

クレジットカード会社にキャッシング枠を設定したい旨を、申し込めば審査をしてくれるからです。

\低金利で即日融資を受けられる/

クレジットカードキャッシングは金利が高い

クレジットカードに付帯しているキャッシングの金利は、カードローンと比べると高くなっています

カードローンとは個人向けの融資サービスのことで、銀行などの金融機関や貸金業者が提供しています。

では、どうしてクレジットカードに付帯しているキャッシングの金利は、カードローンの金利よりも高いのでしょうか?

この理由としては、クレジットカードのキャッシングが付帯機能であるのに対し、カードローンは借入れがメインの機能になっているからだと考えられます。

この付帯機能とメイン機能の違いは、利用限度額の違いにも現れています。

つまり、クレジットカード付帯のキャッシングの利用限度額よりも、カードローンの利用限度額のほうが高めに設定されているのです。

このほかのクレジットカード付帯のキャッシングとカードローンの違いについては、後ほど解説します。

\金利の安さならカードローンがお得/

クレジットカードのキャッシングの利用方法

クレジットカードのキャッシングは、申込み時に希望して審査に通れば、いつでも利用可能です。

つまりクレジットカードが自宅に届いたと同時に、キャッシングを利用できるということです。

クレジットカードのキャッシング利用方法について解説していきましょう。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードさえあれば、提携している銀行やコンビニのATMを利用することにより借入れすることができます

ATMにおけるキャッシングの操作方法
  1. クレジットカードを挿入
  2. 「お引き出し」ボタンを選択
  3. 4桁(けた)の暗証番号を入力
  4. ご利用金額を入力(1万円単位で借入可能)
  5. 「お借り入れ」ボタンを選択
  6. 返済方法を選択(1回払い・リボ払い)
  7. クレジットカード、ご利用明細表を受け取り、現金を受け取る

ATMでクレジットカードのキャッシングを利用する場合、注意すべきは次の2点になります。

  1. 1万円単位で借入可能
  2. キャッシングする際は、返済方法(1回払い or リボ払い)を選択

「リボ払い」については、後ほど解説します。

また、銀行やコンビニによってATMの操作方法が若干違っていますが、画面の案内に従って操作すればほとんど問題ありません。

さらにATMでキャッシングを利用する(借入・返済)際には、原則として手数料がかかりますが、手数料無料のクレジットカードもあります。

そのため、手数料を節約したいという方は、クレジットカードを申し込む前にATMでキャッシングする際の手数料を調べておくことをおすすめします。

ATM以外のキャッシングの利用方法としては、自身の「口座への直接振込み」が挙げられます。

インターネットや電話で申し込むことによって、クレジットカード会社が自身の口座へ直接現金を振り込んでくれる方法です。

ただし、すべてのクレジットカードが対応しているわけではないので、確認する必要があります。

\はじめてでも借りられる/

キャッシングの返済方法は?

クレジットカードのキャッシングで借り入れたら、返済しなければなりません。

キャッシングの返済方法には、①一括払い(キャッシング1回払い)、②リボ払い(キャッシングリボ)の2つがあります。

① 一括払い(キャッシング1回払い)

一括払いは、キャッシングで利用した金額を毎月の返済日に1回で返済する方法です。

一括払いのメリットは、利息を最小限に抑えることができるため、返済総額が安くなることです。

② リボ払い(キャッシングリボ)

リボ払いは、キャッシングで利用した金額を毎月金利を含めた一定の金額で、少しずつ返済する方法です。

リボ払いは毎月の返済額を最小限に抑えられるというメリットがありますが、返済期間が長くなる分、利息が高くなることから、返済総額が高くなってしまうというデメリットがあります。

キャッシングの返済方法はこの2つですが、ここからは「コンビニでの返済方法」「キャッシングリボ」について、解説します。

コンビニでの返済方法

既に解説したとおり、クレジットカードのキャッシングは、銀行やコンビニのATMで借入れすることができます。

借入れした金額は、銀行やコンビニのATMで返済することもできます。

コンビニでの返済方法は、以下のようになります。

ATMにおけるキャッシングの操作方法
  1. クレジットカードを挿入
  2. 「お引き出し」ボタンを選択
  3. 4桁(けた)の暗証番号を入力
  4. ご利用金額を入力(1万円単位で借入可能)
  5. ご返済」ボタンを選択
  6. 返済方法を選択(1回払い・リボ払い)
  7. クレジットカード、ご利用明細表を受け取り、現金を受け取る

キャッシングリボ

キャッシングリボとは、キャッシングのリボ払いの略です。

リボ払いについては簡単に解説しましたが、わかりにくい点があるかと思いますので、具体例を交えながら詳しく解説します。

リボ払いは、キャッシングで借入れした金額を毎月少しずつ返済していく方法であることから、毎月の返済額を最小限に抑えられるというメリットがあります。

一方で、返済期間が長くなればなるほど、利息が高くなってしまうため、返済総額が高額になるというデメリットがあります

そのため、リボ払いを利用する際は、一括払いと比べてどのくらい返済額が多くなってしまうかなどを調べるなど慎重に利用する必要があります。

そこで、ここでは具体例を示して、一括払いとリボ払いで返済する場合の返済総額を比較したいと思います。

例えば、100万円を金利15%でキャッシングした場合の返済総額は以下のようになります。

MEMO
利息の計算式:利息=借入金額×金利×借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)

とすると、利息は次のようになります。

期間 利息 返済総額
一括払い 1ヶ月(30日) 12,329円 1,012,329円
リボ払い 1年 150,000円 1,150,000円
2年 300,000円 1,300,000円

このようにキャッシングを利用する際、返済方法として一括払いとリボ払いを選んだときの利息を比べた場合、リボ払いは一括払いの10~20倍以上の利息の負担を強いられることになります

そのため、クレジットカードのキャッシングを利用した金額を返済する場合、リボ払いではなく一括払いにしたほうがメリットが大きいので、一括払いをおすすめします。

\低金利で即日融資を受けられる/

キャッシングとカードローンの違い【金利が安いのはどっち?】

クレジットカードのキャッシングとカードローンは、銀行やコンビニのATMで借入れができるという点ではほとんど同じですが、いくつかの違いがありますので解説します。

まず、金利ですが、クレジットカードのキャッシングの金利よりも、カードローンの金利のほうが低めに設定されています

次にクレジットカードのキャッシングの利用限度額よりも、カードローンの利用限度額のほうが高めに設定されています。

さらにクレジットカードにはショッピング枠があるのに対し、カードローンにはショッピング枠はありません。

まとめると、次のようになります。

<クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い>

  クレジットカードのキャッシング カードローン
金利 15.0%~18.0%(高い) 3.5%~15.0%(低い)
利用限度額 低い 高い
ショッピング枠  あり なし

金利がクレジットカードのキャッシングよりも、カードローンのほうが低めに設定されているのは、キャッシングがクレジットカードの付帯機能であるのに対し、カードローンは借入れがメインの機能になっているからです。

利用限度額におけるクレジットカードのキャッシングとカードローンの違いも、同じ理由です。

そのため、クレジットカードだけでなく、カードローンをサービスとして提供している会社は、借入れをする場合はカードローンを利用するよう促している場合もあります。

クレジットカードのキャッシングよりもカードローンのほうがお得に利用できるため、メリットが大きいと言えます。

もし、クレジットカードのキャッシングを利用している方は、カードローンを利用することをおすすめします。

理想的なのは、クレジットカードのショッピング枠とカードローンを使い分けることです。

【即日融資が受けられる】おすすめのカードローン3選

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いから、クレジットカードのキャッシングよりもカードローンのほうがお得であるため、メリットが大きいことがわかりました。

そこで、ここでは即日融資が受けられる、おすすめのカードローン3選を紹介します。

①プロミス

プロミス

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供しているカードローンで最短30分で融資可能なことから、即日融資を受けられます。

Webなら申込みから借入れ、返済まですべて完結、郵送物なしのため、家族の誰にも知られずに融資を受けることが可能です。

さらにスマホアプリに対応したサービス「アプリローン」なら、スマホひとつで申込みから借入れ、返済まですべてが完結するほか、セブン銀行、ローソン銀行ATMならカードレスで利用できます(スマホATM)。

プロミスの基本情報

利用限度額(融資額)       最大500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
遅延損害金(実質利率) 20.0%
利用対象 年齢20歳~69歳で安定収入あり(主婦、学生可)
資金使途 生計費のみ
担保・保証人 不要

プロミスの主なサービス

プロミスなら次のようなお得なサービスがあります。

  • 30日間無利息サービス
  • 24時間365日いつでも申込可能
  • 自動契約機で契約から借入れまで可能(受付時間:9時~21時、土日祝日も可能)

必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 収入署名書類:希望借入額が50万円以上、他社との借入残高の合計が100万円超の場合

提携ATMの手数料

三井住友銀行(手数料無料)のほか、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット(E-net)、ゆうちょ銀行などの提携ATM(※手数料あり)で利用可能

取引金額 入金/出金
1万円以下     110円
1万円超       220円

瞬フリ(振込キャッシング)

会員サービスから申し込めば、24時間365日土日・夜間、振込手数料0円、最短10秒で自身の口座へ振込み可能

 

②J.Score

jscoreの審査基準・金利・キャンペーン

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行がソフトバンクと合弁で設立した貸金業者です。

顧客データを元に顧客の信用力をスコア化して、融資条件を提示するAIスコア・レンディングを用いた個人向け融資サービスを展開しています。

スマホ・パソコンでスピーディーに対応しており、申込みから借入れまでWebで完結するため、最短即日融資も可能となっています。

J.Scoreの基本情報

利用限度額(融資額) 10万円~1,000万円(10万円単位)
金利(実質年率)  0.8%~15.0%
遅延損害金(実質利率) 20.0%
利用対象 年齢20歳~70歳で国内居住、安定かつ継続収入見込める(学生、留学生、外国人可)
資金使途 自由(ただし、投機性資金、事業性資金は不可)
担保・保証人               不要

J.Scoreの主なサービス

  • 24時間申込み可能(平日夜間・土日も融資可能)
  • 必要書類の提出前に仮審査結果を回答
  • 契約と同時に借入可能

必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 収入署名書類:希望借入額が50万円以上、他社との借入残高の合計が100万円超の場合

即日融資OK

  • 平日22時55分までに借入を申し込めば、即時に借入可能(土日も可能)
  • 24時間受付可能、スマホ・PCで手続き完結、振込手数料無料

返済方法

口座振替、ペイジー(Pay-easy)、銀行振込の3種類の返済方法あり

 

③SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットは、プロミスを発行しているSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の100%子会社である株式会社SMBCモビットが提供しているカードローンサービスです。

SMBCモビットはインターネットで申込み後、コールセンターへ連絡すれば、急ぎで対応してくれるため即日融資が可能です。

また、Web完結の申込みが可能(かつカードレス)であるため、契約後すぐに借入れができます。

SMBCモビットの基本情報

利用限度額(融資額) 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
遅延損害金(実質利率) 20.0%
利用対象 年齢20歳~69歳で安定収入あり(アルバイト、パート、自営業の方可)
資金使途 自由(ただし、投機性資金、事業性資金は不可)
担保・保証人 不要

SMBCモビットの主なサービス

  • 最短30分で審査完了
  • 必要書類

本人確認書類(運転免許証など)

  • 収入署名書類:希望借入額が50万円以上、他社との借入残高の合計が100万円超の場合

キャッシング方法・返済方法

  • 借入方法:振込キャッシング、提携ATMでのキャッシングの2種類
  • 返済方法:提携ATM、口座振替(※)、銀行振込、インターネットでの返済の4種類
    ※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行に口座を持っている方
    約定返済日は1ヶ月に1度、5日、15日、25日、末日から選択可能

提携ATMの手数料

  • 三井住友銀行(手数料無料)のほか、三菱UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、プロミス、セゾンカード、ローソン銀行などの提携ATM(※手数料あり)で利用可能(Famiポート(ファミリーマート)では返済時の手数料無料)
取引金額 入金/出金
1万円以下     110円
1万円超       220円

まとめ

この記事では、クレジットカードのキャッシングについて、審査や金利、利用方法、返済方法などを解説するとともに、カードローンとの違いやおすすめのカードローンなどを紹介してきました。

クレジットカードのキャッシングは付帯機能、カードローンは借入れがメインの機能となっています。

そのため、金利については、クレジットカードのキャッシングが高めに、カードローンが低めに設定されています。

さらに利用限度額については、クレジットカードのキャッシングは低く、カードローンは高くなっています。

つまり、クレジットカードのキャッシングよりも、カードローンのほうがお得だということです。

これからお金を借りたいという方は、クレジットカードのキャッシングではなく、カードローンを利用することをおすすめします