美容
資産運用

コンビニでお金を借りる方法はある?最短30分で借入できるカードローンがおすすめ!

コンビニカードローン

予期せぬ出来事が起こり、お金が足りなくなってしまうことがありますよね。1万や2万ならまだしも、10万以上のまとまったお金が必要になることもあるでしょう。

しかし、「コンビニでお金を借りたいけど、口座に預金がない…」という事態に陥ってしまうこともしばしば。

こちらの記事では、コンビニでお金を借りる方法について解説していきます。

記事のまとめ
・コンビニでお金を借りるなら消費者金融がおすすめ
プロミスなら最短30分で融資可能
┗学生や主婦でも申し込み可能!!
・クレジットカードのキャッシングは金利が高いので控えよう
\最短30分で即日融資可能!/

コンビニでお金を借りるのにおすすめの3つの方法

コンビニ カードローン

給料日前などお金がない時に出先で急にお金が必要になったという経験をした方が多くいらっしゃると思います。

コンビニでお金を借りる方法は、下記の3通り。

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング

消費者金融カードローンはアコム・アイフルなどの消費者金融でお金を借りることをいいます。消費者金融カードローンは短時間審査で即日融資を受けることができるのが最大の魅力でしょう。

銀行カードローンは銀行のキャッシュカードと一体になっている場合が多く、ATM等でローンを組むことができます。しかし銀行カードローンは金融庁からの厳格な指導もあり、審査時間に多くの時間を要してしまうことが最大のデメリットです。申し込み〜融資までおよそ2週間ほどの期間が必要と覚えておきましょう。

クレジットカードによるキャッシングはクレジットカードのキャッシング機能を活用したローン。作成時にキャッシング審査を受けている場合は、審査なしで借り入れをすることが可能ですが、意外と金利が高いのがネック。

事前にキャッシング審査を受けていない場合は審査が新たに必要となり、申し込み〜融資までの時間は2週間ほど要します。

この3種類の融資の違いをまとめると次のようになります。

金利 最短融資 無利息期間
消費者金融 3.0〜18.0% 即日 30日〜180日
銀行カードローン 1.5〜14.6% 2週間
クレジットカードのキャッシング 4.4〜18% 2週間

コンビニのATMでお金借りるなら大手消費者金融カードローン

通帳と5枚の1万円札

コンビニで大手消費者金融のカードローンを組む際には、次のような方法があります。

  • ローンカードを利用して借り入れを行う
  • スマホATM取引を利用して借り入れを行う

Web申し込みを行うことで最短30分で審査を終えることができ、スマホATM取引を利用することでローンカード到着を待つことなく、すぐに借り入れを行うことが可能。借り入れを急いでいる人には有難い制度ですね。

申し込みから融資までの簡単な流れは次の通りです。

  • STEP.1
    公式Webサイトから申し込み

    利用したい消費者金融の公式サイトにて申し込みを行います。その際に必要になる書類がありますので、事前に確認しましょう。

    必要書類
    ・本人確認書類(顔つき)
    ・収入証明書
    ※借入総額が50万円以下だと免除の場合も
  • STEP.2
    審査結果

    審査結果は消費者金融によってことなりますが、最短で30分~1時間の会社が多いです。

    基本的には、メールや電話で審査結果が来ます。

  • STEP.3
    融資開始

    審査に通ったらスマホアプリを起動し、案内に沿ってATMを操作してください。

この方法に沿って操作すると、最短1時間〜2時間ほどで借り入れを行うことができます。

急な借り入れがある場合はWeb申し込み〜スマホATMが最適です!

\最短30分で即日融資可能!/

セブン銀行ATMに対応しているスマホATM

セブン銀行で対応している消費者金融スマホATMは次の通りです。

プロミス
アコム
アイフル
レイク
SMBCモビット
jscore ×

セブン銀行は多くの消費者金融企業と提携していますので、様々なカードローンが利用できます。

セブン銀行は提携している会社が多いため、出先での利用に大きなメリットがあります。

ローソン銀行ATMに対応しているスマホATM

ローソン銀行で対応している消費者金融スマホATMは次の通りです。

プロミス
アコム ×
アイフル
レイク ×
SMBCモビット ×
jscore ×

ローソン銀行は提携先が少なくなっていますが、これから増えてくることに期待しましょう。

\最短30分で即日融資可能!/

銀行カードローンでもコンビニATMが利用可能

銀行カードローン

先程は消費者金融のカードローンについて紹介しましたが、銀行カードローンもコンビニで利用が可能です。

銀行カードローンではローンカードを使用する借り入れとスマホATM機能を活用できる銀行があります。スマホATMの使い方は消費者金融カードローンと変わりありませんが、申し込み〜融資までに時間を要してしまうことが難点です。

カードローンは急な出費に対応することが重視されるので、銀行カードローンを利用することはあまりオススメできません。

コンビニで借入可能な銀行カードローン

出先での急な借り入れには銀行窓口ではなく、コンビニですることが多くなります。

コンビニで借入可能なカードローンに対応している銀行は次の通りです。

セブンATM ローソンATM Enet ATM 金利
三井住友銀行 1.5〜14.5%
イオン銀行 × 3.8〜13.8%
横浜銀行 1.5〜14.6%
セブン銀行 × × 14〜15%
ローソン銀行 × × 14.95〜17.95%

コンビニによって利用できる金融機関が異なりますので、注意が必要です。

また、利用可能時間帯も銀行によって様々ですので、一度確認してから利用することをオススメします。

コンビニATMで銀行カードローンを使う手順

こちらではコンビニATMで銀行カードローンを使用する際の手順を説明していきます。

銀行でカードローンの申し込み

必要情報を記入し、審査を受ける

審査通過後、ローンカードが届く

提携しているコンビニATMで「カードローン」を選択する

ATM表示画面の「お借入れ」を選択する

ローンカードをコンビニATMに挿入する

カードローン確認画面が表示されるので「確認」を選択する

カードローン申し込み時に設定した暗証番号を入力する

取引(融資)金額を入力する

ローンカードと取引明細を返却後に現金が出てくる

借入完了

このように簡単に手続きが可能となっており、手軽に借り入れをすることが可能です。

コンビニATMでクレジットのキャッシング枠を使う方法

次はコンビニATMでクレジットカードを利用したキャッシングを行う方法を解説していきます。

クレジットカードでのキャッシングのメリットは

  • 作成時にキャッシング審査を受けていた場合は借り入れ時に審査が不要
  • ローンカードではないので人に見られた時にカードローンを使用していることがバレない

等が挙げられます。

便利な面が多くありますが、デメリットは次の通り。

  • 金利が高い
  • キャッシングを利用すると買い物をするショッピング枠が減少する
  • 借入限度額が少ない

利用する際にはしっかり金利・利用限度枠を確認しましょう。

手順

次にコンビニATMでクレジットカードのキャッシングを行う手順を説明します。

クレジットカード会社でキャッシング付帯カードの申し込み

必要情報を記入し、審査を受ける

審査通過後、クレジットカードが届く

提携しているコンビニATMで「引出し」を選択する

クレジットカードをコンビニATMに挿入する

ATM表示画面の「お借入れ」を選択する

返済方法を選択する(1回払い・リボ払い)

クレジットカードの暗証番号を入力する

取引(融資)金額を入力する

クレジットカードと取引明細を返却後に現金が出てくる

借入完了

このようにキャッシング機能を付帯しているとコンビニATMですぐに借り入れを行うことができます。

簡単な反面、様々なデメリットもありますので慎重に利用しましょう。

コンビニでお金を借りる際の注意点

コンビニでの借り入れについては出先での急な出費の強い味方となりますが、もちろん注意しなければならないことがあります。

こちらでは注意点について解説していきますので、しっかり理解を深めていきましょう。

①ATMの利用時間に注意

コンビニATMは24時間稼働しているのでとても便利な一方、「コンビニが24時間営業しているからいつでも引き出せる!!」と勘違いしている方が多いと思います。

しかし実際は、コンビニATMは24時間利用できますが、借り入れを行う金融機関に利用可能時間が存在します。

この場合、いざ利用しようと思った時に利用できずにお金が足りなくなるようなことになりかねません。

各金融機関の利用可能時間について事前に確認をしながら利用していきましょう。

②利用手数料がかかる

次にコンビニATMでは「手数料」が掛かっています。主要なコンビニATMの手数料は次の通りです。

1万円以下 1万円超え
セブンATM 110円 220円
ローソン ARM 110円 220円
Enet ATM(Family Mart等) 110円 220円

このようにどの ATMであっても手数料が掛かります。たった100円、200円ですが、塵も積もれば山となるといいますね。

借り入れを行う際には「いくら必要か」ということを考え、一度に借り入れするといいでしょう。

 Enetなら24時間手数料無料

カードローンを利用する際には通常は利用手数料が掛かりますが、EnetのATMで提携金融金を利用した際は無料となります。

提携金融機関は次の通りです。

手数料無料時間帯 回数制限
みずほ銀行 24時間 月4回まで無料
三井住友銀行 24時間 月4回まで無料
三菱東京UFJ銀行 24時間 月3回まで無料

提携先によって、次の上限回数が決められているので注意が必要です。

月々の回数を超えないように計画的に利用しましょう。

③出金限度額がある

コンビニのATMでは防犯上の観点から出金限度額が設けられています。

主要なコンビニATMの出金限度額は次の通りです。

1回あたりの出金限度額
セブンATM 20万円
ローソン ATM 20万円
Enet ATM(Family Mart等) 20万円

また、借り入れを行う金融機関によって1日に出金できる限度額が異なりますので、注意が必要です。

多額のお金が必要な場合は日にちを変えて借り入れを行う必要がありますので、事前に各金融金の出金限度額を確認しましょう。

④利用明細書でバレる可能性がある

コンビニATMで借り入れを行うと「利用明細書」が発行されます。この利用明細書は発行することは貸金業法で義務付けられており、必ず発行しなければなりません。

この利用明細書をコンビニに捨てているところを見られたり、ポケットに入れたままにしていて家族に見られてカードローンを利用していることがバレるということがあります。

カードローンを利用していることが知られたくないという方は利用明細書の取扱いには注意が必要です。

\最短30分で即日融資可能!/

まとめ

この記事のポイントは、以下となります。

  • コンビニATMでお金を借りる時はカードローンが早くて便利
  • コンビニでカードローンを利用する際には出金限度額・手数料の確認が必要
  • スマホでカードローンを利用する時には「スマホアプリ」の利用が最適
  • コンビニによって提携している金融機関が異なるので注意が必要

コンビニでお金を借りるのは便利な面が多くありますが注意点も多くあります。

ご利用の際は事前に「出金限度額」「金利」「手数料」「利用可能時間」を確認の上、計画的に利用しましょう。

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

\最短30分で即日融資可能!/

関連記事