美容
資産運用

審査なしでカードローンは借りられる?収入証明の審査不要カードローン5選を紹介

カードを持ちながらスマートフォンを操作している女性

カードローンでお金を借りたいと思った時に「審査がめんどくさい」「審査に落ちた」という声を聞くことがあります。さらに、実際にカードローンでお金を借りたい人は収入が安定していない無職・アルバイトの方が大多数を占めているという調査もあります。

その時に「審査がなしでカードローンを使うことはできないのかな」「無職・アルバイトでも利用できるのか」という疑問があると思います。

この記事では、下記を中心にカードローンについて解説していきます。

記事のまとめ

・カードローンの審査の流れ
・収入証明の審査なしで借りられるカードローン
・審査なしでお金を借りる方法

カードローンの審査について

カードローンの審査は、カードローンを運営している会社が融資を行った際に返済が滞る可能性があるかということを確認するために行う行為です。

カードローン会社は利用者情報をコンピューターで点数化して仮審査を行います。仮審査を通過後、カードローン会社が気になる点の問い合わせを行う本審査を行います。

本審査では、実際に問い合わせを行い「勤務先に在籍しているか」「他に借り入れはないか」を確認する審査です。

この「仮審査」「本審査」を分けずに行っている会社もありますが、審査を簡略化するために「仮審査」を行っている会社が多くあります。

カードローン審査でチェックされるポイント

ここからは、カードローン審査でチェックされるポイントについて解説していきます。

カードローン審査で求められる情報として、大きく分けて下記の4点があります。

  • 本人情報
  • 勤務情報
  • 信用情報
  • 他社の借入状況

それでは一つずつ説明していきます。

本人情報(氏名・住所・連絡先)

本人情報はその名の通り、本人の属性を表す項目です。氏名や住所、連絡先などがあり、提出する本人確認書類と違いがないかを確認されます。

勤務情報(勤務先・勤続年数・雇用形態)

勤務情報で重視されるのは「勤続年数」「雇用形態」「年収」です。つまりここで最も求められることは、「収入が安定しているか」ということ。

審査に通りやすい勤務条件は次の通りと言われています。

◯勤続年数・・・長い>短い

◯雇用形態・・・正社員>契約社員>パート・アルバイト>無職

◯年収・・・・・高い>低い

※高い年収であっても「歩合制」等であり安定性がなければ審査は厳しくなります。

信用情報

信用情報とは借入者の金融機関情報のことをいいますこの情報に記載されていのは過去に借り入れをした際の返済状況・債務整理履歴等です。

信用情報に延滞等の履歴があった場合は審査が厳しくなります。

他の借り入れの有無(住宅ローン・他のカードローン)

貸金業法の総量規制では、年収の3分の1以上の借り入れができないように規制されています。

審査の際には他社に問い合わせを行い、「他に借り入れがないか」「総量規制に抵触しないか」が審査ポイントです。

銀行カードローンに関しては総量規制の対象外となっていますが、基本的には年収の3分の1以下の貸付に自制している会社がほとんどです。

審査に通りやすくする方法

審査に通りやすくするには次の方法があります。

・簡易審査を受ける

簡易審査とは、各カードローン会社で行っている簡易的なシミュレーション審査です。入力する情報も少なく、短時間で審査が完了します。

審査に通らなかった場合、何が影響しているか調べ、事前に改善することで審査に通りやすくなります。

また、カードローン会社に借り入れ審査を申し込むと審査情報が半年〜1年ほどが保管期間です。改善を行った場合でも保管期間には審査に通りにくくなりますので簡易審査でシミュレーションをオススメします。

・信用情報の改善

信用情報は永久に残るものではなく、削除されるまでの期間は5年間です。

過去にカードローンを延滞した際の信用情報は5年後には削除されているので、信用情報が改善された後に審査を受けることでより審査を通りやすくなります。

・虚偽の申告をしない

審査で重要視される点は個人の信用です。虚偽の報告が判明した際には確実に審査に通りません。

審査に通りたい一心であっても「誠実に」「確実に」情報を記載してください。

また、記載ミスをしている場合であっても虚偽報告と取られかねないので注意が必要です。

審査なしでカードローンは借りられない

新しくカードローンで借り入れを行う際には審査は必須項目となります。貸金業法で規制をされているため、審査なしに借り入れを行うことは不可能です。

もし、審査なしで借り入れができる会社があった場合は貸金業法に基づく登録を行っていない「闇金」なので絶対に借り入れを行ってはなりません。

審査の有無は必ず確認してから申し込みをして頂くようにお願いします。

借り入れ額が50万円以下なら収入証明なしで借入できる

借り入れを行う際の「勤務情報」として収入証明がが求められることがあります。

貸金業法では

  • 借り入れ額が50万円以下
  • 他の借り入れ額と合計して100万円以下

であった場合は収入証明は不要としています。

その際には本人確認書類の確認で借り入れが可能となります。

借り入れ希望額が50万円以下の場合は収入証明なしで借り入れができるカードローン会社を探して申し込みをしましょう。

職場への電話連絡なしでカードローンを利用できる

在籍確認は勤務情報について虚偽報告を行っていないか確認のために行われます。カードローンを利用する多くの方は、勤務先には知られたくないと思うでしょう。

もちろん消費者金融を名乗り在籍確認をすることはありませんが、不審に思われることもあるでしょう。職場に電話連絡をしてほしくない場合は、カードローン会社によっては相談が可能です。

SMBCモビット等の大手消費者金融業者はWEBで審査を完結していれば、職場への電話確認が不要となる場合があります。事前にカードローン会社に相談をすることが大切です。

無職やパート・アルバイトでもカードローンは利用できる?

カードローン審査で重要視されていることは「安定した収入があり、返済能力があるか」です。

パート・アルバイトについては継続的に収入がある場合は利用可能となります。

無職で全く収入がない場合は借り入れを行うことは難しくなりますが、「投資」「賃貸」収入が定期的にある場合は審査に通る場合があります。

この収入には「公的年金」「失業保険」等は含まれませんので注意が必要です。

収入証明の審査なしの可能性大!おすすめのカードローン5社

ここからは、借入金額が50万円以下で他社との借入総額が100万円以下の場合は、収入証明の審査なく利用できるカードローン会社について解説していきます。

次の項目を比較して評価し、ランキングにしました。

  • 審査通過率
  • 在籍確認の有無
  • 融資までの時間
  • パート・アルバイトの利用

借り入れを行う際には自分の状況に合った会社選びが重要となりますので参考にしてください。

※SMBCモビットに関しては、借入金額に関係なく収入証明の提出をお願いされる場合があります。

①プロミス

プロミス

金利(実質金利) 4.5〜17.8%
借入限度額 500万円
無利息期間 30日間
※メールアドレスの登録が必要
融資までの時間 最短30分
※Web契約の場合
審査通過率 約40%
在籍確認の有無 あり
※オペレーターへの相談で書類確認に変更可能
パート・アルバイトの利用 可能
※安定した収入があれば可能

プロミスでは24時間いつでもWeb申し込みが可能。店頭で契約することもできますが、時間が掛かってしまう上、手間も増えます。

融資を急がれている場合は店頭ではなく、Web契約ご利用がオススメです。

【Web完結可能】審査〜融資までの流れ

Web以外での申込方法は下記の記事で詳しく説明しています。

プロミスの審査時間はどれくらい?審査落ちしないポイントと申込の流れを解説

\15秒で簡易審査できる/

 

  • STEP.1
    プロミスの公式HPにアクセス

    下記プロミス公式サイトにアクセスしてください。

  • STEP.2
    Web申込のボタンを押す

    「Webでご契約まで簡単 今すぐ申込み」のボタンを押してください。

    Web完結を選択すれば、カードレスで融資まで可能です。

  • STEP.3
    必要情報を記入する

    本人・家族・勤務・自宅・借入情報などを記入します。

    入力したあとはしっかりと確認を忘れずにしましょう。正確な情報を入力するほど、審査に通りやすくなりますよ。

  • STEP.4
    申込完了

    契約方法(Web・店頭)を選択し、申し込む。

  • STEP.5
    審査結果を受け取る

    審査結果はメールか電話どちらで受け取るか選択が可能です。ご自身で選んだ方法で、結果が届きます。

    最短30分で審査が完了するというスピードも魅力の一つです。

  • STEP.6
    融資開始

    Webアプリ内で融資を受けることが可能です。近くに提携ATMがある場合は、そちらで現金を下ろすこともできます。

    融資の受け方を詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

    プロミスの審査時間はどれくらい?審査落ちしないポイントと申込の流れを解説

\15秒で簡易審査できる/

 

②SMBCモビット

SMBCモビット

金利(実質金利) 3〜18%
借入限度額 800万円
無利息期間 なし
融資までの時間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
審査通過率 非公開
在籍確認の有無 有り
Web完結を選択した場合は電話確認なし)
パート・アルバイトの利用 可能
※安定した収入があれば可能
\即日融資OK!借入まで33分/

 

SMBCモビットでは、Webで全ての手続きが可能となっています。面倒な「郵送」「電話」をすることなく、すぐにお金を借りたい時に利用をオススメします。

さらに、Web完結を選択すると職場への電話連絡がなしになるのが大きな特徴です。Web完結を利用するにはいくつか条件があります。下記の記事で詳しく解説していますので、ご参照ください。

また、三井住友銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行など様々な銀行と提携しているので、借り入れをしたい時にすぐ利用できることがメリットです。

※SMBCモビットに関しては、借入金額に関係なく収入証明の提出をお願いされる場合があります。

\即日融資OK!借入まで33分/

 

③Jscore AIスコア・レンディング

金利(実質金利) 0.8〜15%
借入限度額 1000万円
無利息期間 なし
融資までの時間 最短30分
審査通過率 非公開
在籍確認の有無 あり
パート・アルバイトの利用 可能

Jscore AIスコア・レンディングではAIによる融資条件診断が実施されています。AIにて記入された情報を点数化し適用金利・融資可能額を提示されます。

また、「Jscore AIスコア・レンディング」はソフトバンク・みずほ銀行によって運営されていますので、両社のサービスを利用することで金利の引き下げを行うことが可能です。

情報を入力するだけで自分のAIスコアがわかるので、一度シュミレーションしてみてもいいと思います!

関連記事▷▷▷
【J.scoreの審査基準は?】即日融資OKの日本初のAI診断で金利・借入額が決まる新しいカードローン!

\最短1時間で即日融資可能/

 

④アコム

アコム

金利(実質金利) 3〜18%
借入限度額 800万円
無利息期間 30日間
融資までの時間 最短30分
審査通過率 約40%
在籍確認の有無 あり
パート・アルバイトの利用 可能

アコムの魅力は初回利用時30日間の無利息があり、初めての利用にやさしい面です。

「3秒診断」という簡易審査があり、手続き内容・記載方法もわかりやすく、徹底的に初回利用者にやさしい消費者金融会社です。

また、自動契約機「むじんくん」というサービスを行っているので窓口で人に会うことなく手続きを進めることができます。

即日融資にも対応しておりますので、融資を急いでいる際の利用がオススメです。

\初回なら30日間利息無料!/

 

⑤アイフル

アイフル

金利(実質金利) 3〜18%
借入限度額 800万円
無利息期間 30日間
融資までの時間 最短30分
審査通過率 約45%
在籍確認の有無 なし
パート・アルバイトの利用 可能

アイフルの最大の魅力は「在籍確認の電話連絡なし」に借り入れをすることができる点です。SMBCモビットと同様、職場やアルバイト先にバレるリスクがぐっと減ることが1番のメリットでしょう。

また、Web申し込みで「カードレス」を選択することで即日・スマホアプリで借り入れを行うことが可能です。初回利用時には30日間無利息となっており、初めての利用に関してもオススメできます。

初めての借り入れで「人に知られたくない」「電話をされたくない」人にはアイフルがオススメです。

\在籍確認の連絡なし!/

 

審査なしでお金を借りる3つの方法

先ほど、審査なしの借り入れは受けてはいけないことを説明しましたが、消費者金融以外から審査なしにお金を借りる方法があります。

便利な反面、デメリットも多くあるのでオススメはできません。

審査なしでどうしても借り入れをしたい際に筆者が選んだ「審査なしで借り入れをする方法」を3つ解説していきます。

①クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードをお持ちになっている人は多くいらっしゃると思います。

通常のクレジットカードの利用用途は買い物の際に利用するショッピング枠と別にキャッシング枠が付帯されているケースがあります。このキャッシング枠を利用することで、審査なしに借り入れを行うことができます。

提携先の銀行ATMで即座に借り入れをすることができてとても便利な一方で、カードローンよりも金利が高いなどのデメリットがあります。

キャッシングで借り入れを行う場合には次の注意点をご確認ください。

  • キャッシング枠を使用すると使用できるショッピング枠が減少する
  • キャッシング枠を付帯のクレジットカードを作成する際には審査が必要
  • カードローンより金利が高い

利用する際は金利・キャッシング限度額・返済計画を確認の上、計画的に利用することが大切です。

②生命保険の契約者貸付

貯蓄型・積立型の生命保険を契約している場合、解約返戻金に一部を貸付けてくれる「契約者貸付」というサービスがあります。

スピード感はカードローンと変わらず、金利は低金利に設定されています。

とても便利ですが次の点に注意が必要です。

  • 借り入れ額が解約返戻金に達すると保険自体が解約される
  • 借り入れ額が保険金から差し引かれる

もしもの時のために加入している保険が機能しなければ本末転倒です。手軽に手続きができ、金利は安いですが、返済の計画なしに利用することは辞めましょう。

③質屋の質預かり融資

質預かりとはブランド品や貴金属を質屋に預けてお金を貸付てもらうシステムのことです。

期限内に借り入れた元本と利息を返済すると質預かりした品物が帰ってきます。

もし、指定された期間内に返済ができなかった場合は「質流れ」という質屋が品物を売却してしまいます。

質預かりで受ける融資額は基本的に売却相場より安くなっており、質流れすると損してしまうのは当然のことですが、一度質に流れてしまうと買い戻すことがとても困難です。

返せる見込みがない場合や失いたくない大事な物は質に入れないように注意が必要です。

まとめ

ここまでカードローンの審査について、詳しく説明しました。

この記事のポイントは、下記の通り。

  • カードローンを利用する場合は審査が必要
  • 借り入れ額が50万円以下であれば収入証明は必要なし
  • パート・アルバイトの場合でもカードローンを利用可能
  • カードローン審査を通るためには個人の信用が大切

カードローンは便利な反面、計画的に利用しなければ身を滅ぼしかねません。

ご利用の際は「計画的」に「適した金額」を「適切な期間」に設定しましょう。

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。