美容
資産運用

低金利でおすすめの銀行カードローンランキング|審査が厳しいって本当?

三井住友銀行カードローン

突然お金が必要になった時に便利な「銀行カードローン」。多くの金融機関が取り扱っているので、どのような基準で選ぶべきなのか簡単には決められません。

便利であることは間違いありませんが、返済時のことを考えると、利用については慎重に考えたいところです。

そもそも銀行カードローンにどのようなバリエーションがあるのか、選び方をわかりやすく解説し、おすすめできる商品をまとめてみました。

手元にお金がなく頭を悩ませている方は、参考にしてみてください。

\最短翌日に融資可能/

 

そもそも銀行カードローンとは?

カードローン

詳しい紹介に入る前に、皆さんは銀行カードローンがどういったものなのか、正しい理解ができているでしょうか。

カードローンは個人で受ける金融商品の一種。名前の通り、カードを使ってお金を借りるものです。銀行の窓口や民間企業で申し込むことができ、他にも消費者金融のものや、クレジット会社のものがあります。

それらと比べた時に銀行系は、金利が低いことなど、魅力的な点が多々あります。

同じくお金を借りる住宅ローン・教育ローンと違って、その使い道が限定されていないので、急に手元のお金がなくなった際に便利です。そのことにどのような利点があるかというと、契約時に定められる限度額の範囲で、好きな時にいつでも現金を用意することができるのです。

また、担保や保証人が必要ないのも大きな特徴です。 

銀行カードローンの選び方と比較ポイント

 カードローンはメガバンクだけでなく、地方銀行や信用金庫といったお金を扱う様々な企業が取り扱っています。取扱っている企業がたくさんありすぎて、その中から自分に合うものを探し出すのは至難の業。

一体どのような基準で選んだらいいのでしょうか。比較するための大切な要素をピックアップしました。 

①金利で比較

カードローンはお金を借入れするサービスです。返済のことを考えると、当然金利は着目したいポイント。

カードローンは最低金利と最高金利が設定されていて、借入れする金額や期間によって決まります。金利は法律の範囲内で各金融機関が設定しているので、返済計画に合わせて比較してみましょう。

その際、最低金利より最高金利を重視するのが望ましいです。あくまでも最低金利は一番低い借入れパターンについての金利表示であり、多くの方がそれにあてはまるというわけではありません。最低金利だけを見て安心した結果、当初の予定通り返済することができず、思いがけない高金利になるといった事態も考えられます。

また、「初めて借入れをしてから30日間は無利息」といった期間を設けているところもあるので、金利についてはよく確認して選びましょう。

②融資のスピードで比較

銀行系の利用を考えている方の中には、すぐにでもお金が必要だという方がいるかもしれません。申し込みから融資までどれくらいかかるのかを把握していなければ、借入れできるようになるタイミングが予想より遅かったというケースが発生します。

以前は即日融資を受けられる銀行カードローンがありましたが、現在は存在しません。反社会勢力への対応が厳しくなり、融資の際に警察庁のデータベース照会が義務づけられたことが原因です。

融資にかかるまでのスピードは、カードローンによって異なるため、今すぐにお金が必要な方は銀行系以外の手段を考えてみましょう。消費者金融が提供するものであれば、即日融資に対応しているところが多いため、融資のスピードを重視する方はそちらもおすすめです。

いずれの場合でも、融資までのスピードを比較すると、店頭で申し込むよりネットで申し込んだ方が、より早く借入れることできます。

③借入れ・返済時の利便性で選ぶ 

銀行カードローンを比較する時、借入れや返済の際の利便性を確認するのも忘れてはいけません。

どの金融機関も基本的にはコンビニATMに対応していて、手軽に借入れや返済をすることができます。

しかし、手数料が無料になるATMの数は金融機関によって異なるため、住んでいる地域に合わせてベストなものを選びましょう。ATMからの借入れだけでなく、口座への振込融資に対応している金融機関もあります。

利便性で考えると、インターネットバンキングに対応しているものがいいでしょう。返済をする際、口座さえ持っていればインターネットからすぐに手続きできます。万が一ATMが近くになくても安心して利用することができます。自分の持っている金融機関の口座も参考にしましょう。

【徹底比較】おすすめの銀行カードローン10社

 それでは早速、オススメの銀行カードローンを10選紹介していきます。

【1位】三井住友銀行

三井住友銀行カードローン

金利(実質年率) 年1.5~14.5%
融資スピード 最短翌営業日
利用限度額 10万~800万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
申込条件 ・満20歳以上満69歳以下の方
・安定した収入のある方
・指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証を受けられる方
申込対応時間 9:00~21:00(電話申込)
\最短翌日に融資可能/

三井住友銀行のカードローンはメガバンクということもあり、返済計画についての相談など手厚いサポートを受けることができます。

月々の返済金額も2000円から対応しているので、初めてカードローンを利用するという方でも安心して利用することができます。

提携しているコンビニATMの他、全国の三井住友銀行のATMで手数料が無料。メガバンクはATMの数が多いので、非常に嬉しいポイントです。提携しているATMはイーネットATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMと多く、近くに利用できるATMがないと心配することはないでしょう。

ATMの他に電話やインターネットからも申し込みができます。パソコンやスマートフォンがあれば、来店不要で24時間申し込みが可能で、最短翌営業日に審査結果が出るので、融資までの速度が他社と比べて非常にスムーズです!

三井住友銀行のカードローンは、返済日を毎月5日、毎月15日、毎月25日、毎月末日の中から選択することができます。給料日などに合わせて設定することができるため、口座の残高不足による返済忘れを防ぐことができます。

\最短翌日に融資可能/

【2位】三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

おすすめのカードローン  バンクイック

金利(実質年率) 年1.8~14.6%
融資スピード 最短翌営業日
利用限度額 10万~500万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
申込条件 ・満20歳以上満64歳以下の方
・安定した収入のある方
・指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方
申込対応時間 9:00~20:00(電話申込)

 三菱UFJ銀行は全国展開するメガバンクです。信頼性が高く、安心して利用できます。

借入れ額、返済額共に1000円から利用できるので、それほど高額のお金を必要としているわけではないため、他の銀行カードローンに申し込むのは勇気がいるという方におすすめです。

本人名義の三菱UFJ銀行の口座を持っている方は、お金を借りる際に振込をしてもらうことが可能。

銀行カードローンは、消費者金融系など他のカードローンに比べて審査が厳しいといわれていますが、三菱UFJ銀行は比較的寛容です。最低限の条件はありますが、外国人であっても永住許可を受けている場合など、定期的な収入さえあれば借入れの難易度は高くありません。

毎月の返済期日を自分で指定できる点も、大きなメリットだと思います。

三菱UFJ銀行の口座を持っていない方でも、お金を借りることができるので、銀行カードローンを悩んでいる方は是非検討してみてください。 

【3位】PayPay銀行カードローン

 PayPay銀行

金利(実質年率) 年1.59~18.0%
融資スピード 最短翌日
利用限度額 1万~1000万円
Web完結 可能
無利息期間 初回借入れ日から30日間
申込条件 ・満20歳以上満69歳以下の方
・安定した収入のある方(配偶者に収入があれば申し込み可能)
・ジャパンネット銀行に普通預金口座をお持ちの個人の方
・指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
申込対応時間 24時間

便利なインターネット銀行であるPayPay銀行。普通預金口座を持っていて、普段からPayPayを利用している方は検討してみましょう。

初回借入日から30日間は、何度利用しても利息無料。ネットキャッシングアプリから24時間申し込みができ、アプリで金額を入力するだけで借入れができるため、利便性は非常に高いです。

借入れ残高の確認や随時返済もアプリから可能で、インターネット銀行ということもあり、Webを通したサービスのクオリティは満足できる内容です。

提携しているセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イオン銀行ATMからの借入れ、返済は手数料無料。セブン銀行ATMではアプリからの入出金に対応していて、カードが手元にない場合でも利用できます。

アルバイトの方でもお金を借りられるため、審査に通るか自信がないという方も、ジャパンネット銀行のカードローンに申し込んでみましょう。

【4位】楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

金利(実質年率) 年1.9~14.5%
融資スピード 最短翌営業日
利用限度額 10万~800万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
申込条件 ・満20歳以上満61歳以下の方
・安定した収入のある方
申込対応時間 24時間

 楽天銀行は実店舗がないインターネット銀行で、すべての手続、管理がアプリで可能。楽天銀行口座を持っていない方でもカードローンに申し込むことは可能。新しい口座を開設する手間がかからないため、便利です。

ATMでの借入れの他に、いつも利用している口座への振込を選ぶこともできます。その際の手数料も無料です。返済に使う口座も楽天銀行でなくても問題ありません。

従来のカードローンでは申込書や契約書の記入が必要ですが、楽天銀行のカードローンはそのようなプロセスはありません。スマートフォンがあればそれだけですぐに申し込むことができます。

楽天銀行のカードローンは定期的にキャンペーンをおこなっていて、申し込みをすると楽天ポイントがもらえたり、金利が半額になったりと、かなりお得な内容が多いです。利用を考えている方はホームページをチェックし、キャンペーンの時期も参考してみましょう。

アルバイトをしている方であれば、学生であっても問題なく申しこむことが可能です。 

【5位】りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローン

金利(実質年率) 年3.5~13.5%
融資スピード 1週間~3週間程度
利用限度額 10万~800万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
申込条件 ・満20歳以上満65歳以下の方
・安定した収入のある方
・指定の保証会社(りそなカード株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社、または株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けられる方
申込対応時間 9:00~20:00(電話申込)

りそな銀行のカードローンは限度額50万円以下の場合、本人確認書類だけで申し込むことができます。アルバイトをしている方でも申し込むことが可能ですが、学生の場合は申し込みができないので注意しましょう。

りそな銀行のカードローンはオートチャージ機能が付帯しています。口座の残高が不足していて、クレジットカードや公共料金の引き落としができない場合、不足分の金額を自動で入金する機能です。延滞料金の発生や信用情報の悪化を防げるため、リスクをケアすることができます。

りそな銀行のカードローンは、りそなグループ(りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行)のATMから利用できる他、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMからも利用できます。

【6位】イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

金利(実質年率) 年3.8~13.8%
融資スピード 最短翌日
利用限度額 10万~800万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
申込条件 ・満20歳以上満64歳以下の方
・安定した収入のある方
申込対応時間 24時間

 イオン銀行のカードローンは年中無休で審査をおこなっているため、審査から借入れまでのスピードが比較的早いです。ローンカードを受け取る前でも、イオン銀行の口座を持っていれば振込による融資を受けることが可能です。

ローンカードは審査から最短5日ほどで届きます。佐川急便から本人確認の後受け取ることになるので、その際に運転免許証などの本人確認書類が必要です。

イオン銀行ATMの他、提携しているイーネットATM、ローソン銀行ATMでの手数料が24時間365日いつでも無料。

毎月の返済、借入れは1000円から可能です。上限金利が低いため、少額融資を希望している方も利息を節約することができます。イオン銀行はインターネットバンキングに対応しているため、返済時もネット上でスムーズに手続ができます。 

【7位】みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

金利(実質年率) 年2.0~14.0%
融資スピード 最短翌営業日
利用限度額 10万~800万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
申込条件 ・満20歳以上満65歳以下の方
・安定した収入のある方
・保証会社の保証を受けられる方
申込対応時間 9:00~20:00(電話申込)

 みずほ銀行のカードローンは店頭や電話での申し込みの他に、Webで完結させることもできます。インターネットでは24時間申し込むことができるので、パソコンやスマートフォンを持っている方であれば、来店する必要がありません。

通常、みずほ銀行のカードローンに無利息期間はありませんが、最大30日間の利息がキャッシュバックされるキャンペーンなどを開催していることがあるため、ホームページをチェックしておきましょう。

みずほ銀行にはみずほマイレージクラブという制度があり、取引状況に応じたステージが適用され、様々な特典を受けることができます。みずほ銀行のカードローンを利用すると、みずほマイレージクラブの最高ランクであるSステージが無条件で適用されます。みずほ銀行ATM、イオン銀行ATMの時間外手数料が無料、キャッシュカードの新規発行手数料が無料など、嬉しい内容です。

みずほ銀行の口座を持っている方におすすめの、銀行カードローンです。 

【8位】オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

金利(実質年率) 年1.7~17.8%
融資スピード 3日~1週間程度
利用限度額 10万~800万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
申込条件 ・満20歳以上満68歳以下の方
・安定した収入のある方
・指定の保証会社の保証を受けられる方
申込対応時間 24時間

 オリックス銀行のカードローンは利用できる提携ATMの数が非常に多いのが魅力です。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行、イオン銀行、イーネット、セブン銀行、ローソン銀行のATMから手数料無料で借入れできるため、どこにいても安心して利用できます。

オリックス銀行のカードローンはLINEで契約内容の確認や、借入れ残高の照会が簡単におこなえます。スマートフォンを持っている方には、とても便利なサービスです。

ガン保障特約付きプラン「Bright」を選択することもでき、死亡・高度障害またはガンと診断された際、借入残高0円。保険料を負担してもらうことができます。金利の上乗せがないので、万が一に備えたい方は検討してみましょう。 

【9位】ソニー銀行カードローン

金利(実質年率) 年2.5~13.8%
融資スピード 最短翌営業日
利用限度額 10万~800万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
申込条件 ・満20歳以上満64歳以下の方
・安定した収入のある方
・指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方
申込対応時間 24時間

 ソニー銀行のカードローンはパソコン、スマートフォンから24時間申し込みをすることが可能です。

毎月の返済はソニー銀行口座からの引き落としのみで、他の金融機関口座からは引き落としできません。申し込みの際、同時に口座開設の手続ができるので、ソニー銀行のカードローンを利用する場合は口座を開設しておきましょう。

ソニー銀行は取引履歴が郵送されてこないため、利用していることを周囲に知られる心配がありません。借入れ状況や返済額の確認はネットでおこないましょう。

返済は毎月2000円から設定することができます。提携ATMでの取引が毎月4回まで無料です。

また、審査が仮審査と本審査の2回あることを覚えておきましょう。審査結果の有効期限内に手続きが完了しない場合、申し込みが自動でキャンセルされてしまいます。審査状況をしっかり把握し、注意しましょう。

【10位】東京スター銀行

金利(実質年率) 年1.8~14.6%
融資スピード 1週間~3週間程度
利用限度額 10万~1000万円
Web完結 可能
無利息期間 無し
申込条件 ・満20歳以上満64歳以下の方
・安定した収入のある方
・指定の保証会社(新生フィナンシャル株式会社)の保証を受けられる方
申込対応時間 9:00~19:00(電話申込)

 

東京スター銀行のカードローンは限度額が最高1000万円と、業界トップの金額です。

インターネットで申し込む場合、書類を画像で送れば手続が完結し、来店する必要はありません。

定期的な収入があれば正社員でなくても申し込みをすることが可能で、自営業、派遣社員、学生で利用を考えている方にはありがたい存在です。特に学生でも申し込めるカードローンは限られているため、該当する方は検討してみましょう。

インターネットバンキングに対応しているので、登録口座への振込という形で借入れすることができます。もちろんローンカードを希望して受け取れば、東京スター銀行のATMや提携ATMから借入れすることも可能です。

【Q&A】銀行カードローンに関するよくある質問を解説

銀行カードローンを使ったことがない方は、審査や将来への影響など様々な疑問をお持ちだと思います。

ここからは、銀行カードローンに関するよくある質問を解説していきます。

銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

カードローンには必ず審査があります。それは金融機関が損失を生まないために必要なプロセスなので、審査は決して甘くありません。

銀行系は他のカードローンと比べて、金利が低い傾向にあります。お金を貸している金融機関側からすると、金利が低いローンは利息による収益が低い分、リスクを背負うことになります。そのため、申し込みの際に返済することが可能そうか、他社での借入れ状況はどうなのかなどを厳格にチェックしているのです

審査を緩くして誰にでもお金を貸せるようにしてしまうと、資金回収が難しくなり、システムが崩壊してしまいます。カードローンに限らず、金利の低い金融商品は申し込みの際の審査が厳しく、年齢や職業、返済能力などが細かく調べられます。銀行系の審査が厳しいのは必然だといえるでしょう。

いろいろと試したものの申し込みが一切通らず、どうしてもお金が必要だという方は消費者金融発行のものを考えてみましょう。 

関連記事
即日融資可能なおすすめカードローンTOP5!借入前に必ず確認すべき4つのポイント
[/box]

銀行カードローンには総量規制がある?

お金をいくら借りることができるのかは、法律により「総量規制」が決められています。簡単にいうと、年収の3分の1までしかお金を借りることができないというルールのことです。この「借りられる金額」は、1社ごとにではなく、他社からの借入れ残高などを含めたトータルの金額です。

上記の総量規制について定めた法律は貸金業法というもので、貸金業に向けたものです。消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングがこれに該当します。一方で、銀行などの金融機関は貸金業とは異なるため、総量規制の対象にはなっていません。

ただし、総量規制ではないので銀行カードローンはいくらでも借入れすることができるのかというと、そうではありません。多くの金融機関では自主規制のルールを設けており、総量規制同様に年収の3分の1までといった基準があるところがほとんどです。

そもそも総量規制は債務者を守るための、借りすぎを防ぐルールです。銀行カードローンに限らず、お金を借りる際は慎重に考えておこないましょう。

消費者金融よりもおすすめなのはどんな人?

 ①金利の低さを求める人

銀行系のメリットの1つに、他のカードローンと比べて金利が低いという特徴があります。消費者金融発行のものは審査が比較的甘く、即日融資に対応しているところも多い一方で、金利は高い傾向にあります。

先述した通り銀行カードローンの審査が厳しいのは確かですが、返済計画をしっかりと立てた上でなら、低金利に越したことはありません。

借入れする金額が大きければ大きいほど、上乗せされる金利は増えていきます。少しでも金利を低く抑えてお金を借入れたいという方には、銀行系がおすすめです。自分が本当に必要な金額に応じて、何を利用するのが適切か、しっかり考えてみましょう。

関連記事
2021年最新】低金利でおすすめのカードローン10社比較ランキング
[/box]

②安心感を求める人

銀行などの金融機関は信用で成り立っている組織です。銀行カードローンは街でみかけるメガバンクが提供しているものも多く、安心感を得ることができます。

消費者金融やクレジットカード会社に対してよくわからず、お金を借入れするのが不安だという方も多いのではないでしょうか。

金融機関が取扱うカードローンは電話で返済計画の相談に乗ってくれたり、返済金額を少額から選択できたりと、サポートが手厚いところが多いです。利用する金融機関が近くにあれば、来店して話を聞くことも可能です。疑問点や不安点をすぐに伝えることができる環境を、プラスに捉える方は少なくないと思います。

お金を借りるという行為に対して、安心感を一番に求める方は銀行系のものがおすすめです。

③もしもの事態に備えたい人

現在すぐにお金が必要なわけではないけれど、有事の際に備えておきたいという方もいるでしょう。人生何が起こるかわからないため、もしもの時にお金を用意できる準備は大切です。

銀行カードローンは消費者金融のものと比べて審査が厳しいですが、だからこそ金銭的余裕がある時に申し込んでおくのも1つの考えです。

必ずしも融資を受ける必要はありませんが、ローンカードをあらかじめ手元に持っておくと、予想していなかったお金が必要な事態にもすぐ対応できます。銀行系は他のカードローンと比べて、審査に時間がかかるので、余裕のあるうちに申し込んでおくというのは珍しい考えではありません。精神的余裕を生む効果もあるので、お守りのように思ってもいいでしょう。

まとめ

銀行カードローンは突然お金が必要になった際、非常に便利なサービスです。消費者金融などが取扱っているものと比べて審査に通るのが大変ですが、金利が低く、サポートも手厚い傾向にあります。

たくさんの金融機関が提供しているため、自分が既に持っている口座や借りたいと思っている金額に合わせて、自分に合うベストなものをセレクトしましょう。

紹介した比較ポイントやデータを参考にして、銀行カードローンの申し込みを検討してみてください。

\最短翌日に融資可能/

 

関連記事
【2021年最新】低金利でおすすめのカードローン10社比較ランキング
お金を借りたい学生におすすめのカードローンTOP5!即日•低金利でバレずに借りる
即日融資可能なおすすめカードローンTOP5!借入前に必ず確認すべき4つのポイント
[/box]